1. 無料アクセス解析

今日の回顧

今日の失敗は北九州記念だったか、取るにはここしか無かったか。
こっちも今年で引退を表明している牝馬ベルカントが連勝は無いよなあと思ったが調べてないのでそこまで。
直前に取り消しが有るのに気付いたけど時間的に投票出来ず観戦のみ。
結果はベルカント2着で1着3着が6枠。
取り消したフルールシチーの前走枠要素は6枠11番・戸崎騎手、同枠吉田豊騎手。
6枠→6枠ですね。

NST賞の戸崎騎手がどうなるか見てましたがこちらは馬群の中。
北九州記念を勝ったバクシンテイオーが堀厩舎。
土曜日の札幌メインが逆2番モレイラ騎手・堀厩舎とモーリスと同じで1着。
これでモーリスが勝てないというのに自身を持ったのだが・・・ネオリアリズムとルメール騎手か・・・。
吉田→吉田も否定されたということなのか、もう投票した後だったよ。

2番15番でワイド470円、確実にここを取っておくべきだったけど選択の問題だから仕方無いね。
それよりネオリアリズムが来た理由が分からない。
当年2000m重賞勝ちも遠過ぎた?いつもは中日新聞杯以降だったから嫌な感じは有ったけど。
ヌーヴォレコルトの同枠馬は3着なのだが簿妙だなあ。
ネオリアリズムには函館記念6着と中山金杯7着しか無いんだけどなあ。

今札幌開催11Rで福永騎手から隣か5隣が3着以上。
TVh賞      2番→1番3着
クイーンS    6番→11番2着 1番3着
札幌日経OP  6番→11番1着 5番3着
UHB賞     10番→5番2着
STV賞     4番→5番1着
エルムS    9番→4番1着
札幌記念   2番→13番1着
これはネオリアリズム。

ルメール騎手から5隣が3着以上。
プロキオンS 5番→14番1着 10番2着
中京記念  8番→13番11着
クイーンS  3番→11番2着
関屋記念  7番→12番2着
札幌記念 13番→2番3着

札幌記念では連番か正逆番になる事が多い。
2005年 ×
2006年 7番2着 8番3着
2007年 8番2着 9番3着
2008年 5番1着 4番2着 3番3着
2009年 3番1着 4番3着
2010年 6番1着 5番3着
2011年 ×
2012年 5番1着 4番2着 3番3着
2013年 14番1着 13番2着
2014年 正逆5番10番 2着3着
2015年 5番2着 4番3着 正逆5番11番 1着2着
2016年 2番3着 15番2着

2001年 1番ウインシュナイト →3隣7番3着 (他に2番エアエミネム、7番ジャングルポケット)
2002年 1番ファストタテヤマ →3隣14番1着 2隣3番2着 (他に15番アドナイヤドン)
2003年 8番サクラプレジデント →2隣6番3着
2004年 出走無し
2005年 7番スムースバリトン →3隣4番1着 3隣10番3着
2006年 11番アドマイヤムーン →3隣8番3着
2007年 出走無し
2008年 1番マイネルチャールズ →3隣4番2着 2隣3番3着 (他に9番オリエンタルロック)
2009年 1番シェーンヴァルト →2隣3番1着 3隣4番3着 (他に11番ブエナビスタ)
2010年 8番ヒルノダムール →2隣6番1着 2隣10番2着 3隣5番3着
2011年 出走無し
2012年 7番ハナズゴール →2隣5番1着 3隣4番3着 (他にフジマサエンペラー)
2013年 11番ロゴタイプ →3隣14番1着 2隣13番2着 3隣8番3着
2014年 8番ハープスター →3隣5番2着 2隣10番3着
2015年 8番ヤマカツエース→3隣11番1着 3隣5番2着
2016年 2番レインボーライン→3隣15番2着

夏競馬は2連敗で終了。
秋クラシック前哨戦辺りまでまた休みます。
スポンサーサイト

札幌記念どうでしょう?

たまにやらかすけど下書きのままになっていた。
記事が前後したけどこっちを先に書いています。

第52回 札幌記念(GⅡ)

2016sapporo.jpg

吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日 - )は、日本の俳優、演出家。東京都出身。
ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

名前からは吉田隼人騎手か、ヌーヴォレコルトに騎乗予定。
他にイメージが出来ないな。

妄想でも名前を挙げたヌーヴォレコルト、自身じゃなくても同枠か逆番には注意したい。

今札幌開催11Rで福永騎手から隣か5隣が3着以上。
TVh賞      2番→1番3着
クイーンS    6番→11番2着 1番3着
札幌日経OP  6番→11番1着 5番3着
UHB賞     10番→5番2着
STV賞     4番→5番1着
エルムS    9番→4番1着

今札幌開催11Rで2日目以降は正逆24が3着以上。
クイーンS    正24番2着
札幌日経OP  逆24番3着
UHB賞     逆24番2着
STV賞     逆24番1着
エルムS    正24番2着

今札幌開催11Rで2日目以降は正逆38が3着以上。
クイーンS    逆38番1着
札幌日経OP  逆38番3着
UHB賞     逆38番2着
STV賞     逆38番1着
エルムS    逆38番2着

枠順が出ましたね。
リンクはバラバラな感じですが5頭選びました、人気側なのであまり投票する気にはならないけど。
1番2番5番7番15番。
モーリスは勝てないと思っているがじゃ2着には来るのか?
ここが分からないのだがあまり多く入れたくないので2着固定馬単にする。

1番2番5番7番→15番。
今日の結果を見てから変えるかも?

札幌記念どうでしょう?2

土曜日メインを見ると三場で正12番が3着以上。
正12番レッドソロモンじゃなくて逆12番ロジチャリスを取りたい。
マイネルフロストの今年は重賞で隣か2隣が3着以上、2隣優先だが4番8番とは見てないので5番7番。
このどちらも予想には入れているが土曜日からは5番の方が上か?

当年2000m重賞勝ち馬枠が優先なのだがそれだと7番ヤマカツエース枠。
しかし気になっているのが函館記念を勝ったマイネルミラノの冠名マイネル。
同馬主として戦歴を借りるならマイネルフロスト同枠ロジチャリスも2000m重賞枠になる。

昨日調べていた中でこれか?と思ったのはヤマカツエースの後押しになる。
松岡騎手の北海道重賞は隣枠が3着以上、2014年函館2歳Sより7戦で3着以上。
拡大解釈すると、松岡騎手の北海道重賞は隣か2隣が3着以上、201年札幌2歳Sより9戦で3着以上。

どちらかが来ないと調べてた意味が無くなるね、良く有ることだけど。

連番か正逆番になるなら2番から1番15番へワイドで行くのが良さそうなのだけど人気なので止めた。
重賞の近4戦で福永騎手から17隣が3着以上、ここはヌーヴォを見る。

本線は昨日の4頭からモーリスへ馬単は変わらず。
2番5番7番のワイドは少し買ってみる。

札幌記念 妄想的に

昨年の回顧で、札幌記念では連番か正逆番になる事が多いから。
2005年 ×
2006年 7番2着 8番3着
2007年 8番2着 9番3着
2008年 5番1着 4番2着 3番3着
2009年 3番1着 4番3着
2010年 6番1着 5番3着
2011年 ×
2012年 5番1着 4番2着 3番3着
2013年 14番1着 13番2着
2014年 正逆5番10番 2着3着
2015年 5番2着 4番3着 正逆5番11番 1着2着
これは枠順を見てから。

変更の無い札幌記念なら当年2000m重賞馬を重視するのが私の例年の狙い方。
今年も函館記念馬の連覇は無いと考えていたけどマイネルミラノは出走しないようですね。
登録馬を見ると今年の2000m重賞を勝ったのは中山金杯のヤマカツエースのみ。
2着まで見ても中山金杯のマイネルフロストまで、枠順はまずこの2頭の配置から考えたい。

今年から来年の2000m重賞と考えると大きな変更を受けるレースが有る。
産経大阪杯が2017年よりG1に昇格する。
定量戦のG2は札幌記念と阪神Cが有り施行としての格はこちらの方が上だと私は見ていた。
産経大阪杯の昇格の影響を今年に限って札幌記念が受けるのではないかというのが私の今年の妄想です。
その後の天皇賞秋も受けるんじゃないかとも妄想している。
2016年産経大阪杯から札幌記念に出走する馬が一頭居る、3枠3番6着ヌーヴォレコルト。
ヌーヴォレコルトの位置は1着アンビシャスの逆番だった。
その戦績を借りるならヌーヴォ自身か同枠か逆番、この位置には注意して確認したくなる。
3歳での牝馬G1馬としてもホクトベガ・エアグルーヴ・テイエムオーシャン・フサイチパンドラ・ファインモーション・ハープスター。
ブエナビスタも2着に負けたが連対は確保している、2009年は函館開催が休場。

1番人気が確実なモーリスはどうだろう?
複数古馬G1馬としてゴールドシップが2着に負けている、その年の1着はハープスター。
この結果をトレースするならヌーヴォ→モーリスも有りそうな気がする、ハープとヌーヴォはオークスで同枠ゾロ目。
1999年のセイウンスカイが牡馬G1馬として1番人気で勝ったが古馬G1馬じゃない。
2000年以降は牡馬G1馬の勝利も無いし連覇したエアグルーヴの後は古馬混合G1馬の勝利も無い。
2000年以降と前とでは1着の戦績構図が変わっているのかと。
モーリスの1着は無いんjじゃないかと思うのだけど。

今年の3歳馬はNHKMC3着のレインボーライン。
2001年 1番ウインシュナイト →3隣7番3着 (他に2番エアエミネム、7番ジャングルポケット)
2002年 1番ファストタテヤマ →3隣14番1着 2隣3番2着 (他に15番アドナイヤドン)
2003年 8番サクラプレジデント →2隣6番3着
2004年 出走無し
2005年 7番スムースバリトン →3隣4番1着 3隣10番3着
2006年 11番アドマイヤムーン →3隣8番3着
2007年 出走無し
2008年 1番マイネルチャールズ →3隣4番2着 2隣3番3着 (他に9番オリエンタルロック)
2009年 1番シェーンヴァルト →2隣3番1着 3隣4番3着 (他に11番ブエナビスタ)
2010年 8番ヒルノダムール →2隣6番1着 2隣10番2着 3隣5番3着
2011年 出走無し
2012年 7番ハナズゴール →2隣5番1着 3隣4番3着 (他にフジマサエンペラー)
2013年 11番ロゴタイプ →3隣14番1着 2隣13番2着 3隣8番3着
2014年 8番ハープスター →3隣5番2着 2隣10番3着
2015年 8番ヤマカツエース→3隣11番1着 3隣5番2着
レインボーラインから2隣か3隣でのワイド以上に期待したい。

関屋記念 回顧 と来週以降へ

予想は全くの的外れで良いところが一つも無かった。
予想段階では4番6番11番でワイドなら取れると割と自信を持って投票したんだけどなあ。
書いた物は全て消えた書いてない物もかなり消えた、残った物は薄いと判断したものばかりなので当てられないレースだった。

今日は時間が有るので調べながら結果の再確認をしてみます。

新潟重賞で見ていたのは正逆3か13、しかし消えた。
他に見ていたのは今年の新潟重賞の正逆19番。
新潟大賞典 正19番2着
アイビスSD  正19番3着
レパードS  正19番1着
関屋記念  逆19番1着
次の新潟重賞は2歳S。

新潟マイル重賞は正逆7か12が3着以上。
関屋記念 正7番2着
新潟2歳S 正7番2着
京成杯AH 正7番3着
関屋記念 正12番1着
新潟2歳S 正7番3着
関屋記念 正12逆7番2着 正7逆12番3着
ここを重視すべきだった、次の新潟マイル重賞は2歳S。

ルメール騎手から5隣が3着以上。
プロキオンS 5番→14番1着 10番2着
中京記念  8番→13番11着
クイーンS  3番→11番2着
関屋記念  7番→12番2着
札幌記念はネオリアリズムに騎乗予定。

今年の夏重賞は戸崎騎手に逆らっちゃ駄目なのか?
ラジオNIKKEI賞 1着
七夕賞      1着
函館2歳S    2着
レパードS    1着
関屋記念    1着

関屋記念

飲み過ぎて辛い・・・。

4番6番11番でワイドBOXにした。

4番6番は前記事から。
11番は新潟連日の正逆8から。

関屋記念を軽く書いてみる

この日は盆休み最初の日曜日なので飲んでいるでしょうから買うかどうかは分からない。

前回書いたのが、関東ローカル記念重賞の正逆4と正逆24が3着以上。
関屋記念 正24番1着 正4番2着
札幌記念 正4番3着
新潟記念 正24番2着 正4番3着
福島記念 逆24番2着 逆4番3着
函館記念 正24番2着

新潟連日で見ているのが日曜メインの正逆1か13が3着以上。
赤倉特別  逆13番2着 正13番3着
韋駄天S   逆1番1着 正13番2着
アイビスSD 逆1番正13番3着
レパードS  正1番逆13番3着

新潟重賞では正逆3か13が3着以上。
新潟記念   正13番1着 逆3番2着
京成杯AH   正3番1着
セントライト記念 逆3番2着
オールカマー 逆13番2着
スプリンターズS 正13番3着
新潟大賞典 逆13番2着
アイビスSD 正13番1着 逆3番3着
レパードS  正13番逆3番3着
関屋記念  逆13番1着 逆3番3着
新潟2歳S  正13番2着
新潟記念  正3番1着 逆13番2着
新潟大賞典 正3番3着
アイビスSD  正13番3着
レパードS   逆13番3着

レースとしては4年連続で正逆34が3着以上です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア