1. 無料アクセス解析

天皇賞 回顧

金土ともに飲んで今日は昼から寝てました。
というのも正直どう考えるか分からず買いたいレースじゃなかったので。

結果を見るとなるほどそう来たかという感想。
2009年そのままの決着だったから当てられたはずだけどジャスタウェイは頭から抜けていた。

2009年は1着毎日王冠1着、2着前年JC馬、3着毎日王冠2着で前年天皇賞秋馬。
今年は1着毎日王冠2着、2着前年JC馬、3着毎日王冠1着で前年天皇賞秋馬。

上手く考えが纏まらないと思っていたし3歳G1馬の2頭が消えそうに無かったから止めたのでこれはこれで選択の問題。
考えの方向は合っていたからそれで良しとします。

リンクは全て消えました。
来週は休んでエリザベス女王杯を調べていきます。

エリザベス女王杯はまだあまり考えていないけどメイショウマンボがカワカミプリンセスなら消えるんだけどな。
スポンサーサイト

天皇賞どうでしょう? 妄想中心

第148回天皇賞(秋)(GI)

○伊集院静氏が語る「大人の遊び、競馬」 【10月27日(日)】
 東京競馬場開設80周年を記念し、競馬に造詣の深い作家・伊集院静氏が「大人の遊び、競馬」について語ります。
【伊集院静(いじゅういん しずか)氏プロフィール】
 1950年山口県出身。1981年作家デビュー、また、作詞家としても有名で提供した楽曲が日本レコード大賞を受賞している。趣味の一つであるギャンブ ル好きは有名である。近著に「いねむり先生」(集英社)、「星月夜」(文藝春秋)、「大人の流儀」シリーズ(講談社)等がある。

○オペラ歌手・榛葉昌寛氏による国歌独唱 【10月27日(日)】
 日本、イタリアを中心に活躍しているテノール歌手の榛葉昌寛さんが第148回天皇賞(秋)(GI)の発走前に国歌独唱を行います。

【榛葉昌寛(しんば まさひろ)氏プロフィール】
 静岡県掛川市出身。東京芸術大学卒業後、国際ロータリー財団奨学生としてイタリアに渡り、国立ミラノ・ヴェルディ音楽院にて研鑽を積む。2000年には 日本人初の「マリア・カラス賞」を受賞、現在はイタリアと日本を中心に活動し、イタリアでの日本との音楽文化国際交流も精力的に行っている。

リンクは調べてないので前のだけで見ると正逆21の4番と14番。
東京の正逆16と19は同じ2番と16番。
ここからは14番と16番を見ています。

国歌斉唱でイタリアが出ていますがイタリアと言えばM.デムーロ騎手でしょうか。

妄想中心と言っても今回は上手く妄想出来ていません。
上手く妄想出来ないというのも変な表現ですが・・・。

北海道開催が単一競馬場だった2009年を最初に考えていました。
2009年と今年の似た部分は有るのですがスッキリとはしない。
2009年1着のカンパニーは2006年ダイワメジャーと同じ戦歴を踏んだのは有名です。
今年はそんな馬は居ない。
毎日王冠の1着が前年の天皇賞秋馬ですしね。
エイシンフラッシュはダービー馬で前年の天皇賞秋馬です。
その戦歴は2009年のウオッカと同じですがウオッカは毎日王冠を勝たなかった、カンパニーに負けた。
この部分は違います。
前年のJC馬はスクリーンヒーローが2着です、今年ならジェンティルドンナが居ます。

天皇賞秋を勝って翌年毎日王冠を勝ったのは1997年バブルガムフェロー、天皇賞2着。
3歳で天皇賞を勝ったという個性は古馬で勝ったのとは違うと思っていますがエイシンフラッシュは3着以内かなとは思う。
1997年に勝ったのはエアグルーヴ。
オークス馬と見ればジェンティルドンナですね。
2009年と1997年を見るとこの2頭は消せない感じがする。

2000年以降で17頭立になったのは2004・2006・2008。
2004年はゼンノロブロイが秋三冠、2006年はダイワメジャーが勝ちサマー2000初年王者が2着、2008年はウオッカVSダイワスカーレット。
その前の1999年はスペシャルウイークが春秋制覇。
それなりに話題になった年だと思う。
ゼンノロブロイの2着が桜花賞馬ダンスインザムードで2008年の3着がディープスカイだから3歳G1馬は無視出来ない感じ。
そう見ると2頭とも消せない気がする。

直近で17頭立というと昨年のJC。
この時もジェンティルドンナはトーセンジョーダンと同じ枠だった。
結果は3歳三冠馬が1着2着で8枠ゾロ目。
昨年のJCは前年の牡馬三冠馬から2006年を見たがその翌年とすれば2007年。
メイショウサムソンの春秋制覇でダイワメジャーは9着だった。
メイショウサムソンも3歳二冠馬。

あの2頭に行き着くのだけどどちらも勝つ気がしないんですよね。
天皇賞秋を連覇したのはシンボリクリスエスだけど中山と東京での連霸。
前年のJC馬で翌年に天皇賞を勝ったのは居ないはず。
そもそも三冠馬と2000m天皇賞秋は相性が悪いと思っている。
シンザンは3200m時代でミスターシービーは2000m変更の年だった、ルドルフは2着に負け、17頭立ナリタブライアンは12着だった。

いろいろと考えたけど結論は出なかった。
見ているのはエイシンフラッシュ・ジェンティルドンナ・オーシャンブルー・ダノンバラード。

菊花賞 回顧 と天皇賞へ

先週に続き外れてムカっとくる外し方でした。
見えていた2010年そのままの結果を自分で捻じ曲げて外した感じです。

神戸新聞杯の1着3着で決着し3着は兵庫特別の1着馬。
外れは外れなのだが何故最後にサトノノブレスを抜いたのか?自分でも説明出来ないな。
神戸新聞杯より前に妄想は書き上がっていて、神戸新聞杯や兵庫特別の結果を見てから上げたのですが2010年から神戸新聞杯の3着馬とは既に書いていたのに何故抜いたのか?馬鹿すぎた。

今週も時間は取れないと思うので今の分を先に出します。

G1の流れから。
オークス 正21番1着
ダービー 正21番3着
安田記念 逆21番3着
宝塚記念 正21番1着
スプリンターズS 正21番3着
秋華賞  逆21番1着
菊花賞  正21番1着

武豊騎手から3隣が2戦連続で1着。
それ以前の2隣も含めて来週以降のG1を見て行きたい。

東京重賞は京王杯SCから正逆16か19が3着以上、土曜日の富士Sで2着3着が正逆19で継続しています。
3歳以上重賞で柴田善臣騎手から隣か3隣が3着以上、こちらも1番→4番3着で継続。
柴田騎手はナカヤマナイトで出走予定。

天皇賞でせん馬の隣枠が3着以上。
2008年春 6枠9番→5枠8番2着
2008年秋 3枠6番→4枠7番1着
2010年春 1枠2番→8枠16番2着 2枠4番3着
2011年春 3枠5番→2枠3番3着
2012年秋 7枠14番→6枠12番1着
2013年春 8枠17番→1枠1番2着
メイショウナルトが出走予定。

G1で北村宏司騎手から6隣12隣が3着以上。
NHKMC   18番→12番3着
ヴィクトリアM 8番→1番3着
ダービー    15番→9番2着 3番3着
菊花賞     15番→3番1着
レッドスパーダで出走予定。

菊花賞どうでしょう?

第74回菊花賞(GI)

○加藤茶 菊花賞(GI)レース直前トーク&表彰式プレゼンター
加藤茶 加藤茶

昨年のゲストが志村けんで今年は加藤茶、1番にはケイアイチョウサン。
同枠にG1で人気薄連続3着の池添騎手だが枠直接じゃなく逆隣のマジェスティハーツなのかなと。
しかし逆18番なのでケイアイチョウサンも注意したい。

名馬の蹄跡
第62回菊花賞優勝
マンハッタンカフェ


2枠2番蛯名騎手。
2枠にはエピファネイア、蛯名騎手はヒラボクディープ。
前走はセントライト記念4着。
同世代のアグネスタキオン仔が7番、ジャングルポケット仔が12番13番。

G1の流れ正逆21にエピファネイア。
京都G1の流れ正逆18にマジェスティハーツ。
京都連日の正逆3か6は室町Sで切れた、京都重賞の正逆6か12にアクションスター・ナリタパイレーツ・ダービーフィズ。
ここにはマンハッタンカフェの同世代の仔が並ぶ。
冠名ケイアイの11隣が重賞の5戦で3着以上、7番と12番でこれも同世代のアクションスターとナリタパイレーツ。
このどちらが3着に入って三連では荒れるのではと。
2010年もそんな感じでしたね、13番人気のビートブラックが3着だった、1着も7番人気だけど。

エピファネイアが馬券から消えることは無いと思うし勝つと思っているけど重箱の隅をつつくと気になることも無い事はない。
3年連続で1番人気が勝つのか?
過去に2年連続で1番人気が勝ったのは1993年ビワハヤヒデ1994年ナリタブライアン。
1995年は3番人気マヤノトップガンが勝利。
この馬も重賞未勝利で春G1の出走無し。
前2走が神戸新聞杯2着→京都新聞杯2着、逆転するならマジェスティハーツか。
ただこの年の1番人気が牝馬ダンスパートナーという特異な年、2枠の1番人気は今年と同じ。
福永騎手でシーザリオはオークス2枠4番での勝利なので2枠は良いと思うけど今年は武豊の年なのかも。

ダービーで最多の5勝目を挙げ菊花賞でも5勝目かも、G1での100勝目にもなるんだなあ。
TVCMのスーパークリークは武豊のG1初勝利でした。

馬単のつもりだったけど三連単で。
三連単、3番18番→1番4番7番10番12番。


菊花賞妄想(追記)

今年は皐月賞馬ロゴタイプとダービー馬キズナが菊花賞に出走しない。
2001年からでは2004年・2008年・2010年が同じ状況です。

2004年は皐月賞馬ダイワメジャーが天皇賞に出走しダービー馬キングカメハメハは神戸新聞杯後に引退。
2008年は皐月賞馬キャプテントゥーレが故障しディープスカイは天皇賞に出走。
2010年は皐月賞馬ヴィクトワールピサが凱旋門賞に出走しエイシンフラッシュは神戸新聞杯後に菊花賞を回避した。

今年は皐月賞馬ロゴタイプが秋休養でダービー馬キズナは凱旋門賞に出走した。
一番近いのは2010年ですがそれぞれの菊花賞がどうなのかを調べてみた。

2004年、1着18番デルタブルース・2着5番ホオキパウェーブ・3着1番オペラシチー。
ホオキパウェーブのみ春G1出走、3頭とも重賞勝利無し。
前哨戦の出走もホオキパウエーブのセントライト記念2着のみ。
神戸新聞杯1着のキングカメハメハは引退。

2008年、1着14番オウケンブルースリ・2着1番フローテーション・3着5番ナムラクレセント。
フローテーションのみ春G1出走、3頭とも重賞勝利無し。
この年は神戸新聞杯出走馬で決着、、オウケンが神戸新聞杯3着。
神戸新聞杯の1着2着は不出走。

2010年、1着6番ビッグウィーク・2着10番ローズキングダム・3着12番ビートブラック。
ローズキングダムのみ春G1出走、朝日杯FS馬。
神戸新聞杯1着3着で決着。

勝った馬は重賞の勝利無し、2008年と2010年は神戸新聞杯の3着馬が勝利。
2004年デルタブルースは前走九十九里特別1着。
デルタブルースとビートブラックは兵庫特別の出走、ビートブラックは1着。
今年の兵庫特別は3歳馬バンデが勝ち菊花賞へ出走予定。

神戸新聞杯の3着馬・前走特別戦勝利馬・重賞勝利無しの馬に注目している。
枠では3枠が馬券対象。

神戸新聞杯の3着はサトノノブレス。
重賞の勝利も春G1の出走も無い。
しかし神戸新聞杯で2番人気3着なので上位人気だよなあ。
上の三つの年では荒れているので期待していたのだけど。
サトノノブレスで無ければマジェスティハーツ。
マジェスティハーツは森騎手が勝ち数足らずで武豊騎手に乗り替わりですね。
自分で権利を取ったのだから乗せてあげても良いのでは、とサイン派らしくないことを書いてみる。
乗り替わりが既定路線でしょうから意味は有るのでしょう。
武豊騎乗だとこっちも人気になりそうで。

神戸新聞杯を1番人気で勝ったエピファネイアがビワハヤヒデと同じ皐月賞ダービー2着から神戸新聞杯勝利で勝っちゃうのかなあ?という気もしている。

2000年以降で神戸新聞杯を1番人気で勝った馬は、
ゴールドシップ・オルフェーヴル・ディープスカイ・ディープインパクト・キングカメハメハ・シンボリクリスエス・エアエミネム。
この中で菊花賞に進んだ馬で勝てなかったのはエアエミネムの3着。
天皇賞に進んだ2頭も1着と3着で次走G1の3着以内は100%。
3着のディープスカイとエアエミネムは3番人気。
シンボリクリスエスも3番人気だったがこの年は中山開催の天皇賞だった。
1番人気が確実なエピファネイアがやはり勝ってしまうのかな。
一つだけ菊花賞に進んで勝った馬と違うのがまだG1を勝っていないところ。
それもビワハヤヒデと同じだと思えば悪く無い。

荒れるならフルーキーだろうか。
前走野分特別1着で浜中騎手は2009年の8番人気スリーロールスを思い出す、2002年のヒシミラクルも2走前だが勝っている。
馬主は金子HD、2009年の2着フォゲッタブルも金子HD。
周りの状況は2009年とは違うと思うけど注目はしている。

バンデの方は人気になりそうな。

(追記)
書こうと思ったのを忘れてた、忘れて良い話かもだけど。
ビワハヤヒデの年を見ていると2着ステージチャンプの逆番の馬が気になってまして。
7枠15番ステージチャンプ 青葉賞1着
2枠4番ラガーチャンピオン セントライト記念1着

3着も弥生賞1着のウイニングチケット(ダービー馬)。

今年の青葉賞はヒラボクディープでセントライト記念はユールシンギング。
この2頭がどういう配置になるのか?弥生賞馬は出走しない、エピファネイアのみの出走。
1993年ならヒラボクディープ自身に期待してるのだけど。

府中牝馬S 回顧

ホエールキャプチャが1着でまあ書いて良かったかな。
マイネイサベルが3着ならもっと良かったのだけど。
正逆3の正逆決着でしたか。
出したリンクは継続なのでこのまま天皇賞まで継続して欲しい。

3日開催のがダメでした。
リラコーサジュの位置だと思っての12隣だったのだが逆の6隣だった。
無理やり3日間を合わせると24隣か。

東京重賞は京王杯SCからユニコーンSまで正逆16か19が3着以上。
今開催の東京は正逆6か11で見ています。
3歳以上重賞で柴田善臣騎手から隣か3隣が3着以上。

府中牝馬S 少しだけ

明日は通常出勤日なので競馬は休みます。
今の仕事場が週中の祝日を出勤で土日完全休日になっているので。
社員じゃないので無理を通せば休めたのですが出勤です。
あまり調べても無いので軽くネタだけ。
こう書いて完敗だった毎日王冠・京都大賞典でしたが天皇賞に向けての確認の意味も有るので。

東京重賞は京王杯SCからユニコーンSまで正逆16か19が3着以上。
今開催の東京は正逆6か11で見ています。
ジャンプ重賞でも6番が2着なので継続を期待しています。

府中牝馬Sは13頭立なので19は6と同じ16は11と同じです。

6番マイネイサベルか11番ホエールキャプチャかと見ています。

3歳以上重賞で柴田善臣騎手から隣か3隣が3着以上。
これも結構長いのですが最近の柴田騎手の騎乗機会が以前より減っているのでまだ継続しているのかな。
コスモネモシン・スピードリッパー・ホエールキャプチャ・ドナウブルー。

3日開催では良く有る話で前にも一度書いたことが有るのですが土日の結果から月曜を予想。
見方はいろいろと有るでしょうが私はまず3日間メインで騎乗する土日の馬券内騎手からの起点を見ます。
前回の3日開催ではレインボーSとローズSの両方で1着だった内田騎手から。
レインボーS7番→8番→10番・ローズS1番→15番→2番。
起点としては隣ですね、セントライト記念10番→9番3着。
もちろん全て当てはまることも無いでしょうし対象騎手が間違えていることも多いです。

明日見ているのはオパールSと秋華賞の両方で2着だった武豊騎手です。
オパールS10番→11番→12番・秋華賞16番→1番→13番。
オパールSが12頭立なので12隣(自己指定)が良いかと。
府中牝馬Sの12隣は13頭立なので隣です、アロマティコとマイネイサベル。

マイネイサベルとホエールキャプチャがどちらも3着以内じゃなければダメ予想だったということで。

秋華賞 回顧

何かもうガッカリです。
考えていたことは良かったと思うのだけど全て裏目が出た感じ。

2番人気だと思っていたメイショウマンボが3番人気で軸をスマートレイアーに変えたのはまあ良い。
同枠に優先権持ちのシャトーブランシュで2着も有るかと思っていたし。
しかしここでメイショウマンボなら2番人気にして欲しかった。
この人気順に拘り過ぎた。

3着は7枠13番のリラコサージュ。
またも人気薄の池添騎手が3着。
ウリウリの逆番でデニムアンドルビーと同じ枠。
そういう見方もしていたし最初に書いたけどまさか無いよなあと、ウリウリの方が良く思えたし。

出したリンクでは全て出せているしデニムじゃないのもレイアー軸なのも合っているのに。
正逆6番重視も合っているのに全て裏目でした。
天皇賞春の正逆6での1着3着も頭には有って正6番のみ選びました。

京都連日は都大路Sから正逆3か6が3着以上。逆3番1着と逆6番3着。
京都重賞は正逆6か12が3着以上。逆6番3着。

ローブティサージュから隣か6隣馬が3着以上。
新馬      7番→8番2着 1番3着
ファンタジーS 14番→13番1着
阪神JF    1番→7番2着
チューリップ賞 14番→13番2着
桜花賞     6番→7番1着
オークス    9番→3番1着
ローズS    8番→2番3着。
秋華賞     17番→16番1着

京都のG1は正逆18番が3着以上。
秋華賞   逆18番キョウワジャンヌ 2着
菊花賞   逆18番トーセンラー 3着
エリザベス女王杯 正18番スノーフェアリー 1着 逆18番アヴェンチュラ 2着
マイルCS 逆18番フィフスペトル 2着
天皇賞春  逆18番ビートブラック 1着
秋華賞   逆18番ヴィルシーナ 2着
菊花賞   逆18番ゴールドシップ 1着
エリザベス女王杯 逆18番レインボウダリア 1着
マイルCS 逆18番サダムパテック 1着
天皇賞春  逆18番トーセンラー 2着
秋華賞   逆18番スマートレイアー 2着
1枠か8枠とも言える。

G1の流れから。
オークス 正21番1着
ダービー 正21番3着
安田記念 逆21番3着
宝塚記念 正21番1着
スプリンターズS 正21番3着
秋華賞  逆21番1着

リンクはほぼ残っています。
G1の指定馬も新たに書いた前走3着馬か隣のみダメ、書いて直ぐこれが消えるとはなあ。
メイショウマンボ1着とセレブリティモデルの隣2着で前からのは継続です。

菊花賞での指定馬を今の想定で見るとヒラボクディープしかいない。
ヒラボクディープか隣馬に注目したい。
最初に確認したいのは正逆1VS3VS6と今日の結果と同じ位置です、この中でワイドに期待したい。
ヒラボクディープか隣がこの中に有るのか?無いのか?
武兄弟決着はデムーロ兄弟決着の桜花賞を思い出す。
皐月賞は桜花賞2着のデムーロ兄が勝ったけど菊は武兄が勝つのか?馬券内には入るのか?
エピファネイアが信用できるならマジェスティハーツとの1点ワイドも面白いか。
まあ枠を見てからですけど、同枠馬も含めて注目します。

秋華賞どうでしょう?3

デニムアンドルビーとスマートレイアーのオッズが接近してきました。
人気順は変わらないと思うけど。

載せ忘れ、京都のG1は正逆18番が3着以上。
秋華賞   逆18番キョウワジャンヌ 2着
菊花賞   逆18番トーセンラー 3着
エリザベス女王杯 正18番スノーフェアリー 1着 逆18番アヴェンチュラ 2着
マイルCS 逆18番フィフスペトル 2着
天皇賞春  逆18番ビートブラック 1着
秋華賞   逆18番ヴィルシーナ 2着
菊花賞   逆18番ゴールドシップ 1着
エリザベス女王杯 逆18番レインボウダリア 1着
マイルCS 逆18番サダムパテック 1着
天皇賞春  逆18番トーセンラー 2着
1枠か8枠とも言える。
これ載せ忘れてたのはそろそろ消えるんじゃないかと思ってたんですよねえ。
あまりに長く続いているので1枠か8枠でなら継続するかもと思ってました。

スマートレイアーに騎乗する武豊騎手はダービーでも正1番で勝利しました。
ここから武豊騎手のG1での起点が始まっています。
ダービー 1番→3番3着(18頭立)
安田記念 18番→2番2着 16番3着(18頭立)
宝塚記念 6番→4番2着(11頭立)
スプリンターズS 9番→7番2着 5番3着
2隣と20隣が同時です、18頭立と11頭立は2隣で重なります。
とすると3番か17番です。
ただ武豊騎手が勝つならここで消えるというのも良く有ることです。
3番なら京都連日、17番ならG1の指定馬の隣も有るけど。

3番にはもう一つG1の流れから。
オークス 正21番1着
ダービー 正21番3着
安田記念 逆21番3着
宝塚記念 正21番1着
スプリンターズS 正21番3着
これも有るのだけど逆3番はメイショウマンボも。

ティアーモが気になるのは来週の菊花賞ゲストが加藤茶さんというのも有る。
茶=ティーですね。

細かい数字を書くとキリが無いのだけどダービー以降は正逆10で3連続10番が1着。

今年のG1ではセットになるレースで同じ事が繰り返されてると思う。
スプリントマイルG1、高松宮記念・VM・NHKMCで正逆11が1着。
桜花賞・皐月賞、デムーロ兄弟の勝利と馬連同番決着。
オークス・ダービー、武兄弟の勝利と正3番。
記念G1、安田記念・宝塚記念で正10番1着。
スプリントマイルG1、安田記念・スプリンターズSで正10番ロードカナロアの勝利。

秋華賞ではダービーと同じ正1番で武豊騎手が勝っても良いのではないか?

このまま続くなら秋華賞の1着馬の正逆が菊花賞で3着以内か1着の関係者。
天皇賞は春の1着6番の正逆、JCは天皇賞秋の1着番正逆か1着の関係者。
有馬記念は正逆10。
こんな事も漠然と考えています。

秋華賞の予想はスマートレイアーから。
馬単でウリウリ・シャトーブランシュ・ローブティサージュ、と折り返しを押さえ。
三連単で上の馬に3着デニムアンドルビー・ティアーモ・メイショウマンボ・ローブティサージュで14点。

秋華賞どうでしょう?2

人気順は明日になっても変わらないようですね。
1番人気デニムアンドルビー
2番人気スマートレイアー
3番人気メイショウマンボ
4番人気エバーブロッサム
5番人気ウリウリ

G1の指定馬で書いた2頭とは違う理由でウリウリも見ています。
違う理由とは言っても同じ見方なのですが。

オークス ブリュネット・プリンセスジャック、ブリュネットの隣が1着、プリンセスジャックの隣が3着 
ダービー コディーノ・フラムドグロワール、コディーノの隣が1着と3着
安田記念 ガルボ・マイネイサベル・ダノンシャーク、ダノンシャークが3着
宝塚記念 ダノンバラード、ダノンバラードが2着
スプリンターズS ドリームバレンチノ・アウトクラトゥール、ドリームバレンチノの隣が2着と3着

前走3着馬か隣が3着以上。
秋華賞での前走3着はウリウリのみ。
対象はセキショウ・ウリウリ・トーセンソレイユ。
逆12番のトーセンソレイユは気になるが私は正6番ウリウリを取ります、下のも有るので。

スマートレイアーから13隣が3着以上。
新馬    11番→16番3着(18頭立)
未勝利   9番→4番2着(9頭立)
三面川特別 15番→2番2着(18頭立)
夕月特別  7番→8番3着(14頭立)
秋華賞   1番→6番or14番

とは言えこっちも13隣です。
シャトーブランシュから13隣が3着以上。
未勝利   11番→8番3着(16頭立)
3歳500万下 7番→9番1着 5番3着(11頭立)
足立山特別 8番→8番2着(13頭立)
鳥栖特別  11番→11番1着(13頭立)
ローズS  15番→2番3着(18頭立)
秋華賞   2番→7番or15番
スマートレイアーからを取りますが。

秋華賞どうでしょう?

大阪もまだ暑いのに風邪気味という変な状態です。
まあ飲み過ぎで抵抗力が落ちてるんでしょう。
今週はいつもより飲み過ぎた。

第18回秋華賞(GI)
○サンケイスポーツ主催:『秋華賞(GI)』レース検討会&抽選会
六車奈々 六車奈々

○レディース抽選会!バラの花プレゼント!
 当日ご購入された秋華賞(GI)の勝馬投票券500円分以上をご提示いただいた女性のお客様に、秋華賞(GI)の枠色カードを1枚差し上げます。そして、秋華賞(GI)優勝馬と同じ色のカードをお持ちの方に、もれなくバラの花をプレゼントいたします。
バラの花

イベント的には特に無いなあ。
六車奈々さんも以前は競馬番組に出ていたので良くゲストに来ていましたが久し振りな感じ。
6と7の枠と馬番には注意ぐらいか。
下の三つの枠では中央の8枠か。
8枠には2番人気になると予想しているメイショウマンボと現在7番人気のローブティサージュ。
G1の指定馬はメイショウマンボとセレブリティモデルか隣馬。
その間に居るのがローブティサージュ。

名馬の蹄跡は第1回のファビラスラフイン。
7枠15番で5番人気。
現在の5番人気はウリウリ。

京都連日は都大路Sから正逆3か6が3着以上。
京都重賞は正逆12を優先で正逆6も考慮。

ローブティサージュから隣か6隣馬が3着以上。
新馬      7番→8番2着 1番3着
ファンタジーS 14番→13番1着
阪神JF    1番→7番2着
チューリップ賞 14番→13番2着
桜花賞     6番→7番1着
オークス    9番→3番1着
ローズS    8番→2番3着。

1番人気はデニムアンドルビーだが2番人気はスマートレイアー。
メイショウマンボが2番に上がれないのかも、その場合はスマートレイアーを選択する。
この馬も賞金で出走を決めた馬なので。
どちらにしても武なんだなあ。
上の3頭が1着と3着でローズSでの権利取りウリウリとシャトーブランシュの2着に期待している。
それと12番のエバーブロッサムを考えているが4番人気なんだなあ。
もっと人気が無いと思ってたのだけど。

回顧

あまりにも酷すぎて下の書き込みを無かった事にしたいくらい。

ゴールドシップが5着でショウナンマイティが6着か。
他の馬も全く駄目の酷すぎてどう回顧するのかすら分からないな。

(毎日王冠)
このRは2002年以降で正逆28か29が3着以上。正28番エイシンフラッシュが1着。
東京重賞は京王杯SCからユニコーンSまで正逆16か19が3着以上。逆16番クラレントが3着。

(京都大賞典)
京都連日は都大路SからディープインパクトCまでで正逆3か6が3着以上。逆3番トーセンラーが3着。
京都重賞は正逆12を優先で正逆6も考慮。逆12番ヒットザターゲットが1着


ヒットザターゲットはノースヒルズだったのか。
キズナと同じ馬主なのを見落としていた。
でエイシンフラッシュはダービー馬か。

京都大賞典・毎日王冠

軽く枠順を見た感じだけの印象ですが。

毎日王冠はショウナンマイティかなと。
ただ相手が良く分からんです。

京都大賞典は12番のゴールドシップは大丈夫でしょう。
相手はトレイルブレイザーかヴィルシーナかなと。

それともしかしたらの池江・池添のトゥザグローリー。

まあ見てるだけですがね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア