1. 無料アクセス解析

天皇賞どうでしょう?3

当てられるなら1番人気でも良い、人気は関係無いのがサイン派なのだから。

言い訳から入りました、はい。
本当に当てられるなら良いのだけど外した時のショックは1番人気を指名しての時の方が大きい。

土曜日に騎乗停止を受け実4日間の罰則を受けたM.デムーロ騎手が気になる。
スワンSでも1番人気2着となり天皇賞でも注意かと。
福永騎手の落馬はサインとは無関係だと思っています。

東京2000~2400G1は正逆1か2が3着以上、2014年ダービー以降。
ダービー  正2番1着
天皇賞秋 正1番2着
JC     正1番2着
オークス  逆2番2着
ダービー  正1番2着
連対ですね、この中だとデムーロ騎手ではなく同枠のディサイファが気になる。
2011年を見るなら札幌記念勝ちのトーセンジョーダンから。

8番9番を本線に1番へ、人気サイドだけど割れているから3点なら配当的にもまあまあ。

8番⇔9番→1番2番6番12番15番、10点で1番人気でも57倍なのでこちらも配当的にまあまあ。
スポンサーサイト

天皇賞どうでしょう?2 妄想的に初見

G1で内田騎手から4隣か5隣が3着以上。11番→6番7番15番16番
G1でルメール騎手から3隣か5隣が3着以上。3番→6番8番16番18番
菊花賞 4番1着 最下位・正13番逆6番→天皇賞秋 6番13番

天皇賞秋に出走する3歳馬からのリンクです。
2001年 13番トレジャー    →-29隣10番1着 (13頭立て)
2002年 8番シンボリクリスエス→-29隣1番2着 (18頭立て)
2003年 出走無し
2004年 3番シェルゲーム   →-29隣8番3着 (17頭立て) 他にダンスインザムード、ダイワメジャー
2005年 8番キングストレイル →-29隣1番1着 (18頭立て) 他にストーミーカフェ
2006年 15番アドマイヤムーン→+29隣10番2着 3番サクラメガワンダー→+29隣15番3着 (17頭立て)
2007年 出走無し
2008年 2番ディープスカイ  →+29隣14番1着 -29隣7番2着 (17頭立て)
2009年 出走無し
2010年 18番アリゼオ →-29隣7番2着 5番オウケンサクラ →-29隣12番3着 (18頭立て)
      他にペルーサ、コスモファントム、エイシンアポロン
2011年 出走無し
2012年 11番ジャスタウェイ →+29隣4番2着 (18頭立て) 他にフェノーメノ、カレンブラックヒル
2013年 1番コディーノ     →-29隣6番3着 (17頭立て)
2014年 15番イスラボニータ →-29隣4番1着 (18頭立て)
2015年 2番アンビシャス   →29隣9番13番 3番サトノクラウン →10番14番

天皇賞秋で蛯名騎手から6隣か8隣が3着以上。
2003年 15番→8隣7番2着
2004年 5番→8隣13番1着
2005年 5番→8隣13番2着
2006年 16番→6隣10番2着
2007年 16番→6隣6番3着
2008年 13番→6隣7番2着 6隣2番3着
2009年 13番→8隣3番1着 6隣7番3着
2010年 4番→8隣12番3着
2011年 1番→6隣7番2着
2012年 4番→8隣12番1着
2013年 15番→8隣7番1着 6隣9番2着
2014年 9番→8隣1番2着 6隣15番3着
2015年 16番→4番6番8番10番

菱田騎手の古馬G1は13隣が3着以上。
2014年MCS    2番→15番2着
2014年有馬記念  7番→4番1着
2015年高松宮記念 2番→15番2着
2015年天皇賞秋  7番→2番12番

東京G1で2009年天皇賞秋から10戦で柴山騎手の2隣か3隣が3着以上。
10番→7番8番12番13番

2000年天皇賞秋から東京j開催では正逆4か7が3着以上。
2000年 逆4番1着 逆7番3着
2001年 逆4番1着
2002年 ×(中山開催)
2003年 正7番2着 正4番3着
2004年 正4番2着
2005年 逆7番3着
2006年 逆4番1着
2007年 逆7番2着
2008年 逆4番1着 正7番2着
2009年 正7番3着
2010年 正7番2着 逆7番3着
2011年 逆7番1着 正7番2着
2012年 逆7番1着 正4番2着
2013年 正7番1着
2014年 正4番1着 逆4番3着
2015年 4番7番12番15番

8歳ペルーサがエイシンヒカリと枠を組んだ、5枠は前走1着馬枠です。
2011年のダークシャドウと今年のエイシンヒカリは前2走の戦歴が人気着順とも同じ、当日人気も同じになりそう。
ペルーサの天皇賞秋の配置はヒントとなるのか?出走は過去3度、2010年2011年2014年2015年。
2010年2011年と2014年2015年の配置がセットなのではと妄想する。
2010年4枠7番2着、2011年4枠8番3着・同枠4枠7番2着。
2014年5枠10番、2015年5枠10番。
前年枠に入った後年の同枠馬を教えるのではと、ダークシャドウと戦歴を同じにしたのもこのためではと。
とするとエイシンヒカリは2着となる。
のだがトーセンジョーダンを前走G2正逆1配置1番人気1着とすると、
毎日王冠8枠13番エイシンヒカリ、京都大賞典1枠1番ラブリーデイ。
8歳馬枠1着ならエイシンヒカリにも勝つ目は有ると思う。
この辺は着順を反転させてくるのかも?

宝塚記念馬が天皇賞を勝ったのはテイエムオペラオー以来無い。
古馬王道年間グランドスラムを達成したこの年に天皇賞秋の前哨戦に選んだのが京都大賞典。
2001年以降の宝塚記念馬は同年に京都大賞典に出走していない。
タップダンスシチーとスイープトウショウが宝塚記念と京都大賞典を勝っているが年度が違う。
前回ラブリーデイを選びにくいと書いたがむしろ1着で選ぶべきかと考えだした。

天皇賞秋も有馬記念とかと同様に最高齢馬の隣枠です。
5枠の隣、4枠と6枠。
妄想で見た枠ですね、4枠にラブリーデイ6枠にダービーフィズを見ます。
リンク的には6番カレンミロティックに重なりが有るが逆4番のショウナンパンドラの方が全体的には良く思える。
湘南に方角が有り、<ンド>→(トン)→「東」。ちょっと無理が有るか。

8番9番を本線に6番12番15番で考えている。
土曜日に時間を取って調べる予定なのでまだ初見ということで。

天皇賞 妄想

まずは11月1日施行から。
G制整備後の天皇賞秋で11月1日施行は、1987年・1992年・1998年・2009年。
パッと見て気になったのが人気と着順。
1987年 5番人気枠2着 1番人気ニッポーテイオー1着
1992年 5番人気2着 1番人気トウカイテイオー7着
1998年 5番人気3着 1番人気サイレンススズカ12着
2009年 5番人気1着 1番人気ウオッカ3着

1987年を除けば、5番人気の3着以内と1番人気の勝利無し。
1987年を除けば1着馬は前走も勝利している。
人気順は当日確認するとして前走1着馬は、エイシンヒカリ・ショウナンパンドラ・ペルーサ・ラブリーデイ。
1998年と2009年の勝ち馬はオフサイドトラップとカンパニー、当時の表記で8歳。
現在の表記で8歳馬はペルーサ、まさかね。
<ペル>として自身か隣では有るが8歳馬枠と見て同枠馬には注意したい、他の3頭と枠を組むのか?

数字としては1987年を除けば正逆7が3着以上。

宝塚記念を勝って凱旋門賞へ。
最近このケースが多いのですが2000年以降で宝塚記念と天皇賞を連勝したのは世紀末覇王テイエムオペラオーのみ。
この世紀を跨ぐ覇王様は1000年に一度というかJRAとして初めて出現させた特別な馬。
1番人気となるであろうラブリーデイは1着では選びにくい、ただこういうのを最近悉く崩してくるJRA。

シナリオとして綺麗に収めるなら武豊騎手騎乗のエイシンヒカリの勝利でしょう。
毎日王冠を1番人気1着した馬の天皇賞秋の勝利は1994年のネーハイシーザーまで遡る。
ネーハイシーザーの天皇賞は3番人気、2番人気となりそうなエイシンヒカリなら連勝も有りか。
しかし私にはダークシャドウとイメージが重なる、タイプではなく戦歴が。
エプソムCと毎日王冠を1番人気1着という戦歴。
ダークシャドウが2着に入った天皇賞はトーセンジョーダンが勝った。
ブエナビスタが国内で初めて4着まで落ち、ペルーサが2着同枠の3着に入った。
枠6-4-4 馬12-7-8、11月1日の正逆7と重なる。
連番決着なら6番と7番か12番と13番でワイドというのも考慮する、前G1最下位番から。
「緑の中の詩」から6枠なら12番13番か。

今のところエイシンヒカリから考えるのが一番良さそうに思う。
ゲストは東出昌大、ヒガシデマサヒロ。
エイシンヒカリには<ヒカシ>→東が有る。

天皇賞秋 どうでしょう?

1頭で良いのに今年は3歳馬が2頭出走予定、アンビシャスとサトノクラウン。
さてどうするかな?

152回天皇賞(秋) (GI)
2015tenaki.jpg  
名前から方角なら北村騎手だけど2週連続は無いか。
天皇賞秋で連覇したのは中山開催を含むシンボリクリスエスのみ。
開催場の変更も他の変更も特に無い今年は連覇とは考えていない。
<昌>に日が二つ、スプリンターズSのゲストに<麻>が有り木が二つ。
スプリンターズSを勝ったのは戸崎<圭>太騎手、大と太という一致、戸崎騎手はステファノスに騎乗する。

太は小島調教師にも、ダービーフィズとディサイファが出走。
「緑の中の詩」から6枠は考えておこう。

2015年の元旦に杏さんと結婚されています。
山本耕史さんの時は考慮しないとしましたが今回は考慮します。
理由は今回のゲストは「緑の中の詩」のナビゲーターなのが理由だと思うので、同番組は今年の10月2日に始まったばかり。
第一回の内容が、
東出昌大が最も心に残る競走馬サイレンススズカの面影を求めて滋賀県のJRA栗東トレーニングセンターを訪ねます。
名馬を育てた橋田満調教師の感動ストーリーとは。
これはもう11月1日に施行される今年の天皇賞を見据えたものでしょう。
撮影に入るであろう時期から結婚後に起用されたとも思える。
もしかしたらアンビシャスを天皇賞へ出す理由なのではと妄想します。
もちろん橋田厩舎も考慮ですがアドマイヤデウスには?です。
それよりはサイレンススズカとイメージが重なる(?)エイシンヒカリも考慮します。

アンビシャスに騎乗するのはM.デムーロ騎手。
天皇賞イベントで優勝騎手のインタビューが有り、ダービーのデムーロ騎手の写真が使われている。
天皇賞(秋)伝説の名場面で下馬しての陛下への最敬礼の項目が有る。

あともう一頭、やはり切りにくいラブリーデイ。
乗り替わりなのですが騎手が浜中騎手、1988年生まれです。

リンクは纏めてから上げますが、菊花賞で残った物と昨年の回顧分に少し足すくらいです。

菊花賞 回顧 と妄想

なんとかかんとかワイドでは取りました、相手が1番人気なので一番多くしたのが来て1320円なら十分です。
キタサンブラックが1着も取れた相手が3着だから結果としてはワイドの選択で良かったなと。
予想の最後の部分は失敗した感は有りますが、北島三郎さん申し訳有りません。
祭り歌ったのかな?ああ今TVでその場面をやってました。

ゲストからも2年連続の<コウジ>を上手く読めたと思います。
最初からキタサンブラックを書けていたのも文字系連想系からサイン派になった私にとって非常に満足しています。
なのに3着でしか見てないのはダメですね、サイン通りに買えということですねサイン派なら。
リアルスティールも無い訳ではないが皐月賞の1着2着騎手同居でデムーロ騎手かと見た。
ダービーの逆になりました。

2枠を見た部分としては、
>近年で3着馬が回避し1着2着馬が出走したのは2001年。
勝ったのは前走セントライト記念4着で春G1に出走の無いマンハッタンカフェ。
しかしこの先の妄想が思い付かない。
蛯名騎手騎乗のタンタアレグリア(セントライト記念6着)か川田騎手が乗り代わるベルーフ(セントライト記念5着)のどちらかを選ぶかな?

と書いた、この時は妄想の結論を出せなかったが枠順を見ると2枠にマンハッタンカフェで勝利した蛯名騎手。
キタサンブラックの隣に<ベル>のベルーフ配置も予想の中には入れていた。

京都のG1は昨年の秋華賞から正逆1か15が3着以上です。
秋華賞  逆15番2着
菊花賞  逆15番2着
エリ女杯 正1番1着 正15番3着
MCS   逆15番3着
天皇賞春 正1番1着
秋華賞   逆1番1着
菊花賞  逆15番1着

京都G1で7戦連続3着以内枠のデムーロ騎手(兄弟)。
2012年エリ女杯 3枠6番自身3着
2012年MCS   8枠16番→同枠17番2着
2013年天皇賞  3枠6番(弟デムーロ)→同枠5番1着
2013年エリ女杯 4枠8番→同枠7番3着
2013年MCS   2枠3番→同枠4番2着
2015年秋華賞  5枠9番自身2着
2015年菊花賞  6枠12番→同枠11番2着
今回も同枠馬が2着です、これには悔いが有る。

武幸四郎騎手の菊花賞出走全10戦で隣枠が3着枠以上。
2001年 5枠→6枠2着
2003年 5枠→4枠1着
2006年 8枠→7枠2着
2007年 1枠→2枠3着
2009年 2枠→1枠1着
2010年 2枠→3枠1着
2012年 6枠→7枠3着
2013年 3枠→2枠1着
2014年 8枠→1枠1着
2015年 1枠→2枠1着 8枠3着

G1で武幸四郎騎手から10隣が3着以上。
有馬記念 8番→14番3着
VM    13番→5番1着
安田記念 4番→12番3着
菊花賞  1番→11番2着

↑これと書いていない物に、内田騎手のG1が4隣か5隣で見てました。
しかし荒れるのを期待しての12番ワンダーアツレッタ選択でした。
G1で内田騎手から4隣か5隣が3着以上。
VM    14番→18番3着
オークス  5番→10番1着
安田記念 9番→13番2着
秋華賞  5番→18番1着 9番2着
菊花賞  7番→11番2着
京都に限定すると更に、
天皇賞春 8番→13番3着
秋華賞  14番→1番2着
エリ女杯 14番→18番2着
エリ女杯 10番→5番2着 15番3着
天皇賞春 15番→1番1着 2番3着

武豊騎手の京都G1は隣枠が3着以上、×有り。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
MCS    7枠→6枠1着
天皇賞   7枠→×
秋華賞   4枠→3枠3着 5枠2着
菊花賞   3枠→2枠1着

G1でルメール騎手から3隣か5隣が3着以上。
VM         4番→7番2着
オークス      9番→14番2着
ダービー     11番→14番1着
安田記念    11番→6番1着
宝塚記念    13番→16番1着
スプリンターズS 1番→4番2着 6番3着
秋華賞      11番→6番3着
菊花賞      17番→4番1着

世代限定G1では菱田騎手の隣が3着以上。
朝日杯FS 15番→14番3着
桜花賞   5番→6番1着
皐月賞   6番→5番2着 7番3着
オークス  11番→10番1着
ダービー  18番→1番2着
菊花賞   16番→17番3着

安田記念 最下位・正7番逆11番
宝塚記念 逆11番2着 最下位・正4番逆13番 
スプリンターズS 正4番逆13番2着 最下位・正10番逆7番
秋華賞 逆10番2着 最下位・正15番逆4番
菊花賞 4番1着 最下位・正13番逆6番
2着指名が1着になったのでここで終わりも有り得る。
そういう呼吸で考えるのも大事だと思う。
ただ正4番の勝利という事は夏競馬の後半から続く正逆4か6か13の中ではまだ継続していると言える。
来週の天皇賞では18頭立てとして、6番か13番には十分に注意して確認するつもりです。

今回の菊花賞では自分では最初からセントライト記念組に出番が有ると見てました。
着順を見てもキタサンブラックが何らかのアクシデントで3着以内で無い場合は4着タンタアレグリアを浮上させたと思う。
理由は昨年の「朝日杯」という副題付与年の1着馬が菊花賞に出走しなかったから。
同様に同じ「朝日杯」として阪神競馬場に開催馬を移した朝日杯FS、この二つを蛯名騎手が勝利で繋いだ。
しかしダノンプラチナは皐月賞11着で仕事をしていないと思う。
菊花賞同様に一年遅れて、今年の朝日杯FSの勝ち馬は来年の春に役割が有るのではと妄想する。

菊花賞 決めた

昼過ぎにちょっと用事が出来たのでレースは見られない、多分。
なのでここで結論とする。

安田記念 最下位・正7番逆11番
宝塚記念 逆11番2着 最下位・正4番逆13番 
スプリンターズS 正4番逆13番2着 最下位・正10番逆7番
秋華賞 逆10番2着 最下位・正15番逆4番
菊花賞 4番か15番

嫌な部分は有るけれど4番キタサンブラックからにする。
ただ皐月賞同様に3着というのも話題になった馬の落とし所としては良く有るシナリオ。
札幌記念の岩田騎手のようにね。
なので中心は4番からのワイドとする。

ワイド 4番→5番12番17番、馬連 2番→4番17番。 

菊花賞どうでしょう?3 やや妄想

ミコラソン出走で滑り込みで菊花賞に騎乗する武幸四郎騎手から。
武幸四郎騎手の菊花賞出走全9戦で隣枠が3着枠以上。
2001年 5枠→6枠2着
2003年 5枠→4枠1着
2006年 8枠→7枠2着
2007年 1枠→2枠3着
2009年 2枠→1枠1着
2010年 2枠→3枠1着
2012年 6枠→7枠3着
2013年 3枠→2枠1着
2014年 8枠→1枠1着
2015年 1枠→2枠か8枠

G1ではまだ3戦ですが10隣です。
有馬記念 8番→14番3着
VM    13番→5番1着
安田記念 4番→12番3着
菊花賞  1番→9番か11番

武豊騎手の京都G1は隣枠が3着以上、×有り。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
MCS    7枠→6枠1着
天皇賞   7枠→×
秋華賞   4枠→3枠3着 5枠2着
戻るのか?ですが一応考慮する。
菊花賞   3枠→2枠か4枠

枠としては2枠に魅かれる。
京都G1の逆15番に<コウジ>が騎乗するキタサンブラック。
ここを軸に取りたいところなのだが???と思うところが有る。
馬主が北島三郎さん。
前川清さんがコイウタでVMを勝っているが事前には騒がれていなかった。
その直後のダービーフェスティバルにゲスト出演するのは既に告知されていたのでその広告とも言える。
対して北島三郎さんはスプリングS勝利以降は常に話題に上がっていた。
こういう盛り上がり方の場合は勝てていないケースが多いのが嫌な感じがする部分。
まあ妄想的の暴論ですし、人気も5番人気ですね。

と書きながらルメール騎手からの指名も一つ有る。
ルメール騎手の3歳牡馬重賞が3隣か9隣ですが3隣は7戦連続で継続。
これも含めてVM以降のG1が3隣か5隣です。
VM         4番→7番2着
オークス      9番→14番2着
ダービー     11番→14番1着
安田記念    11番→6番1着
宝塚記念    13番→16番1着
スプリンターズS 1番→4番2着 6番3着
秋華賞      11番→6番3着
菊花賞     17番→2番4番12番14番
ルメール騎手からは3隣から2番サトノラーゼンを優先ですが3隣が消えた場合は4番か12番。
人気薄ではタンタアレグリアとベルーフを見ていたけど12番ワンダーアツレッタも含めて考えたい。
デムーロ騎手騎乗でワンダーの馬主が山本氏ですし。

冠名タガノのG1は4隣か14隣が3着以上。
皐月賞  6番タガノエスプレッソ →2番ドュラメンテ 1着 5番リアルスティール 2着 7番キタサンブラック 3着
NHKMC   5番タガノアザガル   →9番アルビアーノ 2着
VM     1番タガノエトワール   →5番ストレイトガール 1着
ダービー 18番タガノエスプレッソ →14番ドュラメンテ 1着
菊花賞  16番タガノエスプレッソ →2番か12番
ここはルメール騎手からと重なります。

武幸四郎騎手の騎乗有りから気になる2枠と8枠なのだが他にも気にしている事が有る。
父ゼンノロブロイとブラックタイドの同居枠という類似性。
前哨戦1着馬枠という同一性。
枠としては2枠に魅かれるが妄想的に嫌な部分も有る。
正解への鍵を菱田騎手が持っているなら17番リアファルを選ぶべきなのだが。

世代限定G1では菱田騎手の隣が3着以上。
朝日杯FS 15番→14番3着
桜花賞   5番→6番1着
皐月賞   6番→5番2着 7番3着
オークス  11番→10番1着
ダービー  18番→1番2着
2歳戦を除けば連対です。
菊花賞   16番→15番か17番

2番4番17番と3番5番12番。
人気側と人気薄側を分けて考えている
どういう組み合わせにするかは迷い中。

菊花賞どうでしょう?2

秋華賞ではトーセン馬の隣から6番を選んだのだけど武豊騎手からもでした。
エリ女杯 16番→15番3着
MCS   13番→12番1着
天皇賞春 13番→14番2着
秋華賞   7番→6番3着
菊花賞   レッドソロモンに騎乗予定です
レッドと言えば東京ホースRですが実質的な馬主は山本氏ですね、ゲストと同じ。

京都のG1は昨年の秋華賞から正逆1か15が3着以上です。
秋華賞  逆15番2着
菊花賞  逆15番2着
エリ女杯 正1番1着 正15番3着
MCS   逆15番3着
天皇賞春 正1番1着
秋華賞   逆1番1着

それ以前の京都GIを見ると正逆25も気にしておきたい位置、秋華賞で7番を見た理由の一つです。
エリ女杯 正25番アロマティコ 3着
天皇賞春 正25番フェノーメノ 1着 逆25番ウインバリアシオン 2着
MCS   正25番フィエロ 2着
秋華賞  逆25番タガノエトワール 3着

京都G1で石橋脩騎手から隣か10隣が3着以上。
2005年菊花賞 13番→7番1着(10隣)
2006年菊花賞  6番→5番3着(隣)
2008年エリ女杯 14番→15番2着(隣) 13番3着(隣)
2012年天皇賞 1番→11番3着(10隣)
2012年秋華賞 18番→1番2着(隣)
2012年MCS  9番→1番1着(10隣)
2013年MCS  6番→5番1着(隣)
2014年天皇賞 16番→6番3着(10隣)

京都G1で6戦連続3着以内枠のデムーロ騎手(兄弟)は無視出来ないか。
2012年エリ女杯 3枠6番自身3着
2012年MCS   8枠16番→同枠17番2着
2013年天皇賞  3枠6番(弟デムーロ)→同枠5番1着
2013年エリ女杯 4枠8番→同枠7番3着
2013年MCS   2枠3番→同枠4番2着
2015年秋華賞  5枠9番自身2着
菊花賞ではワンダーアツレッタに騎乗する、同枠馬の2着というのも考慮したい(自身なら3着か)。

(ここからは裏でコメントを貰った物を検証)
3歳では正逆9番が良く来てますよと。
ん、そうだっけ?オークスのミッキークイーンが5枠だったのは覚えているけど。
で、調べ直してみたら3歳の正逆9番もだけど全体として正逆27番29番の方なのかも?
NHKMC    逆29番1着 正29番3着
ヴィクトリアM  逆29番2着
オークス     逆27番1着
ダービー     正29番3着
安田記念     (正6番1着) 正29番3着
宝塚記念     逆27番(正6番)2着
スプリンターズS 逆29番2着 逆27番(正6番)3着
秋華賞       正27番2着 (正6番3着)

3歳の正逆9は、
皐月賞の逆9番キタサンブラック3着
NHKMCの正9番アルビアーノ2着
オークスの逆9番ミッキークイーン1着
秋華賞の正9番クイーンズリング2着か。
皐月賞が15頭立てで正逆9のイメージが無かったけど桜花賞とダービー以外は来てるんだな。

菊花賞は登録が19頭のみ、レントラーは出走しない様で。
更に減って頭数割れの菊花賞になるのかも?
そうなると今年はセントライト記念組に出番が有ると見ているのですが、さて?

菊花賞どうでしょう?

第76回菊花賞(GI)

2015kiku.jpg  
山本 耕史(やまもと こうじ、1976年10月31日 - )は、日本の俳優、歌手。東京都新宿区出身。ワイツー・カンパニー所属。

今年の8月に堀北真希さんと入籍されています。
ただスケジュール調整を考えるとこの部分は無関係だと思います。
無関係だと思うのだけど<北>村騎手騎乗の<キタサン>が気になる。
ゲストが<コウジ>ですから。

昨年の天皇賞も同じですね。
>石坂浩二氏で石坂厩舎と北村宏司騎手。
<ヒロシ>だけど<コウジ>とも読める、この辺りの感覚が文字系は連想系でどうとでも取れると揶揄されるところ。

と回顧で書きました、2年連続で秋G1に<コウジ>です。
北村騎手自身か同枠か?気にしておきたい。
<キタサン>も<北三>なのですが<北山>とも書けるので。

川田騎手が菊花賞と天皇賞に騎乗出来ない。
ベルーフとラブリーデイには注意なのだがラブリーデイかなあ?そうなると面白くない天皇賞かも?
G1で人気馬の直前乗り代わりはオークスのジェンティルドンナや安田記念のジャスタウェイとかなので。
ベルーフ同枠も<ベル>の隣として気にしておく。

神戸新聞杯の3着トーセンバジルが出走しない。
妄想では1着2着が不要で3着トーセンバジルに期待だったのだが・・・。
近年で3着馬が回避し1着2着馬が出走したのは2001年。
勝ったのは前走セントライト記念4着で春G1に出走の無いマンハッタンカフェ。
しかしこの先の妄想が思い付かない。
蛯名騎手騎乗のタンタアレグリア(セントライト記念6着)か川田騎手が乗り代わるベルーフ(セントライト記念5着)のどちらかを選ぶかな?

C.ルメール騎手の3歳混合芝重賞は3隣か9隣が3着以上。
2013年
シンザン記念 8番→5番3着(3隣)
京成杯 2番→11番2着(3隣9隣)
2015年
皐月賞 8番→2番1着(9隣) 5番2着(3隣)
ダービー 11番→14番1着(3隣)
ラジオNIKKEI賞 3番→12番2着(9隣) 6番3着(3隣)
セントライト記念 5番→2番3着(3隣)
神戸新聞杯   6番→9番3着(3隣)

あとは週末に。

秋華賞 回顧

気分的にはあまり乗り気じゃなかった秋華賞ですがこういうレースが当たってしまうのだから良い気分でも無いなあ。
といっても6番18番のワイドが取れただけでやる気の無さから金額も少なくちょいプラス程度でした。
浜中騎手の二冠有りは上手く読めたけど1番人気だった部分は矛盾していた。
全部当て嵌まる事なんか無いからあとは選択の問題です、これが大問題なのだが。

トーセンは隣という事ですねコイウタも同枠だが隣馬を示唆だったから。
6番を入れた決め手がコレでした、正逆4か6か13からは入れたいのでその中から6番を入れた。
菊花賞でもここからは1頭は入れておきたいかと、G1では安田記念から正逆6が3着以内です。
逆1番と正6番は宝塚記念と同じです、宝塚記念の3着が正1番なのでそのままとも言える。
桜花賞も正6番1着と正1番3着、菊花賞でもまずはここから確認していこうかと。

ゲストは濱(浜)なのでしょうか?1枠ココロノアイに期待もしたのだけど1番18番は隣で逆番の関係ですしね。

2着9番クイーンズリングが抜けた。
ここでデムーロ騎手ですか、見えてないなあ。
桜花賞馬同枠ですねえ、ちょっとこの位置に繋がる物が手元には無いです。
チューリップ賞からレッツゴードンキの隣か2隣が3着以上だけどコレだけでは弱いし。

さて菊までにはやる気が戻るかどうか。

秋華賞どうでしょう?

秋華賞なのにやる気が出ない。
京都大賞典も全くの的外れ、イベントのラブリからラブリーデイには沈んで欲しかったけどどうしよう?
ルージュバックは回避とのこと。
これも予想はずれ、枠順が出る前にもう外れた気分でどうにでもなれ、です。

第20回秋華賞(GI)
2015syuuuka.jpg  
ラブリ(Loveli、1989年11月27日 - )は、日本の女性ファッションモデル、タレント。愛媛県松山市出身。所属事務所はアーティストハウス・ピラミッド。
別名義 白濱蘭舞莉

ゲストのスケジュール調整とかを考えると全くの無関係だと思いますがミュゼプラチナムの広告に起用されています。
会社があんな状態なのにまだJR車内に広告が有るのは変な気分になる。
ミュゼ馬は春には活躍し馬主変更後のセントライト記念でもエイリアンが2着に来ている。
京都大賞典の1番にラブリーデイの配置と本名かな?白濱から秋華賞の1枠には注目したい。
他はラブから愛(ココロノアイ)と浜中騎手のミッキークイーン。
と枠順が出る前に書いていたのだが1枠1番にココロノアイが配置され逆番にミッキークイーンの配置。
このどちらかは使われると見ているのだがさて?

オークスの2着3着が揃って出走しない秋華賞は過去19回で無かったこと。
20回の節目でありいつもと何かが違う結果になりそうな気がするがそれが何かは分からない。
秋華賞を連覇した騎手は2011年と2012年の岩田騎手、2012年はジェンティルドンナの三冠。
ミッキークイーンの浜中騎手が連覇しても良い状況には思える。
ただ今年勝つのは2番人気だと思っていたからルージュバック不在でミッキークイーンの1番人気は矛盾している。
現在の2番人気がタッチングスピーチだけどローズSの1着馬でも無いと思っていたのだけどこれも矛盾してるな。
レッツゴードンキが差の無い3番人気だけど桜花賞馬とも見てなかった。

今のところ気にしているのは、
1枠VS4番6番13番15番VS2番人気VSベルフィカ隣VSミッキークイーン
枠順発表前に見ていた部分です、ベルフィカは出走しない。
枠順から見ると1枠ココロノアイとミッキークイーンくらいが良い位置に居ると感じる。
オークスで取り消したトーセンが4枠、同枠馬だと思ったがビクトリーを取る。

1番と18番から6番7番に5点で。

毎日王冠 回顧だけ と京都大賞典軽く

いつもの様に金曜に飲み過ぎて土曜は昼寝て夜起きていた。
先週の外しで書く気にならなかったら考えそのままに来るんだからレース選択も良くないか。
先週の負け分は取れたけど人気サイドの決着だからまあこんなもんだろ程度。

明日は仕事なので京都大賞典は結果の確認だけにします。

決着は先週というか夏後半から続く正逆4か6か13そのままの決着、13→4→6。
先週も正4番と正6番で2着3着、サウジアラビアロイヤルCも正6番と逆13番で馬連。
先週の<ベル>が7番で6番3着だから<ペル><ベル>ともに継続です。
ウキヨノカゼには高松宮記念のポスターが「風」でエアロだったからもしかしたらとは思ったがマサカ?の方が強かった。

毎日王冠は2010年から正逆10なので13頭立てで4番か10番になる。
人気的にもディサイファだし四位騎手の4番とかもで4番からだった。
相手は正逆13の1番13番と見た。
10月11日の毎日王冠で武豊騎手騎乗の逃げ馬から1998年のサイレンススズカに重ねた話は多かった。
ここを勝ったエイシンヒカリ・武豊騎手はサイレンススズカの雪辱を果たすのか?

京都大賞典でも逆13番の武豊騎手・ラキシス。
このレースは正逆1か2、ラブリーデイは有っても3着と見る。
私的には正逆4か6に魅かれる。
逆6番レコンダイトから逆4番カレンミロティック・逆13番ラキシス・逆1番サウンズオブアース。
正13番メイショウカンパクはオルフェーヴルの表彰から池添騎手には1日中注意としたい。

スプリンターズS 回顧

ガーン。
いいとこ無し、サクラゴスペルだけは入れたけど4枠が全く来ないのではねえ。
1番と3番が□外と○外で挟まれた位置で牝馬ということか。
この位置も見てはいたけど重視するまでの物が無かった。
ゲストの麻に木が二つ、圭の文字に土が二つ、まあ違うか。
ゲストからはボストンも見ていたので4枠が消えたら完敗です。
他にも4枠示唆と思う物がいくつか有ったので。

ここまでの中山11Rは正逆4か9が3着以上。
紫苑S   逆9番1着
京成杯AH 逆9番2着 逆4番3着
レインボーS 逆4番1着
ラジオ日本賞 正9番2着
セントライト記念 正4番2着
セプテンバーS 正9番3着
オールカマー 正4番2着 正9番3着
秋風S   逆9番1着 正4番2着
スプリンターズS 正4番2着
これは年末の中山開催の時に確認します。

正逆4か6か13はまだ続いている。
最初に4番か13番と書いていたのに評価を下げたのを悔やむ。

<ベル>は消えたが<ペル>はサクラゴスペル2着で残った。

TVCMのデュランダルからは分からない。
前走歴なら武豊騎手で良いと思ったのだけどな、マイルとスプリントG1を勝利ということなのか?
バーバラが除外で入線順3番目ということなのか?

スプリンターズSどうでしょう?2

3歳でセントウルSを勝ったアクティブミノルの同枠マジンプロスパーが出走取り消し。
隣は8番ハクサンムーン、同枠にベルカント。
マジンプロスパーの前走はキーンランドCで4枠7番。

<ペル>のサクラゴスペルは4番、<ベル>のベルカントは7番。
人気は割れている、1番人気2番人気が7番12番で5倍くらい。
4番はサクラゴスペル、13番はミッキーアイル。

ゲストから見たリッチタペストリーとティーハーフは1番16番で正逆隣の位置。
4枠はセントウルSの4枠と同じ武豊騎手とハクサンムーンの同居枠。

ここまでの中山11Rは正逆4か9が3着以上。
紫苑S   逆9番1着
京成杯AH 逆9番2着 逆4番3着
レインボーS 逆4番1着
ラジオ日本賞 正9番2着
セントライト記念 正4番2着
セプテンバーS 正9番3着
オールカマー 正4番2着 正9番3着
秋風S   逆9番1着 正4番2着
スプリンターズS 4番8番9番13番

4番サクラゴスペルと8番ハクサンムーンに重なりを感じる。
マジンプロスパーの前走とゲストから牝馬ならベルカントかな。
4枠を外しての馬券は考えていない。

今のところ4番7番8番13番から4番13番の組み合わせを抜いた5点で考えている。

ゲストの役割が良く分からないのでそこの点はもう少し考えてみる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア