1. 無料アクセス解析

秋華賞 妄想

桜花賞馬レーヌミノルは出走し、オークス馬ソウルスターリングは毎日王冠から天皇賞秋へ向かう。

オークス馬が秋華賞に出走しないのは、2016年2005年2004年2002年。
今年はどの年とも違うと思う。

ローズS勝利後に引退したシンハライト。
アメリカオークス勝利後に引退したシーザリオ。
ローズS7着後に回避したダイワエルシエーロ。
直接エリザベス女王杯へ向かったスマイルトゥモロー。

鍵はオークス馬じゃなく藤沢厩舎なのではと妄想する、2004年でもダイワエルシエーロじゃなくダンスインザムード。
3歳牝馬G1勝利馬が天皇賞秋へ出走する、2004年は桜花賞馬ダンスインザムード。
ソウルスターリングと同じ藤沢厩舎です。
ダンスインザムードは秋華賞を4着後に天皇賞へ向かい2着となる、ルメール騎手騎乗。

2004年の秋華賞はオークス1枠1番2着のスイープトウショウが6枠11番2番人気で勝利した。
前走はローズS3着。
秋華賞の同枠にはオークス3着のヤマニンアラバスタ、秋華賞2着は8枠16番ヤマニンシュクル。
8枠17番には桜花賞2着アズマサンダースも同居。
3着3枠番ウイングレットの同枠6番はローズS2着グローリアスデイズ。
グローリアスデイズはフローラSも2着。
ローズS1着レクレドールは7枠15番で6着。

今年もオークスの2着は1枠1番モズカッチャン。
しかし騎手変更も有りオークス騎乗の和田騎手がローズSを勝ってしまった。
春G1の2着とローズS3着はリスグラシュー、枠として重視したい。

今年のフローラS2着はヤマカツグレース、ローズS2着はカワキタエンカ。
騎手は共に横山騎手が騎乗している。
秋華賞で騎乗するのはアエロリットか?ま騎乗する枠を重視で。

オークス3着のアドマイヤミヤビは引退のようで。
ローズSで騎乗予定だったのがルメール騎手。
ルメール騎手が秋華賞で騎乗するのが紫苑Sを勝ったディアドラ。
昨年はG3格上げ初年の紫苑S2着のヴィブロスが勝利した。
2年目は1着馬が絡んでくるのでは?2年連続で勝つまでは無いと思うけど枠としてなら有りか。

牝馬G1は昨年の秋華賞からルメール騎手の枠が3着以上。
秋華賞  2枠2着
エリ女杯 5枠2着
阪神JF  1枠1着
桜花賞  7枠3着
VM     3枠1着
オークス 1枠1着
まあ秋華賞以外は自分で3着以内に持ってくるんですけどね。

リスグラシュー、横山騎手、ディアドラ。
この三つの枠を重視したい。

とここまでは毎日王冠前に書いていまして。
ソウルスターリングは毎日王冠で8着に負けた。
ちょっと負け過ぎな感じがしてモヤモヤする。

>ローズS7着後に回避したダイワエルシエーロ。
上で書いていることだけどソウルスターリング自身がダイワエルシエーロになった?
天皇賞秋の回避はしないだろうけど。
天皇賞秋でソウルスターリングが不要ならディアドラが勝っても良い気もする。
天皇賞秋は秋華賞を見てから考え直しにする。

毎日王冠 回顧

ソウルスターリングは予想したより着順は悪かった。
8着とはねえ、天皇賞の妄想をを変えるべきか悩むな。

予想としてはリアルスティールが選べてない。
キャグニーが3着と思ったのにロンドンがハナ差で3着か、ぬか喜びしたよ。
アラジンとのワイドに両方入れていたけど配当はかなり下がったなあ。
キャグニーなら一応勝てたと言える配当だけどロンドンじゃ小プラス程度。
秋だけなら当ててるからプラスだけど小当たりばかりで春の負け分は取り返せてない。

2歳戦以外の東京11Rで内田騎手から5隣が3着以上。
ユニコーンS  4番→15番3着
夏至S     1番→6番1着
パラダイスS 3番→7番3着
毎日王冠   2番→7番3着

東京芝重賞は正逆12か16が3着以上。
共同通信杯  正12番1着
ダイヤモンドS 正12番1着
フローラ S  逆12番2着
青葉賞    逆16番2着
NHKMC    正16番1着
京王杯SC  正12番2着
ヴィクトリアM 逆16番3着
オークス   正16番3着
ダービー   正12番1着
安田記念  正16番2着
エプソムC 正12番1着 逆12番3着
ロイヤルC 正16番2着
毎日王冠 正12番2着

毎日王冠は5年連続で正逆6が3着以上。
2009年から正逆4か6が3着以上。
2013年 正6番1着
2014年 正6番2着
2015年 正6番3着
2016年 逆6番2着
2017年 逆6番3着

3歳馬の隣は11番ウインブライトの隣2着です。

来週以降の東京メインとG1で見ていきたい数字が正逆6か13。
安田記念とスプリンターズSの3着正6番、宝塚記念の2着正13番で重なる数字。
ロイヤルCの正13番3着と毎日王冠の逆6番3着が重なる位置。

前年の天皇賞秋2着で当年の毎日王冠1着なのでリアルスティールが人気になるのでしょうね。
今のところリアルスティールを選ぶ気は無いです。
妄想では1着に選びたい馬を決めているけど今日の結果からもう少し調べてみようかと。

毎日王冠どうでしょう?2

土曜日の結果から。
内田騎手5隣は来なかった。
正16番は2着なので継続。

東京芝重賞は正逆12か16が3着以上。
共同通信杯  正12番1着
ダイヤモンドS 正12番1着
フローラ S  逆12番2着
青葉賞    逆16番2着
NHKMC    正16番1着
京王杯SC  正12番2着
ヴィクトリアM 逆16番3着
オークス   正16番3着
ダービー   正12番1着
安田記念  正16番2着
エプソムC 正12番1着 逆12番3着
ロイヤルC 正16番2着

正逆12にソウルスターリングとサトノアラジンが入った、ルメール騎手と川田騎手。
サウジロイヤルCでは凱旋門賞出張お疲れ様の1着2着。
枠も1枠と8枠を入れ替えての毎日王冠となる。

正逆6と10からは逆6番グレーターロンドンと逆10番ダイワキャグニーを選ぶ。
グレーターロンドンは内田騎手の5隣なので3着以内なら2歳戦は外して来週以降も見る。

1番3番7番12番からだけどどうするか?
3番7番→12番→1番で馬単と三連単としてみる。
ソウルスターリングが1着2着なら妄想が外れたと諦めましょう。

毎日王冠どうでしょう?

第68回毎日王冠(GⅡ)

東京11Rで内田騎手から5隣が3着以上。
ユニコーンS  4番→15番3着
夏至S     1番→6番1着
パラダイスS 3番→7番3着
まだ3戦なので土曜日のサウジロイヤルCを見てから判断する。
サウジロイヤルCはバイオレントブローに騎乗予定。
毎日王冠はマカヒキに騎乗予定。

東京芝重賞は正逆12か16が3着以上。
共同通信杯  正12番1着
ダイヤモンドS 正12番1着
フローラ S  逆12番2着
青葉賞    逆16番2着
NHKMC    正16番1着
京王杯SC  正12番2着
ヴィクトリアM 逆16番3着
オークス   正16番3着
ダービー   正12番1着
安田記念  正16番2着
エプソムC 正12番1着 逆12番3着
これもサウジロイヤルCを見てからで。

毎日王冠は4年連続で正逆6が3着以上。
2009年から正逆4か6が3着以上。
2013年 正6番1着
2014年 正6番2着
2015年 正6番3着
2016年 逆6番2着

毎日王冠は正逆10が3着以上。
2010年 逆10番3着
2011年 正10番3着
2012年 逆10番2着
2013年 正10番2着
2014年 逆10番2着
2015年 逆10番2着
2016年 正10番1着

現在の登録が12頭なので正逆4が正逆16と重なるだけ。

2010年以降は3歳馬自身か隣馬が3着以上。
ウインブライト、ソウルスターリング、ダイワキャグニー。
ソウルスターリング自身が有力馬なので今年継続したらまた来年という事で。

注目はソウルスターリングの出走ですね。
秋華賞の妄想をソウルスターリングから考えていて毎日王冠がどうなるかで予想が変わりそう。
今のところ毎日王冠では3着か4着と見ている、そうなれば天皇賞秋で2着狙いしたくなるのだけど。
それと凱旋門賞で2頭出し敗北のサトノのアラジンがどこに入るか。

スプリンターズS 回顧

レースは終わっていますが訂正が一つ。
□外馬ブリザードは12番でした勘違いです、すみません。

予想としては良かったと思っています。
レッドファルクスの連覇も私なりの理由を書いて的中ですし。
ただ2着ですね。
宮記念の3着以内馬の揃い踏みからこの中でワイド以上も例から1着3着を選んで外れ。
ドラゴン同枠も見ていたけど正3番も悪いと思えず予想を変えられなかったのが反省点。
ここ2点の馬単中心か3連単を少し買うという選択も有ったなと。

一番満足しているのは6番ワンスインナムーンを出せたこと。
馬券も6-8のワイドのみ的中、860円だけど比率的に十分にプラスになった。

これで中山G1の正逆11は継続。
有馬記念 正11番1着
皐月賞  正11番1着
スプリンターズS 逆11番3着
しかしもう一つの、
皐月賞 逆8番1着
スプリンターズS 正8番1着
この流れにも注意が必要かと思う。

年末の中山重賞は正逆8か11として有馬記念まで繋がるか確認したい。

さて凱旋門賞。
買わずに見るだけですが見せ場を作って欲しいですね。

スプリンターズS どうでしょう?

第51回スプリンターズステークス(GI)

秋G1初戦です。
何とか取りたいけど読めている感じはしない。

ゲストは藤原竜也さん。
2015年のヴィクトリアMとクイーンSで来場。
共通点は分らない、藤原厩舎も出走無し。
「藤」は6番と10番の調教師に有る。
「竜」でドラゴンならスノードラゴン同枠のレッツゴードンキが気になる。

デムーロ騎手は4枠8番、高松宮記念では4枠7番。
18頭立ての逆11番は8番になる。
ファインニードルは7枠13番、高松宮記念1着は逆13番、昨年のSS1着は7枠13番。

先週のオールカマー1着は正6番、土曜日メインのカンナSの2着3着は正逆6・11。
SSの正11番は□外馬ブリザード。
逆の正6番はワンスインナムーン石橋脩騎手、土曜日カンナSを勝ったのが1枠1番石橋騎手。
現在9番人気のこのワンスインアムーンが気になっている。

中山重賞をスプリンターズS以降の正逆8か11と見れば先週も継続している。
6番8番9番11番、9番メラグラーナは現在2番人気だが3番セイウンコウセイとは確定まで分らない。

セイウンコウセイの位置は正3番。
高松宮記念 正3番2着、VM 正3番3着、安田記念 逆3番2着
今年の古馬短距離G1は正逆3です。

3番8番にワイド込みで6番13番を絡める感じか。

スプリンターズS 妄想

今年からG1となるホープフルS。
G2最後の年を勝ったレイデオロは皐月賞ではなかったがダービーを勝った。
朝日杯が付いた2014年のセントライト記念を勝った蛯名騎手は同年の朝日杯FSを勝った。
同年の菊花賞ではサウンドオブアースに騎乗して2着に入った。
冠名付与2年目を勝ったキタサンブラックは菊花賞を勝った。
セントウルSに今年から付与される産経賞、同じ冠名はオールカマーにも付く。
セントウルSに勝ったデムーロ騎手はオールカマーではなく神戸新聞杯に騎乗する。
スプリンターズSでのファインニードルかデムーロ騎手には注目したい。
オールカマーは来年のセントウルS勝利騎手が騎乗すれば狙ってみたい。

産経の文字が取れたG1大阪杯の勝利調教師がセントウルSの1着同枠に居た。
冠名の移動をこういう繋ぎ方もするのだと覚えておこうと思う。
そのレースに武豊騎手を騎乗させずに調教師を示唆に使ったとも思えるので騎手優先だとは思う。
↑これを先週書いていてオールカマーに当て嵌めての4枠重視だった。
今日のオールカマーでは大阪杯2着のステファノスが産経賞オールカマーを2着にスライド。
同枠にファインニードルと同じ馬主のディサイファを配置していた。

2012年以降では高松宮記念の3着以内馬が全て出走するとその内2頭でワイド以上。
2012年 宮記念 カレンチャン→サンカルロ→ロードカナロア SS ロードカナロア1着 カレンチャン2着
2013年 宮記念 ロードマナロア→ドリームバレンチノ→ハクサンムーン SS ロードカナロア1着 ハクサンムーン2着

2例だけなのですが2012年からというのが少し気になる。
2012年から レーティング上位の5頭に優先出走を認める、と変更されています。
それと2012年は中京競馬場の改修明けです、前2年はキンシャサノキセキが連覇。
今年は、セイウンコウセイ→レッツゴードンキ→レッドファルクスが出走予定。
上の例では宮記念の1着と3着がSSで連対している。
セイウンコウセイとレッドファルクス。
産経賞セントウルSを勝ったデムーロ騎手はレッドファルクスに騎乗予定。

妄想の終着点はレッドファルクス→セイウンコウセイとしたい。
これだとガチガチですね、ファインニードルにも注意はしたい。

レッドファルクスが勝つと連覇になる。
過去にはサクラバクシンオーやロードカナロア等。
サクラバクシンオーは2年目に、1994年 - 国際競走に指定され、外国調教馬が4頭まで出走可能になる。
ロードナカロアは香港Sの影響に思う。
香港Sが2010年南アフリカ、2011年欧州出身馬、2012年日本ロードカナロアと初を続けた。
2011年の賞金増額の広告でしょう、2013年カナロア連覇の後は香港馬の勝利に戻っています。

今年連覇するとしたら、2016年 - 「ブリーダーズカップ・チャレンジ」指定競走となる。からでしょうか。

神戸新聞杯とオールカマー 回顧

当たったのは神戸新聞杯のガチガチ。
馬単三連単も当てたけどオールカマーの方が比率を高くして外したので今日の分で微妙なプラスだけ。

神戸新聞杯
ほぼ妄想どおりの結果、キセキが3着の方が良かったのだけど。
菊にしてもキセキが3着ならここからかと思ったけど少し考え直しかな。

皐月賞  正7番ペルシアンナイト 2着
ダービー 逆7番レイデオロ 1着
セントライト記念 正7番アルアイン 2着
神戸新聞杯 逆7番1着
スプリングSと青葉賞は正逆7番が3着。

阪神重賞は正逆13が3着以上。
桜花賞    逆13番2着
アンタレスS 逆13番2着
鳴尾記念  逆13番2着 正13番3着
マーメイドS 正13番3着
宝塚記念  正13番2着
セントウルS 正13番3着
ローズS   逆13番3着
神戸新聞杯 逆13番3着

オールカマー
こっちを取りたかったなホント。
8番ステファノス→9番タンタアレグリアの馬単に期待したが2着3着。
1着のルージュバックとは思えなかった。
でもこれで天皇賞かエリ女杯辺りに出てくれたらネタが一つ残る。
中山重賞の正逆11が消える気はして入れてないけど中山で軸にしてた数字だったので痛いね。
まだ中山G1としては見るけどちょっと弱い感じになった。
しかし16頭立てだとルージュバックの6番は正逆11、ここをどう考えるか。

古馬G22200m重賞とは正逆8か25が3着以上。
京都記念   逆25番2着
オールカマー 逆8番3着 正25番2着
AJCC     正8番1着 逆8番2着 正25番1着
京都記念   逆8番3着 逆25番1着
オールカマー 正8番2着

古馬混合重賞でデニムアンドルビーの隣枠が3着以上。
金鯱賞   4枠→3枠2着
有馬記念  7枠→6枠1着
フェブラリーS 4枠→5枠2着 3着
鳴尾記念  6枠→7枠2着
オールカマー 6枠→5枠3着

ルージュバックからは14隣が3着以上。 
天皇賞秋  9番→8番1着
ジャパンC  4番→1番1着
金鯱賞    1番→15番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
オールカマー 6番→9番3着

ルージュバックにはG1に出て来て欲しい。
G1で3隣か4隣が3着以上。
オークス 14番→10番1着 17番3着
エリ女杯 15番→12番1着 18番2着
有馬記念 13番→9番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
天皇賞秋  9番→12番2着
ジャパンC 4番→1番1着 17番3着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
4頭からになるけどその中に連対馬が居た。

神戸新聞杯とオールカマー

神戸新聞杯

14頭立て、レイデオロは正8番逆7番、逆7番はダービーと同じ。
皐月賞  正7番ペルシアンナイト 2着
ダービー 逆7番レイデオロ 1着
セントライト記念 正7番アルアイン
スプリングSと青葉賞は正逆7番が3着。

阪神重賞の正逆13から2番サトノアーサー。
来週のサトノ2頭の凱旋門賞に騎乗するルメール騎手と川田騎手を使うか?

正4番、レイデオロ24隣の4番ベストアプローチ。

人気順 1番人気→3番人気→2番人気だと、8番→2番→5番。
正逆5番にルーラーシップの仔。
8番軸で2番4番5番。

オールカマー

こちらは想定のまま17頭立て。
17頭立てなら週初めから8番10番VS7番11番と見ていた。

枠を見て気になるのは4枠、7番と8番の同居という意味の他に一つ。
スプリンターズSの妄想で書いているネタで産経賞セントウルS→産経賞オールカマーが有る。
1着デムーロ騎手が神戸新聞杯なのでここは同馬主ディサイファに注目したい。
大阪杯→セントウルSでは清水調教師の枠が1着なのでディサイファの枠が1着もあるかと。
ファインニードルとディサイファの馬主はH.H.シェイク・モハメド氏。
ステファノス自身も産経が取れた大阪杯の2着馬。
割れた中での1番人気だが8番ステファノスから行きたい。

デニムアンドルビーが出走する理由を無理やり考えてみた。
金鯱賞   4枠→3枠2着
有馬記念  7枠→6枠1着
フェブラリーS 4枠→5枠2着 3着
鳴尾記念  6枠→7枠2着
古馬混合重賞で隣枠が連対。
オールカマー 6枠→5枠か7枠

ルージュバックからは14隣が3着以上。 
天皇賞秋  9番→8番1着
ジャパンC  4番→1番1着
金鯱賞    1番→15番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
オールカマー 6番→3番か9番

ルージュバックにはG1に出て来て欲しい。
G1で3隣か4隣が3着以上。
オークス 14番→10番1着 17番3着
エリ女杯 15番→12番1着 18番2着
有馬記念 13番→9番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
天皇賞秋  9番→12番2着
ジャパンC 4番→1番1着 17番3着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
4頭からになるけどその中に連対馬が居た。

5枠からだと9番か10番どちらにするか?
このレースと対になる1月のAJCCを勝った9番タンタアレグリア蛯名騎手、出走はそれ以来。
その時の馬番が8番で2着は10番戸崎騎手、オールカマーは8番ステファノスに騎乗する。
騎手での着順入れ替わりという結果が私的には一番納得できる形です、枠連は4-5。
AJCCの3着は内田騎手。

2010年以降は6番人気か7番人気が3着以内に絡む。
例外は2013年に勝った9番人気ヴェルデグリーン。
2014年 - この年から1着馬に天皇賞(秋)の優先出走権を付与。この影響なのでしょう。
付与2年目のショウナンパンドラが天皇賞秋で2着同枠になりジャパンCでは勝利した。
6番人気7番人気は拮抗している、4番ブラックバゴと15番カフジプリンス。
4番ブラックバゴは内田騎手。

8番→9番、これを本線。
それに4番と15番をワイドと三連で入れる。
金額的にはオールカマーに多く入れるのでこっちを取りたい。

神戸新聞杯どうでしょう?

第65回神戸新聞杯(GⅡ)

このレースはダービーの3着以内馬が3着以内。
レイデオロのみ出走。

ダービー馬のみが出走は2014年のワンアンドオンリー勝利。
2014年も皐月賞馬がセントライト記念に出走しているけど2014年とは違うでしょうね。
レイデオロは菊花賞には出走せず直接ジャパンCへ向かう。
ダービー馬が神戸新聞杯に出走し菊花賞へ向かわなかったのは
2004年キングカメハメハ引退と2008年ディープスカイ天皇賞秋3着。
どちらも勝ってますね、レイデオロから行くのは仕方ないのか?
勝てばジャパンCでも無視は出来ないか、3着とか。

2004年と2008年は1番人気→3番人気→2番人気で決着。
菊花賞は正逆1VS正逆5で荒れた決着になっている、狙うなら菊花賞か。
勝つのは春クラシックに間に合わなかった馬。
神戸新聞杯を1番人気で勝って天皇賞秋に向かったのは2002年のシンボリクリスエスも。
この年の菊花賞は更に大荒れでシンボリクリスエスは天皇賞秋1着→JC3着→有馬記念1着。
ただしこの年は中山代替での天皇賞秋だった、JCのレイデオロは3着じゃないのかと妄想する。
2014年皐月賞馬のイスラボニータも天皇賞秋3着だし。
2002年菊花賞馬ヒシミラクルも春クラシックに未出走だった。

阪神重賞は正逆13が3着以上。
桜花賞    逆13番2着
アンタレスS 逆13番2着
鳴尾記念  逆13番2着 正13番3着
マーメイドS 正13番3着
宝塚記念  正13番2着
セントウルS 正13番3着
ローズS   逆13番3着

今年の阪神重賞は全てで正逆6か13が3着以上。

このレースは武豊騎手から7隣が3着以内。
2011年 6番→11番3着
2012年 騎乗無し
2013年 4番→11番3着
2014年 4番→11番2着
2015年 13番→6番1着 5番2着
2016年 7番→14番1着 15番2着

このレースは正逆4か6が3着以内。
2011年 逆6番1着
2012年 正6番2着
2013年 逆4番2着 正4番3着
2014年 逆6番2着
2015年 正6番1着
2016年 逆4番3着

レイデオロから24隣が3着以上。
葉牡丹賞   11番→11番1着
ホープフルS  2番→6番3着
皐月賞     5番→11番1着
ダービー   12番→18番3着

今の登録が16頭。
このままなら、レイデオロVS正逆4VS正逆6から確認したい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア