1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞 妄想

スプリングSの回顧でも妄想を書いていますがその続き。

レッドソロモンに両前脚トウ骨の骨膜が確認され皐月賞を回避と発表されました。
2000年以降で若葉S1着馬が皐月賞を回避したのは、2001年2003年2010年。
その3年間の皐月賞を確認してみた。

2001年 皐月賞1着 アグネスタキオン、前走弥生賞1着。
前回、弥生賞とスプリングSで無敗馬の勝利として挙げた年です。
2003年 皐月賞1着 ネオユニヴァース、前走スプリングS1着。
前回、福永騎手の状況とアドマイヤグルーヴの若葉S勝利として挙げた年です。
2010年 皐月賞1着 ヴィクトワールピサ、前走弥生賞1着。

単純に前哨戦の勝利馬からという事で良いのかな。
過去にスプリングSを5番人気が勝った2005年も弥生賞1着のディープインパクト。
上の4頭とも連勝での皐月賞勝利です。
アグネスタキオン・無敗4連勝
ネオユニヴァース・3戦目から4連勝
ディープインパクト・無敗4連勝
ヴィクトワールピサ・2戦目から5連勝
サトノクラウンとキタサンブラックはともに3連勝、勝てば4連勝ですね。
上記の全ての年で1番人気が1着です、弥生賞馬のサトノクラウンでしょうか。
皐月賞を乗り替りで勝利もヴィクトワールピサがあります。

若葉S2着馬から見ているのは、
2001年 ビッグゴールド 3枠6番→4枠1着 1番3着 7枠3着
2003年 ビッグコング   1枠1番→2枠1着 6番2着 7枠14番3着
2010年 ヒルノダムール 8枠16番→7枠1着 11番3着
隣枠が1着・5隣が3着以上・7枠が3着以上

若葉S2着馬からを近年から見ても、
2011年 カフナ         5枠9番→6枠1着 4番2着
2012年 メイショウカドマツ  2枠4番→3枠3着 9番2着
2013年 クラウンレガーロ   8枠17番→7枠2着 12番3着
2014年 ウインフルブルーム 8枠18番→1枠1着 (自身3着)
ここ4年でも若葉S2着馬から、隣枠が3着以上と自身か5隣が3着以上。
今年の若葉S2着ワンダーアツレッタは無いと思うので、隣枠VS5隣でワイド以上に期待している。
スポンサーサイト

桜花賞どうでしょう?

桜花賞もそろそろ調べていこうかと。

第75回桜花賞(GI)

桜花賞(GI)プレゼンターは成宮寛貴さん!

成宮 寛貴(なりみや ひろき、1982年9月14日 - )は、日本の俳優。東京都出身。トップコート所属。
2012年、『相棒』のseason11 第1話から3代目相棒・甲斐享役で出演。season13の最終話を以って卒業した。

甲斐(カイ)からペルフィカ。
相棒(アイボウ)からココロノアイ・テンダリーヴォイス。
相棒では最後に犯人として逮捕されサイトのイメージも黒です。

妄想的にはルージュバックVSチューリップ賞1着2着で考えているのは変わっていません。

桜花賞では昨秋からのG1の流れは正逆決着のここで終わるかも?なので正逆4は参考程度にします。
今日の結果から、正逆3か5の方を重視したい。
チャンピオンズC 逆5番3着 
阪神JF      逆3番1着
朝日杯FS    逆5番3着
有馬記念    逆3番3着
フェブラリーS  逆3番2着
高松宮記念   逆3番3着
チャンピオンズCからは正逆4VS正逆3か5で良かったんですね、今更だけど。
それも正逆3か5は逆番ばかり、桜花賞では14番か16に期待したい。

アネモネS1着2着馬から、
2008年 1着ソーマジック   桜花賞13番→15番1着  2着シャランジュ   桜花賞17番→15番1着
2009年 1着ツーデイズノーチス 桜花賞2番→18番2着 2着アンプレショニスト 桜花賞17番→15番3着
2010年 1着ギンザボナンザ 桜花賞2番→8番2着   2着アニメイトバイオ 桜花賞13番→11番3着
2011年 開催取り止め
2012年 1着パララサルー  桜花賞5番→11番3着   2着マイネエポナ   桜花賞8番→10番2着
2013年 1着クラウンロゼ   桜花賞3番→9番3着   2着ジーニマジック  桜花賞16番→14番2着
2014年 1着ペイシャフェリス 桜花賞4番→10番3着  2着ニシノミチシルベ 桜花賞2番→18番1着

2007年 - 船橋のエミーズスマイルが地方所属馬として史上初の優勝。
この翌年から始まっています、2007年は格付表記をJpnIに変更された年。
1着馬からは2隣が2008年2009年、2010年からは6隣が3着以上。
2着馬からは2隣が3着以上、震災での取り止め後の3年間は連対馬示唆。
1着テンダリーヴォイスと2着メイショウメイゲツの配置に注目したい。

高松宮記念 回顧

あーあ。

これが今の気持ちです。
でも入れ変えを考えた2頭での決着じゃ当たる訳無いですね。
違和感の有った新潟開催スプリンターズSの1着枠要素の全消去。
その時の馬券内要素は要らないということか、考えが浅かった。
ビリーヴの香港遠征歴は香港馬エアロヴェロシティへということか。
1番人気で正規では無いスプリンターズSで飛び、人気薄で復活する。
良く有るこのシナリオは頭に有ったのでハクサンムーンをずっと入れていたのだが上手く行かなかった。

今回はリンクに引っ張られた感じだけど正逆4決着なんですよね、最初に書いたけど両方とはね。

2007年からの高松宮記念が正逆2か4が3着以上。

桜花賞では昨秋からのG1の流れは正逆決着のここで終わるかも?なので正逆4は参考程度にします。
今日の結果から、正逆3か5の方を重視したい。
チャンピオンズC 逆5番3着 
阪神JF      逆3番1着
朝日杯FS    逆5番3着
有馬記念    逆3番3着
フェブラリーS  逆3番2着
高松宮記念   逆3番3着
チャンピオンズCからは正逆4VS正逆3か5で良かったんですね、今更だけど。
それも正逆3か5は逆番ばかり、桜花賞では14番か16に期待したい。

高松宮記念

ギリギリになってしまったので結論だけ。

13番と17番から4番と18番へ馬連4点、13番17番のダイワメジャー決着は無いと見る。
ワイドなら有りそうだが、と13番と17番から9番へワイドにする。

昨日のからハクサンムーンとエアロヴェロシティを入れ変えた。

高松宮記念どうでしょう?3.5

ドバイは残念だったな。
まあレース選択的に無理が有ったようで。
スミヨン騎手が日本馬に騎乗できるのがW杯のみなのでそこにエピファネイアとして、
ハープスターをシーマクラシックに決めた感じ、この2頭は駄目だったな。
他の3頭は思ったよりも着順は上だった、着順は。

高松宮記念は人気の入れ変りが激しい。
夜中にドバイ中継を関西TVで見た時はストレイトガールが1番人気になっていた。
今、JRAのサイトで確認するとミッキーアイルが1番人気になっている。
ダイワマッジョーレも夜中には4番人気に下がっていたのが今は2番人気になっている。
と、こう書いている間にも単勝人気順は変わりそう。

単勝人気を気にしているのはこのレースが1番人気か隣が3着以上なので。
それと2002年2003年がともに3番人気の1着だった。
2002年は2014年同様にスプリンターズSが新潟開催だった年。
その翌年として今年も3番人気に注目はしている。
でもこう拮抗した状況だと投票締め切り後でも変動しそう。
人気順にしても決められていると思っているからこちらが読めないだけなのだが。

って、おい。
ちょっと別で調べ物をしてたら1番人気がエアロヴェロシティになっている。
3時頃まで様子見します。

高松宮記念どうでしょう?3

今日は投票しないで寝てました。
阪神中山とも駄目そうだったので・・・その通り駄目でした。
先週残ったのが全て消えてます。

土曜重賞の結果から高松宮記念を見ると5枠が強調されている気がする。
毎日杯は枠5-5と日経賞は5枠1着、逆7が1着も有るけど。

重賞でアンバルブライベンから5隣が3着以上。
北九州記念  14番→1番1着
セントウルS  8番→3番3着
京阪杯     7番→12番3着
シルクロードS 3番→15番3着
高松宮記念  8番→3番か13番

3歳以上G1で福永騎手から21隣が3着以上。
マイルCS   8番→12番1着
ジャパンC   1番→4番1着
有馬記念   15番→4番1着
フェブラリーS 15番→4番1着
高松宮記念  14番→11番か17番
これに期待していたのですが???リッキーに続いてリチャードも連覇?まさか?

G1で村田騎手から19隣と21隣が3着以上。
2009年 オークス 4番→21隣7番1着 19隣3番2着
2009年 秋華賞  6番→19隣5番1着 21隣3番3着
2013年 皐月賞  11番→21隣14番2着 19隣12番3着
2013年 スプリンターズS 2番→21隣7番2着 19隣5番3着
2015年 高松宮記念 10番→19隣9番か11番 21隣7番か13番
11番にも重なるんだな、2002年のショウナンカンプの仔か。

G1でM.デムーロ騎手から6隣か14隣が3着以上。
ジャパンC  4番→14隣7番1着
ジャパンCD 2番→6隣12番1着 6隣8番2着
阪神JF   12番→14隣8番1着 6隣6番3着
朝日杯FS  4番→14隣6番1着 6隣14番3着 
有馬記念  12番→6隣6番1着 12隣14番3着
高松宮記念 5番→6隣17番2着 14隣9番3着
高松宮記念 13番→6隣1番か7番 14隣9番か17番
ここを考えると9番か17番と思える。

1番人気はダイワマッジョーレかエアロヴェロシティになるのかな、まだ最終まで分からない感じだけど。
最終人気を確認してからだけどこのまま13番が1番人気なら、
13番と17番から15番と18番へ馬連4点、13番17番のダイワメジャー決着は無いと見る。
ワイドなら有りそうだが、と13番と17番から9番へワイドにする。
計6点でも人気が割れているからこれで行く。

P.オサリバン調教師とZ.パートン騎手のコンビで2010年安田記念を2枠4番で9着。
エアロヴェロシティ、G1の流れからもこの馬が嫌な感じなのだけど外した。
人気順が入れ替わるなら上のは少し変更するかな。

高松宮記念どうでしょう?2

今年は外国馬エアロヴェロシティが出走する。
過去には2003年にディスタービングザピースとエコーエディが出走している。

2003年の1着は前年のスプリンターズS馬のビリーヴ。
前2走は香港S12着→阪急杯9着、高松宮記念は乗り替りでの勝利。
スノードラゴンが出走しないのでスプリンターズSは2着ストレイトガール3着レッドオーヴァルか。
香港遠征はストレイトガールに有り、レッドオーヴァルは前走阪急杯9着。

ビリーヴは前年覇者の1番人気ショウナンカンプと枠を組んだ。
ショウナンカンプの前走が阪急杯1着。
2着のサニングデールはM.デムーロ騎手と枠を組んだ。
2014年に勝利したM.デムーロ騎手が今年はコパノリチャードではなく阪急杯1着のダイワマッジョーレに騎乗する。
コパノリチャードには武豊騎手が騎乗する。
ビリーヴは武豊騎手から安藤騎手に乗り替わった。
この辺りが大事なのではと妄想する。

M.デムーロ騎手の同枠馬に注目したい。

とここまで木曜日に書いてまして、二日酔いの中さっきから枠順を眺めています。
上で書いた事で抜けているのはビリーヴは新潟開催のスプリンターズS馬ということ。
昨年の新潟開催を勝ったスノードラゴンは居ない。
8枠の枠要素自体を全て消しているのがどうなのか?
スプリンターズSからなら2着のストレイトガールと思うのだがスノードラゴンが勝った8枠18番に置いた意味は?
ビリーヴの高松宮記念が1枠1番だったので正逆としてなら位置は合うが・・・?

リンクと妄想からではハクサンムーンが気になる。
デムーロ騎手の同枠で逆4番。
デムーロ騎手騎乗のダイワマッジョーレも気になるけど、
今年のダイワマッジョーレは昨年のコパノリリチャードの被るんですよね、同じことをするのか?

今日の結果を見てから考え直しますが、
13番15番18番の人気3頭と9番を押さえで。

高松宮記念どうでしょう?

第45回高松宮記念(GI)

2015miyakinen.jpg
毎年高松宮記念はポスターが重要だったのだがこれじゃちょっと分からないな。
昨年は芦毛馬でスノードラゴンとかストレートだったのに。
色から美術芸術関係かと思っても馬名の意味としては無いなあ。
冠名のレッドがオーヴァルとファルクス。

M.デムーロ騎手の中京重賞は2010年の小倉大賞典以降5戦で自身か隣が3着以上。

2007年からの高松宮記念が正逆2か4が3着以上。
2007年 逆2番2着
2008年 正4番1着
2009年 正4番2着 正2番3着
2010年 逆2番2着
2011年 正4番1着
2012年 逆2番2着
2013年 ×(17頭立て)
2014年 逆2番2着

2007年以降は1番人気馬か隣が3着以上。
2011年ジョーカプチーノ以外は自身が来ている。

G1の流れは正逆4か15。
かなり続いているのだがこのレースが正逆2か4なのでまずは正逆4から確認したい。

後は時間が取れればということで。

今日の回顧と3歳春クラシック

今日はレース選択も上手くいった。
阪神大賞典はゴールドシップの三連覇達成。
ホント私にしたら読めない馬です。
勝てなかったけどG2のデニムアンドルビーは要注意でしょう。
3着のリアルインパクトも阪神重賞から、
アーリントンC 正20番1着
阪急杯     逆20番1着
チューリップ賞 逆20番3着
報知杯FR   逆20番1着
阪神大賞典  逆20番3着
これが残った、来週は毎日杯ですね。

スプリングSでは1番人気枠VS3番人気枠は1着4着で崩れたけど1番キタサンブラックとリアルスティールで何とか的中。
中山連日から正逆60と正逆1か5か8でのワイド。

正逆60は、
AJCC    正60番エアソミュール 3着
中山記念   逆60番ロゴタイプ 2着
オーシャンS 正60番サクラゴスペル 1着
弥生賞    正60番ブラックエンブレム 2着
中山牝馬S  正60番パワースポット 3着
フラワーC  逆60番アースライズ 2着 正60番ディアマイダーリン 3着
スプリングS 逆60番キタサンブラック 1着

正逆1か5か8は、
中山記念   逆8番1着 逆5番2着 逆1番3着
オーシャンS 逆5番1着
弥生賞    逆8番1着 正5番2着
中山牝馬S  正8番2着 逆1番3着
フラワーC   正1番1着 正5番2着 逆5番3着
スプリングS 正1番1着 正8番逆5番3着

これで3歳の前哨戦が終わったのだけど牡馬は正直あまり見えて来ない。
牝馬はきさらぎ賞勝ちのルージュバックだろうと思う、相手は優先権持ちだと思う。
-----優 先 出 走 権-----
3500 ココロノアイ チューリップ賞(GIII)、アルテミスS(GIII)
1100 アンドリエッテ チューリップ賞(GIII)2着
2250 レッツゴードンキ チューリップ賞(GIII)3着、阪神JF(GI)2着、アルテミスS(GIII)2着
3400 クイーンズリング フィリーズレビュー(GII)、菜の花賞
1900 ペルフィカ フィリーズレビュー(GII)2着、こぶし賞
0900 ムーンエクスプレス フィリーズレビュー(GII)3着、秋明菊賞
1400 テンダリーヴォイス アネモネS
0400 メイショウメイゲツ アネモネS2着
阪神JFの優勝馬が年明けに出走せずに桜花賞も回避したのは2002年のピースオブワールド以来。
この年はチューリップ賞2着のスティルインラブが牝馬三冠を達成している。
2着はチューリップ賞4着で優先権の無いシーイズトウショウ。
3着は2着同枠で1番人気のアドマイヤグルーヴで桜花賞の優先権無し。
若葉Sを勝ち皐月賞の優先権は持っていたという個性が有る。
アドマイヤグルーヴ=ルージュバックなら桜花賞は負けるのだが同枠連対ならここから考えて良いと思える。
相手はココロノアイかアンドリエッテのチューリップ賞1着2着を考えている、今のところ。

牡馬は正直なところどこから妄想するかも分からない感じ。
福永騎手の状況からルメール騎手に乗り替わるサトノクラウンかと思ったけど・・・。
弥生賞を2番人気で勝った馬で皐月賞を勝った馬は居ない。
福永騎手で弥生賞を2番人気で勝ったのは2003年エイシンチャンプで皐月賞3着。
福永騎手の状況はこの2003年に似ている、乗り替わったネオユニヴァースがデムーロ騎手で春二冠。
しかし乗り替わりはスプリングSからで自身が優先権を取っているのが今年と違う。
5番人気がスプリングSを勝ったのは2005年のダンスインザモア、ディープインパクトの年です。
でも違うでしょう。
弥生賞とスプリングSを無敗馬が同年に勝ったのは2001年以来です。
弥生賞アグネスタキオンとスプリングSアグネスゴールド、同馬主でアグネスゴールドは皐月賞回避。
どちらの騎手も河内騎手が主戦で1番人気での勝利、皐月賞はアグネスタキオンが勝利。

纏まりが無いですね。
キタサンの3歳G1は隣か6隣が3着以上。
1995年 桜花賞  16番キタサンサイレンス →17番2着
1995年 オークス 6番キタサンサイレンス →5番1着
1997年 皐月賞  12番キタサンフドー   →18番1着
1997年 NHKMC 1番キタサンフドー   →13番1着
2001年 NHKMC 13番キタサンチャンネル →14番2着
2001年 ダービー 3番キタサンチャンネル  →9番2着  
2009年 菊花賞  13番キタサンチーフ    →1番1着 12番3着

阪神は・・・

阪神はどうですか?
と裏でコメントが有ったのですが見てるだけのつもりなので書かなかった。
参考になれば良いのだけど。

阪神連日は正逆4か6で見ています。
それとデムーロ騎手の32隣に期待して4番スズカデヴィアスを見ています。
ラブリーデイ出走の近3戦が正4番ですし。
相手は分からない、今回はラブリーデイの勝利じゃないと思うけど三連覇目のゴールドシップは読めない馬だしね。
買うなら1番ラストインパクトと6番カレンミロティックへのワイドなのだけど、
もうスプリングSに投票したからこっちは見るだけにします。

嫌な気がするのはG2を2戦2勝でG1を0勝のデニムアンドルビーも居るしね。
こういうG2だけ勝つ馬とかはそういう役割なのだろうし、まだ2勝なので分からないけど。
逆にウオッカはG1を7勝でG2は3戦0勝、アパパネはG1を4勝でG2は4戦0勝とか勝たない役割なのだろうと。

ラストインパクトを見ているのは阪神重賞から。
報知杯FR   逆20番1着
チューリップ賞 逆20番3着
阪急杯     逆20番1着
アーリントンC 正20番1着
10頭立てなので正逆1、逆20で続くなら正1番。

頭数が揃わない(揃えない)このレースは1990年以降で1番人気か隣が3着以内だし。
ゴールドシップは読めない馬でその隣にも人気のラブリーデイだし。
私は見るだけ。

スプリングS どうにでもなれ (追記)

昨日は二日酔いの中、ダメな勝負をしてしまった。
まあ外れたので書かなくて良かったか。
狙ったのはフラワーCです。
中山連日から正逆60と正逆1か5か8でのワイド見ていました。

正逆60は、
AJCC    正60番エアソミュール 3着
中山記念   逆60番ロゴタイプ 2着
オーシャンS 正60番サクラゴスペル 1着
弥生賞    正60番ブラックエンブレム 2着
中山牝馬S  正60番パワースポット 3着
だったのだが正5番が人気薄なので12番のみを選択する愚考。

正逆1か5か8は、
中山記念   逆8番1着 逆5番2着 逆1番3着
オーシャンS 逆5番1着
弥生賞    逆8番1着 正5番2着
中山牝馬S  正8番2着 逆1番3着
と4戦中3戦でワイドだったので・・・、選んだのは1番と12番の人気馬のみ。
ここ1点に馬連で行きました、人気が割れていたのでこれでも十分と判断したのだが結果は1着3着。
2着は人気薄を嫌った5番アースライズ、サインでも何でも無い感覚だけで外しました。

デムーロ騎手の32隣は中日新聞杯で切れるもフィリーズレビューで戻し、
ここでも自己指名で大丈夫との判断は間違いじゃないけど3着まででした。
何故人気薄を小額抑えなかったのかという万馬券を逃した脱力感でして、
どうにでもなれという気持ちでスプリングSもやります、調べは足りていないけど。

上から選んだのは1番と5番か8番。
他で見ているのが川田騎手の中山重賞。
2014年の弥生賞に勝って以降の中山重賞9戦で自身か隣が3着以上。
両隣を見ると違う感じがする。
1番人気で負けた弥生賞と同じ3枠3番配置で巻き返しなるのか?

2歳王者がスプリングSに出走したのは2000年以降で、
2014年アジアエクスプレス・2013年ロゴタイプ・2012年アルフレード・2011年グランプリボス
2010年ローズキングダム・2006年フサイチリシャール・2004年コスモサンビーム
3着以内に入れなかったのがアルフレード2番人気・グランプリボス5番人気・コスモサンビーム1番人気。
他の馬は1番人気となり自身が3着以内で有り同枠として連対している。
コスモサンビームと他の1番人気馬との差は説明できないけど。
ダノンプラチナは2番人気になりそうだがアルフレードとなるのか?

過去に12頭立てになったのは1991年・1987年・1986年。
この3年では正7番が3着以内、ミュゼスルタンか逆ならリアルスティール。
1番人気が3着以内でもある。

このレース自体は1番人気と3番人気の枠がかなり強い。
2014年 3番人気1着 1番人気2着
2013年 1番人気1着 3番人気2着
2012年 3番人気1着 1番人気2着
2011年 1番人気1着 3番人気同枠3着
2010年 1番人気同枠2着 1番人気3着
2009年 1番人気1着 3番人気同枠3着
2008年 3番人気同枠2着 1番人気3着
2007年 1番人気1着 3番人気2着
2006年 1番人気2着
2007年以降ではMAX4頭のワイドで必ず当たっている事になる。
今年だと1番人気リアルスティールと3番人気ベルーフのワイド1点という事になるが、さて?
これだと最初に書いたフラワーCで見た流れが無意味になる。

さてどう買うかだが1番人気と2番人気を揃えてくる感じがしない。
1番人気リアルスティールと3番人気ベルーフを両軸に1番と5番に馬連5点で、どうにでもなれ。

(追記)
ブラックバゴが3着以内なら皐月賞はここからワイドの予定です。

弥生賞 ダメ

全くダメ。
見えているのは11頭立ての朝日杯出走馬、2着3着ですね。
それと11頭立ての7番人気か隣、6番隣の5番ブライトエンブレムが2着。
ブライトエンブレムは重なると見たけどサトノクラウンは見えてなかった。
2年連続で6番人気7番人気が消えた、この傾向も終わりなのかな?
最下位人気番か隣は2番タガノエスプレッソ3着で継続。
来年は6番7番8番が対象。
しかし昨年からタガノの3着って良く有るなあ。

結果を見てから中山記念も11頭立てだったのを思い出した。
中山記念は正4番1着と逆5番2着、弥生賞は正4番1着と正5番2着で合わせている。
オーシャンSも逆5番1着で正4番2着か、AJCCから見て正逆4と12としたけど見方を失敗した。

皐月賞に向けて何も見えて来ない感じです。
クラリティスカイが皐月賞で3着に着そうに感じていたのだけど否定された気分。

弥生賞 どうしようかな?2

シャイニングレイのオッズが2倍を越えていますね。
この位の方が信用出来る気がする、でも勝つのは違う馬だと思う。
昨日見た時は7番人気はクラリティスカイだったのだけど見ているところの更新が遅いからか?
朝時点では7番人気はグァンチャーレですね。
クラリティスカイだと重なる部分が多いと思ったのだけどこうなると昨日考えていた形から崩れていく感じ。

もう一度昨日のを見直してクラリティスカイをあえて無視して見ると、
1番ベルラップ・3番シャイニングレイ・5番ブライトエンブレムに重なるかな。
それと頭数変更戦を連続1着した川田騎手か、となるとシャイニングレイ。
2010年から3枠が3着以上なので素直にここから行くかなあ?
でも勝つのは違う馬だと思う。

レースの傾向として見れば6番人気も良いし7番人気の直接も直近11頭戦3戦で自身なので有り得る。
クラリティスカイで嫌なところはチューリップ賞を勝った横山騎手。
チューリップ賞弥生賞の連勝も過去に有るから気にする事も無いかもだけど7枠14番で勝ち7枠逆14番配置なんだな。
昨日は7番人気ならと無視した事だけど違うなら気になるな。
武豊騎手の3隣が3着以上。
アーリントンC  2番→11番3着
阪急杯      9番→6番3着
チューリップ賞 17番→14番1着
弥生賞      6番→3番か9番
このどちらかは来るんじゃないかと見ているのだけど。

書いていても予想がクラリティスカイの取捨でループしている感じ。
昼前に出掛けるので無理やり結論を出した。

勝たないと思うけど3番シャイニングレイを軸にする。
G2昇格となったホープフルSの正当性を広告すると見る。
相手は1番5番8番とおさえワイドで6番9番。

第1回いちょうステークスを勝ったクラリティスカイには弥生賞で3着を期待したい。
昨年のウインフルブルームと似たイメージを持っている。
ならここからワイドで良いじゃないか?
それが昨日の予想だったのだけど迷走してます。

弥生賞 どうしようかな?

チューリップ賞はココロノアイが勝った。
M.デムーロ騎手からの32隣が継続した。
スプリングS  2番→4番2着 (15頭立て)
日経賞     13番→11番2着 (15頭立て)
高松宮記念  5番→9番3着 (18頭立て)
阪急杯     13番→13番1着 (16頭立て)
チューリップ賞 12番→14番1着 (17頭立て)
弥生賞に騎乗は無い、来週は騎乗するかな?

ということで弥生賞なのだけど・・・。
今年から弥生賞は皐月賞と同じフルゲート18頭になった。
今年限定でここから皐月賞を考えるつもりだったのだがフルゲートに成らず。
この時点でもう今年の皐月賞も外れた気分になっている。

弥生賞へのやる気も薄れているのだが好きなレースなので無理やり予想を搾り出してみた。

11頭立てになったのだがG制以降では2011年・2003年・2002年・1994年・1993年・1987年・1986年。
これらの年の共通項からの予想です。

・上記の年で正逆1か3が3着以上。
1986年 逆1番2着 正3番3着
1987年 正1番1着
1993年 逆3番2着
1994年 正3番1着 正1番3着
2002年 逆1番2着
2003年 逆3番3着
2011年 正3番2着

・1987年以降では7番人気か隣が3着以上。
1987年 7番人気 11番ユキノシラギク 隣1番1着
1993年 7番人気 11番サンエイキッド 同枠隣10番1着
1994年 7番人気 11番エーシンバーモント 隣1番3着
2002年 7番人気 8番タイガーカフェ 自身3着
2003年 7番人気 9番コスモインペリアル 自身3着
2011年 7番人気 3番プレイ 自身2着 隣4番3着
現在の7番人気は9番クラリティスカイ。

・1994年以降では朝日杯出走馬が3着以内。
1994年 サクラエイコウオー 1着
2002年 バランスオブゲーム 1着
2003年 エイシンチャンプ 1着
20011年 サダムパテック 1着
3着以内で考えますが1着ですね。
2番タガノエスプレッソ 朝日杯6着・5番ブライトエンブレム 朝日杯7着・9番クラリティスカイ 朝日杯3着

上の三つに当て嵌まるのが9番クラリティスカイ。

昨年の回顧から。
2008年→2009年以降は前年最下位人気番か隣が3着以上。来年は1番2番3番。
正逆1か3なら正1番か正3番。

まだ3戦だけど嘉藤騎手から隣が3着以上。
アル共国杯  2番→3番1着
阪神JF    12番→11番2着
ホープフルS 6番→7番3着
弥生賞    11番→1番か10番

昨年はダメだったけどレースの傾向としては、
1番2番人気VS6番7番人気でワイドとして見ている。
3番8番VS11番9番となる。

もう一つの頭アの馬は出走無し。

中山3歳重賞は正逆1が3着以上。
NZT   逆1番3着
皐月賞 逆1番3着
フェアリーS 正1番3着
京成杯 逆1番1着

上記から抽出したのは、1番3番8番9番11番。
3番は昨年も1番人気で勝っている川田騎手、今年も1倍台ですね。
武豊騎手が2005年からディープインパクト・アドマイヤムーン・アドマイヤオーラで3年連続1倍台で勝利している。
無いとは言えないしリンク的にも有ると思えるので消しにくい。
でもホープフルSから京成杯の流れを考えると正逆7か11を考えていた。
AJCCからの中山重賞3戦は正逆4と12、正逆11と12が重なるのでここだと思っていた。
ホープフルSから京成杯の流れなら川田騎手が1着だった。

どう買うかは明日また考えます。

今日の感想

金土と飲み過ぎで結果だけ確認しました。
うん、買えば良かったのにとちょっと後悔。
中山記念はマイネルフロストの今年2戦が10隣だったのでヌーヴォから皐月賞馬2頭を見ていた。
結果ヌーヴォが勝ってロゴが2着。
こちらは人気サイドでの決着だったのでまあ良い。

阪急杯が2週続けてコパ武は無いと思っていたし軸はミッキーと考えていた。
2番人気との組み合わせで3390円て本当ですか?って感じ。
ただ本線ではレッドオーヴァルと思っていた、9着だったけど。
京都の正逆2か6からの逆2番だったけど3着に正6番でこれは引き継がれたのかな。

来週から3歳クラシックの前哨戦が始まる。
何とか時間を取って参加したいな。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。