1. 無料アクセス解析

フェブラリーS 回顧

軸に取ったのは武豊騎手同枠のデムーロ騎手、そこが1着だったのは良し。
だけど9番が2着に来てまた外した、時間が取れない状況なので仕方ないけど悔しい。
日曜は1番人気が3着、東京新聞杯と共同通信杯。
5枠は10番の1番人気が3着なんだろうと思って馬連で切った。
チャンピオンズCの1着位置逆8番なんだなあ。
枠連じゃどうしようもないオッズだから仕方無いか。

2010年からは武豊騎手の同枠か逆番が3着以上。
2010年 14番→3番2着
2011年 11番→12番1着
2012年 9番→10番3着
2013年 9番→10番3着
2014年 4番→13番1着
2015年 4番→4番1着
2016年 3番→14番1着 4番3着
2017年 4番→3番1着

岩田騎手から隣か3隣が3着以上、飛び有り。
2008年 16番→15番1着
2009年 16番→15番1着
2010年 3番→4番1着 6番3着
2011年 15番→12番1着
2012年 16番→3番2着
2013年 ×
2014年 10番→4番1着 11番3着
2015年 1番→4番1着 14番2着
2016年 騎乗無し
2017年 13番→10番3着

高松宮記念では何とか時間を取りたい。
スポンサーサイト

フェブラリーS どうでしょう?

第34回フェブラリーステークス(GI)

2010年からは武豊騎手の同枠か逆番が3着以上。
2010年 14番→3番2着
2011年 11番→12番1着
2012年 9番→10番3着
2013年 9番→10番3着
2014年 4番→13番1着
2015年 4番→4番1着
2016年 3番→14番1着 4番3着
2017年 4番コパノリッキー、同枠3番ゴールドドリーム、13番エイシンバッケン

岩田騎手から隣か3隣が3着以上、飛び有り。
2008年 16番→15番1着
2009年 16番→15番1着
2010年 3番→4番1着 6番3着
2011年 15番→12番1着
2012年 16番→3番2着
2013年 ×
2014年 10番→4番1着 11番3着
2015年 1番→4番1着 14番2着
2016年 騎乗無し
2017年 13番→10番12番14番16番

ダートG1は正逆4が3着以上。
2014年フェブラリーS   逆4番コパノリッキー 1着
2014年チャンピオンズC 正4番ナムラビクター 2着
2015年フェブラリーS   正4番コパノリッキー 1着
2015年チャンピオンズC 正4番サンビスタ 1着
2016年フェブラリーS   正4番アスカノロマン 3着
2016年チャンピオンズC 正4番アスカノロマン 3着
共同通信杯の2着3着が正逆4だった。
土曜日の二重賞も共通は正逆4。

現在のG1の流れはJC以降で正逆17番です。
チャンピオンズC以降は正逆2が3着以上。
阪神JF以降は正逆22が3着以上。

前年のチャンピオンズCの1着枠から、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、ルメール騎手、5枠。
サウンドトゥルーと同厩舎のホワイトフーガ。
このホワイトフーガ枠にちょっと期待している。

イベントで、
2016fs.png
がありゲストが白石さん。
白からホワイトの女性と牝馬。
牝馬は、もう一頭8番デニムアンドルビー。

と書いていたのだが枠順を見ると1枠に高木登厩舎を同居させたのが悩ましい。
5枠10番には現在1番人気のカフジテイク。
府中の1番人気3着以上は土曜日も継続した。
数字的には4番コパノリッキーから行きたいところだが同一G1の3勝目は初になる。
ノンコノユメが11番、ルメール騎手が有馬記念で勝った位置ですねえ。

1枠2枠10番11番の中から考えていますがコレで決めるという物が無いので自信は無いな。

京都記念 共同通信杯 回顧

うまくいかないねえ。

京都記念のマカヒキは勝てない。
正逆5にサトノクラウン。
ここから先がうまく見えずパスした。
スマートレイアーを買えたか分からないのでここは仕方ない。

共同通信杯は昨日まで軸に見ていた1番を下げて5番を軸にしたが沈み、見ていない8番が2着。
このレースも1番人気の4番が3着。
東京の正逆35は完全に消えたな。
フェブラリーSが来週なのに連日からはここを見るというものが無くなった。

11頭立ての4番8番は正逆の位置。
チャレンジCで3着の4番と繋がるのか?

共同通信杯

4番ムーンザワールドが1番人気に上がった。
朝一ではまだ複勝人気で1番スワーヴリチャードが上だったけど今は複勝も4番が一番人気。
中山東京の1番人気を考えると外しにくい。

先週の1番人気3着だったエアスピネルは正7番。
今週の逆7番エアウインザーとは全兄弟の関係。

BOXにしようと思っていたけど5番から1番4番へ馬連、5番10番でワイドとしてみる。

クイーンC 寝てた と共同通信杯

木曜日から風邪で体がだるく金曜日は帰って直ぐ寝た。
今日も昼からだるくなって寝てた。

このレースは3年連続で正6番が16頭立てで1着。
2013年は15頭立てで3枠4番が2着、つまりは3枠と正逆27番が連対ということになる。
枠順を見ても6番と11番には人気側の馬が入り継続を期待できた。
逆6番はJCの2着位置と同じですね。

アドマイヤミヤビの正逆2は先週の回顧で最後に行に書いた。
取れたレースだったと思う、寝てたけど。

共同通信杯をどうするか?
東京で見ていた正逆35がクイーンCで消えた。
2歳限定でも継続していたのでちょっと買いにくくなった。
11頭立てなので正逆35は正逆2と重なるがどうか?

このレースは2012年から正逆24か27が3着以上。
2012年 11頭立て 正24番2着
2013年 10頭立て 正27番2着 正24番3着
2014年 14頭立て 逆27番2着 逆24番3着
2015年 12頭立て 逆24番1着 逆27番3着
2016年 10頭立て 正24番逆27番1着
2017年 11頭立て 2番5番7番10番
ここでも正逆2は出てくる。

JCからでは1番6番11番に重なる。

1番人気が中山東京の重賞では昨年の東スポ杯2歳S以降で3着以内には入っている。
現在の1番人気は1番。

5番は今野騎手の6隣。
2008年 マーチS     4番→10番3着
2012年 セントライト記念 9番→15番3着
2013年 クイーンC    10番→4番2着
2015年 レパードS    3番→9番1着 12番2着
2017年 共同通信杯  5番か6番

1番5番10番で。

京都は分からないのでパスします。

東京新聞杯ときさらぎ賞 回顧

1番人気が共に勝てず。
きさらぎ賞は逆2番アメリカズカップが勝利しサトノは2着か。
東京新聞杯は正2番ブラックスピネルが勝ってエアスピネルは3着、2着にプロディガルサン。

東京新聞杯はワイドならなので数字的には納得ですがきさらぎ賞は読めずでした。
これで今年は3連敗か、時間掛けて調べないと駄目だな。
負けはまだ少額だから良いが早く一つ当てたい。

昨年の東京開催最終のメインはジャパンC。
正逆1・17と正逆6・12での決着。
白富士S 正1番1着 逆1番1着
根岸S  逆12番2着
初音S  正6番正17番2着 正1番正12番3着
東京新聞杯 正12番1着 正17番3着
一応ここからワイドなんだよなあ。

東京重賞は正逆35が3着以上。
京王杯2歳S 正35番3着
アル共国杯 逆35番1着 正35番2着
武蔵野S   正35番3着
東スポ2歳S 逆35番1着
ジャパンC  正35番1着 逆35番3着
根岸S     正35番1着
東京新聞杯 正35番2着

このレースは4年連続で正逆6が3着以上。

書いた物は継続だけど調べた量が少な過ぎて絞れてなかった。

きさらぎ賞は8頭立ての正3番に期待したのだが駄目だった。
福永騎手のスタート直後の落馬、正8番逆1番(正16番逆9番etc)。
京都は流れが読めていない。

今年の京都重賞は正逆5が3着以上。
京都金杯    正5番3着
シンザン記念 正5番着
日経新春杯  正5番1着
シルクロードS 逆5番3着
きさらぎ賞   逆5番3着

梯子を外された感じと書いたそのレースで1着3着がデムーロ騎手とルメール騎手とはねえ。
間が悪いのも読めていない証左です。

来週は近年で一番皐月賞に繋がっている共同通信杯とマカヒキが出走する京都記念。
この二つを買いたくて今週調べたのだがどうするか?京都記念はマカヒキが負けるとみているので少しだけするか。
共同通信杯は今日と同じような感じで調べる時間が取れるか。
今日の正逆2には注意しておこうと思う。

東京新聞杯ときさらぎ賞

どちらも1番人気の他はやや割れ気味。
金杯からの連勝なるかエアスピネルと2年連続サトノになるかサトノアーサー。

昨年の東京開催最終のメインはジャパンC。
正逆1・17と正逆6・12での決着。
白富士S 正1番1着 逆1番1着
根岸S  逆12番2着
初音S  正6番正17番2着 正1番正12番3着

東京重賞は正逆35が3着以上。
京王杯2歳S 正35番3着
アル共国杯 逆35番1着 正35番2着
武蔵野S   正35番3着
東スポ2歳S 逆35番1着
ジャパンC  正35番1着 逆35番3着
根岸S     正35番1着
東京新聞杯 5番or6番

このレースは3年連続で正逆6VS正逆10でワイド以上。
5番6番VS1番10番

1番人気が勝てば2007年のスズカフェニックス以来か。
武豊騎手で京都金杯→東京新聞杯を1番人気で連勝すれば2004年のハットトリックの戦歴を辿ることになる。
スズカフェニックスもハットトリックも同年にG1を勝っている。
ハットトリックの相手は7番人気キネティクス、前走は京都金杯4着。
前走京都金杯は2番6番7番、6番人気は6番ブラックムーン。

正17番のエアスピネルからで仕方無いか。
7番から5番6番10番へ、いつもの半分くらいで。

きさらぎ賞の方がやや荒れになるのでは?と勝手に期待。
きさらぎ賞は8頭立て、過去には2015年2007年1988年1987年。
1988年以降の三つを見ると正3番が連対。
1988年 3番ファンドリデクター 2着(1番人気)
2007年 3番ナムラマース 2着(2番人気)
2015年 3番ルージュバック 1着(1番人気)
もう一つ例外だが考慮したいのは2013年、取り消しで8頭出走になった年。
取り消しが唯一の2頭枠の8枠だったことから意味が有る取り消しだったと妄想する。
8枠での枠連が成立する都合の良い取り消しだったので。
2013年 3番タマモベストプレイ 1着(6番人気)

このレースも4年連続で正3番が3着以上。

今年の京都重賞は正逆5が3着以上。
京都金杯    正5番3着
シンザン記念 正5番着
日経新春杯  正5番1着
シルクロードS 逆5番3着
きさらぎ賞 4番か5番

近3年は2連勝の馬が連対し、近2年はシクラメン賞の1着馬が連対している。
今年は2連勝でシクラメン賞に勝ったサトノアーサーが出走する。
2歳重賞の勝ち馬が近年の連対馬に居ないのが気になるので4番ダンビュライトの評価は下げる。

1番3番を本線として5番>4番な感じで入れる、いつもの半分くらいで。

エルフィンSから見る桜花賞

今年のデムーロ騎手とルメール騎手は昨年までと違って梯子を外されている感じですね。
インフルエンザで1週休んだ福永騎手が先週の根岸Sを勝ちこのレースもデムーロ騎手からの乗り替わりで勝利した。
デムーロ騎手は最下位に沈んだ、クラシックシーズンになると変わるのかな?

買わずに結果だけを見てました、桜花賞に繋がるレースだと考えているので。
2007年 ウオッカ
2008年 ポルトフィーノ
2009年 レッドディザイア
2010年 エーシンリターンズ
2011年 マルセリーノ
2012年 サンシャイン
2013年 トーセンソレイユ
2014年 シャイニーガール
2015年 クルミナル
2016年 レッドアヴァンセ
2017年 サロニカ

2007年から書いたのは阪神改修初年の桜花賞の年だから。
それはJpn1に変更になった年とも合わせての改修だったと妄想している。
2010年からJRA重賞は国際グレードとなりこの年にアパパネは牝馬三冠馬となり、
翌年にオルフェーヴルが牡馬三冠馬となった。
更に2012年はジェンティルドンナが牝馬三冠で三年連続で三冠馬が誕生した。

2007年から奇数年で見ると自身か逆番が桜花賞で連対している。
2007年 1番人気ウオッカ 桜花賞2着(阪神JF馬、前走チューリップ賞1番人気1着)
2009年 1番人気レッドディザイア 桜花賞2着(直接桜花賞2番人気)
2011年 2番人気マルセリーナ 桜花賞1着(直接桜花賞2番人気)
2013年 2番人気トーセンソレイユ 逆番アユサンが桜花賞1着(直接桜花賞3番人気7着)
2015年 1番人気クルミナル 桜花賞2着(前走チューリップ賞1番人気11着)
2017年 3番人気サロニカ
自身が勝った2011年のマルセリーナはレーヴディソールの桜花賞回避からの意味が大きいと考える。
サロニカの次走がどのレースを選択するかだがどこを選んでどんな結果でも桜花賞では人気にならないでしょう。
2013年が今年と同じ8枠ソロ目決着。
サロニカ自身を選ぶつもりは今のところ無いので同枠隣馬か逆番の馬に期待している。

サロニカの隣か逆番の相手として見ているのは1番人気枠。
1番人気はソウルスターリングになるのかな?まだ分からないか。
2007年は1番人気ウオッカが2着
2009年は1番人気ブエナビスタが1着
2011年は1番人気ホエールキャプチャが2着
2013年は1番人気クロフネサプライズの同枠レッドオーヴァルが2着
2015年は1番人気同枠のクルミナルが2着
2007年と2015年がエルフィンS馬が1番人気枠に居るので重なるがそうでなければ絞れそうに思う。

出走回避とかは止めてね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア