FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

天皇賞 回顧

あっ・・・ビートブラック・・・。

まさかのビートブラック、1枠1番 枠順発表前は気にしていた位置。
書いていた様な感じで考えていたので頭の中には有った馬ですが、まさか という感じが強いです。

やってしまった、2005年も途中までヘヴンリーロマンスだったのだけどスズカマンボに変更し失敗した。
ただあの時は枠連の抑えはしていたので当てるには当てたが今回は全く1枠から買っていない。
2005年と似た外し方に進歩が無いなと・・・、脱力感が強い負け方にしばし呆然としてました。

ウインバリアシオンが3着、先着するのは無いと思ったのだけどそれ以上に三冠馬を11着に沈めるとか・・・。
ああそうか、ナリタブライアンは休み明けの天皇賞秋で12着に沈んだんだったか。
しかしあれは故障での長期休み明けという言い訳が出来た。
今回は私の予想の範囲など軽く越えて三冠馬の権威を傷つけて来た感じで後味が悪いです。

せめてジャガーメイルが3着ならそれでも結果の一部は上手く読めたと言えたのだけど2着4着ではワイドを選択してもハズレ馬券です。

7枠が全く絡んで来ないとは思ってなかった。
その思いが強かったので1枠を消して考えてしまったなあと反省です、今更ですが。
逃した魚はあまりにも大きい。


今年のTVCMでは隣枠です、宮記念7枠→8枠2着・桜花賞5枠→6枠3着・皐月賞4枠→3枠3着と5枠2着。
天皇賞ではライスシャワーの2枠→1枠1着。

2011年から京都G1は1枠が3着以上。
天皇賞  1枠1着
秋華賞  1枠2着
菊花賞  1枠3着
エリ女杯 1枠2着
MCS   1枠2着
天皇賞  1枠1着

2006年以降の天皇賞の春
2006年 8番ビッグゴールド     8歳 →7番1着
2007年 11番マイソールサウンド 8歳 →12番3着
      2番ファストタテヤマ    8歳
2008年 9番ドリームパートナー  8歳 →8馬1着
      12番アイポッパー     8歳 →13番3着
      5番トウカイエリート    8歳
2009年 5番シルクフェイマス   10歳 →4番2着
2010年 17番ゴールデンメイン  10歳 →16番2着
2011年 14番トウカイトリック    9歳 →15番2着
2012年 2番トウカイトリック    10歳 →1番1着

冠名トウカイの天皇賞春出走は6隣か12隣が3着以上。
1992年 14番トウカイテイオー→ 6隣 8番3着
2006年  5番トウカイトリック → 6隣11番2着 6番トウカイカムカム→12隣11番2着
2007年 12番トウカイトリック → 6隣 6番1着 12隣16番2着
2008年 11番トウカイトリック →12隣13番3着
2009年  8番トウカイトリック → 6隣12隣 2番1着
2010年  6番トウカイトリック → 6隣12隣12番1着
2011年 14番トウカイトリック → 6隣12隣 2番1着
2012年 17番トウカイパラダイス→6隣12隣 11番3着

天皇賞の横山騎手は2006年春より9戦中8戦で4隣か14隣が3着以上です。
2006年春 11番→4隣  7番1着     (17頭立て)
2006年秋 10番→4隣 14番1着     (17頭立て)
2007年春  1番→×          (16頭立て)
2007年秋 13番→4隣  1番1着  9番2着(16頭立て)
2008年春  4番→4隣 14番1着  8番2着(14頭立て)
2008年秋 16番→14隣 2番3着     (17頭立て)
2009年春 16番→4隣  2番1着 12番3着(18頭立て)
2009年秋  3番→4隣  7番3着     (18頭立て)
2011年春  6番→4隣  2番1着     (18頭立て)
2011年秋  8番→4隣 12番1着     (18頭立て)
2012年春  騎乗無し

昨年のオークス以降で正逆1番配置馬の前走着順の正番か隣が3着以上。
フェブラリーS  正1番ナイキマドリード  前走1着→16番1着(前走は船橋記念)
          逆1番テスタマッタ     前走3着→3番2着
高松宮記念   正1番ロードカナロア   前走1着→1番3着
          逆1番トウカイミステリー 前走9着→10番1着
桜花賞      正1番ダームドゥラック  前走15着→15番2着
          逆1番アラフネ       前走12着→11番3着
皐月賞      正1番モンストール    前走6着→6番3着
天皇賞      正1番ビートブラック   前走10着→11番3着
           逆1番オルフェーヴル  前走2着→1番1着

和田騎手のG1騎乗は5隣か7隣が3着以上。
宝塚記念      1番→8番ブエナビスタ2着
秋華賞        5番→12番ホエールキャプチャ3着
菊花賞        3番→14番オルフェーブル1着
天皇賞       13番→8番ペルーサ3着
エリザベス女王杯 5番→18番スノーフェアリー1着
マイルCS      12番→5番エイシンアポロン1着
ジャパンCD     9番→16番トランセンド1着
阪神JF        2番→13馬ジョワドヴィーヴル1着
東京大賞典     4番→11番テスタマッタ3着
フェブラリーS    10番→3番シルクフォーチュン2着
高松宮記念      5番→10番カレンチャン1着
天皇賞         3番→16番トーセンジョーダン2着

リンクは継続してます、1枠1番にも有ったのを私が故意に外した事で取れなかった馬券だと反省してます。


スイートピーS
こちらも駄目でした。

(2010年)
紫苑S     正22番ディアアレトゥーサ 1着
ローズS    正24番エーシンリターンズ 3着
(2011年)
チューリップ賞 正22番ライステラス     2着
報知杯FR    正22番エーシンハーバー  3着
フローラS    正22番ピュアブリーゼ    3着
スイートピーS 逆24番アカンサス       1着   逆22番シシリアンブリーズ 2着
紫苑S      正24番逆22番デルマドゥルガー 2着
ローズS     正22番ホエールキャプチャ  1着
(2012年)   
チューリップ賞 逆24番ジョワドヴィーヴル 3着
アネモネS    逆24番クッカーニャ     3着
報知杯FR    逆24番プレニタート     3着   
フローラS    正24番ミッドサマーフェア  1着
スイートピーS  逆24番サトノジュピター   3着
スポンサーサイト

天皇賞 結論

今日の京都は正逆2か4が3着以上。

逆4番ヒルノダムールからのワイド中心で行きます。

ワイド15番から16番18番へ。

比率は下げて5番14番から16番18番へもワイドで。

トーセンジョーダン→ケイアイドウソジンの馬単も100円入れておきます。

私は以上でいきますが枠連なら7-8,8-8の2点にするでしょう、どっちも5倍は付きそう。

ただオルフェーブルが勝ってしまうと正逆8のハーツクライの仔が2着に来ても自分の中の考えに矛盾しないので、
まあワイドに或る意味逃げた感じの予想になってますが自分の中での組み合わせの中からの選択です。

久し振りのウインズとスイートピーS

昨日は用事が有って朝から出掛けてました。
途中で時間が空いたので久し振りにウインズ梅田を覗いて来ました。
もう何年行ってないんだろう?毎週のように場外へ行っていた20代前半も難波場外をメインにしてました。
梅田の方が狭いのと丁度パソコンが好きになった時期でして午前中に場外で買ってから食事と日本橋の電気屋巡りに行くのが定番でした。
今の梅田ならヨドバシカメラが近くに有りますね、ただ帰りにそっちも覗いたのですがスマートフォンばかりが目立って見て楽しむだけなら何も面白さを感じられなかった。

難波も綺麗になっていますが梅田も綺麗でしたね、特にB館の広さが良かった。
シンボリルドルフが負けた天皇賞は梅田場外のB館2Fで見たのを覚えています。
あの時は狭い汚い、まあどこの場外も競馬場もそうでしたけど。
今は喫煙ブースが有ってきっちりと分煙されているしトイレも綺麗で快適です。
私も大阪のオッサンですから一人くらいはブース外でタバコを吸っている人が居ても驚かないのですがそんな人は居ませんでした。
A館B館を上から下まで廻りましたが綺麗なものでした、新聞紙やマークシートの散乱以外は・・・。
ま、それも職員の方が適宜片付けられてました。

何をしに行ったのかと言うと何かヒントになりそうなポスターでも貼ってないかと思ったのですが経費削減なんでしょうね、以前は貼られていた名馬のポスター等も無かったです。
文字やポスター等からの連想系サイン読みにはネタが少なくて面白さが半減しているのですが復活してくれるのを願いたいです。


出る前に少し見ていた青葉賞を小銭で買ったのですが久し振り過ぎて買い方に迷いました(笑)。
折角なので携帯からではなく馬券を買ったのですが機械に先にお金を入れるんでしたね、覚えてなかった。
馬券も外してますし・・・。
フェノーメノはペルーサ型の青葉賞馬になりそうな気がしています。
青葉賞を勝ってダービーでは馬券外になりそう、そう見てました 戦歴は違うのですが。
買ったのは馬単で7番から2番3番へ、紙屑になりましたが。

帰ってから青葉賞の回顧も含めてスイートピーSの9番10番に買い目が有るのかと他のことを調べてました。
牝馬限定メインでの正逆9か10からです。

チューリップ賞 正28番逆29番エピセアローム 2着
報知杯弥生賞 逆29番トリップ        2着
アネモネS    正29番パララサルー    1着
報知杯FR    逆29番アイムユアーズ   1着 逆28番番ビウイッチアス 2着
若葉S      正29番ミルドリーム      3着
スプリングS   正28番逆29番グランデッツァ 1着
NZT       逆29番カレンブラックヒル   1着 逆28番ブライトライン  3着
フローラS    正28番アイスフォーリス    2着
青葉賞      逆28番フェノーメノ       1着 正29番エタンダール   3着

3歳トライアル戦です。
春は残りスイートピーSとプリンシパルS。

18頭立てだと正逆8か10、11番プレノタートも居るけど6番人気のルネッタアスールは面白いかも。

(2010年)
紫苑S     正22番ディアアレトゥーサ 1着
ローズS    正24番エーシンリターンズ 3着
(2011年)
チューリップ賞 正22番ライステラス     2着
報知杯FR    正22番エーシンハーバー  3着
フローラS    正22番ピュアブリーゼ    3着
スイートピーS 逆24番アカンサス       1着   逆22番シシリアンブリーズ 2着
紫苑S      正24番逆22番デルマドゥルガー 2着
ローズS     正22番ホエールキャプチャ  1着
(2012年)   
チューリップ賞 逆24番ジョワドヴィーヴル 3着
アネモネS    逆24番クッカーニャ     3着
報知杯FR    逆24番プレニタート     3着   
フローラS    正24番ミッドサマーフェア  1着

3歳牝馬トライアル戦です。
18頭立てだと正逆4か6、人気でも13番サトノジュピターかなあ?
福永騎手の13番だと阪神JFのジョワドヴィーヴルですね。

9番11番13番のBOXにします。

天皇賞どうでしょう?4

結論は2時頃にします。
その前に少々頭の中で考えていた戯言を。

枠順を見ているとトウカイとハーツクライが正逆配置になっています。
人気薄のトウカイと人気のハーツクライ どちらかが来る、と見ている訳ではないです。
私の選択した券種では両方とも馬番としては切ります。

ライスシャワーからはハーツクライの仔が相応しいと思うのですが同年代で人気馬です。
どちらかと言えば4番人気で人気下のギュスターヴクライだと見ていますが私は来ない方に掛けます。
来たとしても同年代はオルフェーヴルに先着はしないと思っています。
G1で同年代の上位人気馬に負けると三冠馬の権威に傷が付きそうと、これは妄想ですが。

枠順を見て面白い馬だなあ(馬の責任じゃないですが)と思ったのがローズキングダムです。
昨年の天皇賞春では2着馬の逆番で3着馬の同枠に配置された。
昨年の天皇賞秋では1着馬の同枠で3着馬の逆番に配置された。
今年の天皇賞春では前年の天皇賞春馬と同枠で一昨年の天皇賞春馬の逆番に配置されている。
今度はローズキングダム自身が来るということも有りそうですが私は天皇賞馬2頭を重視しました。

以下は週の初めからあれこれ考えていた、
「2005年 第132回天皇賞(秋) エンペラーズカップ100年記念 枠1-7-6 馬1-13-12 逆18-6-7」
のことを。

他の副題記念G1を探していたのですが時間が無くて探しきれなかった。
ウオッカが勝った阪神JFに付いていたのは記憶が有ったのですが他の記憶が無い
「阪神競馬場芝外回りコース新設記念」阪神ジュベナイルフィリーズ。
この時の決着が4番人気ウオッカ→1番人気アストンマーチャン。
この時のアストンマーチャンが単勝1.6倍でした。

2005年の天皇賞秋は14番人気ヘヴンリーロマンス→1番人気ゼンノロブロイで単勝2.2倍。

上の二つのレースで共通するのが1枠が1着枠。
最初に1枠か3枠をライスシャワーの2枠から見た時には1枠重視で考えていました。
宛が外れた感じになりましたが。
1番人気が2着ですがこの時はオルフェーヴルの馬券外も有ると思っていました。

それがトーセンジョーダンとの同枠でこちらも宛が外れた、それも逆1番です。

2005年の3番人気はリンカーン、ゼンノロブロイと同じ5歳馬で15着 武豊騎手です。
2番人気ウインバリアシオン武豊騎手、オルフェーブルと同世代 さてどうなるか?

ヘヴンリーロマンスは14番人気、1枠1番ビートブラックは現在15番人気・・・無いと思うのですが気になる。
ヘヴンリーロマンスの同枠には当年の天皇賞春馬スズカマンボ、これが鍵だと思っています。
金曜時点でも天皇賞馬3頭を予想の中心に入れているのはこの辺りの考えが強いからです。

つまり副題付きの天皇賞である2005年の決着は、
当年天皇賞春馬枠→前年天皇賞秋馬枠→前年の天皇賞秋2着馬枠、での決着。
今回は2着馬は居ません、1着2着の有るマイネルキッツが出走しなかったのもその辺りに理由が有るのか?
直近を重視するならトーセンジョーダン(8枠)→ヒルノダムール(7枠)→ジャガーメイル(3枠)。
<1990年 スーパークリーク  前年秋からの連覇・2着は前年勝利馬イナリワン>
を妄想の上位に考えていました。

着順を入れ替えるとしたら天皇賞馬枠で1番人気のオルフェーヴルが勝つというのも有ると思える。
でもそれが自分の中での上位では無いです。
オルフェーヴルが勝つならワイド内でゾロ目を作って結果をぼかしてくると妄想しています。
菊花賞の時の7枠ゾロ目のように。

結論は変わりそうにないですが午前中を確認してからにします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア