FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

金鯱賞どうでしょう?

土曜日なので仕事かも?ですし週中は出張予定で帰宅も木曜の夜中なので調べる時間は無いです。
時間が有ればダービーを考えたいですし。
今回はフリーパスの日の確認だけしたいと思います。

第47回金鯱賞(GII)


フリーパスの日はとりあえず連対枠を気にしておきたいかな。枠2-6
阪神大賞典の3着枠が2着に入っているのも次で確認したいです。青葉賞の3着枠は5枠

青葉賞の回顧で書いたものですがこのままなら枠5枠から2枠と6枠です。

今年の金鯱賞は昨年に続いて京都で開催されます。
過去の京都開催は1993年と2010年で、逆10番1着と正6番3着が共通です。

このRは2005年以降で正逆6が3着以上。
このRは2005年以降で佐藤哲三騎手から4隣か5隣が3着以上。
このRは2004年以降で佐藤哲三騎手から12隣か13隣が3着以上。

スポンサーサイト



ダービーどうでしょう?

第77回東京優駿(GI)
○日本ダービーレース回顧
 日本ダービー(GI)当日、最終レース終了後に日本ダービーのレース回顧を行います。
杉本清鈴木淑子
杉本清鈴木淑子

○日本ダービー開催記念!ミントジュレップ販売
 第78回日本ダービーの開催を記念し、アメリカ・ケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクで、バーボン・ウイスキーをベースとするカクテル「ミントジュレップ」を1杯700円で販売いたします。
ミントジュレップ
ミントジュレップ

○時を越えて、いま甦る名勝負 名馬たちの蹄跡展“日本ダービー”“安田記念”
 日本ダービー、安田記念の思い出深い、あの名馬・あの名勝負が時を越えて、いま甦ります。過去の優勝馬の中からピックアップされたレース内容を、競走馬にまつわるストーリーとともに写真パネル・映像でご覧いただけます。また、優勝馬ヒストリー(年表)や第78回日本ダービー(GI)、第61回安田記念(GI)の注目馬も併せてご紹介いたします。


ダービーという競馬界最大のお祭りの日なのにこんなイベントしか無いなんて寂しい感じです。
イベントでは無いですが掲示板でJailbreakさんが書いてくれていますがL.デットーリ 騎手がデボネアに騎乗することがほぼ決定しました。
後日JRAより発表される予定です、現在世界最高と称される騎手の参戦です。
まあサインで競馬を考える以上結果への影響は枠順その他で表現されると考えているので見方は変わりません、でも最高と称される騎手を見られるのは楽しみです。

L.デットーリ 騎手が日本で騎乗するのは2006年のJC、ディープインパクトが勝ったJCでの3着ウイジャボード以来です。
1998年以降の芝G1で22隣か30隣が3着以上です、もっと良い数字が有りそうなのですが・・・。
1998年以降のG1で騎乗したRは正逆7か8が3着以上です、これはJCDを含めてです。
特に正逆7が騎乗10回中8回で3着以上です。
18頭立てなら正逆7は前回オークスの時に書いた今世代の牡馬G1での正逆5か12の12と重なります。
上記8回中6回が正7番なのでまずは4枠7番に注目したいです。

前にも書きましたがダービーでは2005年→2006年以降で前年の1着番か隣が3着以上、現在3年連続で正1番が3着以上です。
それ以前も前年1着番か隣が有りますが前年2着番か隣も含めて広く見ると2001年→2002年からです。
昨年の1着1番・2着8番から1番2番7番8番9番18番、ここからも7番には重なってきます。

昨年騎乗の無かった武豊騎手から2隣か8隣が3着以上です。(2000年以降2004年以外で)
9年中6回が2隣で3回が8隣です、近年は3年連続で2隣です。
1989年以降のダービーで武豊騎手の枠か2隣枠が3着枠以上。

平成14年(2002年) 第69回日本ダービー(GI)
タニノギムレット VS シンボリクリスエス
短くも美しく燃え
皐月賞3着→NHKMC3着と1番人気で連敗したタニノギムレットがダービーで人気に応え勝利した年でした。
シンボリクリスエスは青葉賞1着からの参戦で皐月賞には出走していません。
戦歴を見るとこの2頭に近いと思える馬が居ません。
重賞3連勝で皐月賞3着のタニノギムレットからは3歳重賞3走して皐月賞へという点でオルフェーブルか?
シンザン記念・スプリングSが同じでスプリングSは共に1着、今年のNHKMC1着3着は出走しませんから2着のコティリオンと同枠なら更に近くなりますが違うように思う。
2002年の皐月賞1着ノーリーズンは8着に負けていますがオルフェーブルとは戦歴が違うので良く分かりません。
1番人気で負けた点はG1で二度負けたサダムパテックの方が近い様に思う。
ここはあまり考えないで予想します。

TVCMはトウカイテイオーです、20頭立て8枠20番・2着5枠11番・3着5枠13番。
トウカイテイオーは7冠馬シンボリルドルフの初年度産駒です、どうしてもイメージはディープインパクトの仔を想像してしまいます。
二冠馬ということならオルフェーブルですが。
2着のレオダーバンは皐月賞未出走の青葉賞1着馬、ウインバリアシオンの枠にも注意したいです。
数字が継続するなら正逆20か正逆1、正逆1か2になるので現在の流れにも前年1着番か隣にも重なります。
そのまま続くなら1番か17番です、3着番がVM・オークスでそのままですが13番と5枠を考慮します。

スプリングS→皐月賞を連勝したのは近年では1992年ミホノブルボン・1994年ナリタブライアン・2003年ネオユニヴァース・2006年メイショウサムソン・2009年アンライバルド。
ダービーを勝ったのはブルボン・ブライアン・ネオ・サムソンですがアンライも逆番の同父ロジユニヴァースが勝っているので変則的な同父による二冠と私は考えています。
今年は震災で日程が大きく変わっているのでこのままの考えで良いのか分かりませんがオルフェーブルと同父ステイゴールド・皐月賞の6枠に注目します。
同父はナカヤマナイトとフェイトフルウオー、皐月賞の6枠はベルシャザールですが安藤騎手がウインバリアシオンに騎乗するので上で書いた事から安藤騎手の枠を優先したいです。
人気で見ると3番人気で勝ったアンライバルドは純然たる二冠馬ではなかった、他の馬達は1番人気での皐月賞勝利です。
サムソンは6番人気で皐月賞勝利です、訂正します。
サムソンとアンライの違いは分かりません。
オルフェーブルは4番人気での勝利でしたから純然たる二冠馬となれるのか?疑問も有ります。
サムソンとアンライの違いが分からないのでオルフェへの疑問も分かりません。
オルフェーブルの逆番と同枠に入る馬をまず見たいです、上に書いた馬が入るのかどうか?
オルフェーブルと共に人気になると思われるサダムパテックは父フジキセキです。
父フジキセキの皐月賞2着からダービーと言えば2000年ダイタクリーヴァ12着と2006年ドリームパスポート3着です。
この違いは乗り替わりでしょうか?替わったドリパスは3着です、まあサンプルが少なすぎますね。

基本的な考えは上を含めて2009年のダービー妄想で書いた事と同じです。(それしか出来ないとも言う。)
>前記4頭のダービーで共通しているのは連の相手が青葉賞1着馬の枠という事です。
これは1992年・1994年・2003年・2006年の事で2009年は青葉賞1着アプレザンレーヴがダービー1着枠に配置されていました。
TVCMからの2着馬の前走・皐月賞1着枠の安藤騎手から青葉賞1着馬の枠を見ていますがスプリングS→皐月賞連勝の年からも青葉賞1着馬の枠は見ています。

それときさらぎ賞1着馬の枠ですね。
2009年に、
>それともう一頭 2005年の3着ドリームパスポートはきさらぎ賞馬で今年のきさらぎ賞馬と同枠の11番セイウンワンダー、2003年と2005年から朝日杯馬は要らないかと思いましたが2003年のきさらぎ賞馬はネオユニヴァースなので6枠は気になる(まさかリーチ自身?)。
と書きまして、馬券は外しています(泣)。
もう一度整理すると、
1992年 きさらぎ賞1着 ヒシマサル      ダービー出走無し
1994年 きさらぎ賞1着 サムソンビッグ    ダービー1枠2番→8枠17番ナリタブライアン1着
2003年 きさらぎ賞1着 ネオユニヴァース  ダービー7枠13番 →自身1着
2006年 きさらぎ賞1着 ドリームパスポート ダービー7枠15番 →自身3着
2009年 きさらぎ賞1着 リーチザクラウン  ダービー6枠11番 →自身2着
2011年 きさらぎ賞1着 トーセンラー 

ホエールキャプチャ・池添騎手が3着でしたね、なんとも微妙な結果です。
今のところ上の考えでオルフェーブルは純然たる二冠馬にはなれないと妄想します。

今の時点では、青葉賞馬ウインバリアシオンの枠VSきさらぎ賞馬トーセンラーの枠VSオルフェーブルの枠各馬の逆番も考慮する。

後は枠順を見てから考えます。

オークス回顧

ア、アッ、アッー。

TV観戦での素直な感想です。

12番池添への違和感が正しかったのか?ホエールキャプチャは出遅れ気味に追走。もう少しまで迫りましたが3着でした。
4番エリンコートにもやってもうたー、です。
エアグルーヴのオークスから逆番まで書いたのは4番エリンコートを想定してでした、妄想の2枠でしたし。
しかし最後に切りました、まあワイドでなないからどうしようもなくですが書けなかったのに後悔です。
18番もエアグルーヴのオークスに有る馬番ですね、1着は逆番・3着はそのままの馬番が続きました。
VMのダンスインザムードを循環19番からアパパネを逆19番と見ればですが。

来週はトウカイテイオーなので20→11→13から17番と13番か。 逆1番も考慮して1番か17番と13番(一応逆番も)とします。

しかし相手本線に見たグルヴェイグは14着ですか、週初めから見ていた2枠か3枠VS8枠VS正逆8,11から2枠と8枠で決着しホエールキャプチャが3着なのに取れないとかかなりガックリと来てます。


2010年から東京G1は正逆19か20が3着以上。 
G1での安藤騎手は隣か9隣が3着以上。
2003年以降でスイートピーS1着馬から隣か6隣が3着以上。
アカンサスの出走Rは正逆18が3着以上。
4年連続で忘れな草賞の1着馬から8隣が3着以上。

オークスどうでしょう?4

今日の東京は正逆2か3の流れですね、この流れが続くと期待して12番と16番のワイドを本線に買います。

残り資金で12番から1番16番17番へ馬連、12番→9番の馬単とします。

あと三連も豆銭で。

ダービーの妄想を書いていてオルフェーブルが直接二冠馬にはならないと見ました。

オークスの結果でダービーの妄想も書き直しかも?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア