FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

有馬記念 妄想の二

書いた後UPしたつもりが下書きのままでした。
もう枠順が出ましたが見た感じ何となく考えていた馬が何となく考えていた枠に入ったなと。
下のは枠順が出る前に書いていたのですがそのまま出します。
枠順見た後の記事は土曜日にします。

皐月賞と菊花賞を勝って有馬記念に出走したのは過去に3頭。
1985年ミホシンザン・1987年サクラスターオー・1988年セイウンスカイ。
それぞれミホシンザン2着・サクラスターオー競争中止・セイウンスカイ4着。
これまで勝ててないからといってゴールドシップが勝てないとも思わない。
最近のJRAは悉く前例を破ってきているのだから。

1985年 枠6-2-4 馬6-2-4(10頭立て)
1987年 枠4-4-1 馬7-8-1(16頭立て)
1988年 枠1-5-3 馬2-10-5(16頭立て)

昨年は三冠馬オルフェーヴルが当年の有馬記念に出走した、その翌年は。
1985年 枠6-2-4 馬6-2-4(10頭立て)
1995年 枠7-2-1 馬10-2-1(12頭立て)
2006年 枠3-1-4 馬4-1-5(14頭立て)

やたらと目立つ1枠と2枠。
JCからのを絡めると、1枠2枠VS7枠8枠。

三冠馬が有馬記念を勝った翌年は、G制整備後で。
1985年 枠6-2-4 馬6-2-4(10頭立て)
1986年 枠5-2-1 馬6-2-1(12頭立て)
1995年 枠7-2-1 馬10-2-1(12頭立て)
2007年 枠2-4-2 馬3-7-4(16頭立て)

こちらだと2枠が連対、まずは2枠かな。

今年は12月23日に開催されますが過去では1990年オグリキャップの復活勝利。
2001年マンハッタンカフェ・アメリカンボスで決着、2007年マツリダゴッホ・ダイワスカーレットで決着。

1990年 枠4-3-7 馬8-5-13(16頭立て)
2001年 枠4-1-2 馬4-1-2(13頭立て)
2007年 枠2-4-2 馬3-7-4(16頭立て)

こちらだと4枠が連対。

名馬の蹄跡
オグリキャップ


1990年、芦毛の怪物オグリキャップの復活勝利でした。
2着メジロライアンと3着ホワイトストーンは菊花賞の3着と2着。
菊花賞馬メジロマックイーンは回避ですが勝ったオグリキャップの同枠にもメジロアルダンが配置。
菊花賞馬は回避したが菊花賞を強く意識させる年と思う。
3歳馬の枠が二つとも馬券になりそうな気もする。

JCの名馬の蹄跡が1998年エルコンドルパサー、1998年と同じく皐月菊の二冠馬が出走する今年の有馬記念。
セイウンスカイに対してはゴールドシップなのかスカイディグティニなのか。
セイウンスカイの隣メジロブライトは2着だった。

メジロマックイーンの孫が主役になる有馬記念なのか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア