1. 無料アクセス解析

川崎記念どうでしょう?

平日なので見ている人は少ないでしょうが休みにしたので地方はあまりやりませんがちょっと買ってみようかなと。

第55回川崎記念(G1)(G1)

なぜ(G1)が二つ並んでいるのかは知りませんがポスターにも有りますね。ゾロ目連番にも注意か。文字が重なるのは4番9番12番。
ポスターコピーは 今年最初のGI 川崎から始まる・・・
ハジマルからジルハーの同枠に注意だが人気馬だな、最初の文字からは1枠か8枠が良く来る。
川崎記念スピードクジの商品は北の味覚で味から味ュディミツオー、岩手の馬が1枠4枠。
海の幸からウミが有るヴァーミリアン、ここからだと人気決着とも思える。

枠からはール挟みの12番とコー接触ート挟みの13番から7枠が良さそう、7枠は5年で4度3着以上枠。

2002年以降正逆31 3番12番
2001→2002から前年フェブラリーS1着正逆番から 3番14番12番1番
2001年以降牝馬の2隣(2003年は一方のみ) 4番14番
5年連続武豊22隣 8番10番 4年連続武豊2隣 4番14番

JC以降の古馬GIは正逆28
JC・11頭立て6番1着、阪神JF・18頭立て9番2着、朝日杯・15頭立て3番1着、東京大賞典・14頭立て14番1着、有馬記念14頭立て1番2着

5番7番で決まるとどうしようもないが12番軸で12-5,7と12-4,5,7,14の三連複でも買ってみるかな。

1月の負けを増やしてしまった、ドンクール以外は見ていたけどそのドンクールはどこにも出て来ていない北の味覚で北とクール位か。
その北の味覚で出した2頭で決着、書いたリンクは全て飛び11番の除外も有り残念な結果でした。
JC以降の古馬GIは正逆28はフェブラリーSでも一応中央のみを考慮して予想に含めるつもりです。
スポンサーサイト

アンバーシャダイが事故死

81年の有馬記念などを制したアンバーシャダイ(牡30)が29日、放牧中の事故のため、けい養先のアロースタッド(北海道新ひだか町)で死んだ。現役時代は抜群の勝負根性を武器にG1級レースを2勝。種牡馬入りしてからもメジロライアンなど多くの活躍馬を輩出した。
 アンバーシャダイが突然の事故で30年の生涯を閉じた。29日午前、けい養先のアロースタッドでの放牧中に右肩を骨折。そのまま安楽死の処分がとられた。「ゴロリと寝転んだ状態から立ち上がるときに、脚の突きどころが悪かったようだ。年齢にしては元気が良かったことが、結果的に悪い方に出てしまった。(脚は)見ただけでダメだと分かる状態だった」と同馬を担当していた今野さんは事故の様子を振り返る。
 競走馬としても、種牡馬としても実績を残した。G1級レースの勝利は81年の有馬記念と83年の天皇賞(春)の2勝。3歳までは一介の条件馬にすぎなかったが、4歳から急激な成長を遂げ、暮れの有馬記念で同厩舎のホウヨウボーイを破って優勝。6歳春の天皇賞ではたぐいまれなる勝負根性を発揮し、ホリスキーとの競馬史上に残る激闘を制した。
 大種牡馬ノーザンテーストの後継として期待された種牡馬生活でも、多くの活躍馬を送り出した。代表産駒は91年の宝塚記念を制したメジロライアン。そのほかにもカミノクレッセ(日経新春杯)レインボーアンバー(弥生賞)などの重賞ウイナーがいる。産駒は父の血を受け継ぎ古馬になってからも息の長い活躍を続ける馬が多く、内国産種牡馬のエースとして馬産地の人気も高かった。02年の種付けを最後に引退。その後はアロースタッドで静かに余生を送っていた。

母父アンバーシャダイのフサイチジュエル・同じアンバーを馬名に持つアンバージャック、急な事なので考え過ぎない方が良いか。

アンバーシャダイは昔映像で見た位でしたが競馬を始めて頃は種牡馬として全盛でした、メジロライアンは好きな一頭でした。合掌。

東京新聞杯・根岸S・京都牝馬Sどうでしょう?

「寒い冬を熱くする!東京競馬、開幕!!」

第57回東京新聞杯(GIII)
昭和26年に創設された東京杯を昭和41年に現在の名称に改称したもので、当初は春の天皇賞の前後に行われていた長距離の重賞競走だったが、名称変更と同時に施行時期も変更になった。その後徐々に距離が短縮され、昭和59年の番組改革では安田記念(GI)を頂点とする春の短距離路線に組み込まれ、1600mの別定重量戦となった。

4年連続正逆16・5年連続正逆51、東京芝1600mは1枠か8枠。
昨年東京1日目メインは正逆3と正逆10が5戦中4度。
東京名重賞は正逆33。

ちょっと呑み過ぎで今日は見てるだけにします。

土曜日に確認したい項目。
京都メインはそのまま使えるのを期待して、正逆44・福永騎手4隣・柴田騎手と蛯名騎手の正逆番の正逆。
東京メインは期待薄ですが、田中騎手か隣・5日連続北村騎手4隣。

京都メインは全て消え東京メインも北村騎手4隣のみ継続。
三場開催になってから三場とも正逆3か4が3着以上です、これは昨年の第1回函館でもそうでしたね。
京都は1回5日目から正逆29です、東京の重賞は天皇賞から正逆4でしたが根岸Sは微妙な馬ですね。
後藤騎手のダート重賞は10か11隣がユニコーンSから、重賞でペリエの4隣が阪神Cから。


2枠メテオバースト取り消しで前走4枠とブラック同枠を見ておきたい。ブラックバースピンはCMに出ている馬で多分その関係でしょうが田中騎手か隣が中山開催では馬券に成っています。
レーダイそれぞれからワイド内連番に注意で私はキングストレイルを軸で考えている。
相手1番はソレソレで。他には1番ダイワ9番サン12番スズカ14番グレイトまで。
買うなら6番8番のワイドのみでしょうかね、これで決まれば私的にはすっきりするんですが。


時間無かったにしてもあまりに酷いな、エアシェイディが見えていない北村騎手4隣もスズカのみ見ていた。1枠は見たけど正逆1から1番を見てしまった。

終わってから気が付いたのだけど取り消したメテオバーストは前走ニューイヤーSで取り消し馬ヴリルの同枠で2着でしたね、で今回は同枠を自身と同じ2着としたのかな。
それとエアシェイディは元々後藤騎手のお手馬だったのを忘れていたのとメテオバーストの新馬勝ちは武豊騎手だった(新馬勝ちがどうなのかは分かりませんが)。
ヴリルにしても蛯名騎手で3勝していてニューイヤーSの勝利騎手が蛯名騎手でした。


★「新スタンド」愛称大募集&愛称発表セレモニー
 足かけ8年に及ぶ改築工事が終わり、今春4月21日(土)にいよいよグランドオープンする東京競馬場新スタンドの愛称を募集いたします。とにかく“ドでかい”新スタンドにふさわしい愛称をご提案のうえ、どしどしご応募ください。見事に採用された方には、豪華賞品をプレゼントいたします!

“ドでかい”からキング・グレイト・ダイワが良いかな。

第21回根岸ステークス(GIII)
昭和62年に新設された重賞競走。創設当初は、ダート1400mの別定重量戦として争われていたが、平成2年から1200mに短縮された。その後、平成13年に距離が再び1400mになり、施行時期も11月から1月下旬に変更となった。なお、競走名の『根岸』は、江戸時代末期に我が国初の近代競馬場が設置された地。同競馬場では、昭和17年まで競馬が施行されていた。

昨年東京2日目メインは正逆46が5戦中4度、2000年以降前年柴田騎手から正逆5,12。名称変更後6年間で取り消し有り以外は正逆14、武豊17隣。
関東ダート重賞は正逆19と35。(武蔵野Sは不発)

○ディープインパクトメモリアルDVD プレゼント抽選会 1月28日(日)

軸はレーダイからと北村騎手4隣で9番リミットレスビッドにする、相手は柴田騎手の正逆5,12から12番シーキングザベスト(上で追加した後藤騎手とペリエ騎手からもこの2頭)と上で重なる正逆3の2頭。3番ヒシハイグレードは連闘馬で東京新聞杯の取り消し番、人気無さそうだから複勝でも良いかも。
9-12を厚くして3番14番を抑えるのと9、12を2頭軸で3番14番を絡めた3連も買ってみる。

北村騎手からもう一頭の4隣1番も入れときます、1番9番12番のみBOXで。

012201_01.jpg

012201_02.jpg

第42回京都牝馬ステークス(GIII)
3歳以上、牝馬限定の重賞競走として昭和41年に創設された。第1・2回は2000mで施行され、第3回から現行の1600mで行われている。また、昭和58年にはそれまで秋に施行していたものを1月に繰り上げ、出走資格も4歳以上に変更された。なお、平成13年より従来の京都牝馬特別から、京都牝馬ステークスへ名称を変更をして施行されている。

京都芝1600mは3戦連続正7番が連対と正逆57、近6年で正12か正13が5度。京都金杯の唯一牝馬プリキュアの居た2枠は気にしておきたい。
京都2日目重賞は正逆4と20・京都名重賞は正逆20と5、京都大賞典では左のリンクで決着している。

☆ディープインパクトメモリアルDVDプレゼント!
 ~「衝撃」をいつまでもあなたの手元に~
平成17年度に引き続き、平成18年度も見事年度代表馬に輝いたディープインパクト。
衝撃のラストラン、そして感動の引退式から早くも一ヶ月が経ちました。
引退式を見逃してしまった、レースをもう一度見たい・・・。
そんなご要望を形にしたディープインパクトメモリアルDVDには、引退式の模様やレース映像が収録されています!
このメモリアルDVDをファンの皆様にプレゼントいたします!
DVD以外にもあのジャパンカップでの勇姿がデザインされたポスターもご用意いたしました。
両方あわせて3,000名様に当たる大チャンス!どうぞお見逃しなく!

ジャパンカップの6枠と6番は見ておきたい。

レープロ心に残る名勝負・名場面 天才少女、再びの激突 

リンクからも4番と金杯からも2枠で隣に4文字馬、東京新聞杯の取り消し2枠にディの同居とワディラムの重賞3走で17隣馬。上の びの も有るディアデラノビア軸で行きますがこう軸飛びが多いとノビア消えたりして。
相手はレーダイ蓄えからキープの3枠・東京新聞杯唯一の牝馬枠4枠・上のJCから6枠・レーダイ春とット同居の7枠、枠連はこの4つで。
馬連はレーダイから連番期待と正逆5から5番コイウタ・レープロ心に残る名勝負・名場面から同世代の7番ライラプス・6枠からは11番アグネスラズベリ・7枠2頭はどちらとも言えないので13番14番の五つで。

10Rの5枠に唯一牝馬で幸騎手騎乗、11Rでも5枠に幸騎手騎乗なので10Rで馬券にならなかったら9番サンレイも入れるつもりです。

日曜は二つとも取れたがしかーし根岸Sは悲しくも枠連のみでガミった、ビッググラスでは無くリミットレスと着順入れ替わりなら三連も取れていたんだけどビッググラスには参りました。
京都牝馬Sの方はほぼ予想通りで実際はもう少し買い目絞っても取れていたけど年初からの外しっぷりから仕方無いか、こちらは遊びの三連も取れてようやく的中と言える馬券を手にしました。
しかしながら1月競馬の結果はと言うと実際に買ったのが8戦で的中はガミ含めて3戦、マイナスは約3戦分で終わりました。的中と言ってもはっきりプラスは京都牝馬Sだけでしたからスタートは悪いですな。
今日で読みのズレが修正出来たかは分かりませんが2月には今年のGI緒戦フェブラリーSが有るのでそれに向けてネタ探しを頑張ります。

AJCC・平安Sどうでしょう?

第48回アメリカジョッキークラブカップ(GII)
日米の親善と友好を目的として、ニューヨーク・ジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け、昭和35年に創設された重賞競走。第1回は芝2000mのハンデ戦で施行されたが、第2回からは2600mの別定戦に変更され、その後、幾度かの距離や施行競馬場の変遷を経て、昭和59年に距離が2200m(ただし、この年は降雪のためダート1800mに変更)となって現在に至っている。

このレ-スは1999年以降で正逆11、関東2200m重賞は正逆20。
2002年より柴田騎手10隣・バルジュ騎手2隣、前年外国人騎手の正逆を正番で3番8番。
前年1番人気の正逆番を正逆で正逆5,6。

第14回平安ステークス(GIII)
ダート適性馬の目標となる競走を設置し、ダート競走体系を明確にするため、平成6年にダート重賞競走の整備のひとつとして創設された重賞競走で、1800mの別定戦で争われる。競走名の『平安』とは、平安京の略で、京都の別称。平安京は、延暦13年(794年)に、長岡京より遷都された都で、大きさは東西4.5km、南北5.2km。平安遷都1100年を記念して明治28年(1895年)に建立された平安神宮は、大極殿と応天門とを模造し、平安京の大内裏の規模を3分の2で縮小して示している。祭神は桓武天皇で、昭和15年に孝明天皇が合わせ祀られた。10月22日には京都三大祭のひとつである時代祭が行われる。
122801_09.gif

●「関西テレビ放送賞(年間最多勝利騎手)」表彰式

土曜日で残ったもの
中山メイン正逆39、(騎乗無しの)田中勝春騎手か隣。4日連続北村騎手4隣。
京都メイン正逆44と前日秋山騎手、岩田騎手10隣・福永騎手4隣。

中山→京都は京都金杯1着2着の柴田騎手と蛯名騎手の正逆番の正逆。

AJCC
正逆39→2番9番・田中騎手→5番6番7番・北村騎手4番5番・正逆11と正逆20→1番10番・柴田騎手10隣→4番・前年外国人騎手→3番8番・前年1番人気→5番6番。
配置からイン接触ッ挟みの4番・祭り接触の4番5番とイ挟みツ接触の5番・ン挟みとグラスポジション3走隣の1番・○外接触シ挟みでレーダイ戦いから母名WARの8番。

1番4番5番8番9番が良さそう、私は4番から流して抜け目も抑えておこうかなと。3番も入れます。下のバリトンから4-5に厚目で。

平安S
正逆44→5番12番・前日秋山騎手→7番10番・岩田騎手10隣→10番14番・福永騎手4隣→4番12番・柴田騎手と蛯名騎手→4番7番13番10番と2番9番15番8番。
配置から唯一牝馬同枠イシとヒル接触の3番・イとル接触の3枠から赤いルージュで6番・唯一□地同枠の8番・ート挟みの14番。
レーダイの戦いからトウコン・オリンポス・クルセイダー・武豊。

3番10番12番14番15番が良さそう、私は12番からの流しと10番15番のワイドにします。
6番も入れます。

スムースバリトン号が競走馬登録抹消
 2004年(平成16年)東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)に優勝したスムースバリトン号(牡5歳 美浦・国枝 栄きゅう舎)は、2007年1月19日付で競走馬登録を抹消いたしましたのでお知らせいたします。
 なお、同馬は北海道苫小牧市・ノーザンホースパークにて乗馬となる予定です。
011902.jpg


今日も仕事でさっき帰ってきましたがここまで外すと嫌になりますなあ、両方とも最後に逆ばかりを選んでしまっている。正逆2からサカラートを選べばメイショウトウコンが、4番5番で迷っていたら軸馬インティが4着とは。メイショウトウコンは私のミスです冬将から名将を選べないとはレーダイを重視する予想法から情けない、戦いから闘魂は見ていたのにそこから何故冬将に考えが行かなかったのか?(疲れているからとしておこう)

今日で残った物を開催替わりでどうなるかを土曜日に確認したい。
京都メインはそのまま使えるのを期待して、正逆44・福永騎手4隣・柴田騎手と蛯名騎手の正逆番の正逆。
東京メインは期待薄ですが、田中騎手か隣・5日連続北村騎手4隣。

今週もまだ仕事量が残っているので時間は取れそうに無いです。

日経新春杯・京成杯どうでしょう?

特にイベントが無いのでコラムが出てからまた考えます。

第54回日経新春杯
昭和29年に創設された『日本経済新春杯』を昭和54年に改称したもので、創設以来、芝2400mで争われてきたが、昭和62年に距離が2200mに短縮された。しかし、平成6年に再び創設当初の2400mとなり(ただし、この年は阪神競馬場の2500mで施行)、同時に負担重量も別定からハンデキャップに変更となった。

G2日経は7戦続けて正逆14。
2001年以降日経賞の横山騎手の正逆位置の正逆が日経新春杯で3着以上、事例は掲示板へ書きました。5年連続福永騎手の5隣。
2000年から2004年の間は四位騎手17隣が3着以上だったがここ2年騎乗無しでどうか?
2002年→2003年から逆1着番正逆位置が3着以上で今年は正逆4,9。
藤沢厩舎から4戦3か4隣、.5ハンデ馬の枠か隣枠と4年連続最軽量馬の隣(複数の時は最低どちらかで)


軸はアドマイヤフジで、逆1着番の正逆4,9・岩田騎手隣(自身か隣で継続中)・.5ハンデ馬の枠・芝のサイレントディール7隣とこのレースは正逆3か4でも有る。
相手はトウカイエリートで、今京都メイン正逆44・四位騎手17隣・、.5ハンデ馬の隣枠で最軽量馬の隣。コラムからテキサス出身テリーファンクからワイアットアープ同枠。
1番10番も気になるのでBOXが良いが人気過ぎて買う気にならないので上2頭を1点少額だけにしておきます。穴を明けるなら正逆2からダンツジャッジに期待してフジの1,2着固定で他3頭を相手にBOXとそれと別でジャッジ3着固定で3連単を遊び程度買います。


第47回京成杯
昭和36年に創設された3歳馬限定の重賞競走。創設以来、芝1600mの別定戦で争われていたが、3歳馬競走の距離体系整備の観点から平成11年より2000mに変更となり、皐月賞と同距離・同コースとなったことから、クラシックに向けての各馬の将来性や距離適性を占ううえでも重要な競走となっている。

京成杯は4年連続正逆26、2001年京成杯AH→2002年京成杯からAHの後藤騎手の正逆位置がリンク、但し一方向のみで今年は正逆8,9注意で事例は掲示板に書いておきます。
2001年より2003年以外で柴田騎手隣枠、2000年より柴田騎手21隣。
2003年よりバルジュ騎手の15隣。

マイネルーチェがレーダイ輝からと正逆26・逆9・柴田騎手隣で○地隣。
メイショウレガーロが後藤騎手で勝浦騎手からの逆6でショとローの接触、ただここは隣のローズプレステージかも?。
もう一つピンと来ないのでこの3頭のBOXを少額にしておきます。

以前掲示板に書いた事から関西馬同居の唯一○地馬アロマンシェスも入れてBOXにします、ェで挟み逆9。
4頭の3連単も7番1,2着固定にして遊びで。


全く駄目、悲しい位に全く駄目今年の出だし最悪だあー。

京成杯は選ぶの下手過ぎ 4年連続で正逆26、2001年より2003年以外で柴田騎手隣枠、2000年より柴田騎手21隣、2003年よりバルジュ騎手の15隣、前日勝浦騎手の正逆位置から正逆6,11。これだけ継続しているのにレガーロ以外は選べていない駄目っぷり。

日経新春杯、こっちは掲示板でトウカイ2頭は見ていたけどまさかトウカイ決着とは読めなかったのとフジは良いと見てしまい駄目ダークメッセージは全く見えていない。
継続したのは2001年以降日経賞の横山騎手の正逆位置の正逆が日経新春杯で3着以上、四位騎手17隣が3着以上、、.5ハンデ馬の枠か隣枠と最軽量馬の隣。

うーんネタはコラム読みもそれなりに使えているのに、サインネタだけ参考にして下さいお願いします。

ちょっと仕事がきつくなってきたので今週は調べる時間が取れそうに無いと先に言い訳しておきます。

来週の土曜日確認
中山メイン正逆39か40と勝浦騎手から正逆4,9、田中勝春騎手か隣。3日連続北村騎手3隣VS4隣でワイド。
京都メイン正逆44と秋山騎手から正逆1,12、岩田騎手枠か隣枠と10隣・福永騎手4隣・川島騎手3隣。

中山→京都は見逃していた京都金杯1着2着の柴田騎手と蛯名騎手の正逆番の正逆、京都→中山は微妙ながら川島騎手の正逆番の正逆。

1月レーダイどうでしょう?

明けましておめでとうございます。今年も妄想全開で行きますのでよろしくお願いします。

レーシングダイアリー 第1回中山 第1回京都

今年は間で区切っているのが今迄と違います、1着2着を教えてくれるなら有り難いのですがそう甘くは無いでしょう。今開催は何か読み方が変わるのかを確認しながら読んでいきます。

関東
新たな勇姿に夢を託す。心がときめく初春の儀式。 第56回日刊スポーツ賞 中山金杯

夢は金杯週にはいつも有りますが一応4枠注意で、勇姿には男と女が有ります牡牝決着も考慮しておきます。新たなからは4歳馬・金杯初出走馬(あるいは初重賞出走馬)かな。心がときめく初春の儀式と言えば成人式でしょうが騎手では居ないかな馬ならここも明け4歳馬と思う、式からは武なのですが豊は騎乗停止幸四郎はコスモシンドラーに騎乗予定で新も有る。夢の文字からでしょうが京都金杯は4年連続四位騎手の枠が3着以上で今年は昨年同枠に居たニューベリーに騎乗予定で新の文字とも合い期待したい枠です。心の文字からはガーネットSに登録の有るジョイフルハートを選びたい、マイネルハーティーとシェイクマイハートは同枠注意かな。

個性を極める道を行く。飛躍を誓う睦月の約束。第11回ガーネットステークス

個性を極める道を行くから思い出すのは個性の翼を広げる未来、速さで魅了する妖精。フェアリーS週のレーダイでダートGIにも挑戦したリシャールが阪神C勝利、金杯に出るなら注意したい。
極めるの文字からは1枠8枠に注意したい。
睦月とは陰暦で正月のこと。正月の約束と言えば書初めですか飛躍を誓うのだからまだ飛躍していない馬・重賞未勝利馬かな。道からはスリーアベニューと和田正道厩舎のディバインシルバー、月の有る騎手・調教師にも注意で。

明日の自分を輝かせたい。初夢を描く春望の舞台。第47回京成杯

輝からの後藤騎手の役割が何か有るのかを確認したい。夢の文字では4枠注意、14日の明日と言えば15日は小正月で以前なら成人の日ですねここに何かあるのか?舞台からはダンスやマイ等で望の文字からは王やキングも。描くの文字は昨年の金杯週とディープの菊花賞に有り3枠が良さそう。
輝と舞を持つ唯一牝馬マイネルーチェが登録、自分からはアイ・マイ・ミーで舞とも重なるマイは3頭居る。舞台からはローズプレステージも明日からはアスを持つ○地馬アロマンシェス。

堂々とした戦いを見せる。主役を狙う冬将の実力。第48回アメリカジョッキークラブカップ

堂々でワイド内連番注意、堂々とした戦いからは一番人気・実績上位の馬と思う。冬将が主役を狙うという事は冬に実績を上げた馬が勝つのかなと。実力の文字はアルゼンチン共和国杯の時に掲示板に書きましたが3枠が連対中。

関西 1/6~1/21

迎駿

新年の感謝を熱戦に込めて。
幸運をライブでつかんでください。

関西はシンプルに二文字ですね2枠と2番に注意したい。

ガーネットS・シンザン記念どうでしょう?

第11回ガーネットステークス(GIII)
平成9年に創設された重賞競走。創設時はダート1200mの別定戦で争われていたが、平成15年に負担重量がハンデキャップに変更された。なお、競走名の『ガーネット(Garnet)』とは、1月の誕生石である「ざくろ石」のこと。古代よりお守りとして用いられ、十字軍の兵士が肌身離さず持っていたという逸話もある。水晶と同じように、ごくありふれた鉱物だが、色石としては高価で、特に大粒でワインレッド色の石は貴重である。

芝も当たらないですがそれ以上に私はダートが苦手です、サインで読むのに関係有るのかと言われそうですがサンプルが少ないのと私自身あまり積極的に買わないので馬をイメージ出来ていないからかなあと。
先に言い訳から入りましたが両金杯外して何とか早く一つ当てたいのが本音です。
リンクネタが探し切れずで枠とレーダイの私本来の手法で読みます。
レーダイから見ていたのがスリーアベニューとジョイフルハート、スリーの3番に入ったけど騎手が田中勝春騎手・中山金杯勝利騎手で勝ちは無いと思う。
枠で気になるのは1枠と3枠ダイ同居・5枠エイシン同居・14番金杯ライジンからフウジンへ、7枠はートで挟みシェリーとヘネシー同居で2枠はダイワで挟まれているがダイ同居枠で挟んでいるとも取れる。レーダイの極の文字からは1枠か8枠で枠連は1-2,7と8-2,7の4点、馬連は1-3,14,16と16-3,14の5点と縦目から1-16と3-14の2点を買う。

年明け3連敗とは、スリーアベニュー勝つしレーダイの極めるはリミット・限界という事なのか斤量変更で嫌ったのが逆にハンデの正しさを証明して見せたという事か?他の馬も揃って沈んで読みが違い過ぎだ。

第41回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
122801_03.gif

シンザン(昭和36年生・牡・鹿毛・父ヒンドスタン・母ハヤノボリ・2~4歳時19戦15勝)の栄誉を称え、昭和42年に創設された3歳馬限定の重賞競走で、芝1600mの別定戦で争われる。シンザンは、昭和39年にセントライト以来23年ぶり、日本競馬史上2頭目の三冠制覇という偉業を達成し、翌年秋の天皇賞と有馬記念も制して“五冠馬”の称号を得た。引退後も種牡馬として活躍し、平成8年にこの世を去った。なお、同馬は昭和59年に顕彰馬に選出されている。

2002年以降正逆30と正逆3が5年で4度、京都の記念レースは正逆21。
10頭立ての様で正逆1から正逆3へをまず確認したい。

●日刊スポーツ新聞社主催「シンザン記念レース検討会」
日刊スポーツが誇る競馬記者による切れ味バツグンのレース検討会!

●「2006ミスシンザン」来場!
シンザン記念表彰式のプレゼンターとして、「2006ミスシンザン」の小西真里奈さん・遠藤恵さんが来場します!
122801_08.jpg


開幕週最後の重賞でなんとかなんとかと、軸は金杯の所で書いたダイワスカーレットが逆3番なのでここから。7枠はタキオンと松田同居枠でビワハイジもダービー挑戦の強い牝馬、ゾロ目も有りそうだけど1番人気の組み合わせかも?

重賞のローレルゲレイロ隣枠と13隣(3戦)重賞のジャングルテクノ隣枠(2戦)新馬よりテクノ隣か2隣(6戦)マイネルフォーグ6隣(3戦)ビンチェロの5隣が新馬より(3戦)エイシンイッキの隣13隣が新馬より(3戦)アドマイヤオーラ8隣が新馬より(2戦)ダイワスカーレット2隣10隣が新馬より(2戦)スズカライアン隣13隣が新馬より(2戦)、まだ事例が少ないので残ったものを次で注意とする。

重賞のアドマイヤの5隣(か6隣)、菊花賞以降で事例は掲示板に書いておきます。このレースで復帰する福永騎乗の2番エイシンイッキ(か1番3番)に当たる、1番との接触も有り良いと思える。
正逆1の馬は買いたい馬じゃ無いなあどちらかと言えば10番ですが私は切ります、それよりもチェロ・フォーク・テクノ・ビワと音楽関係に挟まれた感じのローレルゲレイロのが良いかなと大外に同父も居てこの配置も良く有る。
馬連8-2,5,7の3点で。
上で書き足した馬起点からアドマイヤオーラ抜いた3頭の三連も買ってみる。

すっきりしない当たり方だった、相手エイシンイッキ以外は元取りチョイ位に配分したので+-0という感じで3戦分まるまるマイナスが3日間の結果でした。最後にアドマイヤオーラ抜いた3頭として勝ったのがアドマイヤオーラではねえ最初は7枠2頭でと思ったが次第にエイシンイッキと傾き何ともかんとも、取り合えず当たったから良しとしよう。アドマイヤ冠からのが消えちゃったなあ来週のフジで使えればと考えていたのにまた探し直しだな。

重賞のローレルゲレイロ13隣(4戦)重賞のジャングルテクノ隣枠(3戦)新馬よりテクノ隣か2隣(7戦)マイネルフォーグ6隣(4戦)ビンチェロの5隣が新馬より(4戦)エイシンイッキの13隣が新馬より(4戦)アドマイヤオーラ8隣が新馬より(3戦)ダイワスカーレット10隣が新馬より(3戦)スズカライアン隣が新馬より(3戦)以上が上のから残りました。


結果を確認していたらジョリーダンスとシルクネクサスが波乱のレースに絡んでいましたね出走も知りませんでした共に金杯のところで名前を挙げていたが除外となった馬、イベント・レーダイはその週(その開催)で注意なので名前が出て来た除外馬にも注意して頂ければ幸いです(私は二日酔いで予想していなくて買ってないのが残念)。昨年の桜花賞でも力を入れて書いた藤娘が除外で忘れな草賞を勝ちました、見方は間違えていないと思っています。
中山は3日間共田中勝春騎手の枠が1着枠今年年男なのですがそれにしても3日共とは、中山メインは金杯・ガーネットSが正8逆9共通で正逆9かもとは考えていたけど。3日間として正逆9と24を来週確認としたい。
京都は岩田騎手が3日間馬券対象だった京都メインは正逆23と24を確認したい、3日間だけなので参考で頭マの馬の隣枠も。
前日騎手起点は中山・勝浦騎手と京都・秋山騎手を土曜日に確認したい。

京都金杯・中山金杯どうでしょう?

2007jra.jpg

両金杯でこの黄色は覚えておきたいかな。

「JRAお年賀ハンドタオル」
121601.jpg


第45回スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)
昭和38年に創設された迎春賞が前身で、昭和55年までは芝2000mの別定戦で争われていたが、昭和56年にハンデ戦となり、長く関東の金杯と同条件で行われていた。しかし、平成12年より距離が1600mに短縮され、高松宮記念や安田記念を目指すスプリンター・マイラーの1年の活躍を占うレースとなった。

このレースは正逆26と四位騎手の4か5隣が2002年より、京都名重賞は正逆20。京都マイル重賞は正逆45、京都開催重賞は4戦連続正逆46。京都1日目メインは正逆3か4、京都開催杯名重賞は正逆2。但し年代わりで変更にも注意必要。
頭か尻文字アの馬が3着以上、登録では4頭居る。

122801_01.gif

●鏡開き&振舞い酒

酒からフサイチリシャール・タニノマティーニ、正月と言えば餅で杵ティクスと調教師に稲の有るマイネルスケルツィで舞いからも舞稲ル2頭が良いかただ関東馬は京都金杯には勝っていないんだな。

レーダイ読みで書いた四位騎手同枠に逆2番でフサイチリシャールが入りまずここは入れておきたい8枠にはユーシも有る。他は牝馬枠で4番ソレソレー・○外同居の4枠はシン同居で武が居る逆26番は7番・杵と稲が同居の6枠・金が有りフジキセキ同居の7枠。
枠は8枠から2,4,6,7へと2から4へ、馬は15番から4,7,9,12,14の計10点。
今から仕事へ行くので昼にサクラメガワンダーも混ぜて買います。勝負初めの結果やいかに。

第56回日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
昭和27年に創設された重賞競走。創設当時は芝2600mのハンデ戦で争われていたが、昭和29年から負担重量が別定に変更され、昭和36年に芝2000mのハンデ戦という競走条件となって現在に至っている。本競走は、春の中・長距離の重賞レースを目指す古馬にとっては1年のスタートであり、天皇賞(春)、宝塚記念へと続く中・長距離路線の開幕戦ともいうことができる。

このレースは中山開催5連続正逆4、去年の中山2000mは正逆38。
前年一番人気馬番か隣で9番10番11番、3年連続柴田騎手隣。外国人騎手が騎乗なら隣か2隣、前年横山騎手の隣か2隣で14番15番16番。前年外国人騎手番か隣で2番3番4番。

日刊スポーツ賞 中山金杯(GIII)当日イベント【1月6日(土)】
◆餅つきイベント
◆獅子舞い

獅子舞からはジョリーダンスとシシが有り父名にマイの有るトウショウシロッコ。餅からは調教師に稲の有るシルクネクサス。

◆日刊スポーツ新聞社主催イベント
【中山金杯レース検討会】
 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)当日に、日刊スポーツ競馬担当記者を招いてレース検討会を行います。
 また、レース検討会の前にはロックバンド『バブルガム』によるミニコンサートも行います。

沖縄・石垣島出身のガールズ・ロックバンド「バブルガム」有馬記念がラストランのディープインパクトをテーマとする新曲「アクロス・ザ・ロード」が今春シングルリリースの予定。1stシングルは「赤い花」

3人組みと赤い花から3枠に注意と牝馬も入れたいかな、ディープ関係ならブラックタイドなのだけど。


リンクから良いと感じるのが4番と11番、4番は4文字馬でエルコン同居枠京都には柴田騎手も居る・11番にはゲストからのアクロスが有りック挟みにタイド・金子氏同居。4枠は牝馬とせん馬の唯一要素同居枠でバブル=アワも有る・レーダイの初春の儀式を初詣と見て神仏の有る3枠と7枠から7枠を取りたい 摩耶山の名は空海が天上寺に釈迦の生母・摩耶夫人(まやぶにん)像を安置したことに由来する。8枠は昨年逆1番で除外となったワンモアが気になるので入れておく。
枠は6枠から2,4,7,8へと2枠から4,7へ、馬は11から4,8,11,12,14,16への12点で。


コラムはプロレスラー武藤敬司に替わりここからは正逆10と正逆5に注意したい、武幸四郎も良いかなプロレスラーでは無いけれどグレイシーも。プロレスLOVEから父マイネルラヴのマイネルハーティーにはレーダイの心も有るな。
ブラッドストーリーからは母系が偉大な馬かなと、ニシノフラワー・ウインドインハーヘアの仔かなと思うがサンデーサイレンスの名も有るので母父サンデーサイレンスかなとも。これはあまり重視しないでおく。

今週のコラムは2週分、ボクサーの言葉が有りキンシャサノキセキは気にしたいのと海外遠征と米の話も有り海外遠征は○外・米は稲かなと。
ブラッドストーリーは冒頭で人間の女性が近代では強いと強調し血統では立場が弱いとする、牝馬がレーダイからも絡む様な気がするが金杯は1頭ずつで?な馬なので同枠かねえ。「台風1号」「アポロ13号」の数字は一応気にしておく、ただこちらは日曜月曜分でも有るので上の強い牝馬がもう一頭登録しているシンザン記念のダイワスカーレット・松田国英厩舎 武藤コラムでイギリスへ行くとも有り母系が偉大な馬でも有りこの馬ではと考えているので金杯の牝馬は通常の唯一要素の一つとして考えたい。


何とも連敗スタートとなりました、京都は紐にした中の3頭で決着リシャールに自信有りだったのに。
中山は5枠を一番上の黄色から気にはしたけど切ってしまったシャドウゲイト・田中勝春で迎春も分かっていたけど・・・2着3着は選んでいたけど良いと思った4番11番が沈んでは全く読めていなかったと言う事です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア