1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJCC 回顧

出掛けてまして帰ってから結果を見ました。
無茶苦茶な予想でした。
外れるのは自信も無かったし小銭だったので良いのですがゴールドシップが飛んだのが驚きです。
馬自身としては別に良いのだけど前走有馬記念3着馬として続いていたのがここで飛ぶのかに驚き。
結果は逆6番逆4番正14番の決着は有馬記念の数字です。
昨日で終わったと判断したのでリンクを軽視したのだけど全くの見当違いです。

2200m重賞は正逆5か14が3着以上。
京都記念     逆14番1着
京都新聞杯   正5番逆14番3着
宝塚記念     逆14番1着 正5番2着
セントライト記念 正6番逆14番1着 正14番逆5番3着
オールカマー   正5番逆14番3着
エリ女杯     正5番逆14番2着
AJCC      正14番2着
ここも今回は正14番の使用を見抜けなかった。
スポンサーサイト

AJCCどうでしょう?2

サッカーが悔しい敗戦で見た後にイライラが積もりそのまま家を飛び出して飲みに行ってしまった。

大荒れの土曜日でしたね、三場ともメインは馬連万馬券。
京都牝馬Sのみ枠順を確認していましたが投票しなくて助かった。
見ている位置はまずまずだったけど選んだ馬が全くの見当違いだった。
HATさんが記事にされている牝馬重賞でのケイアイエレガントの隣は私もウリウリだと疑っていなかった。
日経新春杯のアドマイヤ-アドマイヤから正逆4か6かと思ったがそれも正4番と正6番だろうと。
人気サイドでの決着を見たので二日酔いで眠くて投票せずに寝ていた。

結果は13番12番の決着に驚いた、3着は2番か。
京都の重賞がワイド内で連番だったのでウリウリが来ればケイアイエレガントも有りかと見たがまさかのゴールデンナンバー。
この大万馬券でケイアイエレガントの隣もここで終わりな気がする、自身が勝ってしまったしね。
京都重賞の正逆2はこれで今年は3/4です、来週以降は正逆2か6に移行するのかなと考えている。

さてAJCCの方ですが土曜日が大荒れで正月からの流れは終わった感じです。
こちらも正逆4は飛ばすんだろうなと見ているがさて?
ゴールドシップの4枠8番は天皇賞春で2度馬券外に飛んでいるがここは大丈夫だと思っている。
相手がどうにも決まらない。
ダークシャドウは正1番、中山重賞を正逆1か2と見れば有りな気もする。
正逆4か5を正逆5のみ見るなら逆5番オーシャンブルー。
ゴールドシップが勝った有馬記念の2着馬、その時のゲストはロンドン五輪のメダリスト。
ゴールドシップの同枠にメダリストでアジア杯はサムライブルー、昨日敗退したけど。
ゴールドシップの同枠にマイネルで2番3番はマイネルの並び。
マイネルフロストはケイアイエレガントと同じ前走中山金杯出走。
マイネルディーンは前走で同じ中山2200mを勝っている馬。

先週同様にリンクを軽視して選んだのが1番2番3番13番。
人気が無い4頭なのでワイドにしておこう。
自信も無いから先週と同じで。

AJCCどうでしょう?

第56回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)

中山重賞の流れは正逆4か5なのかな?
有馬記念 正4番1着
中山金杯 正4番2着 正5番3着
フェアリーS 正4番1着
京成杯   正5番3着

2200m重賞は正逆5か14が3着以上。
京都記念     逆14番1着
京都新聞杯   正5番逆14番3着
宝塚記念     逆14番1着 正5番2着
セントライト記念 正6番逆14番1着 正14番逆5番3着
オールカマー   正5番逆14番3着
エリ女杯     正5番逆14番2着
全て逆14番。

このレースは2009年から正逆2か3が3着以上。

荒れているイメージが有るレースですが2003年以降で1番人気と2番人気が共に馬券圏外だったのは2010年のみ。
今年はゴールドシップが出走予定で1番人気は確実です。
2005年以降で有馬記念3着馬の次走は連対している、対象は7回。
2006年のダイワメジャーはDDF3着だがJRAでの次走は安田記念1着。
昨年3着のゴールドシップは外せないかと考えている、とすると投票する意味が有るのか?とも思う。

このレースも17頭立てになっている。
古馬の17頭立てなら中山金杯との関連が有るかもと妄想中。
中山金杯を勝ったのはベリー騎手でダークシャドウに騎乗予定。
中山では3着以内が無いのだがちょっと注目したい、あるいは今回は同枠馬とか。
リンクでは正逆2か3と逆14番を見ている、ここに入れば投票してみたい。
そうで無ければ投票をスルーするかも。

京成杯 回顧

自信は無かったけれど何とか的中出来ました。
自信が無かったのは事前に書いた事と枠順を見てからのイメージが合わなかった事。
結局リンク等を無視して選んで良かった。
運だけで今年の2勝なので勝ち額は大した事無いけどこの運を大事にしたい。

中山の3歳限定重賞は正逆52・54・55を見ています、ちょっと多い。
セントライト記念 正54番逆52番3着 (15頭立て)
フェアリーS   正55番1着 (16頭立て)
京成杯      逆54番3着 (16頭立て)
弥生賞      逆55番2着 正55番3着 (13頭立て)
フラワーC    正55番1着 逆52番3着 (16頭立て)
スプリングS  正55番3着 (15頭立て)
NZT       正54番逆52番2着 (15頭立て)
皐月賞     正54番逆55番3着 (18頭立て)
フェアリーS  正52番1着 (16頭立て)
京成杯     逆52番1着 (17頭立て)

このレース自体はずっと正逆1か2が3着以上。
一度途切れた2002年は1着同着というイレギュラーな年、それ以前は1997年から。

残った物はこれだけ。
正逆1を指していたのでハービンジャー並びから両方を選んでいた。
蛯名騎手の6隣は残って欲しかったのだが仕方無い。
17頭立てに変わった年に二つのレースを川田騎手に勝たせたのは朝日杯朝日杯と同じですね。
7番にブラックバゴ配置はこれを知らせるサイレンの様な物だったと解釈している。

京成杯 小銭で

行けそうだと枠順発表前は思ったのですが発表後はどうもしっくりと来ない。
ので全部500円玉1枚のみにします。

正逆4を見ていたのですがちょっと違う感じ。
正逆1のハービンジャー並びとブラックバゴが気になるけどこれも薄い感じがしている。
全体的にここだというのが無いので小銭にしておきます。

1番手は蛯名騎手の6隣になる1番クラージュシチーだと考えています。
ただ世代限定で17頭立てになったホープフルSを勝った17番川田騎手も気になるところ。
そのホープフルSで7番から京成杯でも7番のブラックバゴも気になる。

ということでこの3点をBOXで500円x3点にします。
いつも金額を書かないのは書いたレースは当たってないイメージなので・・・。
ということは外れかな?

京成杯どうでしょう?

このレースもフルゲート17頭立てに変更されますが考え方は変えずにいきます。

第55回京成杯(GIII)

中山の3歳限定重賞は正逆52・54・55を見ています、ちょっと多い。
セントライト記念 正54番逆52番3着 (15頭立て)
フェアリーS   正55番1着 (16頭立て)
京成杯      逆54番3着 (16頭立て)
弥生賞      逆55番2着 正55番3着 (13頭立て)
フラワーC    正55番1着 逆52番3着 (16頭立て)
スプリングS  正55番3着 (15頭立て)
NZT       正54番逆52番2着 (15頭立て)
皐月賞     正54番逆55番3着 (18頭立て)
フェアリーS  正52番1着 (16頭立て)
17頭立てだと、1番3番4番14番15番17番となる。
正逆4と重なる4番か14番に注目かな。

京成杯はまだ抽選が有るので出走馬は確定出来ない。
でも確定した中にはマイネルシュバリエ・柴田大知騎手が居る。
重賞で柴田大知騎手から4戦連続で隣と33隣が3着以上。
ステイヤーズS 9番→8番1着 12番2着
朝日杯FS    3番→2番1着 6番2着
ホープフルS   5番→6番2着
中山金杯    1番→2番1着
前回同様に隣馬を教えてくれないかと期待したい。

マイネルシュバリエからは重賞3戦の5隣と33隣を見ている、33隣なら柴田大知騎手と同じになる。

蛯名騎手はブラックバゴで抽選対象。
G1で見ていた6隣だけど、
東京2歳S   8番→1番1着 2番2着
金鯱賞    11番→5番3着
阪神C     9番→3番3着
ホープフルS 4番→10番1着
フェアリーS 14番→4番1着

蛯名騎手には他にも11Rで、
ジャニュアリーS 14番→11番1着 13番2着
招福S       13番→14番1着 10番3着
フェアリーS    14番→15番2着 1番3着
と年明け3戦で隣と3隣でワイドです。

京成杯の人気的な傾向はここのところ3年連続で5番人気が連対している。
その3年間は奇数日開催で今年も奇数日での開催、いずれは切れるのだが抑えには考えておきたい。
それ以前から見ると2009年から2番人気か5番人気が3着以内に入っている。

このレースは柴田大知騎手が得意としている、4戦中で1勝3着1回で人気は5番人気が最高。
その5番人気プレイアンドリアルが昨年の勝利馬、それまでの3戦は3隣が3着以上。
4隣と20隣が昨年含めて3年連続、17頭立てなら3隣と20隣は重なる。

このレース自体はずっと正逆1か2が3着以上。
一度途切れた2002年は1着同枠というイレギュラーな年、それ以前は1997年から。

今のところ正逆1か2VS正逆4という正月の流れを引き継いだ決着を想定している。
それに2番人気と5番人気の配置や騎手起点を重ねて予想する。

今のところの気になる流れ

金土が酔っ払いでシンザン記念は枠順を見ただけで予想も何もしなかった。
今日は出勤日だったのでフェアリーSは書かなかったのだが軽く予想していた。

蛯名騎手の6隣は14番→4番1着で継続したがブノワ騎手の24隣は継続しなかった。
8番なので16番指名なのだが1番15番という一つずれが2着3着。
ああ月曜開催とかでは良く有る外し方だなあというのが結果を見た感想。
投票をしなかったけど私は16番から4番8番でワイド予想だった、書かなくて良かった。

しかし15番を取れない訳では無い、16番軸だとどのみち外れだけど。
中山金杯 正2番1着 正4番2着
京都金杯 正4番1着 正2番3着
シンザン記念 逆4番1着 逆2番2着
フェアリーS  正4番1着 逆2番2着
年明けの重賞は同じ数字を使っている。
今日までが正月競馬で来週からはこのままでは無いと思うが正逆2か4はしばらく続くんじゃないかと期待している。

一つ書き忘れ。
武豊騎手のメインが隣か3隣が3着以上です。
武蔵野Sで買った後のエリザベス女王杯から2歳戦を除いてで見ています。
シンザン記念で自身が勝ったので淀短距離Sはどうかと思ったけど騎乗したニンジャの隣が3着です。

中山金杯 回顧

最後に追加した2-4が当たりと運が良かった。
配当も馬連3番人気にしたら1540円は良くついたなという感じ。
ラブイズブーシェは2番人気になっていたんですねえ。
人気読みは下手だけどオッズも確認したのに、それなら抜いていたな。
昼過ぎに出掛けて最後に確認出来なかったから仕方ないか。
4番人気ラブリーデイ1着と5番人気デウスウルト3着、このレースの傾向は頭数が変わっても変わらないようで。
2枠か6枠も変わらないのかなと感じている。
連動も有馬記念からのみ考えれば良さそう、結局考え直す事は無さそう。
これはこれから頭数が変わるレースも同じじゃないかと考えている。

有馬記念から中山記念への連動。
2011年 9-5-7(裏6-10-8)→2012年 12-11-6(裏5-6-11)
2012年 13-6-9(裏4-11-8)→2013年 6-11-9(裏11-6-8)
2013年 6-4-14(裏11-13-3)→2014年 3-4-8(裏16-13-9)
2014年 4-6-14(裏13-11-3)→2014年 2-4-5(裏16-14-13)
2着4番が正4番逆14番、3着が逆13番。

松岡騎手の金杯騎乗は東西合わせて7戦で3隣か8隣が3着以上。
2006年中山金杯 7番→4番1着
2008年中山金杯 2番→15番2着
2009年中山金杯 4番→12番3着
2011年中山金杯 4番→12番3着
2012年京都金杯 4番→7番2着
2013年京都金杯 11番→3番2着 8番3着
2015年中山金杯 10番→2番1着

重賞でブノワ騎手から24隣が3着以上。
クイーンC   14番→6番1着
フェブラリーS 3番→11番3着
ジャパンC   13番→1番2着
阪神C     14番→8番1着
中山金杯   11番→4番2着

重賞で柴田大知騎手から4戦連続で隣と33隣が3着以上。
ステイヤーズS 9番→8番1着 12番2着
朝日杯FS    3番→2番1着 6番2着
ホープフルS   5番→6番2着
中山金杯    1番→2番1着
これが有って2番を最後に入れました、リンクは時間を掛ければそれなりに結果が出るのだと改めて思います。

中山金杯の傾向としては、
2009年以降で4番人気か5番人気が3着以内に入っている。
1番人気は2010年以降では2012年で馬券から外れているのみ。
2009年以降では2枠か6枠が3着以上。

もし来年の馬券を今投票するなら、2枠と6枠を優先で1番人気2番人気VS4番人気5番人気のワイド4点を買う。

明日は仕事始めなので競馬はやりません。
次に何を予想するのかもまだ決めていません。

中山金杯どうでしょう?3 (追記)

最初に訂正。
ベリー騎手の金杯は2隣ではなく5隣です。
新年早々のミスで申し訳無い、2番→7番14番です。

最後の結論も昨日とは考え方が変わっています。

重賞で柴田善臣騎手から3隣か11隣が3着以上。
京王杯2歳S   12番→3隣3番1着 11隣1番2着 3隣9番3着
アル共国杯   14番→11隣3番1着 3隣11番3着
エリ女王杯    8番→3隣5番2着 11隣15番3着
東スポ2歳S   12番→11隣1番1着 3隣2番2着
ステイヤーズS 11番→3隣8番1着
ホープフルS   16番→11隣10番1着
中山金杯     3番→3隣6番17番 11隣10番14番

重賞でブノワ騎手から24隣が3着以上。
クイーンC   14番→6番1着
フェブラリーS 3番→11番3着
ジャパンC   13番→1番2着
阪神C     14番→8番1着
中山金杯   11番→1番4番

重賞で柴田大知騎手から3戦連続で隣と33隣が3着以上。
ステイヤーズS 9番→8番1着 12番2着
朝日杯FS    3番→2番1着 6番2着
ホープフルS   5番→6番2着
中山金杯    1番→2番17番

頭数が変わっても注意するのは有馬記念、そんな気がしています。
中山金杯では2009年以降で4番人気か5番人気が3着以内に入っている。
馬連も3番人気以内の堅いレースが無く荒れる傾向のレースだと思う。
とはいえ1番人気が不要かと言うと2010年以降では2012年で馬券から外れているのみ。
現在の1番人気は4番ロゴタイプ、4番5番人気は14番ラブイズブーシェと5番デウスウルト。
この3頭で決まると有馬記念の決着枠と同じになる。

馬連はこの3頭でのBOXとして、ワイドで4番から9番10番としてみる。
(一点追加しました)
投票段階で馬連2-4を追加して6点としました。

中山金杯どうでしょう?2

蛯名騎手は騎乗しない。

ここ2年連対のベリー騎手は2隣馬も連れて来ている。
近走も京都記念以降で2隣か4隣が3着以上。

前記事から見ていた馬番の内で優先と見ていた10番にはマイネルフロスト。
ここは17頭立てのホープフルS1着位置です。

マイネルフロストは菊花賞以来の出走、ということは。
毎日杯       1番→2番2着 14番3着 (自身1着)
青葉賞       3番→2番2着
ダービー      3番→2番1着
セントライト記念  6番→5番1着
菊花賞       1番→2番1着
隣が連対しています、ただ3歳限定と古馬では継続するかは分からない。

松岡騎手の金杯騎乗は東西合わせて6戦です。
2006年中山金杯 7番→4番1着
2008年中山金杯 2番→15番2着
2009年中山金杯 4番→12番3着
2011年中山金杯 4番→12番3着
2012年京都金杯 4番→7番2着
2013年京都金杯 11番→3番2着 8番3着
3隣か8隣が3着以上、10番→1番2番7番13番。

枠を見ると7枠がアイとラブの枠。
14番は有馬記念の3着番、有馬記念との連動が継続なら気になる位置。

もう一つ有馬記念の1着番に入ったG1馬ロゴタイプに出番は有るのか?
これまでの中山金杯だと2枠か6枠が3着以内に入って来る。
この両枠の中だと4番に入りC.デムーロがドバイ以来の騎乗になるロゴタイプは気になる。
ベリー騎手の2隣だしね。

この辺りから考えてますがまだ決め切れていない。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。