1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞 終わってた

酔っぱらって起きたら皐月賞が終わってた。
ちょっとしたイベント事が有りまして朝まで飲んでた・・・。
飲みだしたら止まらないののが私の悪癖です。

考えていたのは妄想で書いた通り。
あれでは当てられない、そんな妄想しか出来なかった。
1着のアルアインは正逆11から見ていた。
中山世代限定2000mと昨年の皐月賞と有馬記念でのサトノダイヤモンドの位置です。
牝馬の逆番でファンディーナを疑っていたので軸の一頭と考えていた。
もう一頭はスワーヴリチャードで6着に終わった。

ただ2着のペルシアンナイトは全く考えていなかったので馬連では取れなかったレースです。
取れていたとしたらダンビュライトからのワイドを選択していたときのみ。
この馬をシックスセンス・ドリームパスポートタケミカヅチ・ウインフルブルームと同じイメージで見ていた。
それほど戦績は悪くないのに皐月賞で人気が下がるタイプ。
皐月賞では毎年このタイプが居ないか探しています。
スポンサーサイト

皐月賞妄想 だけど終わってた

妄想も下書きのまま、酔っぱらって寝てたら皐月賞も終わってた。
今週は何やってんだろって感じ。
どう考えていたのか妄想をそのまま出しときます。

桜花賞は2003年をトレースしたと個人的には考えている。
1.取り消し戦となり取り消し馬の前走がエルフィンS。
2.前哨戦1番人気2着馬の勝利。
3.5枠の1着枠と14番配置の1番人気馬が3着。

数字を見ても2003年は9-13-14、2017年は10-6-14。
正逆として見れば完全に一致した結果になっている。

これを踏まえて皐月賞でも2003年を考えてみた。
2003年の皐月賞はスプリングS1着のネオユニヴァースが1番人気で勝利。
2着はスプリングS2着の2番人気サクラプレジデント、3着は弥生賞1着の3番人気エイシンチャンプ。
人気順通りに決まっている。
桜花賞同様に数字を合わせるとしたら枠2-3-7、馬3-6-14。
馬番の3番は桜花賞の取り消し番、14番は1倍台の1番人気で3着に沈んだ位置。

近年の奇数年ではスプリングS1着馬が3着以内なのでウインブライトにはプラスに思える。
ただ1番人気が牝馬のファンディーナとなりそうなのでウインブライトの同枠馬が代役となるのかも?
3歳牡馬クラシックに牝馬が出走するのはイレギュラーだと思えるので。

>奇数年はスプリングSから。
2009年アンライバルド、2011年オルフェーヴル、2013年ロゴタイプ、
2015年(15頭立て)リアルスティール(2着)キタサンブラック(3着)。

ここをもう少し詳しく書いてみる。
2007年 フライングアップル 1番人気 皐月賞8枠16番→17番1着
2009年 アンライバルド   1番人気 皐月賞8枠16番→16番1着
2011年 オルフェーヴル   1番人気 皐月賞6枠12番→12番1着
2013年 ロゴタイプ      1番人気 皐月賞4枠7番→7番1着
2015年 キタサンブラック  5番人気 皐月賞4枠7番→7番3着
2017年 ウインブライト    5番人気 
2007年から奇数年で4回はスプリングSで1番人気が勝って皐月賞でもその枠が1着だった。
2015年はスプリングSで5番人気が勝ち、皐月賞は15頭立てとフルゲート割れとなった。
2015年から傾向が変わっているのかも?だけどウインブライトの枠は3着以上として注目したい。

ダンスパートナーが菊花賞を選択した私なりの解釈は昨年のエリ女杯妄想で書いた。
1995年の菊花賞を選んだのは別路線から参戦の牝馬が1番人気という点です。
ダンスパートナーの位置が2枠4番、逆の15番が3着。
勝ったのは3番人気の5枠10番マヤノトップガン、重賞初勝利でG1制覇。
2着は9番人気の8枠17番トウカイパレス。

2014年のバウンスシャッセ出走の皐月賞の2着も1番人気の8枠17番トゥザワールド。
バウンスシャッセは7枠14番、12番人気11着。

とここまで枠順が出る前に書いていて今日枠順が出たのでそれを見ながら書き足した。
ファンディーナは4枠8番でペルシアンナイト・デムーロ騎手と同枠。
ウインブライトは8枠17番で〇地馬トラストと同枠、2014年のトゥザワールドと同じ位置。
ウインブライトとトゥザワールドは前哨戦の1着馬。
共同通信杯から直行のスワーヴリチャードは1枠2番で2014年イスラボニータと同じ位置。
何となく2014年を思い出す配置に思う。
1枠に弥生賞2着馬と共同通信杯馬が同居。
8枠に2014年は唯一の〇外配置で今年は〇地を置いた。

バウンスシャッセとファンディーナの配置に共通するものはピンと来ない。
気になるのは共同通信杯馬との位置関係か。
14番バウンスシャッセ→+6隣2番イスラボニータ。
8番ファンディーナ→-6隣2番スワーヴリチャード。
1995年の菊花賞も2枠4番ダンスパートナー→+6隣10番マヤノトップガンでは有る。
ダービーや皐月賞でもダンスダンスダンスの時も違うので2014年と似ているか、くらいに考えておく。

ダンスダンスダンスが皐月賞に出走した1991年は若葉Sから出走のトウカイテイオーが単枠指定で勝利した。
ダンスダンスダンスは4枠10番、結果は枠8-1-6 馬18-2-13。
4枠の配置は今年と同じ、結果は2014年の枠連と同じ。
今年も枠1-8での決着は有りそうな気がする。

2番にはデムーロ騎手の5隣も有る。
2014年 7番→12番3着
2015年 2番→7番3着
2016年 16番→3番2着 11番3着
2017年 7番→2番 12番
ここからだと3着っぽいけど。

ホープフルSと弥生賞では正11番が連対、正逆2番が1着。
ここでも2番と17番が気になる。
正逆11はファンディーナとアルアイン。
トウザワールドがウインブライトで無ければ昨年と同じ2枠4番の福永騎手(弥生賞馬)か。

良く分からないのがレイデオロ。
ホープフルSを勝ったのでこの馬かと思っていたらここまで一走もしなかった。
先週の逆14番にルメール騎手・藤沢厩舎で嫌な位置に居る。
3枠は今年の芝G1で連対しているのも悩ませる。

あとは土曜日に数字を調べて妄想と合わせて考えます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。