1. 無料アクセス解析

JCD 妄想

JCでも書きましたがJCDも海外戦歴と3歳馬が中心なのではと考えていますが今年は海外馬の参戦が無いですね。

これは2006年以外に無いです。
勝ったのは3歳馬アロンダイト、2着はシルバーコレクター・シーキングザダイヤ。
3着は外国人騎手に挟まれたフィールドベアー。
アロンダイトに似た戦歴の馬は見当たりませんが3歳馬は3頭、毎日王冠馬アリゼオの天皇賞経由の参戦も興味深いです。
前年2着馬シルクメビウスは出走予定です、前年シルクメビウス同枠の唯一牝馬で○外のラヴェリータにも注意したい。

海外戦歴はエスポワールシチー・ヴァーミリアン・グロリアスノア。

阪神ウェルカムプレミアムのレース名は「クロフネメモリアル」。
2001年は今年のダービーの参考年ですが国際化からも見ている年です、今年のJCも2001年同様に3歳馬(ダービー2着)が勝ちました。

第2回 1着・正9番逆8番 2着・正8番逆9番 3着正1番逆16番

2000年→2001年が今年の秋の基本ライとすれば2000年1着→2001年2着からエスポワールシチーの2着。
2001年の1着は3歳馬クロフネ、クロフネは芝G1馬ですが芝G1出走歴ならアリゼオに有ります。
ただ直接ではないので隣馬に注意したいです。
2006年にも芝G1馬(3歳)フサイチリシャール(父クロフネ)が出走しています、1着アロンダイトの隣でした。
2002年のアドマイヤドンの隣も2着・2003年は隣1着、アドマイヤドン自身は2002年3着・2003年2着・2004年2着です。

2001年3着ミラクルオペラと2006年アロンダイトが前走OP特別1着でしたが今年の出走馬では居ません。
今年新設のみやこS1着トランセンドと2着キングスエンブレムが出走します、今年第11回なので第1回を2度勝ったトランセンドの枠は面白いのではと見ています。

大した妄想も出来ていませんがこんな感じで考えています。

リンク的には前年の1着2着番からも注目したい。
第 1回                 正 6番1着 正 1番2着
第 2回 正 1番3着          正 9番1着 正 8番2着
第 3回 正 9番1着          正 9番1着 正 3番2着
第 4回 正 9番3着          正 5番1着 正 6番2着
第 5回 ×                正14番1着 正10番2着
第 6回 正10番1着          正10番1着 正 7番2着
第 7回 正 7番2着           正 4番1着 正 7番2着
第 8回 正 7番1着           正 7番1着 正11番2着
第 9回 逆 7番1着           正10番1着 正 5番2着
第10回 逆 5番2着          正 1番1着 正12番1着

第4回・土曜日→第5回日曜日・第8回東京→第9回阪神と勝手に解釈しています、阪神では逆番かなと。
正16番か正5番に入る馬に注目ですが現在のダート重賞は1枠か8枠ですからまずは8枠16番からかな。

JCDを通してみると正逆5,7,9です。

2,3年前に書いたネタも書いておきます。
施行回数の正番か隣です。
第 1回 正 1番2着
第 2回 正 1番3着
第 3回 正 3番2着  正 2番3着
第 4回 正 5番1着
第 5回 正 4番3着
第 6回 正 7番2着   正 6番3着
第 7回 正 7番2着
第 8回 正 7番1着
第 9回 正10番1着
第10回 正 9番3着

<掲示板miyanさんから>ルメール騎手前年番か隣なら第11回と合わせて正10番に注目したい。
スポンサーサイト

JCどうでしょう?3

今日の東京は正逆6が目立ちますね。

軸は8枠16番ブエナビスタから、本線は11番ナカヤマフェスタで6番ローズキングダム7番ペルーサ10番エイシンフラッシュの3歳3頭をおさえにします。
3番ダンディーノからは11番16番へワイド少額。

豆銭三連単は 11番16番→11番16番→3番6番7番10番14番。

掲示板から、7.番→11番→16番も一点追加します、昨年のエリ女の決着目です。

人気通りだとガミりそうな感じ。


ブエナビスタがまた降着ですか後味が悪い記念レースになりましたね。
ブエナビスタが勝つのには疑問が有りましたがこんな結果は想像してません。
ナカヤマフェスタは14着、全く読めてないですね。

馬券も最後に入れた馬連のみで見事にガミってます。
最後に入れたので時間がなくてやや適当に配分したので仕方ないです。

前日からの枠連連動がそのまま継続しているのだからそれを信じられていればねえ、まこんなもんです。

東京メイン前日3着以内枠からの連動。
霜月S                       枠1→3→1
2010プロミネント ジョッキーズ トロフィー  枠3→2→1
ジャパンカップ                   枠3→8→1

ブエナビスタとナカヤマフェスタが有馬記念に揃って出走するなら正逆2を重視したい、と自分にメモします。

東京は

正逆2か6ですね。

6番ローズキングダムを3着で入れるか悩む。

京都5Rまで

正逆2か3が3着以上。

和田騎手4隣が目立ちます。
1R 12番→8番 3着
2R 15番→1番 1着
3R  5番→9番  2着
4R 障害戦 騎乗無し
5R  13番→2番1着 9番3着
6R  3番→7番か17番

重なる17番ホッコーゴールドの複勝と3番和田自身の単勝を遊びで買ってみます。

書いたレースで飛ぶとか・・・他のレースは調べてないのでメインまで自重します。

また飛ぶかもですが、2Rからは6隣もでした。
2R 15番→3番 3着
3R  5番→17番  3着
4R 障害戦 騎乗無し
5R  13番→4番 2着
6R  3番→9番  2着

4隣か6隣ですね。

JCどうでしょう?2

仕事がうまく進んで行かないので時間的にも精神的にも辛くなってきた師走前、皆さんはどうでしょうか?
リンクを調べる時間が取れないので妄想と枠順を中心に予想します。

枠順見てエルコンドルパサーと同じ6枠11番ナカヤマフェスタとは直球をド真ん中に投げ込まれた気分です、しかしこの球は本当に直球なのか?変化球じゃないのか?

>11/28施行のJCは1993年・1999年・2004年。
1993年 枠4-4-1 馬8-7-2(9-10-15)
1999年 枠7-4-7 馬12-7-13(4-9-3)
2004年 枠5-5-4 馬9-10-7(8-7-10)
ワイド内連番・4枠7番・正逆9です。
ダービー馬は1993年ウイニングチケット(当年)3着、1999年スペシャルウイーク(前年)1着。
天皇賞馬は1999年スペシャルウイーク(前走)1着、2004年ゼンノロブロイ(前走)1着。

第10回と第20回は正10番が3着以上。

天皇賞と同じ4枠7番にペルーサ、正10番逆9番にダービー馬エイシンフラッシュ。

>シンボリルドルフは8枠15番、アスムッセン騎手はメアジードーツで8枠14番 ともに逆2番です。
>東京メインはエプソムC以降で正逆2か3が3着以上。
>ブエナビスタ・ナカヤマフェスタ出走Rは正逆1,2,3。

逆2番ではないですが8枠にブエナビスタ。

>メイショウベルーガの隣に配置される馬にも注目したい。

前年2着オウケンブルースリですね、とジョシュアツリー。

東京メイン前日3着以内枠からの連動。
霜月S                       枠1→3→1
2010プロミネント ジョッキーズ トロフィー  枠3→2→1

前日最下位正蕃の逆番か隣が3着以上。
霜月S                        逆10番隣・正6番2着   最下位正11番
2010プロミネント ジョッキーズ トロフィー   逆11番隣・正4番1着   最下位正15番

上からは、2枠3番・2枠4番・3枠5番。
2枠か3枠なら3枠6番だと思うのですが・・・、この3頭からなら2枠3番が3歳馬で1989年オグリキャップの馬番でブエナビスタの裏です。
レーダイからイギリスの馬ですし外国馬で穴を明けるならこの馬か?17番人気ですね。

軸は8枠16番ブエナビスタから、本線は11番ナカヤマフェスタで7番ペルーサと10番エイシンフラッシュをおさえ。
3番ダンディーノから上の馬へワイド少額。

豆銭三連単は 11番16番→11番16番→3番6番7番10番14番。

JCどうでしょう?

枠順が出ましたね、調べは進んでいないのですが取りあえずで。

 2010jc.jpg

宇宙に国境はない。府中にもない。

<国>はキングダム:王国、府中GⅠ馬はブエナビスタ・エイシンフラッシュ。
地名はナカヤマ、外国馬の意味が良く分かりませんが無いと思う。
写真はオムライス?オムレツ?、色は赤と黄色、服色が薄い緑ですね。
オムライスという名称は仏語のomeletteと英語のriceを組み合わせた和製外来語。
ケチャップがかかっていますね、ケチャップと言えばトマト トマトと言えばイタリア(こじつけ)。
イタリアのヴォワライシ、ライス→ライシ これもこじつけか。
国旗が乗っているとお子様ランチに見えますね、スポーツではオリンピックやW杯でしょうか。

他を寄せつけぬ天賦の才、英雄が世界にその名を轟かす。

ポスターの宇宙と<天>から星とかを探したけれど見当たらない。<天賦>に武が有り名は蛯名騎手。
<世界にその名を轟かす>のだからブエナ・ナカヤマ以外の馬?サッカーならペルーサかなと思うけど。
<英>イギリスの馬はダンディーノ、エイシンフラッシュの調教師にも有りますね。

第30回ジャパンカップ(GI)
★シンボリルドルフ号が東京競馬場に登場!
 ジャパンカップ当日に1984年の東京優駿(GI)、1985年のジャパンカップ(GI)を制した「シンボリルドルフ号」が東京競馬場に来場し、パドック・ローズガーデンでその雄姿をファンの皆様に披露します。パドックでは、同馬に騎乗した岡部幸雄さんにご出演いただき、当時の思い出を語っていただきます。
○シンボリルドルフ号来場記念 七冠馬(日本酒)販売
 シンボリルドルフ号の来場を記念して、七冠馬(日本酒)を販売いたします!
 日本酒(除GIカップ)を購入されたお客様全員に、「七冠馬携帯ストラップ」をプレゼントいたします!
キャッシュ・アスムッセン元騎手も来場!【11月27日(土)・28日(日)】
 WSJSとジャパンカップ(GI)の両日【11月27日(土)・28日(日)】には、いずれの「創設回」(1981年第1回ジャパンカップ・1987年第1回WSJS)を優勝した稀代の名手キャッシュ・アスムッセン元騎手が東京競馬場に来場し、表彰式プレゼンターなどを務めます。
 また、同元騎手の来場を記念し、第5回東京競馬第8日第8レースを「C.アスムッセン来場記念シャングリラ賞」として行います。

シンボリルドルフは8枠15番、アスムッセン騎手はメアジードーツで8枠14番 ともに逆2番です。

メモリアルはエルコンドルパサー、6枠11番 枠6-1-5 馬11-1-9(5-15-7)。

東京メイン前日3着以内枠からの連動。
赤富士S          枠8→2→3
ユートピアS        枠2→1→1
アルゼンチン共和国杯  枠1→5→4
京王杯2歳S        枠4→2→1
武蔵野S           枠2→8→4
東京スポーツ杯2歳S   枠1→8→3
霜月S            枠1→3→1

前日最下位正蕃の逆番か隣が3着以上。
ユートピアS                        最下位正16番
アルゼンチン共和国杯  逆16番隣・正2番1着   最下位正15番
武蔵野S           逆15番3着         最下位正3番
東京スポーツ杯2歳S   逆3番隣・正15番2着   最下位正10番
霜月S            逆10番隣・正6番2着   最下位正11番

東京メインはエプソムC以降で正逆2か3が3着以上。

今年の東京GⅠは1枠が3着以上。
ブエナビスタ・ナカヤマフェスタ出走Rは正逆1,2,3。
新馬              逆1番1着  正2番2着
未勝利            逆1番3着
阪神JF            正2番2着
チューリップ賞       正1番3着
桜花賞            逆1番2着
オークス           正3番2着
札幌記念          正3番1着
秋華賞         自身正3番3着
エリザベス女王杯  自身逆3番3着
有馬記念       自身正2番2着
京都記念       自身逆1番1着  逆2番2着
ヴィクトリアM       正2番2着
宝塚記念          逆2番1着  正2番3着
天皇賞        自身正2番1着
近走では有馬記念以降の5戦連続で正逆2を重視したいです。

新馬         自身正2番1着  逆3番2着
東京スポーツ杯     正2番2着
京成杯       自身 正2番2着
皐月賞          逆3番1着
ダービー         正1番1着
セントライト記念 自身逆2番1着
菊花賞          正1番1着   正3番2着
中日新聞杯       正1番2着
メトロポリタンS     正1番3着
宝塚記念     自身逆2番1着    正2番3着
こちらは全体を見て皐月賞以外で正逆1か2でこれを重視したいです。






JC 何度目かの妄想

MCSは完敗でした。
レース後は意気消沈して考える気が失せていたのですが、少しやる気が出て来ました(単純)。
MCSの結果を見直していて当日の朝に書いた2000年と2001年のエイシンにこれかも?と。
2001年と今年が国際化という視点で似ているとは書いて来ました、トゥザヴィクトリーからもトゥザグローリーは良いと見てました。
しかし7着、エイシンフォワードは出せなかったのか?もちろん後出しですから出せたとは言えないですが今後の自分の為にメモしておきます。
スプリンターズSの時にも今年は□外か○外と考えましたが選んだ馬と違う□外と○外キンシャサノキセキでした。
MCSでも勝ったエーシンフォワードは○外でNHKMC馬の逆番、ゴールスキーもオウケンサクラの逆番でサプレザの隣と妄想で書いた位置に居る馬でした。
4枠はデュランダルが勝った枠でしたね、まあ後出しなら何とでも言えるのですが自分へのメモとします。

SPS→天皇賞→エリ女杯→MCSが海外関連馬と3歳馬が絡んだ三連(SPSは降着)でした、JCもそうなのかなという気がしています。
東京ウェルカムプレミアムはエルコンドルパサーです。
エルコンドルパサーは1998年当時クラシックに出られない○外で既にG1・NHKMCを勝ちJCも日本の3歳馬で初めて勝った馬です。
2着はエアグルーヴで天皇賞のレープロの1997年と連続で2着でした。

騎手・厩舎・凱旋門賞2着からだとナカヤマフェスタですね、牝馬天皇賞馬エアグルーヴからはブエナビスタ・前年2着ならオウケンブルースリ。
1998年の3着はブエナビスタの父スペシャルウイーク、当年のダービー馬で菊花賞2着です。
しかしそんな簡単に考えて良いのか?そんなにストレートに決まるのは稀なのは良く外しているので分かります。
そのままだった秋華賞から他の年と合わせた結果だったエリ女杯。

2003年はエリ女杯8着の外国馬アナマリーがJCへ出走し同枠馬シンボリクリスエスが3着、しかしスノーフェアリーは回避。
2着のメイショウベルーガが出走予定ですね、1998年のエアグルーヴはエリ女杯3着からJC2着。
2007年のウオッカがエリ女杯取り消しからJC出走で隣のメイショウサムソンが3着。
2007年に勝ったのはドバイDF・宝塚記念勝ちのアドマイヤムーン。

11/28施行のJCは1993年・1999年・2004年。
1993年 枠4-4-1 馬8-7-2(9-10-15)
1999年 枠7-4-7 馬12-7-13(4-9-3)
2004年 枠5-5-4 馬9-10-7(8-7-10)
ワイド内連番・4枠7番・正逆9です。
ダービー馬は1993年ウイニングチケット(当年)3着、1999年スペシャルウイーク(前年)1着。
天皇賞馬は1999年スペシャルウイーク(前走)1着、2004年ゼンノロブロイ(前走)1着。

第10回と第20回は正10番が3着以上。

海外出走歴の有るナカヤマフェスタかブエビスタ、
3歳からはダービー馬エイシンフラッシュ、前年実績からオウケンブルースリと天皇賞2着ペルーサ。

メイショウベルーガの隣に配置される馬にも注目したい。

マイルCS 完敗

完敗過ぎて何ともかんとも、5枠も8枠も絡まずで。
何も見えていないに近いので回顧のしようもない感じです。

京都マイル重賞は正逆6か10が3着以上。 
マイルGⅠはざっくりと正逆2,6,9が3着以上。
芝重賞でのルメール騎手は隣か2隣が3着以上。  

関東の土曜日メインから関西の日曜日メインへ。
ペルセウスS     1着正2番 2着正12番→京都大賞典     1着正2番
アイルランドT     1着正9番 2着正3番 →秋華賞         2着逆9番
富士S         1着正9番 2着正3番 →菊花賞         2着逆9番
三春駒特別      1着正2番 2着正9番 →カシオペアS     2着正9番
ユートピアS      1着正4番 2着正2番 →みやこS       1着正2番 2着正4番
京王杯2歳S      1着正6番 2着正3番 →エリザベス女王杯 1着正6番
東京スポーツ杯2歳S 1着正2番 2着正15番→マイルCS       3着正15番3着

妄想もリンクも完敗です。


東京メインの検証で残った物。

東京メイン前日3着以内枠からの連動。
赤富士S          枠8→2→3
ユートピアS        枠2→1→1
アルゼンチン共和国杯  枠1→5→4
京王杯2歳S        枠4→2→1
武蔵野S           枠2→8→4
東京スポーツ杯2歳S   枠1→8→3
霜月S            枠1→3→1

前日最下位正蕃の逆番か隣が3着以上。
ユートピアS                        最下位正16番
アルゼンチン共和国杯  逆16番隣・正2番1着   最下位正15番
武蔵野S           逆15番3着         最下位正3番
東京スポーツ杯2歳S   逆3番隣・正15番2着   最下位正10番
霜月S            逆10番隣・正6番2着   最下位正11番

東京メインはエプソムC以降で正逆2か3が3着以上。
それに+土曜日は正逆4か6。
アイルランドT      逆6番1着
富士S          逆4番3着
赤富士S         正6番3着
ユートピアS       正4番1着
京王杯2歳S       正6番1着
東京スポーツ杯2歳S 正6番3着

これは正2番1着のみでした。

マイルCS

予想はそのままで9番軸です。
三連単も9番を1着2着にして買います。

今日の京都の流れ

1Rから7Rまで正逆2か3が3着以上ですね。

4R 7番松岡騎手 → 6番3着
5R11番松岡騎手 →12番1着
7R15番松岡騎手 →14番2着

と隣が3着以上です。

マイルCSどうでしょう?3 というより妄想(戯言)

出掛ける前に調べていて少し気になったことを書いておきます。

2000年以降で3歳馬の成績をざっくりと眺めていて勝ったのは2000年の旧齡4歳アグネスデジタルのみです。
これまでも何度か書いていますがアグネスデジタルは特異な馬と考えています、MCS勝利前もユニコーンS→武蔵野Sを走っています。
年齢で言えば2001年から馬齢を国際基準に合わせますから最終年に勝たせているとも考えられます、そういう特別な事は特異な馬が勝つという事でしょうか。

3歳馬には厳しいデータ?でトゥザグローリーも厳しいのか?に見えました。
しかし国際化という点で考えるとトゥザグローリーと言うよりはトゥザヴィクトリーの仔にはむしろ良いのかも?と思っています。
エリザベス女王杯の妄想で書いた前走ドバイW杯だった2001年エリザベス女王杯の勝ち馬トゥザヴィクトリーの仔がアグネスデジタル以来の3歳馬として重賞国際化最終年を勝つのでは?と妄想しています。

国際化の視点からも2000年の2着はダイタクリーヴァ、同枠馬はエイシンルバーン。
国際化最終年の2001年の同枠馬は1着ゼンノエルシド、2着がエイシンプレストン。
これからも前年の2着歴を共有する馬の枠、5枠と8枠は無視出来ないと考えています。

JCへ向けての検証ネタ

来週用に調べていた物から明日の東京メインでも関係するものを継続するかの検証用で出します。
霜月ステークスを私は買う気は無いです。

京都土曜日メイン→東京日曜日メイン。
室町S      1着正5番逆7番   →ブラジルC         2着逆5番 3着正7番
スワンS     1着正12番逆3番  →天皇賞           2着逆12番 3着正12番
ファンタジーS 1着正8番逆10番 →アルゼンチン共和国杯   2着逆10番
アンドロメダS 1着正7番逆7番  →武蔵野S            3着正7番
修学院S    1着正7番逆9番  →霜月S             正逆7,9

東京メイン前日3着以内枠からの連動。
赤富士S          枠8→2→3
ユートピアS        枠2→1→1
アルゼンチン共和国杯  枠1→5→4
京王杯2歳S        枠4→2→1
武蔵野S           枠2→8→4
東京スポーツ杯2歳S   枠1→8→3
霜月S            1枠3枠8枠

前日最下位正蕃の逆番か隣が3着以上。
ユートピアS                        最下位正16番
アルゼンチン共和国杯  逆16番隣・正2番1着   最下位正15番
武蔵野S           逆15番3着         最下位正3番
東京スポーツ杯2歳S   逆3番隣・正15番2着   最下位正10番
霜月S            逆10番から 6番7番8番

東京メインはエプソムC以降で正逆2か3が3着以上。
それに+土曜日は正逆4か6、日曜日は正逆4か7。
アイルランドT      逆6番1着
富士S          逆4番3着
赤富士S         正6番3着
ユートピアS       正4番1着
京王杯2歳S       正6番1着
東京スポーツ杯2歳S 正6番3着

毎日王冠          正4番1着
府中牝馬S         逆4番3着
ブラジルC         正7番3着
天皇賞           正7番2着 逆7番3着
アルゼンチン共和国杯  正7番3着
武蔵野S          正4番1着 正7番3着

マイルCSどうでしょう?3

今日も仕事でして帰ってから土曜日の結果を確認してました。
福島記念は8枠16番ホワイトビルグリムが取り消しでしたか。
ホワイトビルグリムの前走はと見ると1枠ですね、1枠2番トウショウシロッコ3着ですか。
まあこれは良いですが驚いたのはダンスインザモアの1着。
今気付きました、3枠には鮫島良太騎手が居ましたね、取消したのは鮫島厩舎です。

新潟記念の時に書いたのが、
関東記念重賞を枠で見れば昨年の新潟記念以降は3枠か8枠が3着以上。
現役競馬場名記念重賞は昨年の新潟記念以降で3枠か8枠が連対。
ここで消えるのかと思ってましたが3枠6番ダンスインザモア1着で継続しました。
次は関東記念重賞が有馬記念、現役競馬場名は京都記念です。

京都土曜日メインの修学院Sの結果が1着正7逆9・2着正15逆1でした。
小倉開催からなのですが指名頭数が多いのでかなり微妙な感じで参考程度で見ていたのですが神戸新聞杯から逆番のみでも抽出出来るので書いてみようと思います。
大阪スポーツ杯 1着逆4  2着逆8   →神戸新聞杯 2着逆8番
シリウスS     1着逆4  2着逆3   →ポートアイランドS 3着正3番
オパールS    1着逆4番 2着逆2番  →京都大賞典 1着正2番
デイリー杯2歳S 1着逆1番 2着逆10番 →秋華賞 2着正10番
室町S       1着逆12番 2着逆3番 →菊花賞 3着正12番
スワンS      1着逆3番  2着逆13番 →カシオペアS 2着逆3番
ファンタジーS  1着逆10番 2着逆14番 →みやこS 3着正14番
アンドロメダS  1着逆7番  2着逆10番 →エリザベス女王杯 2着逆10番
修学院S     1着逆9番  2着逆1番  →マイルCS 正逆1,9

上のを調べていた見付けたのが土→日のメインでの枠連動です。
オパールS    枠7→8→6 →京都大賞典   2着7枠
デイリー杯2歳S 枠8→3→5 →秋華賞      2着5枠
室町S       枠3→7→2 →菊花賞      1着3枠
スワンS      枠7→2→3 →カシオペアS   1着7枠 2着7枠
ファンタジーS  枠4→2→3 →みやこS      2着2枠
アンドロメダS  枠5→4→2 →エリザベス女王杯 2着5枠
修学院S     枠4→8→1 →マイルCS     1枠4枠8枠

もう一つ関東の土曜日メインから関西の日曜日メインへ。
ペルセウスS     1着正2番 2着正12番→京都大賞典 1着正2番
アイルランドT     1着正9番 2着正3番 →秋華賞 2着逆9番
富士S         1着正9番 2着正3番 →菊花賞 2着逆9番
三春駒特別      1着正2番 2着正9番 →カシオペアS 2着正9番
ユートピアS      1着正4番 2着正2番 →みやこS 1着正2番 2着正4番
京王杯2歳S      1着正6番 2着正3番 →エリザベス女王杯 1着正6番
東京スポーツ杯2歳S 1着正2番 2着正15番→マイルCS 正逆2、15 

以上の三つからも5枠と8枠中心という昨日夜の考えを変えずにいきます。

9番-16番17番を本線にします。
他で気になるのが3枠ですがこちらは6番ジョーカプチーノを取ります。
それと4番オウケンサクラも入れて、4枠からは8番をおさえます来て欲しくは無いですけど。

明日の流れは午前中に出掛けるので3時までに帰って調べる予定です。
帰れ無ければこれで買います。

マイルCSどうでしょう?2

JCでスノーフェアリーは回避の様ですね、一頭絞れるかと思ったのですが残念です。
JCの妄想はマイルCS終わったらまた考え直します。

マイルCSの枠順を金曜の夜に見た時はちょっと悩む配置だなと感じました。
外国人騎手が並ぶ配置が2ヶ所有りこのどちらかは使うでしょうがどっちなのか?両方なのか?

妄想で書いた、
・1着期待馬マイネルファルケ(サプレザ)・キンシャサノキセキ。
・牝馬の枠、特にオウケンサクラとサプレザの枠に注意。
・サプレザ自身か隣・逆番に注意。

リンクで書いた、
昨年のカンパニー出走Rから。マイルCS  1着2枠4番カンパニー →3番・4番・5番
秋のGⅠは正逆7か10が3着以上。特に京都は5枠が3戦連続で2着です。7番9番10番12番
京都マイル重賞は正逆6か10が3着以上。    6番9番10番13番 
マイルGⅠはざっくりと正逆2,6,9が3着以上。2番6番9番10番13番17番
このRはルメール騎手から6隣か7隣が3着以上。4番5番9番10番
芝重賞でのルメール騎手は隣か2隣が3着以上。14番15番17番18番
重賞でのスミヨン騎手は8隣か10隣が3着以上。1番17番
GⅠでのムーア騎手は3隣か8隣が3着以上。  5番7番9番14番
芝重賞でのデムーロ騎手は15隣か20隣が3着以上。6番7番11番12番

妄想とリンクで重なるのは5枠マイネルファルケ枠と8枠サプレザ枠。
サプレザの隣にキンシャサノキセキです。

妄想で書いたもう一つは今年の勝ち馬が来年も連覇するのでは・・・と。
5枠と8枠を見て連覇を考えるなら3歳馬トゥザグローリーではと思います。

先週の枠順も考えるとサプレザはアーヴェイと同じ16番でこれはプラスに思います。
他では正4番に注目していたのですがオウケンサクラですか、これはちょっと分からないです。
戦歴は違いますがダンスインザムードの3歳時を考えると2着でしたね。
秋華賞4着→天皇賞2着→マイルCS2着
オウケンサクラは、
秋華賞11着→天皇賞4着→マイルCS
なのでレースが同じというだけで同様には考えられません。

レーダイから気にしていたオーロラ(赤気)が赤の3枠ですね、NHKMC勝ち馬と同居してさてどうか?
3枠はマンハッタンカフェで同居しています。
2004年の3着がNHKMC馬テレグノシスなのでこの3枠は3着枠として気になります。

後は土曜日の結果見てからまた考えます。

マイルCSどうでしょう?

2010mcs.jpg 
多数決は、おもしろくない。

3人居るから3頭枠の7枠か8枠?しろ→白で1枠?
タで始まるのはダノンヨーヨー、数は3カルロ。
競馬で多数決と言えば単勝の投票ですね、1番人気は勝てないという事かな。
両端の小池くんが指差していますがサプレザの調教師が「コレ」さん。

王者の風格を身に纏い、鮮烈な走りを見せつける。

<王者>からはGⅠ馬、サプレザ・キンシャサノキセキ・ファイングレイン・ショウワモダン。
<見せつける>からはサンカルロ(劇場名)。
<風格を身に纏い>からはオーラ→オーロラと風から自然現象として、<鮮烈>は赤のイメージでオーロラの和語が赤気。

第27回 マイルチャンピオンシップ(GI)
○眞鍋かをりトークショー&マイルチャンピオンシップ(GI)レース展望
 JRA-VANイメージタレント眞鍋かをりさんがマイルチャンピオンシップ(GI)に登場!予想はもちろんのこと素敵な笑顔にも大注目です。

何度もゲストに来ていますが共通するものは特に見付けられません。
<笑顔>と有りますからスマイルと牝馬を一応注意します。

11月20日(土)
○ローレルゲレイロ号 引退式
 2009年高松宮記念(GI)・スプリンターズステークス(GI)などに優勝したローレルゲレイロ号の引退式を11月20日(土)、京都競馬場で行います。
 同馬の勇姿を見に皆さまぜひご来場ください。

前日ですがこれも注意したいです。
1200mGⅠ馬なのと馬名の頭尻同文字からキンシャサノキセキでしょうか、頭尻同文字はサプレザも。

昨年のカンパニー出走Rから。マイルCS  1着2枠4番カンパニー →3番・4番・5番
秋のGⅠは正逆7か10が3着以上。特に京都は5枠が3戦連続で2着です。
京都マイル重賞は正逆6か10が3着以上。
マイルGⅠはざっくりと正逆2,6,9が3着以上。
このRはルメール騎手から6隣か7隣が3着以上。
芝重賞でのルメール騎手は隣か2隣が3着以上。
重賞でのスミヨン騎手は8隣か10隣が3着以上。
GⅠでのムーア騎手は3隣か8隣が3着以上。
芝重賞でのデムーロ騎手は15隣か20隣が3着以上。

(事例は掲示板へ)

マイルCS・JC 妄想

エリザベス女王杯のスノーフェアリーは強かった。
そのスノーフェアリーがJCへ向うようです。
エリ女杯の回顧では2006年と書きましたが2003年と合わせた結果でした。
2006年は回顧に書いた通りで2003年は外国馬と三冠牝馬のワイドですね。
エリザベス女王杯・JCの妄想でJCに向かう馬が居ないか確認したいとしてました。
<2003年はエリ女→JCのローテを進んだ馬が2頭居て1頭がクリスエスと同枠だったので今年もそういう馬が居るかも確認したいです。>
前回のJC妄想の最後にこう書きました。
2003年のエリザベス女王杯で3着タイガーテイルと8着のアナマリーがJCへ出走しました。
アナマリーの同枠馬が前走天皇賞を外国人騎手で勝ったシンボリクリスエスでJCでは3着でした。
ブエナビスタがもしスノーフェアリーと組むなら3着以内は有っても勝つのかには疑問が出て来ます。
今のところ見ている1997年2003年2004年からするとブエナビスタは2004年型以外勝てないです、2004年型となるにはナカヤマフェスタの回避が必要です。
ナカヤマフェスタが出走し予定通りにスノーフェアリーもJCに出走した場合は他の外国馬か出走未定のメイショウベルーガと組まないとブエナビスタが勝つのは難しい、そんな妄想を膨らましているエリ女のレース後です。
何故メイショウベルーガか?タップダンスシチーの前走京都大賞典1着を借りればもしかしたらエリ女→JCも覆すんじゃないかという身勝手な妄想です。

と言う訳で今日の本題はこちらです、マイルCS。
京都スマイルプレミアムはデュランダルです。
デュランダルは2003年2004年で連覇しています。
2003年は6枠11番→8枠18番→2枠3番、2004年4枠7番→8枠15番→4枠8番。
両年ともに8枠の牝馬G?馬(ファインモーションとダンスインザムード)が2着です。
牝馬のGⅠ馬はサプレザのみですね。
2003年の前走はスプリンターズS1着で2004年はスプリンターズS2着です。
前日のローレルゲレイロ引退式からも高松宮記念馬で前走スプリンターズS2着のキンシャサノキセキが気になります。
3着に直接の共通点は無いですがGⅡスワンS1着のギャラントアロー・NHKMC1着のテレグノシスからサンカルロ、GⅡNZT1着でNHKMC1着同枠です。

11/21施行は1993年1999年2004年です。
この3年の共通は牝馬の枠が連対です。
1993年のシンコウラブリイは前年の2着から1着、桜花賞馬ニシノフラワーの枠は13着14着。
1999年の2着枠に桜花賞馬キョウエイマーチ。
2004年は桜花賞馬で前走天皇賞2着の3歳牝馬ダンスインザムード。
マイルGⅠで実績の有る牝馬ということでしょうか、オウケンサクラが前走天皇賞で桜花賞2着・サプレザがマイルGⅠサンチャリオットSを昨年今年と連覇し昨年のマイルCS3着です。

第6回京都は1993年1998年2006年です。
共通点としては牝馬GⅠ馬と隣か逆番でしょうか。
1993年はニシノフラワーの隣が3着。
1998年はシーキングザパールの逆番が2着、キョウエイマーチの逆番が3着。
2006年はダンスインザムード自身が2着。
一つ気になるのは1998年はタイキシャトルの連覇で2006年はダイワメジャーの1勝目でともに連覇が関係した年です。
1993年は違いますが前年も第7回京都でダイタクヘリオスが連覇していますしシンコウラブリイが2着でした。
2006年のダイワメジャーも前年2着からですね。
昨年の2着馬マイネルファルケが出走予定ですからシンコウラブリイに倣い注意したいです、次点で前年3着サプレザも。
マイネルファルケ(サプレザ)じゃないなら来年は今年の1着馬が連覇するのではと妄想します。
しかしこの考えだとキンシャサノキセキが勝つのは無いですね、まあ着順は入れ替えで2着3着なら有りですね。

今回の妄想は、
・1着期待馬マイネルファルケ(サプレザ)・キンシャサノキセキ。
・牝馬の枠、特にオウケンサクラとサプレザの枠に注意。
・サプレザ自身か隣・逆番に注意。

サプレザの配置に注目したいです。
重賞の国際化の仕上げと考えればJCDまで外国馬には注目した方が良いと思っています。

エリザベス女王杯・武蔵野S 回顧

両Rとも取れているはずの馬券が逃げていた、そんな悔しい感じです。
武蔵野Sは時間も取っていないのでそれはそれでいいんだけどケイアイガーベラどこ行った?
1枠か8枠でケイアイガーベラしか見てなかった、グロリアスノアは勝っているのにねえ。

エリザベス女王杯は何と言って良いのか分からないくらい脱力感が有ります。
妄想で書いた中からそのままでした、外国馬が重賞国際化の仕上げをするんではという考えも有りました。
3枠のワイド内ゾロ目も考えには十分に有りました、軸の間違いが全てですね。
プロヴィナージュの取消で6枠と思い込みましたが同走1着メイショウベルーガでした。
結着は2003年ではなく2006年でした。
カワカミプリンセスの同枠3歳馬が1着→アパパネの同枠3歳馬が1着。
京都大賞典1着スイープトウショウの2着→京都大賞典1着メイショウベルーガの2着。

本当に買い方が下手だなあと痛感しました。

ダート重賞は1枠か8枠。
東京日曜メインも1枠か8枠で1枠重視。
東京ダートは4戦で正逆4。
バーディバーディ出走重賞が4戦(スプリングS・皐月賞・ユニコーンS・武蔵野S)で正逆13。

GⅠでムードインディゴから4隣か8隣が3着以上。
オークス        5番→15番1着
秋華賞         1番→15番3着 (自身2着)
エリザベス女王杯 11番→15番2着
VM          10番→ 6番1着 2番2着
エリザベス女王杯 17番→ 7番1着
VM          16番→ 2番1着
エリザベス女王杯 15番→ 5番3着
 
4日目GIは安藤騎手から9隣が3着以上、取消のダービー以外。(騎乗無し)
メイショウベルーガから17戦連続で2隣か4隣が3着以上。
このRは阪神JF馬から3隣か5隣が3着以上。
京都GIで柴田騎手から5戦連続で5隣が3着以上。(騎乗無し)
このRは2000年以降のエリ女では尻スの馬か隣馬が3着以上。
このRは2003年以降武豊騎手の8隣が3着以上。
このRは2000年以降福永騎手の2隣か7隣が3着以上(2隣重視)。(騎乗無し)
このRは2005年以降でオークス馬か隣が3着以上です。

帰って来ました

あわてて確認したのでアバウトですが、

東京は正逆3,6,11、特に正6番が目立ちますね。
10Rは3番が2着ですね。

京都は正逆3,5,6、3は朝からですが午後から5,6が目立ちます。
と書いている最中に10Rも6番が勝ちましたか。

エリザベス女王杯の買い目は変えずにそのまま行ってみます。

武蔵野Sは逆3番バーディバーディも入れてワイド1-4,14で行きます。

エリザベス女王杯当日

ちょっと用事で出掛けるので今日の流れは帰ってからにします。

何とか3時までには帰るつもりですが無理だったら昨日の予想で携帯から買います。

今のところアニメイトバイオを軸に3枠2頭へ馬連を押さえてとバイオから馬単も。
他の馬へはバイオから流します。

三連単は12番バイオと7番サンテを1着→3枠2頭を2着→3着に5番6番7番9番10番12番16番、20点を豆銭で。


武蔵野Sは調べてないのですが。
ダート重賞は1枠か8枠。
東京日曜メインも1枠か8枠で1枠重視。
1枠1番ケイアイガーベラは外せないとしても相手が良く分からない。

東京ダートは3戦で正逆4。
バーディバーディ出走重賞が3戦(スプリングS・皐月賞・ユニコーンS)で正逆13。

あまり調べてないので何とも言えないですが1番4番のワイドだけ買ってみます。

エリザベス女王杯どうでしょ?2

レープロはメジロドーベルです。

牝馬限定のみでGⅠ5勝です、アパパネが勝てば同じく牝馬限定のみで5勝目です。
ドーベルはエリザベス女王杯を1998年1999年と連覇しています、1998年1枠1番・1999年3枠6番。
1999年は3枠6番→8枠16番→1枠2番で決着しています、1998年は1枠1番→8枠14番→3枠3番で枠は両年で同じですね。
エリザベス女王杯2勝と見れば8枠17番リトルアマポーラも勝てば2勝目です。
11/14施行の1999年と2004年はメジロドーベルとアドマイヤグルーヴが連覇した年です。

第6回京都開催を見ると1998年と2006年、1998年はメジロドーベルの1勝目で2006年はカワカミプリンセスが降着した年です、勝ったのは同枠3歳馬フサイチパンドラで2着はスイープトウショウ。
秋華賞馬の枠ということなのか?

レーダイがVMと全く同じというのは巷で話題になっていますね、正直(1)を書いた時点では全く気が付いていませんでした。 今週は疲れてましてどうも注意力が散漫になってます、仕事で何かやらかしてないか不安になります。
同じとなれば何かを引き継ぐと考えて良いと思います。
VM 枠6→1→10 馬11→2→10 、勝ったブエナビスタからはアパパネですかね。
2着ヒカルアマランサスが5枠10番で出走します、11番はプロヴィナージュ取り消しです。

GⅠでムードインディゴから4隣か8隣が3着以上。
オークス        5番→15番1着
秋華賞         1番→15番3着 (自身2着)
エリザベス女王杯 11番→15番2着
VM          10番→ 6番1着 2番2着
エリザベス女王杯 17番→ 7番1着
VM          16番→ 2番1着
エリザベス女王杯 15番→1番5番7番11番(取消)

秋華賞の時と違ってもう予想は決めています、こうなればと考えていた枠の構成とほぼ同じだったので。
1頭気にしてなかった馬が気になる事を除いたら、という事はハズレでしょうかね

アパパネが3歳馬で枠を固め2003年の2着番に入りました、ベルーガから4隣・インディゴから8隣。
アニメイトバイオは同枠プロヴィナージュが取り消し、前走は6枠6番でした 同走1着はメイショウベルーガ。
バイオは外国馬・騎手から6隣。
尻スの隣馬はサンテミリオンとメイショウベルーガ、ベルーガは阪神JF馬テイエムプリキュアから5隣・武豊騎手から8隣。
ベルーガと同枠のヒカルアマランサスは外国馬・騎手から6隣と福永騎手から7隣。

2003年の結果をおさらいします。
1着 4枠7番アドマイヤグルーヴ、3歳・秋華賞2着。
2着 3枠5番スティルインラブ、3歳・牝馬3冠馬。
3着 8枠14番タイガーテイル、外国馬。

これを今年に当て嵌めると、
1着6枠(秋華賞2着馬枠) 2着3枠(牝馬3冠馬枠) 3着3枠・8枠(外国馬枠)
妄想でもう一つ注意としたのがメイショウの枠で5枠です。

リンクもサインもこの辺りに重なるイメージです。
馬番は5番6番12番を中心に9番10番16番を絡める感じ。

とここまではすんなりと行き着きました。
1頭気になる馬と言うのは4枠7番に入ったサンテミリオンです。
秋華賞18着なのですがこの馬もオークス馬です、2003年の1着番に入りました。
アドマイヤグルーヴ=アニメイトバイオがローズSと秋華賞の流れなのですが番組表読みでは同枠と逆番は戦歴等の要素を共有するという考え方なので逆番の馬にも注意なのですがよりによって同着GⅠ馬が入るとは悩みます。
同着GⅠ馬も初めてですが直後のレースで18着も記憶に無いです、17着からGⅠ1着はメジロパーマーが居ますがサンテミリオンの特異な戦歴なら18着からGⅠ1着も有るのかも?
GⅠでムードインディゴから4隣か8隣が3戦連続で1着、1番5番7番から5番アパパネが2着なら7番サンテミリオンということも・・・。

このRは2005年以降でオークス馬か隣が3着以上です、すんなりと同年日本オークス馬に挟まれた英愛オークス馬を指名してくれると良いんですが・・・。

7番も考慮しつつ軸は12番アニメイトバイオか妄想の2着指定番に入った5番アパパネのどちらかで後は日曜日の流れを見て決めます。

エリザベス女王杯どうでしょう?

まだ途中ですが後は土曜日に帰ってから調べます。

2010eri.jpg
ラブストーリーで、サスペンスで、ノンフィクションだ。

図書館ですね、物語とかでしょうか。
スノーフェアリー(雪の妖精)・アニメイトバイオはアニメか、アニメと言えばプリキュアも。


第35回エリザベス女王杯(GI)
○溝端淳平トークショー&エリザベス女王杯(GI)レース展望
 テレビや映画で大活躍の俳優、溝端淳平さんがエリザベス女王杯(GI)当日京都競馬場へ登場し牝馬たちの戦いを盛り上げます。

溝端 淳平(みぞばた じゅんぺい、1989年6月14日 - )はエヴァーグリーン・エンタテイメント所属の俳優、タレント。和歌山県橋本市出身。身長175cm、体重62kg。血液型A型。元JB5メンバー。

グリーンで6枠?ミゾバタ→シバタ?これと言うものが思い付かないです。

○レディースDAYプレゼント抽選会
 エリザベス女王杯(GI)【11月14日(日)当日】京都競馬場はレディースDAY!入場料が100円(通常200円)になる他、女性限定の抽選会を行います。
 当日は先着10,000名様に抽選券を配布し、エリザベス女王杯(GI)の勝利タイムで合計2,000名様に賞品をプレゼント!
【賞 品】 JRA×HbGオリジナル化粧ポーチ&シュシュ

化粧品からポーラかな。

○占いの館
 気になる恋愛・仕事・健康などをプロの占い師に観てもらえるチャンス!

4日目GIは安藤騎手から9隣が3着以上、取消のダービー以外。(騎乗予定無し)
京都GⅠは昨年から2枠か6枠が3着以上。
メイショウベルーガから16戦連続で2隣か4隣が3着以上。
このRは阪神JF馬から3隣か5隣が3着以上。(アパパネ・テイエムプリキュア)
京都GIで柴田騎手から5戦連続で5隣が3着以上。
このRは2000年以降のエリ女では尻スの馬か隣馬が3着以上。(ブライティアパルス・ヒカルアマランサス)
このRは2003年以降武豊騎手の8隣が3着以上。
このRは2000年以降福永騎手の2隣か7隣が3着以上(2隣重視)。
このRは外国馬or外国人騎手から6隣が3着以上。(スノーフェアリー・アーヴェイ)

(一部の事例は掲示板に書いておきます。)

(miyan さんから)
★京都G1は正逆 4・7 (2008年のエリ女杯から)

エリザベス女王杯・JC 妄想

牝馬ブエナビスタが天皇賞を勝ちJCへ向かうのでその事を含めて考えます。
なので今回は同時に妄想します、JCはエリ女杯の結果が出てから妄想の修正をします。
まずは秋華賞と天皇賞のおさらいから。

秋華賞はスティルインラブ=アパパネで2003年と同じ決着だったと思っています。
秋華賞で書いたことからエリ女杯へ繋がりそうなのは<2003年の連対番の一つを使っっている>ことですね。

桜花賞1着9番→2009年1着・オークス2着17番→2009年1着・ローズS2着9番→2着・秋華賞2着10番。
続くなら1着7番or2着5番(これまでは連対番ですがもしかしたらで3着14番も含めます。)の内の一つ以上です。

天皇賞は2001年・2004年・2006年で妄想をしましたが結果はそのどれにも当てはまるけれど秋華賞ほどにはどれにも当てはまらない感じです、全体を合わせた感じでした。
一番近いのは2004年かなと思いますが天皇賞のレープロからエアグルーヴの1997年もかなり近いです。
1997年の結果が枠6-4-1馬12-7-1でほぼ同じです、これを考慮していれば7番の3歳馬も入れていたかも?まあ今さらですね考慮していない時点で負けです。
その問題の7番は藤沢厩舎のバブルガムフェローなのは完全に見落としてました、競馬を5年ほど休止していた時期なので世紀末辺りの印象が薄いです。

エリザベス女王杯
2003年をサンプルに考えると非常に簡単なので逆にハズレかも?と思ってしまいます。
2003年を考える前に牝馬が天皇賞を勝った1997年・2005年・2008年も確認したいです。
三つの年の天皇賞馬は何れもJCに向かっています、今年もブエナビスタはJC出走予定です。
まず気になるのが1997年・前年秋華賞2着馬エリモシックが1着、2005年・前年秋華賞馬スイープトウショウが1着、2008年・2年前の秋華賞馬カワカミプリンセスが2着です。
当年の秋華賞連対馬としてはエアメサイアとムードインディゴが掲示板外です、しかしこの両年では前年と2年前の秋華賞馬が出走しているので今年とは状況が違うと思います。
今年の出走予定馬に前年と2年前の秋華賞連対馬が居ません、2年前の秋華賞3着馬プロヴィナージュが代わりになるのか?ですが居ないので当年のという事になるのかも。
2008年が3歳馬リトルアマポーラが勝っていますからアパパネかもですね。

それと2005年のスイープトウショウの前走が京都大賞典勝ちです、今年はメイショウベルーガが同じ池添騎手で勝っています。
昨年も京都大賞典出走馬での決着ですからメイショウベルーガとプロヴィナージュの枠も気にしておきたいです。

状況としては札幌記念→天皇賞のヘヴンリーロマンスと京都大賞典から2005年かなとも思います。
2005年なら1着スイープトウショウ(京都大賞典勝ち等からメイショウベルーガ)・2着オースミハルカ(前年2着の逃げ馬テイエムプリキュア)・3着アドマイヤグルーヴ(既勝利馬リトルアマポーラ)とアドマイヤグルーヴの戦歴からアニメイトバイオでアパパネじゃない様に思います。

まあこれは保留として2003年を考えます。
2003年は1着アドマイヤグルーヴ・2着スティルインラブ・3着タイガーテイル(外国馬・外国人騎手)です。
リトルアマポーラもルメール騎手ですから外国人騎手を気にしておきたいですが今年は外国馬にのみ騎乗です。

1着2着は当年の秋華賞から着順の入れ替わりですから1着アニメイトバイオ・2着アパパネ・3着外国馬、こちらはアパパネが2着ですが出て来ますしスティルの戦歴をなぞるならこちらでしょうね。
ただ枠順が出た時に確認したいのはグルーヴとスティルともに3歳馬で枠を構成していることとスティルの同枠馬がメイショウバトラーだということです。
菊花賞はシルクの同枠馬で決着しましたがメイショウ名の枠を使うという事も考慮したいです、そうすると2着にはメイショウベルーガの枠も対象になる(着順は入れ替えるかもですが)。
外国馬はローズバドの戦歴からセラフィックロンプと同居するならその馬を選びたいですがこれはどうかな?
そういう配置で無ければアーヴェイを選びたいです。
秋華賞に続いて頭アで揃えるのか?それは分かりません。
国際化の最後の仕上げに外国馬が勝つのでは?という妄想もしています。

2001年:馬齢表記変更(国際基準) (外)クラシック開放
2010年:全重賞の国際化 [外]クラシック開放

2001年のエリ女杯は前走がドバイW杯のトゥザヴィクトリーが勝っています。

ジャパンカップ
1997年から見ればブエナビスタの2着ですね、3着に天皇賞2着の藤沢厩舎。
1着は外国馬ピルサドスキーなのですが今年の外国馬の実績では程遠いです、今年も外国人騎手が勝つということなのかな?
スミヨン騎手が騎乗し外国馬でなくても海外出走歴とすればブエナビスタです、しかし凱旋門賞2着2回から見るとナカヤマフェスタですね。
ナカヤマ→ブエナ→ペルーサだと面白く無いですが1997年は3番人気→2番人気→1番人気でした。

2004年から考えるとナカヤマフェスタには回避して欲しいんだけど・・・でも菊花賞馬が今年は居ないので違うのかな。
1着は天皇賞馬・2着は皐月賞2着・3着は菊花賞馬、2004年は皐月賞馬とダービー馬は出走していないので2004年ではないのかな。
3歳牡馬GI連対とすればピサ・ローキン・フラッシュがブエナの相手ですね。
当初の2001年だとするとダービー馬エイシンフラッシュです、しかしこの年も少し違うような気がします。
前年JC馬も居ませんし、無理やり合わせると1着フラッシュ・2着ブエナ・3着オウケンブルースリでしょうか。

今のところどの年度でも軸になりそうなブエナビスタ中心でしょうか、でも勝つのかには?です。

JCはエリザベス女王杯が終わってからまた考えます。
2003年はエリ女→JCのローテを進んだ馬が2頭居て1頭がクリスエスと同枠だったので今年もそういう馬が居るかも確認したいです。

天皇賞回顧で書いたブエナビスタ出走Rの正逆1,2,3ですがリンクを使う方には書くまでも無いと思いますが一応書いておきます。
新馬              逆1番1着  正2番2着
未勝利            逆1番3着
阪神JF            正2番2着
チューリップ賞       正1番3着
桜花賞            逆1番2着
オークス           正3番2着
札幌記念          正3番1着
秋華賞         自身正3番3着
エリザベス女王杯  自身逆3番3着
有馬記念       自身正2番2着
京都記念       自身逆1番1着  逆2番2着
ヴィクトリアM       正2番2着
宝塚記念          逆2番1着  正2番3着
天皇賞        自身正2番1着
近走では有馬記念以降の5戦連続で正逆2を重視したいです。

ナカヤマフェスタのJC出走はまだ確定ではないようですね、こちらもブエナビスタと同じ正逆1,2,3です。
新馬         自身正2番1着  逆3番2着
東京スポーツ杯     正2番2着
京成杯       自身 正2番2着
皐月賞          逆3番1着
ダービー         正1番1着
セントライト記念 自身逆2番1着
菊花賞          正1番1着   正3番2着
中日新聞杯       正1番2着
メトロポリタンS     正1番3着
宝塚記念     自身逆2番1着    正2番3着
こちらは全体を見て皐月賞以外で正逆1か2でこれを重視したいです。

アルゼンチン共和国杯・みやこSどうでしょう? 回顧

来週のためにレース直前まで寝てました、昨日も夜に2時間寝て起きてから1時に寝て9時に起きて昼から3時まで。
寝過ぎと風邪で体にだるさは有るけど明日のためには良いはず・・・多分。

アルゼンチン共和国杯
2番トーセンジョーダンのみ抽出でした。
レープロから荒れるのかと思ったけどニ重賞ともに人気サイドの馬連に3着人気薄でした。
2着ジャミールは見えていません、トウショウの同枠くらいです。
調べが足りていなかったという事にしておきます。
3着の7番コスモヘレノスは馬番としてペルーサから気にしつつも外すのは下手でした。
4枠がかろうじて3着で使われて残りましたがやや微妙ですね。
まあ来週からはGⅠが連続なので通常のレープロは今年はもう無いです、来年になればレープロもまた使われ方が変わるでしょう。

東京の日曜メインはフローラS以降で正逆1か2が3着以上。

みやこS
こちらは6頭の中で三連決着でした。
トランセンドは第1回重賞に勝った馬、それが鍵でしたね。
実はこの事を書いておきたくて今週のブログをUPしました。
番組表読みなどまるで知らなかった2005年の安田記念、その時にネットで知り合った「安田勝男」さんから番組表読みの初歩を教えて頂きその話の中にタップダンスシチーの事が有りました。
タップは特別な(イレギュラーな)Rを勝つ馬だと、内容は失礼ながらかなり忘れていますがそういう傾向の読み方が番組表読みの中に有るという事ですね。
これは騎手や厩舎にも有ると思いますが今の私にはまだそれを確実に見極める事は出来ません、今回は第1回に第1回の勝ち馬が出走するという見たままなので気付けただけでした。

ダート1800m重賞は2008年のJCDから9戦連続で正逆3か5です。
京都2日メインの芝戦は2008年京都大賞典以降で正逆1か2が3着以上。

アルゼンチン共和国杯・みやこSどうでしょう?

仕事と風邪が重なり体はかなり酷い状態です、納期間近の仕事が仕様の変更や前試験の結果が良くないので現在設計変更中・・・。
それでも大手さんは日曜日は休むので出勤出来ず、風邪も良くないので体を思えば助かったのですが来週を思えば少しでも進めておきたいところ。
今回のプロジェクトリーダーは社員の方なのでその分気は楽なのですが実務は我々外注組で来週どうなるんだ?な状態です。
愚痴で始まりましたが風邪で飲みに出る気にもならずなので帰ってからボーッと競馬の調べをしてました。
エリ女杯はほぼリンクの調べが終りで後は騎手と馬の起点を調べて出走馬が確定してからレーダイやベントを合わせて見直す感じです、妄想を月曜日でサインを水曜日か木曜日に出す予定です。
少し時間が有ったのでアルゼンチン共和国杯と今年が第一回のみやこSを調べました。
リンクは調べていないし時間的にはいつもの1/4くらいなので参考になるかどうかも微妙ですけど・・・。

大きな野望が闘志となり、熱き走りがターフを駆ける。

大きな野望とは アル共→有馬記念・みやこS→JCD でしょうね。
特に今年新設された<みやこS>をレーダイでは重視したいです。
<大きな>→大シン・<闘志>→スワット・<熱き>→パッション。
出走馬で一番<大きな野望>抱いているのは重賞勝ちしたキングスエンブレムでしょうね。
父に<闘志>→ウオー(戦い)で母に<熱き>→スカーレット<緋色>です。

アルゼンチン共和国杯はもう一つイメージの湧かないメンバーですがレーダイからは<走り><駆ける>から(マイケル)ジョーダンでしょうか。
<闘志>からは闘将です、父に<ターフ>が有るマイネルスターリー。
<闘志>からトー・ートは複数居ますがトーに絞ってトーセンジョダン。
<野望>に王(キング)が有りますね、物語でも野望の方向は勇者や王や金持ちでしょうか?アル共にはゴールデンも2頭居ます みやこSにはキングが居ます。

第1回みやこステークス(GIII)

レーダイから離れて第1回を考えると直近ではレパードSが有ります、同じダート重賞の新設なのですがみやこSに(GIII)が付加されているのはトパーズSからの格上げと判断されたからです。
本来であれば新設された重賞競走については新設から3年間はグレードの格付けはされないのでレパードSは2012年から格付けされます。
第1回レパードSに勝ったトランセンドが第1回みやこSに出走しているのは意味が有ると思っています、同枠逆番を含めて。
他には5着だったワンダーアキュートも出走します。
2008年に新設されたダート重賞はカペラSでこちらはガーネットSの廃止に伴い新設されました。
1着はビクトリーテツニーです、トランセンドとビクトリテツニーは前走ダート特別勝ちからの重賞初勝利でした。
Rとしての共通点は田中勝春騎手の枠が連対ですが騎乗無し、3枠と正逆6,11。
3枠6番ドリームライナーは前走特別勝ち、人気薄のこの馬が気になります。

重賞でドリーム名の2隣か3隣が13戦連続です、日曜の両重賞に居ますね。
ダート1800m重賞は昨年のJCDから4戦連続で正逆5です、7戦連続で正逆33。
ダート1800m重賞は2008年のJCDから9戦連続で正逆3か5です。
上のはJCD用で探していたのですがここで切れそうで切れたらガッカリです。
京都2日メインの芝戦は2008年京都大賞典以降で正逆1か2が3着以上。

2番4番6番7番14番15番とします。

アルゼンチン共和国建国200周年記念第48回アルゼンチン共和国杯(GII)
○競馬場で楽しむ!女性限定競馬教室
 女性にとって競馬場は、「入場しづらい!?楽しみ方が分からない!?」ものでしょうか?そんな方達のため、当日はラジオ福島の石田久子アナウンサーとイケメンアシスタントが競馬の楽しさを優しくお教えします。
○日刊スポーツ主催 福島競馬場オータムキャンペーン
 日刊スポーツ新聞社は、様々な企画で秋の福島競馬を盛り上げます。お楽しみに!

天皇賞の回顧で書いたペルーサの4枠7番にはコスモヘレノスが入りましたが私はレープロと同じ4枠として見ます。
200からは2番・2枠・正逆200ですが正逆200も正逆2ですね、正2番に人気の闘センジョーダンが入りました。
レープロとは違い1番人気ですが。

<レープロ>
不屈の精神で再び勝利を レース史上最高単勝払戻金
第34回アルゼンチン共和国杯 エルウェーウィン 4枠7番(逆11)

18頭立て14番人気で朝日杯3歳S以来、実に4年近い年月を経ての勝利でした。
これからなら2008年ステイヤーズSを勝っているエアジパングが気になります、国名Rですし父がエルコンドルパサー。
馬名からはウェ→ウェイヴ・ウイン→メイン。
最近のレープロの傾向(GI週以外)では枠がそのまま使われています、他メインだったのが神戸新聞杯・毎日王冠と該当Rで来ていますからアルゼンチン共和国杯でまず考えたいです。

ゴールデンメインの重賞出走は5戦連続で自身か隣が3着以上。
3頭を見るとゴールデンメイン自身かなと思います。
4枠と5枠が同じ父で組んでますが15番16番の並びが同厩舎なのでこちらを上位に見たい。
2500m重賞は4戦連続で正逆8です、正逆13か15で見れば2008年のアル共から。
重賞でドリーム名の2隣か3隣が13戦連続なのも有って15番ゴールデンメインの3着以内に期待しています。
東京の日曜メインはフローラS以降で正逆1か2が3着以上。

2番5番8番10番12番15番としておきます。

買うかどうかも分からないので馬番の抽出だけにします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア