1. 無料アクセス解析

桜花賞どうでしょう? (追記)

第73回桜花賞(GI)

    ○杉浦太陽さん 桜花賞(GI) レース展望&トークショー(レース回顧)
     映画やドラマからバラエティ番組まで、幅広く活躍中の杉浦太陽さんが桜花賞(GI)に登場!今年2月のドラマではジョッキー役の主人公として、一流ジョッキー達とも競演!競馬ファン代表として、競馬をわかりやすくトークいただきます。
杉浦太陽サチカナエ
杉浦太陽サチカナエ
    ○桜花賞記念入場券発売
     第73回桜花賞(GI)の記念入場券を、桜花賞(GI)当日に阪神競馬場にて発売いたします。
第73回桜花賞(GI)記念入場券
第73回桜花賞(GI)記念入場券


杉浦 太陽(すぎうら たいよう、1981年3月10日 - )は、岡山県玉野市出生、大阪府寝屋川市出身の俳優、タレントである。妻は歌手、タレントの辻希美。スカイコーポレーション所属。
ジョッキー役というのは「GI DREAM(2013年2月2日予定、BSフジ)川原隆役」ですね。
観ていないのでどんなドラマかも知りませんがHPは有りました。
内容的にはあまり関係無いかな、関係有るかもなのが↓でしょうか。
GI DREAM 
右下に、武豊騎手・池添騎手・福永騎手・岩田騎手・松田騎手です。
池添騎手と松田騎手は桜花賞に騎乗馬無しです。


これはクロフネサプライズの勝負服なのですが色は違いますが似てるよなあ。
クロフネサプライズは武豊騎手が騎乗します。

他では太陽からトーセンソレイユ。

名馬の蹄跡
第63回桜花賞優勝
スティルインラブ


2003年に幸騎手騎乗で牝馬三冠です。
前走はチューリップ賞2着、桜花賞は2番人気でした。
戦歴等のイメージ的に合いそうな馬は見当たらない
この年は2着3着が7枠ワイドソロ目、1番人気の武豊騎手騎乗のアドマイヤグルーヴは3着。
チューリップ賞を勝ったオースミハルカは6着。
スティルインラブは紅梅Sを勝っていますがその時の3着が桜花賞2着のシーイズトウショウ。
今年の紅梅Sは1着レッドオーヴァル2着メイショウマンボ、3着のオツウは登録無し。
クロフネサプライズ視点だとチューリップ賞の2着3着とのワイドだけど。

レッドオーヴァルは違う理由で注目しています。
阪神メインの<尻ス・ズ>は桜花賞では4頭居るので選びにくい、クロフネサプライズもですからねえ。
次点として違う文字にも注目しています。

<ッド>です。
阪神メインで<ット>は阪急杯のアプリコットフィズが×から報知杯FRでノーブルコロネットの隣メイショウマンボ1着。
しかし産経大阪杯でもヒットザターゲットの隣が不発です。
<ッド>は下の通り。
阪神JF      9番レッドマニッシュ10番レッドセシリア→10番3着
ラジニケ2歳S  4番バッドボーイ→4番2着
アーリントンC  2番レッドアリオン→3番2着 2番3着
チューリップ賞 8番レッドフォーチュン→7番1着
大阪城S    14番グラスゴッド→15番2着
若葉S      6番レッドルーラー→6番1着 5番3着 
毎日杯     4番バッドボーイ→5番2着 4番3着
六甲S     8番レッドデイヴィス→7番1着

<ット>はダメな感じですが<ッド>は期待してます、尻ス・ズと並ぶならそこは予想に入れたい。

冠名メイショウの世代限定重賞は昨年の小倉2歳S以降で3隣か6隣が3着以上。
小倉2歳S   13番メイショウユウダチ→10番3着
神戸新聞杯   8番メイショウカドマツ→14番1着 11番3着
秋華賞     13番メイショウスザンナ→1番2着
ファンタジーS 7番メイショウガンツ→13番1着
阪神JF    4番メイショウマンボ→1番1着 7番2着 10番3着
アーリントンC 9番メイショウヤマホコ→6番1着 3番2着
報知杯FR   4番メイショウマンボ→1番2着
毎日杯     3番メイショウブシン→6番1着

施行日が桜花賞前日に移行後の阪神牝馬Sの馬券内馬番の正逆が桜花賞で3着以上。
2006年 4→12→10 → 正12番3着
2007年 6→2→5   → 逆5番2着
2008年 3→7→13  →  正13番3着
2009年 12→8→15  → 正15番3着
2010年 7→11→1   → 正11番3着
2011年 1→16→4  →  正16番2着
2012年 15→10→7 → 正10番1着 正15番2着

TVCMは1975年3枠7番テスコガビー、歴史的大差のゴール。
フェブラリーSは1999年5枠9番メイセイオペラ、地方から中央を制した馬。
フェブラリーSでは5枠10番が3着くらいしか見えない。
これは桜花賞の結果を見てから皐月賞以降に向けて考えてみたい。

馬起点や騎手起点は週中に調べて金曜か土曜にUPします。

(追記)
一つ書き忘れていた。
前記事で正逆4か6から7枠の13番か15番を考えていたと書きましたがその中でも7枠15番です。
4月7日施行の桜花賞は2002年・1996年・19991年です。
その共通数字が正15番アローキャリー1着・正4番ファイトガリバー1着・正15番シスタートウショウ1着。
正逆4・15が1着なのです。
人気順も13番・10番・4番、1991年は2着が13番人気で全て馬連万馬券。
1996年も2着馬は13番人気と同枠です。
次点として見ていたのが2002年の正6番2着と1996年正13番2着です。
都合良く阪神のメインの流れと合っていたので期待していたのですが・・・まだしてますが。
荒れるのを期待して13番人気がどの馬でどこに配置されるのかも確認したい。
スポンサーサイト

産経大阪杯 回顧

オルフェーヴルは強かった、完勝ですね。
2着のショウナンマイティも予想の中、人気通りですがこれは仕方無い。
3着のエイシンフラッシュが見えてなかった。
ダークシャドーだと思ったのですが、ここで正逆4か6が消えるとは思ってなかった。
内田騎手の10隣か12隣も消えて、小牧騎手の3隣も消えた。
まあ全てが継続する訳では無いので仕方無いのだが桜花賞で期待していた数字が消えてガッカリです。
特に正逆4か6はG1の1枠か7枠からも13番か15番を見ていたのでアテが外れた感じです。

このRは2003年以降で正逆2か3が3着以上。
このRは1999年以降で福永騎手騎乗の全9戦は2隣が3着以上。(騎乗無し)
このRは4年連続で藤岡佑介騎手から4隣が3着以上、3年連続で2隣が3着以上。(騎乗無し)

ダークシャドーはエプソムCから隣か3隣が3着以上。
エプソムC 3番→6番3着
毎日王冠  8番→7番2着
天皇賞   7番→8番3着
京都記念  1番→9番3着
札幌記念  4番→5番1着 3番3着
天皇賞   13番→12番1着
ジャパンC 10番→13番3着
有馬記念  10番→13番1着 9番3着
産経大阪杯 4番→5番1着 3番2着 7番3着

テイエムアンコールは2010年中山記念から2隣か3隣が3着以上。
中山記念  5番→3番2着
産経大阪杯 11番→8番3着
天皇賞   10番→12番1着
マイルCS 3番→1番1着
朝日CC  6番→9番1着 4番2着
中山金杯  12番→9番3着
小倉大賞典 9番→12番3着
中山新聞杯 10番→13番1着 7番2着
産経大阪杯 6番→3番2着

ヴィルシーナから67隣が3着以上。
新馬       5番→6番2着(11頭立て)
黄菊賞      6番→3番1着(10頭立て)
エリカ賞     2番→9番3着(10頭立て)
クイーンC    9番→12番2着(16頭立て)
桜花賞      15番→10番1着(18頭立て)
オークス     9番→14番1着(18頭立て)
ローズS     7番→6番1着 8番3着(11頭立て)
秋華賞      1番→14番1着(18頭立て)
エリザベス女王杯 12番→15番1着(16頭立て)
産経大阪杯    14番→3番2着(14頭立て)

今年の阪神メインでは阪急杯を除いて尻ス・ズの馬か隣が3着以上になっています。
産経大阪杯    6番トウカイパラダイス→5番1着 7番3着

リンクはショウナンマイティ関係しか残っていないが一番重なっていたのもショウナンマイティだった。
前年の勝利馬が出走したら枠として馬券内も継続、来年はオルフェーヴルが出走するとは思えないけど。


<ダービー卿CT>
ガルボは5着だったか。
マイル重賞でのガルボか隣は終わったか、これはちょっと残念。
高倉騎手の11隣は2番→13番1着で重賞4戦連続になりました。

中山の方は連日とかでまだ上手く見えていない感じ。
皐月賞までにはこれはというのを見つけたいです。

産経大阪杯は見るだけ とガルボのことを追記

今年の阪神メインは川田騎手から12隣が3着以上。
アーリントンC 1番→3番2着
阪急杯     6番→2番2着
チューリップ賞 騎乗無し
大阪城S    15番→3番3着
ポラリスS   騎乗無し
報知杯FR   4番→16番3着
若葉S     6番→5番3着
阪神大賞典   騎乗無し
毎日杯     4番→5番2着
六甲S     騎乗無し
コーラルS   2番→6番3着

阪神メインは正逆4か6が3着以上。
ペテルギウスS 逆6番2着
ラジニケ杯2歳S 正逆4番2着 正6番3着
ギャラクシーS 逆4番1着
阪神C     逆6番1着
アーリントンC 正6番1着
阪急杯     正6番3着
チューリップ賞 正6番3着
大阪城S    正4番1着
ポラリスS   逆6番1着
報知杯FR   正4番1着
若葉S     正逆6番1着
阪神大賞典   正6番逆4番2着
毎日杯     正6番1着 正4番3着
六甲S     逆6番2着
コーラルS   正6番3着

この二つが重なってコーラルSは6番が3着。
複勝と人気馬へワイドを少し買ってましたがワイドも両取りでまずまずでした。

産経大阪杯では川田騎手12隣はマッハヴェロシティとコパノジングー、今日勝ったのでここで終わるのかな?
正逆4か6はダークシャドー?内田騎手の10隣とオルフェーヴルの隣も重なる。

小牧騎手の3隣はヴィルシーナ・ダークシャドーの隣にショウナンマイティとオルフェーヴル。
テイエムアンコールの3隣にオルフェーヴル・ヴィルシーナの67隣にショウナンマイティ。
このRの正逆2か3にショウナンマイティ。
このRの川田騎手から2隣は12隣と同じ。
大阪名Rの正逆6か13はローズキングダムも居るけど選ばない。

3番4番5番14番の人気馬に重なっているので私は見るだけにします。
オルフェーヴルの単人気が1.1倍で外して買わなきゃあまり意味も無さそうで。
と言っても重なりは有ると思うので見るだけにします。

今年の阪神メインでは阪急杯を除いて尻ス・ズの馬か隣が3着以上になっています。
コーラルSではアドマイヤサガスの隣にスエズという並びでした。
オルフェーヴルの隣がトウカイパラダイスなので馬券外とは見られないので。

(追記)
マイルのダービー卿にガルボが出走します。
マイルCSの時に書いたマイル戦でのガルボか隣はそのレースで消えましたが東京新聞杯で復活。
元々G1は除外だったのか?は分かりませんがこのレースでも注目しています。

中山のメインは今年始めからで中山金杯・フェアりーS・オーシャンSの三つを除いて正逆17か18です。
ガルボは正1番なので1番2番16番は重なる。
ダービー卿は調べてないのでこちらも見るだけにしますが予想はガルボの複勝です。
それと重賞で高倉騎手から11隣がまだ3戦ですが3着以上です、これも継続するか注目してます。

産経大阪杯 馬リンク

オルフェーヴルはダービーから隣か4隣が3着以上。
ダービー  5番→1番2着
神戸新聞杯 7番→11番3着
菊花賞   14番→13番1着
有馬記念  9番→5番2着
阪神大賞典 12番→1番1着
天皇賞   18番→1番1着
宝塚記念  11番→7番2着
ジャパンC 17番→13番3着

ダークシャドーはエプソムCから隣か3隣が3着以上。
エプソムC 3番→6番3着
毎日王冠  8番→7番2着
天皇賞   7番→8番3着
京都記念  1番→9番3着
札幌記念  4番→5番1着 3番3着
天皇賞   13番→12番1着
ジャパンC 10番→13番3着
有馬記念  10番→13番1着 9番3着

テイエムアンコールは2010年中山記念から2隣か3隣が3着以上。
中山記念  5番→3番2着
産経大阪杯 11番→8番3着
天皇賞   10番→12番1着
マイルCS 3番→1番1着
朝日CC  6番→9番1着 4番2着
中山金杯  12番→9番3着
小倉大賞典 9番→12番3着
中山新聞杯 10番→13番1着 7番2着

ヴィルシーナから67隣が3着以上。
新馬       5番→6番2着(11頭立て)
黄菊賞      6番→3番1着(10頭立て)
エリカ賞     2番→9番3着(10頭立て)
クイーンC    9番→12番2着(16頭立て)
桜花賞      15番→10番1着(18頭立て)
オークス     9番→14番1着(18頭立て)
ローズS     7番→6番1着 8番3着(11頭立て)
秋華賞      1番→14番1着(18頭立て)
エリザベス女王杯 12番→15番1着(16頭立て)

桜花賞まで続くか確認

阪神偶数日メインは小牧騎手の3隣が3着以上。
阪急杯    16番→3番1着
大阪城S   16番→3番3着
報知杯FR  14番→1番2着
阪神大賞典  9番→6番2着 3番3着
六甲S    7番→10番3着
産経大阪杯と桜花賞は騎乗馬無し)
産経大阪杯はマッハベロシティに騎乗予定です。

内田騎手の阪神重賞は10隣か12隣が3着以上。
宝塚記念    6番→12隣2番3着
ローズS    7番→10隣12隣6番1着 8番3着
神戸新聞杯   14番→12隣11番3着
ジャパンCD  2番→12隣14番1着 10隣12番2着
アーリントンC 3番→10隣3番2着
阪神大賞典   7番→10隣6番2着

今年の阪神メインは川田騎手から12隣が3着以上。
アーリントンC 1番→3番2着
阪急杯     6番→2番2着
チューリップ賞 騎乗無し
大阪城S    15番→3番3着
ポラリスS   騎乗無し
報知杯FR   4番→16番3着
若葉S     6番→5番3着
阪神大賞典   騎乗無し
毎日杯     4番→5番2着
六甲S     騎乗無し

メインでシュタルケ騎手から12隣が3着以上。
若葉S   5番→6番1着
阪神大賞典 3番→6番2着
毎日杯   5番→6番1着 4番3着
六甲S   1番→13番2着
それ以前でも
2001年ジャパンCD 12番→8番2着
2011年ジャパンC  13番→1番3着

阪神メインは正逆4か6が3着以上。
ペテルギウスS 逆6番2着
ラジニケ杯2歳S 正逆4番2着 正6番3着
ギャラクシーS 逆4番1着
阪神C     逆6番1着
アーリントンC 正6番1着
阪急杯     正6番3着
チューリップ賞 正6番3着
大阪城S    正4番1着
ポラリスS   逆6番1着
報知杯FR   正4番1着
若葉S     正逆6番1着
阪神大賞典   正6番逆4番2着
毎日杯     正6番1着 正4番3着
六甲S     逆6番2着

産経大阪杯

昨年からのリンクと軽い妄想。

大阪名Rは2010年大阪城S以降の9戦で正逆6か13が3着以上。 ←昨年のレース以降の3戦も通過で12戦連続です。
このRは2003年以降で正逆2か3が3着以上。
このRは1999年以降で福永騎手騎乗の全9戦は2隣が3着以上。(騎乗無し)
このRは4年連続で藤岡佑介騎手から4隣が3着以上、3年連続で2隣が3着以上。(騎乗無し)
このRは過去全4戦で川田騎手から2隣が3着以上。


産経大阪杯の年度の流れがメイショウサムソン→エイシンデピュティと流れています。
と書いても何のことだ?という感じでしょうが昨年の記事で書いた事からそうなっていると妄想しています。
2007年メイショウサムソンと2011年ヒルノダムール⇒産経大阪杯と天皇賞春を連勝
2008年エイシンデピュティと2012年フェデラリスト⇒当年金杯を勝利し産経大阪杯2着後に宝塚記念を1着枠配置

とこう見ている訳でして、そのまま2009年になるかは分かりませんが妄想するならここかなと思っています。
枠順は今日(火曜日)時点では分かる筈も無いのですが出走予定馬からは面白そうな感じもする。

2009年を見るとディープスカイが1.6倍の1番人気で2着に負けています。
勝ったのはドリームジャーニー、オルフェーヴルの全兄です。
人気で見るとスカイだけど血統はジャーニーなオルフェーヴル、どっちになるのか?
この2頭は宝塚記念に進みジャーニーが勝利しスカイは3着に負けた。
その前にジャーニーは天皇賞春3着、スカイは安田記念2着が有ります。

オルフェーヴルは産経大阪杯の後は宝塚記念直行で凱旋門賞へ向かうようです。
ローテは2頭と違うのですが選ぶとしたらどっち?
私はディープスカイになるんじゃないかと期待しています。
スカイもオルフェも前走はJC2着からです。
ただ一つ気になるのは斤量でスカイが59㌔ですがオルフェは58㌔。
規定が変わったからですが唯一のスカイとフラッシュと2頭が58㌔のオルフェの違い。
この違いはオルフェに有利かも?有力馬を出走し易くする為でしょうからそのアナウンスも必要か。

1番人気が4着以下になったのも2006年ローゼンクロイツ5着まで遡ります。
あと斤量では以前は一番多いというの有りますが57㌔が必ず3着以内に入っています。
今年はショウナンマイティとローズキングダムのみ。
昨年はフェデラリストとローズキングダムでフェデラリスト2着。
近年で前年勝ち馬が出走した2007年と2010年は3着枠になっています、ショウナンマイティの枠がどうか?

唯一牝馬としては2007年のダイワスカーレットと2009年カワカミプリンセスが馬券内。
しかし牝馬3歳G1を勝っていない2004年アドマイヤグルーヴは7着なのでどっちとも言えない。


妄想してると勝つ馬が居なくなってしまった・・・。
ローズキングダムの復活って無いかなあ?
朝日杯勝ちはジャーニーと同じでイベントで渡辺竜王が来る。
他にもキングはエイシンフラッシュとヒットザターゲットの父に有る。

高松宮記念 回顧

ロードカナロアかーーー。
ドリームバレンチノとの枠ゾロ目で決着も馬連1番人気ですね。
今年60歳の調教師枠でそのまま決着でした。
これは取って元チョイプラスくらいなので軽くでしたが土曜日の負け分そのまま今週の負けでした。

期待したエピセアロームは14着と大敗、まあ4着以下なら着順は関係ないんですが。
冠名スギノの出走も名馬の蹄跡も関係無かったのか?全く見えていなかった。
ハクサンムーンが出せていてワイドというのが正解だったのですが私の中では全く見えず。
酒井騎手はJCDでも7枠だった。

ッとプは消えましたね、高松宮記念の正逆2か4も消えた。

北村友一騎手の重賞は日経新春杯以降で8隣か10隣が3着以上。
日経新春杯   12番→10隣2番1着
京都牝馬S   2番→8隣8番2着 8隣10番3着
シルクロードS 6番→10隣16番2着
小倉大賞典   12番→10隣2番2着
阪急杯     9番→10隣3番1着
ファルコンS  10番→8隣2番1着
スプリングS  10番→8隣2番2着
高松宮記念   4番→10隣11番1着 8隣12番2着

2012年から中京6日目は正逆6が3着以上。

出したリンクは少なかったですが残ったのもコレだけ。

昨年のマイルCSからは1枠か7枠が3着以上ですね。
マイルCS   1枠サダムパテック   1着
JC      7枠ルーラーシップ   3着
JCD     7枠ニホンピロアワーズ 1着
阪神JF    1枠ローブティサージュ 1着
朝日杯FS   7枠ロゴタイプ     1着
有馬記念    7枠ゴールドシップ   1着
フェブラリーS 1枠グレープブランデー 1着
高松宮記念   7枠ハクサンムーン   3着

桜花賞では7番12番を見ているのでVS1枠か7枠で枠順を確認したい。

高松宮記念どうでしょう?

ああ、土曜日は全然ダメだったか。
軽く投票してから用事で出掛け酒を浴びるほど飲んでさっき起きて結果を見ました。
人気馬は順当勝ちですね、キズナはどうするのだろうか?皐月賞に行くのかな?
フェノーメノは宝塚記念なのかな?

さて高松宮記念、何とか取りたいね。

第43回高松宮記念(GI)
    ○祝!中京競馬場開設60周年記念抽選会! ~「60」なんでも大集合!~
     「60」にまつわる物を持って中京競馬場へGo!抽選で素敵なプレゼントをゲットしてください!
60ですか。
正逆60は正逆9、6枠にはロードカナロアとドリームバレンチノの人気馬。
正逆9番はサンカルロのみ。
正6番モンストール、逆6番ドリームバレンチノ。
調教師で60歳は橋田満師、1960年生まれは居ない。
ただ今年で60歳と見れば6枠の調教師が二人ともそう。
6枠で(今年)60歳の同居、ここを気にしないではサイン読みする意味が無いのでは?
(外れたら自己矛盾で精神崩壊しそうですが、外れたらこの文は無かったことにします。)

名馬の蹄跡
第26回高松宮杯優勝
フラワーパーク



1996年 高松宮杯(GI)

父ニホンピロウイナーと前走のシルクロードSで前年の最優秀短距離馬ヒシアケボノを破ったという記述あり。

2007年からの高松宮記念が正逆2か4が3着以上。
2007年 逆2番2着
2008年 正4番1着
2009年 正4番2着 正2番3着
2010年 逆2番2着
2011年 正4番1着
2012年 逆2番2着
連対で続いています。
ただ私はここを見ていない。

北村友一騎手の重賞は日経新春杯以降で8隣か10隣が3着以上。
日経新春杯   12番→10隣2番1着
京都牝馬S   2番→8隣8番2着 8隣10番3着
シルクロードS 6番→10隣16番2着
小倉大賞典   12番→10隣2番2着
阪急杯     9番→10隣3番1着
ファルコンS  10番→8隣2番1着
スプリングS  10番→8隣2番2着
連対してます。
4番→11番12番13番14番、6枠2頭が入っています。

今開催の中京は正逆2か3が3着以上。
2002年から中京6日目は正逆6が3着以上、次いで正逆9が1度飛び。
ただ14頭立てで正逆6・9ばかりで正逆20でも通っている。
正逆34とすれば休止前の2010年トリトンSも入るのでこれかな?とも思うけど私は正逆6を選んだ。
とはいえ正34番はダッシャーゴーゴー、頭2文字目ッです。
フェブラリーSで消えてるのでここでどうなのか確認です。

G1のプはマジンプロスパー、か隣。
ここは正逆9番サンカルロを選びたいけど私に中での優先順位では低いです。

フルゲートではない中京開催の高松宮記念は1998年・1999年・2000年は1番人気が勝てていない。
上記3年とも今年と同じ17頭立て、1998年と1999年は取り消し戦にもなっている。
1988年と1999年の1番人気はシーキングザパールで4着と2着。
2000年のブラックホークは4着、この年が一番近いと思う。。
前年スプリンターズSと当年阪急杯を勝った戦歴はブラックホークと重なる。
ブラックホークはマイルCSを勝っているがロードカナロアは香港スプリントを勝っている。
海外G1を勝った戦歴は1999年のシーキングザパール。
シーキングザパールとブラックホークはマイルG1を勝っているがロードカナロアは1200G1のみ。
この辺りの個性で変わって来ると妄想している。
3/24(日) 第43回高松宮記念(GI) 中京競馬場・芝1,200m

妥協なき究極の速さ、スプリントに美学を貫く風が輝く。

スプリントに美学を貫くかどうかの違いかと。
バイク好きから言うとロードと風も合う言葉だと思う。
他ではエピセアロームとドリームバレンチノのスプリント重賞2勝。
近走では1200ばかりのダッシャーゴーゴー。

2000年の枠順を見ると1着キングヘイローの隣にスギノハヤカゼが居る。
冠名スギノのG1出走は2000年マイルCS以来。
リンク的には特に無かったのですが出走してきた意味は有ると思っています。

中京6日目開催は過去には2009年のみ。
この年も1番人気スリープレスナイトが2着に負け、ローレルゲレイロが勝った。

ロードカナロアの単勝では買いにくい様にも思う。
でも軸はロードカナロアだと思う、昨年同様3着は勘弁して欲しい。
馬単で2着の買い方も良さそうだけど勝てないとも強く思えないので馬連で。

11番から3番、これが私の本線。
次いで12番、枠連ゾロ目には?なのだが土曜日の重賞二つが連番なので有るのかも?
9番サンカルロと14番ダッシャーゴーゴー、3着というイメージなのだが抑える。

毎日杯と日経賞を軽く

<毎日杯>
キズナの4戦では正逆8が4戦連続で正逆4が3戦連続。
冠名メイショウの世代限定重賞は昨年の小倉2歳S以降で3隣か6隣が3着以上。

逆8にキズナで逆4にコメットシーカー。
メイショウブシンの3隣にキズナで6隣にコメットシーカーが居る。

阪神重賞は昨年のNIKKEI2歳S以降で正逆6か13を見ています。
正6番にキズナ。

このレースは2008年から正逆4か6が3着以上。
正6番キズナで逆4番コメットシーカー。

シュタルケ騎手の重賞は過去4戦で3隣と5隣でワイド以上。
2番8番10番13番、10番はコメットシーカーか。

このレースは2002年以降で頭アの馬か隣。
8番アーマークラッドと13番アドマイヤツヨシか隣で1頭以上なので通過してまた来年期待かな。
期待は阪神重賞の正逆13。

リンク的にはキズナかコメットシーカーの人気馬には逆らえそうに無い。
ワイドで1番13番に期待、選ぶのは13番アドマイヤツヨシ。

三連複1点とワイドを13番から6番10番へ2点。

<日経賞>
ネコパンチ出走ですね、頑張って欲しい。

このレースは2009年から正21が3着以上。
正でマイネルキッツ、逆でアドマイヤフライト。

2007以降は横山騎手から4隣か6隣。
アドマイヤフライト・ムスカテール・フェノーメノ。

このレースは1999年以降で最高齢馬の2隣が3着以上。
10歳マイネルキッツがどこに居るか注目してたのですが7番→5番9番。
5番ダノンバラードと9番トランスワープの比較ではどちらもそこそこな感じで選べない。

フェノーメノとアドマイヤフライトで順当かなと思います。
フェノーメノはステイゴールド枠だしアドマイヤフライトは現在4年連続の5枠です。
この2頭と上の2頭の組み合わせかな。

三連複8番14番から5番9番へ2点と馬連で14番から3点。


高松宮記念は名馬の蹄跡フラワーパークからエピセアロームを見ています。
マイル王の父で明け4歳の牝馬から。
前走で前年の短距離G1馬に勝利は居ませんが昨年のセントウルSでG1未勝利時ですがロードカナロアに勝ったエピセアローム。
他では前走シルクロードS勝利はドリームバレンチノ。
この2頭とロードカナロアを考えています。

宮記念ネタは夜に纏めます。

スプリングSと阪神大賞典 回顧というか妄想

ダメですね、上手くいかなかった。
レースとしては観ていて面白かった。

ゴールドシップが勝つも逆2番のディープ仔が競り潰された完敗で4着。
トウカイトリックの2隣と3隣でワイドも2隣はフォゲッタブルの方とは。
ゴールドシップとしては順調じゃないかな。
オルフェーヴルが強い勝ち方をすれば天皇賞でオッズは上がるでしょうからそこに期待したい。

スプリングSはロゴタイプが勝ってしまった。
消えると思ったのにこちらも強い勝ち方だった。
コスモサンビームは2003年でしたね、年度も間違っていた。
朝日杯FS勝利から前哨戦も連勝は2002年エイシンチャンプか。
ロゴタイプはC.デムーロ騎手、2002年と2003年の皐月賞を勝ったのはM.デムーロ騎手。
2002年のネオユニヴァースはきさらぎ賞とスプリングSを連勝。

この辺りだと今日の2頭が該当するのだけど・・・。
どちらにせよ権利を持っている馬で3連か。

ロゴタイプの騎手は皐月賞でM.デムーロ騎手になるんですね。
朝日杯→スプリングS→皐月賞を連勝だとミホノブルボンか、どうなんだろう?
1992年の皐月賞2着はナリタタイセイで権利は持っていなかった、3着のスタントマンは弥生賞2着で権利有り。
同着の3着には弥生賞を6番人気で勝ったアサカリジェント、この年も6番人気の勝利なのは今年と同じ。
状況はかなり似てきたのか?
スプリングS2着のマーメイドタバンは取り消しです。

今年の皐月賞で権利を持っているのは下の馬です。

弥生賞
1着 カミノタサハラ
2着 ミヤジタイガ
3着 コディーノ

スプリングS
1着 ロゴタイプ
2着 タマモベストプレイ
3着 マイネルホウオウ

若葉S
1着 レッドルーラー
2着 クラウンレガーロ

スプリングSと阪神大賞典

なかなか仕事の進みも遅く、金土は2週続けて飲み会で競馬を考える時間が取れてないです。
今日も軽くこんな感じで見てるだけという書き方しか出来ません。

トウカイトリック記念としても良さそうな阪神大賞典。
トウカイトリックからは2隣か3隣が高率、特に3隣なのですがゴールドシップがここに入った。
ゴールドシップについては昨年からミホシンザン→マヤノトップガン的に見ていると書きました。
マヤノトップガンの有馬記念勝利後はナリタブライアンに負けて2着でした。
しかし私はここと天皇賞を勝つんじゃないかと思っています。
負けるとしたらオルフェーヴルの参戦かなと思っていましたがオルフェーヴルは産経大阪杯ですね。
まあ妄想的なので大した理由も無くですが。

ゴールドシップが勝つとして相手は?
このレースは正逆1か2が強いレースです。
トウカイトリックの正1番配置なら逆2番のデェープインパクトかなと。
2006年の阪神大賞典は正2番ディープインパクトに正1番トウカイトリックでした。
マヤノトップガンの2戦も正逆1・2・7で決着なので同じ形かなと。

スプリングSはあまりイメージ出来ない。
弥生賞も思っていた形では無かったのでこのレースが終わって少しは形が見えるのか?
朝日杯FS1着から直接スプリングSに向かったのは近年ではローズキングダムとコスモサンビーム。
3着と5着で連には絡めていない。
私が見ているのは5着に負けた2003年、外国人騎手が騎乗するのとタマモ・・・プレイの参戦から。
勝つのはブラックタイドから2番人気ときさらぎ賞連対ならタマモベストプレイとなるのだが?
この年に人気薄で皐月賞を勝ったダイワメジャーの仔サーストンニュースが4枠8番に居る。
ダイワメジャーは4枠7番で3着になり皐月賞への出走権を得た。
この2頭でワイドなら皐月賞は2003年をベースに考えるのだけど・・・。

弥生賞 回顧

6番人気カミノタサハラの勝利に、エッ。
2着のミヤジタイガにエエーーー。

昨年も荒れて今年は戻るのかと思ったら昨年以上に大荒れで終わりました。

コディーノは2番人気でした、1番人気はエピファネイアに変わってました。
いつ変わったのかも分からず私はコディーノが1番人気だと思って投票してました。
一応は6番人気と2番人気でワイドとなり的中はしましたがサイン読みとしては中途半端な当たり方です。
逆1番の1番人気が4着で最初に枠順を見た時の予想とは違う結果です。
正逆1の1番人気としてはかなり拮抗してたので過去の馬とは違う形でした。

1番人気VS6番7番人気でワイドの形も人気が入れ替わってハズレ予想となった。
来年以降は1番2番人気VS6番7番人気という少し拡大した見方でまずは大枠を見ようかと。

皐月賞についてはイメージが違ってきた。
コディーノが2番人気で勝つのを期待してました、妄想ですが。
昨年に続いての荒れでさてどう考えようかと。
名馬の蹄跡のサクラスターオーは6番人気でしたね、3着が2番人気も同じ。
2着3着でワイド内連番も同じ、2着との着差もクビで同じ。
1987年ならそのまま弥生賞馬が勝つのだけど・・・違うでしょうね。
まだ妄想的にも見えて来ないです。


今開催の中山はここまでで正逆8か9かな?
来週以降も確認していきたい。

中山の芝重賞で横山騎手から3隣か5隣が3着以上。
有馬記念    16番→13番1着
中山金杯    6番→11番2着 9番3着
フェアリーS  11番→8番1着 14番3着
京成杯     1番→6番1着
中山記念    14番→9番3着
オーシャンS  8番→5番2着 13番3着
弥生賞     3番→8番1着

皐月賞までは遠いか。

チューリップ賞から桜花賞へと弥生賞 2

チューリップ賞は見ていただけですが全然ダメでした。
阪神JFの配置を重ねて見て8枠が消えるとは思え無かったのだけど勝ったのは2着のクロフネサプライズ。
同じ位置に入ったから今度は示唆側だと思ったのが自身が勝利した。
この馬は4連続7番配置という珍しい、いや意図された配置なんだろうなとレース後に考えていました。
クロフネサプライズのレースの流れは正逆7か12となっています。
新馬      正7番3着
未勝利     正12番2着
小倉2歳S    逆12番2着
りんどう賞   正7番1着 正12番2着
阪神JF    正7番逆12番2着
チューリップ賞 正7番1着
18頭立てになるでしょう桜花賞では7番か12番です。

阪神のG1では長く続いた正逆8か11が昨年の阪神JFで切れました。
切れる前の宝塚記念の2着が正7番でそこから正逆7か12に移行して行っているのかも?と見ています。
JCDは正12番2着で阪神JFが正7番2着と2着位置は正逆7か12の流れです。

まずはここに入る馬に注目かなと考えています。

弥生賞
1番人気は拮抗していますがコディーノの様ですね。
6番人気はカミノタサハラ・7番人気はダービーフィズになりそう。
この人気順なら3番12番から8番10番へワイド4点が面白いかと。
人気順で思っていた所に居ないサトノネプチューンは12番からのみワイドで。
ワイド内で連番になる気がしているので、大した根拠は無いのですが。

人気順を最後に確認してこの5点は投票してみます。
出掛けて帰って来るのが3時くらいなので今日の流れは確認できません、人気順と結果をさらっと見るくらい。
なので投票も抑え目にします。

チューリップ賞と弥生賞

もう3歳クラシックの前哨戦の季節ですね。
少し前に年越ししたかと思えばもう2ヶ月が過ぎた、年を取るのが早く感じます。

まだあまり調べる時間は無いですがクラシックに繋がるレースなので軽くでも予想して結果を見ようかと。
妄想的にしか考えられませんが。

<チューリップ賞>
阪神JFの1着2着が揃って出走、3着のレッドも違う馬で2頭出走している。
配置も5番プリンセスジャックと7番クロフネサプライズが同じ位置に配置された、5枠のレッドも同じ。
5番7番の配置が示唆する馬は4番4文字のウリウリだと思うのですが自信は無い。
ウリウリの騎手は浜中騎手、浜中騎手のこのレースは5隣なので9番14番。
14番は阪神JFを勝ったローブディサージュ、同枠にレッドで阪神JFの1着3着同居とも考えられる。

4番ウリウリから8枠2頭へワイド。

<弥生賞>
弥生賞は頭アの馬が居ない、尻アの人気馬がどうなのか?
弥生賞で断然人気が正逆1に入ると外れないんですよねえ、今年はコディーノとエピファネイアが人気を分けそう。
正逆1で勝った1番人気はヴィクトワールピサ・ロジユニヴァース・ディープインパクト・アグネスタキオン。
全てG1馬です。
ラジニケからはヴィクトワールピサとアグネスタキオンが皐月賞馬になりました。

エピファネイアが1番人気なら昨年はダメだったけど6番7番人気馬にワイドで2点が面白そうに思う。
2006年から2011年までは1番人気VS6番7番人気でワイドでした。
6番7番人気はダービーフィズ・サトノネプチューン辺り。

コディーノが土曜朝一では1倍台、これはまだどうか分からないと思う。
コディーノが1番人気だったら連番じゃないかと、6番7番or11番12番でワイドにしたいかな。


名馬の蹄席はサクラスターオー。
古いサイン読みの方は記憶されている方も多いでしょう。
皐月賞のJRAコピー「チャーチルが笑った。」ですね。
母がサクラスマイルで2着のゴールドシチー同枠にウインストーン。
チャーチルのフルネームがウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル。

弥生賞では正1番6番人気での勝利、2着は1番人気同枠の4番人気6番ビュウーコウ。
3着が2番人気5番マイネルダビデでワイド連番、ワイド発売前ですが。

見ている人気順はサクラスタオーの年と同じ感じです。

1番人気がどっちにしろ11番12番でのワイドは選択肢に有る。
人気順が決まってからもう一度考えます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア