1. 無料アクセス解析

札幌記念どうでしょう?

週末の開催が決まりましたね、まだ栗東に居るメイショウカイドウとサンバレンティンが出走出来るかは微妙そうですが。

夏の最高峰を奪え。圧倒する強さに遥かな夢を約束。
★サマー2000シリーズ 第43回札幌記念(JpnII) [札幌競馬場・芝2000m]

最高峰から単純に山ですかねサンバレンティン・タテヤマ・繰り上がり出走のフジ。騎手で山は横山と秋山。
夢から一応4枠、最はフサイチとサイレント奪はマツリダ。

もう一つピンと来ないなあ。

第43回札幌記念(GII)
本競走は、1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞『札幌記念』として創設され、第1回は札幌競馬場の砂コース2000mで行われた。
馬場については、札幌競馬場は寒冷地のため創設時は芝コースが無く、1968年まで左回りの砂コース、1969年から1974年まで左回りのダートコース、1975年から1989年まで右回りのダートコースで行われた。1989年、札幌競馬場に芝コースが新設されたが、芝の育成・保護のため(本年の同競走はダート1700mで開催)、翌1990年から芝コースの運用が始まり、以来芝2000mで行われている。
なお、札幌競馬場の芝コースは、洋芝(ケンタッキーブルーグラス・トールフェスク・ペレニアルライグラス)を使用しており、緑鮮やかなターフを舞台に本競走も熱戦が繰り広げられている。
出走馬の資格については、1978年から混合競走に指定され外国産馬も出走可能となり、さらに1997年からは2頭の地方馬が出走可能となった。
また負担重量は、1997年にハンデキャップから別定重量に変更されたが、2006年から定量に変更となり、実力馬に有利な条件となった。1984年のグレード制導入時はGIIIに格付けされたが、1997年に夏季競馬の重賞の中で唯一GIIに格上げされた。また、2007年からの日本のパートI国昇格に伴い、平地重賞の格付け表記が「G」と「Jpn」に分類され、本競走は「JpnII」に変更された。
なお、本競走は2006年から「サマー2000シリーズ」の第4戦に指定され、秋の中・長距離戦線へ向けた一戦としてだけでなく、シリーズ優勝を目指す馬にとっても大事な一戦となった。

▼市川由衣の「イチカワ流 夏ケイバの楽しみ方」
▼市川由衣と一緒に観戦!「みんなでミレバ?札幌記念!」
  サマー2000シリーズの大一番!札幌記念(JpnII)を夏ケイバファンの皆様と一緒に特別室で観戦します。参加ご希望の方は、当日イベント運営にてお申込ください。

イチを持つフサイチとディアチャンス・カワを持つメガワン、○市はディアチャンス・フサイチパンドラ・モノポール。
牝馬が強いレースでも有り連闘の牝馬2頭が気になる、このレースは格が必要と考えているのでGI馬フサイチパンドラの方かな。

他に考えている事は掲示板に書きましたがナムラマースは回避しました、繰り上がりで出走するアドマイヤフジが昨年の2400mG2日経新春杯勝ち馬でレーダイ最高峰からも気になる馬。

今年は8日目の開催となりました、1996年迄は8日目でしたが番組上の変更では無いイレギュラーでの変更なので何か有りそうですが私には番組読みのスキルが無いのであまり考えない様にしています。
ただ2005年のCBC賞の様にワイド内でゾロ目を発生させて正規の決着とはしないのでは無いかと妄想中。

リンク的には4日目なのか8日目なのか?私は8日目として北海道シリーズ8日目の正逆35に期待します、それとこのレースの正逆39と。

札幌記念の開催日替りの年はエアグルーヴとテイエムオーシャンが勝っている、フサイチパンドラが16頭立て3番14番7番10番の何れかに入らないかなと。

追記)G22000mは昨年の金鯱賞から神戸新聞杯以外で正逆25、16頭立てなら8番9番。
2005年のCBC賞に倣うなら9番10番の5枠でワイド決着かも?取り消しが発生するかにちょっと注目している。
(昨年も取り消し戦で4枠ワイド決着なので取り消し有りなら昨年同様の決着も有りなのではと、或いは正逆決着か。)

3週前では期待していたフライングアップルの騎手が梶騎手の予定ですが今年2度目の重賞騎乗で重賞未勝利ではちょっと選び辛い、梶騎手の隣か2隣が2004年オークス以降6戦で連対しているのでこちらに期待したい。


枠発表前の読み外れ
結局フライングアップルは回避で3歳馬の出走は有りません、この時点での私の読みは既に外れています。
3歳馬に注目とG2勝ち歴からフライングアップルに期待していたのですが何故3歳馬だったのかの外れ読みを書いてみようかなと。
その前に一応の注目馬の順は既に書いている理由からフサイチパンドラ・アドマイヤフジ・マツリダゴッホです、期待順はゴッホの厩舎がクーヴェルチュールと同じなので下げ昨年の勝ちがアドマイヤからフジを下げたのですがフジは後から書く理由から軸にも考えています。

で何故3歳馬だったのかは今年の副題にヒントが有るのではと考えたからです、札幌記念には今開催の札幌競馬場開設100周年で目黒記念には目黒競馬場開設100年記念 ともにG2記念レースです。
目黒記念の結果は1着連覇・2着3歳馬3着アドマイヤ、ここから3歳馬を見ました。それとアドマイヤフジを昨年のアドマイヤからでも低く見ないのは目黒記念の3着馬なのと1着が連覇だからです。
目黒記念から札幌記念に出走するのはアドマイヤのフジとモナーク(+ブリットレーン)です、この2頭の比較ならG2勝ち歴を上に見ました。


パタゴニア最高峰サンバレンティン峰(4,058m)、パタゴニア(Patagonia)は南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称。アルゼンチンとチリの両国に跨る。
ガラナ(guarana、学名:Paullinia cupana)は、ムクロジ科ガラナ属のつる植物。原産地はアマゾン川流域。

上の二つは南米繋がりなのですよね、気にはしていたのですが昨年からサマーシリーズで2勝した馬が居ないのが一つの懸念でした。
枠順見て正逆39の7番に入ったのでいらぬ懸念か馬券には絡んで来るのかもと予想を変更するつもりです。
(サイン的な根拠は薄いですが4058mを16頭で割ると余りは10で逆10番に居る事は居る、根拠は薄いですが。最高峰としても富士山の3776mよりは高い、3776mを16で割ると正逆1。)

目黒記念は連覇で札幌記念は11番アドマイヤの連覇なら面白いのだけどどうでしょうねえ?
8日目メインからはモナークなのだけど。
パンドラも何か微妙な位置タテヤマの方が良く見える様な。
G22000mは昨年の金鯱賞から神戸新聞杯以外で正逆25、16頭立てなら8番9番、9番サクラメガワンダーもマチカネの同枠は昨年のレクレードールから良さそう。

結局詰め切れずフジとサンバレン2頭軸でパンドラ・モナーク・サクラ・タテヤマへの9点買っちゃった。

自信は無いです、2歳戦は見るだけにしときます。

枠順見る前は一番上に評価していたパンドラを配置的にあまり良く見えず下げて失敗、ユメノシルシでもそうだったがここの所配置が上手く読めていない。

それにしてもアグネスアークかあ、一応サクラの裏なのでG22000mの正逆25から出せるのだけど夢の4枠も正逆39の7番しか見ていなかった。

G2勝ち歴も同距離じゃなければ駄目なのか?目黒記念も関係無かった様で。


北海道シリーズのメインがイチカワでアークの調教師がカワチ、そういう事なのかねえ全く気づいていなかった。
それにしても枠連7320円かあサインは枠単位が基本、今回も枠連は買って無いんだよなあ大失敗。
秋競馬は枠連で買おうかなあ   って去年の年末に枠連5点馬連5点程度を目安にって書いたのになあこれ守っていればもっとましな成績なのにと馬鹿な後悔。
今年の後半はこれで行きます。
スポンサーサイト

新潟記念・キーンランドCどうでしょう?

正直今週も競馬が無いと思っていたので何にも調べていません、土曜日も仕事の予定なので中途半端になりそうですがこういう時のが考え過ぎないで良いかもと。

磨き鍛えた真価を試せ。佳境を迎えた夏の勲章の覇権。
8/26 ★サマースプリントシリーズ
第2回   キーンランドカップ(JpnIII)[札幌競馬場・芝1200m]
★サマー2000シリーズ
第43回   農林水産省賞典新潟記念(GIII)[新潟競馬場・芝2000m]

真価・シンカを持つのがトップガンジョー・サープラスシンガー・ブルーショットガン。
磨きからは宝石を想うジャスパーとトリリオンカット、鍛えるのはツルギでこちらのもシンは有る。

第43回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)
本競走は、新潟競馬場で行われる重賞競走の中で、最も歴史が古く、1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞『新潟記念』として創設され、第1回は新潟競馬場の芝2000m(右・内回り)で行なわれた。(なお、新潟競馬場の改修工事のため、1996年と2000年は中山競馬場の芝2000mで行なわれた)。新潟競馬場のコースは1999年まで右回りだったが、2001年に左回りの新コースが完成したため、本競走は、以来芝2000m(左・外回り)で行なわれている。
出走馬の資格については、1995年から混合競走に指定され外国産馬も出走可能になり、さらに1998年から2頭の地方馬が出走可能となった。また、2006年から国際競走に指定され、5頭の外国馬が出走可能となったが、今年は日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が9頭に増やされた。

○新潟アルビレックスBB選手トークショー&新潟記念検討会
新潟アルビレックスBB選手が新潟競馬に来場。プロスポーツ選手の鋭い感性で新潟記念(GIII)を大予想!
出 演 : 佐藤公威選手、長谷川誠選手、細江純子
新潟アルビレックスBB(にいがたアルビレックスびーびー)は、bjリーグに加盟するバスケットボールチーム。新潟県新潟市に本拠地を置き、新潟市体育館や朱鷺メッセなどで主に試合を行っている。
チームカラーはオレンジと青(チーム名の由来となった「アルビレオ」の色から)・白。また、オレンジは日本海に沈む夕日、青は日本海と信濃川、白は白鳥と雪という位置づけもされている。
HPの写真はオレンジですね、7枠に注意しておこう と4枠にも。

関屋記念で3枠が1着枠となりましたがここも一応ポスターから3枠は見ておきたい。

去年同様新潟重賞はここまで正逆13、但し去年はここで切れているので参考程度で。
それよりは新潟重賞での柴田騎手4隣か5隣を見たい、2005年関屋記念から。4隣の方を重視で。

第2回キーンランドカップ(GIII)
本競走は、1996年に4歳(現3歳)以上の別定・混合・特別指定のオープン特別競走として創設されたのが前身である。その後、競走条件や距離の変更を経て、2006年に年間を通じた短距離重賞競走の整備に伴いGIIIに格上げされた。第1回は3歳以上・別定・混合・指定の重賞競走『キーンランドカップ』として札幌競馬場の芝1200mで行われ、セントウルS(GII)からスプリンターズS(GI)へと続く夏から秋にかけての短距離レース体系における位置付けが明確になった。なお、地方馬はスプリンターズS出走候補馬3頭が出走可能となっている。
また、本競走は同年から「サマースプリントシリーズ」の第4戦に指定され、シリーズ優勝を目指す馬にとっても重要な一戦となった。
レース名の『キーンランド』は、ケンタッキー州レキシントンにあるアメリカ合衆国の馬産の中心地で、ジュライセールなどのサラブレッドのセリ市場と共に、キーンランド競馬場があることで知られており、同競馬場では、ブルーグラスS、アシュランドS、スピンスターS、クイーン・エリザベスII世チャレンジカップなどのG1レースが行なわれている。

▼デキシーランドジャズバンド ミニコンサート
  キーンランドカップにちなんで、デキシーランドジャズバンドのミニコンサートを場内各所で行います。
音楽関係で母父Dixieland Bandのブラックバースピンとサープラスシンガーが気になる。

ここは第2回なのであまりピンと来る物が無いが同じ第2回のオーシャンSが前年2着馬同枠が1着なので前年2着同枠馬ダンスオブサロメ回避から2着池添騎手の同枠馬をまず見たい。
池添騎手は居ませんね。

刮目せよ! 執念の追い込み オフサイドトラップVSブラボーグリーン

新潟記念
レーダイからシンカとンショーの有る1年振りのトップガンジョーを軸にしようかとHATさんの七夕賞から大野騎手の隣ですね。
ゲストがバスケットボール選手からスクールボーイの同枠も良い感じ、ただ裏に入ったトウショウヴォイスがコールと同枠でゲストのチームカラー等から逆番のこちらなのかもと気になっている。
他はカツモクの1枠からアドマイヤモナーク、ゲストのチームカラーでHP写真からと新潟重賞柴田騎手4隣5隣から7枠で大野騎手隣の14番マヤノグレイシー(かスクリーンヒーロー)、勲章から見たユメノシルシは微妙そう。

キーンランドC
今年の松田騎手騎乗重賞は全6戦で隣枠が連対なので軸はこの中から母父Dixieland Bandで黒枠4番四位騎手騎乗ブラックバースピン、隣馬が前騎乗ラジオNIKKEI賞以外で連対なので同厩舎同枠のローレルゲレイロ。
リキアイタイカンの取り消しから考えている事、前走函館SSは4枠7番で同枠要素から4枠7番ワイルドシャウト・新馬勝ちは四位騎手(ブラックバースピン)・勝ち鞍の多いのが武幸四郎騎手(ブルーショットガン)。


朝から用事で出掛けていて買えなかったけど新潟記念の馬連が買えていたかどうかというところか。
それにしても書いた騎手起点が全て飛んでいるのがなんともかんとも。

新潟記念
配置が微妙そうに思えたユメノシルシが1着、もしかしたらと思った7番トウショウヴォイスの2着で一応名前が挙げられていたからまあ良いかと。
3着ヤマニンアラバスタは分からないなあ、レープロの念から調教師の忍は考えたけどそれ以外が見つからないので頭の中にも無かった。
新潟6Rで18番ダンスソーランが取り消しですかそのまま18番ユメノシルシが来たという事か、ダンスソーランの父がメジロライアンというのもなるほどヒントは有ったのですねえ。
配置も6Rダンスソーランの隣に田中博康騎手で新潟記念がまだ3度目の重賞騎乗とサインを出すには都合が良い、新潟記念は隣の7番トウショウヴォイスが2着というのも意味深い かな。

新潟競馬場チャリティーオークションの告知を見落としていた。
後藤騎手が土日のメインで絡まずというのが意外、来週もしかしたら一週遅れて絡むかもと。

キーンランドC
事前予想ではワイルドシャウトを選べたのみで軸に考えていたブラックバースピンが4着とゲレイロは11着というグダグダな結果に。
四位騎手の乗り替わりも知らなかったけれど買うとしたも軸は変えていなかったと思う。

オークションネタは横山騎手の居るキーンランドCで使われたと考えています。
オークションネタは2年前から重要だと考えているもので私なりの読み方を後出しですが書いてみます、読み方は昨年のオークション時の記事にも書いていますので参照下さい。
基本はオークションの関係者が居るメインレースで使われているのでそれで使われるレースを特定しています。

考えられる要素がメジロライアン号 宝塚記念優勝時レプリカゼッケン(横山典弘騎手サイン入り)→1枠1番・横山騎手・奥平厩舎
マイネルシーガル皐月賞ゼッケン3番→2枠3番・後藤騎手・国枝厩舎
2007年春期GIレースゴール前写真パネル・HPの写真がダービーのウオッカ3番→2枠3番・四位騎手・角居厩舎
柴田善臣騎手1234勝記念ジャンパー→? 新潟記念の正逆1234は正逆10で3着の逆10に当たるが微妙。
ライアンの1番が二つの3番が逆番で逆1番ユメノシルシと横山騎手騎乗の国枝厩舎逆3番クーヴェルチュールを教えていたのかと考えています。

北九州記念・クイーンSどうでしょう?

先週の土日に自分でも馬鹿だと思う程酒を飲みましてまだ体調が悪い、日曜の2重賞も結果を見ただけ。
素直にレーダイで感じた馬を買えば両方取れていたのですが私の結論は違っていたので買えずで正解・・・でも無いか体調悪いし、盆休みもあまり取れそうに無く早くも暑さで夏バテ気味な感じ。
今週末は酒抜きの予定(多分)なのでレーダイ出てから週末ゆっくり考えます。

夏に出会う笑顔が眩しい。恋したときめきは秋への自信。
8/12 第55回   北海道新聞杯クイーンステークス(JpnIII) [札幌競馬場・芝1800m]
★サマースプリントシリーズ
第42回   テレビ西日本賞北九州記念(JpnIII) [小倉競馬場・芝1200m]

眩しいからアサヒライジングとサンアディユ、恋とときめきからはアドマイヤキッスとデアリングハートが気になる。


第42回テレビ西日本賞北九州記念(GIII)
本競走は、1966年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走『北九州記念』として創設され、第1回は小倉競馬場・芝2000mで行なわれた。
1969年に距離が200m短縮されてからは長い間「1800m芝」が定着していたが、2006年に年間を通じた短距離重賞競走の整備に伴い1200mに短縮された。なお、競馬場工事のため、1982年は阪神競馬場・芝1600m、1998年は阪神競馬場・芝2000mとして行なわれている。
負担重量は、1972年から別定重量、1995年からハンデキャップ、2000年から別定重量と度々変更を繰り返したが、2006年から再度ハンデキャップに変更され、現在に至っている。
出走馬の資格については、1995年から混合競走に指定され外国産馬も出走可能となり、1998年からは2頭の地方馬が出走可能となった。
なお、2006年からは「サマースプリントシリーズ」の第3戦に指定され、セントウルS(GII)からスプリンターズS(GI)へと続く夏から秋にかけての短距離レース体系における位置付けが明確になった。

2年前に一度飛びで昨年は来た正逆30に期待と昨年も書いた前年3着以上枠の要素からゴールデンキャストの枠も見ておきたい。
サマーシリーズを勝っているサンアディユは外して考える予定。

◇ DREAM競馬presents 北九州記念展望トークライブ
この夏からテレビ西日本の競馬中継「DREAM競馬」のメイン司会を務める高山梨香アナウンサーと実況担当の大谷真宏アナウンサーが夏競馬の魅力・みどころを徹底紹介。また当日のメインレース「テレビ西日本賞 北九州記念」のレース展望や「サマースプリントシリーズ」についても詳しく紹介します。
さらには、スペシャルゲスト山本梓さんの元気なトークで、真夏の重賞レースを華やかに、熱く盛り上げます。
070302_05.jpg

山本 梓(やまもと あずさ、1981年4月24日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント。所属事務所はトミーズアーティストカンパニー。

昨年の新潟記念のゲストでした、自分の事を「あず」と呼んでおり登録からはアストンマーチャンが気になる。

第55回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)
本競走は、1953年に4歳(現3歳)牝馬限定、別定の重賞競走『クイーンステークス』として創設され、東京競馬場の芝2000mの距離で秋に行なわれた。その後、開催場を東京競馬場と中山競馬場間で幾度も変更して行われたが、1980年以降1999年まで中山競馬場で行われた(1988年は、新潟競馬場・芝2000mで開催)。
1991年から混合競走となり外国産馬に出走資格が与えられ、また、1995年からエリザベス女王杯トライアルに指定されたうえ、指定競走となり地方馬にも出走資格が与えられた。さらに、翌1996年に4歳(現3歳)牝馬のGI秋華賞が新設されたため、サブタイトルを秋華賞トライアルに改称のうえ、距離は芝1800mに変更された。
その後、2000年の牝馬競走体系の整備により、本競走は開催の舞台を8月の札幌競馬場・芝1800mに移したうえ、4歳(現3歳)以上牝馬限定、混合・別定・特別指定の重賞競走として大きく生まれ変わり、秋華賞・天皇賞(秋)・エリザベス女王杯など秋の大レースを睨んだ牝馬たちがステップレースとして参戦する傾向が強くなってきている。

▼札幌開幕!ワクワク(枠々)重賞チャンス!!抽選会
  来場先着9,600名様に抽選券を配布いたします。抽選券の色は、枠の色と同じ8色!抽選券が当日のクイーンステークス(JpnIII)の1着馬の枠色と同色の方には「FEEL LIVE Tシャツ」をプレゼント!
このTシャツが黒ですね。

▼オクラホマの「みんなでワラエバ? 札幌競馬!」
オクラホマ州 (Oklahoma OK)は、米国南西部にある州。州の北はコロラド州とカンザス州に接し、東はミズーリ州とアーカンソー州に、西はニューメキシコ州、南はテキサス州に接している。
州都および最大都市はオクラホマシティ市。タルサ市がそれに続く。
州名は先住民語で「赤い人々」を意味する。

4年連続正逆46。
1994年以降正逆1か3が3着以上、特に逆3は無く正3番が良い。

イベントからは黒と赤、12頭なら3枠3番が良いかな。

掲示板に今の考えているサイン的読みの方向を書きました。

サイン読みの過程は掲示板を参照下さい。

北九州記念の正逆30も3番14番なので気になるところ、私は3番を選択します。
軸は1番トッパーで相手に3番7番10番の牝馬3頭へ。

クイーンSは10番デアリングハートから2番イクスキューズへが本線、他に1番5番8番の4歳へ。
2番10番を2頭軸として接触馬券となる三連複 2-10-1,3と2-10-9,11の4点を。
それと昼の紅茶代程度で2→8の馬単。

出掛けるので今からネットで買って結果を楽しみにします。


完敗でした、あまりの完敗に現実逃避で札幌記念を昨年の考えから見ている事を掲示板に書きました。

見えていなかったキョウワロアリングに対しての自己満足な後検証を、角田騎手が昨年の勝利騎手なのを考え忘れていたゴルキャや佐藤騎手は見たのに・レープロ色づくから同枠に銀(但し1枠にも金)・金からは馬名にキンと母父に金。
これでも買える目とは思えないそもそもゲストとの関係が見えて来ない何も無いが正解なのか?もっと何かが必要なのですがこの辺で札幌記念に向かいます。

関屋記念・函館2歳Sどうでしょう?

心が躍る風物詩を楽しむ。若さと速さに乾杯する盛夏。
第42回   関屋記念(GIII) [新潟競馬場・芝1600m]
第39回   函館2歳ステークス(JpnIII)[函館競馬場・芝1200m]

暑い季節に鍛錬を積め。夏こそ似合う速さと若さの物語。と似ているかな、今年のラジオNIKKEI賞・函館SS週のものです。
共に重賞初勝利なので関屋記念の方で期待するかな。
乾杯でカンパニーとは以前ならなかったけれど一応見ておく、他も微妙だけど詩からアンブロワーズ(フランス歌劇「ミニヨン」の作曲者)と楽しむから楽・ラクと心・シンが有るシンボリグラン。
函館の方にはズバリのハートオブクィーンが居る、心・シンはイイデケンシンで楽しむからはジョイフルスマイル。

函館2歳Sの出走予定にホウザンという馬が居ますね宝山といえば私もたまに飲む焼酎の銘柄ですねえ、乾杯となりますかどうか?

第42回関屋記念(GIII)
本競走は、新潟競馬場で行われる重賞競走の中で、新潟記念に次いで歴史が古く、1966年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞『関屋記念』として創設され、新潟競馬場の芝2000m(内回り)で行なわれた。
距離は、1970年から1800m(内回り)に変更され、さらに1975年から1600m(外回り)に短縮された(その後、新潟競馬場の馬場改修のため、福島競馬場にて、1988年は芝1200m、1995年および2000年は芝1700mの距離で行なわれた)。従来、新潟競馬場のコースは右回りだったが、2001年に左回りに全面改修された新コースが完成したため、本競走は、同年より左回りの芝1600m(外回り)で行なわれるようになった。
負担重量は1973年に別定重量に変更されたが、翌1974年から1982年までハンデキャップで行なわれ、1983年から再び別定重量に戻され、現在に至っている。
条件は、1995年から混合競走に指定され、外国産馬に出走資格が与えられ、また、翌1996年から特別指定競走となり、2頭以内の地方馬が出走可能となった。さらに、2005年から国際競走に指定され、5頭以内の外国馬が出走可能となったが、今年は日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走可能頭数が9頭に増枠された。

○日刊スポーツ新聞社主催 関屋記念予想会&大抽選会
詳 細 : 当日の日刊スポーツをご持参の方(またはその場でご購入の方)先着1,000名様に抽選で騎手のサイン、黒鉄ヒロシさんのオリジナルイラストなどが当たります。また当日の関屋記念の優勝馬当てクイズも行い、的中者に抽選で宝塚記念の写真パネルをプレゼントいたします。

ラジオNIKKEI賞と同じイベントですが今回はポスターが無いので黒の2枠と北村騎手に注意で、ヤマニンアラバスタとカンファーベストが同枠ならヤベになるカンファーベストには乾杯のカンも有る。

関東ローカルG3は6戦連続正逆52と61(16頭立て正逆4が多い)。
微妙だけど3年連続正逆7、新潟古馬重賞は6戦連続正逆39。

第39回函館2歳ステークス(GIII)
本競走は、1969年に3歳(現2歳)の馬齢重量で争われる重賞競走『函館3歳ステークス』として創設され、函館競馬場の芝1200mの距離で行なわれた。その後、1984年から混合競走に指定され、外国産馬にも出走資格が与えられた。また、1995年から特別指定競走となり、札幌3歳S・クローバー賞・コスモス賞の2着以内の地方馬に限り、出走資格が与えられたが、1997年以降は、ラベンダー賞の2着以内の地方馬に限り出走資格が与えられるようになった。
1994年、同競馬場の芝コースの洋芝化に伴う馬場改造工事のため、本競走はダート1000mに変更して行なわれたが、翌1995年から洋芝(ケンタッキーブルーグラス・トールフェスク)を使った新しい芝コースの運用が開始され、本競走は緑鮮やかな芝1200mを舞台に、若駒たちの熱戦が繰り広げられている。
また、1996年までは、札幌競馬のあとに函館競馬が開催されていたが、1997年に函館と札幌の開催日程が入れ替えられたため、本競走は、早期デビューで勝ち上がった2歳馬たちが初めて迎える重賞競走となった。
競走名は、2001年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、『函館2歳ステークス』に変更された。

○「メジロライアンがやってくる!」
「未完の大器」として今も記憶に残るヒーロー馬が久々にその勇姿を見せる。
メジロライアン号
070101_10.jpg

メジロから母馬 メジロカンムリのディープキッス(同枠も含めて)
写真の7枠9番は日経賞勝ちのもので騎手 横山騎手(イイデケンシン)
7枠と9番にも注意とする。

○「夏ケイバ!大抽選会」 ~みんなでアテレバ?夏ケイバ!~
《賞品例》
SHADAI STALLION FOR 2007 切手&ポストカード
(協賛/社台スタリオンステーション)   10名様
ディープインパクト メモリアルDVD   10名様
070101_11.jpg

社台・金子氏関係はいない様で背景の橙色がちょっと気になる。

北海道の重賞はここ5戦で正逆16、このレースは6年で正逆11が5度と正逆22は6年連続で。
今年の函館日曜メインは1回4日以外で正逆16、全てで正逆18で1回1日3着以外で連対。
関東ローカルG3は6戦連続正逆52と61(16頭立て正逆4が多い)。

2強から1強へ アグネスワールドVSサラトガビューティ

函館の土曜日メインで1日早くメジロと横山騎手で決着、函館2歳Sでイイデケンシンを軸に考えていたのだけどどうしようかと。
新潟で2年前の勝ち馬アンブロワーズが2番に居るので良さそうだけど、他では正逆1と7に重なりが有るのでディープキッスとアイリスモレアを考えている。
田中コラムから単語ひとつだけの馬名でルミナリエ、二つのコラムにウオッカの名が有るので同父タニノギムレット。
7枠9番ハートオブクィーンも気になるしで纏まらないなあと。

関屋記念は正逆3と7に重なりが有り乾杯からカンファーベストとレープロのティの同居枠からインセンティブガイを選ぶ。
ウオッカからは同父ではなく5枠ース同居からブライアンズタイムの仔ニシノナースコールを。
8枠はヤベが有るし5日連続正逆19からと強→グレイトかもとグレイトジャーニーも入れて考えている。
田中コラムから単語ひとつだけの馬名のカンパニーは乾杯でカンパニーは以前来なかったのだが入れるか迷い中、紐で抑えるかな。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア