FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

中山2000mG1の妄想小ネタ

年明けから3月末までは毎年仕事が忙しくなる。
年末は気持ち的に年内に終わらせたいという感じ、年度末は体制として忙しくなるのはどこも同じなんでしょうね。

1月はほとんど競馬を考えなかった。
もう2月ですねえ、フェブラリーS辺りまではブログの更新もほとんど出来ないと思うと先に書いときます。
年度末の日程が今のまま進むなら2月末辺りが仕事量が薄くその後に他工程へのヘルプで忙しくなりそう。
社員じゃないので忙しいのに文句なんて言えません、競馬を楽しめるのも仕事あってこそなので。

と更新しない言い訳だけじゃ味気無いので皐月賞とホープフルSで考えている小ネタを書いてお茶を濁す。

ホープフルSが今年から正式にG1として施工される。
同距離G1が中山に追加されることになる。
今年に限ってはこの関係性は重要だと妄想する。
関係は先も続くでしょうが直接的に示唆するんじゃないかと考えている。
2013年までは朝日チャレンジCが有ったが2014年からはチャレンジCと変更されている。
2歳G1の阪神以降とセントライト記念への付与から変更されたのでしょうね。
FRが阪神へ移行し阪神のチャレンジCの付与を外し、中山でFRからセントライト記念へ付与が移行した。
こんな感じでしょうか、±で言うと変わり無しですかね。

直接的とはどういう事か?
2014年のセントライト記念に朝日杯という副題が付いた。
2014年のセントライト記念は新潟開催のため例年とは違う個性を二つ持ったことになる。
新潟開催と副題付与初年、この年に勝利したのがこの二つを強調するのに相応しいイスラボニータなのが凄い。
イスラボニータは改装前最後の皐月賞馬なのと新潟の世代限定重賞の2着馬。
1着ではなく2着、新設重賞でも重要なのは2着馬。何故なのかは分からない。

この結果はその年の朝日杯FRを直接示唆したと妄想する。
2014年の朝日杯FRは阪神へ移った初年度。
この年に勝利したのがダノンプラチナ、イスラボニータと同じ蛯名騎手騎乗。
この結果からは皐月賞→ホープフルSで示唆が有るのでは?と。
騎手なのか厩舎なのか?

もう一つ皐月賞ではどうなのか?
移行前の朝日杯FRの勝利枠が3枠アジアエクスプレス。
付与後のセントライト記念の勝利枠が3枠イスラボニータ。
G2ホープフルSの勝利枠は2枠2番レイデオロ。
皐月賞は2枠が勝利?かどうかは分からないけど連対期待では重要な枠だと思っている。
2枠でなければ2番の方か。
2014年のダノンプラチナの相手枠が3枠アルマワイオリ。
JCから続く正逆17番がフェブラリーS・高松宮記念・桜花賞の三つを通過すれば2番か?

こうなると面白くなさそう、そう思うのが皐月賞で騎手・調教師だった場合。
朝日杯FRと同じ藤沢厩舎、ホープフルS昇格前年の特異性を厩舎の一致で表わすとはね。
牝馬の勝利と見た私の考えなど重箱の隅をつつく程度のものだと思わされた。
いやルメール騎手がサトノアレスに騎乗するなら面白いのか、サトノアレスは不要だと思うので。
その場合にレイデオロなら人気は無いだろうから面白い。
ルメール騎手が皐月賞に別の馬で騎乗して勝利する、そんな結果も有るのかも?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア