FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

馬名で星座も見直そう 2

w_tri.jpg

 プロキオン(Procyon)はこいぬ座の1等星ですが、プロキオンの近くに3等星がひとつだけ目に付く以外は、これといって目立った星もありません。ですからプロキオンがこいぬ座だといっても過言ではありません。
 こいぬ座はオリオン座の東側30度くらいのところに位置しています。冬の星座のなかではふたご座とともに、最も遅くに南中する星座です。
 ギリシャ神話でのこいぬ座は、鹿にされてしまった飼い主のアクタイオンを、そうとも知らずにかみ殺してしまったという猛犬、メランポスが星座にされたのだといわれています。
 プロキオンは犬の前という意味ですが、これはプロキオンがおおいぬ座のシリウスに先駆けて東の空から昇ってくるためではないかと思われます。
注)南中時刻はシリウスの方が早いのですが、プロキオンよりも南の方に位置しています(赤緯が低い)。ですから東の空から昇ってくる時刻はプロキオンの方が早くなります。
 プロキオンは、オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウスとともに、冬の大三角形を構成しています。3つある大三角形の中では一番こじんまりとしているのですが、シリウスの白色、ベテルギウスの赤色、プロキオンの黄色と、いちばんカラフルな大三角形です。
 プロキオンは距離が11.4光年しかなく、1等星としてはシリウスに次いで太陽に近い恒星です。
 プロキオンは比較的平凡な恒星で、太陽と同じ黄色をしています。プロキオンの直径は太陽の2倍あまりで、表面温度も太陽よりやや高いめの7000度くらいです。
 プロキオンは9.5等の伴星を持つ2重星です。といっても伴星が発見された時の望遠鏡は直径が90cmもある大望遠鏡ですから、素人が手にする程度の望遠鏡ではとても歯が立ちません。
cmi.jpg

CMis.png

 オリオンは天下一の狩人として名声がとどろいていました。しかし、「私にかなうものなどこの世にいるものか」と高言してしまいました。これを聞いた大神ゼウスの妻である女神ヘラは猛毒を持ったさそりをオリオンのもとへしむけたのでした。そしてオリオンはさそりにかまれて、毒がまわって死んでしまいました。そんなわけで星座になったオリオンは、今でもさそり座が昇ってくる季節になると、こそこそと西の空へ沈んでいくのだそうです。
 オリオン座は鼓のような形をしていますが、これらの星は1等星2つと2等星5つで形作られており、非常に豪華です。オリオンの中央のベルト付近には2等星が3つ並んでおり、三ツ星と呼ばれています。これらの形は非常に均整がとれており、全天でも屈指の美しい星座といえるでしょう。
 オリオン座にはベテルギウスとリゲルという2つの対照的な1等星があります。ベテルギウスは赤色で恒星の一生の最後の段階を迎えつつある星です。表面温度は3000度でその直径は太陽の700倍から1000倍の間で変化し、これにつれて明るさもマイナス0.1等星から1.2等星の間で変光する脈動星タイプの変光星です。太陽の直径の1000倍といえば、火星の軌道をすっぽり飲み込み、木星の軌道に達する大きさですから、大変なものです。
 これに対してリゲルは表面温度が12000度もある青白く輝く誕生してから数百万年しか経っていない若い星です。リゲルの放つ光の量は太陽の3万倍もあります。たとえば全天で最も明るいシリウス付近までリゲルをもってきたとしたら、半月より明るく輝くことになるのですから、非常な明るさといえるでしょう。
 2つの星はその色の違いからベテルギウスを平家星、リゲルを源氏星とよんだりすることがあります。
 オリオン座の三ツ星の南には南北方向に並んだ小さな3つ星の並びがありますが、これは小三ツ星と呼ばれています。この小三ツ星の真ん中の星をよく見てみますと、なにやらモヤモヤとした小さな雲のように見えます。これが有名なオリオン大星雲です。オリオン大星雲M42は鳥が羽を広げたような形をしており、双眼鏡でも天体望遠鏡でも、それぞれ違った美しさを見せてくれます。
 天体望遠鏡でオリオン大星雲の中心付近を見ると、トラペジウムと呼ばれる4重星が見えます。オリオン大星雲はトラペジウムによって星間ガスが美しく照らし出されています。そして星雲の中からは次々と星が誕生しています。太陽もこのように、どこかの星雲の中で生まれたのでしょうか。
 オリオン座流星群は10月10日から10月30日にかけて活動します。そして10月21日頃に極大となります。1時間あたりの出現数は15個とまあまあ出現します。明るい長経路流星が印象的です。透明度が良くなる時期ですから、徹夜覚悟で一晩中観測してみましょう。
oris.jpg

 おおいぬ座を見つけるのはたやすいことです。なにしろ、全天で一番明るい1等星であるシリウスがあるからです。
 オリオン座の南東方向で白くギラギラ光っており、他のどの星よりも明るい星があれば、それはシリウスです。シリウスとは「焼き焦がすもの」という意味です。それもそのはず、シリウスの明るさはマイナス1.5等星ですから、普通の1等星よりもずいぶん明るく感じます。シリウスは冬の大三角形の3星のうちのひとつです。
 シリウスが明るいのは太陽の40倍の光を放っているせいもありますが、やはりケンタウルス座α星に次いで2番目に近い8.6光年という近い距離にあるためです。
 シリウスは2重星です。伴星は地球の大きさの2倍ほどの大きさしかありません。しかし、密度は水の40万倍という超高密度な星です。このような星は恒星の一生の最後の姿のひとつとされる白色矮星として知られています。この星は条件が良ければ少し大きめの天体望遠鏡で見ることができます。
 シリウスの南には5等級の散開星団M41があります。付近は星の数も多く、なかなか見ごたえのある星団です。双眼鏡でも星がまばらに集まった姿を確認できます。
cmas.jpg

続きを読む

スポンサーサイト



馬名で星座も見直そう

折角なのでしし座とペガサス座を調べてみました。
しし座(獅子座)
学名 : Leo
略符 : Leo
トレミーの48星座、黄道12星座の1つです。?マークを裏返しにしたような形をしています。
<leo2s.jpg

星座物語
ネメアの森に恐ろしい人食いライオンが住んでいました。ある日、怪力ヘルクレスはこの人食いライオンを退治しにやってきました。ヘルクレスは激しい戦いの末、ついに人食いライオンを絞め殺しました。しし座はこの人食いライオンの姿です。

 しし座流星群は、太陽を33年周期でまわるテンペル・タットル彗星から放出されたちりが、地球の大気にぶつかって起こる発光現象です。しし座を中心として流れ星が放射状に飛びだすように見え、ほかの流星群にくらべて明るく、短時間に多数の星が流れるのが特徴です。
 しし座流星群は毎年11月17・18日ごろをピークに数日間見られますが、普段はそれほどたくさんは見られません。しかし彗星が地球軌道に接近する33年に1度、「流星雨」と呼ばれるほどのたくさんの流星が見られことがあり、その記録は古く、西暦902年に中国の天文学者がしし座流星雨を見たという報告があります。最近では1966年にアメリカのアリゾナ州キットピークで、突発的に1秒間に40個もの流星が観測されました。

pegasasus.jpg

ギリシャ神話のペガサス
 ペガサス(PEGASUS)。それは、ギリシャ神話を発端とした架空の動物。容姿は有翼の白馬で、黄金の翼と真鍮のひづめ、輝く金のたてがみを持つ。風より速く空を駆け、疲れることを知らない馬、天馬ペガサスであり、最高神の空の神ゼウスの遣いとされ、黄金の手綱でしか乗りこなすことができない。
 生まれは、ギリシア神話のダナオス王の娘の子供で勇敢なペルセウスが、頭髪は蛇、歯は猪、背に黄金の翼をもち、眼力によって人を石にしてしまう鬼神メドゥーサを征伐したとき、メドゥーサの血から、ポセイドンの息子として、純白の天馬ペガサスが誕生。
 また、オリンポス山で、ゼウスにつぐ、海の神ポセイドンの息子ベレロポンは、妻の父であるリュキアの王イオバテスに、ベレロポンを殺そうという下心のもと、国中を暴れまわっていた怪物、キマイラの退治を命じられた。
 キマイラは蛇女エキドナの娘。頭がライオン、胴がヤギ、尾が竜で、口から火炎を吹く怪物である。この相手との戦いには、空を駆け巡ることが必要であった。
 ベレロポンは知恵の女神アテナに、この怪物退治の秘策を祈った。アテナはベレロポンの謙虚な態度を気に入り、天馬ペガサスを捕らえるように指示。ベレロポンが目を覚ますと、ベッドの上に金の手綱があった。ベレロポンはヘリコンの山の泉(Pega)に、黄金の翼と真鍮のひづめ、輝く金のたてがみの、美しい馬ペガサスを見つけ、アテナの手綱を、天馬の頭上に投げて捕らえた。天馬を操る彼は英雄として名を残す。
 ペガサスに乗ったベレロポンは、難なく、キマイラを退治。そして、このあとも怪獣/鬼神など、さまざまな争いに挑む命令をうけるが、ペガサスによって、すべて勝利をおさめた。しかしながら、ベレロポンは、いつのまにか傲慢になり、ペガサスと天上の神の国へ行こうとしたとき、ゼウスの逆鱗にふれることになった。ゼウスはアブを放ち、ペガサスの鼻を刺させた。驚いたペガススは、ベレロポンを振り落とし、ベレロポンは落下して亡くなる。
 あらためて自分のおごりを知ったペガサスは、強靭な正義の翼で天空へと舞いあがってゆき、ゼウスの雷光の担い手となり、星座となった。
 また、ペガサスの蹄の跡には泉(Pega)が湧くといい、その泉の水を飲んだものは詩的霊力が備わると言う。泉の周りには女神たちが集まり、歌い踊ったそうようだ。
ペガサス座について
 天に昇ったペガサスは星座(ペガサス座)となった。現在の勇士は天空で見ることができる。秋の代表的な星座で、ペガサスのつばさの位置にある4つの星でできているペガサスの四辺形で有名。この四辺形は「秋の四辺形」とも呼ばれ、ペガスス座α星マルカブ、β星シェアト、γ星アルゲニブと、アンドロメダ座の頭部に位置するα星アルフェラッツの4つの星からなります。それぞれ2等星と3等星ですが、周囲に明るい星がないので簡単に見つけることができます。
 ペガサスの四辺形の北東の角の星アルフェラッツは「馬のへそ」という意味で、その名の通りペガサスの腹のところに位置するが、分類上はアンドロメダ座の星である。
 またペガサス座の隣にある「こうま座」は、ペガサスの弟のケレリスと言う名が付いている。また、ギリシア神話にちなんで 『カシオペヤ座,アンドロメダ座,ケフェウス座,ペルセウス座』 の4星座は、 秋の夜空を飾る 『古代エチオピア王家の4星座』 と呼ばれています。
ペガサス座は、ペルセウス王子を背中に乗せて、アンドロメダ姫を助けだすなど、活躍する天馬の姿です。上半身しか見えず、下半身は雲にかくれています。
horse.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
最近の記事
最近のコメント
  • 01/18:テキサス

  • 03/17:テキサス

  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア