FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

安田記念どうでしょう?

第61回安田記念(GI)
JRAナビゲーター3名が来場!
 [6月5日(日)安田記念(GI)当日]
 今年のJRAナビゲーターを務める桐谷健太さん・吉高由里子さん・佐藤健さんが揃って来場し、スペシャル版オープン型レーシングセミナーに出演します。また、ナビゲーター3名は安田記念の表彰式プレゼンターも務めます。
当初、表彰式プレゼンターは桐谷健太さん・佐藤健さんの2名とお知らせしておりましたが、3名揃って務めることとなりました。


桐谷健太吉高由里子佐藤健
桐谷健太吉高由里子佐藤健

平成3年(1991年) 第41回安田記念(GI)
ダイイチルビー VS ダイタクヘリオス
磨き続けられた紅玉(ルビー)が、今輝く!
2番人気の牝馬ダイイチルビーが勝った年ですか、紅玉から赤い鳥(アパパネ)という事なのか?
<輝く>からは外国馬でビューティーフラッシュが参戦予定です。

TVCMはタイキシャトル、1998年 17頭立て 枠1→6→4 馬2→11→8。
マイルG1を国内3勝・海外1勝したマイル王です。
既にマイルGIを勝っていましたがこのRが2勝目です、圧倒的な存在は人気では違いますがアパパネくらいですかね。
2着に海外馬でタイキシャトルの同枠にも横山騎手騎乗で海外馬が居ました、この年は海外馬2頭で今年も今のところ2頭です。
2着馬の同枠は前年に3歳で3着に入ったスピードワールドです。
(下のNHKMC~の部分を金曜日に書いてからTVCMを知った日曜日にこの部分を書いていますがポイントは3歳馬の安田記念出走かなと感じます。)
タイキシャトルと3着馬の隣に冠名エイシンの馬が居ます、今年は昨年のマイルCS1着のエーシンフォワードが出走します。
タイキシャトルが前年のマイルCS1着なのでエーシンフォワードか隣馬にも注目したいと思います。
タイキシャトルが○外、エーシンフォワードとライブコンサートが○外です。

タイキシャトルの2番からは17頭立てですから逆16番、3番16番にまずは注目したいです。
一応2番17番も考慮はしたいです。
他のリンク(正逆19か20とか)を考慮するとタイキシャトルそのままの2番の様な気もしています。


NHKMCは変なG1だなあと思っています、変なと言うと語弊が有りますが。
3歳マイル王を決定するレースのはずなのですがこの後にマイルG1を勝った優勝馬が居ないんですよね。
G1ではJCDを勝ったイーグルカフェとクロフネ、ダービーを勝ったキングカメハメハとディープスカイやJCを勝ったエルコンドルパサーとか居るのに。
NHKMCより前のマイルG1は阪神JF・朝日杯FS・桜花賞が有りますがこの二冠を勝ったのはラインクラフトと今年のグランプリボスです。
ラインクラフトもVMを勝てず、ピンクカメオもVMを勝てませんでした。
1200mG1でもラインクラフトの高松宮記念2着までです、海外では1300mG1をシーキングザパールが勝ってますが国内ではマイル以下G1を全く勝てていません。

同じ舞台の安田記念でも成績は良く有りません。
3着以内に入ったのがシーキングザパール3着(2度目)テレグノシス2着(2度目)ディープスカイ2着(1度目)。
ダービー馬ディープスカイを例外とすれば1度目は両馬とも掲示板を外しています。
今年出走するジョーカプチーノは1度目の安田記念挑戦です、1年5ヶ月休んでいたので5歳での1度目なのが違う点なのですがこの辺りがどうなのか?

今年のNHKMCから3着のリアルインパクトが参戦します。
3歳の参戦も2004年のメイショウボーラーの11着以来です、ボーラーもNHKMC3着でした。
それ以前では1997年のスピードワールドが旧齡4歳(現3歳)で安田記念で3着に入っています。
私は2004年を中心に妄想を展開しますが上のジョーカプチーノを<予想としては入れにくい>と相反する考えも有って悩みます。
2004年はテレグノシスが2着に入った年なのです、2年前のNHKMC1着馬と当年のNHKMC3着馬が出走する年です。
NHKMCの名勝負名場面も2004年キングカメハメハでした。

勝ったツルマルボーイはG1未勝利ですが2着は3度有ります、天皇賞秋1回・宝塚記念2回。
3着バランスオブゲームはG1未勝利ですがG2勝利がこの時点で3勝です、それも弥生賞・セントライト記念・毎日王冠と前哨戦です。
G1の2着歴はダノンヨーヨー・スマイルジャック・ビービーガルダン・サンカルロ・リーチザクラウン。
マイルを越える距離を優先するならダービー2着のスマイルジャックとリーチザクラウン、でもイメージは違うような。
G2勝利歴もマイルを越える距離を優先すると・・・イメージ出来る馬が居ない・・・。

2004年の配置から気になるのはテレグノシスの同枠にメイショウボーラー。
ツルマルボーイの同枠に当年AJCC1着馬、バランスオブゲームの同枠にダービー卿CT1着馬。
出走馬に今年のダービー卿CT2着ライブコンサート、当年の重賞馬ならシルポート・スマイルジャック・サンカルロ・ストロングリターン。
2004年京王杯1着のウインラディウスは14着、2着テレグノシスが2着。
シルポート・スマイルジャック・サンカルロがどういう配置になるのか?
リアルインパクトがジョーカプチーノをサポートしてくれるのか、枠順を見てから判断したいです。

今年の話題はもう一つ牝馬五冠のアパパネの参戦です。
VMの時にHATさんが書いてくれた話から私はアパパネの枠か逆番を重視したいと思っています。
アパパネがメジロドーベルなら勝てないと見ますが上のダイイチルビーからはアパパネ自身の様にも思います。

アパパネの枠VSリアルインパクトの枠にジョーカプチーノがどういう配置になるのか見たいです。
それとエーシンフォワードか隣馬ですね。
他の馬ではG1の2着歴と今年の重賞勝利からスマイルジャックを気にしています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア