FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

高松宮記念どうでしょう?

第47回高松宮記念(GI)
ゲストは山崎育三郎さん、私は知らないです。
山崎 育三郎(やまざき いくさぶろう、1986年1月18日 - )は、日本のミュージカル俳優、歌手である。
東京都出身。研音所属。妻は女優、歌手の安倍なつみ。

モーニング娘の安倍なつみさんですか。
他は特に経歴や映画で何か有るとも思えなかったので単純に名前から。
単純が良いですね、金鯱賞は捻って考えすぎた。
素直に脇役で凱旋門賞の帯同馬サトノノブレスでしたね、それを考えていながらサトノはダイヤと決め過ぎた。
ローの有るダイアナヘイロー、松山騎手騎乗で山も有る。
武豊騎手からの乗り替わりですが阪急杯1着からの参戦。
阪急杯からは優先権が付与された2014年に3枠5番コパノリチャードが勝利。
2016年は3枠6番ミッキーアイルが2着、2015年は2着同枠も7枠13番ダイワマッジョーレは6着。
2017年も7枠14番トーキングドラムが6着、今のところ3枠は連対で7枠は6着。
ゲストから3番と3枠は注意したいので3枠にダイアナヘイローなら期待したくなる。

2年連続で1着馬の出走無しも勝ち馬を出しているシルクロードS、今年は軽視している。
G1の数字は正逆3か4が続くか?
エリ女杯 正4番2着
マイルCS 正4番3着
ジャパンC 正4番3着
チャレンジC 逆4番2着
阪神JF   正4番3着
朝日杯FS 正3番3着
有馬記念 正3番2着
ホープフルS 逆3番2着
フェブラリーS 逆3番2着
正逆3に変わったとも取れるが宮記念では広く正逆3か4で見ておく。

中京重賞も中山と同じ正逆9か10か。
チャンピオンズC 正9番1着
中日新聞杯 正10番逆9番2着
愛知杯   正10番逆9番1着
東海S    逆9番1着
金鯱賞   正9番1着
ファルコンS 正10番1着 逆9番3着

2枠 3枠 5枠の中で決まってくれると有難い。
スポンサーサイト



皐月賞妄想

弥生賞回顧で書いた様に年度として見ているのは2016年。
マカヒキは皐月賞2着後にダービー馬になる。
皐月賞馬は共同通信杯1着のディーマジェスティ。
3着はきさらぎ賞馬のサトノダイヤモンド。
この年ならダノンプラチナムは2着になる。
きさらぎ賞馬サトノフェイバーは回避、共同通信杯馬オウケンムーンは出走予定。

12/17開催の朝日杯を見て面白いと感じたものが有る。
1961年第13回 カネツセーキ スプリングSを圧勝後に1番人気の皐月賞を2着。
1967年第19回 タケシバオー スプリングSを2着後に1番人気の皐月賞を2着。
1989年第41回 アイネスフウジン 弥生賞4着後に1番人気の皐月賞を2着。
2017年第69回 ダノンプレミアム
3頭はみな1番人気の皐月賞で2着となっている。
その後のダービーはカネツセーキが28着、タケシバオー2着、アイネスフウジン1着。

10頭立ての弥生賞1着から。
1991年 4番イブキマイカグラ(2番人気)4.3倍 →皐月賞4着→回避
1995年 9番フジキセキ      1.3倍 →引退
2004年 5番コスモバルク(2番人気)3.9倍 →皐月賞2着→ダービー8着
2005年 10番ディープインパクト 1.2倍 →皐月賞1着→ダービー1着
2006年 2番アドマイヤムーン  1.6倍 →皐月賞4着→ダービー7着
2009年 10番ロジユニヴァース 1.3倍 →皐月賞14着→ダービー1着
2018年 9番ダノンプレミアム  1.8倍
勝ったのは全て上位人気馬、これは次の10頭立ての参考としたい。
8枠で勝った2頭はダービーは1着、9番で勝ったフジキセキは引退。

皐月賞1着馬は、
1991年 8枠18番トウカイテイオー 1番人気、前走若葉S1着
1995年 3枠6番ジェニュイン 3番人気、前走若葉S1着
2004年 7枠14番ダイワメジャー 10番人気、スプリングS3着
2005年 7枠14番ディープインパクト 1番人気、前走弥生賞1着
2006年 3枠5番メイショウサムソン 6番人気、前走スプリングS1着
2009年 8枠16番アンライバルド 3番人気、前走スプリングS1着

勝ったディープインパクトを抜けば前走は若葉SかスプリングS。
ダノンプレミアムが勝てないと思ったらこの二つのレースに注目か。
どちらかと言うとスプリングSの方か、若葉Sは2000年から阪神開催に変更されている。
中山2000mを既に勝っているタイムフライヤーなら資格有と思ったが5着に敗退。
スプリングSは注目していたステルヴィオが勝って皐月賞へ進む。

昨年の桜花賞から見るとステルヴィオは無視出来ないと思う、新種牡馬ロードカナロアの仔でも有る。
昨年の桜花賞トライアルは唯一のG2が報知杯FRで2着レーヌミノルが桜花賞馬となる。
昨年の皐月賞は2歳G1とG2最後の2戦を無視した結果となった、2着は今年から開催日変更のアーリントンC馬。
そのホープフルSからはダービー馬を輩出しG1昇格の正当性を示した。
ならば今年は朝日杯FSからではないかと妄想。
レーヌミノル同様に2着馬を重視するならステルヴィオ、スプリングS馬で新種牡馬の仔。
距離の壁を嫌われて人気はワグネリアンの下で3番人気か?

ダノンプレミアムが無敗の皐月賞馬になるならば、
1991年 トウカイテイオー  18→2→13
1992年 ミホノブルボン   4→5→1 (8番取消)
2001年 アグネスタキオン 7→14→1
2005年 ディープインパクト 14→10→16

2000年以降で1番人気が勝った皐月賞は、
2001年 アグネスタキオン 7→14→1
2003年 ネオユニヴァース 3→6→14
2005年 ディープインパクト 14→10→16
2010年 ヴィクトワールピサ 13→16→11
2013年 ロゴタイプ     7→14→12

ダノンプレミアムが勝つなら自身か相手に7枠は考慮したい。

妄想的には今のところ皐月賞2着→ダービー1着とする。

日曜回顧

1000円x2点x2Rだけ参加、またまた連勝出来ない。

阪神大賞典はクリンチャーが勝てないと思ったので2着固定、で3着にうーむ。
1着2着は1着の相手に選んだ2頭、土日メインが6枠ゾロ目となった。
馬連BOXならだけど2日連続の6枠ゾロ目は私には買いにくい。
ここで確認したかったのはメインの3歳戦で見ている正逆27。
10日のジャンプ重賞を抜けば4日の大阪城Sが3歳戦ではないメイン。
大阪城S 正27番グァンチャーレ 2着
阪神大賞典 逆27番レインボウライン 1着
来週の毎日杯は3歳戦なので正逆27だけど継続すれば六甲Sでも正逆27に期待したい。

取れたのはスプリングS、昨日と同じ正逆9か10から、馬連1番人気なので偉そうな事は言えない。
枠順を見る前からステルヴィオに勝って欲しいと思っていた、妄想的に。
新種牡馬ロードカナロアの仔が勝って皐月賞へ、というよりは新種牡馬の仔で朝日杯FS2着馬が・・・。
という方向から見てのステルヴィオだった。
皐月賞妄想で書くネタの一つがレーヌミノル=ステルヴィオとならないか?
それと弥生賞の結果からのスプリングS馬。

中山メインは正逆9か10が3着以上。
アレキサンドライトS 正9番3着
アメリカJCC  逆9番2着 正9番3着
アクアマリンS 逆9番2着 正9番3着
中山記念   正10番2着
オーシャンS 正10番3着
弥生賞    正9番1着
中山牝馬S 正10番3着
アネモネS 逆9番1着
フラワーC 正10番1着 正9番2着
スプリングS 逆9番2着

この結果を含めて皐月賞妄想を追記修正します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア