FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

岩田騎手の騎乗停止と天皇賞春の微妙な物

JRA(日本中央競馬会)は24日、阪神6Rの返し馬で「粗暴な行為、発言に及んだ」として岩田康誠騎手に、
翌日25日から5月8日まで14日間(開催4日)の騎乗停止処分を下した。

天皇賞春に騎乗馬が居ないようで、これについてどうこうは無く年を取ってもこういう態度は変わらないのだなと。
競馬界の外に居るのでどこまで本当かは分からないけれど、騎乗時も普段も態度は悪いのでしょうね。
息子さんがデビューしているのだから、息子さんのために態度を改めることを願う。

これをサイン的にどうこうは考えないけれど、乗り替りの古川騎手が勝った。
勝つべき馬が騎手変更でも勝ったのだな、とは思った。

1988年タマモクロス →1989年イナリワン(2番人気5着)、スルーオダイナ3着(1番人気失格)
1990年スーパークリーク →1991年メジロマックイーン(1番人気1着)
1999年スペシャルウイーク →2000年テイエムオペラオー(1番人気1着)
2000年テイエムオペラオー →2001年ナリタトップロード3着(1番人気1着)
2007年メイショウサムソン →2008年アドマイヤジュピタ(4番人気1着)
2017年キタサンブラック →2018年レインボーライン(3番人気1着)

2020年フィエールマン →2021年アリストテレス(1番人気)orディープボンド(3番人気1着)

春秋連覇翌年の春を見ていて阪神大賞典からだなと、( )内は阪神大賞典の人気と着順。
昨年は連覇ではないけれど秋にフィエールマンが2着なので連対として見た、微妙と思いつつ。
ルメール騎手は、だと昨年も対象になるので馬だけで考える、他に春馬が秋に連対という例が無い。
1991年のメジロマックイーンは春を勝って秋に1着入線後降着18着、馬連導入後の初G1。
岩田騎手はアドマイヤジュピタとレインボーラインで勝利している。

阪神大賞典からというのは当たり前に感じるがそれほどでもない。
連覇のフェノーメノ・キタサンブラック・フィエールマンは、阪神大賞典を走っていない。
2000年以降で前走阪神大賞典だった勝利馬で上の馬の他では、
2006年ディープインパクトと2012年ビートブラック(6番人気10着)、三冠の翌年です。

本当のところは、阪神大賞典を13頭立て3番人気が勝った年から妄想しようとして保留にしていた。
1986年以降の13頭立てが2008年4番人気アドマイヤジュピタの年だけ。
3番人気で勝って天皇賞へ出走したのは、
1993年メジロパーマー 3着
2011年ナムラクレセント 3着
2012年ギュスターヴクライ 5着
2018年レインボーライン 1着

2008年と2018年の共通点を探して春秋連覇が鍵かと。
個人的にも妄想的にも和田騎手に勝って欲しいのだが、勝てばちょうど20年振りですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 05/02:猫パンチ

  • 05/02:ライアン

  • 04/19:猫パンチ

  • 04/19:ライアン

  • 04/18:猫パンチ

  • 04/18:ライアン

  • 05/08:HAT

  • 04/26:猫パンチ

  • 04/20:ひろc

  • 04/20:ひろc

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア