FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

宝塚記念 妄想

アーモンドアイとラッキーライラックを見ているとウオッカとダイワスカーレットの関係を思い出す。
直接対決で上回るダイワスカーレットと下回るラッキーライラックでは相互の立ち位置は違うのだけどね。
しかし、相互の立ち位置は私の読み方では関係無い、同様の状況でも着順の入れ替わりは有りますし。
今年の宝塚記念はそんな視点から妄想してみた。

安田記念の時に考えていたのはアーモンドアイの履歴、戦歴というより履歴。
3歳時はジェンティルドンナのG1履歴を辿り、4歳以降はウオッカの履歴を辿っていると考えている。
アーモンドアイがドバイシーマではなくターフを走ったのも4歳以降はウオッカの履歴を辿るためだった様に思える。
有馬記念でアーモンドアイが沈み、VMへ出走したのはウオッカを追ったと解釈している。
ま、そう考えたのもVMに出走してからだけどね。

ラッキーライラックはG1勝利だけを見ればダイワスカーレットに近付いている。
牝馬マイルG1、桜花賞と阪神JF 2000mG1、秋華賞と大阪杯 エリザベス女王杯
G1勝利三つを並べると距離は合っている。
残り一つは有馬記念、グランプリレースとすれば宝塚記念が代替されるのでは?という妄想。

ダイワスカーレットは2008年のG2産経大阪杯を勝っている。
2008年の産経大阪杯と宝塚記念が今年のサンプルになるのではというのが妄想の主旨です。
この年の結果を覚えていればここでもう妄想の結論は出てしまうけれど書くだけ書かせてもらいます。

2008年 産経大阪杯 1着7枠9番ダイワスカーレット 2着7枠8番エイシンデピュティ
2008年 宝塚記念  1着エイシンデピュティ 2着メイショウサムソン 3着インティライミ

ダイワスカーレットの同枠2着馬エイシンデピュティが宝塚記念を制した。
これが再現されるならラッキーライラックの枠からということになる。
ただ同枠だったレッドジェニアルが鳴尾記念3着から出走予定に入っているのは注意したい。
2着3着はダービー馬とダービー2着馬。
3歳G1連対とすれば、ワグネリアン、サートゥルナーリア、キセキ、クロノジェネシス。
大阪杯より人気を落とすだろうダービー馬ワグネリアンに期待したくなる。

宝塚記念の数字は正逆17と正逆12か13を見ている。
正逆17は今年の阪神G1から。
大阪杯 正17番1着ラッキーライラック
桜花賞 正17番2着レシステンシア
この数字がグランプリ連勝の翌年宝塚記念と重なる。
2007年 宝塚記念 正17番2着メイショウサムソン
2010年 宝塚記念 正17番1着ナカヤマフェスタ

正逆12か13は阪神古馬G1。
2017年 大阪杯  正13番3着
2017年 宝塚記念 逆12番1着 正13番2着
2018年 大阪杯  逆12番2着
2018年 宝塚記念 逆13番1着 正13番2着
2019年 大阪杯  逆12番1着 逆13番2着
2019年 宝塚記念 正12番逆13番1着 正13番逆12番2着
2020年 大阪杯  正12番逆13番2着
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 05/08:HAT

  • 04/26:猫パンチ

  • 04/20:ひろc

  • 04/20:ひろc

  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア