1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山2000mG1の妄想小ネタ

年明けから3月末までは毎年仕事が忙しくなる。
年末は気持ち的に年内に終わらせたいという感じ、年度末は体制として忙しくなるのはどこも同じなんでしょうね。

1月はほとんど競馬を考えなかった。
もう2月ですねえ、フェブラリーS辺りまではブログの更新もほとんど出来ないと思うと先に書いときます。
年度末の日程が今のまま進むなら2月末辺りが仕事量が薄くその後に他工程へのヘルプで忙しくなりそう。
社員じゃないので忙しいのに文句なんて言えません、競馬を楽しめるのも仕事あってこそなので。

と更新しない言い訳だけじゃ味気無いので皐月賞とホープフルSで考えている小ネタを書いてお茶を濁す。

ホープフルSが今年から正式にG1として施工される。
同距離G1が中山に追加されることになる。
今年に限ってはこの関係性は重要だと妄想する。
関係は先も続くでしょうが直接的に示唆するんじゃないかと考えている。
2013年までは朝日チャレンジCが有ったが2014年からはチャレンジCと変更されている。
2歳G1の阪神以降とセントライト記念への付与から変更されたのでしょうね。
FRが阪神へ移行し阪神のチャレンジCの付与を外し、中山でFRからセントライト記念へ付与が移行した。
こんな感じでしょうか、±で言うと変わり無しですかね。

直接的とはどういう事か?
2014年のセントライト記念に朝日杯という副題が付いた。
2014年のセントライト記念は新潟開催のため例年とは違う個性を二つ持ったことになる。
新潟開催と副題付与初年、この年に勝利したのがこの二つを強調するのに相応しいイスラボニータなのが凄い。
イスラボニータは改装前最後の皐月賞馬なのと新潟の世代限定重賞の2着馬。
1着ではなく2着、新設重賞でも重要なのは2着馬。何故なのかは分からない。

この結果はその年の朝日杯FRを直接示唆したと妄想する。
2014年の朝日杯FRは阪神へ移った初年度。
この年に勝利したのがダノンプラチナ、イスラボニータと同じ蛯名騎手騎乗。
この結果からは皐月賞→ホープフルSで示唆が有るのでは?と。
騎手なのか厩舎なのか?

もう一つ皐月賞ではどうなのか?
移行前の朝日杯FRの勝利枠が3枠アジアエクスプレス。
付与後のセントライト記念の勝利枠が3枠イスラボニータ。
G2ホープフルSの勝利枠は2枠2番レイデオロ。
皐月賞は2枠が勝利?かどうかは分からないけど連対期待では重要な枠だと思っている。
2枠でなければ2番の方か。
2014年のダノンプラチナの相手枠が3枠アルマワイオリ。
JCから続く正逆17番がフェブラリーS・高松宮記念・桜花賞の三つを通過すれば2番か?

こうなると面白くなさそう、そう思うのが皐月賞で騎手・調教師だった場合。
朝日杯FRと同じ藤沢厩舎、ホープフルS昇格前年の特異性を厩舎の一致で表わすとはね。
牝馬の勝利と見た私の考えなど重箱の隅をつつく程度のものだと思わされた。
いやルメール騎手がサトノアレスに騎乗するなら面白いのか、サトノアレスは不要だと思うので。
その場合にレイデオロなら人気は無いだろうから面白い。
ルメール騎手が皐月賞に別の馬で騎乗して勝利する、そんな結果も有るのかも?
スポンサーサイト

今年の初賭け初負けと日曜

愛知杯はパリが1着も他の馬は見えていない。
結局11番と1番でワイド、有馬記念の番号そのままか。
1番はもしかしたら正逆15?くらいにしか見てなかったので仕方無い。

明日はどうするかなあ?
京成杯2番から1番3番4番11番で見ていた。
日経新春杯は4番9番11番14番で見ていた。
理由は先週書いたことから。
荒れたレースが多いので当たる気がしないけど。
明日外したらしばらく流れを見るだけにするかな。

愛知杯どうでしょう?

寒いですねえ。
競馬は正常に施工されるようで良かった。

今年の初に愛知杯を選んでみる。
土曜日に牝馬限定のハンデ戦といつもはあまり興味が湧かない設定なのだがやってみよう。

頭数は15頭、正逆22に重なるのは正逆7。
有馬記念1着位置に重なるのは正逆5、入れ代わっただけで見ている位置は週初めと同じですね。
7番か9番だと7番プリメラアスールを選びたい。
前走のエリザベス女王杯5着より2走前のムーンライトハンデが気になる。
4枠5番逆9番で2着、愛知杯は4枠7番逆9番と同じ位置の同じハンデ戦。

前走エリザベス女王杯はもう一頭シャルール。
同じ牝馬限定重賞で15頭立てなのでここからも考える、結果は3-9-1、逆13-逆7-逆15。
13番プリメラアスールから5隣1着と4隣2着3着。
14番シャルールから4隣1着、5隣2着、2隣3着。
愛知杯では7番プリメラアスールから2番12番3番11番。
10番シャルールから6番14番、5番15番、8番12番。
重なるのは12番クリノラホールのみ。

奇数日メインの正逆3か5から3番カゼルタと11番マキマムドパリ。

ゲストの内田理央さんからはモデルということでパリなのかな?
ゲストがちょっと分からない、いつもならリオからなのだがピンと来るものが無かった。

7番11番12番は上位人気だけど割れ気味なのでここをBOXにする。
3番から7番11番12番へワイドとしてみる。

3番7番(逆9番)でワイドならエリザベス女王杯の結果からも繋がるんだけどな。
どちらかが来れば先週のフェアリーSも正3番と逆9番だったので3歳以上の牝馬重賞の数字として考慮する。

シンザン記念・フェアリーS 回顧と愛知杯

両重賞ともに酷い見立てを書いたもんだ、申し訳ない。

シンザン記念は正逆5は残ったが1番人気のペルシアンナイトが3着。
前走3着馬の隣は3戦とも3着になった。
京都金杯と淀短距離Sでもルメール騎手の隣が2着だったがここでも14番が2着、武豊騎手がメインで爆発している。
逆2番と逆11番でワイドなので有馬記念の結果から出るには出るが考えの外だった。
1着キョウヘイは見えていない。
来週はここが鍵になるのかな?正9番逆7番。
それと正逆5VS有馬記念の正逆1,2,11から確認する。
重なる位置が有るのか?

フェアリーSも荒れた。
有馬記念と同じ16頭立てで来たのは1着の逆2番のみ。
アエロリットから広く行くつもりなら取れたのだろうが私にはヒストリアが良く見えたので無理。
中山は吉田豊騎手か隣が3着以上。
有馬記念を無視して今年のメインだけを見れば正逆14が3着以上。
来週は正逆14VS有馬記念の正逆1,2,11から確認する。

来週は土曜日が愛知杯、昨年から開催日変更。
日曜日に京成杯と日経新春杯。

一昨年の2回から中京1日は正逆22が3着以上。
2回 中京新聞杯 正22番3着
3回 白川郷S   逆22番3着
4回 金鯱賞    正22番1着
1回 愛知杯    正22番1着 逆22番2着
2回 中京新聞杯 逆22番2着
3回 豊明S    正22番2着
4回 金鯱賞   逆22番3着

中京G3は正逆5か7が3着以上。
中京記念  逆7番3着
愛知杯    正7番3着
中京新聞杯 正5番1着
ファルコンS 正5番1着
CBC賞    正7番2着 正5番3着
プロキオンS 逆7番3着
中京記念  正7番2着 逆5番3着

中京奇数日メインは昨年の3回1日から正逆3か5が3着以上。

今年は登録が17頭なのでフルゲート割れになる。
17頭立てなら正逆22と正逆5が重なる。
昨年の中京重賞で18頭立てだったのは、愛知杯・中京新聞杯・ファルコンS・高松宮記念。
この4レースは正逆4・15が3着以上。
17頭立てでここと重ねてくるなら正逆3が正逆15となる。

17頭立てとして正逆5重視で正逆3を相手、今のところこう見ている。
正逆7も17頭立てだと有馬記念の1着位置逆11番になるので注目する。

シンザン記念も様子見

ポルックスSは正4番逆11番が1着、中山金杯も逆11番が1着。
勝ったのもドリームキラリで鳥ですね。
正1番を相手のワイドでここまでは有馬記念の結果の通り。

淀短距離Sは逆18番の前走3着馬フミノムーンかと見ていたら前走3着の隣正6番ラインスピリットが人気薄で3着。
ラインスピリットも鳥と言えなくもない。
京都は正逆5VS正逆6でワイド以上が継続。
エアやら青雲やら空=飛ぶイメージがする。

でシンザン記念なのですが前走3着が正6番のブラックランナー。
京都金杯・淀短距離Sと前走3着馬の隣が3着以内なのだがシンザン記念では両隣が人気馬。
正5番ペルシアンナイトが1番人気、正7番アルアインが2番人気で3番人気にやや離れた正逆8番トラスト。
飛ぶイメージだとペルシアンナイトの空飛ぶ絨毯か。

連日メインは連番のワイド以上なので6番から5番7番にワイドで入れてみる手は有るのだが無理っぽい。
それならまだ逆6番からの方が良さそう。
纏まるほども調べてないし明日は朝から出掛けるのでのでシンザン記念もスルーします。

フェアリーSは16頭立て。
逆11番のヒストリアから正逆1番に行きたいところだが人気の3番アエロリットも鳥。
こちらも確認だけにして初競馬投票は来週にします。

2017年の始まりです

新年といってももう競馬初日が終わっていますが今年もお暇なら覗いてやってください。
自分の好きなように好きなだけ書く、これが今年の目標です。
的中云々の目標は立てません、当たりませんから。

今年の金杯は京都だけ枠順を見てました。
昨年の京都開催の最後は京阪杯です。
このレースの結果が18頭立ての2-18-1、京都金杯も18頭立て。
ここから正逆1を見て18番のルメール騎手かと思ったら1番のブラックスピネルが2着なんだなあ。
今年も最後の選択で苦労しそうな予感がする。

明日は一日競馬は空きますね。
淀短距離Sとシンザン記念の枠順はまだ出ていませんが気になる部分だけ書いておこうと思います。
私の競馬初日は今の考えが半分有っていればシンザン記念にしようと思っています。

気になる部分というのは前走3着馬か隣。
今日の京都金杯でパッと見て気になったのが3枠の前走3着馬同居です、3着馬2頭出走での同枠配置。
まあエアスピネルなのだろうと見ましたがフィエロまで3着に入るとはね。
中山金杯でも唯一の前走3着馬シャニープリンスが3着、こちらも正1番。

中山のボルックスSには前走3着馬は居ませんが淀短距離Sには3頭が登録。
アットウィル、シンボリディスコ、フミノムーン。
この3頭の中で正逆1に入る馬が居るのか?
私は土曜日も仕事なので結果の確認だけにします。

中山金杯の方は有馬記念と同じ正逆1,2,11での三連でしたね。
ボルックスSでもこの位置でワイド以上かな?そう考えています。
その中でも14頭立てになるなら4番か11番のどちらかじゃないかと見てます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。