FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ダービー 回顧

完敗でした。
ワグネリアンは最初から外して考えていたのでどう見直しても取れないレース。

7番人気の皐月賞馬はダービーで2着枠というのは継続。
今年限りで見たプリンシパルS馬は隣じゃ無く自分で3着ですか、大荒れ三連単285万円・・・。
7番と18番の比較でサインじゃなく感覚だけで18番を選んでしまった。

回顧も出来ないくらいワグネリアンが分からない。
分からないけど19度目の挑戦らしいですね福永騎手。
この「19」の意味が分からないので説明のしようが無いですがHATさんはこの数字を気にしていたようで。
スポンサーサイト

ダービーどうでしょう?2

葵Sは武豊騎手じゃなく武豊騎手枠が2着だった。
アサクサキングスとアンヴァルが消えるとは思ってなかった。
ラブカンプーの2着は良いが他は全くダメでした。

弥生賞馬がダービーで1番配置は2008年のロジユニヴァース。
その時の2着が6枠12番リーチザクラウン・武豊騎手。
配置としては馬番は違うが今年も同じ6枠に武豊騎手。

1番→12番が本線。
他は15番18番だけど3着で見ている。
2着で別の馬を選ぶなら人気だけど8番ブラストワンピースと11番ジャンダルム。
1番ダノンプレミアムが勝つところから逆に考えたので負ければ馬券も完敗かも?

2008年 1番ディープスカイ 2着隣、皐月賞騎手+青葉賞馬
2009年 1番ロジユニヴァース 1着隣、皐月賞馬と青葉賞馬
2010年 1番エイシンフラッシュ 2着隣、皐月賞馬+青葉賞馬
2013年 1番キズナ 2着隣枠、皐月賞馬+青葉賞馬

2018年 皐月賞馬12番と青葉賞馬6番、これだと上と合わない。
ここから妄想、今年はプリンパルSからの優先権が一つ減った。
スイートピーSも同じく一つ減ってラウドネはオークスでアーモンドアイの隣に配置された。
牡馬も同じなら今年は青葉賞馬では無くプリンシパルSからでは。
皐月賞馬12番とプリンシパルS馬7番と正逆配置、その隣は6番8番11番13番。
ディープスカイとキズナが毎日杯馬、2010年のダノンシャンティは取消で逆番隣にエイシンフラッシュ。
2009年のアイアンルックは皐月賞馬と同枠隣となり2010年同様に隣枠の示唆なのかと妄想。
今年の毎日杯馬が8番ブラストワンピース、時点で毎日杯馬の逆番で皐月賞馬の隣11番ジャンダルム。

1番から8番11番12番へ馬連、それに15番と18番を3着に足して三連単も。

ダービーどうでしょう? と葵Sを少し

東京優駿(GI) (第85回日本ダービー)

国家独唱はさだまさしさん。

枠順を見てなかなか面白い構成にしてきたなという印象。
戸崎騎手エポカドーロが6枠12番でその7隣に1枠1番ダノンプレミアム、と5番キタノコマンドール。
7番人気の皐月賞馬エポカドーロの同枠にホープフルS2着のジャンダルム。
朝日杯馬ダノンプレミアムの同枠にホープフルS1着のタイムフライヤー。

桜花賞7枠13番ルメール→ダービー7枠15番、桜花賞1枠1番川田騎手→ダービー1枠1番。

弥生賞8枠9番ダノンプレミアム10番サンリヴァル→皐月賞ダノンプレミアム回避サンリヴァル2着
→ダービー1枠1番ダノンプレミアム8枠18番サンリヴァル。

エポカドーロ 皐月賞4枠7番→ダービー6枠12番(逆7番)
ステルヴィオ 皐月賞8枠15番→ダービー7枠15番

前哨戦を勝って回避した1番人気確実な馬としてはエアグルーヴが居る。
1996年オークス 1着15番エアグルーヴ(1番人気) 2着1番ファイトガリバー(桜花賞馬、4番人気) 3着18番リトルオードリー
同年のダンスインザダークも弥生賞勝ち後に回避した。
ダービー 1着13番フサイチコンコルド 2着4番ダンスインザダーク(1番人気) 3着15番メイショウジェニエ
この年は2歳女王のビワハイジがダービーへ出走し1着同枠。
1996年はエリザベス女王杯が古馬へ開放され秋華賞が新設された年。
今年はダービーの前日に葵Sが新設重賞として施工されるのがどう影響するのか気になる。
今年に限り「テイエムオペラオー追悼競走」の副題を付けて施行するということです。

今のところ考えているのはこの辺りです。
1996年の結果から一冠目を回避したダノンプレミアムは外せないかと。
それでなくてもダービーの1枠は無視出来ない。
現在4番人気のエポカドーロはファイトガリバーとなるか?
ここから3着を探すなら逆の18番サンリヴァルと7番コズミックフォース、まあ18番の方か。
それと7枠15番配置のロードカナロアの仔ステルヴィオ。

後は今日の結果を見てから考え直す。

葵Sは1枠の和田騎手と武豊騎手の同居枠から。
調べていると昇格や新設の重賞は武豊騎手の2着狙いというのも面白いと感じる。
ホープフルSとチューリップ賞が2着、古馬開放のエリ女杯はダンスパートナーで1着。
アーリントンCでラブカンプーは武豊騎手と同枠なのも面白いと感じる。
葵祭は三勅祭のひとつ、浅草と言えば三社祭。
アサクサゲンキが消えるなら私には取れないレースなのでしょう。
2番から1番和田騎手、10番前年勝利藤岡兄からの藤岡弟。
特に5枠はG2チューリップ賞5枠1着と施行日移動アーリントンC5枠1着からも期待して馬単も入れる。
ダービーと同じ15番ロードカナロアも抑えて運試しをしてみる。

オークス回顧

結果は予想通りのガチガチの結果。
アーモンドアイが勝つなら1枠での2着3着、ここも読めていた。
何か過去例と違うことをする時には取消だったりワイド内でゾロ目にするということですね。
桜花賞と同じ7枠13番に入れて勝たせて2着も1番で統一させている。
今回は読み切れるネタを多く提供されていたので当てられて良かった。
取消を知る前はどこから考えるかを悩んでいたので。

馬券の方も13番から1番2番へ馬連は買った。
戸崎騎手か隣は消えろかと思っていたので外れても仕方ないねというくらい。
リリーノーブルの人気が落ちていたので思っていたよりは配当が良かった。

これで二冠となったアーモンドアイには三冠への挑戦権が残った。
三冠の妄想を書いた時に今年は三冠馬の出現は無いと考えていた。
チューリップ賞のG3昇格年ではナリタブライアンの三冠が有ったが京都競馬場の大改修も有った。
今年はG2昇格年だが他に大きな変更が無いので三冠は無いと見ていた。
妄想の最後で近年の三冠馬はゾロ目要素を持っているとした。
スティルインラブは桜花賞の2着3着が7枠、アパパネはオークスが同着の8枠ゾロ目。
ジェンティルドンナはローズSで6枠ゾロ目、相手も全てヴィルシーナ。
アーモンドアイもオークスで2着3着が1枠、二冠戦の取消からスティルインラブに近い。

三冠が有るか無いか、分からないです。

オークスどうでしょう?

第79回優駿牝馬(GI)

1番から4番までが阪神JFの1着から4着の馬で並んでいた。
ここに何か意図が有るのか考えていたのだが4番トーセンブレスが取消となった。
オークスの取消は2003年と2015年。
2003年は桜花賞も取消となり今年と似た構図に思える。
2番人気が勝ち1番人気の枠が2着、9番と13番でワイド、取消が2番。
2003年のオークスは2番人気の桜花賞馬スティルインラブが勝った、今年はアーモンドアイが1番人気。

桜花賞とオークスの取消からアーモンドアイの二冠?
私は二冠なら桜花賞で5枠に配置されると考えている。
オークスと秋華賞を勝ったカワカミプリンセスとミッキークイーンはオークスで5枠配置。
しかしアーモンドアイは桜花賞と同じ7枠13番配置という特殊性を持ってきた。
ここが悩むところ。
ラッキーライラックも桜花賞と同じ1枠配置。

トーセンブレスの前走は桜花賞で4枠7番、同枠に大野騎手。

2003年の桜花賞は5枠が1着、7枠が2着3着。
アーモンドアイが同じ位置での二冠という特殊性を持つなら1枠2頭でワイドとする曖昧さが合うと思える。
負けるなら1着枠は1枠と見る。

荒れるなら8枠か。
大野騎手の配置枠でオークスの戸崎騎手か隣。
2013年 13番→13番2着エバーブロッサム
2014年 8番→9番1着ヌーヴォレコルト
2015年 14番→14番2着ルージュバック
2016年 13番→13番2着チェッキーノ 14番3着ビッシュ
2017年 3番→2番1着ソウルスターリング
2018年 17番ロサグラウカ

17番から人気3頭へワイドで行ってみるか。

(来週用忘備録)
ダービーは戸崎騎手から7隣が3着以上。
2013年 14番→3番3着アポロソニック
2014年 10番→3番3着マイネルフロスト
2016年 10番→3番1着マカヒキ
2017年 11番→4番2着スワーヴリチャード 18番3着アドミラブル

オークスとダービーが2013年からなのは同年の3月1日付でJRAの騎手となったからかと。
今年のオークスがちょっと無理かもなので5年経過の今年で切れるかも。
オークスでダメならダービーでは参考程度にする。

2週休んで

いろいろと用事と仕事で時間が取れず競馬を考えていませんでした。
なので結果だけ確認にしてました。

NHKMCはどれだけ調べて書いても絶対に外れていた。
開催日を変更しトライアルに指定されたアーリントンCから3着馬の3着のみとは考えなかったので。
ヴィクトリアMも混合重賞を勝ってきたリスグラシューの逆3は選んだと思うが、
川田騎手の隣から正4番を選べたかどうか?
連覇も2頭居て他にも前年の3着以内の枠に居た馬が良いレースでは有る。
1着のジュールボレールは前年の3着馬、だけど1着2着も出走してるしね。
16番から川田騎手か隣で2番3番4番へ機械的に買えたかどうか。
昨年の枠順を終わってから見たら昨年も川田騎手4番→3番ジュールボレールの位置だった。

東京古馬マイルG1は正逆3が3着以上。
安田記念   逆3番フィエロ 3着
フェブラリーS 正3番ゴールドドリーム 1着
ヴィクトリアM 正3番ジュールボレール 3着
安田記念   逆3番ロゴタイプ 2着
フェブラリーS 逆3番ゴールドドリーム 2着
ヴィクトリアM 逆3番リスグラシュー 2着

今年のG1は川田騎手か隣が3着以上。
高松宮記念 9番→9番1着 8番2着
大阪杯    8番→8番3着
桜花賞    9番→9番3着
天皇賞春  10番→11番2着
NHKMC   10番→11番1着 9番2着
ヴィクトリアM 3番→4番1着

オークスは桜花賞3着のリリーノーブルに騎乗予定。

来週からは再開する予定ですが狙い目とかはまだ無い。
時間は取れないと思うけど3歳の頂上決戦二つの馬券は取りたいなあ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 04/08:猫パンチ

  • 04/08:ゆうなお

  • 03/31:猫パンチ

  • 03/30:ゆうなお

  • 02/25:HAT

  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア