FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

チャンピオンズC 回顧

連敗が止まらない。
有馬記念まではいつもより小額にするけど2歳G1のどちらかは取りたいなあ、無理っぽいけど。
中荒れくらいに観ていたので配当的にはそうだったが見ている馬は全然違った。
阪神で園田の騎手が来場から岩田騎手だろうと思っていたがその前に小牧騎手が入るとは。
着順を見ると4枠と6枠を使うという意思が有ったと思える。
昨年が枠連4-6、今年は2枠を挟んで1着3着枠だった。
昨年の1着同枠は使わず3着馬に勝たせて2着同枠を3着に、何度見てもナムラビクターは選べそうに無い。

JRA60周年記念のG1から
皐月賞       正20番1着 逆20番2着 逆19番3着
宝塚記念     逆20番2着
菊花賞       正20番1着
天皇賞秋     正19番2着
チャンピオンズC 正20番2着
これだけじゃナムラビクターは選べない。

古馬G1で武豊騎手の隣が3着以上。
宝塚記念     4番→5番2着 3番3着
スプリンターズS 12番→13番3着
天皇賞秋     2番→1番2着
エリ女杯     16番→15番3着
マイルCS    13番→12番1着
ジャパンC    5番→4番1着
ジャパンCD   11番→12番3着

みやこS→JCDには関連が有ったと思うのだけど、
2010年 2-4-14 → 3-14-12
2011年 6-5-4  → 16-9-6
2012年 2-8-6  → 14-12-9
2013年 3-11-6 → 12-8-6
2014年 14-4-10→ 8-4-12
関連が有るのか微妙だな。

阪神開催のJCDは正逆5か8が3着以上。
2008年 正5番2着
2009年 逆5番2着 逆8番3着
2010年 逆5番3着
2011年 逆8番2着
2012年 逆5番2着 逆8番3着
2013年 逆5番1着 正8番2着
2014年 正8番1着 逆5番3着
レース名・施行場所が変わっても施行回数を引き継いだのでこれも引き継いだのかな。
だとすれば来年のフェブラリーSも例年通りに4枠の枠要素に注意で良いはず。

2012年の有馬記念以来のJRAG1騎乗となるデザーモ騎手。
2003年のダービー以降の全てのG1で5隣か12隣が3着以上。
2003年ダービー  12番→12隣18番3着
2003年安田記念  15番→12隣3番1着
2003年宝塚記念  5番→5隣12隣10番1着
2005年オークス   9番→5隣4番1着
2005年ダービー   1番→12隣7番2着
2005年安田記念  5番→12隣11番2着
2005年宝塚記念  6番→5隣11番1着
2005年ジャパンCD 6番→12隣10番1着
2005年ジャパンC  8番→12隣14番1着
2005年朝日杯FS  7番→5隣12番1着
2005年有馬記念   3番→5隣14番3着
2014年ジャパンCD 1番→5隣12番3着

JRAG1で冠名コパノから30隣が3着以上。
マイルCS     1番→13番3着
フェブラリーS   13番→13番2着 11番3着
高松宮記念    5番→17番2着
スプリンターズS 6番→18番1着
チャンピオンズC 14番→12番3着

4番も8番も私の調べでは足りないのは上の通りです。
これなら当たるはずも無いと溜息。
8番は前年から分からなくも無いが4番ナムラビクターは無理です。

古馬のG1で武豊騎手の隣が3着以上なのは継続したのでそれは間違いでは無いと思う。
が武豊騎手には別に3隣も見ていた、3歳G1としてだけど。
ダービー 17番→2番1着
秋華賞   7番→4番2着
菊花賞   7番→4番2着
ダービーと宝塚記念の間の安田記念で切れているから分けて考えていたが8番は3隣か。
来週の阪神JFでは世代限定G1として3隣の方を注目したい、レオパルディナに騎乗予定。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/02:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア