FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ジャパンC 妄想の続き

2000年代で3歳牡馬2冠馬が誕生したのは2000年エアシャカール・2003年ネオユニヴァース・2006年メイショウサムソン。
その年のジャパンCは、
2000年1番人気1着・5番人気2着 2003年5番人気2着・1番人気3着 2006年1番人気1着・5番人気2着

3冠牝馬の誕生した1986年・2003年・2010年では4番人気が3着以上です。
1986年 4番人気ミホシンザン    3着
2003年 4番人気タップダンスシチー 1着
2010年 4番人気ローズキングダム  1着

人気順にも注目したい。
オルフェーヴルは1番人気でしょう、同枠馬が4番人気か5番人気なら買ってみたい。
更にそれが6枠だったら無条件でワイド本線にしたいくらいです、私に本線は当たってないですが。

ちなみに3冠馬が誕生した年は2番人気が3着以上です。
1983年 2番人気エスプリデュノール 3着
1984年 2番人気ベッドタイム    2着
1994年 2番人気パラダイスクリーク 2着
2005年 2番人気ハーツクライ    2着
2011年 2番人気ブエナビスタ    1着
次はいつなのかな?オルフェーヴルがイレギュラーな3冠馬なら2016年なのですが、周期が変わるのか?

国内の3歳牝馬の出走は近3戦は隣馬が3着以上です。
それ以前は違うので参考程度で。
2006年 8番フサイチパンドラ →7番ドリームパスポート 2着
2007年 11番ウオッカ    →10番メイショウサムソン 3着
2009年 6番レッドディザイア →5番ウオッカ      1着

オルフェーヴルは1番人気で勝てるのか?
ジャパンCで1番人気が勝ったのは過去31回で5頭のみ。
1985年シンボリルドルフ 2000年テイエムオペラオー 2004年ゼンノロブロイ 2006年ディープインパクト
2009年ウオッカ

1番人気で負けたミスターシービーとナリタブライアン。
前走の天皇賞を勝ったミスターシービーと12着で負けたナリタブライアン。
シンボリルドルフが2着とウオッカは3着に負けた、出走しなかったディープインパクトとオルフェーヴル。
でもここではないのかなと、3冠馬で負けた2頭は宝塚記念に出走していない。
ウオッカもその年は出走していないが3歳時に出走している。
シンボリルドルフは取り消しになったが出馬表には名前が載った。
5冠馬と呼ばれたシンザンも宝塚記念に勝っている、今風に言えば6冠馬になる。
何故か?とかは分からないけど戦歴の違いとしてはこれしか見えなかった。
オルフェーヴルは今年の宝塚記念に勝っている、ならば勝てるんじゃないかと。

2011年のブエナビスタは1番人気で1着入選も降着になった。
ジャパンCで1番人気1着は牡馬だけに許されるのではないのかと。
ウオッカの場合は本来種牡馬選定レースであるダービーを勝利している。
牡馬と同等の扱いだったのかなと。

オルフェーヴルが勝つとしたら(あくまで勝つとしたら)どの馬が候補になるのか?
やはりディープインパクトの2006年からヒントを探すべきかと。
2006年の2着は3歳馬ドリームパスポート、皐月賞2着・ダービー3着・菊花賞3着。
決着は枠連6-6のゾロ目決着。
同父でありダービー2着のフェノーメノが相応しいかと。
同父というのがゾロ目的要素ですし。
3着は外国牝馬ウィジャボード、しかし凱旋門賞馬のソレミアは過去の凱旋門賞馬の成績が良くない。
牝馬ならジェンティルドンナ、調教師ならレッドカドー。
この2頭は同枠を含めて確認したい。
スポンサーサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/02:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア