1. 無料アクセス解析

大阪杯 軽い妄想

大阪杯のG1昇格のため開催時期を移動した金鯱賞。

私の持つ最初のイメージとしては5月のダービー前日でしょうか。
それ以前は6月施工ですがあまりイメージが無いレースです。
このブログの最初の予想記事も2005年のタップダンスシチーが三連覇した金鯱賞だったなと、買わなかったけど。

12月に移動しての5戦中3戦は1着馬の枠が馬券になり、昨年はヤマカツエースが4着で不発だった。
そして3月に移動した初年をヤマカツエースが勝ち施行変更を1頭の馬で繋げた。
いつもの考えからヤマカツエースを軸にしただろうけど2着3着は買えたと思えないです。

金鯱賞の1着馬が大阪杯の優先出走権を得る。
12月へ移行した当初3年からヤマカツエースの枠は注目したい。
G1だと人気は薄いと思うので自身が来てくれるのが希望だけどそれは枠順を見てから判断したい。

施行が変更されると言えばG2→G1というレースそのものが大きな変更を受ける。
ともに昇格となる2000mG1としてホープフルSを考えるうえでも参考になると思っている。
変更前後年で繋ぐとしたら、7枠9番 アンビシャス 横山騎手 音無厩舎。
同枠として、8番 ショウナンパンドラ 池添騎手 高野厩舎。
この7枠が1着3着枠なので池添騎手も1着同枠騎手となる、ヤマカツエースの騎乗は池添騎手。

上から他で想定されているのは、アンビシャス福永騎手・ルメール騎手マカヒキのコンビ。
ともに中山記念と京都記念を1番人気で負けた、勝ったのは3番人気馬。

人気はキタサンブラックとサトノクラウンが1番2番人気でしょう、3番人気はマカヒキ?
マカヒキとキズナに似ている部分は多いと思う。
2014年の4歳時は凱旋門賞からの復帰戦で1着、2015年の5歳時では京都記念3着後に2着となった。
マカヒキは凱旋門賞からの復帰戦とした京都記念で3着。
2015年の1着は前年エリ女杯1着→有馬記念6着からのラキシス。
ラキシスに騎乗していたのがルメール騎手、JRA所属後の重賞初勝利。
大阪杯に勝てばG1昇格後の初勝利がルメール騎手となり上手いシナリオなんだと思えるがどうか?

大阪杯の傾向としては3年連続で連番決着。
2014年 3番4番 2着3着
2015年 3番4番 1着3着
2016年 7番8番9番 1着2着3着
まあ頭数が少ないので有り得るか。

2012年以降は正逆7が3着以上。
2012年 逆7番2着
2013年 正7番3着
2014年 正7番1着
2015年 正7番2着
2016年 正7番2着

タッチングスピーチは出走しないけど。
京都記念 6番→7番1着 6番2着
大阪杯  6番→7番2着
目黒記念 16番→15番1着
宝塚記念 13番→×
エリ女杯  8番→9番2着
チャレンジC 8番→9番2着
金鯱賞   5番→6番1着
次走で考慮したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア