1. 無料アクセス解析

京都記念どうでしょう?

第111回農林水産省賞典 京都記念(GII)

今のところ10頭立ての想定です。
このままなえあきさらぎ賞と似た決着になると見ている。

京都重賞の正逆7VS正逆33が継続するかに注目。
京都金杯    正逆7番3着 正逆33番3着
シンザン記念  正7番2着 正33番3着
日経新春杯  正7番1着 正33番3着
シルクロードS 正7番2着 逆33番3着
きさらぎ賞   逆7番3着 正33番1着 逆33番2着

ここにもう一度期待してみる。

古馬G2 2200m重賞は正逆8か25が3着以上。
京都記念   逆25番2着
オールカマー 逆8番3着 正25番2着
AJCC     正8番1着 逆8番2着 正25番1着 逆25番2着
京都記念   逆8番3着 逆25番1着
オールカマー 正8番2着 正25番2着
AJCC     正25番2着 逆25番3着
京都記念が10頭立てなら、3番5番6番8番。

京都2200M重賞は正逆14か15が3着以上。
エリ女杯   逆15番3着
京都記念  逆15番1着 正14番2着
京都新聞杯 正15番2着 正14番2着
エリ女杯   逆14番1着 逆15番2着
正逆14は正逆7と重なり、正逆15は正逆25と重なる。

3歳以上阪神京都重賞で松若騎手の隣が3着以上。
桜花賞    7番→6番2着
アンタレスS 9番→10番1着
マイラーズC 1番→11番1着
平安S     3番→4番2着
マーメイドS  12番→1番3着
シリウスS  14番→13番3着
京都大賞典 9番→8番2着
秋華賞    6番→7番2着
菊花賞    3番→4番2着
スワンS   1番→2番3着
きさらぎ賞  9番→8番2着
京都記念はミッキーロケットに騎乗予定。

デムーロ騎手の2隣か5隣は注意としておく。
それと別でもっとべたな書かなくても良いようなデムーロ騎手。
日経新春杯  6枠7番→6枠7番1着
アメリカJCC  6枠7番→6枠7番1着
シルクロードS 1枠2番→1枠1番1着
きさらぎ賞   7枠8番→7枠8番2着
3/4で自身が来ているので有っても不思議じゃないね。
シンザン記念は、2枠2番→3枠3番1着なので主場重賞は自身か隣とも言える。
主場としたのは愛知杯では切れているので。

正逆3・5・7、これでどこまで絞れるか。
レイデオロが連対するならオッズは低いだろうな。
レイデオロを買うとは言ってない。

きさらぎ賞と東京新聞杯 回顧

両レースとも3番サトノに走られた。
きさらぎ賞のサトノフェイバーは正33番だし分るのだけどサトノアレスは見えていない。

(きさらぎ賞)
結局 正逆7VS正逆33が継続 だった。
何故買わなかったのか?下手ですね。
正33番サトノフェイバーが1着、逆33番グローリーヴェイズが2着、逆7番ラセットが3着。

京都重賞の正逆7VS正逆33が継続するかに注目。
京都金杯    正逆7番3着 正逆33番3着
シンザン記念  正7番2着 正33番3着
日経新春杯  正7番1着 正33番3着
シルクロードS 正7番2着 逆33番3着
きさらぎ賞   逆7番3着 正33番1着 逆33番2着

昨年からの京都3歳重賞は正逆14が3着以上。
京都新聞杯 逆14番1着 正14番2着
秋華賞    逆14番1着
菊花賞    正14番3着
シンザン記念 正14番1着
きさらぎ賞  正14番3着
次は京都新聞杯。

きさらぎ賞は正逆12か13が3着以上。
2012年 正13番3着
2013年 正12番1着 逆12番3着
2014年 正12番3着
2015年 正13番逆12番2着 正12番逆13番3着
2016年 正12番3着
2017年 正12番逆13番3着
2018年 正13番1着 逆13番2着

3歳以上阪神京都重賞で松若騎手の隣が3着以上。
桜花賞    7番→6番2着
アンタレスS 9番→10番1着
マイラーズC 1番→11番1着
平安S     3番→4番2着
マーメイドS  12番→1番3着
シリウスS  14番→13番3着
京都大賞典 9番→8番2着
秋華賞    6番→7番2着
菊花賞    3番→4番2着
スワンS   1番→2番3着
きさらぎ賞  9番→8番2着

デムーロ騎手の2隣は消えた、消えたのだけど・・・。
AJCCで消えた5隣がシルクロードSで2番→7番、きさらぎ賞8番→3番で復活。
来週は2隣も考慮して2隣か5隣とする。

(東京新聞杯)
4枠が1着なのは良いのだが他が駄目。
3番サトノアレスが見えていない。
1番人気も結局は4.2倍となり妄想も無意味なものに。

東京新聞杯は前年のJC1着2着から。
2012年 JC 1着正15番逆3番 2着正17番逆1番 2013年東京新聞杯 正1番正17番2着
2013年 JC 1着正7番逆11番 2着正逆9番    2014年東京新聞杯 正7番1着 正11番2着
2014年 JC 1着正4番逆15番 2着正1番逆18番 2015年東京新聞杯 逆4番2着
2015年 JC 1着正15番逆4番 2着正6番逆13番 2016年東京新聞杯 正6番1着
2016年 JC 1着正1番逆17番 2着正17番逆1番 2017年東京新聞杯 正17番3着
2015年 JC 1着正1番逆17番 2着正2番逆16番 2018年東京新聞杯 逆2番3着

デンコウアンジュのG2G3は4隣か6隣が3着以上。
ローズS   12番→1番2着 3番3着
阪神牝馬S 12番→6番1着 16番2着 8番3着
福島牝馬S 3番→9番3着
エプソムC 6番→12番1着 10番2着
福島牝馬S 3番→11番1着 7番3着
ターコイズS 14番→8番1着
東京新聞杯 2番→8番1着

G2G3マイル重賞は武豊騎手か隣が3着以上。
チューリップ賞 3番 自身3着
阪神牝馬S   5番→6番1着
マイラーズC  4番 自身2着
中京記念    5番→6番2着
富士S     6番 自身1着
京都金杯   9番 自身1着
シンザン記念 8番→7番2着
東京新聞杯 8番 自身1着

金額は少なめにしたけど1日2戦連敗は心が沈むね。
来週は年初から買う気でいる京都記念。
なんとか当てたい。

きさらぎ賞 修正 と東京新聞杯の軽い妄想

ニホンピロタイドは逆7番じゃないです、逆25番です。
きさらぎ賞は6番ニホンピロタイドからワイドで外の3頭へ少額にします。

軽い妄想も重い妄想も大した違いは無いけど。
東京新聞杯は1番人気が16番グレーターロンドンで5.0倍と割れている。
1番人気が勝てない東京新聞杯だけどここまで割れているのは過去にも無い。
1番人気が4倍台というのは良くあるが5倍台に桁が上がってなにか特別なものが有るか?
1番人気の連対を前提として妄想した、前提が間違えという事も大いにあり得る穴だらけの妄想。
最終オッズが4倍台だといつも通りだしね。

このレースで1番人気が連対したのは、
2010年 2着トライアンフマーチ 1着2番人気レッドスパーダ
2007年 1着スズカフェニックス 2着2番人気エアシェイディ
2005年 1着ハットトリック    2着7番人気キネティクス
2003年 2着ローエングリン   1着3番人気ボールドブライアン
2001年 2着シンコウエドワード 1着4番人気チェックメイト 3着2番人気スティンガー

2000年以降では上の五つのレースのみ、5/18を多いと見るか少ないと見るかは人それぞれ。
私が見ているのは2番人気の位置。
1番人気が連対するなら相手は2番人気かその関連位置。
2001年の2番人気の3着は除外して考えている、2002年の馬齢変更で切り替わったことも多いので。
2003年は1着馬の逆番。
2005年は1着馬の逆番。
2007年と2010年は連対。
2005年は1番人気の逆番なので相手の示唆とはならないが。

現在の2番人気は8番リスグラシュー、15番ダイワキャグニーと競っている。
8番の場合は、同枠7番 自身8番 逆番9番が対象。
15番の場合は、逆番2番 自身15番 同枠16番(1番人気)が対象。

15番の場合は1番人気を含むので買いにくい。
このまま8番が2番人気なら4枠2頭へ馬連で買えば当たる(はず)。

という妄想。
実馬券は7番8番10番16番のBOXです。
馬連の1番人気が12倍越えなので当たれば2倍にはなる、当たれば・・・れば。

きさらぎ賞と東京新聞杯

(きさらぎ賞)
結局いつもと変わらない少数の10頭立て。
これだと重なるのは正逆33と正逆13、3番か8番。
土曜日のエルフィンSが逆3番レッドサクヤ1着と今年の京都3歳重賞として正3番アーモンドアイ1着。
8番はデムーロ騎手の2番人気グローリーヴェイズ。
逆の3番サトノフェイバーは東京新聞杯に3番サトノアレスを配置しているのをどう見るか。
私は予想から外します。

京都の3歳OP重賞では違う馬を指しますが・・・。
シンザン記念 逆22番1着
紅梅S      正25番3着
若駒S     逆25番1着 正25番2着 正22番3着
エルフィンS  正25番3着
きさらぎ賞   正25番2着
橘S      逆25番1着 逆22番3着
端午S     逆25番2着
京都新聞杯 逆22番正25番2着
葵S      正22番2着
鳳雛S     正22番2着 正25番3着
白百合S   正25番1着 正22番3着
秋華賞    正25番2着 正22番3着
菊花賞    正22番2着
シンザン記念 正25番1着 正22番3着
紅梅S      正22番3着
若駒S     正22番1着
エルフィンS  正22番逆25番1着
正逆22か25が3着以上、10頭立てだと正逆2か5。
逆2番は1番人気のダノンマジェスティか。

この2頭を選ぶなら買う意味はあまり無いな。
人気薄に期待するならニホンピロタイド。
逆7番でデムーロ騎手の2隣、先週同様に3着ならワイドで中荒れにはなる。
10番カツジの方は松若騎手の隣も有るのでこっちなのだろうとは思うけど。

3歳以上阪神京都重賞で松若騎手の隣が3着以上。
桜花賞    7番→6番2着
アンタレスS 9番→10番1着
マイラーズC 1番→11番1着
平安S     3番→4番2着
マーメイドS  12番→1番3着
シリウスS  14番→13番3着
京都大賞典 9番→8番2着
秋華賞    6番→7番2着
菊花賞    3番→4番2着
スワンS   1番→2番3着
きさらぎ賞  9番→8番か10番

(東京新聞杯)
こちらは想定のまま16頭立て。
枠配置は4枠と8枠に人気馬が同居している。

4枠は逆10番にクルーガーとデンコウアンジュ6隣の8番リスグラシュー。
デンコウアンジュのG2G3は4隣か6隣が3着以上。
ローズS   12番→1番2着 3番3着
阪神牝馬S 12番→6番1着 16番2着 8番3着
福島牝馬S 3番→9番3着
エプソムC 6番→12番1着 10番2着
福島牝馬S 3番→11番1着 7番3着
ターコイズS 14番→8番1着
東京新聞杯 2番→6番 8番 12番 14番

4枠には他にも、
G3マイル重賞は正逆7か10が3着以上。
富士S     逆10番1着
アルテミスS 逆10番2着
武蔵野S   正7番逆10番3着
ターコイズS 正7番逆10番2着
京都金杯  正7番3着
フェアリーS  正10番逆7番2着
シンザン記念 正7番2着

G2G3マイル重賞は武豊騎手か隣が3着以上。
チューリップ賞 3番 自身3着
阪神牝馬S   5番→6番1着
マイラーズC  4番 自身2着
中京記念    5番→6番2着
富士S     6番 自身1着
京都金杯   9番 自身1着
シンザン記念 8番→7番2着

予想は4枠からにするけど相手は悩むな。
10番と16番を入れてBOXかな。

きさらぎ賞と東京新聞杯

今週は確認だけにするつもり、つもり。

(きさらぎ賞)
京都重賞の正逆7VS正逆33が継続するかに注目。
京都金杯    正逆7番3着 正逆33番3着
シンザン記念  正7番2着 正33番3着
日経新春杯  正7番1着 正33番3着
シルクロードS 正7番2着 逆33番3着

昨年の京都3歳重賞は正逆15が3着以上。
きさらぎ賞  正15番1着
京都新聞杯 正15番2着
秋華賞    逆15番3着
菊花賞    逆15番2着
これが継続するかなのだけどもう一つ重ねて広く考えておきたい。
京都新聞杯 逆14番1着 正14番2着
秋華賞    逆14番1着
菊花賞    正14番3着

きさらぎ賞は正逆12か13が3着以上。
2012年 正13番3着
2013年 正12番1着 逆12番3着
2014年 正12番3着
2015年 正13番逆12番2着 正12番逆13番3着
2016年 正12番3着
2017年 正12番逆13番3着

今のところ15頭立ての想定なので上のもので重なる位置は正逆33と正逆13のみ。
デムーロ騎手の2隣にも注意。

(東京新聞杯)
東京マイル重賞は2016年VM以降で正逆6か13が3着以上。
ヴィクトリアM 正13番1着
安田記念   正6番1着
ロイヤルC   正6番逆13番1着
富士S     正13番3着
アルテミスS  正6番3着
東京新聞杯  逆6番2着
クイーンC   正6番3着
NHKMC    正6番3着
ヴィクトリアM 逆13番1着
安田記念   正6番3着
ロイヤルC  正13番3着
富士S     正6番1着 正13番3着
アルテミスS 正13番1着 正6番2着

東京新聞杯は前年のJC1着2着から。
2012年 JC 1着正15番逆3番 2着正17番逆1番 2013年東京新聞杯 正1番正17番2着
2013年 JC 1着正7番逆11番 2着正逆9番    2014年東京新聞杯 正7番1着 正11番2着
2014年 JC 1着正4番逆15番 2着正1番逆18番 2015年東京新聞杯 逆4番2着
2015年 JC 1着正15番逆4番 2着正6番逆13番 2016年東京新聞杯 正6番1着
2016年 JC 1着正1番逆17番 2着正17番逆1番 2017年東京新聞杯 正17番3着
2015年 JC 1着正1番逆17番 2着正2番逆16番 2018年東京新聞杯 16頭立てなら正逆1か2

東京新聞杯は2014年から正逆6と26が3着以上。
2014年 逆6番2着 逆26番1着
2015年 正6番1着 正26番3着
2016年 正6番1着 逆26番2着
2017年 逆6番2着 正26番2着

新聞杯名重賞は正逆27が3着以上。
京都新聞杯 逆27番1着
北海道新聞杯クイーンS 正27番3着
神戸新聞杯 正27番3着
東京新聞杯 正27番3着
京都新聞杯 正27番2着
北海道新聞杯クイーンS 正27番2着
神戸新聞杯 逆27番3着
中日新聞杯 正27番3着

新聞杯名重賞は正逆10が3着以上。
京都新聞杯 逆10番2着
北海道新聞杯クイーンS 逆10番3着
神戸新聞杯 逆10番2着
中日新聞杯 正10番2着

16頭立てなら正逆6と正逆10から確認したい。

シルクロードSと根岸S 回顧

根岸Sはレース名を間違えるし途中まで16頭立てとも勘違いしてたしでグダグダ。
勝ったのは取り消し枠のノンコノユメ。
イーデンホールの隣なんだなあ。

イーデンホールの重賞出走は過去4戦で隣が3着以上。
京成杯    6番→7番2着 5番3着
ユニコーンS 7番→6番3着
プロキオンS 13番→12番1着 14番3着
根岸S    1番→14番1着

5枠が2着に来ているだからイーデンホールの隣2頭へ流せば良いだけだったのにね。
まあ1点で少額だし仕方ないね。

シルクロードSの方がショックはでかい。
4番フミノムーンが3着に来たけど2番アレスバローズが11着に沈み馬券は塵と消えた。
7番セイウンコウセイが2着、1番ファインニードルが1着。
枠なら全て見えているのだけど何とも言えない脱力感が有る。
4番の複勝かワイド狙いが正解だったけど狙い辛いよなあ。
枠順を見る前の位置でBOXにしておけばってところか。

デムーロ騎手の2隣が3着以上。
シンザン記念 2番→11番3着
愛知杯     5番→7番3着
日経新春杯  7番→9番3着
すばるS    12番→14番3着
AJCC     7番→9番3着
シルクロードS 2番→4番3着
ここで荒れたので終了も有るか。
そういう考え方が出来ていればワイド勝負も有りだったな。

京都の重賞は正逆33が3着着以上。
京都金杯    正逆33番3着
シンザン記念  正33番3着
日経新春杯  正33番3着
シルクロードS 逆33番3着
ここも全部3着なんだなあ。

シルクロードSは正逆33が3着以上。
2013年 逆33番ダッシャーゴーゴー 2着
2014年 正33番レディオブオペラ 2着
2015年 逆33番サドンストーム 2着
2016年 正33番ダンスディレクター 1着
2017年 正逆33番ダンスディレクター 1着
2018年 逆33番フミノムーン 3着

淀単距離Sの3着以内馬が出走しないシルクロードS。
淀単距離Sからは4着グレイトチャーターと6着ナリタスターワンが出走。
配置は2枠3番と8枠18番、勝ったのは1枠。
アレスバローズを軸にしたのはこういう考えからでは無く数字からです。
こんな使い方も有るのだという事だけ覚えておきたい。

今年最初のチャンスを逃し早くもマイナスに落ちてしまった。

シルクロードSと根岸S(修正)

(シルクロードS)
4番15番VS2番17番VS武豊騎手枠VS5枠VS7番

4番フミノムーンはさすがに無理か、デムーロ騎手の2隣なのでワイドで少し抑えるだけにします。
15番ナックビーナス、ラインミーティアの隣に期待する。

デムーロ騎手の2隣
シンザン記念 2番→11番3着
愛知杯     5番→7番3着
日経新春杯  7番→9番3着
すばるS    12番→14番3着
AJCC     7番→9番3着
先週時点でここも見ていたけど5隣の方が長く続いていたのであっちを取ったらこっちが残った。
全て3着なので狙い辛くは有る。

ラインミーティアの隣
アイビスSD   15番→14番3着
セントウルS   6番→7番1着
スプリンターズS 5番→6番3着

ミッキーラブソングの隣も近2戦で3着以内。

2番アレスバローズ、デムーロ騎手で2番人気。
17番ロードクエスト。
これはそのまま2番を選択、ただ重賞3連勝はどうなのだろう?

武豊騎手枠の4枠7番にセイウンコウセイ。
武豊騎手騎乗のダイアナヘイローが僅差の1番人気。
ここが選びにくい。

2番から7番8番15番と4番へワイドにする。

(根岸S)
数字を調べてないけど妄想的に予想する。

ベストウォーリアの出走取り消しから前走枠要素は田辺騎手と6枠。
田辺騎手は1枠1番イーデンホール。
イーデンホールの重賞出走は過去3戦で隣が3着以上。
京成杯    6番→7番2着 5番3着
ユニコーンS 7番→6番3着
プロキオンS 13番→12番1着 14番3着
重賞2戦とも上位人気で二桁着順と買いにくい現在4番人気のアキトクレッセント。

ダート馬ニシケンモノノフがシルクロードSに参戦する、5枠10番。
昨年の根岸Sでは1着カフジテイクの同枠配置だった。
根岸Sの5枠には1番人気と3番人気が配置された。
ここからだけどどっちなのか?
昨年の根岸Sでベストウォーリアに騎乗したのは戸崎騎手。
今年は1番人気サンライズノヴァに騎乗する、5枠8番。

(修正)
2番8番だけ買ってみる。

シルクロードSどうするか?

18頭立ての様です。
買わないと書きながら買ってしまいそうで、こういう時はまず外れるのだけど。

第23回シルクロードステークス(GIII)

ダンスディレクターの連覇後のレースなので狙いたいのは前年の1着枠。
しかし想定から前年の1着枠要素から出て来るのは武豊騎手のみ。
それと5枠7番。
武豊騎手の枠と5枠に注目したい。

先週の石清水Sで消えた正逆33なのだがもう一度ここから行こうかと。
一応京都では継続している正逆7はダンスディレクターの前年番から7番には注意とする。
正逆33は昨年の京都秋G1で続いた数字です。
秋華賞  逆33番モズカッチャン 3着
菊花賞  逆33番クリンチャー 2着
エリ女杯 逆33番クロコスミア 2着
マイルCS 逆33番サングレーザー 3着
全て2枠4番ですね。
他の古馬重賞は、
平安S  正33番マイネルバイカ 3着
京都大賞典 正33番シュヴァルグラン 3着
スワンS 逆33番ヒルノデイバロー 2着
みやこS 逆33番テイエムジンソク 1着
京阪杯 ×
昨年の京都重賞では最後の京阪杯で飛んだ数字です。
京阪杯はメラグラーナが中止となっています。
それが京都メインの連日数字になっていたのだけど1回8日の石清水Sでまた飛んだ。
京阪杯と同じ1200m戦ですし狙いにくいと感じていましたが18頭立てなら行けるかも?

京阪杯は16頭立てですが2枠4番ネロが1着になっています。
18頭立てなら京阪杯とも整合が取れる4番か15番に期待したくなる。

シルクロードS自体も正逆33。
2013年 逆33番ダッシャーゴーゴー 2着
2014年 正33番レディオブオペラ 2着
2015年 逆33番サドンストーム 2着
2016年 正33番ダンスディレクター 1着
2017年 正逆33番ダンスディレクター 1着

京都阪神の1200m1400m古馬混合重賞では昨年のシルクロードSから正逆20か正逆35が3着以上。
シルクロードS 正20番ダンスディレクター 1着 正35番セカンドテーブル 3着
阪急杯     逆35番トーキングドラム 1着
セントウルS  正35番ファインニードル 1着 正20番ラインミーティア 2着
スワンS    正20番逆35番レッツゴードンキ 3着
京阪杯    正20番ネロ 1着 逆35番イッテツ 3着
阪神C    正20番逆35番イスラボニータ 1着
18頭立てだと2番か17番。

2012年以降は淀単距離Sの1着2着のどちらかががシルクロードSで馬券内に入っていた。
今年は3着以内の馬が出走しない。
2000年以降では3頭とも出走しない年は無かった。
1着2着が出走しないのは2003年だけど参考になる何かが見付からなかった。
2003年は3着ナムラマイカの枠を2着に使ってはいる。
今年は4着グレイトチャーターと6着ナリタスターワンが出走する。
騎手調教師では2着だった武豊騎手のみ参戦する。
ここでも武豊騎手の枠に注目したくなる。
シルクロードSの18頭立ては初めてなのと淀単距離Sの3着以内を出走させない事を合わせた理由は有るのでしょう。
いつもと違う決着になるのかと思うがその答えは分からない。

4番15番VS2番17番VS武豊騎手枠VS5枠VS7番
期待順です。
今買うなら2番4番なのでこれは絶対に入れる。

AJCC 妄想(後出しです)

週半ばに書いたのだけど最後が纏まってない感じで出さなかった。
書いた本人がマイネルミラノを買っていませんし、
どう考えてマイネルミラノなのかだけネタの一つとして見て頂ければと思います。

今年の妄想初めはAJCC。
想定を見てゴールドアクターの登録を知ってゴールドシップを思い出した。
ゴ-ルドシップの出走は2015年、ゴールドアクターは消えるとして妄想する。

ここに至るゴールドシップの戦歴とゴールドアクターの戦歴の似ている部分を並べてみる。
ゴールドシップ
有馬記念勝利 2012年 2013年3着
2014年 天皇賞春7着 宝塚記念逆2番1着・横山騎手

ゴールドアクター
有馬記念勝利 2015年 2016年3着
2017年 天皇賞春7着 宝塚記念正2番2着・横山騎手

2015年のAJCCから考える。
1着クリールカイザー 4番人気 田辺騎手・相沢厩舎 ←ステイヤーズS3着←アル共国杯2着←オールカマー3着
2着ミトラ 7番人気 柴山騎手・萩原厩舎 ←福島記念1着
3着エアソミュール 2番人気 C.デムーロ騎手・角居厩舎 ←金鯱賞3着←毎日王冠1着

田辺騎手はトーセンビクトリーに騎乗予定、角居厩舎。
前年オールカマー3着枠としてマイネルミラノ、相沢厩舎。
前走で重賞3着以内はゴールドアクターのみ。
3文字馬シホウの戦歴が←ステイヤーズS5着←アルゼンチン共和国杯7着。

1番の鍵になるのはディサイファだと見ている。
ジャパンC17着から明けて9歳の重賞4勝馬、もう引退だと思ったのにね。
2016年AJCC勝ち馬で2015年AJCC出走馬。
2015年は逆番のクリールカイザーが1着。
AJCCとオールカマーはセットのレースだと考えているのでその3着以内枠馬も重要。
昨年のオールカマーの2着同枠ディサイファ、3着同枠マイネルミラノ。

ディサイファvsマイネルミラノの各同枠馬に注目したい。

AJCC 回顧

石清水Sはあまりに的外れで回顧も何も出来ない。
京都は第1回最終日でいろいろと終わったのか、来週のシルクロードSはこれでは買えない。

AJCCは1番人気の決着を当てただけ、馬単と馬連で馬連を多くし過ぎた。
ただこちらは数字上は残っているので当て方はとしてはまあ良かった。
中山の正逆10か11ではなく正7番が1着も先週同様のデムーロ騎手なので継続なのかは判断が難しい。
東海Sでも正逆7は沈んでますし、こちらは逆11番が2着。
正逆7か11なのかなあ?
そう見れば継続にはなるのだけど。

一つの心残りはマイネルミラノ。
最後が上手く纏まらなかったので上げなかった妄想ではマイネルミラノの枠を注意としていた。
これを出しておくべきだったなと、どう考えたかという事で後出しだけど上げます。

収支的には配分の一番多いところが当たったのだけど石清水Sの分を含めるとプラスと言えないくらいのプラス。
今年の競馬初日で当てたのを良しとしておきます。
次は京都を調べなおして京都記念を目標にします。

古馬G2 2200m重賞は正逆8か25が3着以上。
京都記念   逆25番2着
オールカマー 逆8番3着 正25番2着
AJCC     正8番1着 逆8番2着 正25番1着 逆25番2着
京都記念   逆8番3着 逆25番1着
オールカマー 正8番2着 正25番2着
AJCC     正25番2着 逆25番3着
次は京都記念。

中山古馬G2は正逆29が連対中。
中山記念    逆29番2着
日経賞     正29番1着
オールカマー  逆29番1着
ステイヤーズS 正29番1着
AJCC      正29番1着
次は中山記念。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア