FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スプリンターズS 回顧

最初からハクサンムーンを外して見ていたので清々しい程の完敗です。

1枠も7枠も飛んで結局3枠が3着とか選ぶセンス無いなあと、自分のことながら。
中山芝1200m重賞の2戦は7枠優先、次点で3枠ということなんですね。
マヤノリュウジンは全く見てなかったけど池添騎手なんですねえ。
ローズSではオルフェーヴルから池添騎手を見ていたのに直前のG1では見てないとかセンス無いなと反省。
そこまで考えに有れば7枠か1枠3枠なら中山重賞の正逆7か12(5)だから3枠5番も対象になる。
最初から7枠重視だったのを修正出来なかったなと。
ハクサンムーンも正7番なのですが逆7番のロードカナロアを取ったのと最初から消しだったから仕方無い。

荒れる予想も1番人気の決着にしては15番人気が3着だから荒れたとも言える。
16番人気のタガノバスティーユに対して15番人気のマヤノリュウジンだったのかと。

押していたグランプリボスは7着に負け。
グランプリボスが持っていた春G1での自身か隣の要素は消えました。
ロードカナロアが1着なのでスギノエンデバーが持っていた要素は継続です。
フォーエバーマークはスギノエンデバーと同じだったのでこちらも一応は継続扱いです。
これも合ったのでグランプリボスだと見たのですが春と秋ではやはりそのままでは無いですね。
CBC賞からの枠連動が消えたのも痛い。

中山重賞は正逆5(12)か7が3着以上。
阪神重賞の正逆4か7が3着以上も昨日のシリウスS逆4番ナイスミーチューが2着で継続。
年末開催まで覚えておきたい。

来週からは京都と東京の開催です。
来週は確認だけにします多分、予想は出さないかも?

今の時点で持っているネタは先に置いておきます。
後は時間が取れたらで。

(毎日王冠)
このRは2002年以降で正逆28か29が3着以上。 昨年は逆29番カレンブラックヒルが1着。
このRは蛯名騎手から隣か2隣が6年連続で3着以上。その後2011年は騎乗無しで2012年は2番→4番1着。
東京重賞は京王杯SCからユニコーンSまで正逆16か19が3着以上。

(京都大賞典)
京都連日は都大路SからディープインパクトCまでで正逆3か6が3着以上。
京都重賞は正逆12を優先で正逆6も考慮。
今年の京都名重賞は正逆88が3着以上、京都金杯・京都牝馬S・京都記念・京都新聞杯。
大賞典名Rは2011年阪神大賞典から正逆5か6が3着以上。
スポンサーサイト

スプリンターズSどうでしょう?2

特に書くことは無いのですが7枠を見ていたもっと単純な理由でも書こうかと。

中山1200芝重賞の特徴なのでしょうが7枠の馬券内率が高いということ。
対象レースはオーシャンSとスプリンターズS。
2007年のスプリンターズS以降で7枠の馬券内は2010・2011・2012年のオーシャンS以外で。
この三つは全て3枠が馬券内。

スプリンターズS単体では2001年以降では2004年と2007年のみ、10/12です。
2004年と2007年を見ると1枠と3枠が同時に馬券内。
2002年の新潟開催も7枠は2着なのでそういう傾向のレースでしょう。

7枠が消えた場合はこの二つの枠からの選択とすれば私は1枠を取りたいと思っています。
単純に見れば3枠か7枠なのですが今回は1枠を上に見ています。

買い方は昨日のをそのままと1番グランプリボスから10番ロードカナロアへの馬単折り返しも。

ロードカナロアのスプリント三連覇、カレンチャンとの安田厩舎のスプリント五連霸はヤリ過ぎだよなあ。
ロードカナロアの安田記念勝利も、安田記念と同じ5枠10番にも良いような悪いような。
カレンチャンも5枠10番で勝っているのも良いような悪いような。
安田記念に出走していたのは他に5着サクラゴスペルと10着グランプリボス。
マイルG1馬グランプリボスの逆襲ならサクラバクシンオーから見ても面白いかと。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/02:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア