FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

札幌記念どうでしょう?

週末の開催が決まりましたね、まだ栗東に居るメイショウカイドウとサンバレンティンが出走出来るかは微妙そうですが。

夏の最高峰を奪え。圧倒する強さに遥かな夢を約束。
★サマー2000シリーズ 第43回札幌記念(JpnII) [札幌競馬場・芝2000m]

最高峰から単純に山ですかねサンバレンティン・タテヤマ・繰り上がり出走のフジ。騎手で山は横山と秋山。
夢から一応4枠、最はフサイチとサイレント奪はマツリダ。

もう一つピンと来ないなあ。

第43回札幌記念(GII)
本競走は、1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞『札幌記念』として創設され、第1回は札幌競馬場の砂コース2000mで行われた。
馬場については、札幌競馬場は寒冷地のため創設時は芝コースが無く、1968年まで左回りの砂コース、1969年から1974年まで左回りのダートコース、1975年から1989年まで右回りのダートコースで行われた。1989年、札幌競馬場に芝コースが新設されたが、芝の育成・保護のため(本年の同競走はダート1700mで開催)、翌1990年から芝コースの運用が始まり、以来芝2000mで行われている。
なお、札幌競馬場の芝コースは、洋芝(ケンタッキーブルーグラス・トールフェスク・ペレニアルライグラス)を使用しており、緑鮮やかなターフを舞台に本競走も熱戦が繰り広げられている。
出走馬の資格については、1978年から混合競走に指定され外国産馬も出走可能となり、さらに1997年からは2頭の地方馬が出走可能となった。
また負担重量は、1997年にハンデキャップから別定重量に変更されたが、2006年から定量に変更となり、実力馬に有利な条件となった。1984年のグレード制導入時はGIIIに格付けされたが、1997年に夏季競馬の重賞の中で唯一GIIに格上げされた。また、2007年からの日本のパートI国昇格に伴い、平地重賞の格付け表記が「G」と「Jpn」に分類され、本競走は「JpnII」に変更された。
なお、本競走は2006年から「サマー2000シリーズ」の第4戦に指定され、秋の中・長距離戦線へ向けた一戦としてだけでなく、シリーズ優勝を目指す馬にとっても大事な一戦となった。

▼市川由衣の「イチカワ流 夏ケイバの楽しみ方」
▼市川由衣と一緒に観戦!「みんなでミレバ?札幌記念!」
  サマー2000シリーズの大一番!札幌記念(JpnII)を夏ケイバファンの皆様と一緒に特別室で観戦します。参加ご希望の方は、当日イベント運営にてお申込ください。

イチを持つフサイチとディアチャンス・カワを持つメガワン、○市はディアチャンス・フサイチパンドラ・モノポール。
牝馬が強いレースでも有り連闘の牝馬2頭が気になる、このレースは格が必要と考えているのでGI馬フサイチパンドラの方かな。

他に考えている事は掲示板に書きましたがナムラマースは回避しました、繰り上がりで出走するアドマイヤフジが昨年の2400mG2日経新春杯勝ち馬でレーダイ最高峰からも気になる馬。

今年は8日目の開催となりました、1996年迄は8日目でしたが番組上の変更では無いイレギュラーでの変更なので何か有りそうですが私には番組読みのスキルが無いのであまり考えない様にしています。
ただ2005年のCBC賞の様にワイド内でゾロ目を発生させて正規の決着とはしないのでは無いかと妄想中。

リンク的には4日目なのか8日目なのか?私は8日目として北海道シリーズ8日目の正逆35に期待します、それとこのレースの正逆39と。

札幌記念の開催日替りの年はエアグルーヴとテイエムオーシャンが勝っている、フサイチパンドラが16頭立て3番14番7番10番の何れかに入らないかなと。

追記)G22000mは昨年の金鯱賞から神戸新聞杯以外で正逆25、16頭立てなら8番9番。
2005年のCBC賞に倣うなら9番10番の5枠でワイド決着かも?取り消しが発生するかにちょっと注目している。
(昨年も取り消し戦で4枠ワイド決着なので取り消し有りなら昨年同様の決着も有りなのではと、或いは正逆決着か。)

3週前では期待していたフライングアップルの騎手が梶騎手の予定ですが今年2度目の重賞騎乗で重賞未勝利ではちょっと選び辛い、梶騎手の隣か2隣が2004年オークス以降6戦で連対しているのでこちらに期待したい。


枠発表前の読み外れ
結局フライングアップルは回避で3歳馬の出走は有りません、この時点での私の読みは既に外れています。
3歳馬に注目とG2勝ち歴からフライングアップルに期待していたのですが何故3歳馬だったのかの外れ読みを書いてみようかなと。
その前に一応の注目馬の順は既に書いている理由からフサイチパンドラ・アドマイヤフジ・マツリダゴッホです、期待順はゴッホの厩舎がクーヴェルチュールと同じなので下げ昨年の勝ちがアドマイヤからフジを下げたのですがフジは後から書く理由から軸にも考えています。

で何故3歳馬だったのかは今年の副題にヒントが有るのではと考えたからです、札幌記念には今開催の札幌競馬場開設100周年で目黒記念には目黒競馬場開設100年記念 ともにG2記念レースです。
目黒記念の結果は1着連覇・2着3歳馬3着アドマイヤ、ここから3歳馬を見ました。それとアドマイヤフジを昨年のアドマイヤからでも低く見ないのは目黒記念の3着馬なのと1着が連覇だからです。
目黒記念から札幌記念に出走するのはアドマイヤのフジとモナーク(+ブリットレーン)です、この2頭の比較ならG2勝ち歴を上に見ました。


パタゴニア最高峰サンバレンティン峰(4,058m)、パタゴニア(Patagonia)は南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称。アルゼンチンとチリの両国に跨る。
ガラナ(guarana、学名:Paullinia cupana)は、ムクロジ科ガラナ属のつる植物。原産地はアマゾン川流域。

上の二つは南米繋がりなのですよね、気にはしていたのですが昨年からサマーシリーズで2勝した馬が居ないのが一つの懸念でした。
枠順見て正逆39の7番に入ったのでいらぬ懸念か馬券には絡んで来るのかもと予想を変更するつもりです。
(サイン的な根拠は薄いですが4058mを16頭で割ると余りは10で逆10番に居る事は居る、根拠は薄いですが。最高峰としても富士山の3776mよりは高い、3776mを16で割ると正逆1。)

目黒記念は連覇で札幌記念は11番アドマイヤの連覇なら面白いのだけどどうでしょうねえ?
8日目メインからはモナークなのだけど。
パンドラも何か微妙な位置タテヤマの方が良く見える様な。
G22000mは昨年の金鯱賞から神戸新聞杯以外で正逆25、16頭立てなら8番9番、9番サクラメガワンダーもマチカネの同枠は昨年のレクレードールから良さそう。

結局詰め切れずフジとサンバレン2頭軸でパンドラ・モナーク・サクラ・タテヤマへの9点買っちゃった。

自信は無いです、2歳戦は見るだけにしときます。

枠順見る前は一番上に評価していたパンドラを配置的にあまり良く見えず下げて失敗、ユメノシルシでもそうだったがここの所配置が上手く読めていない。

それにしてもアグネスアークかあ、一応サクラの裏なのでG22000mの正逆25から出せるのだけど夢の4枠も正逆39の7番しか見ていなかった。

G2勝ち歴も同距離じゃなければ駄目なのか?目黒記念も関係無かった様で。


北海道シリーズのメインがイチカワでアークの調教師がカワチ、そういう事なのかねえ全く気づいていなかった。
それにしても枠連7320円かあサインは枠単位が基本、今回も枠連は買って無いんだよなあ大失敗。
秋競馬は枠連で買おうかなあ   って去年の年末に枠連5点馬連5点程度を目安にって書いたのになあこれ守っていればもっとましな成績なのにと馬鹿な後悔。
今年の後半はこれで行きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/02:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア