FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ジャパンC 妄想

マイルCSは時間が取れなかったのとエリ女杯があまりに酷くて意気消沈してました。
一応枠順を見て3着以内の馬は考えてはいたけどあんな人気サイドの馬券は選んで無かったと思う。
ジャパンCの調べはこれからです、今週も時間が取れるかは分からないけど。
ということで、秋華賞の時に書いたジャパンC妄想を修正しつつ、お茶を濁す。

3歳牝馬のJCでの成績が良いのは知られている。
改修後の府中競馬場は馬場が軽くなり力の無い牝馬でも対応出来、その上で53㌔が有利に働くから。
表から競馬を見るならこういう理由付けになるのでしょう。
凱旋門賞でも3歳の特に牝馬が有利なレースとされている。
私はサイン派なのでサイン的にこの事を解釈したいので妄想してみた。

まず2000年以降の3歳牝馬を組み分けしサイン的に比較してみた。
(秋華賞出走)
フサイチパンドラ5着・ウオッカ4着・レッドディザイア3着・ジェンティルドンナ1着・デニムアンドルビー2着
上に書いたイメージは主に2009年のレッドディザイア以降でしょう、ウオッカは4歳3着と5歳1着。
結果だけを抜き出すと特徴が無いように思える、秋華賞4着のデニム以外は秋華賞3着以内。
フサイチパンドラとデニムアンドルビーはエリ女を挟んでいるが1着と5着の違いも有る。
ウオッカはエリ女を枠順発表後に取り消した。
共通性は有るのか?
上記5頭の年は牝馬二冠以上が達成されている。
2006年カワカミプリンセス、2007年ダイワスカーレット、2008年ブエナビスタ
2012年ジェンティルドンナ、2013年メイショウマンボ
今年は牝馬二冠ミッキークイーン自身が出走する。

3歳牡馬側も比較してみると、牡馬二冠以上なのは2006年メイショウサムソンと2012年のゴールドシップ。
メイショウサムソンはJCに出走しゴールドシップは回避した。
今年の牡馬二冠ドュラメンテは出走しない。
今年は2012年が一番近いと思える。
相手に三冠馬は居ないがゴールドシップは出走予定。

JCでの配置を見るとこの位置には注意が必要と思える。
2006年 8番フサイチパンドラ→7番2着
2007年 11番ウオッカ→10番3着
2009年 6番レッドディザイア3着→5番1着
2012年 15番ジェンティルドンナ1着→17番1着 13番3着
2013年 9番デニムアンドルビー2着→7番1着
ミッキークイーンと2隣馬を優先で考えている。

(秋華賞未出走)
ハープスター5着
秋華賞に出走しないでJCに出走したのはハープスターのみ、凱旋門賞に出走したので当然そうなる。
当然そうなるがそれがハープスターの負の個性なのかなと妄想する。
ブエナビスタは札幌記念で負けて国内レースを走った、3歳ではその後勝てなかったが4歳では天皇賞も勝つ。
2014年 6番ハープスター→4番1着
ジェンティルドンナから3歳牝馬の2隣に流れが変わったか?

ミッキークイーン自身と2隣を優先、ミッキークイーンから隣にも注意。
この二つは十分に確認したい。
ミッキークイーンが来るなら相手はゴールドシップでお願いしたい。

シナリオ的に良く有るのが、期待を裏切り→期待を裏切る。
変な言い回しだがゴールドシップは天皇賞春で期待を裏切り勝利し三連覇目の宝塚記念で派手に負けた。
ブエナビスタの最後の秋も天皇賞で4着に負け初めて2番人気となったJCを復活勝利。
2年連続2着の有馬記念を7着に終わる。
ジェンティルドンナは三連覇目のJCを4着に負け、不安視された初の中山・有馬記念を4番人気で勝利する。
これらはある意味<期待を裏切り→期待を裏切る。>だと思っている。

宝塚記念を負け、苦手と思われている府中で復活し有馬記念で4着以下なゴールドシップと予想する。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア