1. 無料アクセス解析

チャンピオンズCどうでしょう?

開催条件がガラリと変わるので同じ考えでいけるかは分かりません。
特にリンクはJC後ではいろいろと切れる事が多いので。
継続を願って書いておきます。
今週は週末まで調べる時間は無いです、多分。

第15回チャンピオンズカップ(GI)
JRA60周年記念のG1から
皐月賞       正20番1着 逆20番2着 逆19番3着
宝塚記念     逆20番2着
菊花賞       正20番1着
天皇賞秋     正19番2着
チャンピオンズC 16頭立てとして3番4番13番14番

秋G1が正逆4か15とすれば、2番4番13番15番。
続いているのは正逆15の方です、上記G1も1枠か8枠が連対なので1枠2番を優先かな。

古馬G1で武豊騎手の隣が3着以上。
宝塚記念  4番→5番2着 3番3着
スプリンターズS 12番→13番3着
天皇賞秋  2番→1番2着
エリ女杯  16番→15番3着
マイルCS 13番→12番1着
ジャパンC 5番→4番1着

G1での福永騎手の4隣が3着以上。
福永騎手は騎乗無しかな

みやこS→JCDには関連が有ったと思うのだけど、
2010年 2-4-14 → 3-14-12
2011年 6-5-4  → 16-9-6
2012年 2-8-6  → 14-12-9
2013年 3-11-6 → 12-8-6
6点中1点が3着以内なら微妙か。
2014年 14-4-10

開催変更で前年との繋がりが何か有るというのが私のいつもの見方。
しかしベルシャザールも同枠のソリタリーキングも出走しない。
ルメール騎手も騎乗しないが戸崎騎手はベストウォーリアに騎乗する。

阪神開催のJCDは正逆5か8が3着以上。
2008年 正5番2着
2009年 逆5番2着 逆8番3着
2010年 逆5番3着
2011年 逆8番2着
2012年 逆5番2着 逆8番3着
2013年 逆5番1着 正8番2着

JCDでは外国馬から2隣が3着以上。
インペラティヴが登録されている。

ただこの二つは継続するかは分からない。

ベストウォーリアーから5隣が3着以上。
アハルテケS 10番→5番3着
プロキオンS  6番→1番3着
マイル南部杯 10番→5番3着
JBCクラシック 9番→4番3着

ホッコータルマエのJRAレースでは端午Sからの10戦で2隣か3隣が3着以上。
スポンサーサイト

京阪杯 回顧

こちらも全くダメ。
調べてないレースに手も出しちゃダメだな。

1200m重賞は1枠か8枠が3着以上。

田中健騎手の関西古馬重賞は5隣が3着以上。
2010年CBC賞   3番→8番3着  
2012年マーメイドS 8番→3番1着
2014年北九州記念 14番→1番1着
2014年セントウルS 8番→3番3着
2014年京阪杯    7番→12番3着

重賞で国分兄弟から2隣か5隣が3着以上。
マイラーズC・恭介 15番→5隣4番2着
京都新聞杯・恭介  7番→2隣5番3着
CBC賞・恭介    6番→5隣11番1着 2隣8番2着   優作 10番→2隣8番2着
プロキオンS・優作  1番→5隣6番1着 2隣3番2着
中京記念・恭介   2番→×  優作 3番→5隣14番2着 8番3着
小倉記念・恭介   8番→5隣13番2着
レパードS・優作   6番→2隣4番3着
関屋記念・優作   6番→5隣1番3着
北九州記念・優作  6番→5隣1番1着 2隣8番2着   恭介 9番→2隣7番3着
小倉2歳S・優作   8番→5隣13番3着          恭介 14番→2隣16番2着
スワンS・優作    3番→5隣11番1着 2隣5番3着
ファンタジーS・優作 4番→2隣6番1着 5隣9番3着
京阪杯・恭介     9番→7番1着             優作 12番→7番

来週のチャンピオンズCはレース名・施行場の変更。
再来週のその次の2歳G1は大きな変更を受けての開催になる。
年末に向けて仕事も早く仕上げなければならないので週中は疲れて調べる気にならないかも。
2歳戦とダート戦はあまり興味も湧かないのでネタだけ出して見ているだけにするかも。

JC 回顧

JCの結果が昨年同様に天皇賞秋と同じ結果になった、今年は4-1-15の入着馬番まで全く同じ。
ガックリと来た、馬連を選択したので外しています。
ワイドの1-15で1980円か、これは枠順を見た時に最初に考えた馬番なのだけど券種の選択を誤った。
ワイドを選択するなら15番からも考えに有ったしジャスタウェイは入れていた。
しかしエピファネイアか、人気順で嫌な気がしていたけど最終的には4番人気になっていたのを確認していなかった。
先週に続いて前走福永騎手騎乗馬と福永騎手での決着、まさかとは思っても選べなかった。

古馬G1で武豊騎手の隣が3着以上。
宝塚記念  4番→5番2着 3番3着
スプリンターズS 12番→13番3着
天皇賞秋  2番→1番2着
エリ女杯  16番→15番3着
マイルCS 13番→12番1着
ジャパンC 5番→4番1着

G1での福永騎手の4隣が3着以上。
1番→15番3着

トーセンジョーダンから近13戦で3隣か4隣が3着以上。
11番→15番3着

G1で川島騎手から5隣か6隣が3着以上。
2008年菊花賞     13番→6隣1番2着
2009年菊花賞     6番→5隣1番1着 6隣12番3着
2011年阪神JF     6番→5隣11番2着 6隣18番3着
2012年阪神JF     13番→6隣1番1着 6隣7番2着
2014年桜花賞      4番→6隣10番3着
2014年NHKMC     6番→5隣1番3着
2014年オークス     18番→5隣5番3着
2014年秋華賞      11番→5隣6番1着
2014年ジャパンC    14番→5隣1番2着

エピファネイアに繋がるものが武豊騎手の隣の他は無いです。
正逆4か15は頭に有ったけど15番ばかりを考えていました。

JCと京阪杯どうでしょう?

先にJCを。
指摘された物でJCDの事を書き忘れていました。
2012年のJCDトランセンドも3度目の挑戦ですよと。
確かに3度目です、書き方が悪かったのですが芝のG1で調べたので抜けていました。
そのレースでは20隣はダメで2隣は3着、5隣は2着です。
5隣を見た方が素直なのかなあとは思うが私の考えでは芝とダートを分けていました。
ダートの場合は交流G1も多く他にもそういう場合が有るかも?とも思い全G1を調べなかったので。

トーセンジョーダンから近12戦で3隣か4隣が3着以上。
11番→7番8番14番15番
ここからは8番と15番を見ています。

芝G1で津村騎手の隣か4隣が3着以上。
2009年安田記念      10番→4隣6番2着
2009年宝塚記念      13番→4隣9番1着
2009年スプリンターズS  8番→隣9番2着 4隣12番3着
2010年スプリンターズS  4番→隣3番3着
2010年菊花賞       14番→4隣10番2着
2010年マイルCS     14番→隣13番1着 隣15番3着
2010年ジャパンCD    11番→隣12番3着
2011年フェブラリーS    6番→隣5番3着
2012年桜花賞       14番→4隣10番1着 隣15番2着
2012年オークス      17番→4隣3番3着
2012年阪神JF       8番→隣7番2着
2013年秋華賞       15番→隣 16番1着 4隣1番2着
2013年ジャパンCD    13番→隣12番1着
2014年スプリンターズS  4番→4隣18番1着
2014年ジャパンC     12番→8番11番13番16番

ジェンティルドンナから5隣の8番デニムアンドルビーを入れたのはこの津村騎手起点と川島騎手起点が頭に有ったから。
あまり騎乗機会の無い騎手や違和感の有る出走をしてきた馬には何らかの役割が有る筈。
いつもそう考えて調べ始めます、時間の無い時にはこの調べ方が一番良いと思っている。
全てを調べ切れれば良いのだけど時間的に無理な時が多いので。
ジャパンCでは津村騎手と川島騎手かな、外国人騎手では前に書いたブドー騎手とブノワ騎手。

G1で川島騎手から5隣か6隣が3着以上。
2008年菊花賞     13番→6隣1番2着
2009年菊花賞     6番→5隣1番1着 6隣12番3着
2011年阪神JF     6番→5隣11番2着 6隣18番3着
2012年阪神JF     13番→6隣1番1着 6隣7番2着
2014年桜花賞      4番→6隣10番3着
2014年NHKMC     6番→5隣1番3着
2014年オークス     18番→5隣5番3着
2014年秋華賞      11番→5隣6番1着
2014年ジャパンC    14番→1番2番8番9番
ただ川島騎手の場合は古馬G1が初騎乗なのでこれまでとは違う事も有り得る。

8番にはまだ有るのですよ。
冠名サトノから6隣が3着以上。
NHKMC  8番→2番2着
ダービー  15番→3番3着
菊花賞   16番→4番2着 10番3着
天皇賞秋  7番→1番2着
ジャパンC 14番→2番か8番

8番にもかなり集まっていると感じているのだがデニムアンドルビーか、どうしよう?
まだ迷っている。
人気順は2番人気ハープスターと4番人気イスラボニータはそのままかな。
エピファネイアが思ったより人気だなあ、オッズ読みは下手ですが。

結論を出したいのだが決めきれない。
1番6番8番9番10番15番、ここから2頭削って馬連BOXにします。
削るのは10番と15番、何となくこの2頭は3着までだと思うので。

第59回京阪杯(GIII)

京阪杯ですがスプリンターズSの回顧で書いた正逆1か2を見ています。
それと土曜日の京都2歳Sで切れた正逆15を正逆4か15として考えます。
1番2番VS4番15番。

田中健騎手の関西古馬重賞は5隣が3着以上。
2010年CBC賞   3番→8番3着  
2012年マーメイドS 8番→3番1着
2014年北九州記念 14番→1番1着
2014年セントウルS 8番→3番3着
2014年京阪杯    7番→2番か12番

重賞でのビュイック騎手から5隣か13隣が3着以上。
東スポ杯2歳S  14番→13隣1番1着 5隣4番3着
マイルCS    10番→5隣13隣5番1着
京阪杯      16番→13隣3番1着
ジャパンC    5番→13隣9番2着
マイルCS    7番→5隣12番1着 13隣3番3着
京阪杯      1番→6番か14番

京都連日メインでは和田騎手の2隣を見ています。
スワンS     13番→11番1着
カシオペアS   3番→1番3着
デイリー杯2歳S 7番→9番2着
マイルCS    1番→3番3着
醍醐S      6番→8番2着
京都2歳S    8番→6番1着
京阪杯      17番→1番か15番

重賞で国分兄弟から2隣か5隣が3着以上。
マイラーズC以降の12戦でですが事例は継続したら回顧で書きます。
国分恭介 9番→4番7番11番14番
国分優作 12番→7番10番14番17番

こちらは1番2番VS4番15番のたすき掛けでいきます。
14番からワイドも少しおさえてみる。

ジャパンC どうでしょう?2

久し振りに帰って来た知り合いからの呼び出しで金曜日は土曜日の朝まで飲んだ。
大病をしてリハビリをしていたのですが大阪に帰って来られるまでになって本当に良かった。
酒はもうあまり飲めないということで私とハシゴした先の店の子らだけで飲んでいた。
そろそろ酒を控えろよと忠告されたので考え時だなと思っています。

土曜日はずっと昼寝をしていてそれから少し考えてましたがどうにも上手く纏まらない。

天皇賞後の東京メインで正逆25か27が3着以上。
2014ファンタスティック ジョッキーズ トロフィー 逆27番3着
ジャパンC 7番9番10番12番

G1で前走9着馬か隣が3着以上。
VM   前走9着エクセラントカーヴ 隣ヴィルシーナ    1着
オークス 無し
ダービー  前走9着アドマイヤデウス  隣マイネルフロスト  3着
安田記念  前走9着ダノンシャーク   隣ジャスタウェイ   1着
        前走9着グランプリボス   自身 2着 隣ショウナンマイティ 3着
宝塚記念  無し
SPS    前走9着サンカルロ     隣スノードラゴン   1着 
秋華賞   前走9着マーブルカテドラル 隣ヌーヴォレコルト  2着
菊花賞   前走9着マイネルフロスト  隣トーホウジャッカル 1着
天皇賞秋  前走9着ジェンティルドンナ 自身 2着
エリ女杯  無し
MCS    無し
ジャパンC 前走9着ワンアンドオンリー 9番10番11番

福永騎手の4隣が戻ったのなら5番か15番。
天皇賞正4番→逆4番のスピルバーグ。
何となく7番人気で天皇賞を勝ちJCで2着に入ったトーセンジョーダンとイメージが重なる気がする。

ジャパンカップ(GI)当日は女優のリン・チーリンさんが来場!【東京競馬場】
リン・チーリン(林志玲)
リン・チーリン(林志玲)

リンはワンアンドオンリーに有る。
5枠は気になるなあ。
ハープスターの出走Rからも5枠に当たる。
阪神JF  10番2着
桜花賞  10番3着
オークス 9番1着 10番2着
18頭立ての正逆9か10です。
ここからチューリップ賞と札幌記念も数字を探すと、
チューリップ賞 逆63番1着 正64番2着
札幌記念    逆63番正64番1着
ジャパンC    9番か10番

以前の記事で、
1993年 天皇賞春      メジロマックイーン  14番→9番3着 (15頭立て)
2005年 エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ 3番→1番2着  (18頭立て)
2005年 マイルCS      デュランダル     14番→12番2着 (18頭立て)
20隣が3着以上、全て-方向に20隣です 。
と書いたのですが5隣もですよと指摘が有りまして確認したら、
1993年 天皇賞春      メジロマックイーン  14番→9番3着 (15頭立て)
2005年 エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ 3番→8番1着  (18頭立て)
2005年 マイルCS      デュランダル     14番→1番3着 (18頭立て)
もですね、2隣と5隣でワイドです。
ジェンティルドンナの2隣は1番と5番、5隣は8番と16番。
ここから選ぶなら1番ジャスタウェイと8番デニムアンドルビーか。
デニムアンドルビーは前年2着馬。
2番人気はハープスター、4番人気はイスラボニータ。
人気順は変動が有りそうなので直前まで確認したい。

今年のG1は皐月賞以外で正逆4か6か10が3着以上。
エリザベス女王杯で狙いは外れたけど逆4番は3着。
マイルCSでは逆6番1着と逆10番2着なので続いてはいる。
逆4番にスピルバーグ・正6番にハープスターと5枠の2頭。

重賞でのブドー騎手は6隣が3着以上。
富士S   1番→7番2着 11番3着
菊花賞   8番→2番1着
天皇賞   16番→4番1着
武蔵野S  13番→1番2着
MCS    9番→3番3着
ジャパンC 11番→5番か17番

古馬G1で武豊騎手の隣が3着以上。
宝塚記念  4番→5番2着 3番3着
スプリンターズS 12番→13番3着
天皇賞秋  2番→1番2着
エリ女杯  16番→15番3着
マイルCS 13番→12番1着
ジャパンC 5番→4番か6番

1番6番8番9番10番15番が気になるが纏めきれない感じ。

9番か10の比較なら9番を取りたい。
重賞でブノワ騎手から4隣が3着以上。
AJCC     13番→1番3着
東京新聞杯  8番→12番3着
クイーンC   14番→2番2着
フェブラリーS 3番→15番2着
ジャパンC   13番→9番か17番

明日もう少し考えます。

ジャパンC どうでしょう?

2012年の東スポ杯2歳S以降の2歳G3は正逆15か16が3着以上。
正15番2着 逆16番3着
天皇賞後の東京メインで正逆25か27が3着以上。
正27番1着 逆25番2着
正9番は沈んだがこの二つで三連まで出せているのでまあ納得。
G1直後の重賞はG1の数字の影響を受け易い、絶対では無いけど。
天皇賞秋後の京王杯2歳Sでも逆15番1着から正15番1着、正1番2着から正1番2着。

第34回ジャパンカップ(GI)[国際招待]
メジャーリーガー田中将大選手が来場。
「文豪 競馬をかく語りき」


マー君が昨年の有馬記念以来のゲストです。
昨年はオルフェーブルが2度目の勝利を圧勝で飾りましたがマー君との関係性は???です。
今年はNYヤンキースに在籍しています、今年は13勝5敗です。
日本から続けた連勝はレギュラーシーズンでの34連勝。
ただ昨年も連勝数字を考えましたが?でした。

文豪はヘミングウェイの愛用したPARKER高級筆記具のプレゼントが有ります。
第5世代のペンで「5TH」とのこと、他にも5が強調されているように思う。

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway、1899年7月21日 - 1961年7月2日)は、アメリカの小説家・詩人。
代表作 『日はまた昇る』(1926年)『武器よさらば』(1929年)『誰がために鐘は鳴る』(1940年)『老人と海』(1952年)等

ヘミングウェイは現4歳世代ですね、11/16日にも出走しています、3枠3番3着。
作家という事ならジャスタウェイの馬主が脚本家です、名前も似ている。
ジャスタウェイを直訳すれば「この道」という感じなのかな、しかし大元では一応爆弾なんですね。
一応というのはギャグ漫画→アニメ(ここの脚本家)なので意味なんて無意味です。
ヘミングウェイはスペイン内戦や第一次世界大戦にも積極的に関わり、そこから「武器よさらば」等の作品が生まれています。
爆弾=武器とすれば「さらば」なら不要?距離不安を言われるでしょうから飛ばす意味なのかどうなのか?
結論を出せないのでただの戯れ言です。

トーセンジョーダンから近12戦で3隣か4隣が3着以上。

天皇賞後の東京メインで正逆25か27が3着以上。
京王杯2歳S  正27番1着 正25番2着
アル共国杯  正27番2着
武蔵野S    正27番1着
オーロC     逆25番正27番1着
秋陽JS     正25番2着 逆25番3着
霜月S      正27番1着
東スポ杯2歳S 正27番1着 逆25番2着

他はこれから調べます。

東スポ杯2歳SとジャパンC 小ネタ

明日は通常出勤なので競馬は昼に買う、かどうかは分からない。
今見ている物を小ネタとして置いておきます。

今年の主場2歳重賞は正逆9が3着以上。
アルテミスS   正9番3着
ファンタジーS  逆9番1着 正9番3着
京王杯2歳S   正9番3着
デイリー杯2歳S 正9番2着
東スポ杯2歳S  5番か9番

2012年の東スポ杯2歳S以降の2歳G3は正逆15か16が3着以上。
長くなるけど書いておこう。
2012年 東スポ杯2歳S 逆15番1着 正15番2着
2012年 ラNIKKEI2歳S 逆15番1着 逆16番3着
2013年 函館2歳S   正15番1着 逆16番2着
2013年 新潟2歳S   逆16番2着
2013年 札幌2歳S   正15番1着
2013年 小倉2歳S   逆15番正16番3着
2013年 アルテミスS  逆15番2着 逆16番3着
2013年 ファンタジーS 逆15番2着
2013年 東スポ杯2歳S 逆15番正16番1着
2013年 ラNIKKEI2歳S 逆16番1着
2014年 函館2歳S   逆16番3着
2014年 新潟2歳S   逆15番1着
2014年 札幌2歳S   正16番1着 逆16番3着
2014年 小倉2歳S   正16番2着
2014年 アルテミスS  正16番1着 逆16番2着 
2014年 ファンタジーS 正15番1着
月曜開催を懸念しているけど正逆9VS正逆15か16、5番9番VS2番3番11番12番。
マイルCSが正12番1着からだと逆12番が2番、それと正9番が続いているので9番。
この2頭だと人気通りになる。
正2番は逆25番、この位置はフイエロの正25番の逆位置になる。
軸にするなら9番より2番を選ぶな、下のも見ているので。

天皇賞後の東京メインで正逆25か27が3着以上。
京王杯2歳S 正27番1着 正25番2着
アル共国杯 正27番2着
武蔵野S   正27番1着
オーロC   逆25番正27番1着
秋陽JS   正25番2着 逆25番3着
霜月S    正27番1着
これがジャパンCまで続いてくれないかなあ、と願っている。

さてそのジャパンCですが昨年連覇したジェンティルドンナが出走予定です。
1986年以降にG1を連覇して三度目に挑んだのは、
1993年 天皇賞春      メジロマックイーン  2着
2005年 エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ 3着
2005年 マイルCS      デュランダル     8着

これだとジェンティルドンナをバッサリとは切り捨てられない、勝つとは考えてないけど。
注目したのはその時の人気順。
1993年 天皇賞春      2番人気→1番人気→4番人気 (メジロマックイーンが1番人気)
2005年 エリザベス女王杯 2番人気→5番人気→4番人気 (アドマイヤグルーヴが4番人気)
2005年 マイルCS      3番人気→4番人気→2番人気 (デュランダルが1番人気)
全て上位人気で決まっている、2番人気と4番人気でワイドです。

もう一つはやや微妙、
1993年 天皇賞春      メジロマックイーン  14番→9番3着 (15頭立て)
2005年 エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ 3番→1番2着  (18頭立て)
2005年 マイルCS      デュランダル     14番→12番2着 (18頭立て)
20隣が3着以上、全て-方向に20隣です

マイルCS回顧

選んだのが人気馬3頭でそれが全て飛んでって酷いね、酷すぎた。
自信は無いので軽くにしたけどそれにしてもねえ。
調べが足りて無いしので回顧もしにくい。

重賞でのブドー騎手は6隣が3着以上。
富士S  1番→7番2着 11番3着
菊花賞  8番→2番1着
天皇賞  16番→4番1着
武蔵野S 13番→1番2着
MCS   9番→3番3着

阪神京都の3歳以上芝重賞は正逆15が3着以上。
鳴尾記念    逆15番2着
マーメイドS   逆15番2着
宝塚記念    正15番3着
セントウルS   正15番2着
ローズS     逆15番2着
神戸新聞杯   逆15番3着
京都大賞典   逆15番2着
秋華賞      逆15番2着
菊花賞      逆15番2着
スワンS     逆15番2着
ファンタジーS  正15番2着
エリ女杯     正15番3着
マイルCS    逆15番3着

武豊騎手の京都G1は隣枠が3着以上。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
エリ女杯  8枠→1枠1着 7枠3着
安田記念  7枠→6枠1着

近5戦の京都マイル重賞は2枠が3着以上。

冠名タガノのG1は6隣か8隣が3着以上。
2012年 阪神JF   2番→10番3着
2013年 エリ女杯  11番→3番1着
2014年 皐月賞   12番→2番1着 18番3着
2014年 NHKMC  2番→10番1着
2014年 ダービー  14番→2番1着
2014年 秋華賞   12番→6番1着 4番2着
2014年 菊花賞   12番→2番1着 4番2着
2014年 マイルCS 16番→8番2着

G1での福永騎手の4隣は復活したのだけど人気薄の1着を指名して自身も2着か、嫌な感じだ。

今年のマイルG1は正逆10番が3着以上。
5枠を見たのだけど結果は逆10番が2着。
リンクも出した数に対しては残っているけど逆側ばかり選んでしまっていた。
前年2着ダイワマッジョーレに無いよなあと思ったけど12番はその逆番だった。

JCでも前年2着馬が注目ならデニムアンドルビーか。
出走予定では有るがデニム自身じゃなく同枠か逆番に期待してみよう。

マイルCSどうでしょう?

第31回マイルチャンピオンシップ(GI)

ウマすぎる5日間!関西ラーメンダービー2014

トーセンラーメンとかは言わないです。
でも逆5番ですね。

謎解きイベント「マイルチャンピオンシップの秘密~京都競馬場に眠る幻の遺産~」

あなたは、京都競馬場に隠された謎を解き明かし、幻の遺産を手に入れることができるだろうか?
伝説の名馬ゴッドテーオーとは!
謎解きイベント「マイルチャンピオンシップの秘密~京都競馬場に眠る幻の遺産~」
どう考えるか?
遺産(イサン)はサンレイレーザーに有る。
ゴッドテイオーは神と帝王。
クラレント:アイルランドの神話でアーサー王の重宝、トーセンラー:冠名+エジプト神話の太陽神。
父馬まで見るとグランプリボス・サクラバクシンオー。
どうにも7枠が気になる。

今年のマイルG1は5枠10番が3着以上。
桜花賞   5枠10番3着
NHKMC  5枠10番1着
安田記念  5枠10番1着

阪神京都の3歳以上芝重賞は正逆15が3着以上。
鳴尾記念    逆15番2着
マーメイドS   逆15番2着
宝塚記念    正15番3着
セントウルS   正15番2着
ローズS     逆15番2着
神戸新聞杯   逆15番3着
京都大賞典   逆15番2着
秋華賞      逆15番2着
菊花賞      逆15番2着
スワンS     逆15番2着
ファンタジーS  正15番2着
エリ女杯     正15番3着

武豊騎手の京都G1は隣枠が3着以上。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
エリ女杯  8枠→1枠1着 7枠3着
安田記念  7枠→6枠か8枠

近4戦の京都マイル重賞は2枠が3着以上。

G1での田中勝春騎手は3隣が3着以上。
菊花賞  13番→10番3着
VM    11番→14番1着
オークス  7番→10番2着
安田記念 15番→12番2着
マイルCS 4番→1番か7番

冠名タガノのG1は6隣か8隣が3着以上。
2012年 阪神JF   2番→10番3着
2013年 エリ女杯  11番→3番1着
2014年 皐月賞   12番→2番1着 18番3着
2014年 NHKMC  2番→10番1着
2014年 ダービー  14番→2番1着
2014年 秋華賞   12番→6番1着 4番2着
2014年 菊花賞   12番→2番1着 4番2着
2014年 マイルCS 16番→5番7番8番10番

京都G1の1枠か8枠は秋華賞で切れたがその後の菊花賞とエリ女杯では1枠が1着。
G1での福永騎手の4隣は菊花賞で切れたがその後の天皇賞とエリ女杯では復活。
1枠か8枠では8枠15番ミッキーアイルを取る。
福永騎手の4隣は4番と12番か、ダノンシャークかなあ。

あまり良いネタが無いなあ。
9番13番15番の人気馬が中心です。
他にも気になるのは5番7番12番なのですが上記3頭BOXにします。

マイルCSなのですが

今週は仕事も忙しく時間が取れず。
飲まないでおこうと思ったのに知り合いの誘いにホイホイと付いていき酔っ払い。
帰って来たのは4時頃か、まだ抜けてないな頭が痛い。

9時頃に起きて枠順を眺めていたのですが17頭立てなのですね。
秋の正逆4か15はここで消すのかな?それでエリ女杯では連対から3着に落としたという訳か。
一週早く消えると思ったのにここで17頭立てとはねえ、こんなのは読める訳が無いなあ。
まあ我々は受けて側だから今有る材料で予想するしか無いです。

マイルCSでフルゲート割れは2004年のデュランダル2年目の16頭立てです。
その前は1998年のタイキシャトル2年目の13頭立てです。
リンクとかは夜に調べようと思っていますがトーセンラーの連覇も有りそうな感じです。

17頭立ては今年の安田記念もですがその2着グランプリボスと枠を組んでいるトーセンラーは良く思えます。
武豊騎手が隣枠を連れて来るならミッキーアイルかなあ?
ダービー菊花賞の4着馬をマイルCSに出走させているのは意味が有るはず。
まさか世代のマイル王を中長距離4着馬に負けさせないよね。
そんな先入観が失敗を多く生んでいる昨今の競馬なのだけど。

あともう一頭今のところ気になっているのがワールドエース、というよりは5枠なのだけど。
今年の安田記念、昨年の天皇賞とジャパンC。
正逆7と5枠がお金になった17頭立てのレースです。
5枠は特に外国人騎手に同居させているのとフィとイプで襷掛けで挟んでいる点でワールドエース。

ここまで重賞で結果を残していないブドー騎手が頑張るのか?
重賞でのブドー騎手は6隣が3着以上。
富士S  1番→7番2着 11番3着
菊花賞  8番→2番1着
天皇賞  16番→4番1着
武蔵野S 13番→1番2着
MCS   9番→3番か15番

昼寝して夜に調べます。

(追記)
読み返して矛盾に気が付いた。
ミッキーアイルは15番か。
この馬が来るなら正逆15は切れてないということになる。
正逆4か15が消えるという先入観は無しの方が良いな。

エリザベス女王杯回顧

全くダメな結果にしばし呆然・・・、言葉も出ない。
天皇賞秋ぐらいの自信を持っていたのだけど結果は何とも言い訳しようが無い。
消えると見た正逆15が3着に入りいろいろとチグハグな結果でした。
ラキシスとディアデラマドレは妄想では名前を挙げていた馬。
特にラキシスは前年の2着馬で最初に考えていた馬なのだけど拡大解釈してメイショウマンボを取ってしまった。
連年連対という意味でもラキシスを挙げたのだけど、2011年のスノーフェアリーは逆1番だったか。
2010年だと信じて疑えなかったな。

レッドリヴェールから2隣か4隣が3着以上。
阪神JF  8番→10番2着 6番3着
桜花賞  12番→10番3着
ダービー 16番→2番1着
ローズS 14番→16番3着
秋華賞  8番→6番1着 4番2着 12番3着
エリ女杯 11番→15番3着

ヌーヴォレコルトから10隣が3着以上。
こうやまき賞   7番→7番1着
チューリップ賞 13番→3番1着
桜花賞      10番→18番1着
オークス     9番→×
ローズS     6番→16番3着
秋華賞      4番→12番3着
エリ女杯     5番→15番3着

2200m重賞は正逆5か14が3着以上。
京都記念     逆14番1着
京都新聞杯   正5番逆14番3着
宝塚記念     逆14番1着 正5番2着
セントライト記念 正6番逆14番1着 正14番逆5番3着
オールカマー   正5番逆14番3着
エリ女杯     正5番逆14番2着
全て逆14番、次は来年のAJCC。

阪神京都の3歳以上芝重賞は正逆15が3着以上。
鳴尾記念    逆15番2着
マーメイドS   逆15番2着
宝塚記念    正15番3着
セントウルS   正15番2着
ローズS     逆15番2着
神戸新聞杯   逆15番3着
京都大賞典   逆15番2着
秋華賞      逆15番2着
菊花賞      逆15番2着
スワンS     逆15番2着
ファンタジーS  正15番2着
エリ女杯     正15番3着

武豊騎手の京都G1は隣枠が3着以上。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
エリ女杯  8枠→1枠1着 7枠3着

ショウナンのG1は近8戦で隣枠が3着以上。

リンク的にも上手く読めなかった感じです。

エリザベス女王杯どうでしょう?3

予想通りというかデイリー杯2歳Sで正逆15が消えました。
デイリー杯2歳Sでは2004年以降2012年以外で正逆18が3着以上です。
9頭立てで正逆1に人気馬の配置から買う気が無かったのですが8枠ゾロ目決着でした。

さてエリザベス女王杯ですが考えていた位置に考えていた馬が入り予想としては簡単に終わります。
結果それが良いのか悪いのか?ダメでもそのまま予想しないとサイン予想じゃ無いのでそのままで。

正逆6VS10はメイショウマンボ・コウエイオトメVSホエールキャプチャ・ヴィルシーナとなりました。
枠が3枠メイショウマンボと5枠ホエールキャプチャ・ヴィルシーナ。
枠連3-5というとスノーフェアリーの初年ですね、3着も3枠のアパパネだった。
3枠はオークス馬の枠で5枠はVM馬の枠です。
2010年のオークス馬はアパパネで2着のメイショウベルーガはVM2着のヒカルアマランサスと枠を組んだ。
ヌーヴォレコルトはオークス2着同枠でも有りメイショウマンボは前年覇者でVM2着。
ヴィルシーナはオークス2着が有りエリザベス女王杯2着も有る。
この二つの枠は2010年で結ぶと似ている戦歴を持つ枠に思える。

2010年との比較では他にオークスが同枠決着だったというのも有る。
これについてはHATさんが既に記事にされています。

この4頭で三連な気もしていますが他に割って入るなら、
12番ショウナンパンドラと14番サングレアルを入れたい。

ルメール騎手から7隣25隣は10番ヴィルシーナと14番サングレアル。
武豊騎手の隣枠は1枠と7枠。
ショウナンの隣枠は5枠と7枠。
ショウナンの14隣か16隣は8番10番14番16番。
柴田善臣騎手の2隣枠は2枠と6枠。
京都4日目メインの正逆24か25と4日目G1の正逆6か12は6番7番12番13番。

それと牝馬G1での冠名コウエイは隣が3着以上です、12番14番。
この辺りから12番と14番を見ています。

14番に戸崎騎手と言えば2011年の安田記念を思い出します。
9番人気リアルインパクトでの中央G1初勝利。
現在13番人気辺りです、馬単を100円ずつでも入れておこうかと。

エリザベス女王杯どうでしょう?2

TVCMはスノーフェアリーですね、2010年と2011年を連覇した。
3枠6番と8枠18番でムーア騎手の騎乗、今のところムーア騎手に騎乗馬は無いようで。
メイショウマンボを一番手に考えているのは変わらずです。
勝つかどうかでいうと2着までなら連続連対ということで連覇に近いと判断します。
なのでラキシスも対象馬です。

メイショウマンボの相手に妄想ではラキシス・スマートレイアー・ディアデラマドレ・レッドリヴェールを挙げた。
例年のエリザベス女王杯から相手を探すと2006年以降は3歳馬が3着以内に入っている。 
2006年 フサイチパンドラ1着 (オークス2着)
2007年 ダイワスカーレット1着 (桜花賞秋華賞1着)
2008年 リトルアマポーラ1着
2009年 ブエナビスタ3着 (桜花賞オークス1着)
2010年 スノーフェアリー1着 アパパネ3着 (牝馬三冠)
2011年 アヴェンチュラ2着 (秋華賞1着)
2012年 ヴィルシーナ2着 (桜花賞オークス秋華賞2着)
2013年 メイショウマンボ1着 (オークス秋華賞1着) ラキシス2着

2006年はカワカミプリンセスの降着が有り同枠のフサイチパンドラが繰り上がりで勝利した。
リトルアマポーラとラキシス以外は3歳牝馬G1で連対歴が有る、スノーフェアリーは海外G1馬。
リトルアマポーラは桜花賞馬レジネッタと枠を組み、ラキシスは3歳馬のみで枠を組んだ。
スノーフェアリーもアパパネと枠を組んでいた。
3歳牝馬G1での連対歴はレッドリヴェール・ヌーヴォレコルト・ショウナンパンドラに有る。
あるいは6頭出走予定の3歳馬のみで枠を組むのかに注目する。

レッドリヴェールから2隣か4隣が3着以上。
阪神JF  8番→10番2着 6番3着
桜花賞  12番→10番3着
ダービー 16番→2番1着
ローズS 14番→16番3着
秋華賞  8番→6番1着 4番2着 12番3着
牝馬限定では2隣ですが4隣も考慮します。

ヌーヴォレコルトから10隣が3着以上。
こうやまき賞   7番→7番1着
チューリップ賞 13番→3番1着
桜花賞      10番→18番1着
オークス     9番→×
ローズS     6番→16番3着
秋華賞      4番→12番3着
G1勝利のオークス以外でです。

京都4日目メインは正逆24か25が3着以上。
2013年
2回 きさらぎ賞  逆25番1着 正25番3着
3回 天皇賞春   正24番1着 逆24番3着
4回 秋華賞    逆24番3着
5回 エリ女杯   正25番3着
2014年
1回 日経新春杯 正25番1着 逆25番3着
2回 きさらぎ賞  逆25番3着
3回 天皇賞春  正25番1着 逆25番2着 正24番3着
4回 清水S    正24番1着 逆25番2着 逆24番3着

4日目G1も正逆6か12なので18頭立てでは正逆6か7になり上と重なる。

2200m重賞は正逆5か14が3着以上。
京都記念     逆14番1着
京都新聞杯   正5番逆14番3着
宝塚記念     逆14番1着 正5番2着
セントライト記念 正6番逆14番1着 正14番逆5番3着
オールカマー   正5番逆14番3着
18頭立てだと5番か14番だが全て逆14番なのでまずは5番から確認したい。

阪神京都の芝重賞は正逆15が3着以上。
鳴尾記念    逆15番2着
マーメイドS   逆15番2着
宝塚記念    正15番3着
セントウルS   正15番2着
ローズS     逆15番2着
神戸新聞杯   逆15番3着
京都大賞典   逆15番2着
秋華賞      逆15番2着
菊花賞      逆15番2着
スワンS     逆15番2着
ファンタジーS  正15番2着
デイリー杯2歳Sを確認してから。

この阪神京都の流れは秋G1で3連続連対の位置です。
ただ一週間空いてダートとはいえ切れたので切れるのかも?とも思う、天皇賞で正逆ワイドだし。
なのでデイリー杯2歳Sは確認だけで私は買いません。
この位置が切れるなら今のところ正逆6と10の位置が優先だと思っている。
フェブラリーS 逆4番1着 逆6番3着
高松宮記念 逆10番3着
桜花賞   正10番3着
皐月賞   ×
天皇賞春  正6番3着
NHKMC  正10番1着
VM     正4番2着
オークス  逆10番1着 正10番2着
ダービー  逆6番2着
安田記念  正10番1着 逆6番2着
宝塚記念  逆10番2着
SPS    逆10番2着 逆6番3着
秋華賞   正6番1着 正4番2着
菊花賞   正4番2着 正10番3着
天皇賞秋  正4番1着 逆4番3着

正逆6は昨年のJCDから続いた流れで正逆4と6は有馬記念の1着2着です。
10番はハープスターが阪神JFで負けた位置ですがMHKMC以降に多いのでミッキーアイルからでしょうか。
秋はこの中でワイドなので正逆6VS10でのワイドに期待している。

みやこSとアルゼンチン共和国杯 回顧

アルゼンチン共和国杯が取れたので全体としては10点で15倍の150%回収でまずまずでした。
しかし来週に向けて調べていた物がやや微妙になったなあ。
京都阪神の正逆15は芝重賞としてデイリー杯2歳Sの結果を見てから判断しますがやや割り引いて考えます。

(みやこS)
古馬重賞の木村健騎手の騎乗は27隣が3着以上です。
東海S     10番→5番3着
スワンS    13番→2番3着
東海S     9番→14番1着 4番3着
阪神牝馬S 10番→1番1着
阪神牝馬S 17番→10番2着 7番3着
みやこS   15番→4番2着 10番3着

古馬重賞の木村健騎手の騎乗は正逆1か3が3着以上です。
スワンS    正1番1着 逆1番3着
東海S      正3番1着
スワンS    逆3番1着   
東海S     逆3番1着 逆1番2着
阪神牝馬S  正1番1着 逆3番2着
阪神牝馬S  逆3番1着
みやこS    逆3番1着

久し振りに騎乗する木村騎手がポイントだろうとは見ていたけど他のリンクが全て消えたのでは無理。
27隣で2着馬も出て来るのだけど10番のみを抽出もワイドを選択していなかったので外しです。

(アルゼンチン共和国杯)
2500m重賞は2013年以降で正逆3か14が3着以上。
日経賞  正14番1着 逆14番2着 逆3番3着
目黒記念 逆3番2着
アル共杯 逆3番2着 正3番3着
有馬記念 正14番逆3番3着
日経賞  逆14番3着
目黒記念 正14番逆3番1着
アル共杯 正3番1着

このレースは横山騎手の隣が3着以上。
2009年 14番→13番3着 
2011年 8番→7番3着
2012年 4番→3番3着
2013年 11番→12番1着
2014年 4番→3番1着

このレースは正逆7か8が3着以上。
2008年 逆7番3着
2009年 正8番2着
2010年 正7番3着
2011年 逆8番1着 逆7番2着 正7番3着
2012年 正7番2着
2013年 逆7番1着
2014年 逆8番3着

東京G2は正逆8か9が3着以上。
青葉賞    逆8番1着
京王杯SC  正9番1着
目黒記念   正9番2着
毎日王冠   正8番逆8番3着
府中牝馬S  逆9番1着
京王杯2歳S 正9番3着
アル共杯   正9番2着 逆8番3着

こちらは選択も上手くいった。
しかし馬券の買い方からするとガッカリな面も有る。
結果論なのだけど6点BOX馬連より6点BOXワイドの方が回収は上だったなと。
馬連は当たりは一つだけどワイドは当たりが三つ有る。
私がワイドも重視する理由はここですね。

みやこSとアルゼンチン共和国杯どうでしょう?

あまり調べてないので軽くですが・・・。

みやこS
阪神京都の芝重賞は正逆15が3着以上。
鳴尾記念   逆15番2着
マーメイドS  逆15番2着
宝塚記念   正15番3着
セントウルS  正15番2着
ローズS    逆15番2着
神戸新聞杯  逆15番3着
京都大賞典  逆15番2着
秋華賞     逆15番2着
菊花賞     逆15番2着
スワンS    逆15番2着
ファンタジーS 正15番2着

一応芝重賞として見ていますが京都重賞としても考えます。
なのでここで切れてもデイリー杯2歳Sで継続ならエリザベス女王杯でも予想に入れます。
1着無しで2着率が高いですね、ここからは2番ソロルを見ています。

2012年から京都ダート重賞は正逆6が3着以上。
東海S  逆6番2着
みやこS 正6番3着
平安S  正6番3着
みやこS 逆6番2着 正6番3着
平安S  正6番2着

ダートとして見るなら正逆15よりこちらを優先なのかも?
ここからは11番サトノプリンシパルを見ています。

1800mダート重賞は正逆12が3着以上。
JCD     正12番1着
東海S    正12番3着
マーチS   逆12番2着
アンタレスS 正12番3着
レパードS  逆12番3着

ここからは5番クリノスターオーを見ています。
ここを継続なら次はチャンピオンズCです。

正逆12はもう一つ、ヴォーグトルネード出走Rは正逆12が3着以上。
甲南S     正12番1着
ブリリアントS 正12番1着
ジュライS   逆12番3着
BSN賞    正12番3着
ブラジルC   正12番2着

古馬重賞の木村健騎手の騎乗は27隣が3着以上です。
東海S     10番→5番3着
スワンS    13番→2番3着
東海S     9番→14番1着 4番3着
阪神牝馬S 10番→1番1着
阪神牝馬S 17番→10番2着 7番3着

古馬重賞の木村健騎手の騎乗は正逆1か3が3着以上です。
スワンS    正1番1着 逆1番3着
東海S      正3番1着
スワンS    逆3番1着   
東海S     逆3番1着 逆1番2着
阪神牝馬S  正1番1着 逆3番2着
阪神牝馬S  逆3番1着

2012年阪神牝馬S以来の重賞騎乗です。
27隣は10番ナムラビクター、正逆1か3は14番。

軸は5番クリノスターオーから。
2番10番11番14番へ。

アルゼンチン共和国杯
2500m重賞は2013年以降6戦で正逆3か14が3着以上。
日経賞  正14番1着 逆14番2着 逆3番3着
目黒記念 逆3番2着
アル共杯 逆3番2着 正3番3着
有馬記念 正14番逆3番3着
日経賞  逆14番3着
目黒記念 正14番逆3番1着

ここからはフェイムゲームを見ている。
3番にはもう一つこのレースの横山騎手隣も。
2009年 14番→13番3着 
2011年 8番→7番3着
2012年 4番→3番3着
2013年 11番→12番1着
2014年 4番

このレースは正逆7か8が3着以上。
2008年 逆7番3着
2009年 正8番2着
2010年 正7番3着
2011年 逆8番1着 逆7番2着 正7番3着
2012年 正7番2着
2013年 逆7番1着

正逆7で見るべきかも?なのだが11番スーパームーンを選ぶ。
東京G2は正逆8か9が3着以上も有るので。
青葉賞    逆8番1着
京王杯SC  正9番1着
目黒記念   正9番2着
毎日王冠   正8番逆8番3着
府中牝馬S  逆9番1着
京王杯2歳S 正9番3着

ここからは9番クリールカイザーと11番スーパームーン。

東京メインの正逆1か2が3着以上。
土曜日の京王杯2歳Sも正1番が2着、ここからは17番ラブリーデイ。

3番9番11番17番でBOXにするかな。

エリザベス女王杯 軽い妄想とリンクを少し

前記事で今秋は2着馬に注目じゃないかと見ていると書いたその理由でも書いてみようかと。
簡単に考えただけなので軽く読んでください。

スプリンターズS、 高松宮記念2着スノードラゴンが1着。
秋華賞、紫苑S2着ショウナンパンドラ1着・オークス2着同枠ヌーヴォレコルト2着・ローズS2着タガノエトワール3着。
菊花賞、神戸新聞杯2着サウンズオブアース2着。
天皇賞秋、前年2着ジェンティルドンナ2着。

スプリンターズSでは前年2着で前哨戦のセントウルS2着ハクサンムーン同枠が3着枠。
秋G1では当該レースの前年・前哨戦・同カテゴリーの前レースでの2着馬が関係しているのでは?と見ている。

エリザベス女王杯では前年の2着ラキシス、VMの2着メイショウマンボ。
前哨戦から府中牝馬S2着スマートレイアー、京都大賞典の2着は牡馬。
しかしこの京都大賞典が重要なのかも?と思い直している、2着同枠メイショウマンボ(自身10着)。
この3頭ではメイショウマンボを上に見ている。

昨年は3歳馬での馬連決着だった。
過去には2003年アドマイヤグルーヴ→スティルインラブ。
連覇したアドマイヤグルーヴは両年共に2番人気。
二度目は同世代5番人気のオースミハルカが2着、前走府中牝馬S1着。

過去に連覇した馬はメジルドーベル・アドマイヤグルーヴ・スノーフェアリー。
メイショウマンボが勝つならメジロドーベルに近い戦歴になる。
ただ違う部分も多い、阪神3歳牝馬勝利や現4歳5歳でのエリザベス女王杯勝利など。
一度目が2番人気で勝利し相手が逆1番の同世代という点は同じ。
二度目も2番人気で相手は7番人気のフサイチエアデール、当年桜花賞2着。
メイショウマンボが2番人気なら軸にしたい。
ここでの相手はディアデラマドレとレッドリヴェール、5~6番人気に期待したい。

エリザベス女王杯でホエールキャプチャから20隣が3着以上。
2011年 3番→1番2着
2012年 11番→15番1着 (16頭立て)
2013年 5番→3番1着 7番3着

古馬牝馬G1でヴィルシーナから6隣か10隣が3着以上。
2013年 エリザベス女王杯 12番→6番3着
2013年 ヴィクトリアマイル 11番→1番3着
2013年 エリザベス女王杯 9番→3番1着
2014年 ヴィクトリアマイル 14番→4番2着
他の直近重賞は、
ジャパンC  1番→6隣7番1着
阪神牝馬S 7番→10隣4番1着 10隣10番3着
宝塚記念  3番→10隣5番2着

京都G1で柴田善臣騎手から2隣枠が3着枠以上。
2011年秋華賞 3枠→1枠2着
2011年菊花賞 3枠→1枠3着
2011年MCS  7枠→1枠2着
2012年天皇賞 7枠→1枠1着
2012年エ女杯 8枠→6枠2着

エリザベス女王杯どうでしょう?

G1シリーズも一週空きますが今週は確認か豆銭だけにしてエリザベス女王杯を調べます。

第39回エリザベス女王杯(GI)

エリザベス女王杯 スペシャルイベント

田中理恵さんがレース展望&エリザベス女王杯プレゼンターとして来場!

エリザベス女王杯(GⅠ)当日は、2012年ロンドンオリンピック体操競技で活躍された田中理恵さんがゲストプレゼンターとして来場します!

田中理恵

田中理恵


(たなか りえ、1987年6月11日 - )は、日本の元体操選手。和歌山県岩出市出身。日本体育大学助教。
2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。
兄の田中和仁、弟の田中佑典も同じく体操選手。
2010年のロッテルダム世界選手権では、日本人女子として初のエレガンス賞を受賞した。

先日の世界選手権では田中佑典さんが大活躍でした、中国での開催じゃなければ団体の金は取っていたと思う。
兄弟で活躍した馬なのか?騎手なのか?メイショウマンボ・武幸四郎騎手なら連覇ですね。
ただ春と違って2着馬に注目じゃないかと思っているのでラキシスも考慮したい。
出走馬から直接コレというのはまだ無いのでいろいろと調べてからにします。

武豊騎手の京都G1は隣枠が3着以上。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
エリ女杯  スマートレイアーに騎乗予定

古馬芝G1でルメール騎手から7隣か25隣が3着以上。
2012年ジャパンC 8番→7隣15番1着 25隣17番2着    (17頭立て)
2012年有馬記念  6番→7隣25隣13番1着          (16頭立て)
2013年マイルCS 16番→7隣25隣5番1着           (18頭立て)
2013年有馬記念 13番→7隣25隣6番1着 7隣25隣4番2着 (16頭立て)
2014年天皇賞秋 15番→7隣12隣4番1着
2014年エリザベス女王杯 キャトルフィーユに騎乗予定

ショウナンのG1は近7戦で隣枠が3着以上、6戦連続で-1隣枠が3着以上です。

冠名ショウナンのG1は14隣か16隣が3着以上。
宝塚記念  2番→2番3着
安田記念  2番→16番3着
朝日杯FS 11番→11番3着
NHKMC  5番→1番3着
       12番→10番1着
ダービー  6番→2番1着
安田記念 11番→10番1着 12番2着
秋華賞   6番→4番2着
菊花賞   6番→2番1着 4番2着 10番3着
エリ女杯  ショウナンパンドラが出走予定

後は土日の結果を見た後にでも追加します。

天皇賞 回顧

今日は久し振りに良い予想が出来たと自画自賛させて下さい、そうそう無いですから。
イスラボニータはシンボリクリスエスじゃなくディープスカイだった。
枠順発表前は軸に考えていたがリンク的にはどうにも薄い、で三頭ではBOXを選択。
雑多なハイブリッドサイン読みをしている私には良く有る矛盾なのですが今回はそれを上手く処理出来たと思う。

ゲストもこのところ上手く行かなかったので書かなかったけど石坂浩二氏で石坂厩舎と北村宏司騎手。
<ヒロシ>だけど<コウジ>とも読める、この辺りの感覚が文字系は連想系でどうとでも取れると揶揄されるところ。
でも私は元々そっち系ですから何と言われても気にしない。
<浩二>で2番か2枠も見ていました、最近は率が低いので参考程度ですが+1では見ています。
最後にディサイファとスピルバーグを入れ替えたのも秋山騎手の9隣とゲストからです。
勝つとは思ってなかったんですけどね。

1回50回100回の3戦を見ると正逆1が連対しています、それと2番人気が3着以内です。
  1回 正1番フエアモア 2着      2番人気ヒサトモ3着
 50回 正1番ヤマトキョウダイ 1着   自身が2番人気
100回 逆1番スーパークリーク 1着   自身が2番人気
150回 正1番ジェンティルドンナ 2着  自身が2番人気

東京開催は3回9日メイS以降の奇数日で正逆1か2が3着以上。

G1で古川騎手から隣か8隣が3着以上。
1998年 桜花賞     11番→10番3着 (隣)
1998年 NHKMC    13番→5番2着 (8隣)
1998年 オークス     17番→16番3着 (隣)
1998年 宝塚記念     9番→4番2着  (8隣)
1998年 秋華賞      15番→14番1着 (隣) 7番2着 (8隣)
1998年 阪神3歳牝馬S  6番→1番2着 (8隣)
2009年 エリザベス女王杯 6番→7番1着 (隣) 16番3着 (8隣)
2010年 高松宮記念    14番→6番1着 (8隣)
2012年 高松宮記念     2番→10番1着 (8隣) 1番3着 (隣)
2012年 宝塚記念      3番→11番1着 (8隣) 2番3着 (隣)
2014年 菊花賞        3番→2番1着(隣) 4番2着(隣)
2014年 天皇賞秋     11番→1番2着(8隣)

天皇賞でせん馬の隣枠が3着以上。
2008年春 6枠9番→5枠8番2着
2008年秋 3枠6番→4枠7番1着
2010年春 1枠2番→8枠16番2着 2枠4番3着
2011年春 3枠5番→2枠3番3着
2012年秋 7枠14番→6枠12番1着
2013年春 8枠17番→1枠1番2着
2013年秋 無し
2014年春 3枠5番→4枠7番1着
2014年秋 無し

天皇賞秋に出走する3歳馬からのリンクです。
2001年 13番トレジャー    →-29隣10番1着 (13頭立て)
2002年 8番シンボリクリスエス→-29隣1番2着 (18頭立て)
2003年 出走無し
2004年 3番シェルゲーム   →-29隣8番3着 (17頭立て) 他にダンスインザムード、ダイワメジャー
2005年 8番キングストレイル →-29隣1番1着 (18頭立て) 他にストーミーカフェ
2006年 15番アドマイヤムーン→+29隣10番2着 3番サクラメガワンダー→+29隣15番3着 (17頭立て)
2007年 出走無し
2008年 2番ディープスカイ  →+29隣14番1着 -29隣7番2着 (17頭立て)
2009年 出走無し
2010年 18番アリゼオ →-29隣7番2着 5番オウケンサクラ →-29隣12番3着 (18頭立て)
      他にペルーサ、コスモファントム、エイシンアポロン
2011年 出走無し
2012年 11番ジャスタウェイ →+29隣4番2着 (18頭立て) 他にフェノーメノ、カレンブラックヒル
2013年 1番コディーノ     →-29隣6番3着 (17頭立て)
2014年 15番イスラボニータ →-29隣4番1着 (18頭立て)

古馬芝G1でルメール騎手から7隣か25隣が3着以上。
2012年ジャパンC 8番→7隣15番1着 25隣17番2着    (17頭立て)
2012年有馬記念  6番→7隣25隣13番1着          (16頭立て)
2013年マイルCS 16番→7隣25隣5番1着           (18頭立て)
2013年有馬記念 13番→7隣25隣6番1着 7隣25隣4番2着 (16頭立て)
2014年天皇賞秋 15番→7隣12隣4番1着
この位置のスピルバーグが1着、でも次もと言うと違う気がする。
これまで1番人気か2番人気だったが今回は5番人気なので次は割り引いて見た方が良いと思う。

G1でベリー騎手から2隣か6隣が3着以上。
朝日杯FS  5番→11番1着      (自身2着)
有馬記念   9番→7番2着 9番3着
天皇賞秋   7番→×         (自身2着)
フェブラリーS 8番→2番1着 6番2着
フェブラリーS 1番→15番2着 11番3着
秋華賞     16番→4番2着
天皇賞秋    6番→4番1着

アスカクリチャンから23隣か25隣が3着以上。
日系新春杯  7番→25隣2番3着
天皇賞春   1番→25隣12番2着 23隣6番3着
目黒記念   10番→23隣25隣1番3着
函館記念   11番→→23隣25隣2番3着
エルムS    9番→25隣8番1着 25隣10番2着 23隣12番3着
新潟記念   ×
オールカマー 1番→23隣6番2着
天皇賞秋   17番→23隣4番1着

トーセンジョーダンから近12戦で3隣か4隣が3着以上。
16番→3隣1番2着

G1でダークシャドウから20隣が3着以上。
ジャパンC  10番→13番3着
有馬記念  10番→6番2着
安田記念  12番→10番1着
マイルCS  15番→13番3着
ジャパンC  6番→4番1着

天皇賞秋で柴田善臣騎手から5隣か7隣が3着以上。
2010年 1番→12番3着
2011年 3番→8番3着
2012年 1番→12番1着 6番3着
2013年 2番→7番1着 9番2着
2014年 10番→15番3着

天皇賞秋で蛯名騎手から6隣か8隣が3着以上。
2003年 15番→8隣7番2着
2004年 5番→8隣13番1着
2005年 5番→8隣13番2着
2006年 16番→6隣10番2着
2007年 16番→6隣6番3着
2008年 13番→6隣7番2着 6隣2番3着
2009年 13番→8隣3番1着 6隣7番3着
2010年 4番→8隣12番3着
2011年 1番→6隣7番2着
2012年 4番→8隣12番1着
2013年 15番→8隣7番1着 6隣9番2着
2014年 9番→8隣1番2着 6隣15番3着

G1で冠名マイネルの隣枠が連対。
朝日杯FS  2枠マイネルディアベル →3枠1着
NHKMC  8枠マイネルディアベル →1枠2着 3着
東京優駿  2枠マイネルフロスト   →1枠1着
菊花賞    1枠マイネルフロスト   →2枠2着
天皇賞   8枠マイネルラクリマ    →1枠2着 7枠3着

東京G1で秋山騎手から9隣が3着以上。
2013年 フェブラリーS 11番→2番1着
2013年 安田記念   1番→10番1着
2014年 オークス    14番→5番3着
2014年 安田記念   3番→12番2着
2014年 天皇賞秋   13番→4番1着

これだけ継続するとさすがに当たるよね、そんな気分です。

追加でまだ参考にもならない物を一つ。
菊花賞の時のミヤジジャスパーが来ればと思っていた物を見直した物です。
SPS   1番アースソニック   前走正10番逆4番 3着(逆11着) →逆10番2着
秋華賞  1番ブランネージュ   前走正13番逆5番 4着(逆14着) →逆13番1着
菊花賞  1番マイネルフロスト  前走正6番逆13番 9着(逆10着) →正10番3着
天皇賞秋 1番ジェンティルドンナ 前走正6番逆7番  9着(逆4着)  →正4番1着
秋華賞では正4番も2着ですが、正番の逆番か逆着順の正番を確認だけはしようかと、当たるも八卦当たらぬも八卦。

天皇賞どうでしょう?3

最初の記事で、
>2012年は毎日王冠週が3日間開催で毎日王冠の枠連が今年と同じなのと馬連が万馬券、枠2→4。
2012年はダービー馬のエイシンフラッシュが勝った。
2着は蛯名騎手の3歳馬フェノーメノ、3着は2番人気のルーラーシップ。
2012年に倣うならエアソミュールは要らない。

と書いたが毎日王冠馬のエアソミュールは出走しない。
近年で毎日王冠馬が出走しないのは2008年スーパーホーネット2003年バランスオブゲーム2002年マグナーテン2001年エイシンプレストン。
その次走はマグナーテンのみジャパンCで他はマイルCS、エアシミュールは金鯱賞とのこと。

各年の勝ち馬と前走と1番人気の着順。
2001年アグネスデジタル、南部杯1着、1番人気テイエムオペラオー 2着
2002年シンボリクリスエス、神戸新聞杯1着、テイエムオーシャン 13着
2003年シンボリクリスエス、宝塚記念5着、シンボリクリスエス 1着
2008年ウオッカ、毎日王冠2着、ウオッカ 1着

今まで見て来た年度と重ねると、2002年と2008年が一致する。
これから見るとイスラボニータが3着以内から消えるとは思えないんだけどなあ。
1番人気もイスラボニータが落ちないでしょう。
テイエムオーシャンは4.9倍の1番人気なのでと自分勝手に解釈してます。

天皇賞秋で柴田善臣騎手から5隣か7隣が3着以上。
2010年 1番→12番3着
2011年 3番→8番3着
2012年 1番→12番1着 6番3着
2013年 2番→7番1着 9番2着
2014年 10番→3番5番13番15番

天皇賞秋で蛯名騎手から6隣か8隣が3着以上。
2003年 15番→8隣7番2着
2004年 5番→8隣13番1着
2005年 5番→8隣13番2着
2006年 16番→6隣10番2着
2007年 16番→6隣6番3着
2008年 13番→6隣7番2着 6隣2番3着
2009年 13番→8隣3番1着 6隣7番3着
2010年 4番→8隣12番3着
2011年 1番→6隣7番2着
2012年 4番→8隣12番1着
2013年 15番→8隣7番1着 6隣9番2着
2014年 9番→1番3番15番17番

二つは15番に当たるリンクは見つけた、まだ有るのだと思うが。
枠としてならG1で冠名マイネルの隣枠が連対。
朝日杯FS  2枠マイネルディアベル →3枠1着
NHKMC  8枠マイネルディアベル →1枠2着 3着
東京優駿  2枠マイネルフロスト   →1枠1着
菊花賞    1枠マイネルフロスト   →2枠2着
天皇賞   8枠マイネルラクリマ    →1枠or7枠

ルメール騎手が勝利したとして相手を予想すると隣か4隣が気になる。
2005年 有馬記念 10番→6番2着 14番3着
2008年 エリ女杯  16番→15番2着
2008年 JCD    10→6番3着
2009年 JC     5番→6番3着
2013年 JCD    12番→8番2着
2014年 JC     15番→1番11番14番16番
1番にはジェンティルドンナか。

東京G1で秋山騎手から9隣が3着以上。
フェブラリーS 11番→9番1着
安田記念   1番→10番1着
オークス    14番→5番3着
安田記念   3番→12番2着
これが継続なら4番スピルバーグ。

1番4番15番を中心に8番9番かな。
人気薄では2番3番が気になる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア