1. 無料アクセス解析

高松宮記念 回顧

何とかかんとかワイドですが本線にした9番と17番が2着3着で今年のG1初当たり。
ワイドを選択したのも上手くいったので満足です。

今年のG1をコパノが連勝するなんて有るのか?というのが要らぬ考えでした。
配置的にはG1馬の同枠ですしG1連対馬に挟まれる形で強調はされていたと思うけど連勝に疑問が有ったので。
それでコパノリチャードじゃなければ逆番のレディオブオペラだろうと見たのだけど無理筋だったか。

7枠は星の同居枠だし並びも悪くないと思ったのだけど<新星>は初G1勝利の4歳馬ということですね。

2007年からの高松宮記念が正逆2か4が3着以上。
2007年 逆2番2着
2008年 正4番1着
2009年 正4番2着 正2番3着
2010年 逆2番2着
2011年 正4番1着
2012年 逆2番2着
2013年 ×(17頭立て)
2014年 逆2番2着

2007年以降は1番人気馬か隣が3着以上。
2011年ジョーカプチーノ以外は自身が来ている。

今年5度目の出走となるサンカルロは2隣か4隣が3着以上。
2010年 13番→4隣17番2着
2011年 8番→2隣6番3着 4隣4番1着
2012年 17番→2隣1番3着
2013年 9番→2隣11番1着 4隣13番3着
2014年 3番→2隣5番1着 4隣17番2着

G1の流れはここで切れました。
ローカルG1なので違う流れも有るのでしょう。
主場に戻る桜花賞では一応正逆11も注意はします。
スポンサーサイト

高松宮記念どうでしょう?3

今日の中京は8枠ばかりですね。
正逆1か2と見るべきでしょうが。
8枠ならスノードラゴンを選びたい、中京ポスターの芦毛馬からも。

1番人気の枠が絡むこのレース、2006年からも牝馬は重視すべきかと。
1番人気はストレイトガール、それとレッドオーヴァル。

当初は正逆11がここで消える予感がしていたので切ります。
もう一頭選びたい馬も牝馬レディオブオペラ。
シルクロードSでストレイトガールと同枠ゾロ目決着なので1着枠配置。
同枠にオーシャンS1着スマートドラゴン、逆番に阪急杯1着のコパノリチャード。
ステップレース3戦の1着枠要素を全て持つ馬です。

本線は9番から17番へのワイド。
2006年から牝馬2頭と牡馬1頭の決着を妄想、スノードラゴンに勝つ目が有ると思う。
1番人気の3着以内は信用しても連体までは分からない、勝たない気はする。

あと4点もワイドを選択する。
9番と17番から4番と14番へ。

正直なところ決め手が無い感じです。

毎日杯回顧と高松宮記念どうでしょう?2

毎日杯は阪神連日の正逆1か16で三連でした。
それと阪神の3歳世代重賞の正逆28が1着3着で継続です。
阪神連日は桜花賞までまだ4日有るので継続を確認したい。
阪神3歳世代重賞は桜花賞前までは継続した。
この数字は阪神マイル重賞と同じなので9番か10番には期待している。

宮記念は枠順見たときの印象が、「こりゃ駄目だ」です。
前に書いたようにG1の流れも正逆6か11と見て他からもで6番か13番に期待していた。
ここにレッドオーヴァルが入って3歳時でG1連対した他の2頭のどちらかが同枠なら私にとって都合が良い配置だったのだが全然違う。
6番には3歳時に安田記念を勝ったリアルインパクトが入った。
同枠では無いが隣にNHKMC2着のレッドスパーダが居る。
正逆6を考えなければその3頭に挟まれるコパノリチャードも気に掛かる。

1番人気は9番ストレイトガール、隣が逆11番のガルボ。

昨年は駄目だったが宮記念の正逆2か4のレッドオーヴァルが居る、スマートオリオンとスノードラゴンも。
サンカルロの2隣か4隣にはコパノリチャードとスノードラゴン。

3/30(日) 第44回高松宮記念(GI) 中京競馬場・芝1,200m

風を追い越す超絶の速さ、スプリント界に新星が現れる。

追い越すからはストレイト(直線)、新星はオリオン。
速さはソニック(音速)、アースも地球なので星だな。
7枠は地球とオリオンで8枠はドラゴンと龍。
新星が現れるなら初G1勝利かと思うのだがG1馬はリアルインパクトだけ。

一応はこの辺りで考えているのだけどまだ決め切れない。

ドバイはDFのジャスタウェイとシーマクラシックのジェンティルドンナが勝ちました。
強い内容でした、ジェンティは直線で行き場が無い感じでしたが上手く外に出せましたね。
ジャスタウェイは完勝と言えるでしょう。
見ていて気持ちの良いレースでした。

高松宮記念どうでしょう?

第44回高松宮記念(GI)
44宮記念
中京のポスターですが芦毛ですね、芦毛馬はスノードラゴンしかいない。
レース展望&回顧のゲストは瀬戸口勉元調教師。
管理馬ではオグリキャップやメイショウサムソン等、高松宮記念は2004年にサニングデールで勝利。
2番人気でシルクロードS3着→阪急杯1着からの勝利、2着は前年SPS馬デュランダル。

妄想で見ているのは2006年。
1200G1覇者不在でG1馬は3歳時の戴冠、桜花賞・NHKMCラインクラフトとNHKMCウインクリューガー。
この2頭が7枠に同居し同枠のもう一頭が桜花賞2着のシーイズトウショウ。
7枠は2着3着枠、1着は東京新聞杯2着→阪急杯3着のオレハマッテルゼ。
阪急杯ならコパノリチャード・サンカルロ・レッドオーヴァル。
3歳時でのG1連対はリアルインパクト安田記念1着・レッドスパーダNHKMC2着・レッドオーヴァル桜花賞2着。
年内2走で3着以内の馬は居ない。
3歳時でのG1連対馬の配置に注目したい。

2006年は枠6→7→7で2007年が6枠3着、2010年が枠3→8→8で2011年が3枠3着。
2013年の枠6→6→7から7枠優先6枠注意くらいには見ている。
正逆11が続くなら6枠11番か。

2007年からの高松宮記念が正逆2か4が3着以上。
2007年 逆2番2着
2008年 正4番1着
2009年 正4番2着 正2番3着
2010年 逆2番2着
2011年 正4番1着
2012年 逆2番2着
2013年 ×
昨年消えたのですが17頭立てだったので戻ることも有るかな。

2007年以降は1番人気馬か隣が3着以上。
2011年ジョーカプチーノ以外は自身が来ている。
ただ1番人気が連続して勝っていないので1番人気1着とはならないと期待します。

中京の6日目では正逆6か13を見ている、2012年以降です。
今年はかなりの変則開催で6日目なのは高松宮記念だけですね。
G1の流れは正逆11を見ているがこれが正逆6か11ということなら3枠6番は注意すべきかなと思っている。
17頭立てJCは逆11番のみですが18頭立て阪神JFでは正6番が3着です。
他は全て16頭立てなので枠順を見るまでは少し広く考えるべきかと。

ストレイトガール出走の近6戦で正逆6か11になっているのもそう見ておきたい理由です。

6日目開催の宮記念では2009年と2013年。
2009年は1番人気スリープレスナイトが2着、正13番逆6番ローレルゲレイロが勝利。
2013年は1番人気ロードカナロアが勝利、逆6番ドリームバレンチノが2着と正13番ハクサンムーンが3着。

今年5度目の出走となるサンカルロは2隣か4隣が3着以上。
2010年 13番→4隣17番2着
2011年 8番→2隣6番3着 4隣4番1着
2012年 17番→2隣1番3着
2013年 9番→2隣11番1着 4隣13番3着

後は枠順が出た後にします。

今週の回顧 と皐月賞へ少し

両レースとも外しまして、適当予想じゃそうそう当たらないな。
時間を取っても連続で当たらないのだし。

<阪神大賞典>
イベントからも示唆されたゴールドシップ岩田騎手の1着はヨシだが人気薄で狙った正逆3と裏のヒットザターゲットが3着にも入れず。
正逆2が2着3着でここを見るリンクが調べ足らずでは出て来ていないので完敗ですね。

阪神開催のメインは正逆1か16が3着以上。
バルジュー騎手から4隣が4戦連続で3着以上、自身1着以外の3戦は1着指名。

来週のバルジュー騎手に期待してみるか。

<スプリングS>
アジアエクスプレスが2着を確保した。
これでスプリングSでも人気は落ちないな、私は多分入れない。
勝ったロサギガンティアは迷ったけどモーリスを3番目にしたので消した。
グランデッツアが1着だったので頭尻アからはァの方が優先かもと思ったのだけど人気順を優先して失敗。
妄想が上手くいかなかった。
イベントからもベルキャニオンだと思ったのだけどこっちは3枠と言うことか。
3頭とも関東馬なんですねえ、藤沢厩舎はバウンスシャッセも勝ったんだよなあ。
これでバウンスシャッセが皐月賞でなくなったなら残念、その時は私の見方が間違いだということ。
3着は正11番、逆11番でモーリスを見たけど逆でした。
これで今年の3歳中山混合重賞は正逆11で統一された。
昨年の朝日杯FSも逆11番にアジアエクスプレスなのでこの世代の中山3歳混合重賞は正逆11ですね。
G1の流れが高松宮記念か桜花賞で切れても正逆11には注意します。

今日はどの馬が勝っても妄想上は若葉SVS弥生賞出走組みだと思っている。
皐月賞と同条件の京成杯勝ち馬が皐月賞に出走しないのは近年では、
2012年ベストディールで次走セントライト記念。
2003年スズカドリームで次走毎日杯、青葉賞を経由してダービー出走。
2000年マイネルビンテージで次走弥生賞、神戸新聞杯で復帰。
2002年の東京開催で1着同着年は除外して考えています。
今年のプレイアンドリアルは右前けいじん帯炎で青葉賞からダービーへの予定。
2003年はネオユニヴァースが春2冠でした、牝馬出走のトウカイテイオーも春2冠。
ダービーでトゥザワールドが有力なら皐月賞も勝つのかも?
或いはアンライバルドとロジユニヴァースの様な関係か。
同厩舎のトーセンスターダムか弥生賞7枠ゾロ目のワンアンドオンリー。

まあ妄想です。

阪神大賞典どうでしょう?

こちらもあまり調べてないのですが予想はしてみる。
金額的にはスプリンフSよりこっちを多くするので当てたいな。

第62回阪神大賞典(GII)

川原正一騎手ら「そのだ競馬」ジョッキーの阪神大賞典(GII)レース展望&トークショー!

兵庫県競馬でご活躍されている川原正一騎手、永島太郎騎手、杉浦健太騎手をお招きして阪神大賞典(GII)のレース展望を行います。地元トップジョッキー達による豪華なトークショーをお見逃しなく!



ここからは元地方の岩田騎手か外国人のバルジュー騎手。

若葉Sで正逆16は消えましたが正逆1か16ということなのでしょう。
逆1番のウインフルブルームが2着、チューリップ賞も逆1番ヌーヴォレコルトが2着だった。
そう見ると正逆1か3になる。

バルジュー騎手の重賞近3走で4隣が3着以上。
チューリップ賞 7番→3番1着
中日新聞杯   17番→13番3着(自身1着)
報知杯FR   13番→1番1着
これも正逆1になる。

このレースは1990年以降ずっと1番人気の枠が3着以内で勝利も多い。
自身ではなく同枠馬が入ったのは2009年のオウケンブルースリのみ。
岩田騎手で1番人気のゴールドシップは3着以内では軸と思う。

このレースは2009年から正逆30が3着以内、これは正逆3になる。

1番から7番9番へ馬連と3番へワイド。

スプリングS→皐月賞 妄想

レース自体は調べてないので軽く予想して<二匹目の泥鰌>を狙いますがまあ無理でしょう。

アジアエクスプレスが皐月賞に出走しない前提で妄想していると書いていたのですが出走しても要らないと思っています。
妄想はリンクやイベント等を無視しているので最終予想とは違うかもですが。

何故そう思うのか?は朝日杯の時に見たフジキセキ=アジアエクスプレスと牝馬出走からです。
フジキセキもゴスホークケンも皐月賞に出走していないので。
フジキセキは弥生賞に勝利し4戦全勝で引退しました。
なのでアジアエクスプレスがスプリングSに勝っても良いのだがどうなるか?
<朝日杯FS1着から直接スプリングSに向かったのは近年ではローズキングダムとコスモサンビーム。
3着と5着で連には絡めていない。>
こう書いた昨年はロゴタイプにスプリングSを勝たれて完敗だった。
3枠は朝日杯FSと同じ枠で隣のモーリスは4戦中3戦で隣と9隣が3着以内。
勝つかは分からないけど予想には入れたい。
サイン派なので朝日杯の2着3着が負けたのは気にしない。
2008年も2着3着は次走で負けているし。
ウインフルブルームが2着で権利を取ったのは私の妄想にとっては都合が良かった。

2008年のスプリングSを勝ったスマイルジャックは6番人気、前走はきさらぎ賞の2着。
現在の6番人気はモーリスで前走重賞2着はベルキャニオンとクインズハリジャン。
京成杯と弥生賞から正逆11を見れば逆11番のモーリス。
2008年以降の頭尻アの馬か隣からはロサギガンティアの隣ベルキャニオン。
中山イベントが<東北3県(岩手・宮城・福島)復興支援物産展>なので3番か。

予想は3番4番5番BOXとします。

朝日杯FSの後からウインフルブルームが皐月賞で馬券になると妄想して戦歴を追っていたので権利を取って出走を決めたのが私にとっては都合が良い。
何故そう思ったのかは=キャプテントゥーレと見ているからです。
2007年の朝日杯で牝馬と同枠になり3着だったキャプテントゥーレ。
昨年の牝馬出走朝日杯で□地馬と同枠になり3着になったウインフルブルーム。
牝馬が2頭だったのでより少ない個性の馬の同枠で3着という戦歴です。
他にも京都マイル重賞で賞金加算も有ります、まあ違う点を探せばより多いのだけど。
一番違うのは優先権の無かったトゥーレと有るフルブルーム。

ここに一つ違う要素が皐月賞に加われば妄想的にはウインフルブルームの軸で行こうと思っています。
その違う要素が関係するフラワーCでは3歳牝馬重賞の正逆3が消えました。
このレースで勝ったバウンスシャッセとクリスマスが皐月賞の出走を視野に入れています。
出走すれば1991年のダンスダンスダンス以来です。
この年の勝利馬はトウカイテイオーです。
トウカイテイオーは若葉S1着で権利を取っています。
この要素が加われば若葉Sで権利を取ったアドマイヤデウスとウインフルブルームに注目したくなる。

それと牝馬より人気が低い馬の3着以内に期待したい。
1991年は15番人気ダンスダンスダンスより下の16番人気が2着です。
こういうのは良く有りますね。
馬連導入時のメジロマックイーン降着でも枠連は同枠馬で変化無しでその違いを如実にしたり。
どういう結果が宣伝効果や正当化に相応しいか、というのも考えています。
もちろんいつも通り同枠馬と逆番の馬にも注目します。

牝馬の出走が有るか無いかが決定後にまた妄想します。

今週の回顧 と桜花賞への今の纏め

アネモネSは1着ペイシャフェリス・2着ニシノミチシルベ・3着ウエスタンメルシー。
桜花賞での同枠馬に注目したい。
3着が1番人気の逆番だった、1996年と1999年の3着は1番人気。
1着が2番人気の同枠馬、1996年は1着が2番人気。
6枠に1番人気という共通も有り4着に負けたマーブルカテドラルにも注目したい。

報知杯FRの結果は何と言っていいのか苦笑しました。
1番から6番と12番にワイド200円と14番に馬連600円の計1000円だけ観戦料で入れたのですがビックリ嬉しい結果で。
でもこういう時に通常の金額を入れられないのが駄目なんだよなあ。
とは言ってもネタ的にも多く入れる気にならなかったので仕方無い。

今年の阪神メイン(11Rではない)では正逆16が3着以上。
アーリントンC  正16番2着
阪急杯      逆16番1着
チューリップ賞  正16番1着
大阪城S     逆16番3着
阪神スプリングJ 正16番2着
報知杯FR    逆16番1着

ベルカントの21隣が3着以上。
新馬      1番→14番2着
小倉2歳S   12番→3番1着
ファンタジーS 7番→4番2着 10番3着
朝日杯FS   1番→6番1着
報知杯FR   1番→12番2着

昨年の神戸新聞杯から阪神の世代限定重賞は正逆28が3着以上。
次の阪神の世代限定重賞は毎日杯です。

今年の牝馬重賞は今のところ正逆3が3着以上。
フェアリーS  正3番3着
クイーンC   逆3番3着
チューリップ賞 正3番1着
報知杯FR   逆3番3着
次は来週のフラワーCです。

ペドロサ騎手から考えると隣か2隣で特に2隣。

書いたのは全て継続しました。
桜花賞ではベルカントがアストンマーチャンになるのかな?
桜花賞ではベルカントは入れないと思う、今のところ。

桜への優先出走権は確定しました、後はフラワーCでの賞金加算での入れ替えが有るか?
桜花賞での数字は今のところ、
3歳以上阪神G1の正逆7・12VS阪神マイルと世代限定の正逆28VSG1の流れ正逆11(高松宮記念で継続なら)。
馬はベルカントの21隣とハープスターの4隣。
騎手は岩田騎手から13隣か14隣。
ペドロサ騎手は桜花賞まで続くか分からないので経過を確認します。

まだ調べていない物も多いので今のところという事で。

報知杯FR 少し

今年の阪神メイン(11Rではない)では正逆16が3着以上。
アーリントンC  正16番2着
阪急杯      逆16番1着
チューリップ賞  正16番1着
大阪城S     逆16番3着
阪神スプリングJ 正16番2着
順番なら逆16番ベルカントになるのだが・・・。

ベルカントの21隣が3着以上。
新馬      1番→14番2着
小倉2歳S   12番→3番1着
ファンタジーS 7番→4番2着 10番3着
朝日杯FS   1番→6番1着
報知杯FR   1番→6番or12番
どちらも人気無いですねえ。

昨年の神戸新聞杯から阪神の世代限定重賞は正逆28が3着以上。
12番が正28番ですが最下位人気ですね、フェブラリーSでは勝ったけどさすがに無理か。

今年の牝馬重賞は今のところ正逆3が3着以上。
フェアリーS  正3番3着
クイーンC   逆3番3着
チューリップ賞 正3番1着
外国人騎手枠で<ィーナ>が並ぶ枠。
14番かなあと。

ペドロサ騎手から考えると隣か2隣で特に2隣。
12番か16番、ここでも12番か。

買えるほどのネタも無いので結果だけ確認にします。

桜花賞 妄想1

桜花賞で見ているのは、1996年1999年2008年。
前に1998年としたのは1999年と間違えてました。

1996年。
札幌3歳Sから直行した阪神3歳牝馬Sを4番人気で勝利したビワハイジ。
1999年。
阪神3歳牝馬Sから桜花賞に直行したスティンガー。
2010年。
朝日杯FSに牝馬フォーチュンワードが出走した。

ビワハイジはチューリップ賞を2着後に桜花賞で15着。
スティンガーは桜花賞で12着。
トールポピーはチューリップ賞2着後に桜花賞で8着。
レッドリヴェールには厳しい結果が出そうな気がする。

1996年はエアグルーヴがチューリップ賞勝利後に桜花賞を回避している。
この年はビワハイジがダービーに出走している。
ダービーに登録していたハープスターはオークス出走と報じられたがレッドリヴェールはどうするか?
もしダービーに出走なら1996年は同枠で4戦目のフサイチコンコルドが勝利したのを覚えておきたい。

この三つの年は一番人気が3着までに入っていない荒れた年です。
ハープスターはどうなるのか?
それは枠を見てから考えるとして今注目しているのがアネモネSの3着以内馬の桜花賞での配置です。

1996年、アネモネS1着ノースサンデー 2着カネトシシェーバー 3着ファイトガリバー
1999年、アネモネS1着ハギニスプレンダー 2着クリムゾンクローバ 3着トゥザグローリー
2008年、アネモネS1着ソーマジック 2着シャランジュ 3着メイショウマリア
桜花賞での配置は、
1996年、ノースサンデー3着 ファイトガリバー1着
1999年、クリムゾンクローバ同枠1着 トゥザグローリー3着
2008年、ソーマジック3着 ソーマジック同枠1着 シャランジュ同枠3着

明日のアネモネSに注目します。

チューリップ賞と弥生賞 回顧とクラシックへ(訂正有りと追記)

チューリップ賞は予想もしていないので何となく考えていた事の回顧だけ。

チューリップ賞で見ていたのは阪神マイルの正逆28です。
2012年
アーリントンC 正28番2着
チューリップ賞 正28番2着
桜花賞     正28番1着
阪神JF    正28番3着
2013年 
アーリントンC 逆28番2着
チューリップ賞 正28番2着
桜花賞     逆28番3着
阪神JF    正28番2着
2014年
アーリントンC 逆28番3着
チューリップ賞 逆28番3着
連続3着で桜花賞では微妙な気もするけど注意はしたい。

この阪神マイルで注目は岩田騎手かな。
2012年チューリップ賞から13隣か14隣が3着以上です。
今週のチューリップ賞では13頭立てで13隣は自身2着、14隣は隣の3着です。

この辺りが桜花賞でも継続してくれると良いんですがどうでしょう?
それとハープスター。
新馬      10番→4隣4番2着 4隣6番3着
新潟2歳S    17番→4隣3番2着
阪神JF    10番→4隣6番3着
チューリップ賞 3番→4隣12番3着
自身と4隣でワイドです、-4隣から確認したい。

桜花賞で言うとJCDの回顧から、阪神G1では2012年宝塚記念から正逆7か12が3着以上(2歳除く)。
フェブラリーSを通過したJC以降のG1の流れ正逆11が3着以上。
こちらは高松宮記念での期待ですが何となく桜花賞では切れるんじゃないかと思っています。

弥生賞は13頭立てで人気決着かなとも思ったけれどそんな感じでした。
人気順は今年は駄目でしたが傾向として来年も注意します。
13頭立てでは正逆3が3着以上。
2008年→2009年以降は前年最下位人気番か隣が3着以上。来年は1番2番3番。

皐月賞では2008年から弥生賞1着馬の枠が3着以上です。
2009年ロジユニヴァースの年が違いました。
確認はしていましたがどうもあの年はロジとリーチの位置の記憶が入れ替わっているようで。
皐月賞では正逆1にこの2頭が配置されていた。
アグネスタキオン・ディープインパクト・ロジユニヴァース・ヴィクトワールピサは正逆1での勝利です。
この内10頭立てはディープインパクトとロジユニヴァースでつまり正逆10です。
昨日書いた13頭立てではダンスインザダーク・スペシャルウイーク・ヴィクトワールピサ。
トゥザワールドの戦責がヴィクトワールピサと同じになった(新馬2着後の4連勝)。
トゥザワールドはロジユニヴァースか?ヴィクトワールピサか?
ロジユニヴァースも4連勝目が弥生賞だったが全て一番人気はヴィクトワールピサ。
ただヴィクトワールピサは皐月賞も一番人気だけどトゥザワールドはそうなりそうにない。
この辺りをもう少し考えたい。
1番人気の正逆10番で勝ったのは、
正10番ウイニングチケット・逆10番フサイチゼノン・正10番ディープインパクト・逆10番ロジユニヴァース。
フサイチゼノンはクラシックへの出走無し。
前例に倣うならダービー馬なのだけど・・・、この部分で名前が挙がっている馬は出走すれば全て3歳G1馬なんだよなあ。


中山G1では4枠か7枠が3着以上。

トゥザワールドが勝利した4戦は隣馬も連れて来ています。
未勝利 5番→4番3着
黄菊賞 4番→3番3着
若駒S 8番→9番3着
弥生賞 10番→9番2着
それとこの4戦は正逆4が3着以上です。
正逆4なら7枠15番に期待したい。
トゥザワールドの隣で弥生賞馬の同枠になる馬にも密かに期待しています、トゥザワールドが飛ぶならと。

桜花賞は少し見えている気がしている、気がしているだけでしょうが。
1996年1998年2008年で見ていますがどの年も荒れています。
今の状況だとハープスターに人気は偏りそうですが紐荒れかハープスターも飛ぶのか。
皐月賞はまだ見えていないと思っている。
こちらはアジアエクスプレスが皐月賞に出走しない前提で妄想を考えているので出走したら妄想抜きにします。

弥生賞を軽く

毎年のことですが今の時期は予算的に年度内に終わらせる必要が有る仕事で週中はなかなか時間が取れない。
この時期に有るチューリップ賞と弥生賞はクラシックを考える上で重要なのだが中途半端な予想しか出来ないのが残念。

とはいえ競馬を楽しんで見るためにも昨年の回顧からを中心に軽く予想してみる。


1番2番人気VS6番7番人気でワイドをレースの傾向として見ている。
10番トゥザワールド・3番アデイインザライフVS1番or8番・4番or7番。
6番7番人気はまだ分からないな。

昨年は居なかった頭アの馬が今年は3番5番7番に配置されている。
3番4番7番8番が上と重なる。

チューリップ賞では10番に高知のクロスオーバーが配置された。
その10番にトゥザワールドが居る。
弥生賞のブラックヘブンの位置はチューリップ賞では逆2番として使われた?
とすれば4番ウンプテンプにも注意は必要。

もう一つ考えているのはクロスオーバーから位置。
1着3番は6隣7隣・2着13番は3隣10隣・3着12番は2隣11隣。
2番ブラックヘブンからでは8番9番・5番12番・4番13番。

人気順次第だが4番ウンプテンプには注目している、と8番エイシンエルヴィン。
ただ13頭立てなんですよね。
13頭立ての弥生賞は1番人気と2番人気が3着以内、1996年・1998年・2010年。
勝った馬はダンスインザダーク・スペシャルウイーク・ヴィクトワールピサ。
2010年の3着は7番人気のダイワファルコン、人気2頭からのワイドでの狙いになるかな。

上記3年では正逆1と正逆3でワイド。
2008年→2009年以降は前年最下位人気番か隣で昨年は2番なので1番か3番。

見ているのはこんな感じ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア