FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

2010ダービー妄想

巷の話題は2003年の ネオユニヴァースVSゼンノロブロイ 再び! ですね。
両馬の仔ヴィクトワールピサとペルーサが父と同じ戦歴で臨み興味深いです。
更にNHKMCを衝撃のレコードで勝った父フジキセキのダノンシャンティ、父キングカメハメハでプリンシパルSを勝ち優先権を得た母エアグルーヴのルーラーシップ・朝日杯FS馬ローズキングダム等 妄想するにも楽しいです。

妄想のサンプルは2003年なのですが2001年も考えたいです。
2003年は昨年、2001年は一昨年で妄想していますが考えの流れは同じです(それ以外出来ないとも云う)。
昨年は2006年も含めて考えて二冠馬の誕生VSきさらぎ賞・青葉賞馬の枠→ネオユニヴァースの仔で二冠達成(同枠青葉賞馬・2着きさらぎ賞馬)・一昨年はサクセスブロッケンの出走も含めて考えNHKMC馬の枠VS青葉賞馬・川田騎手枠→2着青葉賞馬・川田騎手の枠などなど。

2001年を妄想のサンプルに入れたいのはNHKMCでのダノンシャンティが私にはクロフネに思えたからなのと皐月賞の時にヴィクトワールピサとアグネスタキオンの戦歴が似ていると感じたからです。

2001年皐月賞馬アグネスタキオンの戦歴は、ラジオたんぱ杯1着→弥生賞1着→皐月賞1着⇒引退。
2001年ダービー馬ジャングルポケットは、ラジオたんぱ杯2着→共同通信杯1着→皐月賞3着→ダービー1着。
2001年のNHKMC馬クロフネは、ラジオたんぱ杯3着→毎日杯1着→NHKMC1着→ダービー5着。
2003年二冠馬ネオユニヴァースの戦歴は、きさらぎ賞1着→スプリングS1着→皐月賞1着→ダービー1着。
面白いと思ったのが2001年のきさらぎ賞1着→スプリングS1着はアグネスゴールドで二冠戦は回避しています、同馬主のアグネスタキオンはアグネスゴールドの戦歴も借りたのでは?と考えています。
2003年のNHKMC馬ウインクリューガーはダービーに出走していません。

ヴィクトワールピサの戦歴は、ラジオNIKKEI杯1着→弥生賞1着→皐月賞1着。
ダノンシャンティの戦歴は、ラジオNIKKEI杯3着→共同通信杯2着→毎日杯1着→NHKMC1着。
今年のきさらぎ賞馬ネオヴァンドームは皐月賞17着→放牧ですが父がネオユニヴァースです、スプリングS馬アリゼオは皐月賞5着→出走予定です。
ネオヴァンドームの父がヴィクトワールピサと同じなのですが今年は騎手にも注目したいです、きさらぎ賞は安藤騎手・スプリングSは横山騎手が勝っています ダノンシャンティとペルーサに騎乗予定ですね。

各年の青葉賞馬とプリンシパルS馬のダービー成績も確認します。
2001年 ルゼルはダービー14着、ミスキャストはダービーへ出走せず。
2003年 ゼンノロブロイはダービー2着、マイネルソロモンはダービー18着。
ゼンノロブロイとペルーサは藤沢厩舎で横山騎手騎乗、4戦目青葉賞勝ちで5戦目ダービーへと酷似しています。
番組表読みではゼンノロブロイはシンボリクリスエスのコピーだと言われていたと聞いています(その頃には戦歴読みという考えが私には無かったので又聞きです)。
ペルーサもまたゼンノロブロイの通った道を歩むのか?

毎日杯1着→NHKMC1着→ダービー出走の戦歴は2008年ディープスカイ・2004年キングカメハメハ・2001年クロフネで2頭が勝ちクロフネは1着同枠に配置されている、つまり過去3年全てで1着枠。

弥生賞1着→皐月賞1着→ダービー出走の戦歴は2005年ディープインパクト・1984年シンボリルドルフ・1983年ミスターシービー・1975年カブラヤオー・1973年ハイセイコー・・・。
1986年から日本競馬の重賞体系が変わったと考えているので近年では全て三冠馬ということですね、ただ一つヴィクトワールピサと3頭で大きく違うのは弥生賞→皐月賞で騎手が替わっているという事です。

他では明け3歳重賞1着歴の有る馬が連対し優先権を持つ馬で馬連決着、皐月賞2着馬の枠か逆番が馬券内。

妄想まとめ
(1着枠)NHKMC馬ダノンシャンティの枠
(その他)明け3歳重賞1着歴の馬 ヴィクトワールピサ・エイシンフラッシュ・ペルーサ・ダノンシャンティ
                      ゲシュタルト・アリゼオ・サンライズプリンス・ハンソデバンド
     優先権を持つ馬    皐月賞4頭・青葉賞2頭・プリンシパルS1頭
     皐月賞2着馬の枠か逆番 ヒルノダムール

↓のはヴィクトワールピサの騎手が武豊騎手に戻る前提で書いていたものです。
結局岩田騎手がそのまま騎乗するので今年は関係無いですがまあこんな事も考えていたくらいで。
弥生賞1着→皐月賞1着→ダービー出走の戦歴は2005年ディープインパクト・1984年シンボリルドルフ・1983年ミスターシービー・1975年カブラヤオー・1973年ハイセイコー・・・。
1986年から日本競馬の重賞体系が変わったと考えているので近年では全て三冠馬ということですね、ただ一つヴィクトワールピサと3頭で大きく違うのは騎手が変更するという事です。
皐月賞を勝った岩田騎手は青葉賞2着のトゥザグローリーに騎乗予定ですがヴィクトワールピサには岩田騎手との同枠(か正逆番配置)でないとマイナスイメージです。

2001年から考えても岩田騎手との同枠が鍵になるのでは?と妄想しています、2008年の時に川田騎手に拘った理由と同じですが皐月賞騎手の優先権馬への乗り替わりでのダービー騎乗です。
皐月賞を勝って降りるケースは1986年以降では(それ以前は調べてません)今年だけですね、当初からダービーは武豊騎手に戻る契約とはいえ違和感があります。
1985年ミホシンザン・柴田政人騎手 1987年サクラスターオー・東信二騎手 2001年アグネスタキオン・河内洋騎手 2008年キャプテントゥーレ・川田将雅騎手。
この4年については故障による皐月賞回避でダービーへのサイン的な影響の私の考えは2008年の ダービーへの一つの見方ダービーへのもう一つの見方を参照下さい。
今年は回避では無いですが皐月賞騎手が優先権の有る馬でダービーに騎乗するので2001年と2008年ではないかと、ともに該当騎手の枠が2着枠になっています、トゥザグローリー・岩田騎手の枠に注目したいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/02:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア