1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞どうでしょう?4

いろいろ考え過ぎてごちゃついているので結論の前に最終的に取ったリンク以外の考えを整理します。
しかし纏まる気がしません、一度は連から切る事を考えたシンゲンもスワンSの結果と秋のGI3戦から10番を指すものが有ったりでどうにも駄目な気がしてきました(苦笑)。
10番を指すものは継続も少なく信用はまだ出来ないので参考だけにします。

7番8番>10番13番14番15番>2番3番5番12番16番
木曜の夜時点で考えていた物です。

妄想で書いたのは札幌記念→天皇賞から見たヤマニンキングリーとウオッカVSアグネスタキオンの仔から見たキャプテントゥーレ。
枠順は4枠でウオッカとキャプテントゥーレが同枠配置となりどちらかを選びますが両方ともはどうなのか?と。

前年天皇賞馬が出走すると前年出走馬は先着出来ていない、カンパニー・エアシェイディ・サクラメガワンダー・アサクサキングス・ドリームジャーニー・アドマイヤフジ。

○ 7番キャプテントゥーレ・8番ウオッカ・10番シンゲン・13番マツリダゴッホ・15番オウケンブルースリ・2番スクリーンヒーロー・5番ヤマニンキングリー・16番ホッコウバドゥシャ

× 3番カンパニー・12番ドリームジャーニー

前年天皇賞馬が出走すると前年枠連の目を一つ使用する、4枠7枠。
ウオッカの前走枠の隣枠が3着以上、5枠7枠。
牝馬せん馬の隣枠が3着以上、3枠5枠。
前年天皇賞馬が出走すると自身か同枠馬が2着、4枠。
前GI四位騎手番か2隣番が3着以上、12番14番16番。
ウオッカ・カンパニー出走Rは正逆2か3が3着以上。

もう一度過去の11/1の結果を見ていました、特にコラムにも出て来て来週東京競馬場に来場するトウカイテイオーが出走した1992年を。
この年の結果が枠1-6-4・馬2-12-7で今年もこのままの決着でも有りえるなあと、トウカイテイオーは7枠15番です。
2着武豊騎手・3着ヤマニン・河内騎手、7番武豊騎手は外せないのかな 5番ヤマニン・河内調教師も気になる。

2番5番15番→7番(8番)、8番へは半分くらい。

これと豆銭で、

2番5番15番→7番→2番5番8番10番12番15番

2番5番15番→8番→2番5番7番10番12番15番     計30点

ウオッカが勝てばお手上げですが明日のレープロで特にこれというものが無ければ一応これで行くつもりです。
-----------------------------------------------------------------------------
レープロは土曜日と変わらないですね、上の予想で行きます。
もしウオッカが勝つならキャプテントゥーレが2着か3着or2着3着が同枠の馬で並ぶワイド内ゾロ目にするのでは考えている。
ウオッカが勝ちワイド内ゾロ目でも無ければ私には取れないレースという事です。
スポンサーサイト

スワンSどうでしょう?2+回顧

新潟大賞典 5枠 9番シンゲン       馬主:臼田 浩義   1着
朝日CC   5枠10番クラウンプリンセス 馬主:臼田 浩義   8着
ポーアイS  5枠10番クラウンプリンセス 馬主:臼田 浩義   1着
菊花賞    5枠 9番リーチザクラウン   馬主:臼田 浩義   5着
スワンS    5枠 9番クラウンプリンセス  馬主:臼田 浩義
天皇賞    5枠10番シンゲン        馬主:臼田 浩義

クラウンプリンセスとリーチザクラウンは全姉弟の関係です。
天皇賞のシンゲンの取捨はスワンSを見てから考えたいです。
土日重賞で同枠は4枠武豊騎手と6枠池添騎手です。

1400m重賞は2歳戦を除いて5戦連続正逆4が3着以上。4番15番
このRは2003年以降で正逆7か18が3着以上。      1番7番12番18番
このRの2003年以降は武豊騎手から4隣が3着以上。  4番12番
重賞の鮫島騎手は隣か2隣が3着以上。           14番15番17番18番
京都奇数日重賞は4戦連続で正逆22が3着以上。    4番15番
スミヨン騎手の重賞5戦中4戦連続で2隣と4/5で10・17隣が3着以上。
                                   10番14番 2番4番
5年連続で出走しているタマモホットプレイから5年中4年で隣枠・隣2隣・1枠が3着以上。
                                   3枠5枠 5番6番8番9番 1枠

枠順からは正逆7番12番にフジキセキでもう一頭のフジキセキが3番です、こういう配置の時は3番の隣2番4番と逆の16番と隣の15番17番を私は気にします。
富士Sでは同母二組の内三頭が並び離れたもう一頭の隣馬が1着でしたが同じ要素を持つ馬の三頭出しの時は最初に配置がどうなのか確認しています。
府中牝馬Sでは正逆8番11番がフジキセキでもう一頭が14番でしたが5番13番15番が馬券に成らずで5番隣が1着。
他では8番9番10番の調教師に弘とキングで挟む9番、8枠にック並びと尻文字ス(ズ)が気になります。

それと1番の父がグラスワンダーで8番グラスキングがどうかなと。
これは昔から良くある話で先週は菊花賞・スリーから3番同父と富士S・1番タイキシャトル→10番同父です。
秋華賞は1番父の冠名アグネスが鍵だったのでしょうか2着父もアグネス、SPSも1番父ホワイトマズルとキングヘイローの関係が二頭の父ダンシングブレーヴです(SPSは父の父まで考えに入っていませんでしたが)。
府中牝馬Sでは同じ1番ホワイトマズルからも18番キングヘイローは馬券に成りませんでした、ここら辺りはやっぱり1/2だなと感じます。

この秋は1番の父馬に注目すべきなのかな?と考えています。

リンクからは4番18番・レーダイから14番・馬主:臼田浩義氏の9番・グラスの8番が気になる。

今のところ4番8番9番14番18番を考えていますがBOXだと10点でちょっと多いですねえ、どの馬か選んで軸流しか1頭減らしてBOXかにします。
-----------------------------------------------------------------------------
The G-Files 044 芝2000mの天皇賞(秋) 初代優勝馬
「三冠馬、復活の勝利 ミスターシービー」~昭和59年 第90回天皇賞(秋)(GI)~

復活はマルカフェニックスか、不死鳥で有りフッカまでは有るしッを二度使えばフッカッだな。
8枠はドラゴウェルズ止めてックスの並びから17番マルカフェニックスに変更します。
1番マイネルレーニアの朝一単勝人気に驚きました、今は徐々に落ちてきていますね。

4番8番9番14番17番に変更して4番と14番を本線に8番9番17番へ流す7点にします。
-----------------------------------------------------------------------------
参りました全く6枠は見ていないです、結局デイリー杯2歳S以外は京都重賞は正逆12で良いのですねえ。
デイリー杯2歳Sを外して違う数字を探したのがその後の3戦で失敗となりました、11番は選択出来そうには無かったですが。
2歳戦を外しての正逆12なのかはファンタジーSでは枠順を見てから考えます。

このRは2003年以降で正逆7か18が3着以上。
このRの2003年以降は武豊騎手から4隣が3着以上。
重賞の鮫島騎手は隣か2隣が3着以上。

クラウンプリンセスが馬券に成らずでシンゲンは入れなきゃならないのか?切る方に傾いていたのでどうしようか更に迷うスワンSの結果でした。
6枠で2着になった6枠のドリームジャーニー・池添騎手は連としては見ないです。

天皇賞どうでしょう?3

むやみやたらとリンクを調べてますがその中から自分で重視する物とそうでない物とで分けます。
リンクを取り入れてから約3年になりますが調べるリンク項目はほぼ固定出来てそれ+αを調べるところまでは慣れたと思っています、しかし数多有る継続からどれを選択して馬券を組み立てるのかというリンクの一番大事な部分がまだ経験として不足している そんな思いが強い今日この頃です。
これは大丈夫という物これはちょっと違うかという物を調べていると何となく感覚で分けているのですがエッこっちなの?というのも多くもっと調べ中に確実に分けられる感覚が必要だと感じていますがこれは慣れである程度は解決出来ると信じて調べてます(苦笑)。
多分感覚の鋭い人には慣れも必要無く確実に分けてその都度合うリンクを選択されている方も多いと思いますが鈍感な私には訓練で慣れるしか無いようです。
以前仕事で後輩に拾う技術と捨てる技術という話をした事が有ります、今の世の中ネットで調べれば欲しい資料が簡単に手に入るのですが入り過ぎるのでそこから選択して捨てる技術が必要だと。
競馬にしても大事な技術だと思います。
来週からは自分の中で仕分けをしてブログ上に出すのは10個前後にまで絞って出す様にします、その為リンクを出すのは一応の調べが終わった後で分けますので木曜か金曜になります。
出していない物で継続した物は回顧の時には書きます。

(長く続いている物・調べていて重視出来ると個人的に感じた物)

2000年から前東京開催の7着馬番正逆番が3着以上、正逆5,13。   5番6番13番14番
前年1番人気馬番か隣が3着以上。                     13番14番15番
大外番馬の前走番か前着順の正逆が3着以上。16番4着        3番4番15番16番
天皇賞秋は武豊騎手から5隣か8隣が3着以上。              2番12番15番17番
府中2000mは2006年フローラSより正逆27か33が3着以上。      4番9番10番15番
ウオッカ出走Rは正逆2か3が3着以上。                   2番3番16番17番
カンパニー出走Rは正逆2か3が3着以上。                  2番番16番17番
今年の重賞でコスモ名から隣か2隣が17戦中15戦で3着以上。      2番3番17番18番
朝日杯FS以降の重賞ではワンダー自身か隣馬が3着以上。       13番14番15番
GIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上。                     (騎乗無し) 
スクリーンヒーローから9戦連続で2隣か6隣が3着以上。          4番8番14番18番
前年天皇賞馬が出走すると前年の枠連の一つを引き継いでいます。   4枠 7枠
昨年の安田記念→毎日王冠からウオッカの前走枠の隣枠が3着以上。 5枠 7枠
昨年の天皇賞からカンパニーの前走番か隣が3着以上。          3番4番5番
2002年以降の毎日王冠→天皇賞は毎日王冠1着馬番か隣が3着以上。3番4番5番
川田騎手の天皇賞騎乗は3隣か5隣が3着以上。              3番5番11番13番
GIで冠名アドマイヤから隣か4隣の馬が連対しています、3連続4隣。  3番5番8番18番
アドマイヤフジの重賞では5戦連続で4隣が連対しています。        8番18番
外国人騎手から5年連続9隣・4年連続2隣が3着以上。           2番6番13番
-----------------------------------------------------------------------------
(参考として確認する物)

アサクサキングスから13隣が4戦連続で3着以上。            10番18番
アサクサキングス出走Rは8戦連続で1枠か8枠が3着以上。       1枠 8枠
ヤマニンキングリーから5戦連続で隣か2隣が3着以上。          4番5番7番8番
シンゲンから10戦連続で2隣か3隣が3着以上。              7番8番12番13番
キャプテントゥーレから6戦連続で4隣か5隣が3着以上。         3番4番12番13番
エイシンデピュティから6戦連続で8隣か9隣が3着以上。         8番9番10番
GIで冠名エイシンから6戦連続で2隣か7隣が3着以上。         2番7番11番16番
芝重賞のアドマイヤフジは6か7隣が6戦連続で3着以上。        10番11番15番16番
スミヨン騎手の重賞5戦中4戦連続で2隣と4/5で10・17隣が3着以上。 2番6番12番14番
GI全体では正逆3か4で天皇賞以降は正逆6・13か7・12。    3番15番VS7番12番13番?
2007年以降の東京8日目は正逆2が8戦中6戦で3着以上。      2番17番
コスモバルクが天皇賞に出走起点は+6隣馬が連対しています。    7番13番
エアグルーヴ勝利後の1999年以降で唯一の牝馬・せん馬の隣枠が3着以上。3枠5枠

枠としては4枠から3枠5枠7枠で良いのではと考えています、後はウオッカ・カンパニー出走Rの正逆2か3が絡んでくるのか?かなと。
過去の前年天皇賞馬の枠がほぼ2着だったので4枠は2着枠なのではと考えています。
前年天皇賞馬出走時の前年枠は今までは一つなので4枠を取れば7枠は買いにくくウオッカの前走枠の隣枠は3着枠も有るのでこれをどう考えるか?はレープロ等も見てからにします。
ウオッカの4枠7番は昨年のダイワスカーレットの位置ですね、もう一度昨年をやり直すなら昨年のウオッカの正逆4,14も有るのかも。
5枠からは10番シンゲン・7枠からは15番オウケンブルースリ>14番サクラメガワンダー・13番マツリダゴッホ、正逆2,3からは2番スクリーンヒーロー3番カンパニー16番ホッコウバドゥシャ。
他に気にしているのは春と同じ6枠12番ドリームジャーニー 6枠はジャの同居枠でスマイルジャックは毎日王冠に続いての6枠配置、ただGIで続いている正逆7の2歳王者はウオッカの方だと考えていますが四位騎手前GIから12番も気にはなる。
11月開催の1987年・1992年・1998年・2003年・2008年では正6番か正7番で18頭立て2戦は正逆7で共に正7番が馬券内です。
3枠はキングの同居枠で前走9着馬同士、どちらかと言えば前走と同じ5番のヤマニンキングリーでしょうか 戦歴からは入れたいけれどサイン的な重なりは薄い感じ。

The G-Files 044 芝2000mの天皇賞(秋) 初代優勝馬
「三冠馬、復活の勝利 ミスターシービー」~昭和59年 第90回天皇賞(秋)(GI)~

日本の競馬が長距離中心の競走体系からスピード化の方向へ大きく舵を切ったのは、昭和59年のこと。この年行われた番組改革により、整備の遅れていた短~中距離路線に新しくGI競走が設けられたのである。とりわけ関心が寄せられたのは・・・

7枠13番(逆3)です、ここ5戦で正逆番が来ていますので3番6番13番16番。
三冠から3番3枠と復活と言えるのはアサクサキングス?3枠6番ですね、7枠のマツリダゴッホとオウケンブルースリも勝てば復活と言えるか。
皐月賞1頭ダービー馬1頭菊花賞馬2頭 4枠は皐月賞ダービー天皇賞の三冠枠です、ミスターシービーも毎日王冠2着からですから4枠だと思う。

7番8番>10番13番14番15番>2番5番3番12番16番 とこんな感じで考えています、4枠は2着としてですけど。
頭の中ではこの半分くらいの中で考えていますがまだ広い範囲で置いておきます、この中に入っていなければお手上げです。
後はレープロの他の部分や土曜日の枠順と結果を見てからにします。

スワンSどうでしょう?

勝利だけが王者の使命、最強と賞賛される万感の声に応えたい。

関西で勝利とか万感の声とかは阪神タイガースを思います、しかし今年はやはり最強と賞賛されるのは父ジャイアンツ(Giant’s Causeway)のスズカコーズウェイの方が良いかとドラゴンウェルズも出走しますね。
日本ハムと東北楽天は無いか。
王者からはクラウンが居ますね5枠に入ってのリーチザクラウンのリベンジが有りますかどうか。
王者は他にグラスキングとボストンオー、賞賛(ショウサン)からショウナンカザンでショウは他にトウショウカレッジ。
スズカコーズウェイはサイレンススズカとの関係で他に何か有るのかに注目したい。

第52回   毎日放送賞 スワンステークス(GII)
○『フレッシュプリキュア!』ショー

1400m重賞は2歳戦を除いて5戦連続正逆4が3着以上。
このRは2003年以降で正逆7か18が3着以上。
このRの2003年以降は武豊騎手から4隣が3着以上。
新潟大賞典以降の重賞では14戦中12戦でトーの文字を持つ馬か隣が3着以上、不発の2戦は2隣が3着以上。
重賞の鮫島騎手は隣か2隣が3着以上。
京都奇数日重賞は4戦連続で正逆22が3着以上。
スミヨン騎手の重賞5戦中4戦連続で2隣と4/5で10・17隣が3着以上。
5年連続で出走しているタマモホットプレイから5年中4年で隣枠・隣2隣・1枠が3着以上。

天皇賞どうでしょう?2

私の競馬、俺の競馬 より

--その当時に走っていたのは、どんな馬だったのですか?
「トウカイテイオーですね。あの馬が勝った日本ダービー(1991年)が、一番初めに見たレースになります。だから、最初に好きになった馬もトウカイテイオー。あとはあの時代だと、メジロマックイーンなんかも印象深い1頭ですね」

--その2頭が激突した春の天皇賞(1992年)では、どちらを応援されていましたか?
「僕はトウカイテイオーでした。確か、あのレースを迎える時点では、トウカイテイオーはそれまで1度も負けたことがなかったんですよね。そんな無敗馬のお父さんは、史上最強と呼ばれたシンボリルドルフ。初心者ながらに、『このトウカイテイオーという馬は特別な存在なんだ』と、そういう感じで見ていました。にもかかわらず、レースではまさかの敗退。それも2着とかではなく、5着でしたからね。ガッカリしたとか驚いたというよりは、『競馬って難しいものだな』と、強く感じた記憶があります。ただ、だからといって競馬から疎遠になるわけではなく、より一層夢中になっていきましたね。馬券を買うことができないのに、週末が来るたびに真剣に予想をしていました(笑)」

トウカイテイオーは父子ダービー馬ですからウオッカですね、メジロマックイーンは孫のドリームジャーニーでしょうか。
11年前の天皇賞で2着だったのがステイゴールドですから仔のドリームジャーニーは気になるところ。
天皇賞秋では両馬とも勝てませんでした、1991年7枠13番メジロマックイーンは降着で1992年7枠15番トウカイテイオーは7着でした。
コラムに出ている1992年の天皇賞春は4枠5番メジロマックイーン・8枠14番トウカイテイオーでした。


コスモバルクが天皇賞に出走します、今年の春も出走していますが秋は2006年2007年に続いて3度目です。
起点は+6隣馬が連対しています。
2006年秋  8番コスモバルク→14番ダイワメジャー 1着
2007年秋  3番コスモバルク→ 9番アグネスアーク 2着
2009年春 14番コスモバルク→循環20番 2番マイネルキッツ 1着

牝馬の出走はウオッカだけですね、牝馬が1頭出走の天皇賞ですがせん馬も含めて確認しました。
1997年のエアグルーヴ勝利後の1999年以降では唯一の牝馬・せん馬の隣枠が3着以上です。
1999年秋 6枠スティンガー     →5枠スペシャルウイーク 1着
2000年秋 4枠トーワラノビア    →5枠トゥナンテ 3着
2002年秋 5枠テイエムオーシャン →4枠シンボリクリスエス 1着
2008年春 6枠ドリームパートナー →5枠メイショウサムソン 2着
2009年春 3枠テイエムプリキュア →2枠アルナスライン 2着

川田騎手の天皇賞騎乗は3隣か5隣が3着以上。
2007年春 7番→12番3着
2007年秋 4番→1番1着 9番2着
2008年春 2番→13番3着
2008年秋 9番→14番1着
2009年春 7番→4番2着 12番3着 

アドマイヤ冠名とアドマイヤフジ
菊花賞   17番アドマイヤメジャー  →4隣3番2着
宝塚記念  4番アドマイヤフジ    →4隣8番2着
FS      11番アドマイヤスバル  →4隣15番1着
有馬記念 13番アドマイヤモナーク  →隣14番1着
JCD     9番アドマイヤフジ    →隣10番1着4隣5番2着
JC     17番アドマイヤモナーク  →隣16番1着
MCS    8番アドマイヤスバル   →隣7番1着
GIで隣か4隣の馬が連対しています、3連続4隣。
毎日王冠   2番→6番2着
宝塚記念   4番→8番2着
新潟大賞典  2番→6番2着
産経大阪杯  4番→8番1着
中山記念   6番→2番1着
アドマイヤフジの重賞では5戦連続で4隣が連対しています。
重なるアドマイヤフジ4隣馬に連対を期待したい。

サイレンススズカ と 前年天皇賞馬 と リンクの追加

巷で噂もされている11年前と同じ11月1日の天皇賞秋がこの週末に行われます。
11年前の前後2年計5年程は仕事の都合で出張出向の連続となり仕事の疲れからか競馬への興味が薄れていた時期でサイレンススズカに対して当時はそれほどの思い入れが有りませんでした。
GIだけは新聞見ながらたまに買ってはいました、サイレンススズカの名前はその頃出入りしていた飲み屋でマスターと競馬の話をした時に知りました 宝塚記念の時だと記憶しています。

今では伝説の毎日王冠と悲劇の天皇賞はTVで見ていましたがその後また競馬から離れるきっかけが11年前の天皇賞でした。

菊花賞馬スリーロールスの馬主さんが永井啓弐氏、VMの時に書いた車関係の馬主(トヨタカローラ三重株式会社の代表取締役会長)さんで1番が1着で入線したときはまさかここでという感じでした。
1枠1番に居るのは見てはいたのですがこの馬番は天皇賞で気にしていた馬番でした。
11年前の11月1日の天皇賞1枠1番サイレンススズカと1がズラリと並ぶので、結果が出てから思い出した府中牝馬Sの1枠(2番)に居た半年振り出走のサンレイジャスパーも永井啓弐氏の馬でした。
前週から準備をされているのに全く気付いていませんでスリーロールスの1枠1番が天皇賞への前降りだと解釈していました。

菊花賞で武豊騎手を推したのはリーチザクラウンの戦歴と武豊騎乗が大きかったです、天皇賞では武豊騎手騎乗のウオッカが勝つとは思っていないので菊花賞で勝つのも有るんじゃないかと。

GIとなった1984年以降の天皇賞秋で前年勝利馬が出走した年を調べていました。
1986年 7枠14番ギャロップダイナ    4着 同枠2着
1997年 4枠7番バブルガムフェロー   2着
2001年 5枠6番テイエムオペラオー   2着
2003年 8枠18番シンボリクリスエス   1着
2005年 7枠13番ゼンノロブロイ      2着
2007年 7枠14番ダイワメジャー      9着
もう少し有るかと思いましたがこの6年しか無かったです。
シンボリクリスエスとダイワメジャー以外は2着と同枠です、サイン読み風に同じ冠名馬として見た場合は、
1996年 8枠16番サクラローレル      3着
2002年 1枠2番アグネスフライト      15着 同枠2着
とこちらでも3着以内は確保しています。
シンボリクリスエスは2002年中山開催での勝利馬でダイワメジャーは珍しい9日目の天皇賞馬でした。
この二つを例外にした場合ウオッカの枠が少なくとも3着以内には入ってくるのかなあという気もします、まだ勝つのには?なのですが。

それと或る意味当然なのかも分かりませんが前年天皇賞馬が出走するとその連対馬は前年天皇賞と当年・前年の同枠か前年不出走馬で決着しているという事です。
1986年 8枠16番サクラユタカオー  7枠13番ウインザーノット(前年出走有り・ギャロップダイナ同枠)
1997年 6枠12番エアグルーヴ    4枠7番バブルガムフェロー
2001年 7枠10番アグネスデジタル  5枠6番テイエムオペラオー
2003年 8枠18番シンボリクリスエス 4枠7番ツルマルボーイ(前年シンボリクリスエス同枠)
2005年 1枠1番ヘヴンリーロマンス  7枠13番ゼンノロブロイ
007年 1枠1番メイショウサムソン  5枠9番アグネスアーク
前年出走のカンパニー・エアシェイディ・サクラメガワンダー・アサクサキングス・ドリームジャーニー・アドマイヤフジはウオッカと同枠にならないと厳しいのかな?ただそれで来た場合はウオッカは馬券外になりますか。

前年天皇賞馬が出走すると前年の枠連の一つを引き継いでいます。
1985年・枠3-8→1986年枠7-8
1996年・枠2-4→1997年枠4-6
2000年・枠7-8→2001年枠5-7
2002年・枠1-4→2003年枠4-8
2004年・枠2-7→2005年枠1-7
2006年・枠5-7→2007年枠1-5
2008年・枠4-7→2009年4枠or7枠

前年春天皇賞馬が出走する年についても一応調べました。
1986年→1987年クシロキング5着      枠連動無し
1989年→1990年イナリワン2着        枠連動無し
1991年→1992年メジロマックイーン2連覇  5枠連動
1992年→1993年メジロマックイーン2着   枠連動無し
1996年→1997年サクラローレル2着     2枠連動
1998年→1999年メジロブライト2着      枠連動無し
2000年→2001年テイエムオペラオー2連覇 5枠連動
枠連動は無いですが自身が2着にはほぼ来ています。

今年のGIを見ると全体では正逆3か4で天皇賞以降は正逆6・13か7・12です。( )は頭数
FS   (16)15-14-2 逆番2-3-15   逆3
高松宮記念(18)13-4-2  逆番6-15-17     正4  逆6        正13
桜花賞  (18)9-18-15 逆番10-1-4      逆4
皐月賞  (18)16-4-15 逆番3-15-4   逆3 正逆4
天皇賞  (18)2-4-12  逆番17-15-7     正4     逆7 正12
NHKMC(18)3-13-10 逆番16-6-9   正3     逆6        正13
VM   (18)6-2-1   逆番13-17-18        正6        逆13
オークス (18)7-3-14  逆番12-16-5  正3        正7 逆12
ダービー (18)1-12-10 逆番18-7-9             逆7 正12
安田記念 (18)3-6-4   逆番16-13-15 正3 正4  正6        逆13
宝塚記念 (14)9-8-11  逆番6-7-4       逆4  逆6 逆7
SPS  (16)13-9-12 逆番4-8-5       逆4        正12 正13
秋華賞  (18)5-12-3  逆番14-7-16  正3        逆7 正12
菊花賞  (18)1-3-12  逆番18-16-7  正3        逆7 正12

2007年以降の東京8日目は正逆2が8戦中6戦で3着以上。( )は頭数
FS (16) 12-7-15 逆番5-10-2    逆2        正15
VM (18) 4-3-16  逆番15-16-3      正逆3 正4 逆15
JC (18) 4-2-10  逆番15-17-9   正2     正4 逆15
FS (16) 15-10-16逆番2-7-1     正2        正15
VM (18) 6-9-2   逆番13-10-17  正2   
天皇賞(17) 14-7-2  逆番4-11-16   正2     逆4 
JC (18) 16-9-4  逆番3-10-15       正3 正4 逆15
FS (16) 15-14-2 逆番2-3-15    正逆2 逆3    正逆15
VM (18) 6-2-1   逆番13-17-18  正2

昨年の安田記念→毎日王冠からウオッカの前走枠の隣枠が3着以上です。
(参考程度で前走番隣2隣が3着以上)
安田記念                    3枠5番
毎日王冠  2枠2着     3番2着5番3着 2枠3番
天皇賞   1枠3着     2番3着     7枠14番
JC    8枠1着     16番1着    2枠4番
VM    1枠2着3着   6番1着2番2着 3枠6番
安田記念  2枠1着3着   6番2着4番3着 2枠3番
毎日王冠  3枠3着     4番1着3番3着 6枠6番
天皇賞   5枠7枠     (4番5番6番7番8番)

昨年の天皇賞からカンパニーの前走番か隣が3着以上。
天皇賞                 16番
マイルCS    17番2着      16番
中山記念   循環16番3着       2番
マイラーズC    3番1着       5番
安田記念      6番2着4番3着   9番
宝塚記念      9番1着8番2着  14番
毎日王冠   循環15番1着14番3着  4番
天皇賞    3番4番5番

中山での代替開催以降の毎日王冠→天皇賞は毎日王冠1着馬番か隣が3着以上。
2002年 毎日王冠1着  1番  →  天皇賞  1番2着
2003年 毎日王冠1着  7番  →  天皇賞  7番2着
2004年 毎日王冠1着  4番  →  天皇賞  4番2着
2005年 毎日王冠1着 12番  →  天皇賞 13番2着12番3着
2006年 毎日王冠1着 16番  →  天皇賞 15番3着
2007年 毎日王冠1着  7番  →  天皇賞  6番3着
2008年 毎日王冠1着  2番  →  天皇賞  2番3着
2009年 毎日王冠1着  4番  →  天皇賞  3番4番5番

天皇賞どうでしょう?

2009tenaki.jpg
同じ馬を見ている。違う夢を見ている。

同床異夢
同じ寝床に寝ても、それぞれ違った夢を見ること。転じて、同じ立場にありながら、考え方や目的とするものが違うことのたとえ。
から言葉を変えたコピーでしょうね、同じ馬を見るのだから人気馬なのかな?違う夢を見ているからもいろいろな夢が見られそうなのは牝馬で天皇賞連覇・GI7勝目とかいろいろとコピーが考えられるウオッカなのか?
夢はドームジャーニーに有り、見ているから目でメ目ガワンダー。
服色からは赤と青、映しだしているのはスクリーン。

勝利だけが王者の使命、最強と賞賛される万感の声に応えたい。

王者はキングスとキングリー、賞賛はアドマイヤがそういう意味ですね。
毎日王冠同様に感が有りカンパニーで万感からパンカは有る、最強からはシンゲン・ブルースリ。
王者のジャはジャーニーに、応えるは応援のオウでオウケンも王と応を持つ。
王者が天皇賞馬ならウオッカで文全体もウオッカと思われるが・・・、勝の文字カッはウオッカに有る。
ウオッカの連覇に疑問が有る私にはオウケンブルースリが良く思えるのだけど

第140回天皇賞(秋)(GI)

○JRAプレミアムレース 天皇賞(秋)(GI)レース展望・回顧&表彰式プレゼンター [11月1日(日)]
 東京競馬開催の最後を飾るJRAプレミアムレース 天皇賞(秋)(GI)当日にも、AKB48メンバーが来場!レース展望・レース回顧に出演、天皇賞(秋)(GI)表彰式プレゼンターも務めます。
akb48_2.jpg
☆JRAプレミアムレース 天皇賞(秋)(GI)表彰式プレゼンター☆
【出 演】 AKB48メンバー  梅田彩佳さん、大堀恵さん、倉持明日香さん、野呂佳代さん
○航空自衛隊航空中央音楽隊の演奏 [11月1日(日)]
 航空自衛隊航空中央音楽隊が来場し、JRAプレミアムレース 天皇賞(秋)(GI)発走時のファンファーレ演奏を行います。また、昼休みには、演奏会を行います。

天皇賞にしたらイベントが寂しいですね、秋華賞・菊花賞同様にAKB48は正逆12と4枠8枠に注意かな。

(下の四つは掲示板に事例を書いていますので参照下さい)
2000年から前東京開催の7着馬番正逆番が3着以上。
前年1番人気馬番か隣が3着以上。
前年大外番馬の前走番か前着順の正逆が3着以上。
天皇賞秋は武豊騎手から5隣か8隣が3着以上。

府中200mは2006年フローラSより正逆27か33が3着以上。
芝重賞のアドマイヤフジは6か7隣が6戦連続で3着以上。
ウオッカ出走Rは正逆2か3が3着以上。
カンパニー出走Rは正逆2か3が3着以上。
今年の重賞でコスモ名から隣か2隣が17戦中15戦で3着以上。
朝日杯FS以降の重賞ではワンダー自身か隣馬が3着以上。
GIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上。
アサクサキングスから13隣が4戦連続で3着以上。
アサクサキングス出走Rは8戦連続で1枠か8枠が3着以上。
スクリーンヒーローから9戦連続で2隣か6隣が3着以上。
シンゲンから10戦連続で2隣か3隣が3着以上。
キャプテントゥーレから6戦連続で4隣か5隣が3着以上。
エイシンデピュティから6戦連続で8隣か9隣が3着以上。
ヤマニンキングリーから5戦連続で隣か2隣が3着以上。
GIで冠名エイシンから6戦連続で2隣か7隣が3着以上。
スミヨン騎手の重賞5戦中4戦連続で2隣と4/5で10・17隣が3着以上。

天皇賞妄想

秋華賞・菊花賞と当らない妄想です、特に菊花賞は申し訳無い位酷かったです。
天皇賞も酷い妄想になるかもですが暇つぶし程度でお願いします。

毎日王冠のところで安田記念とも絡めて天皇賞を妄想しましたが今のところはウオッカは負けるのではないかなというのが個人的な結論です、それとは別で違う面からも少し考えたい事が有りまして。

先に言い訳をしますと他のサイン読みやリンクと合わせて考えますので番組読みでの結論がそのまま予想になるかは分りません、毎日王冠は先に予想した後での番組読みでしたから買い目はそのまま一か八かと言われても仕方無いくらいの気持ちで馬単2着固定にしましたが馬連を選択するかも分りませんし。

考えたい事は札幌記念の事です、札幌記念は2006年アドマイヤムーンの勝った年から定量戦になりましたが私の中ではその前年2005年のヘヴンリーロマンスが札幌記念→天皇賞を連勝した事の方が大きな意味が有るのではと考えています。
アドマイヤムーンが勝ったのは斤量の恩恵を最大に受ける馬でしたから定量戦への移行をはっきりと印象付けるためだったのかなと考えています、馬連発売最初のGIでメジロマックイーンが降着し枠連と馬連の配当の違いを際立たせたり節目節目で良く有ります。
ヘヴンリーロマンスが勝ったのはGI並の定量戦に移行する前年にその価値が有るレースだと言いたかったのではと。
2005年ヘヴンリーロマンス・1着1着 2006年アドマイヤムーン・1着3着 2007年アグネスアーク2着②着2着 2008年タスカータソルテ・1着17着 2009年ヤマニンキングリー・1着⑨着?着 この馬達は札幌記念最先着馬です、札幌記念2着馬が出走する時は1着馬は天皇賞を目指していませんし1着馬が出走する時は2着馬が遠慮しています。
特にローテで変だと思ったのが2007年のフサイチパンドラで札幌記念1着後ダート重賞を11着しエリ女2着と言う戦歴を走りました。
後付けですがGI馬が札幌記念を勝った後に初にして唯一のダート重賞エルムSに出走したのは天皇賞に出走しては駄目な理由が有ったのではと推測しています、アグネスアークが天皇賞に出走する為札幌記念で上位着順だったフサイチパンドラを回避させたのではと。
上の着順は札幌記念と天皇賞なのですがアグネスアークとヤマニンキングリーは毎日王冠にも出走しました。
タスカータソルテとアグネスアークは騎手を替えての出走ですが一戦間に入れて直接の乗り替わりにしなかったアグネスアークなのかなと考えています、ヤマニンキングリーはと言えば騎手も同じで有り毎日王冠の出走の意味が良く分かりません。
もしかしたら考えているのが斤量です、アドマイヤムーン・54kg→56㎏ アグネスアーク・57kg→57㎏→58㎏ タスカータソルテ・57kg→58㎏ ヤマニンキングリー・57kg→58㎏→58㎏。
2005年2006年は3歳牡馬と古馬牝馬は同斤量で出走馬中最低斤量(3歳牝馬が出走していなかった為)でしたからこれは問題無いのかも、古馬牡馬の57kg→58㎏で直接天皇賞へ向かうのが問題有りなのかもと妄想しています。
アグネスアークは直接の騎手変更と斤量UPを避ける為でヤマニンキングリーは直接の斤量UPを避ける為の毎日王冠出走だったのではないのか?というのが妄想の結論です。
2007年と2009年の札幌記念は開催回が違いますがどちらも8日目施行です、施行日で言えば(2005年別定戦)2006年2008年(定量戦)が同じ4日目での施行でした、2007年と2009年の8日目施行は毎日王冠を経由しますが開催回を変えて全く同じにはしていませんが2006年と2008年の施行回施行日が同じこの2年は直接天皇賞に向かいました。
ヤマニンキングリーが出走し騎手変更等も無ければ天皇賞で3着内は確保するのではないかと妄想しています。

もう一つウオッカの今年の戦歴がほぼ昨年と同じです、違うのはVMが2着から1着になった事くらいです、ですが東京GI5勝というのは既にやり過ぎ感が強いです。
牝馬限定のVMを抜いて考えても4勝で1頭で勝つにはもうお腹一杯に思えるのですが。
それと今年は毎日王冠1着カンパニーも出走するのが昨年と大きく違うと感じています、それなら天皇賞では2着3着でどうかと言うと4着以下に沈むと考える理由はまだ薄いです。
前年天皇賞馬で当年の安田記念馬としては2007年ダイワメジャーが居ます、毎日王冠で書いたヤマニンゼファーはウオッカとは逆に安田記念2勝目の年に天皇賞を勝ちました。
2007年の天皇賞秋はメイショウサムソンの春秋連覇でしたが今年は春の1着枠からの出走が有りませんし対象は逆番のアサクサキングスの枠です。
がそうなるとは思えないで毎日王冠組が無視され夏競馬から札幌記念アグネスアーク・関屋記念カンパニーが2着3着は気になります、今年で言えばホッコーパドゥシャ・ヤマニンキングリー・スマイルジャックが夏競馬重賞勝ち馬です。
ですが今年は夏競馬と秋競馬をはっきりと分けた番組構成になっています、例年なら三場開催になる秋の開幕競馬なのですが今年は函館競馬場の改修で12日制として新潟開催の終わりと合わせています。
これが関係するなら秋出走馬に限って良いのかも?オールカマー・マツリダゴッホ 朝日CC・キャプテントゥーレが面白いのではと、毎日王冠のカンパニーは無いと思っていますが一応3着内の候補には挙げておきます それと京都大賞典のオウケンブルースリも。

キャプテントゥーレについて思う事はディープスカイと一度も一緒に走る事が無かった事です。
別に他の馬とでもそういう事は良く有る事なのですが同年代の皐月賞馬とダービー馬でキャプテントゥーレが骨折した以降に活躍したディープスカイ、ディープスカイが引退したとほぼ同時に復帰したキャプテントゥーレという関係が面白いなと思います。
皐月賞からダービーへ、宝塚記念から天皇賞へというGIの流れを途切れさせずに2頭で繋いでいます。
もう一頭ダイワスカーレットもですね、大阪杯後に故障休養に入り天皇賞出走までにこの2頭が3歳牡馬GIを独占した事も無関係とは思えないと感じます。
父は同じアグネスタキオンで今年急死しました、急死との関係は無いでしょうがこの3年はウオッカVSアグネスタキオンの仔という構図が有ったのではと妄想しています。
もしかしたらウオッカのダービーと初年の安田記念にもダイワスカーレットの故障休養が関係しているのかも?そう思うくらいの因縁を感じます、そういえば阪神JFとダービーの3着馬もルミナスハーバーとアドマイヤオーラでした。
ウオッカ出走GIでアグネスタキオンの仔が3着以内に入っていないのは2着3着を1枠で揃えた今年のVM・ダイワスカーレット休養中の昨年のVMと安田記念です、この3戦はニシノマナムスメの逆番と同枠・リトルアマポーラの逆番を使っていますね。

キャプテントゥーレ自身とその枠・逆番にも注目したいと考えています。

(毎日王冠と天皇賞の妄想)は↓を参照下さい。

続きを読む

菊花賞どうでしょう?回顧

完敗でした全て駄目だったと言える結果でした。
リーチもナカヤマもアンライもセイクリッドも3着以内に入れないとは・・・絶句しました。

1着スリーロールスは最後に三連複には入れたけれどそれ以上には考えられなかった、2着が3番とはねえスリーからは3枠のみ見てました。
結果はデルタブルースの同父で決着しています、しかし3番を抽出するのはリンクからも見ているサイン読み部分からも薄かったので私には無理な気がします。
それとワンダーは自身が来たのか、セイクリッドバレーだと決め付けていました。
とにかく最初の妄想からいろいろと考えて来ましたが見る方向が全て間違えていたという事ですね。

ポルカマズルカ出走11戦中9戦で正逆1か2が3着以上です。
キタサン名出走重賞は11戦連続で正逆2か3が3着以上。(重複有りで正逆2・8回、正逆3・5回)
3歳GIの第70回は2003年ダービーと2009年オークスで共に3番が2着、菊花賞も3番2着。
朝日杯FS以降の重賞ではワンダー自身か隣馬が3着以上。
アドマイヤメジャー出走Rは7戦連続正逆1か2が3着以上。
シェーンヴァルトは新馬から10戦連続で隣か3隣が3着以上。
武幸四郎騎手からGIは3隣か6隣が3着以上。
京都6日目メインは2007年から正逆1か2だったのですが2009年1回日経新春杯で一度切れてまた戻っています。
GIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上。
武幸四郎の菊花賞出走全5戦で隣枠が3着枠以上。
-----------------------------------------------------------------------------
(来週以降への反省)
私は逆3番を選択しましたが先週の降着馬番を使ったとも考えられる、カワカミプリンセスの時はその後4戦で正逆16を馬券内にしている。

ウオッカのダービーから角居厩舎が2枠に入ると枠が馬券内に高率でなっていますね特に今年は多い、今年ではVMのスカーレットブーケ以外でです。
皐月賞・トライアンフマーチ 安田記念・ウオッカ 秋華賞・ミクロコスモス隣 菊花賞・トライアンフマーチ隣

角居厩舎を秋華賞と同じ位置にして今度は2枠3番を2着でそのまま起用しますよと言いたかったのか は分かりませんが秋華賞の降着と言う特殊決着からの流れを考慮できなかったのが駄目ですね。
-----------------------------------------------------------------------------
結局ポルカマズルカの役割は何だったのか?結果見てもう一度考えていましたが分かりません。
ダンスパートナーの逆番が3着、今年はポルカマズルカの逆番隣が2着。
ダービーではビワハイジの同枠が1着3着、ウオッカは自身が1着逆番が2着。
ダンスダンスダンスからは違いますけど牝馬馬番か逆番+各隣馬なのか?これだと6頭指名だけど。

1991年皐月賞 10番ダンスダンスダンス 18-2-13
1995年菊花賞  4番ダンスパートナー  10-17-15
1996年ダービー14番ビワハイジ      13-3-15
2007年ダービー 3番ウオッカ        3-16-14
2009年菊花賞 15番ポルカマズルカ    1-3-12

菊花賞どうでしょう?5

レープロの”名声は海を越えて”から直接過ぎる気がするので書かなかったのですが松岡正海騎手と四位洋文騎手、富士Sで見たけれど3着でやや微妙な感じの海外GI勝利種牡馬はステイゴールドが香港ヴァーズを勝っていてその時の香港表記は黄金旅程で海を越えてからにも良いと思う。
ステイゴールドの仔は16番ナカヤマフェスタ。
ワンダー隣でリンクに重なりも有る11番セイクリッドバレー・松岡騎手。

掲示板の書いたGIでのヴとブの馬か隣の馬、3歳牝馬はブエナビスタが3度とヴィーヴァヴォドカの隣が2度馬券内でしたし3歳牡馬もロジユニヴァースやシェーンヴァルト隣が2度とか。
菊花賞で気にしているのはイグゼキュティヴ隣とキングバンブー隣の5番アンライバルドと9番リーチザクラウンです。

今更気になりだしてきたのがスリーロールスです、夜にサタうまを見ていてデルタブルースと同父で正逆1の関係なのですが2000mを越えては走っていないので戦歴的には違うと判断していたのですがシェーンヴァルトの-隣馬なのと他のリンクが四つは重なっている。
サイン読み的には1番のスリーで3番か3枠を考えているのですが・・・3着として一応入れておきます。

馬連は5番11番16番の3頭BOX、9番アンライバルドと14番イコピコが勝つとは父ネオユニヴァースと先週の四位騎手から考えていないで馬単5番11番16番→9番14番で買う事にしました。

豆銭の三連複は9番-1番5番8番11番14番16番 の15点です。

三連単から三連複に変更しましたが書いてもまだ悩んでいます、もうこれで買う事にしますが当る気はしない・・・です。

富士Sどうでしょう? 回顧

軸のレッドスパーダが内から抜け出せそうに無く駄目かと諦めていたらTVでどこに居るのかも確認していなかった10番が際どく入線してエッという感じでした。
なんとかかんとか10番が3着に入ってくれてホッとしました、馬連はオッズを確認したのですがワイドは確認していなくて配当にも驚きましたまさかワイド万馬券だったとは。

後から気付いた正逆1のNHKMC連対枠馬を重視したのは大失敗でした、素直に最初から見ていたコラムからのアブソリュート軸で良かったのに。
もう一つは母シェンク並びから人気馬を取ってしまったのは悔いが有ります、三連は買わなかったでしょうが馬連も2万5千馬券ですからねえ。
それに東京奇数日重賞は正逆56が2番17番なのでシェンク並びから頭には有ったのですがNHKMC連対枠馬サンカルロを最後に取ってしまいました。

2枠のギム・グラス枠でギムの仔が1着で11R12Rの松岡騎手は馬券圏外でした、菊花賞ではこれも考慮して考えます。
12Rの逆1番2着は11Rの飛びを見てからなら買えましたね1番人気ですが、これで今東京開催は5日連続で正逆11が3着以上です。

東京奇数日重賞は正逆56が5戦連続で3着以上。 
東京芝マイル重賞は3枠か5枠が2007安田記念より3着以上枠。 
掲示板でqueen emeraldas より教えて頂いたケイアイライジン出走Rは正逆10が3着以上。
エイシンドーバーから2隣が5戦連続で3着以上。  
ティアップゴールドから5隣が5戦連続で3着以上。
新潟大賞典以降の重賞では14戦中12戦でトーの文字を持つ馬か隣が3着以上、不発の2戦は2隣が3着以上。

富士Sどうでしょう?2

東京奇数日重賞は正逆56が4戦連続で3着以上。                    2番17番
東京芝マイル重賞は3枠か5枠が2007安田記念より3着以上枠。           5番6番9番10番
東京5日目メインは正逆33が3着以上。                           4番15番
掲示板でqueen emeraldas より教えて頂いたケイアイライジン出走Rは正逆10が3着以上。9番10番
エイシンドーバーから2隣が4戦連続で3着以上。                      3番7番
ティアップゴールドから5隣が4戦連続で3着以上。                     2番10番

The G-Files 043 日本調教馬初の南半球G1ウイナー
「名声は海を越えて デルタブルース」~平成16年 第65回菊花賞(GI)~

2700メートル超級の競走では世界随一の開催規模と賞金総額を誇るオーストラリアの競馬の祭典、メルボルンC。その初代優勝馬であるアーチャーは、1861年、シドニー地区から開催地メルボルンまで850キロに及ぶ道程を・・・

10番に重なりますがどうなのか?前走も10番で勝っているので個人的には1/2で考えると買いにくいのですがマイとローで並んでいるし5枠は8歳馬同居枠で母名がトウヨウロイヤルで父は海外GI勝利馬タイキシャトルとレープロに合うしで気になる馬では有ります。
海からはドーバー(海峡)が3枠ですね名の蛯名騎手も同枠です、8枠には母シェンクが16番17番で並んでいます。
ですが枠順を見て一番気になったのは正逆1の2頭です、1番はNHKMC2着馬で18番はNHKMC1着馬同枠です。
NHKMC連対枠の2頭が正逆1の配置されているのが気になっています、1番の父もタイキシャトルですね。
コラムから気にしていたアブソリュートは3番です。
唯一はせん馬が8番で牝馬が16番です。
デルタブルースと同じ父ダンスインザダークは6番14番16番です。
昨年の枠順と見比べると横山・吉田隼人枠が同じで昨年横山騎手1着です、1番軸で行きたいのですがちょっと気になる部分です。
7枠14番ダンスインザモアは2006年と同じ位置です、今年の騎手が菊沢騎手で明日の菊花賞との関係がどうなのか?

私は1番軸で3番6番16番18番で10番から1番6番へのワイドもおさえる。
-----------------------------------------------------------------------------
(追記)
新潟大賞典以降の重賞では13戦中11戦でトーの文字を持つ馬か隣が3着以上、不発の2戦は2隣が3着以上。

2番トーセンクラウンからだと1番2番3番が対象。
-----------------------------------------------------------------------------
(追記の追記)
見落としていました4番と15番の母馬もアラデヤで同じですね、15番16番17番が同じ要素を持つ3頭と言えます それと15番の父がクロフネで黒。
2枠は良い様に思えますので10番からのワイドに3番も入れます。

富士Sの2枠がタニノギムレットとグラスワンダー、菊花賞の6枠がタニノギムレットとグラスワンダー。
富士Sの11番が松岡騎手、菊花賞の11番が松岡騎手。
私は菊花賞の6枠11番を使うのではと判断して買い目には入れていませんが注意すべきかなと思い書いておきます。

1番軸で3番6番16番18番で10番から1番3番6番へのワイドもおさえる。
これで朝一のオッズ見てから買って出掛けます。

それと12Rでクロフネの仔が9番10番12番1番と並びその間の11番にも松岡騎手が居ます、同枠の隣に逆1番でレッドですね。
東京の11R12Rの11番松岡騎手が勝ってしまうと菊花賞の11番は買いづらいです、その時は菊花賞の予想も修正します。

菊花賞どうでしょう?4

The G-Files 043 日本調教馬初の南半球G1ウイナー
「名声は海を越えて デルタブルース」~平成16年 第65回菊花賞(GI)~

2700メートル超級の競走では世界随一の開催規模と賞金総額を誇るオーストラリアの競馬の祭典、メルボルンC。その初代優勝馬であるアーチャーは、1861年、シドニー地区から開催地メルボルンまで850キロに及ぶ道程を・・・

南半球と言えば豪州産のロックドゥカンブが2007年に2枠4番で3着しました。
南半球産馬は半年遅く生まれる為に斤量が少なく調整されています、ロックドゥカンブの斤量は55kgで牝馬と同じです。
今年は牝馬ポルカマズルカが出走しますので隣馬・逆番馬に注意していましたがここからは隣馬に注意としたい。
もう一つ考えているのが1995年で55kgだったダンスパートナーも2枠4番です、ポルカマズルカは7枠15番で逆4番です。
1995年のマヤノトップガンは5枠10番で2007年のアサクサキングスも5枠10番でした、逆の結果になるとしたら5枠9番が1着という事ですが3着以上として見ています。
名声からは名の有る蛯名騎手、海を越えるからはメジャー(リーグ)かなと思いますし○外馬も同居している8枠は非常に気になる枠です。
ブルースから音楽と見ればマーチとポルカマズルカで騎手は岩田騎手が騎乗しトライアンフマーチと同じ角居厩舎です。
2枠の角居厩舎と言えば先週の秋華賞でミクロコスモスが2枠4番でした、トライアンフマーチ自身も皐月賞で2枠4番と菊花賞と同じ位置に居ます。

枠順を見る前に軸と予定していたのがリーチザクラウンで枠順見てから良いと思えるナカヤマフェスタ。
菊花賞妄想で書いた、
今年の3歳GI戦は皐月賞・桜花賞が重賞優先権1着→OP優先権2着枠 ダービー・オークスが重賞優先権1着枠とOP前哨戦1着枠が3着 秋華賞・重賞優先権2着1着で決着。
ここからそのままならイコピコ・リーチザクラウン・ナカヤマフェスタ・セイクリッドバレーでの連で3着アンライバルド、GI2着・前哨戦2着→GI4着・前哨戦1着ならリーチザクラウン→ナカヤマフェスタ。
マヤノトップガンとセイクリッドバレーの父タニノギムレットは共にブライアンズタイムの産駒という関係。
ポルカマズルカの隣イコピコ・ナカヤマフェスタと逆番のトライアンフマーチ。

枠順を見ていて5番アンライバルドがスプリングS勝ちで14番イコピコが神戸新聞杯勝ちだなあと、青葉賞勝ちのアプレザンレーヴが居ないのでトライアル重賞勝ち馬の正逆位置がちょっと気になる。
今年は各トライアル重賞勝ち馬の枠が全て馬券になっているのは前に書いてますが1着は無いと思うけれどイコピコは入れておくべきかなあと悩み中。

今考えているのは上の考えから 9番-5番8番11番14番16番と16番-4番8番11番14番の馬連で9点です、スペシャルウイーク産駒同士の馬連は私は買いません。

馬連はもう少し点数を減らしたいので土曜日の結果を見てから再度考え直しますが豆銭で買う三連単は妄想からの考えで買ってみるつもりです。
9番⇔11番16番→4番5番8番11番14番16番 の20点です。

菊花賞どうでしょう?3

ポルカマズルカから7戦連続16隣が3着以上、出走10戦中8戦で正逆1か2が3着以上です。
キタサン名出走重賞は10戦連続で正逆2か3が3着以上。(重複有りで正逆2・8回、正逆3・4回)
回数切りは10年単位で第20・30・40・50・60回で正逆11が3着以上です。
3歳GIの第70回は2003年ダービーと2009年オークスで共に3番が2着ですがこれは話半分で。
朝日杯FS以降の重賞ではワンダー自身か隣馬が3着以上。
アドマイヤメジャーの隣が4戦連続3着以上。
アドマイヤメジャー出走Rは6戦連続正逆1か2が3着以上。
シェーンヴァルトは新馬から9戦連続で隣か3隣が3着以上。
アントニオバローズは近5戦中4戦で9隣が3着以上。
武幸四郎騎手の3歳GIは近7戦中6戦で6隣が3着以上、GI全体で見ると3隣か6隣が3着以上。
京都6日目メインは2007年から正逆1か2だったのですが2009年1回日経新春杯で一度切れてまた戻っています。
GIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上(天皇賞以外で連対枠)
GIで2009年FSより松岡騎手から2隣か6隣が3着以上。(7連続6隣を重視)
GIで2009年高松宮記念より藤田騎手から7隣か8隣が3着以上、但し藤田騎手が勝ったSPS以外。
角田晃一騎手の今年の3歳GI戦に戦騎乗していますが全て2隣が3着以上です。
トライアンフマーチから6隣が4戦連続3着以上。
武幸四郎の菊花賞出走全4戦で隣枠が3着枠以上。
前年4着馬の正逆番が3着以上、正逆8,11。

正逆1,2,3・アドマイヤメジャー隣・ポルカマズルカ16隣・アントニオバローズ9隣  16番18番17番
ワンダー自身か隣・回数切り正逆11・前年4着番正逆                 11番>12番13番
シェーヴァルト隣3隣                                     1番3番5番17番
トライアンフマーチ6隣                                    10番16番
武幸四郎騎手から3隣6隣                                  1番7番10番16番
松岡騎手2隣6隣                                       5番9番13番17番
藤田騎手7隣8隣                                       7番8番10番11番
角田騎手2隣                                          6番10番
小牧騎手隣枠                                         4枠6枠
武幸四郎騎手隣枠                                      1枠3枠

枠順を見ての感想
皐月賞1着2着とダービー2着3着と先着2頭の並び、6枠セイ・・・ーの同居。
7枠に抽選馬2頭、しかし四位騎手・マンハッタンカフェの仔は先週の逆番に居る。
牝馬ポルカマズルカの逆番は3番隣は14番16番、4枠に父マンハッタンカフェが同居。
5枠がクラウンとキングの同居、秋華賞の降着を考慮すれば3番16番。
(カワカミプリンセスの降着後に正番の正逆16は4戦続いた。)

枠順を見る前に軸と予定していたのがリーチザクラウンで枠順見てからはナカヤマフェスタが一番良く見える。
他では6枠がなんとも怪し過ぎるのがどうなんだろうと悩んでます、入れるなら11番セイクリッドバレーかな。
シェーンヴァルトから3隣の5番17番のどちらかは入れますがどっちにするかはまだ分からないです。

富士Sどうでしょう?

世代を制す秋の王道、咲き誇る菊に強さの真実が授けられる。

王道と授けられるからクラウン、誇りからプライド。
強さからストロング、秋の王道からは京成杯AH勝ちとザレマも。
咲きからはバローズ、クラウンとバローズは菊花賞とコメントが被りますがその配置にも注意したい。

第12回サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス(GIII)

2007年にサウジアラビアのリヤド馬事クラブより寄贈杯を受けて、「サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス」に名称変更されたのですがその年のローレルゲレイロは10着で翌日の菊花賞でアルナスライン:二羽の鷲(古代アラビア語)が2着したのを思い出します。

2007・2008年と国枝厩舎が二連覇しています、今年も昨年の勝ち馬サイレントプライドが出走します。
国名が正式名称に付いているのが良いのですかね?とすればサイレントプライドとトーセンクラウンは見ておきたいかな。

アブソリュートの馬主は今週でコラム最終回の薗部さんです、厩舎も騎手もバランスオブゲームと同じなので同枠含めて気にしておきたいです。

○サンスポ公認サイト『ウマニティ』「予想検討会&抽選会」 [10月24日(土)]
 サンスポ公認の競馬情報サイト『ウマニティ』の方々がゴール前特設ステージに登場し、菊花賞(JpnI)や当日のレース予想を披露します。また、豪華賞品が当たる抽選会等も行います。

東京奇数日重賞は正逆56が4戦連続で3着以上。
東京芝マイル重賞は3枠か5枠が2007安田記念より3着以上枠。
東京5日目メインは正逆33が3着以上。
掲示板でqueen emeraldas より教えて頂いたケイアイライジン出走Rは正逆10が3着以上。
エイシンドーバーから2隣が4戦連続で3着以上。
ティアップゴールドから5隣が4戦連続で3着以上。

菊花賞どうでしょう?2

JRAHPコラム 私の競馬、俺の競馬 から

--そんなバランスオブゲームのレースで、印象深いのは?
「やはり、勝ったレースはすべて印象深いですね。あとは負けたレースですが、ディープインパクトの3着に入った宝塚記念(2006年)も忘れられないなぁ。最後の直線に入っても先頭に立って逃げ粘っていた時は、一瞬、場内が静まり返りましたからね。騒いでいたのは僕らの周りだけ(笑)。『これ、勝っちゃうよ』と。あの数秒間は忘れられないなぁ」

先週のJC・2-2は府中牝馬Sを教えていたのか?2006年の宝塚記念は京都競馬場で代替開催でした。
13頭立て 8枠13番  3着 田中勝春騎手 枠連6-5 馬連8-7-13

バランスオブゲームの菊花賞の出走は2002年です。
18頭立て 8枠16番 5着 田中勝春騎手 枠連1-4 馬連2-7-14

コラムからは8枠に期待したい。

メジロデュレン号が死亡
 1986年菊花賞(GI)等を制したメジロデュレン号は10月15日(木)、老衰のため死亡いたしました。同馬は、1994年に種牡馬を引退し乗馬となりましたが、2004年には乗馬を引退し、功労馬としてスエトシ牧場に繁養され余生を送っていました。
101906.jpg
1986年 菊花賞(GI)

◆ 生年月日 : 1983年5月1日
◆ 毛 色 : 鹿毛
◆ 産 地 : 北海道浦河町
◆ 血 統 : 父 フィディオン
母 メジロオーロラ
母父 リマンド
母母 メジロアイリス
【現役時のレース成績等】
◆ レース成績 : 21戦6勝
◆ 主な勝鞍 : 1986年 菊花賞(GI)
1987年 有馬記念(GI)
◆ 総獲得賞金
(本賞金+付加賞) : 253,146,600円
◆ 馬 主 : メジロ商事
◆ 調教師 : 池江 泰郎

上のディープインパクトもメジロデュレンも6枠ですね。

第70回菊花賞当日 記念入場券発売【京都競馬場】
101904.jpg

菊花賞どうでしょう?

2009kikkasyou.jpg
芸術的な、秋になる。
秋華賞のポスターコピーそのままに心配性が武器になった秋華賞の結果でした。
芸術ではいつも色関係や美術・音楽関係を気にしていますが、色は青雲・音楽はマーチとポルカマズルカ。
芸術というか建築家ですがスペインのアントニオ・ガウディ設計サグラダファミリアは好きです、違うでしょうが。
服色は青・赤・緑・桃ですか、秋華賞で使った赤と緑を抜いて青と桃で決着なら良いのですが。

世代を制す秋の王道、咲き誇る菊に強さの真実が授けられる。

王道からはリーチザクラウン授けられるも戴冠とすれば意味は合うと思う、アメリカ大統領も聖書に手を載せ宣誓しますし日本でも天皇制の元で将軍に任じられ現在の総理大臣も天皇によって任命されるので授けられるとも言える。
王道からは他にトライアンフマーチ:凱旋行進曲もかな、共にスペシャルウイーク産駒です。
世代はセントライト記念週にも有りましたナカヤマフェスタとセイクリッドバレーに注意したい。
咲きから花を探しましたが直接居ないですねバローズにバラが有るくらいか、強さからアントニオだと良いのだが。

第70回菊花賞(GI)
○吉川晃司スペシャルトークショー&菊花賞レース展望
 菊花賞(JpnI)にキッカワ登場!吉川晃司さんをゲストに迎え、スペシャルトークショー&菊花賞(JpnI)のレース展望を行います!
 吉川晃司さんは菊花賞(JpnI)の本馬場入場時に、誘導馬への騎乗も予定しております。ご注目ください!

○ジョッキーチャリティーオークション&菊花賞レース回顧
 毎年大好評のジョッキー主催のチャリティーイベントです。
 実際に菊花賞(JpnI)に騎乗したジョッキーによるレース回顧や、人気ジョッキーの私物が出品されるオークションは見逃せません!

他の秋華賞と同じイベントは秋華賞のページを参照下さい。
ゲスト吉川晃司からはまだこう思うというのが無いです、騎手名で言えば吉田・川田騎手が一文字ずつ持っていますがそれだけでは駄目でしょうし、注目は牝馬ポルカマズルカの畠山吉宏調教師なのかも?ただ同枠でという意味の注目ですが。
それよりは直接過ぎるかもですが橋口コウジ郎調教師の方が良いか、リーチザクラウンは人気になるでしょうが私の軸予定馬です。
晃の文字からは角田晃一騎手・アントニオバローズです。
JRAでもイベントが有った2009年のNHK大河ドラマ「天地人」に織田信長役として出演しているのでここから何か有るのか考えていますがまだ何も浮かばないです。

京都大賞典のイベントで有った【フリーパスの日 来場記念】のイベントから5番7番牝馬を気にしたい、特に牝馬ポルカマズルカはダンスパートナーに倣い枠と逆番に注意したい。

秋華賞で5番が1着しAKB48からなのか正48番(循環12番)が繰り上がり2着しています、次が逆48なら残った7番と合いますしデイリー杯で消えて秋華賞で2着した京都重賞の正逆12とも合うので7番に注目したい。

回数切りは10年単位で第20・30・40・50・60回で正逆11が3着以上です。
3歳GIの第70回は2003年ダービーと2009年オークスで共に3番が2着ですがこれは話半分で。
朝日杯FS以降の重賞ではワンダー自身か隣馬が3着以上。(事例は掲示板へ)
アドマイヤメジャーの隣が4戦連続3着以上。
アドマイヤメジャー出走Rは6戦連続正逆1か2が3着以上。
シェーンヴァルトは新馬から9戦連続で2隣か3隣が3着以上。
(シェーンヴァルト起点は隣か3隣に修正します、3隣が唯一切れている皐月賞では下で書いた3歳限定重賞の隣を取ります。)

アントニオバローズは近5戦中4戦で9隣が3着以上。
武幸四郎騎手の3歳GIは近7戦中6戦で6隣が3着以上、GI全体で見ると3隣か6隣が3着以上。
京都6日目メインは2007年から正逆1か2だったのですが2009年1回日経新春杯で一度切れてまた戻っています。
GIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上(天皇賞以外で連対枠)
GIで2009年FSより松岡騎手から2隣か6隣が3着以上。(7連続6隣を重視)
三浦騎手のGI騎乗12戦中10戦で3隣か5隣が3着以上、10戦中9戦で4頭から連対馬。
今年のGIでジャの馬か隣が3着以上。(事例は掲示板へ)

イベントでも気になる角田晃一騎手・アントニオバローズですがリンクでも今年の3歳GI戦に4戦騎乗していますが全て2隣が3着以上です。
皐月賞14番→16番1着 オークス12番→14番3着 ダービー10番→12番2着 秋華賞7番→5番1着

シェーンヴァルトの朝日杯以降の世代限定重賞は隣が連対しています、3歳限定では-隣です。
朝日杯FS2番→3番1着 共同通信杯6番→5番1着 皐月賞17番→16番1着 ダービー13番→12番2着 神戸新聞杯14番→13番2着

トライアンフマーチから6隣が4戦連続3着以上。
若葉S6番→16番1着 皐月賞4番→16番1着 ダービー16番→10番3着 神戸新聞杯7番→13番2着

武幸四郎の菊花賞出走全4戦で隣枠が3着枠以上。
2001年5枠→6枠2着 2003年5枠→4枠1着 2006年8枠→7枠2着 2007年1枠→2枠3着

前年4着馬の正逆番が3着以上。
2004年              4着・正15逆4
2005年 正4番3着      4着・正11逆6
2006年 逆6番2着      4着・正12逆7
2007年 逆7番2着      4着・正5逆14
2008年 正14番1着     4着・正8逆11
2009年 正逆8,11

クイックピックどうでしょう?2 +ブエナビスタの降着と他の降着R

秋華賞についてはどうだったのか良く分かりません、降着はJRAにしても仕方無しなのか意図されたものなのかは外野の人間には分かりません。

クイックピックについては一部で記事が出ているので紹介します。

 日本中央競馬会(JRA)は17日、馬番や枠番の組み合わせをコンピューターが自動選択する「JRAクイックピック投票」の発売を京都競馬場で開始した。今年いっぱいの試験的実施で来年以降は未定。
 JRAによると、この日の売り上げは249万円。東京競馬第9レースの3連単で払戻金95万9650円の的中も1票(100円)あったという。
(サンケイスポーツ)

 18日の京都競馬第5レースの3連単で509万5650円の高額配当を記録した。日本中央競馬会(JRA)によると、的中19票(1票100円)のうち、馬番や枠番の組み合わせをコンピューターが自動選択する「JRAクイックピック投票」の発売分で1票が確認された。
(サンケイスポーツ)

一応土日で一票ずつは大穴馬券をクイックピックで出ていた様です、特に日曜の3連単509万5650円はすごいですね。
ですがギャンブルとしては売上の書いてある土曜日で249万円使って96万馬券が取れても収支がどうだったのか?微妙だと思います。
売上に対してその中に当たりが必ず有る訳でも無く一定の配当が保証されている訳でも無いですしキャリーUPも無いですから

サイン読みから見た場合は菊花賞当日にもう一度平場で爆発させるのではと。

-----------------------------------------------------------------------------
知り合いが某巨大掲示板に貼られていたと送ってくれたものです。

【1996年 エリザベス女王杯】
1着 ダンスパートナー 牝5 四位 洋文
2着 フェアダンス    牝5 藤田 伸二

(直線不利)
6着 シャイニンレーサー 牝6 松永 幹夫
(2位入線降着)
7着 ヒシアマゾン    牝6 中舘 英二

【2009年 秋華賞】
1着 レッドディザイア  牝3 四位 洋文 調教師 松永 幹夫
(出遅れ、4角不利)
2着 ブロードストリート  牝3 藤田 伸二
(2位入線降着)
3着 ブエナビスタ    牝3 安藤 勝巳

四位・藤田・松永と見事に三人が関係していますね、それと1996年エリザベス女王杯のダンスパートナー。
今年の菊花賞にはダンスパートナー以来の牝馬が出走を予定しています、まだ抽選が6/7で有るのですがダンスパートナーの姪ポルカマズルカです。
これが菊花賞へ何か関係するとは思わないですがブエナビスタの降着には何か理由が有ったのではと思います。

GIでの降着といえば2006年エリザベス女王杯のカワカミプリンセスですね、昨日の府中牝馬Sに出走していました。
その時の騎手は本田騎手だったのですがクイックピックの項で書いた馬連初発売GI・1991年天皇賞秋でのメジロマックイーン降着の被害馬の騎手も本田騎手なのです。

カワカミプリンセスの被害馬はヤマニンシュクルで四位騎手が騎乗していました。
2004年紫苑Sではヤマニンアラバスタが1着入線5着降着していますがその時の騎手が江田騎手で1991年天皇賞秋の繰り上がり優勝騎手が江田騎手でした。

全てを調べていないのでネタ程度の話なのですが同じ名前が並ぶのを見ると偶然なのかに疑問も感じます。

菊花賞妄想

秋華賞の妄想は妄想で終わりましたが自分としては戦歴の部分はブエナビスタ以外は合っていて枠は全く駄目だと感じています、菊花賞では枠は考えずに戦歴だけで妄想します。

春GIでの妄想は2003年ネオユニヴァース同様に皐月賞前はネオユニヴァースの仔ロジユニヴァースの2冠達成でしたがロジユニヴァースは沈み同じ父のアンライバルドが勝ちました。
ダービー前ではアンライバルドの2冠達成を予想し同じ父のロジユニヴァースが勝つというチグハグな予想でしたが終わって俯瞰して見ると結局はネオユニヴァースの仔で2冠達成という予想の大元が2003年ネオユニヴァース同様からすると正解だったと思っています、馬券は思いっ切り外していますが(笑)。
秋華賞でも2003年スティルインラブからで書いていますが菊花賞も春同様2003年から考えています、2003年の菊花賞でネオユニヴァースは3着ですから勝つ馬はネオユニヴァースの仔以外ではと。
ダービー馬ロジユニヴァースは直接JCへ向かう予定ですからネオユニヴァース同様にアンライバルドは勝てないと考えています。
今年一番馬券内で考えているのがリーチザクラウンです、武豊騎手の逃げ馬でダービー2着と言うと2006年アドマイヤメインが菊花賞3着で2冠馬メイショウサムソンは4着でした。
2006年はダービー妄想でも書いたスプリングS→皐月賞→ダービー馬の年で皐月賞万馬券等の共通も有りました。
2着馬と考えているのはドリームパスポートの戦歴を2頭で辿ったスペシャルウィークの仔トライアンフマーチとリーチザクラウン、きさらぎ賞→2位で優先権→皐月賞2着→ダービー馬券内ですね。
1着期待馬はザッツザプレンティ・ドリームパスポート同様ダービー3着のアントニオバローズと考えていましたが同父のレッドディザイアが勝って違うような気もする。
神戸新聞杯を勝ったイコピコには2006年のソングオブウインドに似た感じも感じるのですが1990年以降で神戸新聞杯と菊花賞と連勝したのはビワハヤヒデ・マチカネフクキタル・ディープインパクトの3頭しかなく3頭ともダービーに出走しています。
イコピコは同枠馬を教えるための馬なのでは?という気がしています、自身が来るなら同父でダービー3着のアントニオバローズの方を取りたいけどレッドディザイアが勝ってジョーカプチーノとで2勝目の父マンハッタンカフェですから1着としては考えていません。

今年の3歳GI戦は皐月賞・桜花賞が重賞優先権1着→OP優先権2着枠 ダービー・オークスが重賞優先権1着枠とOP前哨戦1着枠が3着 秋華賞・重賞優先権2着1着で決着。
ここからそのままならイコピコ・リーチザクラウン・ナカヤマフェスタ・セイクリッドバレーでの連で3着アンライバルド、GI2着・前哨戦2着→GI4着・前哨戦1着ならリーチザクラウン→ナカヤマフェスタですな。

今年は1995年のダンスパートナー以来の牝馬の出走が有ります、母がダンシングサンデーの仔ポルカマズルカです。
ダンシングサンデーは父サンデーサイレンス母ダンシングキイでダンスパートナーから5歳下の全妹という関係です。
1995年のマヤノトップガンは前哨戦を2着し優先権を持っていましたが重賞初勝利で菊花賞馬になりました。
2着トウカイパレスは優先権を持たない重賞未勝利でした、同枠にはダービー馬タヤスツヨシが居ました。
この年の皐月賞馬ジェニュインは天皇賞へ向かい今年の状況と似ている気がします、タヤスツヨシは前哨戦で優先権を取れませんでしたが今年の皐月賞馬アンライバルドも優先権を逃しています。
上の考え方とは結論の方向が違うのですがセントライト記念2着のセイクリッドバレーが気になります。
マヤノトップガンとセイクリッドバレーの父タニノギムレットは共にブライアンズタイムの産駒という関係も有ります。
ただ1995年からで一番考えに入れるつもりなのがポルカマズルカの同枠馬と逆番の馬です、4番ダンスパートナーの逆番15番ホッカイルソーが3着でした。

ポルカマズルカからのリンクでは7戦連続16隣が3着以上、出走10戦中8戦で正逆1か2が3着以上です。

上とは別にリンク的に菊花賞を考えます。
*3歳GIは昨年の菊花賞以降内田博騎手自身か隣が3着以上。
菊花賞・14番→14番1着 皐月賞・15番→16番1着15番3着 NHKMC・10番→10番3着 ダービー・11番→12番2着
キタサン名出走重賞は10戦連続で正逆2か3が3着以上。(重複有りで正逆2・8回、正逆3・4回)

秋華賞・府中牝馬Sどうでしょう?+回顧

秋華賞

考えれば考えるほど悩みが深くなって来た、軸としてはブエナビスタで良いと思うのだけど紐が馬連からは10番15番切るつもりだったけど5枠7枠は最初から見ていた枠だしなあと。

ブエナビスタ→レッドディザイアは無いと思っている、有るならレッドディザイア→ブエナビスタだろうと。
という事で変則的な買い方にします。

馬単5→3 枠連2-5,7,8 馬連3-4,12

昼現在でオッズが馬単5→3・650円以外で10倍越え。

これに豆銭で
3→4,5,12,14→4,5,10,12,14,15,17 24点

一応下の豆銭含んでガミらない様に上を買います、馬単5→3では元くらいです。

府中牝馬S

このRは5年連続正逆16が3着以上。                      3番16番
このRは2002年以降1番人気が3着以上。                   18番
東京1800m受賞は近8戦中7戦で正逆48が3着以上。           7番12番
牝馬名重賞は6戦連続で4枠が3着以上。                    7番8番
カワカミプリンセス出走Rは1枠か8枠が3着以上。               1番2番17番18番
リトルアマポーラの近7戦中6戦で6隣が3着以上。               3番9番
サンレイジャスパーの近13戦中12戦で5隣が3着以上。           7番15番
重賞でヤマニン名から隣か5隣が10戦連続で3着以上。            1番6番14番18番

軸は18番カワカミプリンセス、相手がトーで並ぶ2枠から3番トールポピー・ポーとボーで挟む16番ニシノブルームーン・2文字目ェで並ぶ4枠からリンクで目立つ7番チェレブリタへはワイドも一応抑えたい。
それとサンレイジャスパー5隣から京都と同じ15番アグネスタキオンのリトルアマポーラ。

今週は資金抑え目で買いました。
-----------------------------------------------------------------------------
府中牝馬Sはあまりの酷さに軽く眩暈が・・・。
連闘のブーケフレグランスを気にしていたのに出走でダンスインザダーク並びを作った訳か、しかし.ここに繋がるリンクも無いしそれよりも5枠に対してもリンクから9番が一つだけで枠見ても特に感じなかったのに2着3着では全くの完敗です。
コラムの2-2は府中の2枠だったのか?たしかにJCも府中だけど、まあそれでも3番を選択したのだからどうしようもないけど。

レッドディザイア→ブエナビスタからブエナビスタが3着降着になりました。
5→12→3の決着は馬番としては見えていた中には有ったのですがこの着順は想定外です、かなり前から書いていた8枠も5枠も7枠も結局全く絡みませんでしたから妄想は本当に妄想で終わりました。
ただ決着としてはオークス除外馬逆番2着レッドディザイア枠-ワンカラットの同枠-ブエナビスタで決まりました、ワンカラットは気になる枠2で書いていました と7枠14番ではなく3枠5番とも。
3枠5番はオークスから逆番に振る可能性と京都イベントで5番と7番が出ていたからです。
来週の菊花賞は7番に注目かなと考えています。
ワンカラットに注目した理由は2003年3着ヤマカツリリーがフィリーズレビュー1着なので今年のフィリーズレビュー1着ワンカラットの枠を気にしていました。
枠を見ての懸念は同枠藤田騎手のスプリンターズS勝利だったのですが繰り上がり2着とは予測できません。
ヤマカツリリーはローズS連対なので今年の6枠を1頭で表現してるとも言えるし2003年2着のアドマイヤグルーヴはオークス2着馬の同枠でローズS連対馬でレッドディザイアは1頭で2003年の5枠を表現していた。
ローズS未出走のブエナビスタはローズS5着のスティルインラブから良いと判断したのですが、ただこれでエリ女へ向かうなら私はブエナビスタを軸で決めます札幌記念の負けはエリ女でこそ生きると思っていますから。

ブエナビスタの降着理由をサイン読みとしては説明出来ませんがまさか新馬券に合わせての事じゃないでしょうね、これも事前に想定出来ない結果ですから。

府中牝馬S
リトルアマポーラの近8戦中7戦で6隣が3着以上。

秋華賞
GIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上(天皇賞以外で連対枠)
GIで2009年FSより松岡騎手から2隣か6隣が3着以上。(7連続6隣を重視)
ハシッテホシーノ出走Rは正逆2か3が3着以上。
ブロードストリート出走Rは正逆13か14が3着以上。
三浦騎手のGI騎乗12戦中10戦で3隣か5隣が3着以上、10戦中9戦で4頭から連対馬。
重賞で冠名イイデから3隣が3着以上、隣にも注意したい。

ブエナビスタの降着でせめてものの馬単も外れてしまい入れた金額よりも大きな惨敗感が残りました。

秋華賞どうでしょう?3

大体は決めましたが気になる頭数が8頭なのであと2頭削りたいし買い方も悩んでいるのでもう少し考えてから明日の昼頃に結論出します。

3歳牝馬GI最下位連動 、さっき掲示板に出した物です。
2006年 桜花賞・最下位9番→オークス9番1着10番3着・最下位6番→秋華賞5番3着・最下位14番→
2007年 桜花賞14番2着・最下位11番→オークス12番3着・最下位1番→秋華賞×・最下位1番→
2008年 桜花賞18番2着・最下位7番→オークス6番2着・最下位1番→秋華賞1番2着・最下位14番→
2009年 桜花賞15番3着・最下位3番→オークス3番2着・最下位16番→秋華賞 15番16番17番

最下位番か隣番が3着以上です、2007年秋華賞のみ駄目です。

一応その8頭を書き出すと、3番4番5番10番12番14番15番17番。
10番15番は3着までかと思っているので馬連はこの2頭を抜いた5点で豆銭の三連では入れておこうかなとか考えています。
ブエナビスタとレッドディザイアの1着2着そのままで決まるとは思えないので着順を入れ替えるかどちらかが消えるかそんな目も考慮中です。

デイリー杯2歳Sどうでしょう?+回顧

土曜日は用事で朝から出掛けるので買うかは分かりませんが続いているリンクが有るので継続を祈って出しておきます。

華やかな歴史の軌跡、ひとつの夢の行方が永遠の記憶となる。

歴史からはエリザベートとマーチス、夢の行方とフローライゼ:楽しい旅行(独)は良いと思うけど。
永遠の記憶からはリディル:北欧神話に出てくる剣名が良さそう、記憶から伝承されたもの・神話。
牝馬タガノエリザベートは安藤騎手で松田博厩舎とブエナビスタと同じなので買いにくいとは感じます、この馬の枠や馬番は秋華賞でも確認はしておきたい。

第44回デイリー杯2歳ステークス(GII)

○新食感スイーツ「アイスコルネット」販売!
 アツアツの揚げパンと冷たくて甘いアイスクリームが織りなす新食感を、ぜひご賞味ください。

これからはダノンパッションとアイファーマーチス。

回数切りは11年ごとで全て13頭立ての正9番が3着以上でした、正逆9として。
2歳G2はデイリー杯と京王杯で2004年京王杯以降2005・2006京王杯以外で正逆22が3着以上。
2歳マイル重賞は2006阪神JF以降で正逆64か67が3着以上、5戦連続正逆6が3着以上。
今年の京都3日目は正逆2が3着以上。
京都重賞は7戦連続で正逆12が3着以上。

13頭立てなので 正逆9・22→5番9番 正逆6→6番8番 正逆64・67・2・12→2番12番

枠発表前予想として 2番12番VS5番9番(VS6番8番)
馬はアイファーマーチス・ダノンパッション・フローライゼ・リディルに注目。

京都重賞の事例
きさらぎ賞     逆12番エンブリオ     3着
京都記念      正12番ヴィクトリー    3着
アンタレスS    逆12番ワンダースピード  2着
天皇賞春      正12番ドリームジャーニー 3着
京都新聞杯     逆12番デルフォイ     2着
京都ハイジャンプ  逆12番テイエムトッパズレ 1着
京都大賞典     逆12番スマートギア    2着

2歳マイル重賞の事例
2006阪神JF     18T-逆10番・2着アストンマーチャン(逆64)
2006朝日杯FS    15T-逆 7番・2着ローレルゲレイロ (逆67)
2007新潟2歳S    18T-逆13番・3着ゴールドストレイン(逆67)
2007デイリー杯2歳S 13T-逆 2番・2着タケミカヅチ (逆67)逆3番なので×です
2007阪神JF     18T-正10番・3着エイムアットビップ(正64)
2007朝日杯FS    16T-正 3番・2着レッツゴーキリシマ(正67)
2008新潟2歳S    15T-正 4番・ツクバホクトオー (正64)
2008デイリー杯2歳S 15T-逆 7番・シェーンバルト (逆67)
2008阪神JF     18T-正13番・トールポピー (正67)
2008朝日杯      16T-正 3番・セイウンワンダー (正67)
2009新潟2歳S    18T-逆13番・シンメイフジ (逆67)

今年の京都3日目メイン
1回 寿S   正2番・1着チョウサンディ
2回 すばるS 正2番・2着ミリオンディスク 逆2番・3着アンクルリーサム
3回 朱雀S  正2番・2着ダンツホウテイ

-----------------------------------------------------------------------------

2番12番でどちらを取るか決めかねています。
2番はGiant’s Causewayの並びも有りこっちを取るつもりでした、12番の陣営には明日が有りますし。
サイン読みとしては8枠も良さそうなんです、R名がデイリーで父名ウイークと母名サンデーが同居しています。
それとレープロの”駆け足で女王の座へ”です、エリザベートはオーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリーザベトの生涯を描いた、ウィーン発のミュージカル。
オーストリア皇帝フランツ=ヨーゼフはいとこのヘレネと見合いをするが、その席で妹のエリザベートの方に恋をしてしまう。
何かレープロそのままの様な気もしているのです、文字としては座:ザを気にしてましたがザヘが有るのですよねえ。

フローライゼもレーダイから悪くないと思うので8枠でも13番かもなので迷っています。
5番6番のタキオン接触もリンクから出ていますし。
2番と12番からそれぞれへの予想にします。

2番-5番6番13番 12番-5番6番13番 正逆決着の2番-12番は考え中

2番12番の人気がどの程度になるのか私は全く分かりませんのでワイドで10倍越えるならそっちにしようと思っています。

11時頃に出掛けて買うのは出先で携帯から2時頃ですかね、私はその時のオッズ次第で買うか止めるか・2番-12番を入れるかどうか決めます。
-----------------------------------------------------------------------------
2番-12番がどっちも沈んで酷い予想でした、リンクから大丈夫と思っていたのだけどまだまだ勉強も調べも足りていない様です。
1番エイシンアポロンは神話から考えには有ったのですが1番2番のGiant’s Causewayの並びも2番のみ取ってしまいました。
リディルはデイリの文字を持つ馬で最初から気にはしていましたが8枠の父母の名前を見付けてそっちに傾いてしまいました、まあ正逆2からとほぼ決めていたので最初から間違えていたという事です。

牝馬の3番12番が5着6着でした、この組み合わせは秋華賞で買いたいと思っています。

秋華賞どうでしょう?2

枠順が発表されました、妄想で見た枠にブエナビスタが配置されず予測通り外れました(笑)。

The G-Files 042 無敗のオークス&秋華賞制覇 駆け足で女王の座へ カワカミプリンセス
~平成18年 第11回秋華賞(GI)~

父のキングヘイローは、世界有数の良血を誇るエリートだった。欧州最強馬ダンシングブレーヴと米G1・7勝馬グッバイヘイローの間に生まれ、デビューするやたちまちクラシック候補と騒がれたが、期待された大舞台では能力を発揮することができず、艱難辛苦の末に・・・

カワカミプリンセスは府中牝馬Sに出走しますのでそちらでも注意です。

安藤騎手の前GI騎乗番の正逆番が3着以上、正逆9。              9番10番
昨年の皐月賞以降小牧騎手の二つ隣枠が3着以上枠              1枠5枠
今年の3歳GIは小牧騎手の隣枠が1着枠(但しまだ3戦)            6枠8枠
上と関連してGIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上(天皇賞以外で連対枠)   6枠8枠
昨年のNHKMC以降の3歳GIは岩田騎手の隣枠が3着以上枠         1枠7枠
今現在の京都GIは6戦連続1枠か8枠が連対枠です。              1枠8枠
GIで2009年FSより松岡騎手から2隣か6隣が3着以上。(6連続6隣を重視)  9番13番17番3番
GIで2008年秋華賞より小牧騎手の3か5隣が3着以上。(枠ネタの元です)   8番10番16番18番
ハシッテホシーノ出走Rは正逆2か3が3着以上。                  2番3番16番17番
ブロードストリート出走Rは正逆13か14が3着以上。                5番6番13番14番
武豊騎手の世代限定牝馬GIは2006桜花賞から6か7隣が3着以上。      10番11番15番16番
武豊騎手の世代限定牝馬GIは近3走では武豊騎手から4隣が3着以上。    8番18番
秋山騎手のGI騎乗近8戦中7戦で2か3が3着以上。                1番13番14番18番
三浦騎手のGI騎乗11戦中9戦で3隣か5隣が3着以上、9戦中8戦で4頭から連対馬が出ています。5番7番15番17番
幸騎手のGI騎乗は6戦連続で6隣が3着以上。                    2番14番

8枠の3頭に重なりを感じますほかでは10番13番14番でしょうか。

イイデエースが抽選を通り出走します、重賞で冠名イイデから3隣が3着以上、隣にも注意したい。6番8番10番12番

枠順を見ての感想はオークス同様アグネスタキオン産駒の偏りです、4頭並びと1頭おいてもう1頭。
ジェルミナルとハシッテホシーノがオークス同様に14番15番でブロードストリートとワイドサファイアが一つ外にずれています。
7枠の2頭もですが8枠のワイドサファイアとデリキットピースもオークスに続き同枠に配置されました、ワイドサファイアは自身のオークス除外枠でスティルインラブの秋華賞馬番です。
タキオン仔の間にデジタルの仔が入りアグネス冠名種牡馬の仔が6頭並びになっています。
3枠もまたレッドディザイアとヴィーヴァヴォドカがオークス同様同枠配置になっています。

この枠だけでもどう考えるか中々難しい気がしていますがもう一つデイリー杯2歳Sとの比較も面白いです。
12番タガノエリザベートはブエナビスタと同厩舎・同騎手・同父ですがもう一頭の牝馬が3番で藤田騎手です、秋華賞では3番にブエナビスタで12番に藤田騎手と馬番を交換した配置になっています。

オークスと似せてきた枠順から結果も似せてくるのか?まずは明日のデイリー杯2歳Sの結果を見てから自分なりに一つ一つ確認します。
-----------------------------------------------------------------------------
私の競馬、俺の競馬 から
例えば、ホーリックスとオグリキャップが死闘を繰り広げたジャパンカップ(1989年)のように・・・

ホーリックスとオグリキャップのJCは枠2-2での決着、この目はブエナビスタとミクロコスモスで気にしています。
スティルインラブの桜花賞が2着3着共に7枠なので2枠で馬連かワイド決着は考慮したい。

クイックピックどうでしょう?

新馬券種発売について質問が有りましたので書いておきます。
私がこの馬券種で買う事は絶対に無いです(笑)。

 海外の競馬では、お客様が馬券を購入する際、コンピュータが“馬番号”や“枠番号”を自動的に選択する「クイックピック」という方式を導入している主催者があります。
 そこで、JRAでも、お客様がお手軽に馬券を購入できる方法として「JRAクイックピック投票」を実施いたしますので、どうぞご利用ください!
 なお、今回は、本年度のGIレースの施行週に、そのGIレースを行う競馬場で発売するなど、「期間」「場所」を限定した発売となります。
クイックピック

10月17日(土)・18日(日) 秋華賞 京都競馬場 207号、209号(ビッグスワン)
10月24日(土)・25日(日) 菊花賞 京都競馬場 207号、209号(ビッグスワン)

明日から売り出されるJRAの新馬券種です。
秋華賞のイベントでも少し書いていますが今までの馬券種とは異なりコンピューター任せの馬券TOTOとでも言えそうな内容でして新馬券種の発売時の考え方が通用するのか分かりませんが参考に出しておきます。

以前番組表読みの勉強のつもりで調べてブログ中にもいくつか書いていますがここでもう一度私が感じた新馬券種発売最初のGIについて纏めておきます。

馬連発売最初のGIはサイン読みの中では有名な話でメジロマックイーン1着降着の1991年天皇賞秋でした、メジロマックイーンが降着しましたが同枠馬カリブソングの2着で枠連560円・馬連4700円と配当の違いを際立たせています。
(私が最初に新馬券種発売と結果の関係に注目したRですが多くのサイン読みの方も同じく注目したと思います、降着までするという強い意思を感じました。)

三連複と三連単ではキングカメハメハとディープインパクトの関係が面白いと感じています、三連複のみの発売GIまで走ったキングカメハメハ(菊花賞は三連単発売有り)と三冠全てで三連単発売だったディープインパクトとの違いが秋以降の戦歴の違いなのかなと。
キングカメハメハが引退し三連単が発売された秋を引き継ぐ様に古馬三冠馬となったのがゼンノロブロイです、翌年はディープインパクトへ襷を渡すかの様に一度も勝てませんでした。

ここでは関係の無い話ですが今年のウオッカからブエナビスタへ襷を渡すのではという妄想もキンカメ+ロブロイ→ディープインパクトの関係を新馬券種からも見ているからです。
ブエナビスタ登場後も春のウオッカはマイルGIだから勝つ事が出来た、そう考えています。

三連複発売最初のGIは2002年スプリンターズSでその時は1番人気810円での決着でした、しかし枠連と馬連は2番人気決着で三連複の特徴は表しています。
三連単発売最初のGIは2004年スプリンターズSでその時は249番人気の10万9千円での決着で三連単の高配当を表していますね。

ワイド発売の初GIは1999年阪神3歳牝馬Sでこの時はワイドの当たり3種が1・2・3人気で決まりました、が馬連は1・3番人気の決着です。
つまり2番人気をワイドで買えば当たり馬連で買えば外れるという当たり人数が多く馬券種を考えると怖い位に絶妙の決着だと感じます。

PR効果を考えると一番多い勝ち人数にするのか馬券種新規発売の特徴に合わせた決着にするのかどちらかだと考えています。

ここからは妄想ですが今回のクイックピックの買い方は、
・ “軸”となる馬番号・枠番号を1点予想して他をコンピュータにおまかせ
・ すべての馬番号・枠番号をコンピュータにおまかせ
なのでこの二つの買い方からどちらを多く選択するのか?を考えるとまずは競馬ファンしか知らない馬券ですから上の方かなと思う。
当日の競馬場でしか発売しませんから競馬場へ行く人はまず自分の馬券的な考えは持っているでしょうから、となれば当然軸は秋華賞ならブエナビスタとなるはず。

ですがここでこの馬券種についての大きな疑問が有ります、宝くじやTOTOと違って決まったパイを奪い合い後に残りはキャリーUPするという訳では無いという事です。
他の自力馬券と同じ中での奪い合いですからこの新馬券種で買った人間は全員ハズレも本来なら有り得るのです、そして全て外れても他の自力馬券に吸収されますからキャリーUPも何も無いので一度ずつリセットされるTOTOなのです。

ならば納得させるにはどうするか?
・人気で決着させ配当を低くする
・軸馬(ブエナビスタ)を飛ばしどうせ自力では取れないと思わせる
・紐で荒れさせて自力ではどうせ取れないと思わせる

この馬券種の特徴は軸馬を決めて他の相手馬をコンピューターに任せる馬券だと個人的に思っているので軸馬は来させて紐で荒れさせ自力では取れないと他力を願う、そんな決着にならないかと妄想してます。

もう一つ個人的に考えているのは全日発売なので平場でドカンと爆発させるのではないかとも、その場合は静かな秋華賞になるかもと。

妄想の部分は本当に妄想ですのでどうなるかは結果を見るまで分かりません、個人的には紐荒れを願う秋華賞です。

府中牝馬Sどうでしょう?

秋華賞はブエナビスタが勝っても負けてもあまり積極的には買いたいRではないです、軸に取ればオッズは低いし毎日王冠の様に馬単狙いは違う気がしています。
といってもこのRもこれというものが無いので今週は軽くにして菊花賞にその分プラスにしようと思っています。

華やかな歴史の軌跡、ひとつの夢の行方が永遠の記憶となる。

夢からは4枠、華→花は多いですフジ・ポピー・デイジー・カンナ-アマポーラ・ブーケも。
軌跡からフジキセキはあまり来ていませんけど一応注意。
出走中で華やかな歴史はカワカミプリンセスですがエリ女の降着以降勝てませんねえ。
夢の行方と永遠の記憶からウエディングとブーケかと思ったのですがこの辺りが絡むと配当的には面白いですが、連闘になるブーケフレグランスの同枠馬には注意したいです。
昨年二頭が出走した冠名ニシノで最近ニシノマナムスメの繁殖入りが有りました、今年出走のニシノブルームーンは気にしています 華やかな歴史がかぐや姫だと良いのですが。

第57回府中牝馬ステークス(GIII)
○ドリーム馬券発売 [10月18日(日)、25日(日)]
 京都競馬場で行われる秋華賞(GI)、菊花賞(JpnI)の当日に、AKB48メンバーが“ドリーム馬券”を当選者の方に手渡しで発売いたします。AKB48の願いがこもった馬券は、みごと的中につながるのか!?
AKB48メンバー
(1) 倉持明日香さん、佐藤由加理さん

秋華賞で書きましたがチームカラーは緑と桃、48から正逆48 正逆4・8 4枠8枠というのは気にはしても重要視はしません。

このRは5年連続正逆16が3着以上。
このRは2002年以降1番人気が3着以上。
東京1800m受賞は近8戦中7戦で正逆48が3着以上。
牝馬名重賞は6戦連続で4枠が3着以上。
カワカミプリンセス出走Rは1枠か8枠が3着以上。
リトルアマポーラの近7戦中6戦で6隣が3着以上。
サンレイジャスパーの近13戦中12戦で5隣が3着以上。
重賞でヤマニン名から隣か5隣が10戦連続で3着以上。

秋華賞どうでしょう?

2009_syuuka.jpg

武器とは牝馬のレースなのに物騒ですなあ、理論武装という意味でしょうが。
単純に武豊騎手の事なのか、京都大賞典で勝ったオー拳ブルースリも武器と言えるかな、北斗グレイン・モルガ騎士。
小池君は考える人みたいですな、デリキットピース:繊細な作品かな。
紅葉からはレッドですかね。
心配性が武器になるなら本命馬の負けを予感している?私はブエナビスタ中心で考えているのだけどちょっと嫌なコピーです。

華やかな歴史の軌跡、ひとつの夢の行方が永遠の記憶となる。

華やかな歴史から京都なので平安京かな、藤原厩舎の3頭が気になります。
永遠の記憶となる夢からはブエナビスタかなと思う。
夢からは4枠とラインドリーム、ひとつが平仮名なのが気になりますが一応正逆1。
華→花でミクロコスモスとダイアナバローズ。
行方からは道でブロードストリート

第14回秋華賞(GI)
○JRA-VANイメージタレント眞鍋かをりトークショー&秋華賞レース展望
○京都オータムレースクイーン(K.A.R.Q)登場!
 京都競馬場では秋の京都競馬を華やかに盛り上げるべく、6名のレースクイーンチーム「K.A.R.Q」を結成しました。
100401-02_08.jpg
○京都競馬GI(JpnI)dayプレゼント企画
 GI(JpnI)レース当日は登場したゲストのサイン入りグッズが当たるチャンス!抽選券をゲットしてトークショーを観覧しよう!!
20091006.jpg
○期間限定!クイックピック
 コンピュータに馬番号・組番号の選択をおまかせする投票方法「クイックピック」が京都競馬場に期間限定で登場!
 207・209号投票所のクイックピック専用窓口でお買い求めいただけます。
GIレースを行う競馬場で、当該週のみ発売をいたします。
投票方法
 「場名・レース番号・式別・1点あたりの金額・購入点数」はお客様ご自身で選択いただきますが、馬番号・枠番号についてはコンピュータがランダムに自動選択いたします。
 また、連勝式の場合は、
 ・ “軸”となる馬番号・枠番号を1点予想して他をコンピュータにおまかせ
 ・ すべての馬番号・枠番号をコンピュータにおまかせ
 の2種類の選択が可能です。 ※ 連勝単式の場合、予想した軸1頭については、着順の指定が可能となります。
投票券
JRAロゴマークがオレンジ色の「特製投票券」となります。

イベントは菊花賞と共通の物ばかりで特に気になる物は無いです。
初めて発売されるクイックピックで何か有るのかですが自動入力なのでこれで何とかはピンと来ないです、ただアドバルーンを上げるために高配当を演出するというのは有りそうなのだけど全日発売なので秋華賞前というほうが有りそうな気がします。
オレンジ色なので7枠は秋華賞・菊花賞で考えには入れようかな・・・くらいです。

○秋華賞(GI)ストリークdeトーク
 「ウマフェス2009」会場に、人気番組『サタうま!』(関西テレビ系)にゲスト出演している競馬好きの二人が登場。真剣(?)な予想トークにご期待ください。

ブロードストリートが名前的には良いですがさて?

2009syuuka_hp.jpg
250px-Cosmos_and_bee.jpg
コスモスと似ている気がしますが花については詳しく無いです、花関係としてミクロコスモスとダイアナバローズは気になります。

○CLUB KEIBA ミーティング「秋華賞(GI)・菊花賞(JpnI)レース展望」 [10月18日(日)、25日(日)]
 京都競馬場で行われる秋華賞(GI)、菊花賞(JpnI)のレース展望を行います。AKB48メンバーと競馬サークルを代表する女性たちのコラボで、みごと的中するのか!?
akb48.jpg
これも菊花賞と同じイベントなのですが牝馬のレースで関係有るのか?しかしどう考えれば良いのか取っ掛かりが分かりません。
AKB48で正逆48?も違う感じだしゲスト名からもこれかな?程度も思い浮かばない。

AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、秋元康の全面プロデュースにより、2005年に誕生した、日本の女性アイドルグループである。秋葉原に専用劇場であるAKB48劇場を持ち、ここでほぼ毎日公演を行っている。

秋山騎手がモルガナイトに騎乗はするのですが同枠含めて一応注意かな。
それとチームカラーが有るみたいです、チームA・コーポレートカラーは(桃) チームK・コーポレートカラーは(緑) チームB・コーポレートカラーは(青)。
チームA・佐藤由加理 チームA・大堀恵倉 持明日香 です、6枠と8枠にも注意なのかな?

リンクは先に出している物と下の物です。
GIで2009年FSより松岡騎手から2隣か6隣が3着以上。(6連続6隣を重視)
GIで2008年秋華賞より小牧騎手の3か5隣が3着以上。(枠ネタの元です)
-----------------------------------------------------------------------------
(追記)
ハシッテホシーノ出走Rは正逆2か3が3着以上。
ブロードストリート出走Rは正逆13か14が3着以上。
武豊騎手の世代限定牝馬GIは2006桜花賞から6か7隣が3着以上、2008阪神JFが騎乗無しで2009桜花賞では切れてオークスで復活とやや微妙なのですが他のRでは2007桜花賞以外でこの4頭から連対馬が出ています。
武豊騎手の世代限定牝馬GIは近3走では武豊騎手から4隣が3着以上。(事例は掲示板参照)
秋山騎手のGI騎乗近8戦中7戦で2か3が3着以上。
田中博騎手のGI騎乗は2度目ですが初騎乗の2007菊花賞で同枠隣馬が3着なのを気にしておきたい。
三浦騎手のGI騎乗11戦中9戦で3隣か5隣が3着以上、9戦中8戦で4頭から連対馬が出ています。
幸騎手のGI騎乗は6戦連続で6隣が3着以上。

秋華賞で気になる枠どうでしょう?2

秋華賞で気になる枠どうでしょう?でも書いていますが自分の勉強の為に気になっている事をもう一つ書きます。
いつもながら参考になるかは分らない内容ですが暇潰し程度でお願いします。

今年の3歳戦は2003年を辿っていると言うのが私の感想なのですがオークスでも一つ秋華賞に対して考えたい事が有ります。
それは発走除外になった8枠16番ワイドサファイアについてです、ワイドサファイア自身を私はオークスでブエナビスタへの相手本線にしましたから除外を見た時は何とも言えない気持ちでした。

2003年のオークスでも8枠18番アイシースズカが取り消しています。
その時の2着馬チューニーは8枠17番で取り消し馬の同枠隣馬です、今年はと言うと除外の16番から同枠でも隣馬でもなくしかし逆番の3番レッドディザイアが2着し除外馬番との関係性を示しました。
近年では2006年の3枠6番コイウタが競走を中止し全ての馬がゴール出来なかったという意味では関連が有ると考えています。
ただこの関連は秋華賞に対してのみでオークスの中止が偶然か必然かは判断出来ません、しかしこの時の5枠1着3着は必然との考えも有るとは思いますが私は発走後の事は後のRには影響しても当該Rには影響していないという考えです。

2003年の秋華賞の決着はスティルインラブの三冠ですが2着馬アドマイヤグルーヴがオークス取り消し馬の同枠で2着のチューニーと同枠な事を気にしています。
2006年では競走中止のコイウタと同枠のアサヒライジングが2着しています。
今年は除外馬ワイドサファイアが秋華賞に出走予定ですから出走するならワイドサファイアの枠か逆番の馬を注目したいと考えています。
次点としてチューニーに倣ってレッドディザイアの枠を見たいです。

それと2003年については私が気付いていなかった事を某所で教えて頂いた話も有りまして、スティルインラブ逆番の2番に阪神JF馬ピースオブワールドが配置されていました。
ブエナイスタは阪神JF・桜花賞・オークスを勝っていますから2003年の正逆17番が示したGI勝利歴を一頭で表現している事になりますね。
2003年の時点でブエナビスタの出現が予言されていたのか2003年の通りに歩むのが必然なのか或いはただの偶然なのかは私程度では分りませんが春から2003年と決めて見ている私としては興味を持って秋華賞の結果を見たいです。

上の話と両年の秋華賞で3着以上なオークスの取り消し・競走中止枠で有る8枠にも3着以上で期待しています。

*今現在の京都GIは6戦連続1枠か8枠が連対枠です。
 天皇賞・8枠 秋華賞・1枠 菊花賞・1枠 エリザベス女王杯・8枠 MCS・8枠 天皇賞・1枠

8枠がせめて3着枠でなければ完敗となりそうです。
8枠が正解で安藤騎手の前走番の正逆が継続するなら(ワイドとしても)枠の5-8が絡む事になる、2003年の枠も8-5-7でした この枠決着にロマンを感じてみたいという気もしています。

ただ7枠14番は逆の3枠5番ではと考えています、入る馬はワンカラットを望みますがこれは駄目でしょうね。
それとブエナビスタがこの三つの枠に入っていなければ簡単に崩れてしまうので枠配置予想が外れたら話半分で笑ってやって下さい。

掲示板に書いた話も転記しておきますが掲示板でHATさんとqueen emeraldasさんが番組表読みから見た秋華賞の見解も早々に書き込みして戴きましたので参照下さい。
競馬大好き サインの泉

<ブエナビスタの札幌記念>
私程度の素人番組表読みでは答えには遠いと思いますが凱旋門賞回避と札幌記念での負けの理由を考えてまして。
本当に凱旋門賞に行く気が有ったのか?札幌記念の負けは凱旋門賞に行かない理由付けだけだったのか?この二点を考えてました。
個人的な結論としては凱旋門賞に行く気が無ければ行くと言わなければ良かっただけではと、ロジも結局行きませんでしたし強いと言ってもウオッカの様にダービー馬でも無いですし。
とすると凱旋門賞へ行くと言った理由は札幌記念に出る為の理由付けだったのでは無いのか?というのが私の妄想の終着点でした。
つまり札幌記念・古馬混合定量戦で負けを付けておくための出走だったのでは?と。
この負けの価値は秋の牝馬GI戦で生かされると考えています。

まだ他のサイン読みやリンクとも合わせて考えますので自分の予想としても未定ですがウオッカからブエナビスタに襷が渡るそんな秋なのではと妄想しています。

秋華賞で気になる枠どうでしょう?

一週早いですが秋華賞で考えている事を出しておきます。

今年の3歳春GIは2003年スティルインラブの年をなぞっているとして妄想を書きましたが秋華賞も同様だと考えてます。
まずはスティルインラブの戦歴を今年のRと合わせて見て下さい。

           2003スティルインラブ    2009
紅梅S       3枠5番            3枠5番2着 
チューリップ賞  3枠6番・2着         4枠5番1着・5枠7番2着
桜花賞       5枠9番             5枠9番1着
オークス      2枠3番            2枠3番2着
ローズS      8枠11番・5着        6枠11番2着
秋華賞       8枠17番

チューリップ賞のみが隣馬同士の決着で以外は全てそのままの馬番です、もしかしたら1着番のみ直の馬番かもと考えていましたがローズSでも直馬番でしたから違いましたね。
隣まで考慮したとしても16番18番なので8枠ですね、全て連対していますからブエナビスタが信用出来て8枠以外ならブエナ-8枠の枠連一点ダーっと妄想しています。

・ブエナビスタについて妄想していること
以前今年と来年でJRAが全重賞レースを国際化するのでこの2年の間にスターホースを作るはずと書きましたが今の時点ではブエナビスタかなと考えています、ウオッカが盛り上げブエナビスタが牝馬3冠(or4冠)達成で引き継ぐのかなと。
ただスティルインラブ同様となればエリザベス女王杯は負けるのですがここに札幌記念で負けた意味が有るのではないかと妄想しています。
札幌記念の時にも書きましたが3歳クラシック無敗の馬も初の古馬混合GIでは勝てていないという事ですね、札幌記念はG2ですがGIなみの定量戦ですからここで一つ負けた事でスティルインラブとは違ってエリザベス女王杯まで勝つのではと札幌記念はスティルのエリ女の代わりに負けたと考えています。
エリザベス女王杯ではなく路線がJCへとなれば札幌記念の負けも無関係で負けると思っています。

(継続しているGIネタ)
*安藤騎手の前GI騎乗番の正逆番が3着以上、正逆9。
皐月賞12番→天皇賞12番3着・3番→NHKMC3番1着・18番→VM逆18番2着・5番→オークス14番3着・7番→ダービー12番3着・3番→安田記念3番1着・4番→宝塚記念逆4番3着・12番→SS正12番3着・9番→秋華賞正逆9(18頭立てで5枠)

(秋華賞で期待したい3歳GIネタ)
*昨年の皐月賞以降小牧騎手の二つ隣枠が3着以上枠
皐月賞・1枠→3枠1着 オークス・5枠→7枠1着3枠2着 ダービー・4枠→2枠3着 秋華賞・8枠→2枠1着 菊花賞・5枠→7枠1着3枠3着 桜花賞・7枠→5枠1着 NHKMC・3枠→5枠3着 ダービー・8枠→6枠2着

*今年の3歳GIは小牧騎手の隣枠が1着枠(但しまだ3戦)
*上と関連してGIは小牧騎手の隣枠が3着枠以上(天皇賞以外で連対枠)
阪神JF・2枠→1枠2着桜花賞・7枠→8枠2着 天皇賞・5枠→6枠3着 NHKMC・3枠→2枠1着 VM・8枠→1枠2着3着 ダービー・8枠→1枠1着 宝塚記念・4枠→5枠2着 SS・6枠→7枠1着5枠2着

*昨年のNHKMC以降の3歳GIは岩田騎手の隣枠が3着以上枠
NHKMC・4枠→5枠1着3枠2着 ダービー・8枠→1枠1着 秋華賞・2枠→1枠2着 菊花賞・4枠→3枠3着 皐月賞・8枠→7枠3着 NHKMC・1枠→2枠1着 オークス・8枠→7枠3着 ダービー・8枠→1枠1着

毎日王冠・京都大賞典どうでしょう?3 +回顧

オークスの時はダメでした回数切りのリンクも調べました。

毎日王冠は今年が第60回なので10年単位で。
第10回 正5番 3着
第20回 正5番 2着
第30回 正逆5番1着
第40回 逆5番 2着
第50回 正5番 3着

京都大賞典は第44回なのでゾロ目の11年単位で。
第11回 逆1番 1着  正12番 2着
第22回 正1番 2着  正12番 3着
第33回 正1番 1着  逆12番 2着

The G-Files その血は残せずとも マーベラスクラウン 平成6年第29回京都大賞典
レース史上唯一の騸馬による優勝

せん馬同枠のマイネルキッツかなあ、マーベラスからは父マーベラスサンデーの3番スマートギア。
クラウンからの4枠クイーン・キングはちょっと違うか、これを毎日王冠に飛ばして来るのか?
唯一からは正逆1。

ほぼ決めているのですが今から出掛けるので帰って土曜日の結果を見てからにします。

-----------------------------------------------------------------------------

飲みすぎました、頭が痛いです・・・。

毎日王冠、ウオッカが勝つか負けるか結局結論出せていませんが馬連や1着だと配当的に面白くないと思い2着固定の馬単にします。
6←4,5,10,11

京都大賞典、金額比率はこっちに多くしました。軸は10番マイネルキッツですが紐同士のBOXにも少し。
10-1,2,3,8

-----------------------------------------------------------------------------

京都大賞典は紐BOXでかろうじて取れました、しかしTVで見てましたがマイネルキッツがどこに居たか分からない程の空気で参りました。
1番が来たと思ってぬか喜びしてしまいました(笑)。

毎日王冠も上手く嵌ってくれました、まあサイン読みでという感じでは無くたまたま来たと言われても反論出来ませんけど。
ハイアーゲームが3着ですけど来ちゃいました(笑)、コラムで強調されていると思った3は京都かと思いましたが両方で使ってきましたねー。

回数切りリンクは毎日王冠ではダメですが京都大賞典では両方来てますね、毎日王冠の方は別の数字だったのかも?

毎日王冠
このRは2002年以降で正逆28か29が3着以上。
このRは前年1番人気正逆番の正逆番が3着以上、2010年は正逆6。
このRは藤田騎手から3隣が4年連続3着以上。(騎乗無し)
このRは蛯名騎手から隣か2隣が5年連続3着以上。(騎乗無し)
東京G2は6戦連続で正逆39と52が3着以上。
東京2日目重賞(ジャンプ以外)では2007年5回より正逆3か4が3着以上。
(今年の3回は正逆3が3度で正逆4が2度、昨年の毎日王冠も正3番であり正逆3が優先。)
芝重賞のアドマイヤフジは6か7隣が6戦連続で3着以上。
ウオッカ出走Rは正逆2か3が3着以上が3着以上。
カンパニー出走Rは正逆2か3が3着以上。
マッハヴェロシティは重賞8戦で4か5隣が3着以上。
ヤマニン名から隣か5隣が10戦連続で3着以上。
ハイアーゲームから10隣が近6戦中5戦で3着以上。
東京1800m受賞は近8戦中7戦で正逆48が3着以上。
2001→2002から前年最下位正逆番の正逆が3着以上、正逆6,11。(2005→2006以外)
1997年以降のこのRで後藤騎手騎乗時は隣か5隣が3着以上、8戦中隣2回・5隣7回。

京都大賞典
関西大賞典名重賞は2005年京都大賞典以降で正逆2か5が3着以上。  
このRを正逆3か5が3着以上と見れば取り消しの有る2003年以外で1996年からです。
京都重賞は6戦連続で正逆12が3着以上。
京都2日目芝重賞は2007年5回から正逆12が3着以上。
マイネルキッツから20隣が5戦連続で3着以上。
重賞でテイエム名から4隣が3着以上。
今年の重賞でコスモ名から隣か2隣が17戦中15戦で3着以上。
重賞の鮫島騎手は隣か2隣が3着以上。

毎日王冠・京都大賞典どうでしょう?2

伝説が刻まれた舞台、頂点に劣らぬ感動がさらなる夢を育む。
第60回   毎日王冠(GII) [東京競馬場・芝1,800m]
第44回   農林水産省賞典 京都大賞典(GII) [京都競馬場・芝2,400m]

舞台からマイはアドマイヤ・スマイル・マイネル、頂点からは1枠か8枠で最近はあまり来ていない感じの夢は一応4枠注意。
頂点からは他にキングとフジを、前回の頂点ではイコピコ(頂上に(ハワイ語))とリーチザクラウン(頂上に達する。転じて戴冠)でその日曜日は共に8枠が連対している。
伝説・感動から物語等を思う、ブルースリ・プリキュアとジャック(と豆の木)・キッツ(小鹿物語)・ハイアーゲーム(ライアーゲーム?)・モンテクリスエス(モンテクリスト伯)も。
素直に伝説が刻まれた舞台を考えると府中・京都でGIを勝った馬でしょうね、ウオッカ・オーケンブルースリ・マイネルキッツ。
感動からはカンの有るカンパニー、育むからは小鹿がよさそうに思うけど・・・。

今週のJRAコラム「私の競馬、俺の競馬」はダビスタの制作者薗部博之さんで代表的な馬はバランスオブゲームです、毎日王冠に登録の有ったアブソリュートの馬主でも有りどういう結果になるか興味が有ったのですがこちらは回避になりました。
馬名としてはハイアーゲームが気になるのですが無理そうですよねえ、隣の馬にも気にしておきます。
回避したアブソリュートはタニノギムレット産駒でウオッカ・スマイルジャックと同父です。

毎日王冠が11頭立て・京都大賞典が14頭立てです。
リンクは毎日王冠が4番6番8番11番、京都大賞典が2番3番5番8番10番が多いですかね。

毎日王冠の配置で気になるのは6枠がタニノギムレットで11番はマッで挟んで三文字目のラの並びかな。
京都大賞典ではトーの尻ンの並び・トーで挟む2番・尻アと頭アで三頭並び、京都重賞で藤田騎手の4連続隣が3着以上なので14番トーホウアランが気になる ただ鮫島騎手も重賞では隣か2隣で1番2番が気になるので正逆1はどちらを選ぶか考え中。

(毎日王冠と天皇賞の妄想)
毎日王冠で考えているのがウオッカが勝つのか2着以下なのか?です、まあ考えるのが当たり前の話なのですが天皇賞を見据えてどうなのかを考えてました。
天皇賞で1990年以降で連覇した馬は1991・1992年のメジロマックイーン 2000・2001年のテイエムオペラオー 2002・2003年のシンボリクリスエスです。
シンボリクリスエスは2002年が中山開催 テイエムオペラオーは世紀を跨いでいます メジロマックイーンでは直接こうだと言えないのですが両年共に2着3着を5枠で揃えて正規の決着にはしていません。
ウオッカはどうかと言うと全重賞の国際化も今年と来年で行われる為連覇するなら(するとは言えないですけど)今年と来年じゃないのかというのが私の考えです、昨年の決着も人気順に三連単を出し枠ゾロ目も正逆決着も使っていない綺麗な決着構造だなと感じています。
もう一つウオッカで考えていたのが安田記念と天皇賞の関係です、関係と言うほどの物じゃないですが両方を勝った馬にヤマニンゼファーが居ますがゼファーは安田記念2勝目の年に天皇賞を勝ちましたがその間の毎日王冠は昨年のウオッカ同様に負けています。
もう一頭ダイワメジャーは安田記念を負けた後毎日王冠と天皇賞を連勝し翌年安田記念を勝った年は逆に両方負けています。
アグネスデジタルの場合は天皇賞勝利後香港C・フェブラリーSに勝ちましたが地方ダートG3に負けたりもして後の安田記念勝利で参考になりません(笑)。

天皇賞でウオッカが負けるとしたら毎日王冠に勝っても良いし負けても良い様に思い何の結論も出せていませんが個人的にはゼファーの安田記念1勝目の年の様に今年はもう勝てないのでは無いのかと現役最強馬に失礼な見方をしていますが私のこういった予測はまず当たりません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。