FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

朝日CC・セントウルS・京成杯AHCどうでしょう?

今週から秋シリーズ、時間が取れていないので3重賞は時間的に多いなあ。
予想はするけど買うのはたぶんセントウルステークスのみ。

待望の秋に夢を見る。それぞれの道に刻む精鋭の決意。
9/8 第58回   朝日チャレンジカップ(GIII)[阪神競馬場・芝2000m]
9/9 第52回   京成杯オータムハンデキャップ(GIII) [中山競馬場・芝1600m]
★サマースプリントシリーズ/グローバルスプリントチャレンジ
第21回   セントウルステークス(GII) [阪神競馬場・芝1200m]

待望の秋から夏走っていない馬かな、夢から4枠注意。
それぞれと精鋭から接触馬券に注意とカムカムとキセキ・トトの並ぶ2頭かな、道からはストレイルとデンシャミチ。

第58回朝日チャレンジカップ(GIII)
1950年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップで争われる重賞競走『チャレンジカップ』として創設され、1953年に『朝日チャレンジカップ』に改称。第1回と第2回は芝2400mで争われたが、1952年に距離を400m短縮し2000mに変更されてからは、「2000m芝」として定着している(競馬場工事期間中は京都競馬場または中京競馬場で開催)。負担重量は、1954年に別定重量に変更されたのち、1957年にハンデキャップに戻されたが、1981年に再び別定重量に変更され、現在に至っている。出走馬の資格は、1978年から1983年までと1993年から2004までは混合競走として外国産馬にも開放され、1997年から2頭の地方馬が出走可能となった。さらに、2005年から国際競走に指定され、4頭の外国馬が出走可能になったが、今年は日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に増やされた。

Go!Lucky Place~競馬の秋、はじまる~ 

○サマーシリーズ2007 パネル展示&プレゼント
 ユメノシルシ号の優勝で幕を閉じた「サマー2000シリーズ」。そして、9月9日(日)のセントウルステークス(GII)で優勝馬が決定する「サマースプリントシリーズ」の各レースの優勝馬パネルを展示し、そのパネルをプレゼントいたします。

○鳥取物産展
○鳥取 鹿野そば出店

前年朝日杯1着正逆番の正逆が3着以上(5年連続正逆の逆番・4年連続正番の逆番)、正逆3,13。
5年連続前年逆2着正逆番の正逆1,12。
阪神開催に戻った1967・1980・1992・1996は正逆3が3着以上。

第52回京成杯オータムハンデキャップ(GIII)
1956年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ競走『オータム・ハンデキャップ』として創設された。その後、1959年に『京王杯オータムハンデキャップ』に変更、さらに1998年に現在の『京成杯オータムハンデキャップ』に改称された。創設当初は東京競馬場・芝1600mで行われていたが、1963年に1800mに延長された。その後、幾度かの開催場・距離の変更を経て、1980年から中山競馬場での開催が定着し、1984年から現行の1600mで行なわれている(1988年と2002年は、新潟競馬場・芝1600mで開催)。
出走馬の資格については、1994年から混合競走となり外国産馬にも開放され、1998年から2頭の地方馬が出走可能になった。さらに2006年に国際競走に指定され、4頭の外国馬が出走可能となったが、今年は日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に増やされた。

『ファミリーカーニバル2007』

○2007秋の中山競馬塾『馬学MBA講座』
MBAとはMaster of “Bagaku” administrationの略で、競馬に関する中山競馬場での名誉馬学修士号を意味します。競馬の専門知識を学んで今後の競馬ライフをエンジョイしてみませんか?
また、2回とも受講された方を対象に、スプリンターズステークス(GI)・有馬記念(GI)招待席など素敵な賞品が当たる抽選会も行いますので、是非ご参加ください。
講義内容 : 第1回(9月9日(日))
 『馬の脚は本当にガラス?』講師/高橋 敏之(JRA競走馬総合研究所 運動科学研究室研究役)

スクールボーイが居るんだけどまさか?同枠含めて見ておきたい。
ガラスを持つのがタガノデンジャラス。

後藤浩輝騎手がプロ野球始球式に登場!【千葉ロッテマリーンズ主催試合】
9月12日(水)、千葉マリンスタジアムの始球式に、後藤 浩輝騎手が登場します!
 当日は、JRAオリジナルグッズが当たるプレゼント抽選会やアンダルシアン馬によるホースショーなどイベントも盛りだくさんです。
 プロ野球シーズンも終盤にさしかかり目が離せないパ・リーグの熱戦をご堪能ください!!

球団マスコットはカモメがモチーフ。マーくん(5歳)、リーンちゃん(4歳・マーくんの彼女)、ズーくん(3歳・マーくんの弟)の3人。いずれも背番号なし。マーくんはユニフォーム姿、リーンちゃんはポニーテールでピンクのサンバイザーに白のトレーナー若しくはピンク系のスタジャン・白またはピンクのプリーツミニスカ姿、ズーくんは前後逆に被った黒のキャップに灰色のTシャツとジーパン姿で左頬に絆創膏。

後藤騎手が騎乗するのがマイネルシーガル(カモメ)、新潟記念前日のオークションでもシーガルの皐月賞ゼッケンが有りました、後藤騎手は未だに連対無しなのでこのレースは期待かも?

1995年以降2001年以外で正逆30。
京成杯AHは京成杯を含めて8戦連続で正逆26か25、正逆26から見て行きたい。
最斤量馬の4隣だったのがここ4年は5隣に移行している、最軽斤量馬からは隣か3隣。
57Kが3頭で最斤量馬からは厳しい最軽斤量馬はショウナンパントル、パントル自身が5戦連続隣なので隣馬を3着以上で注意したい。

第21回セントウルステークス(GII)
1987年に4歳(現3歳)以上の別定重量で争われる重賞競走『セントウルステークス』として創設され、第1回は阪神競馬場の芝1400mで行われた。創設当初は1400mの距離で行われていたが、2000年に短距離路線の整備により1200mに短縮され、スプリンターズSの重要な前哨戦として位置付けされた(競馬場工事期間中は、中京競馬場・芝1200m、または京都競馬場・芝1400mで開催)。本競走は創設当初、GIIIの格付けだったが、2006年にGIIに格上げされるとともに、サマースプリントシリーズの最終戦に指定された。出走馬の資格は、1989年から混合競走となり外国産馬にも開放され、1995年から3頭の地方馬が出走可能となった。さらに、2005年から世界初の国際スプリントシリーズとなるグローバル・スプリント・チャレンジが創設され、本競走はその第5戦を構成するとともに、国際競走に指定され、4頭の外国馬が出走可能になった。今年は日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に増やされた。
レース名の『セントウル』は、ギリシャ神話のケンタウロスを英語読みしたもので、上半身が人間、腰から下が馬の形をした想像上の生き物である。

○六車奈々のセントウルステークス レース展望・回顧&サマーシリーズトーク
 「サマースプリントシリーズ」の最終戦となる「セントウルステークス(GII)」を大胆予想、最終レース後にはサマーシリーズを振り返ります。

☆9月8日(土)~9月30日(日)の各開催日
○穴党御用達!?ゼッケンプレゼント
 当日阪神競馬場で購入し、50倍以上の的中勝馬投票券をお持ちのお客様先着30名様に「実際にレースで使用した特別レースのゼッケン」をプレゼントいたします。
090401_16.jpg

最近はやや微妙な感が有るゼッケンネタですが一応考えには入れておきたい、サンレイジャスパーの8番は昨年新潟記念の2着時の物の様でこれから考えるとサマーシリーズのここかなとも考えられる。
ただ牝馬からローズSの方が良さそうにも思う。

1999年以降2001年以外で正逆36。
前年セントライト記念の2着と逆1着正逆番の正逆番が3着以上、正逆5,13と正逆7,11。
前年逆1着正逆番の正逆から正逆7,12。
阪神開催に戻った1992・1996は正11・正14と2番人気。

サマーシリーズ全体を考えると昨年とレースと馬を代えてはいるけれど同じ事をやったんだなという印象、途中からそう思ったのだけど中々馬券に結び付かなかったのが現実。

2000の方は昨年のスィフトが小倉1着新潟4着で今年は七夕3着新潟1着のユメノシルシで似た成績最後が新潟記念で決定も同じ(今年は開催替りが有ったけれど)、キーンランドは牝馬決着札幌記念も牝馬が連対など。
昨年のシーイズトウショウから考えると同じ牝馬のアグネスラズベリが同じ戦歴似た成績で出走する、ただ2勝を挙げた馬が居ないしシーイズと成績を合わせるなら2着ではないかと妄想。
昨年の2着が外国馬3着が地方籍馬だけど出走馬には居ないがサマースプリントが初出走と考えるとレーダイからも夏未出走で合う、ネイティブハートの前走オープン戦と合わせてもオレハ・キセキ・ナリタ・マリンが候補で牝馬のマリンを外した3頭からかなと妄想。

朝日CCは最終予想無しでしたが朝日から太陽の祭りは見ていたから当たってたかな、まあ人気サイドだし3着馬は見ていなかったけど。

京成杯AHは上で書いたシーガルから行きたい、相手に4枠に入ったデンシャミチとパントル隣のレコルトとバローズ。正逆30から3番カンファーも入れたい。
セントウルSは11番キンシャサノキセキから夢を見るは奇跡に合うかなと11番だしね去年はテイクオーバーの配置で同じ豪州産から、相手本線はアグネスへこちらも逆1番は去年のシーイズと同じ位置この決着(キセキ→アグネス)の馬単は買ってみたい。
他ではアイルとカノヤへかな。迷った正逆36から4番サンアディユへも。
今回からしばらくは枠連も合わせて抑えます。

日曜の2重賞は買う事にしましたので競馬の神様お願い。

マティリアルVSアドバンスモア 永遠の追い込み馬

今一ピンと来なかったので昨日書かなかったのだけど今見ても大したものは感じない。
一応リアル・現実と永遠から時間が関係する言葉かなあと頭尻文字が同じ馬かと。
キンシャサノキセキ(ゲストから6枠のシャで六車(シャ))・アイルラヴァゲイン(母名に時)・インセンティブガイ。


競馬の神様はイジワルだ、両重賞とも軸馬がそろって3着とは枠連は買ったがワイドは買って無いって。

京成杯AH
レーダイの道からキングストレイルは見た(セントライト記念でも道が有った)けれど配置が良く思えないのと人気し過ぎの様な気がしていた。
カンファーの逆30はここでもきっちり来てくれてこれは来年にも期待したいが、選んだ馬が2着3着4着ではねえ。
マイネルシーガルの3着というのは絶妙なバランスなのかもなあと無理やり納得。

セントールS
キンシャサ→ラズベリにかなり期待したのだけど、ラズベリ来なけりゃ他の牝馬だろうとサンアディユもカノヤザクラも入れたのにキンシャサが3着にかなりがっくり牝馬同士は考えていなかった。
正逆36も来ては居るんでリンク的にはまずまずなのに軸の選択がここの所上手くいかない。
掲示板には正逆4,7,11内でのワイドに期待と書いていてその6頭で3連なのだから馬券券種の選択も軸馬の選択もヘタクソだとしか言えないなと反省。

アグネスラズベリの事さっき知りました、当日輸送で-20㌔だったのですね、サイン読みなので普段あまりこういうのは気にしませんがそれでも余りにですね。

勝つ馬はきっちりと仕上げて来ると考えているのですがこれではねえ、私のサイン読みの方向が間違っていたという事でそれも含めて全て表されているという考えですからラズベリに関しては読めていなかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア