FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

AJCC 回顧だけ

金土と飲み会が続いて昼近くまで寝てたのと4枠フィエールマンが消えると見えなかったのでスルーしてました。
結果的にはワイドなら当てられていたけど4-10のワイド690円じゃスルーで正解だった。
しかしシャケトラが勝ちますか。
数字的には私にはあまり良く思えなかった。
並びが頭シャとショ、尻トラとトルが気になった程度。
ここを買うというよりフィエールマンの1着無しとは考えていたので2着固定流しで引っ掛けられたかどうか程度。
まあ無理だったな。

ワイドでの狙いはールで並ぶ10番と11番への2点。
正逆12も重なるサクラアンプルールか優遇されていると感じるマーフィー騎手のメートルダール。
有馬記念もサクラアンプルールの隣シュヴァルグランが3着なので同じ。
正8番1着と逆2番3着が有馬記念と同じ数字を使っている。

中山の4枠か6枠は継続。
来週から東京開催なのでこのまま継続するかは分からない。
京都の正逆15は正15番3着、正逆34は正34番2着。
どちらかと云うとシルクロードSの方が良いかな。

中京では5枠のイン並びが否定された。
ダート重賞と中京開催なのがこれまでと違う点。
芝の主場のみと云う事か終わりが近いのか。
終わりを意識しながら来週土曜日の愛知杯の枠順を確認したい。
スポンサーサイト

月曜の回顧 とAJCC妄想 (修正)

京都は金杯から正逆15ですね。
京都金杯 正15番2着
シンザン記念 逆15番3着
羅生門S 正15番2着
日経新春杯 逆15番1着
淀単距離S 逆15番1着

それと正逆15に重なる事が多かったが正逆34も1回飛ばしだけど次点として考慮。
京都金杯 逆34番1着
シンザン記念 正34番3着
羅生門S ×
日経新春杯 正34番1着
淀単距離S 正34番1着

京都メインは岩田騎手か隣も見ておきたい。
京都金杯 6番→7番3着
シンザン記念 騎乗無し
羅生門S 2番→1番1着 2番2着 
日経新春杯 10番→10番2着
淀単距離S 10番→10番1着
昨年も調べるとスワンSから京都は岩田騎手か隣でした。

中山重賞の4枠か6枠は京成杯の6枠1着で継続。
二文字接触も有るラストブラストが1着、こういう時に買って無いのはしょうがないね。
これでAJCCを狙いに行ったら切れたりね、しょうがないね。

ここで狙いたい数字は、中山2200以上重賞で正逆7か12が3着以上。
日経賞 逆7番3着
セントライト記念 正7番2着
オールカマー 逆12番1着
ステイヤーズS 逆12番1着 正12番2着 正7番3着
有馬記念 逆7番3着
AJCC 正7番1着
日経賞 正12番1着
セントライト記念 逆12番1着
オールカマー 正7番1着 逆12番2着
ステイヤーズS 正12番2着 逆12番3着
有馬記念 正12番2着

AJCCは月曜時点で11頭立て。
中山で良績のジェネラーレウーノと菊花賞馬フィエールマンとの一騎打ちムード。
前年勝ち馬ダンビュライトも出走するけど上の2頭に集中するでしょう。

菊花賞馬上位馬の出走は2015年ゴールドシップ7着と2018年ゴールドアクター11着。
(ゴールドアクターは菊花賞3着なので間違いでした、しかし同様に見ているのは変えない。)
しかし明け4歳では無かったので同じ結果になるとは言えない。
言えないが勝てるとも言えないと見ている。

菊花賞馬が有馬記念に出走しないで明け4歳初戦 を書き出すと、
2001年 エアシャカール (JC14着) 産経大阪杯2着
2008年 アサクサキングス 産経大阪杯3着
2009年 オウケンブルースリ (JC5着) 阪神大賞典7着
2011年 ビッグウィーク 京都記念6着
2014年 エピファネイア 産経大阪杯3着
2015年 トウホウジャッカル 宝塚記念4着
2018年 キセキ 日経賞9着
連対としても2001年まで遡る、厳密には馬齢表記変更前なので明け5歳。
7番人気の勝ち馬としてはビッグウィーク、面白いことに勝ちタイム3.06.1も同じ。
フィエールマンが負けると予想するなら買う意味は有ると思う、当たるかは知らない。

それを打ち消すのがレイデオロか。
オールカマーに出走し勝利したレイデオロとルメール騎手。
AJCCはオールカマーと中山2200mG2としてセットのレース。
ここでフィエールマンを使うためのレオデオロのオールカマー出走だったら・・・。
あとは枠順を見てからにします。

日経新春杯 回顧 と京成杯を確認だけ

うーん、年明け3連敗。
金額は抑えているのでそれは良いが書いて外すのは気が萎える。

軸としたシュペルミエールが3着なので京都重賞での松若騎手の隣は継続した。
二文字接触も1着と3着が接触配置。

マサハヤド<リー>ム
グロー<リー>ヴェイズ

アフリカンゴ<ール>ド
シュペルミエ<ール>

継続はしているけど人気側なのでワイドは選択していない。

中山重賞は4枠か6枠が連対。
カペラS 6枠2着
ターコイズS 4枠2着
中山大障害 4枠1着
有馬記念 4枠1着 6枠2着
ホープフルS 4枠1着 6枠2着
中山金杯 6枠1着
フェアリーS 4枠2着

フェアリーSの4枠が、
ウインターリ<リー>
ホウオウカト<リー>ヌ
の並びでホウオウカトリーヌが2着。

京成杯では、
カテ<ドラ>ル
ラスト<ドラ>フト
の並びが有り6枠7番がラストドラフト。

明日は通常出勤日なので私は結果の確認だけ。

日経新春杯を軽く

ネタは無いのだけど松若騎手隣と二文字接触から当たれば良いな程度で。

5番シュペルミエールから4歳の2番4番12番へ。
それともう一頭、人気なので切りたいのだけど二文字接触が3頭並びの14番15番16番が気になる。
アイ<トー>ン
ロ <ード>ヴァン<ドー>ル
ムイトオブリガ<-ド>
間にニヶ所の接触を持たせているのが気になるので16番だけ入れておく。
5番を軸に取りたいので流れからは4歳馬との馬連が私的には良いのだけど。

5番から2番4番12番16番へ軽く入れてみる。

金杯 回顧

外れスタートとなって意気消沈。
自信の有る方だったのに両方外すとはね。

<中山金杯>
タイムフライヤーではなくウインブライトが勝った。
二文字接触の相手だけどウインブライトとは思わなかった。
ステイフーリッシュが2着。
1番人気が消えて三連単は20万の大荒れ、近年の傾向とは違う結果だった。

二文字以上接触配置
11番ウインブライト 12番タイムフライヤー
15番ステイフーリッシュ 16番マイネルサージュ
この組み合わせで馬連なので選べなかったのは悔やむ。

中山金杯は冠名マイネルの8隣が連対。
2015年 10番マイネルフロスト →2番1着
2016年 13番マイネルディーン →5番1着
2017年 8番マイネルフロスト →3番1着
2018年 14番マイネルミラノ →6番1着
2019年 7番マイネルハニー →15番2着

中山金杯は冠名マイネル馬から31隣が3着以上。
2015年 1番マイネルミラノ →4番2着
2016年 7番マイネルフロスト 13番マイネルディーン →10番3着
2017年 8番マイネルフロスト →3番1着
2018年 14番マイネルミラノ →11番3着
2019年 16番マイネルサージュ →15番2着 1番3着

中山2000m重賞は正逆1か3が3着以上。
紫苑S    逆1番1着
ホープフルS 逆3番2着
中山金杯 正1番2着
京成杯   逆1番1着 正1番3着
弥生賞   逆3番2着 正3番3着
皐月賞   逆3番2着
紫苑S    逆3番1着 正1番2着
ホープフルS 正1番3着
中山金杯  正1番3着

関東重賞は戸崎騎手の隣か5隣が3着以上。
セントライト記念 1番→15番2着
スプリンターズS 16番→1番3着
毎日王冠 4番→9番1着 5番2着
富士S 9番→8番1着 14番3着
天皇賞 8番→9番2着
京王杯2歳S 3番→6番3着
武蔵野S 4番→3番2着
福島記念 12番→1番3着
東スポ杯2歳S 10番→5番3着
ステイヤーズS 7番→12番2着
有馬記念  13番→8番1着 12番2着
ホープフルS 13番→5番1着 1番3着
中山金杯 14番→15番2着

1番人気の4隣はいきなり消えた。
こういうのは長く続かないけどここは行けると見たがタイムフライヤーの5着止まり。
正逆31・47は15番2着で残った。
有馬記念の数字は3着番を使ったということかと。

<京都記念>
パクスアメリカーナの1着はゲストからも納得できる。
2着マイスタイルも接触が有り頭には有ったので選ばなかったのは私が下手だから。
3着の7番は全く見えていなかった。
狙ったロードクエストは13着、8番4番2番が5~6着と良い所なし。

2013年→2014年から前年の最下位正逆番が3着以上。
2013年 最下位 正15番逆2番
2014年 正2番逆15番1着 最下位 正15番逆2番
2015年 逆15番1着 正2番3着 最下位 正15番逆4番
2016年 逆4番2着 最下位 正17番逆1番
2017年 正1番2着 最下位 正13番逆6番
2018年 正13番2着 最下位 正12番逆2番
2019年 正12番1着 最下位 正5番逆13番
今のところ連対で継続している。

こっちも1番人気の4隣は消えた、もう忘れて良いでしょう。
正逆31・47はこちらでは消えた、G1ではまだ考慮するが関西の重賞では無しかな。

京都の混合重賞で松若騎手の隣が3着以上。
マイラーズS 1番→11番1着
平安S 3番→4番2着
京都大賞典 9番→8番2着
菊花賞 3番→4番2着
スワンS 1番→2番3着
きさらぎ賞 9番→8番2着
京都記念 9番→10番2着
京都新聞杯 14番→13番1着 15番3着
菊花賞 10番→9番2着
京都金杯 13番→12番1着

二文字以上接触配置
15番マイスタイル 16番ツーエムマイスター
使われているところを選べなかった。
田中勝春騎手が年男だとは聞いていたが選ばなかった。
もう少し数字が出ていればだけど有馬記念の3着位置なので選べないのはただ私が下手なだけ。

シンザン記念も同じ京都マイルなので重ねて調べていたけど良い物が無かった。
二文字以上接触も無い、松若騎手も騎乗無しと予想の取っ掛かりも無いのでスルーします。
来週からは仕事も始まるので次がいつかはまだ分かりません。

金杯どうでしょう?2

朝起きたら頭が少し痛い、飲み過ぎでは無いので風邪でもひいたか。
仕事始まり直前に風邪をひくとはダメ社会人です、原因はまあアレでしょう。

人気順が落ち着いたかなと確認しながら見直していた。
京都で二文字接触を一つ見落としていたので予想が少し変わる。

<中山金杯>
1番人気マウントゴールド、2番人気タイムフライヤーは見ていた通り。
ステイフーリッシュが7番人気とは意外な感じ、チャレンジCでマウントゴールドと同斤で1馬身1/2も評価は低いのか。
コズミックフォースは5番人気辺り。

この4頭で考えているのは変わらず。
BOXの6点で配分は変えてとする。

<京都金杯>
見落としていた接触位置は、
8番ヒーズインラブ 9番スマートオーディン
ここが有るなら1番人気の4隣からも8番は入れておきたい。
中山と京都で8番12番の馬連を期待したいがそれには???
こちらはワイドでの狙いにする。

8番を入れたので16番は止めておきます。
他は変わらず2番12番17番。
1番人気はパクスアメリカーナ、2番人気はサラキア。
ロードクエストが9番人気。
マイルCSで17番17着だったのでこの人気は納得、G1とはいえ同じ馬番で大敗しているからね。

金杯では福永騎手も自身か隣が3着以上。
2014年 3枠6番→自身2着
2015年 1枠1番→自身2着
2017年 1枠1番→自身2着
2018年 8枠17番→隣1番2着 (中山金杯)
京都の近3年は自身が2着、1年空けてここでもう一度というのが狙いの一つ。
まあ1年空けて終わってたというのも有り得るのだけど人気的にも隣馬的にもここで期待する。

12番軸かBOXかで迷ったがパクスアメリカーナの2着以内を願う。
12番から2番4番17番へ馬連を配分して、12番2着の馬単も少し入れる。
12番から8番17番へのワイドも。

これが2019年の競馬初めです。
ということで、今年もよろしくお願いします。

金杯どうでしょう?

皆、飲み疲れの様で今日は2次会で終了。
疲れているなら飲まなきゃ良いのだがグダグダ喋りながら飲むのが好きなんだな、皆。

<中山金杯>
結論から先に書くと有馬記念と同じ数字で決まる・・・かも?、8番12番15番どうだろう?
ただこの3頭が1~3番人気になりそう、まあ割れるから当たればプラスには出来る。
それに割って入るとしたら3番コズミックフォースを選ぶ。
人気的にも5番人気前後でしょうから多分、人気読みは下手だけど。
ブラストワンピースは6番人気辺りだと思っていた。

マイネルの8隣 7番→15番 16番→8番
マイネルの隣 7番→6番8番 16番→1番15番
有馬記念の1着3着の馬番に重なる。

中山2000m重賞は正逆1か3 1番3番14番16番
戸崎騎手の隣か5隣 14番→13番15番 3番9番
正逆31と47 16頭立てなら2番15番
有馬記念とホープフルSの数字そのままなら正逆8か9 8番9番

二文字以上接触配置
4番ランカディア 5番サンマルティン
11番ウインブライト 12番タイムフライヤー
15番ステイフーリッシュ 16番マイネルサージュ

2枠か6枠 3番4番11番12番

2009年以降2016年以外で自身か隣が3着以上の武豊騎手 中山金杯初騎乗、中山でも武豊?
三連単は1万円台を想定 上位3頭でも割れると思うので着順次第でこの辺りになると思う。

人気順がはっきりしないけど8番マウントゴールド・武豊という事も有りそう。
この人気順予想が馬の強さと人気を考慮して予想をしていないので私は苦手なんですね。
8番なら4隣は4番12番になる。
12番なら4隣は8番16番になる。
15番なら4隣は3番11番になる。

2枠からは4番ランカディアに二文字以上接触は有るが数字の重なる3番を取る。
後は人気順が固まってからにする。
選ぶ馬番は変わらないけど人気順で1頭くらい追加して馬券種を決めるかな。

<京都金杯>
こっちも本線は決めた、12番パクスアメリカーナと17番ロードクエスト。
17頭立てですね、数字がズレていくので確認しておく。

2018年の京都マイル重賞は正逆18 1番17番
2013年→2014年から前年の最下位正12番逆2番 2番6番12番16番
正逆31・47 4番5番13番14番
有馬記念とホープフルSの数字そのままなら正逆8か9 8番9番10番11番
数字で重なる位置は無い。

二文字以上接触配置
10番リライアブルエース 11番トゥラヴェスーラ

1番ストーミーシー 17番ロードクエスト
15番マイスタイル 16番ツーエムマイスター
この接触の二箇所は4文字の接触になっている。

2014年以降の金杯で池添騎手から2隣 2番→4番17番

一番重なりを感じるのは17番ロードクエスト。
軸にしたいのはゲストからと松若騎手から。

京都の混合重賞で松若騎手の隣が3着以上。
マイラーズS 1番→11番1着
平安S 3番→4番2着
京都大賞典 9番→8番2着
菊花賞 3番→4番2着
スワンS 1番→2番3着
きさらぎ賞 9番→8番2着
京都記念 9番→10番2着
京都新聞杯 14番→13番1着 15番3着
菊花賞 10番→9番2着
京都金杯 13番→12番14番
スワンSを除くと連対している、スワンSが2枠ゾロ目だったからと勝手に解釈。
ゾロ目じゃ無ければ隣が連対すると期待、ただ2着ばかりですね。
パクスアメリカーナの2着というのも面白いかと。
ゲストが直球で示唆する場合2着3着を落し所にするのも多いと考えているので。

人気は12番パクスアメリカーナが1番人気でしょう。
12番→8番16番、選ぶなら接触位置の16番ツーエムマイスター。
人気が無いなら少額ワイドで買ってみるか、無いと思うけど。
他は3文字挟みの4番とスマートオーディンから2番。

スマートオーディンの3歳以降の出走レースは正逆1か16が3着以上。
共同通信杯 正16番3着
毎日杯   逆16番タイセイサミット3着 逆1番スマートオーディン 1着
京都新聞杯 正16番スマートオーディン 1着
ダービー  逆16番マカヒキ 1着 正1番ディーマジェスティ 3着
エプソムC 正16番逆1番サトノアーサー 1着
中京記念 正16番逆1番グレーターロンドン 1着
リゲルS  正1番パクスアメリカーナ 1着
京都金杯 1番2番16番17番

正逆16を優先で見ている、16番に重なるがここは2番サラキアを取る。
この中では正逆16が重賞の4戦連続で1着、近3走では正逆1が1着。
2番17番⇔12番の馬単折り返しを馬連のオッズと比べて配分する。
12番から4番16番もワイドで入れる。

人気順を見てもこちらは多分変えない。

中山金杯の傾向と京都金杯を少し

傾向として考えるとなのでこのまま買う事は無いです。
配置や数字との重なりを重視して最終予想を出します。

<中山金杯>
荒れるイメージを勝手に持っていたが近年はチョイ荒れくらいが多い。
2006年から2012年が中荒れから大荒れなのでこの辺りのイメージが有るからか。
2016年の回顧で中山金杯の傾向を書いているがそのままでも良さそう。

>2009年以降で4番人気か5番人気が3着以内に入っている。
1番人気は2010年以降では2012年で馬券から外れているのみ。
2009年以降では2枠か6枠が3着以上。

2017年は6番人気が2着と4番人気が3着、1番人気が1着。
2018年は1番人気と2番人気の決着と馬連は珍しく人気側。
三連は10番人気が3着でチョイ荒れだった。
2枠か6枠も2017年2枠2着、2018年6枠3着。

1番人気と2枠か6枠を考慮。
1番人気から4~6番人気へワイドとかも有りかと。
三連単は1万円台を想定。

<京都金杯>
こっちの傾向は掴みにくい。
ここ2年勝利し2009年以降2016年以外で自身か隣が3着以上の武豊騎手が中山金杯に騎乗で使えない。
もしかすると中山金杯で武豊騎手か隣が継続するかも?

2014年以降の金杯で池添騎手から2隣が3着以上、2016年は中山金杯。
2014年 16番→2番1着
2015年 4番→2番3着
2016年 5番→7番2着
2017年 3番→1番2着 5番3着
2018年 5番→7番3着

金杯前に小ネタのあれやこれや

<オジュウチョウサンから>
有馬記念でアレコレ調べてみたけどコレという物が無かった。
戦歴的な意味も何か有ると思うが私には思い付かず、数字だけコレかな?
という物が有ったので書いてみる。

中山大障害 15頭立て 正7番逆9番 →中山GJ 正9番2着
中山GJ 12頭立て 正6番逆7番 →開成山特別 正6番逆7番1着
開成山特別 12頭立て 正6番逆7番 →南武特別 正7番2着 逆6番3着
南武特別 7頭立て 正3番逆5番 →有馬記念 逆5番2着

前走の正逆番から4頭指名だと2016年のオープン→中山GJから続いています。
上で4レースだけ書いたのは逆番の正逆からここ4戦で連対馬を出しているから。
今年もまだ平地で走るという事なので継続して欲しい。

有馬記念 正1番逆16番 →??? 正逆16番??? (正逆1番???)

<サウンズオブアースから>
スマートレイアーは有馬記念で引退の様で。
サウンズオブアースは今年も走ってくれるでしょう。
スマートレイアー同様にサウンズオブアースの隣も気になっていたので確認した。

目黒記念 5番→4番2着(16頭立て)
毎日王冠 11番→9番1着(13頭立て)
ジャパンC 7番→8番2着(14頭立て)
有馬記念 7番→8番1着(16頭立て)
関東主場として札幌記念は抜いて見ると15隣が連対している。

それと同時に隣か3隣も3着以上。
京都大賞典 2番→3番3着
ジャパンC 5番→2番2着 4番3着
有馬記念 16番→3番2着
目黒記念 5番→4番2着 8番3着
札幌記念 12番→15番3着
毎日王冠 11番→1番3着
ジャパンC 7番→8番2着
有馬記念 7番→8番1着

<スワーヴリチャ-ドから>
大阪杯を勝った後はやや低迷、2019年に復活は有るのか。
2018年の出走G1は4戦、25隣が3着以上。

大阪杯 15番→8番3着
安田記念 1番→10番1着
天皇賞秋 5番→4番1着
ジャパンC 11番→8番2着

<キセキから>
2018年秋は上位人気として唯一主流古馬G1を3戦とも出走し助演賞並みの活躍だった。
2018年の出走G1は4戦、14隣が3着以上。

宝塚記念 16番→2番3着
天皇賞秋 10番→9番2着
ジャパンC 8番→8番2着
有馬記念 14番→12番2着

<ブラストワンピースから>
3歳で有馬記念を勝ったが世代最強とは言われない。
2019年はジャパンC馬アーモンドアイとの初対戦が有るのか?
過去を参考にすると有馬記念馬に分が有る。
2002年 天皇賞春 1着マンハッタンカフェ 2着ジャングルポケット
2011年 ジャパンC 9着ローズキングダム 13着ヴィクトワールピサ
繰り上げのローズキングダムとドバイW杯以来のヴィクトワールピサは沈んだ。
2013年 宝塚記念 1着ゴールドシップ 3着ジェンティルドンナ
対戦が有るなら凱旋門賞前の宝塚記念か、壮行レースじゃ勝ち目が薄そう。
それは有ればその時にまた考えましょう。

ブラストワンピースから4隣が3着以上。
毎日杯 1番→5番2着
ダービー 8番→12番2着
新潟記念 1番→5番2着
菊花賞 3番→7番3着
有馬記念 8番→12番2着

<有馬記念の3着内馬の配置から>
最初に書こうとしたのはオジュウチョウサンからとこのネタ。

1着 ブラストワンピース 隣サウンズオブアース
2着 レイデオロ 隣スマートレイアー
3着 シュヴァルグラン 隣サクラアンプルール
有馬記念の配置を見返していて2018年の2月辺りに書いていた二文字以上接触になっているなと。
で、他の重賞を確認してみた。

ホープフルS
2着 アドマイヤジャスタ 隣ジャストアジゴロ
同レースでは2番ブレイキングドーン3番キングリスティアも二文字以上接触の配置。
全ての接触位置で来るというのでは無いなと。

中山大障害
1着 ニホンピロバロン 隣3着マイネルプロンプト

阪神C
1着 ダイアナヘイロー 隣ヒルノデイバロー

朝日杯FS
1着 アドマイヤマーズ 隣マイネルサーパス
2着 クリノガウディ 隣グランアレグリア

ターコイズS
1着 ミスパンテール 隣リナーテ

阪神JFではウインゼノビアとラブミーファインが接触配置ですが13着と14着。
12月15日のターコイズS以降の重賞からです。

両金杯で接触配置が有るのか注目しています。

京都金杯どうでしょう?

土曜日だし京都競馬場は込むでしょうね。
久し振りに行ってみるのも良いかと考えているが金曜日に新年会が有る。
当日朝の二日酔い度で決めようかな。

第57回スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)

7代目おけいはん 三条けい子の中川可菜さんが2019年の京都競馬初日を華やかに彩ります。

中山は「七つの会議」、京都は7代目。
「7」を強調しているようにも思えるが・・・。
中川可菜(カナ)さんからはパクスアメリカーナが気になる。
川田騎手騎乗の中内田厩舎で中川カーナなのだけど最近はこういう直球は少ないのがね。

2018年の京都マイル重賞は正逆18が3着以上。
京都金杯 逆18番1着
シンザン記念 正18番2着
マイラーズC 正18番3着
マイルCS 逆18番1着
デイリー杯2歳S 正18番3着

2013年→2014年から前年の最下位正逆番が3着以上。
2013年 最下位 正15番逆2番
2014年 正2番逆15番1着 最下位 正15番逆2番
2015年 逆15番1着 正2番3着 最下位 正15番逆4番
2016年 逆4番2着 最下位 正17番逆1番
2017年 正1番2着 最下位 正13番逆6番
2018年 正13番2着 最下位 正12番逆2番
2019年 18頭立てとして 2番7番12番17番
今のところ連対で継続しているのでこの四つから軸に出来ればと期待したい。

こっちも同じく、
・1番人気の4隣。
・正逆31・47、18頭立てなら6番8番11番13番。
有馬記念とホープフルSの数字そのままなら正逆8か9、18頭立てなら8番9番10番11番。

中山金杯どうでしょう?

2019年を平穏に迎えられたのは幸いです。
今年の仕事日程は前半が忙しいのは既に決まっています。
競馬では調べる時間が取れない時期が多いでしょうからG1中心で書いていきます。
他のレースはG1を調べていく過程で良いと思える物が出れば書こうかと。
今年の最初のレースは中山か京都の金杯です。
どちらを選ぶかは枠順を見てからで。

第68回日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)

木下ほうかさん来場。
映画「七つの会議」とのコラボですね。
有馬記念ゲストの及川光博さんも同じですがゲストとの関連が今一ピンと来なかった有馬記念でした。
出走馬関連でもコレという物が無いのでスルーします。

中山金杯は松岡騎手の5隣が近2年で1着。
2017年 8番→3番1着
2018年 1番→6番1着
まだ2年ですが一応頭には入れておこうかと。
松岡騎手は前年2着のウインブライトに騎乗予定。

上と同じ位置を示唆するか?もう一つ期待しているのが、
中山金杯は冠名マイネルの8隣が1着。
2015年 10番マイネルフロスト →2番1着
2016年 13番マイネルディーン →5番1着
2017年 8番マイネルフロスト →3番1着
2018年 14番マイネルミラノ →6番1着
出走予定の予定のマイネルはサージュとハニー。

もう一つ、中山金杯は冠名マイネル馬から31隣が3着以上。
2015年 1番マイネルミラノ →4番2着
2016年 7番マイネルフロスト 13番マイネルディーン →10番3着
2017年 8番マイネルフロスト →3番1着
2018年 14番マイネルミラノ →11番3着

今のところ16頭立てかな、その場合は各マイネルの隣と8隣に注目する。

中山2000m重賞は正逆1か3が3着以上。
紫苑S    逆1番1着
ホープフルS 逆3番2着
京成杯   逆1番1着 正1番3着
弥生賞   逆3番2着 正3番3着
皐月賞   逆3番2着
紫苑S    逆3番1着 正1番2着
ホープフルS 正1番3着

関東重賞は戸崎騎手の隣か5隣が3着以上。
セントライト記念 1番→15番2着
スプリンターズS 16番→1番3着
毎日王冠 4番→9番1着 5番2着
富士S 9番→8番1着 14番3着
天皇賞 8番→9番2着
京王杯2歳S 3番→6番3着
武蔵野S 4番→3番2着
福島記念 12番→1番3着
東スポ杯2歳S 10番→5番3着
ステイヤーズS 7番→12番2着
有馬記念  13番→8番1着 12番2着
ホープフルS 13番→5番1着 1番3着

それと年末に書いたもの。
・1番人気の4隣、人気は割れるでしょうね。
・正逆31・47、16頭立てなら2番か15番。
有馬記念とホープフルSの数字そのままなら正逆8か9、16頭立てなら8番か9番。
有馬記念 正8番逆9番1着
ホープフルS 逆9番1着 正8番2着

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア