FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

菊花賞 回顧 と妄想

なんとかかんとかワイドでは取りました、相手が1番人気なので一番多くしたのが来て1320円なら十分です。
キタサンブラックが1着も取れた相手が3着だから結果としてはワイドの選択で良かったなと。
予想の最後の部分は失敗した感は有りますが、北島三郎さん申し訳有りません。
祭り歌ったのかな?ああ今TVでその場面をやってました。

ゲストからも2年連続の<コウジ>を上手く読めたと思います。
最初からキタサンブラックを書けていたのも文字系連想系からサイン派になった私にとって非常に満足しています。
なのに3着でしか見てないのはダメですね、サイン通りに買えということですねサイン派なら。
リアルスティールも無い訳ではないが皐月賞の1着2着騎手同居でデムーロ騎手かと見た。
ダービーの逆になりました。

2枠を見た部分としては、
>近年で3着馬が回避し1着2着馬が出走したのは2001年。
勝ったのは前走セントライト記念4着で春G1に出走の無いマンハッタンカフェ。
しかしこの先の妄想が思い付かない。
蛯名騎手騎乗のタンタアレグリア(セントライト記念6着)か川田騎手が乗り代わるベルーフ(セントライト記念5着)のどちらかを選ぶかな?

と書いた、この時は妄想の結論を出せなかったが枠順を見ると2枠にマンハッタンカフェで勝利した蛯名騎手。
キタサンブラックの隣に<ベル>のベルーフ配置も予想の中には入れていた。

京都のG1は昨年の秋華賞から正逆1か15が3着以上です。
秋華賞  逆15番2着
菊花賞  逆15番2着
エリ女杯 正1番1着 正15番3着
MCS   逆15番3着
天皇賞春 正1番1着
秋華賞   逆1番1着
菊花賞  逆15番1着

京都G1で7戦連続3着以内枠のデムーロ騎手(兄弟)。
2012年エリ女杯 3枠6番自身3着
2012年MCS   8枠16番→同枠17番2着
2013年天皇賞  3枠6番(弟デムーロ)→同枠5番1着
2013年エリ女杯 4枠8番→同枠7番3着
2013年MCS   2枠3番→同枠4番2着
2015年秋華賞  5枠9番自身2着
2015年菊花賞  6枠12番→同枠11番2着
今回も同枠馬が2着です、これには悔いが有る。

武幸四郎騎手の菊花賞出走全10戦で隣枠が3着枠以上。
2001年 5枠→6枠2着
2003年 5枠→4枠1着
2006年 8枠→7枠2着
2007年 1枠→2枠3着
2009年 2枠→1枠1着
2010年 2枠→3枠1着
2012年 6枠→7枠3着
2013年 3枠→2枠1着
2014年 8枠→1枠1着
2015年 1枠→2枠1着 8枠3着

G1で武幸四郎騎手から10隣が3着以上。
有馬記念 8番→14番3着
VM    13番→5番1着
安田記念 4番→12番3着
菊花賞  1番→11番2着

↑これと書いていない物に、内田騎手のG1が4隣か5隣で見てました。
しかし荒れるのを期待しての12番ワンダーアツレッタ選択でした。
G1で内田騎手から4隣か5隣が3着以上。
VM    14番→18番3着
オークス  5番→10番1着
安田記念 9番→13番2着
秋華賞  5番→18番1着 9番2着
菊花賞  7番→11番2着
京都に限定すると更に、
天皇賞春 8番→13番3着
秋華賞  14番→1番2着
エリ女杯 14番→18番2着
エリ女杯 10番→5番2着 15番3着
天皇賞春 15番→1番1着 2番3着

武豊騎手の京都G1は隣枠が3着以上、×有り。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
MCS    7枠→6枠1着
天皇賞   7枠→×
秋華賞   4枠→3枠3着 5枠2着
菊花賞   3枠→2枠1着

G1でルメール騎手から3隣か5隣が3着以上。
VM         4番→7番2着
オークス      9番→14番2着
ダービー     11番→14番1着
安田記念    11番→6番1着
宝塚記念    13番→16番1着
スプリンターズS 1番→4番2着 6番3着
秋華賞      11番→6番3着
菊花賞      17番→4番1着

世代限定G1では菱田騎手の隣が3着以上。
朝日杯FS 15番→14番3着
桜花賞   5番→6番1着
皐月賞   6番→5番2着 7番3着
オークス  11番→10番1着
ダービー  18番→1番2着
菊花賞   16番→17番3着

安田記念 最下位・正7番逆11番
宝塚記念 逆11番2着 最下位・正4番逆13番 
スプリンターズS 正4番逆13番2着 最下位・正10番逆7番
秋華賞 逆10番2着 最下位・正15番逆4番
菊花賞 4番1着 最下位・正13番逆6番
2着指名が1着になったのでここで終わりも有り得る。
そういう呼吸で考えるのも大事だと思う。
ただ正4番の勝利という事は夏競馬の後半から続く正逆4か6か13の中ではまだ継続していると言える。
来週の天皇賞では18頭立てとして、6番か13番には十分に注意して確認するつもりです。

今回の菊花賞では自分では最初からセントライト記念組に出番が有ると見てました。
着順を見てもキタサンブラックが何らかのアクシデントで3着以内で無い場合は4着タンタアレグリアを浮上させたと思う。
理由は昨年の「朝日杯」という副題付与年の1着馬が菊花賞に出走しなかったから。
同様に同じ「朝日杯」として阪神競馬場に開催馬を移した朝日杯FS、この二つを蛯名騎手が勝利で繋いだ。
しかしダノンプラチナは皐月賞11着で仕事をしていないと思う。
菊花賞同様に一年遅れて、今年の朝日杯FSの勝ち馬は来年の春に役割が有るのではと妄想する。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/02:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア