1. 無料アクセス解析

宝塚記念 回顧

どうしようもないくらいの酷い予想でした。

ゴールドシップの位置も逆2番、この位置は先週の人気馬2頭が飛んだ逆番なのでそれは見えていた。
他が全くの見当違いだった。
ヒシミラクルは芦毛の菊花賞馬と見ればゴールドシップか、勝つとは思えなかったのだが今年の前半は連覇の年か。

ハーツクライの仔3頭中外したカレンミロティックが2着とは何とも言えない。
位置はフェイムゲームの方が良く思えた、阪神G1の正逆7か12もここで消えた。
カレンミロティックは逆20番か、TOKIOのゲストでは全てこれだったんだなあ、書いているのに軽視してた。

3着は福永騎手か、安田記念の時に書いたんだけどなあ注意と。
何故拘れなかったのか?

何というか締まらない春G1シーズンの締めとなりました。
夏は札幌記念を目指します、途中で何か書くかも分かりません。







スポンサーサイト

宝塚記念どうでしょう?2

 
6/29(日) 第55回宝塚記念(GI) 阪神競馬場・芝2,200m

世代を超えた勇者の威厳、勝利という答えが最強を証明する。
さてどう読むか?なのだが最初に思ったのがオルフィーヴルのこと。
ウイン<勝利>が勝てばそれは一度も勝てなかったオルフェーヴルの最強を証明するなと。
<証明>→メイショウも良く使われる。
<勇者>→ブレーヴ。

1番人気はゴールドシップかウインバリアシオンかは直前まで分からないな。
東京JSでも1番人気の逆番と隣が3着以内に着たので注目している。
ゴールドシップならデニムアンドルビー・メイショウマンボ・フェイムゲーム。
ウインバリアシオンならジェンティルドンナ・トーセンジョーダン。

TVCMが枠5-5の年で今年は55回、ゾロ目的な決着を予想する。
枠のゾロ目だと8枠、正逆だと6番7番だと見ている。
ハーツクライの仔では最後に登録されたフェイムゲームが良い位置にいる。
ゾロ目的な要素とすればハーツクライ決着で春G1を締めるかも。

フェイムゲームは阪神G1の正逆7か12で武豊騎手の4隣とか。
ゴールドシップの隣を含めて位置的には一番良く見える。

見ているのは6番7番11番12番。
上位人気だが1番人気の馬連7-11で現在5倍、比率を考慮すれば十分プラスには出来るな。
私の中で順位を付けると7番11番12番6番の順に考えている。
フェイムゲームはワイドを選択するかな。

今週の回顧と宝塚記念を少し(修正)

回顧と言っても何も予想をしてない、どころか枠順もレースが終わった後に結果と同時に見た。

今日は大荒れでしたねえ。
ストレイトガールとアジアエクスプレスが1倍台で吹っ飛び。
ともに2番配置だったのが興味深い。
宝塚記念では正逆2、特に8枠の逆2の位置に注目します。

全ての競馬場のメインで正逆4か6が3着以上。
<函館>
UHB杯     正6番1着 逆4番3着
函館日スポ杯 正6番1着 逆6番3着
函館SS    逆6番3着

<東京>
ダービー    逆6番2着
麦秋S     逆4番2着
安田記念   逆6番2着
アハルテケS 正4番1着
エプソムC   正4番3着
ジューンS   逆6番3着
ユニコーンS  逆6番1着 正4番3着

<阪神>
安芸S     正6番1着
マーメイドS  逆6番3着
天保山S   正4番3着
米子S     逆4番3着

今日の結果を見ていると1番人気の位置から何かが見えて来るような気がする。
函館SSはストレイトガールの隣ガルボが1着、ユニコーンSはアジアエクスプレスの逆番コーリンベリーが2着。
そんな見方で調べるとオークスからの重賞で1番人気か隣が3着以上、5枠ゾロ目からですね。
阪神では鳴尾記念とマーメイドSで1番人気の隣が2着。
ただユニコーンSでは逆番なので何とも言えないか、土曜日の東京JSを見てからで。

宝塚記念には騎乗しないがメインでの武豊騎手の2隣か4隣は継続。
函館日スポ杯 5番→3番2着
函館SS    5番→3番1着 9番3着
武豊騎手はヒットザターゲットに騎乗予定です。

函館では正逆3か6と3枠か4枠が連対。

マーメイドS 回顧と宝塚記念

サッカー代表は残念ながら逆転負け。
悔しいですが最初から足が動けてなかった。
それとドログバの名前に負けた感じがした。
コートジボアールは息を吹き返し、日本はドログバへの警戒で2本のクロスを上げた選手にはマークが無かった。
次ですね、また応援しましょう。

で徹夜していたのでその後直ぐ寝ましてレースは見てません。
8枠ゾロ目で万馬券ですか。
全く見えてない、まあ調べも適当で仕方無いけど。

阪神重賞の正逆10も武豊か隣も消えた。
残ったのは4隣だけだが-方向じゃなく+方向、一応は2隣か4隣として継続していると見ます。

今開催は7枠が3日間2着だったが消えて正逆1か2で3着以上、というより8枠ですね。

宝塚記念は想定の時点で13頭しか居ない、まだ減るのかも。
武豊騎手からのに期待が有ったがトーセンラーも回避、フェノーメノも回避した。
TVCMはヒシミラクルとのこと。
2003年ですね、前年菊花賞と当年天皇賞を勝った、宝塚記念は枠5-5。
しかしそのどちらも出走しない。
菊花賞馬はゴールドシップ、天皇賞馬はトーセンジョーダン。
違うだろうな、ちょっと上手く考えられない。

10~13頭立てとすれば阪神G1の今の流れの正逆7か12の12が阪神連日の正逆1か2になる。
最終的な頭数が読めないけど正逆12の位置(特に8枠)から確認したい。

マーメイドS 軽く

サッカーの日本戦前の時間に書いています。
今日も面白い試合が多い。
コスタリカがウルグアイに勝ったのは驚きでした。
イタリアはイングランドに順当勝ちか、イングランドが頑張って面白い試合になった。
C組ではコロンビアが強いのかギリシャが弱いのか?3-0でコロンビアの勝利。
これでギリシャは次の日本戦には攻めなきゃ駄目になったから日本としたら戦い易くなったと思う。
とはいえこの後のコートジボアールに負ければこちらも崖っぷちに追い込まれる、まずはコートジボアール戦です。
日本のスタメンは予想通りだが向こうはドロクバがベンチスタートか、さあ応援しましょう。

土曜日の安芸Sで7枠10番が2着になり阪神メイン連日は7枠が3連続で2着。
阪神重賞の正逆10も土曜日のこの2着でマーメイドSでも大丈夫じゃないかと考えている。
この正逆10の枠は4枠と6枠です。
この二つの枠はHATさんも事前に書いていますね。
私もこの二つの枠を取りたい。
4枠はブリッジク<ライム>と<サ>ンシャインで<サムライ>です、サムライブルー枠です。
6枠はメイ<勝機>ラリでサムライブルーの勝利を願いたい。
エプソムCを見ると4枠に牝馬ゴールデンナンバーが居て6枠にペルーサ(ディエゴ・マラドーナの愛称)が居る。
この二つとも消えるとは思えない。

私はマーメイドSのみ参加で4枠軸で枠連で行く。
マーメイドSは正逆7か8を見ているので5枠。
このレースは傾向としてG1好走馬が良い。
武豊騎手から-4隣なら1番。

4枠から1枠5枠6枠7枠への4点とする。

宝塚記念どうでしょう?

阪神開催での物はマーメイドSで確認とします。

第55回宝塚記念(GI)

宝塚記念 表彰式プレゼンターにTOKIOの城島茂さん、松岡昌宏さん!

6/29(日)【宝塚記念(GⅠ)当日】は、JRA60周年記念CM「LOVE,HOLIDAY.」の楽曲を提供している、今年でデビュー20年目を迎えたTOKIOの城島茂さんと松岡昌宏さんが阪神競馬場に来場します!

皐月賞とダービーから20周年に注意。
松岡騎手には騎乗馬は無いかな?
トーセンジョーダンが出走予定だが一週前の想定見てから考えます。

宝塚記念 国歌独唱および表彰式花束プレゼンターに龍 真咲さん!


6/29(日)【宝塚記念(GⅠ)当日】は、宝塚歌劇団月組の龍 真咲(りゅう まさき)さんらタカラジェンヌの皆さんが阪神競馬場に来場します!
龍 真咲さんは、今年100周年を迎える宝塚歌劇団月組のトップスターとしてご活躍中です。

こっちは100周年か。
月→太陽(ラー)?
龍→ドラゴンとか想像上の生物とか、いなそうだな。
牝馬は4頭かな?ジェンティ・デニム・マンボ・ヴィルシーナ。
こっちも一週前の想定見てから考えます。

メイショウマンボから15隣が3着以上。
秋華賞    16番→13番3着
エリ女杯   3番→18番2着
産経大阪杯 5番→4番3着
VM      4番→1番3着

阪神G1では2012年宝塚記念から正逆7か12が3着以上(2歳除く)。

阪神重賞としては正逆10が3着以上。
産経大阪杯 逆10番キズナ 1着
阪神牝馬S 逆10番スマートレイアー 1着 正10番ローブディサージュ 3着
桜花賞    正10番ヌーヴォレコルト 3着
アンタレスS 正10番ナムラビクター  1着
鳴尾記念  正10番アドマイヤタイシ  2着
これはまだ今週のマーメイドSが有るのでそれを確認してから。

今年のG1は岩田騎手か隣ですが阪神重賞でも阪神大賞典以降は岩田騎手か隣が3着以上。
阪神重賞では同様に報知杯FR以降で武豊騎手か隣が3着以上。

前開催からの武豊騎手の流れは2隣か4隣が3着以上。
天皇賞春 14番→12番2着
NHKMC 8番→10番1着
VM     8番→4番2着
ダービー  17番→13番2着 3番2着
安田記念  16番→12番2着
3連続(-)4隣と見るか2隣か4隣と見るか?
間のレースを見ると2隣か4隣で広く見ておこうかと。
鳳雛S    5番→9番1着  3番2着
朱雀S    1番→5番2着  3番3着
鳴尾記念  12番→10番2着 2番3着
武豊騎手はトーセンラーで一応は予定されているが・・・?

当年天皇賞馬から7隣が3着以上。
2007年 8枠17番メイショウサムソン →3枠6番アドマイヤムーン 1着
2009年 1枠1番マイネルキッツ    →5枠8番サクラメガワンダー 2着
2010年 5枠10番ジャガーメイル   →8枠17番ナカヤマフェスタ 1着
2012年 5枠9番ビートブラック    →1枠2番ショウナンマイティ 3着
2013年 3枠3番フェノーメノ      →8枠10番ゴールドシップ  1着
2014年 フェノーメノ

後はまた来週で。

宝塚記念 妄想

ジャスタウェイの出走前提で一応妄想を書いていましたが回避とのこと。
回避した場合はどの年で考えるのか難しい。

春天皇賞馬が出走し前年勝利馬が出走するのは珍しく無い。
宝塚記念ではまだ連覇が無いから特に例年と違う事柄が無いようでゴールドシップを1着では選びにくい。
全体の流れを見るとジャスタウェイの出走で見ていた2007年が一番良いのだが?

<<2007年と今年の類似点はかなり多い。
前年の天皇賞秋馬がドバイDFに出走し安田記念を勝った、2007年はダイワメジャー。
ドバイDFも2007年はアドマイヤムーンが勝っているので日本馬の勝利と見ると同じ。
ダービーに牝馬が出走した年でも有る、2007年はダービー牝馬が出走したがそれは今年は無い。

2007年とすると安田記念馬としては消したいがドバイDF馬としては消せないという矛盾を持つことになる。
2着は3歳二冠で当年天皇賞馬のメイショウサムソン、3歳は前年有馬記念2着で当年目黒記念1着のポップロック。
ジャスタウェイの他では前年有馬記念2着のウインバリアシオンと3歳二冠で前年覇者のゴールドシップ。
それと当年の天皇賞春馬フェノーメノが候補になる。>>

とこんなことを書いていた。
2007年と違うのはダービー牝馬ウオッカが出走したのに対し今年はダービー馬も3歳牝馬も出走しない。
天皇賞秋→安田記念馬も出走しない。
2頭違うと同じとは言えないと思うが2000年代で辿ると2007年と状況は似ていると思う。
ウオッカもダイワメジャーも掲示板外なのでこの二つの要素は無視して良いと独り善がりな妄想をする。

ジェンティルドンナは=ウオッカじゃないのかと見ていた、ならば消せると考えていた。
しかしジャスタウェイの回避でドバイ勝利馬はジェンティルドンナだけになる。
ドバイから直接なのはアドマイヤムーンと同じ。
しかしここを勝つとG1勝利が7になりウオッカと並ぶ。
内容的にはウオッカを遥かに上回る事になる、実質はJC連覇と海外で既に上回っているが数字的にもね。
JRAでの立ち位置を考えるともう打ち止めじゃないかと思うのだが?
勝って7勝に並ばせるにしても通常の阪神開催のここじゃ無いだろと。
ディープインパクトも宝塚記念は京都開催の年だった。
東京に偏ったウオッカ同様に勝つなら昨年負けた天皇賞だと思うが三冠馬の天皇賞秋を見るとそれも無いと思う。
ただ3着以内とするとドバイ勝利から直接なので無視はしない。

ウインバリアシオンがもしG1を勝つならここだろうと思うのだが・・・?
ジャスタウェイとウインバリアシオンは父ハーツクライ、カレンミロティックもだが。
勝てば4連続G1勝利になる。
サンデーサイレンスが既にやっているだろうから有っても良いのだがそれでも?な感じ。
ただウインバリアシオンがメイショウドトウの様に一つタイトルを取れるならここだろうなと思う。
勝てなかったテイエムオペラオーを負かしたのがこの宝塚記念、他にもここだけのG1馬は昔から多い。
5連続G1で2着後にここを勝ったメイショウドトウと4回の2着で宝塚記念を迎えるウインバリアシオン。
まだ2週前での回避なので同じとは言えないが、カレンミロティックが回避して同父ハーツクライが勝った安田記念。
ダービーではウインフルブルームの取り消しも有った、これはマイネルフロスト3着で回収済みかも?

妄想では、
ウインバリアシオン→ジェンティルドンナ→ゴールドシップ・フェノーメノ。

安田記念 回顧

ジャスタウェイの2着に期待してそちらに比重を多くしたが結果はジャスタウェイが勝った。
ジャスタウェイが勝つ場合は他の馬にもという感じで考えていた。
買うのはジャスタウェイ中心なのは仕方無い、というよりは外すだけの理由と勇気が無いだけだったが。

NHKMC馬枠は当年のミッキーアイルじゃなく6歳のグランプリボス枠が2着3着、で3歳の2隣枠が連対。
書いた様に10-12のワイドは買っていました、馬連は選んでないけど・・・。
まあワイドでも配当が良いから十分にプラスになったのでここのところの負けをかなり戻せた。
気分的にも一つ取ってホッです。

このところリンクを調べる時間が取れてなくてダービーも外したので安田記念は気合を入れて調べたつもり。
多分リンクを調べてないとNHKMC馬枠は考えに有ったけどグランプリボスは選べてないと思う。
正直なところレースが終わるまでNHKMC馬枠はカレンブラックヒルだと思っていてボスにアレッ?だった。
2枠も3歳の2隣枠だったし。

しかし、やはりなのか?NHKMC馬は古馬マイルG1を勝てないですねえ。
いつかは勝つ馬が出るんだろうがその時はいつもと違う施行条件になるのかなと妄想します。

ヘッドラインの<実力主義の舞台>はグランプリで<主役>はボスだったんだなと今更な後出し。

石橋騎手のG1は関東で6隣が3着以上。
安田記念    4番→10番1着
皐月賞     12番→18番3着
NHKMC    14番→2番2着
ヴィクトリアM  7番→1番3着
安田記念    1番→12番。

2010年 最下位人気 12番→9番2着
2011年 最下位人気 11番→14番1着
2012年 最下位人気 6番→3番2着
2013年 最下位人気 5番→2番2着
2014年 最下位人気 15番→12番2着

田中騎手から重賞で3隣が3着以上。
新潟大賞典  13番→10番1着 16番3着
京王杯SC   6番→9番3着
ヴィクトリアM 11番→14番1着
オークス    7番→10番2着
安田記念   15番→12番2着

ホエ-ルキャプチャから5隣が3着以上。
札幌記念   9番→14番1着
府中牝馬S  11番→3番3着
エリ女杯    5番→18番2着
東京新聞杯  7番→12番3着
ヴィクトリアM 9番→14番1着 4番2着
安田記念   7番→12番2着

カレンブラックヒルから近7戦で23隣か25隣が3着以上。3番→25隣12番2着。

3歳馬の2隣枠が3着以上。
2004年 5枠10番メイショウボーラー →7枠14番ツルマルボーイ  1着
2011年 7枠14番リアルインパクト  →1枠1番ストロングリターン 2着
2013年 7枠14番エーシントップ   →1枠2番ショウナンマイティ 2着
2014年 4枠8番ミッキーアイル   →6枠12番グランプリボス   2着 6枠11番ショウナンマイティ 3着

以上がグランプリボスを示していたので選べたと思う。

後から追加した(個人的に)違和感を感じた二人の騎手からも上手くいってこれが本当に嬉しい。
こういうのが有ると調べた甲斐が有ったと思える。
イベントでもリンクでも妄想でも普段とは違う何かが有るとそこに今回使われるサインの有無を確認したくなる。
それが大事だなと。

ただリンクではジャスタウェイは出て来ていない、ショウナンマイティも。
ジャスタウェイは17頭立てで正逆9では無くなったが枠とすれば東京G1は5枠か7枠と言える。
それと直前の福永騎手の騎乗停止ですね。
並びはシャ・ジャ・ショだったのでジャスタを選びましたがここはショウナンも3着に来た。
ショウナンマイティは後付けでも理由は付けにくい。

ジャスタウェイが順調に宝塚記念に出走した場合。
2003年2004年2007年は安田記念馬は沈んでいる。
ただ2007年のアドマイヤムーンはドバイDF勝利から連勝している。
この辺りから妄想しようと思っています。
今日同様に外して考えるのは難しいかも、福永騎手に戻った場合は。
柴田騎手が継続すれば負けも有りそうな気がする。

ブログとしては宝塚記念を調べ始めるので他レースの予想はそれまで止めにします。
阪神連日とかで良さそうな物が有れば予想とは別で出すかも?

安田記念どうでしょう?3

 
6/8(日) 第64回安田記念(GI)  東京競馬場・芝1,600m

歴代の輝きに負けぬ威光、実力主義の舞台で主役となる。

<歴代の輝き>は20011年勝利のリアルインパクト、<輝き>はグロリアスデイズ、<主役>はエース。
<舞台>は父ダンスインザダークで母父ダンシングブレーヴのクラレント。
<舞台>を場所と読めばブラックヒル(黒い丘)、ウェイ(道)、ワールド(世界)。
<威光>はグランデッツア(偉大)。
<歴代の輝きに負けぬ威光>と言えるのはドバイDF勝利のジャスタウェイ。
<実力主義の舞台で主役となる>はワールドエースだと思うが。

17頭立てですね、1頭回避して18頭割れとなった。
17頭立ては1998年タイキシャトル・1996年トロットサンダー・1991年ダイイチルビー。
この3頭は前走京王杯SCの1着3着1着。
今年はレッドスパーダとクラレント。
しかし人気が違うなタイキシャトルとトロットサンダーは1番人気、前年のマイルCS1着。
ダイイチルビーは2番人気、当年のマイルCSを勝つ。
前年のマイルCS1着はトーセンラーだが違うだろうな。

回避したのはカレンミロティック。
平田厩舎・父ハーツクライ。
平田厩舎で同馬主のカレンブラックヒルが気になる、とグランデッツア。
父ハーツクライはジャスタウェイでこっちだと面白くないなあ。
父ハーツクライのG13週連続勝利となるのか?

グランデッツアに石橋脩騎手で?でした。
カレンミロティックが回避なら同厩舎だしダービーで騎乗している池添騎手で良いような?
そう考えて石橋騎手のG1を調べてみた。

安田記念    4番→10番1着
皐月賞     12番→18番3着
NHKMC    14番→2番2着
ヴィクトリアM  7番→1番3着
関東G1では6隣が3着以上、1番なので7番か12番。

7番のホエールキャプチャがミッキーアイル同枠。

前日最終人気の最下位は15番サダムパテック、逆2番人気は12番グランプリボス。
マイルG1馬がこんな人気なのが今年の安田記念ということなんですねえ。
最下位人気の3隣は1番か12番、12番に二つ重なるが?

外国馬から8隣は14番か15番。
武豊騎手から8隣は7番か8番の4枠2頭。

グランプリボスから5隣か13隣は7番8番16番17番。

3歳馬の2隣枠は2枠か6枠。
エキストラエンドから4隣か8隣は1番9番13番14番。
カレンブラックヒルから23隣か25隣は9番11番12番14番。
ホエールキャプチから5隣は2番12番。
ミッキーアイルから26隣は16番17番。
田中騎手から3隣は1番か12番。

バラバラな感じだが1番7番12番14番か。
12番グランプリボスの人気が無いからここが来ればジャスタウェイとのワイドでも良い配当。
それと2枠のブラックとヘッドラインから逆1番のワールドエース。

ジャスタウェイを2着とすれば勝てるのはグランデッツア・クラレント・ワールドエースの同世代だと思う。
W杯も始まりますしワールドエースに一番期待したい。

安田記念どうでしょう?2

2004年 5枠10番メイショウボーラー →7枠14番ツルマルボーイ  1着
2011年 7枠14番リアルインパクト  →1枠1番ストロングリターン 2着
2013年 7枠14番エーシントップ   →1枠2番ショウナンマイティ 2着
7枠14番に何か有りそうな気がするけどそれは別にして、3歳馬の2隣枠に連対を期待したい。

重賞でエキストラエンドから全8戦で4隣か8隣が3着以上。

カレンブラックヒルから近6戦で23隣か25隣が3着以上。

ホエ-ルキャプチャから5隣が3着以上。
札幌記念   9番→14番1着
府中牝馬S  11番→3番3着
エリ女杯    5番→18番2着
東京新聞杯  7番→12番3着
ヴィクトリアM 9番→14番1着 4番2着
VMで1着2着だったので終わりかもだが、初めて安田記念に出走するので期待している。

ミッキーアイルからは4戦連続で26隣が3着以上。

ワールドエースからは皐月賞とダービーで3隣が3着と2着。
G1限定ということも一応は考慮したい。

ジャスタウェイが柴田騎手に乗り替りが決定しました。
柴田騎手が騎乗予定だったサダムパテックは田中勝春騎手に変更になった。
こういう場合はサダムパテックにも注意なのですが私は田中騎手が必然として騎乗になったと見ます。
田中騎手から何か有るんだろうなと。

重賞でまだ4戦ですが3隣が3着以上。
新潟大賞典  13番→10番1着 16番3着
京王杯SC   6番→9番3着
ヴィクトリアM 11番→14番1着
オークス    7番→10番2着
+3方向に4連続です。

安田記念どうでしょう?

競馬は続くよ止めない限りはね、ということで安田記念です。
ダービーで飛ばした正逆5か9を目黒記念の9番で復活させダービーを負けた7枠蛯名騎手に1着補填をした。
そんな感じで目黒記念の結果を見てました。
安田記念では戻るのか?枠順見てからです。

第64回安田記念(GI)

イベントは特に無いですね。
5大平成仮面ライダーショー
これが気になるくらいです。
これを見て5番か5枠が戻るんじゃないかと期待します。

ジャスタウェイに騎乗予定だった福永騎手が騎乗停止で安田記念には騎乗できません。
こういった場合はその馬にプラスで考えています。
天皇賞のウインバリアシオンは岩田騎手の騎乗停止で乗り替わり2着。
その後に岩田騎手はオークスを勝った。
2012年は岩田騎手が騎乗停止で川田騎手ジェンティルドンナが勝ち、その後のダービーに岩田騎手は勝った。
ジャスタウェイには2着を期待したのだが・・・。
この後の宝塚記念でも福永騎手騎乗なら無視出来なくなる。

東京マイルG1では正逆1か2を見ているのは変わっていない、下のも有るので。
ジャスタウェイがその位置じゃなくて信用出来るならMAX4点ワイドで取れるはず(と妄想)。
しかしそれじゃ買う意味は無いかもなあ。

2013年フェブラリーSから東京マイルG1は1枠か8枠が3着以上。
フェブラリーS 1枠2番グレープブランデー 1着
NHKMC   8枠17番インパルスヒーロー 2着
ヴィクトリアM 1枠1番マイネイサベル   3着
安田記念   1枠2番ショウナンマイティ 2着
フェブラリーS 8枠15番ホッコウタルマエ 2着
NHKMC   1枠2番タガノブルグ    2着 1枠1番キングズオブザサン 3着
ヴィクトリアM 1枠1番ストレイトガール  3着

2010年 最下位人気 12番→9番2着
2011年 最下位人気 11番→14番1着
2012年 最下位人気 6番→3番2着
2013年 最下位人気 5番→2番2着
人気順は最終確定してからで。

2008年以降は外国馬から8隣が3着以上。
2008年 7枠15番ブリッシュラック→3枠5番ウオッカ 1着
2009年 8枠16番アルマダ    →3枠6番ディープスカイ 2着
2010年 5枠10番ビューティーフラッシュ →1枠2番スマイルジャック 3着
2011年 5枠9番ビューティーフラッシュ →1枠1番ストロングリターン 2着
2012年 7枠14番グロリアスデイズ →2枠4番ストロングリターン 1着
2013年 3枠6番グロリアスデイズ →8枠16番ダノンシャーク 3着
今年もグロリアスデイズが登録している。

まだ3年だが武豊騎手から8隣が3着以上。
2011年 2枠4番→7枠14番1着
2012年 8枠16番→4枠8番3着
2013年 8枠18番→5枠10番1着 1枠2番2着
武豊騎手はトーセンラーに騎乗予定。

これは参考程度だけど東京重賞でのグランプリボスは5隣か13隣が3着以上。
フェブラリーS 13番→13隣10番2着 
京王杯SC  14番→13隣 12番1着 5隣4番2着
安田記念   3番→5隣13隣 8番3着
毎日王冠   15番→5隣4番1着
安田記念   7番→5隣13隣 2番2着
単純に安田記念でと見れば2年だけなので参考程度で。

後は週末に追加します。

ダービー回顧

うーん、正直もうちょい荒れると思っていた。

見ている部分はそれほど間違えていないと思うのだがどうにもこうにも纏め切れなかった。
勝ったのはワンアンドオンリー、キズナと同馬主と言っていい連覇ですね。
最初には考えていたけど途中から違う考えでいった。
2着のイスラボニータ(かトゥザワールド)は2着というのも見えていたがトゥザワールドを上に見た、
がワンアンドオンリー1着からはイスラボニータを見てなかった。
見えていたのに見えてない振りをしていたのか?この2頭は皐月賞で同枠だった。
HATさんのブログではベルキャニオンの皐月賞の位置を書いていたがワンアンドオンリーも皐月賞と同じ枠だった。
それと終わって見れば皐月賞でのウインフルブルームと逆番なのがワンアンドオンリー。

ここらがスキル不足と感じる。
考えに入れるべき馬を牝馬の出走から連覇を考えたのに考慮出来ないのは自信を持てなかったから。
それと巷で話題になった2月23日に嫌な感じがしたからで素直にそこを取れば最後に見える予想も違ったかも?
もともと正逆20は皐月賞から考えていたし。

3着はマイネルフロスト、まさか?の松岡騎手。
ここも人気薄で取れなかった。
ウインフルブルームの取り消しで言及すべきだった。
今のウインは岡田氏の下でマイネルと同じと考えて良かった。
牝馬出走での正逆3も正3番だった、岩田騎手の隣も5番じゃなく3番だった。

見えているのに見えてない振りをしてハズした感じのダービーでした。

ダービーでは2008年から1枠か5枠が3着以上。
2008年 1枠1番ディープスカイ 1着
2009年 1枠1番ロジユニヴァース 1着 5枠10番アントニオバローズ 3着
2010年 1枠1番エイシンフラッシュ 1着
2011年 1枠1番ウインバリアシオン 2着
2012年 5枠10番ディープブリランテ 1着
2013年 1枠1番キズナ        1着 5枠9番エピファネイア 2着
2014年 1枠2番ワンナンドオンリー 1着

2009年から岩田騎手の隣が3着以上。
2009年 18番アンライバルド    →1番ロジユニヴァース 1着
2010年 7番ヴィクトワールピサ  →8番ローズキングダム 2着
2011年 2番サダムパテック    →1番ウインバリアシオン 2着
2012年 10番ディープブリランテ →11番フェノーメノ     2着
2013年 騎乗無し
2014年 4番アドマイヤデウス   →3番マイネルフロスト  3着

ダービーのもう一点

可能性を感じるのが2番と5番で着順を入れ替える結果。
何の着順かと言うと弥生賞ですね。

もう他でもいろいろな人が書いているけど、
阪神JF→桜花賞→オークス←チューリップ賞、ハープスターを中心にした流れです。
桜花賞皐月賞は新潟2歳S1着2着からですね、この辺りはHATさんのブログが詳しいです。
同様の牡馬の流れで共同通信杯からはイスラボニータとベルキャニオンをHATさんは早くから出していた。

それを読んでウインフルブルームが予想の中心になると思っていた私は皐月賞同枠のトゥザワールドへ。
牝馬と同じ事が起こるなら弥生賞の1着2着入れ替えかと。

牝馬は報知杯FRの1着2着がオークスへは出走していない。
牡馬ではスプリングSの1着2着がダービーへ出走していない。
チューリップ賞は8枠ゾロ目で弥生賞は7枠ゾロ目。

ここが入れ替えになるなら自然な流れの様にも思う。
要らぬ馬券になりそうな気もするがもう一点、馬単で買ってみる。

ダービーどうでしょう?3(追記)

近年のダービーでの取り消し戦は1998年と2010年。
1996年は1着と3着が7枠ゾロ目、勝ったのは7番人気のフサイチコンコルド。
2010年は2着と3着が4枠ゾロ目、勝ったのは7番人気のエイシンフラッシュ。

2着はともに橋口厩舎のダンスインザダークとローズキングダム。
皐月賞3着馬はメイショウジェニエ3着とエイシンフラッシュ1着。
1番人気はダンスインザダーク2着とヴィクトワールピサ3着。

橋口厩舎はワンアンドオンリー、現在2番人気なのは驚いた。
皐月賞3着馬は取り消し。
1番人気はイスラボニータ。
7番人気はベルキャニオンかハギノハイブリッド。

ゾロ目が発生するなら3枠か8枠というイメージ、牝馬枠の8枠の方だと思うが。
その場合は上位3頭の内1頭しか絡まない事になる。
7番人気を選択すれば上位3頭は総崩れか。
さて、どのような結果を予想するか?

2009年から岩田騎手の隣が3着以上。
2009年 18番アンライバルド    →1番ロジユニヴァース 1着
2010年 7番ヴィクトワールピサ  →8番ローズキングダム 2着
2011年 2番サダムパテック    →1番ウインバリアシオン 2着
2012年 10番ディープブリランテ →11番フェノーメノ     2着
2013年 騎乗無し
まだ4年だし、昨年の騎乗無しが気になって書かなかったのだけど4番なら隣の5番トゥザワールドが2着なのかも。

除外戦の1996年は6番人気のサニーブライアンが勝っている。
7番人気前後という事ならベルキャニオンかハギノハイブリッドが勝つという結果も有るか。
ベルキャニオン→イスラボニータはHATさんが枠順発表前から書いていますね、是非参照下さい。
私の2着は5番を上位に見て13番もという感じか。
これはゾロ目が発生しない時の予想。

ゾロ目が発生するなら16番と17番を上位に5番と6番の組み合わせを見ている。

皐月賞の1着2着そのままは無いと思っている。
トゥザワールドは皐月賞2着というより皐月賞3着同枠として考えている。
アジアエクスプレスが出走せずウインフルブルームが取り消して唯一の3着枠の馬になったのは大事かと。
戦歴と青葉賞1着を同様に共有するイスラボニータより上に見ているのがこの部分。

全然纏め切れてないがこれでいこうかと。
馬連4点とワイド2点の変則買いです、馬単は少額買って夢を見ますが本線は馬連で。
比率はオッズ見て変えますが自身は無いので金額を抑え目にしときます。

(追記)
重賞で菱田騎手から28隣が3着以上。
昨年の神戸新聞杯から8戦連続です。
14番なので4番か6番、6番ショウナンラグーンには武豊騎手から7隣11隣も有りますね。
5番とのワイドに期待しましょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア