FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

アンバーシャダイが事故死

81年の有馬記念などを制したアンバーシャダイ(牡30)が29日、放牧中の事故のため、けい養先のアロースタッド(北海道新ひだか町)で死んだ。現役時代は抜群の勝負根性を武器にG1級レースを2勝。種牡馬入りしてからもメジロライアンなど多くの活躍馬を輩出した。
 アンバーシャダイが突然の事故で30年の生涯を閉じた。29日午前、けい養先のアロースタッドでの放牧中に右肩を骨折。そのまま安楽死の処分がとられた。「ゴロリと寝転んだ状態から立ち上がるときに、脚の突きどころが悪かったようだ。年齢にしては元気が良かったことが、結果的に悪い方に出てしまった。(脚は)見ただけでダメだと分かる状態だった」と同馬を担当していた今野さんは事故の様子を振り返る。
 競走馬としても、種牡馬としても実績を残した。G1級レースの勝利は81年の有馬記念と83年の天皇賞(春)の2勝。3歳までは一介の条件馬にすぎなかったが、4歳から急激な成長を遂げ、暮れの有馬記念で同厩舎のホウヨウボーイを破って優勝。6歳春の天皇賞ではたぐいまれなる勝負根性を発揮し、ホリスキーとの競馬史上に残る激闘を制した。
 大種牡馬ノーザンテーストの後継として期待された種牡馬生活でも、多くの活躍馬を送り出した。代表産駒は91年の宝塚記念を制したメジロライアン。そのほかにもカミノクレッセ(日経新春杯)レインボーアンバー(弥生賞)などの重賞ウイナーがいる。産駒は父の血を受け継ぎ古馬になってからも息の長い活躍を続ける馬が多く、内国産種牡馬のエースとして馬産地の人気も高かった。02年の種付けを最後に引退。その後はアロースタッドで静かに余生を送っていた。

母父アンバーシャダイのフサイチジュエル・同じアンバーを馬名に持つアンバージャック、急な事なので考え過ぎない方が良いか。

アンバーシャダイは昔映像で見た位でしたが競馬を始めて頃は種牡馬として全盛でした、メジロライアンは好きな一頭でした。合掌。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア