FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

秋華賞 回顧 と菊花賞 妄想

秋華賞はどうしようもない結果になり何も言えねえって感じ。
牝馬三冠かあ、ローズSからの連勝のイメージも有ったが昨年の牡馬に続きか・・・。
レースはチェリーメドゥーサが掛かり気味で先頭に立ち押し切る形に、クィーンスプマンテを思い出しましたがゴール前で差されましたね。
クィーンスプマンテも秋華賞に出走してましてそれも2007年でした。

連番正逆でのワイドは1番2番で、17番の逆番が3着。
菊花賞でもしかしたらと見ているトライアル2戦からの正逆2、スプリンターズSでは正逆20かもと書きましたが1着は逆17番。
これも考えていてそれも有って17番アイムユアーズを選びましたが秋華賞も3着が逆17番でした。
流れとしたら菊花賞での正逆2に向かっていると思います。

2着はヴィルシーナ、この馬が2着でも良いけど牝馬三冠全てで1着2着が同じというのは初めてのはず。
結果が1番2番人気でワイド以上なので10/14施行秋華賞としては過去2回と同じ結果。
3着馬が6番人気というのは1着2着で決まった2002年と7番人気が2着の2007年と合わせた様な結果でした。
ここに拘れば人気上位2頭に正2番で・・・選ぶの苦しいか。

ゴールドシップの出走レースは正逆14が3着以上
ラジオNIKKEI杯2歳S 逆14番2着(ゴールドシップ)
共同通信杯 正14番1着(ゴールドシップ)
皐月賞 正14番1着(ゴールドシップ)
ダービー 正14番3着(トーセンホマレボシ)
神戸新聞杯 正14番1着(ゴールドシップ)

秋華賞の1着が正14番ジェンティルドンナ、スプリンターズSの2着が正14番カレンチャン。
正逆2VS正逆14には注意かなと。

G1で横山騎手の13隣か15隣が3着以上、MHKMC以降です。
菊花賞には騎乗馬が無いです。


以下は毎日王冠前に書いていて、ディープブリランテが菊花賞を回避する前提で考えていました。
前提が変わった部分を削除修正して書きますが出走により追加で考える部分はまだ考慮してません。

フェノーメノが天皇賞へ向かいます。
ワールドエースは左前脚屈腱炎を発症して年内は絶望です。
皐月賞馬ゴールドシップとダービー馬ディープブリランテが出走予定です。

ダービー2着馬が天皇賞に出走したのは2002年のシンボリクリスエス以来です。
菊花賞トライアル勝利馬が天皇賞へ出走するのは2008年ディープスカイもです。
NHKMC馬が天皇賞に向かうのも2008年ディープスカイ以来です。

この両年の菊花賞馬が2002年ヒシミラクルと2008年オウケンブルースリです。
共に前走神戸新聞杯で負けた春クラシック未勝利馬です。
人気はヒシミラクル10番人気とオウケンブルースリが1番人気。
枠は1枠と7枠でワイド以上、馬券は荒れています。
今年も荒れそうに考えているのですがゴールドシップは前回書いたようにミホシンザンとイメージが重なるので勝てるのではないかと。

ミホシンザンと一つ違う要素はダービー馬ディープブリランテが菊花賞に出走することです。
ただ近年で皐月賞とダービー馬が違う馬で菊花賞での対決になった場合は皐月賞馬が勝っています。
1987年サクラスターオー・1998年セイウンスカイ・2000年エアシャカール。
1993年と1999年は3頭とも違う馬でした、つまり春の2頭が出走するとダービー馬は勝っていない。
1993年のみダービー馬ウインニングチケットが3着の馬券内、皐月賞馬ナリタタイシンが17着の馬券外。

2002年ヒシミラクルの同枠には神戸新聞杯3着のナムラサンクス、2008年オウケンブルースリも神戸新聞杯3着です。
今年の神戸新聞杯3着はマウントシャスタ、この馬の配置に注目している、同枠か逆番か。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 05/08:HAT

  • 04/26:猫パンチ

  • 04/20:ひろc

  • 04/20:ひろc

  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア