FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

産経大阪杯どうでしょう?

どちらもリンク的には調べが足りないですが私は産経大阪杯を中心に投票する予定です。
1995年の産経大阪杯は荒れてますから。

ネコパンチが天皇賞春に出走予定とのこと。
淀まで見に行く気満々です。
楽しみにしています、晴れてくれると良いんだけどなあ。

第56回産経大阪杯(GII)
○お笑い競馬教室
 おもしろ~く、わかりや~すく。ビギナーの方向けの競馬教室を開催!芸人先生チキチキジョニーと「川ちゃん」こと川田重幸先生が楽しく競馬をお教えします。
チキチキジョニー川田重幸
チキチキジョニー川田重幸

ジョはトーセンジョーダンに有るけどショは8枠2頭に有る。
チキチキが同じ言葉の繰り返し、ゾロ目や同じ要素の注目したいが私は8枠2頭のショウを気にします。

The G-Files 064 同一種牡馬の産駒の1日1場最多勝利
偉大な父に贈る勝利 メイショウオウドウ


メイショウ(カンパク)は8枠12番に居ます。
偉大な父はサンデーサイレンス、父SS系は1番4番7番11番・母SS系は6番8番10番12番。
一・1・1と1を強調してる様に思う、ナカヤマナイトの父は三冠馬の父ステイゴールド。
写真の2番14番は12頭立では正逆2番。

ローズキングダムは天皇賞秋以降の6戦で隣VS3隣or11隣でワイド以上。
大阪名Rは2010年大阪城S以降の9戦で正逆6か13が3着以上。
このRは2003年以降で正逆2か3が3着以上。
このRは1999年以降で福永騎手騎乗の全9戦は2隣が3着以上。(2012年騎乗無し)
このRは4年連続で藤岡佑介騎手から4隣が3着以上、3年連続で2隣が3着以上。(2012年騎乗無し)
このRは過去全3戦で川田騎手から2隣が3着以上。

1995年14頭立て12番人気インターマイウェイが勝ちました。
?、14頭立て12番人気の勝利ってネコパンチやん。
ここで電波受信、同じ流れのレース(この場合は天皇賞春へのルート)は近いレースも考慮すべきなのか?
なるほど同じG2戦です。
先週書いた今年の古馬G2戦では、1番人気が中山記念以外で3着以上 ・1枠か8枠がAJCC以外で3着以上。
先週は14頭立て、8(7)→7(8)→13(2)。
今週は12頭立て、5番8番・6番7番・1番2番11番12番。
1995年では1番人気ネーハイシーザーが9着に負けました。
ネーハイシーザーは昨年の天皇賞秋の妄想で気にしていた馬。
私はダークシャドウがネーハイシーザーと見ましたが勝ったのはトーセンジョーダン。
前走が有馬記念からも共通しています、私は人気になるであろうトーセンジョーダンが飛ぶと妄想しています。
インターマイウェイの前走は中山記念、出走馬では勝ったフェデラリストと8着のナリタクリスタル。
2着ダンシングサーパスには前年の鳴尾記念3着、ショウナンマイティが2着でした。
上のメイショウオウドウの前走が大阪城S1着、ショウナンマイティも前走が大阪城S2着。
1995年はネーハイシーザーの逆番が3着ですし複勝は外さないかと。

この辺りを考えた結果、私は11番ショウナンマイティを軸で考えています。

もう一つ考えているのが2008年です、前年が大阪杯→天皇賞春を連勝のメイショウサムソン。
勝ったダイワスカーレットの様な存在は居ませんが金杯を勝ったエイシンデピュティに対してフェデラリスト。

今のところ、11番から1番6番7番8番9番。7番と9番は外したいのですが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 05/08:HAT

  • 04/26:猫パンチ

  • 04/20:ひろc

  • 04/20:ひろc

  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア