1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーS 回顧

知り合いに呼ばれましてレースは見ていません。
選んだ馬で三連も軸にしたホワイトフーガが10着じゃどうにもならない。
まあ人気決着だから仕方無いな。
あえて選んだ感もあるし、でも今年初G1だし堅く当てに行くでも良かったかとちょっと後悔。

三連覇目のコパノリッキー枠は3着ですが一応機能しました。
今度はいつになるか分からないけど覚えていればその内良い目に当たるかも?

チャンピオンズCからも1着騎手がそのまま1着です。
これは来年も同じ見方で良いのかと、1着枠も3着ですね。

2010年からは武豊騎手の同枠か逆番が3着以上。
2010年 14番→3番2着
2011年 11番→12番1着
2012年 9番→10番3着
2013年 9番→10番3着
2014年 4番→13番1着
2015年 4番→4番1着
2016年 3番→14番1着 4番3着

岩田騎手から隣か3隣が3着以上、飛び有り。
2008年 16番→15番1着
2009年 16番→15番1着
2010年 3番→4番1着 6番3着
2011年 15番→12番1着
2012年 16番→3番2着
2013年 ×
2014年 10番→4番1着 11番3着
2015年 1番→4番1着 14番2着
2016年 騎乗無し

関東G1で戸崎騎手から6隣か12隣が3着以上。
スプリンターズS 2番→12隣6番3着
天皇賞秋 14番→6隣12隣8番1着
ジャパンC 7番→6隣12隣1番3着
有馬記念 13番→6隣7番1着 12隣9番2着
これは皐月賞で様子見にします。

3歳以上G1でルメール騎手から10隣か13隣が3着以上。
宝塚記念     6番→10隣16番1着
スプリンターズS 1番→13隣4番2着
秋華賞      11番→13隣6番3着
菊花賞      17番→13隣4番1着
天皇賞秋     3番→13隣8番1着 13隣16番3着
エリ女杯     8番→10隣18番1着
マイルCS     8番→10隣16番1着
ジャパンC     5番→10隣15番1着
チャンピオンズC 1番→13隣4番1着
有馬記念     12番→13隣9番2着
フェブラリーS   7番→13隣4番3着

G1で幸騎手から4隣か12隣が3着以上、ホッコウタルマエが回避なので次の機会に。
2014年
フェブラリーS   15番→4隣12隣11番3着
桜花賞       8番→4隣12番2着
スプリンターズS  3番→12隣9番2着
チャンピオンズC  8番→4隣12隣4番2着 12羽3着
2015年
桜花賞       10番→4隣6番1着
天皇賞春      6番→12番1番1着 4隣2番3着
NHKMC       15番→12隣9番2着
宝塚記念      4番→4隣12隣16番1着
秋華賞       6番→12隣18番1着
チャンピオンズC 13番→4隣12隣1番2着

モーニンから9隣が3着以上。
新涼特別  12番→5番3着
秋嶺S    9番→2番2着 
武蔵野S   5番→10番1着
根岸S    15番→8番2着
フェブラリーS 14番→7番2着
今のところ-7隣です。
スポンサーサイト

フェブラリーSどうでしょう?2

リンク的にはバラバラな感じもするが買いたい馬はほぼ決まった。

コパノリッキー枠はコパノリッキーとアスカノロマンを選ぶ。
コパノリッキー逆番のモーニンも、このどちらかは使ってくるのかと見るが。
それと青枠のノンコノユメ。

ワイドで買おうと思っているがその軸は上の馬じゃない。
白枠2番ホワイトフーガ。
リンクではデムーロ騎手4隣しかないが今回は妄想的に決めた。

1番パッションダンスは前走の川崎記念が初ダートで初G1出走。
そのときの結果が両隣のホッコウタルマエとサウンドトゥルーで1着2着。
パッションダンスの出走レースは2015年中日新聞杯以降の重賞6戦で2枠が3着以上。
6戦中3戦で1枠と2枠のワイド決着。

冬のチャンピオンズCを牝馬が勝利した流れを受けるなら2番か8番が走っても良いかと。
それと母名のマリーン(海)から、父クロフネも海関連だしTVCMからは良い。

パッションダンス隣1枠2番と2枠2頭へのワイドを本線とする。
それと7番と14番へも流す。

今日の結果を確認してから投票しますが多分変えない。

フェブラりーSどうでしょう?

久し振りにちゃんと書く感じ、今年の初G1ですし当てたいが・・・。

第33回フェブラリーステークス(GI)

イベントは砂時計、TVCMは砂浜。
砂浜は良いのだがどう見ても夏ですよね、青空が眩しい。
夢っぽく思えるがあまりピンと来ないので考え過ぎないようにしておく。

JCダートからチャンピオンズCに変わってもフェブラリーSでの考え方は同じだと考えている。
昨年は4枠かサンビスタ同枠馬と見てサンビスタ同枠のベストウォーリアが3着。
前年の冬王者枠から1着枠馬は出走しないので1着枠騎手から和田騎手スーサンジョイとデムーロ騎手モーニン。
デムーロ騎手がチャンピオンズC1着→朝日杯FS1着→有馬記念2着と3連続直接連対、ここは同枠馬?
次点で2枠も考慮する。

昨年のVMで以下の様に書いた。
>今のところケイアイエレガントの同枠が3着以内にならないかなと妄想している。
牝馬重賞5戦で隣が3着以上なのもですが昨年のヴィルシーナ同枠からです。
連覇翌年や三連覇目のG1で前年の1着枠要素から同枠が3着以内になっている。
例えば今年の天皇賞春では昨年のフェノーメノ同枠ゴールドシップが勝利。
過去にはメジロマックイーンが連覇後に2着。
昨年のJCではジェンティルドンナ同枠のエピファネイアが勝利し、スプリンターズSでは岩田騎手が2着。
安田記念ではウオッカ同枠だった安藤騎手が翌年3着同枠。
スプリンターズSのバクシンオー翌年もマルタカヨウコウ同枠のヒシアケボノが勝った。
シンボリクリスエスの翌年は天皇賞秋と有馬記念でペリエ騎手の連覇。
マイルCSのダイワメジャー翌年はスーパーホーネットが連続2着。
ただデュランダルの時は違う、この年は前年同様にテレグノシスと枠を組んでいる。
タイキシャトル翌年は熊沢騎手の同枠エアジハードが勝った。
エリ女杯のグルーヴは連覇後3着、メジロドーベル翌年は駄目だったが枠連ゾロ目の年だった。
全てを確認していないのでもっと駄目だったレースは有ると思うが傾向としては考慮したい。
ここが継続なら宝塚記念ではゴールドシップとフェイムゲームが昨年の1着枠です。

三連覇目のコパノリッキーからコパノリッキー枠、昨年同枠のシルクフォーチュン・江田騎手が居ないので。
三連覇が無いと見るなら同枠馬狙いも有りかと。
昨年の宝塚記念の様な結果ですね、ゴールドシップ同枠ラブリーデイの勝利。

2010年からは武豊騎手の同枠か逆番が3着以上。
2010年 14番→3番2着
2011年 11番→12番1着
2012年 9番→10番3着
2013年 9番→10番3着
2014年 4番→13番1着
2015年 4番→4番1着
昨年1着なのが嫌な感じですが今年もコパノリッキー騎乗なのでこの枠が優先枠。

岩田騎手から隣か3隣が3着以上、飛び有り。
2008年 16番→15番1着
2009年 16番→15番1着
2010年 3番→4番1着 6番3着
2011年 15番→12番1着
2012年 16番→3番2着
2013年 ×
2014年 10番→4番1着 11番3着
2015年 1番→4番1着 14番2着

関東G1で戸崎騎手から6隣か12隣が3着以上。
スプリンターズS 2番→12隣6番3着
天皇賞秋 14番→6隣12隣8番1着
ジャパンC 7番→6隣12隣1番3着
有馬記念 13番→6隣7番1着 12隣9番2着
芝のみかもですが一応考慮する。

G1でデムーロ騎手から4隣か14隣が3着以上。
ジャパンC    10番→4隣14隣6番2着
チャンピオンズC 4番→14隣2番3着
朝日杯FS    15番→4隣11番2着 14隣13番3着
有馬記念    13番→4隣9番2着 14隣11番3着

3歳以上G1でルメール騎手から10隣か13隣が3着以上。
宝塚記念     6番→10隣16番1着
スプリンターズS 1番→13隣4番2着
秋華賞      11番→13隣6番3着
菊花賞      17番→13隣4番1着
天皇賞秋     3番→13隣8番1着 13隣16番3着
エリ女杯     8番→10隣18番1着
マイルCS     8番→10隣16番1着
ジャパンC     5番→10隣15番1着
チャンピオンズC 1番→13隣4番1着
有馬記念     12番→13隣9番2着
ここ3戦は隣も3着以上。

G1で幸騎手から4隣か12隣が3着以上、ホッコウタルマエが回避なので次の機会に。
2014年
フェブラリーS   15番→4隣12隣11番3着
桜花賞       8番→4隣12番2着
スプリンターズS  3番→12隣9番2着
チャンピオンズC  8番→4隣12隣4番2着 12羽3着
2015年
桜花賞       10番→4隣6番1着
天皇賞春      6番→12番1番1着 4隣2番3着
NHKMC       15番→12隣9番2着
宝塚記念      4番→4隣12隣16番1着
秋華賞       6番→12隣18番1着
チャンピオンズC 13番→4隣12隣1番2着

モーニンから9隣が3着以上。
新涼特別  12番→5番3着
秋嶺S    9番→2番2着 
武蔵野S   5番→10番1着
根岸S   15番→8番2着

G1でコパノリッキーから6隣が3着以上。
2014年
チャンピオンズC 14番→8番1着
東京大賞典    7番→13番3着
2015年
フェブラリーS   4番→14番2着 10番3着
JBCクラシック  15番→5番2着
チャンピオンズC 7番→1番2着
東京大賞典   11番→5番1着
昨年は6隣が連対している、中央でも3戦連続なので6隣の馬には注目したい。

ベストウォーリアから4隣が3着以上。
フェブラリーS 14番→10番3着
かしわ記念  3番→7番1着
プロキオンS  2番→6番2着
MCS南部杯  12番→1番2着
JBCクラシック 10番→6番2着
4戦連続で連対です。

このレースは傾向として最高齢馬の隣に注意。
今年は10歳マルカフリートが出走予定。

今週の回顧っぽいもの (訂正)

土曜日のクイーンCで正逆9と4枠が来なかったので書くのを止めたのだけど共同通信杯はそのままですね。
共同通信杯の4枠4番は選べそうに無いけど。

有馬記念以降の16頭立ての正逆6から正逆27と正逆38は考えてました、10頭立て正4番は逆27番。
東京新聞杯も14頭立て正10番は正38番です。
15頭立て京成杯は逆27番1着、14頭立て中山金杯は正38番3着。
16頭立てのフェアリーS・AJCCとクイーンCでは正逆6番です。
根岸Sは違うのでダートは別の流れなのかと考えます。
フェブラリーSでは今のところ参考にならない。

共同通信杯では9番イモータルから正逆1で取れるかも?と見ましたが書かなくて良かった、買わなくて良かった。
10頭立て正逆1配置からどちらかが勝てば皐月賞かダービーで勝つかも?なんて妄想したのが恥ずかしい。

フェブラリーSでこれというのがまだ無いので週末に纏めて書く予定です。
妄想的には毎年書く前年冬王者同枠要素から騎手要素でスーサンジョイとモーニンです。
この2頭が消えた場合に2枠かと。

京都は7番サトノクラウンから正逆1か6なのだが1番と7番で決まると思っていた。
4枠ゾロ目は考えてなかったのでこちらも買わなくて良かった。
京都牝馬Sもこの流れで見ますが土曜日重賞なので確認だけかな。

回顧っぽいもの

<きさらぎ賞>
まあ結果は仕方ないですね、観戦料程度にしたのでそれについては特に無い。
書いた物は一応継続です。

きさらぎ賞は2009年以降で正逆3か5が3着以上。
2009年 正3番2着
2010年 逆3番3着
2011年 逆3番3着
2012年 逆5番1着
2013年 正3番1着 逆3番3着
2014年 正5番2着 正3番3着
2015年 正3番1着 正5番2着
2016年 正3番3着

今年の京都は有馬記念からの流れ正逆7番で続いている。
京都金杯    正7番1着
シンザン記念 正7番2着 
日経新春杯  正7番2着
シルクロードS 正7番3着 
きさらぎ賞   逆7番3着

京都重賞はここ3戦で正逆1番が1着。

ワイド3番9番なんて買っても仕方ないので選択の問題ですね。

<東京新聞杯>
きさらぎ賞を調べていてトーセンスターダムから東京新聞杯もここかと見ました。
7枠の2頭から正逆9へというのが私の選択だったのですが落馬となってしまいまして。

正逆9は今年の東京の流れからです。
白富士S 正9番3着
根岸S  逆9番2着
白嶺S  逆9番1着
東京新聞杯 逆9番1着
3日連続で4枠の逆9番になりました。
これは有馬記念の4枠1着・正9番2着の流れの中かと。

中山開催では古馬重賞で、
中山金杯 正7番2着
AJCC   正7番3着
が有馬記念の1着番からの流れなのかなと。

落馬になったので7枠を使う意思が有ったのかは分からない。
トーセンスターダムが出遅れたのにも意味が有るのかは分からない。
どうにも釈然としない思いだけが残りました、まあ入れたのは小額なので忘れましょう。

京都記念は、正逆1VS正逆7。
クイーンSは4枠VS正逆9、継続すれば共同通信杯もだが4枠の連対は続かないと思う。

久し振りに きさらぎ賞 をちょっとだけ

前回書いた京都の流れはデムーロ騎手の役割が変わったのかな?
北山S デムーロ騎手隣2着3着
シルクロードS デムーロ騎手隣1着
アルデバランS デムーロ騎手隣3着
きさらぎ賞の隣に人気馬ロイカバードが居る。

きさらぎ賞は2009年以降で正逆3か5が3着以上。
2009年 正3番2着
2010年 逆3番3着
2011年 逆3番3着
2012年 逆5番1着
2013年 正3番1着 逆3番3着
2014年 正5番2着 正3番3着
2015年 正3番1着 正5番2着

今年の京都は有馬記念からの流れ正7番で続いている、次点で正逆6番。
京都金杯    正7番1着 正6番3着
シンザン記念 正6番1着 正7番2着 
日経新春杯  正7番逆6番2着
シルクロードS 正7番3着 

逆7番にロイカバード、逆6番にデムーロ騎手。
京都重賞ここ2戦は正1番の1着。

9頭立ての2014年2013年2005年も正逆3が3着以上。
2014年の1.5倍で2着になったバンドワゴン、1着はトーセンスターダム。
買うならこの2番人気ロイカバード→1番人気サトノダイアモンドだけ。
ここに少し入れて観戦します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。