FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スプリンターズS どうでしょう?

第51回スプリンターズステークス(GI)

秋G1初戦です。
何とか取りたいけど読めている感じはしない。

ゲストは藤原竜也さん。
2015年のヴィクトリアMとクイーンSで来場。
共通点は分らない、藤原厩舎も出走無し。
「藤」は6番と10番の調教師に有る。
「竜」でドラゴンならスノードラゴン同枠のレッツゴードンキが気になる。

デムーロ騎手は4枠8番、高松宮記念では4枠7番。
18頭立ての逆11番は8番になる。
ファインニードルは7枠13番、高松宮記念1着は逆13番、昨年のSS1着は7枠13番。

先週のオールカマー1着は正6番、土曜日メインのカンナSの2着3着は正逆6・11。
SSの正11番は□外馬ブリザード。
逆の正6番はワンスインナムーン石橋脩騎手、土曜日カンナSを勝ったのが1枠1番石橋騎手。
現在9番人気のこのワンスインアムーンが気になっている。

中山重賞をスプリンターズS以降の正逆8か11と見れば先週も継続している。
6番8番9番11番、9番メラグラーナは現在2番人気だが3番セイウンコウセイとは確定まで分らない。

セイウンコウセイの位置は正3番。
高松宮記念 正3番2着、VM 正3番3着、安田記念 逆3番2着
今年の古馬短距離G1は正逆3です。

3番8番にワイド込みで6番13番を絡める感じか。
スポンサーサイト

スプリンターズS 妄想

今年からG1となるホープフルS。
G2最後の年を勝ったレイデオロは皐月賞ではなかったがダービーを勝った。
朝日杯が付いた2014年のセントライト記念を勝った蛯名騎手は同年の朝日杯FSを勝った。
同年の菊花賞ではサウンドオブアースに騎乗して2着に入った。
冠名付与2年目を勝ったキタサンブラックは菊花賞を勝った。
セントウルSに今年から付与される産経賞、同じ冠名はオールカマーにも付く。
セントウルSに勝ったデムーロ騎手はオールカマーではなく神戸新聞杯に騎乗する。
スプリンターズSでのファインニードルかデムーロ騎手には注目したい。
オールカマーは来年のセントウルS勝利騎手が騎乗すれば狙ってみたい。

産経の文字が取れたG1大阪杯の勝利調教師がセントウルSの1着同枠に居た。
冠名の移動をこういう繋ぎ方もするのだと覚えておこうと思う。
そのレースに武豊騎手を騎乗させずに調教師を示唆に使ったとも思えるので騎手優先だとは思う。
↑これを先週書いていてオールカマーに当て嵌めての4枠重視だった。
今日のオールカマーでは大阪杯2着のステファノスが産経賞オールカマーを2着にスライド。
同枠にファインニードルと同じ馬主のディサイファを配置していた。

2012年以降では高松宮記念の3着以内馬が全て出走するとその内2頭でワイド以上。
2012年 宮記念 カレンチャン→サンカルロ→ロードカナロア SS ロードカナロア1着 カレンチャン2着
2013年 宮記念 ロードマナロア→ドリームバレンチノ→ハクサンムーン SS ロードカナロア1着 ハクサンムーン2着

2例だけなのですが2012年からというのが少し気になる。
2012年から レーティング上位の5頭に優先出走を認める、と変更されています。
それと2012年は中京競馬場の改修明けです、前2年はキンシャサノキセキが連覇。
今年は、セイウンコウセイ→レッツゴードンキ→レッドファルクスが出走予定。
上の例では宮記念の1着と3着がSSで連対している。
セイウンコウセイとレッドファルクス。
産経賞セントウルSを勝ったデムーロ騎手はレッドファルクスに騎乗予定。

妄想の終着点はレッドファルクス→セイウンコウセイとしたい。
これだとガチガチですね、ファインニードルにも注意はしたい。

レッドファルクスが勝つと連覇になる。
過去にはサクラバクシンオーやロードカナロア等。
サクラバクシンオーは2年目に、1994年 - 国際競走に指定され、外国調教馬が4頭まで出走可能になる。
ロードナカロアは香港Sの影響に思う。
香港Sが2010年南アフリカ、2011年欧州出身馬、2012年日本ロードカナロアと初を続けた。
2011年の賞金増額の広告でしょう、2013年カナロア連覇の後は香港馬の勝利に戻っています。

今年連覇するとしたら、2016年 - 「ブリーダーズカップ・チャレンジ」指定競走となる。からでしょうか。

神戸新聞杯とオールカマー 回顧

当たったのは神戸新聞杯のガチガチ。
馬単三連単も当てたけどオールカマーの方が比率を高くして外したので今日の分で微妙なプラスだけ。

神戸新聞杯
ほぼ妄想どおりの結果、キセキが3着の方が良かったのだけど。
菊にしてもキセキが3着ならここからかと思ったけど少し考え直しかな。

皐月賞  正7番ペルシアンナイト 2着
ダービー 逆7番レイデオロ 1着
セントライト記念 正7番アルアイン 2着
神戸新聞杯 逆7番1着
スプリングSと青葉賞は正逆7番が3着。

阪神重賞は正逆13が3着以上。
桜花賞    逆13番2着
アンタレスS 逆13番2着
鳴尾記念  逆13番2着 正13番3着
マーメイドS 正13番3着
宝塚記念  正13番2着
セントウルS 正13番3着
ローズS   逆13番3着
神戸新聞杯 逆13番3着

オールカマー
こっちを取りたかったなホント。
8番ステファノス→9番タンタアレグリアの馬単に期待したが2着3着。
1着のルージュバックとは思えなかった。
でもこれで天皇賞かエリ女杯辺りに出てくれたらネタが一つ残る。
中山重賞の正逆11が消える気はして入れてないけど中山で軸にしてた数字だったので痛いね。
まだ中山G1としては見るけどちょっと弱い感じになった。
しかし16頭立てだとルージュバックの6番は正逆11、ここをどう考えるか。

古馬G22200m重賞とは正逆8か25が3着以上。
京都記念   逆25番2着
オールカマー 逆8番3着 正25番2着
AJCC     正8番1着 逆8番2着 正25番1着
京都記念   逆8番3着 逆25番1着
オールカマー 正8番2着

古馬混合重賞でデニムアンドルビーの隣枠が3着以上。
金鯱賞   4枠→3枠2着
有馬記念  7枠→6枠1着
フェブラリーS 4枠→5枠2着 3着
鳴尾記念  6枠→7枠2着
オールカマー 6枠→5枠3着

ルージュバックからは14隣が3着以上。 
天皇賞秋  9番→8番1着
ジャパンC  4番→1番1着
金鯱賞    1番→15番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
オールカマー 6番→9番3着

ルージュバックにはG1に出て来て欲しい。
G1で3隣か4隣が3着以上。
オークス 14番→10番1着 17番3着
エリ女杯 15番→12番1着 18番2着
有馬記念 13番→9番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
天皇賞秋  9番→12番2着
ジャパンC 4番→1番1着 17番3着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
4頭からになるけどその中に連対馬が居た。

神戸新聞杯とオールカマー

神戸新聞杯

14頭立て、レイデオロは正8番逆7番、逆7番はダービーと同じ。
皐月賞  正7番ペルシアンナイト 2着
ダービー 逆7番レイデオロ 1着
セントライト記念 正7番アルアイン
スプリングSと青葉賞は正逆7番が3着。

阪神重賞の正逆13から2番サトノアーサー。
来週のサトノ2頭の凱旋門賞に騎乗するルメール騎手と川田騎手を使うか?

正4番、レイデオロ24隣の4番ベストアプローチ。

人気順 1番人気→3番人気→2番人気だと、8番→2番→5番。
正逆5番にルーラーシップの仔。
8番軸で2番4番5番。

オールカマー

こちらは想定のまま17頭立て。
17頭立てなら週初めから8番10番VS7番11番と見ていた。

枠を見て気になるのは4枠、7番と8番の同居という意味の他に一つ。
スプリンターズSの妄想で書いているネタで産経賞セントウルS→産経賞オールカマーが有る。
1着デムーロ騎手が神戸新聞杯なのでここは同馬主ディサイファに注目したい。
大阪杯→セントウルSでは清水調教師の枠が1着なのでディサイファの枠が1着もあるかと。
ファインニードルとディサイファの馬主はH.H.シェイク・モハメド氏。
ステファノス自身も産経が取れた大阪杯の2着馬。
割れた中での1番人気だが8番ステファノスから行きたい。

デニムアンドルビーが出走する理由を無理やり考えてみた。
金鯱賞   4枠→3枠2着
有馬記念  7枠→6枠1着
フェブラリーS 4枠→5枠2着 3着
鳴尾記念  6枠→7枠2着
古馬混合重賞で隣枠が連対。
オールカマー 6枠→5枠か7枠

ルージュバックからは14隣が3着以上。 
天皇賞秋  9番→8番1着
ジャパンC  4番→1番1着
金鯱賞    1番→15番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
オールカマー 6番→3番か9番

ルージュバックにはG1に出て来て欲しい。
G1で3隣か4隣が3着以上。
オークス 14番→10番1着 17番3着
エリ女杯 15番→12番1着 18番2着
有馬記念 13番→9番2着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
天皇賞秋  9番→12番2着
ジャパンC 4番→1番1着 17番3着
ヴィクトリアM 7番→10番2着
4頭からになるけどその中に連対馬が居た。

5枠からだと9番か10番どちらにするか?
このレースと対になる1月のAJCCを勝った9番タンタアレグリア蛯名騎手、出走はそれ以来。
その時の馬番が8番で2着は10番戸崎騎手、オールカマーは8番ステファノスに騎乗する。
騎手での着順入れ替わりという結果が私的には一番納得できる形です、枠連は4-5。
AJCCの3着は内田騎手。

2010年以降は6番人気か7番人気が3着以内に絡む。
例外は2013年に勝った9番人気ヴェルデグリーン。
2014年 - この年から1着馬に天皇賞(秋)の優先出走権を付与。この影響なのでしょう。
付与2年目のショウナンパンドラが天皇賞秋で2着同枠になりジャパンCでは勝利した。
6番人気7番人気は拮抗している、4番ブラックバゴと15番カフジプリンス。
4番ブラックバゴは内田騎手。

8番→9番、これを本線。
それに4番と15番をワイドと三連で入れる。
金額的にはオールカマーに多く入れるのでこっちを取りたい。

神戸新聞杯どうでしょう?

第65回神戸新聞杯(GⅡ)

このレースはダービーの3着以内馬が3着以内。
レイデオロのみ出走。

ダービー馬のみが出走は2014年のワンアンドオンリー勝利。
2014年も皐月賞馬がセントライト記念に出走しているけど2014年とは違うでしょうね。
レイデオロは菊花賞には出走せず直接ジャパンCへ向かう。
ダービー馬が神戸新聞杯に出走し菊花賞へ向かわなかったのは
2004年キングカメハメハ引退と2008年ディープスカイ天皇賞秋3着。
どちらも勝ってますね、レイデオロから行くのは仕方ないのか?
勝てばジャパンCでも無視は出来ないか、3着とか。

2004年と2008年は1番人気→3番人気→2番人気で決着。
菊花賞は正逆1VS正逆5で荒れた決着になっている、狙うなら菊花賞か。
勝つのは春クラシックに間に合わなかった馬。
神戸新聞杯を1番人気で勝って天皇賞秋に向かったのは2002年のシンボリクリスエスも。
この年の菊花賞は更に大荒れでシンボリクリスエスは天皇賞秋1着→JC3着→有馬記念1着。
ただしこの年は中山代替での天皇賞秋だった、JCのレイデオロは3着じゃないのかと妄想する。
2014年皐月賞馬のイスラボニータも天皇賞秋3着だし。
2002年菊花賞馬ヒシミラクルも春クラシックに未出走だった。

阪神重賞は正逆13が3着以上。
桜花賞    逆13番2着
アンタレスS 逆13番2着
鳴尾記念  逆13番2着 正13番3着
マーメイドS 正13番3着
宝塚記念  正13番2着
セントウルS 正13番3着
ローズS   逆13番3着

今年の阪神重賞は全てで正逆6か13が3着以上。

このレースは武豊騎手から7隣が3着以内。
2011年 6番→11番3着
2012年 騎乗無し
2013年 4番→11番3着
2014年 4番→11番2着
2015年 13番→6番1着 5番2着
2016年 7番→14番1着 15番2着

このレースは正逆4か6が3着以内。
2011年 逆6番1着
2012年 正6番2着
2013年 逆4番2着 正4番3着
2014年 逆6番2着
2015年 正6番1着
2016年 逆4番3着

レイデオロから24隣が3着以上。
葉牡丹賞   11番→11番1着
ホープフルS  2番→6番3着
皐月賞     5番→11番1着
ダービー   12番→18番3着

今の登録が16頭。
このままなら、レイデオロVS正逆4VS正逆6から確認したい。

セントライト記念からオールカマーへ

今日は仕事で買う気が無かったのだけど1000円x4だけ昨日の夜に馬単を買ってたら・・・。
後出しだし少額だしね、オールカマーに繋がることを書いときます。

2008年から皐月賞の3着以内馬が3着以内。
アルアインのみ出走。

セントライト記念は正逆3だったのだけどここに買いたい馬が居なかった。
正3番は□地馬。
2010年は□地馬の両隣で馬連、2012年は隣が3着。
なのでここから2番4番も選んだ、2番が3着なので□地馬の隣が3着以内は継続。

中山重賞は正逆11。
スプリンターズSに正逆11を繋げるならここもかと考えた。

有馬記念 正11番1着
皐月賞  正11番1着

中山世代限定2000m以上重賞は正逆11が3着以上。
ホープフルS   正11番2着
京成杯      正11番2着
弥生賞      正11番1着
皐月賞      正11番1着
セントライト記念 逆11番1着
この二つは皐月賞の時点で見ていた数字です。
今年の皐月賞は酔っぱらって寝てて予想も中途半端で書かなかったことも多かった。

他にも中山芝重賞では、
NZT       逆11番1着
皐月賞    正11番1着
紫苑S    正11番2着
京王杯AH  逆11番1着
セントライト記念 逆11番1着
と正逆11番が目立つ。
正逆8か11とすればスプリングSから続く数字です。
オールカマーを通過すればスプリンターズSなのだけどそこまで行ってくれるかどうか。

アルアインの相手に2番4番5番11番としてアルアインの2着固定としていた。
2着固定とした理由は特に無し、馬連じゃねというのと皐月賞の2着番だなあという漠然とした感じから。
あとで気付いたけどダービーの1着逆7番にルメール騎手だったか、まあ運です。
1着は皐月賞の逆11番だしローズSに続いて春の数字を使ってきてたのですね。
ローズSは3着番でセントライト記念は1着番か。
さすがに事前にここまで読むのは無理です。

第63回産経賞オールカマー(GⅡ)

オールカマーも同じ2200m重賞です。
京都新聞杯   正11番1着
宝塚記念     正11番1着
セントライト記念 逆11番1着
と続いてはいる。

2200m重賞としては古馬G2の方が優先したいかな。
京都記念   逆25番2着
オールカマー 逆8番3着 正25番2着
AJCC     正8番1着 逆8番2着 正25番1着
京都記念   逆8番3着 逆25番1着

今の登録が17頭なのでそのまま出走すると8番か10番になる、それに正逆11の7番か11番を合わせて考える。

ローズS 回顧

秋初戦はダメでした。
軸の6番は3着か、2着3着だから数字的には見えていないわけでもないのだけど。

14番が1着か。
枠順を見たときにもしかしたら桜花賞とオークスの3着番?というのも考えたけど両方とはなあ。
どっちかを選ぶなら逆3番で和田騎手の隣枠だからそれは有っているけど14番を指す数字が無かった。

3歳以上の阪神牝馬重賞は昨年の阪神牝馬S以降で正逆3か6が3着以上。
今年の阪神3歳牝馬重賞は正逆6が3着以上。
チューリップ賞 逆6番2着
報知杯FR    逆6番3着
桜花賞     正6番2着
ローズS    正6番3着

阪神重賞は正逆13が3着以上。
桜花賞    逆13番2着
アンタレスS 逆13番2着
鳴尾記念  逆13番2着 正13番3着
マーメイドS 正13番3着
宝塚記念  正13番2着
セントウルS 正13番3着
ローズS   逆13番3着

今年の阪神重賞は全てで正逆6か13が3着以上。

このレースで和田騎手から隣枠が3着以上。
2013年 2枠3番→1枠1番1着 1枠2番3着
2014年 2枠4番→3枠6番1着
2015年 7枠14番→8枠15番1着
2016年 5枠9番→4枠7番1着
2017年 7枠14番→8枠16番2着

ローズS 投票した

馬連の軸は6番にして、1番からもワイドとした。
1番人気が来るなら1番と合わせたいのでここのワイドも。

秋初戦どうでしょうかね。

ローズSどうでしょう?3

明日の開催がまだ分らないけど予想はした。

枠順を見ると面白い構成を作ったなあという印象です。
桜花賞  6番リスグラシュー 10番レーヌミノル  3着14番ルメール騎手
オークス 1番ルメール騎手  2番モズカッチャン 3着16番デムーロ騎手

正逆1VS正逆3VS正逆6と見ていたが上とも重なる。
和田騎手の隣枠が6枠か8枠。
デムーロ騎手の隣が1番か3番。

1番2番6番10番16番で。

ローズS どうでしょう?2

このレースで和田騎手から隣枠が3着以上。
2013年 2枠3番→1枠1番1着 1枠2番3着
2014年 2枠4番→3枠6番1着
2015年 7枠14番→8枠15番1着
2016年 5枠9番→4枠7番1着

ここ2年はデムーロ騎手の隣が1着。
2015年 16番→15番1着
2016年 8番→7番1着

重賞でデムーロ騎手から隣か7隣が3着以上。
プロキオンS 13番→12番1着 14番3着
中京記念   6番→15番2着
関屋記念   15番→6番2着
北九州記念  8番→9番1着
キーンランドC 13番→6番3着
新潟記念   11番→1番1着
セントウルS  7番→6番2着

このレースの2011年以降は1番人気か2番人気が連対。
2014年以外は1番人気が連対、6年中4勝。
しかし馬連では2013年以降で荒れ気味となっている。
オークス馬は3年連続で連対しているが桜花賞馬は三冠のジェンティルドンナの他は2008年レジネッタの3着以降無い。
今年はオークス馬が出走しない。

オークス3着のアドマイヤミヤビが屈腱炎で出走回避した。
オークスで騎乗していたのはデムーロ騎手、ローズSではオークス2着モズカッチャンに騎乗する。
モズカッチャンに騎乗していた和田騎手はラビットランに騎乗する。
ミヤビに騎乗予定だったルメール騎手はクイーンマンボに騎乗する。

アドマイヤミヤビ回避からは8枠とルメール騎手が気になる。
ルメール騎手は仏遠征帰りでもあり補填も有りそう。
1番人気はファンディーナとなりそうだけど皐月賞以来か。
数字以外で考えているのはこんなかところ。

一番の問題は台風で延期とならのかどうかだな。
延期になって枠順やり直しになったら買えないなあ。

ローズS どうでしょう?

もう秋競馬が始まりましたね。
これだけ長く競馬を考えなかったのも久し振りです。
4月から始まった仕事がようやく終わりが見えてきたら今年ももうあと4ヶ月か、早いね。
秋G1は参加したいのでそろそろ調べていこうかと。
セントライト記念の日は仕事なのでパスします。

第35回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

3歳以上の阪神牝馬重賞は昨年の阪神牝馬S以降で正逆3か6が3着以上。
今年の阪神3歳牝馬重賞は正逆6が3着以上。
チューリップ賞 逆6番2着
報知杯FR    逆6番3着
桜花賞     正6番2着

鳴尾記念以降の阪神重賞は正逆22が1着。
鳴尾記念  逆22番1着
マーメイドS 正22番1着
宝塚記念  正22番1着
セントウルS 逆22番1着

阪神重賞は正逆13が3着以上。
桜花賞    逆13番2着
アンタレスS 逆13番2着
鳴尾記念  逆13番2着 正13番3着
マーメイドS 正13番3着
宝塚記念  正13番2着
セントウルS 正13番3着

今年の阪神重賞は全てで正逆6か13が3着以上。

ローズSは正逆37が3着以上。
2012年 逆37番3着
2013年 正37番1着
2014年 正37番2着
2015年 逆37番1着
2016年 正37番1着

9月17日のローズSは2000年と2006年、正13番が1着。

18頭立てとして、正逆1VS正逆3VS正逆6から考える。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 04/08:猫パンチ

  • 04/08:ゆうなお

  • 03/31:猫パンチ

  • 03/30:ゆうなお

  • 02/25:HAT

  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア