FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

フェブラリーSと小倉大賞典 回顧

(フェブラリーS)
軸に選んだオメガパフュームは10着に沈んだ。
昨日で東京の数字は終わったという事か。
勝ったのは「中央の帝王」的な武豊騎手。
2着にゴールドドリームでレーシングプログラムのゴールドアリュールそのままの決着。
京都牝馬Sから福永騎手を見て選んだユラノトが3着に入りワイドは取った。
軸飛び紐での三連決着には苦笑いしか無いけど今日はワイドの縦目も選択して馬券的には良かった。
ワイド2-3が760円でワイド2-6が1100円というのも不思議な感じだけどそれも良かった。
4点で1100円なら十分です。

昨年からのG1は、
阪神JF 正31番ダノンファンタジー 1着
朝日杯FS 正31番クリノガウディー 2着
中山大障害 正31番ニホンピロバロン 1着
有馬記念 正31番シュヴァルグラン 3着
ホープフルS 正31番サートゥナーリア 1着
フェブラリーS 正31番ゴールドドリーム 2着

ジャパンC 1番1番人気と4隣11番 でワイド
チャンピオンズC ×
阪神JF   13番1番人気と4隣9番 で馬連
朝日杯FS 2番1番人気と4隣6番 でワイド
有馬記念 12番1番人気と4隣8番で馬連
ホープフルS 5番1番人気と4隣1番でワイド
フェブラリーS 6番1番人気と4隣2番でワイド
一応書いておくけど高松宮記念では軽視します。

(小倉大賞典)
軸の12番スティッフェリオ1着も6番8番の関東ベテラン騎手が沈んだ。
マルターズアポジーでシンガリ追走にはこりゃ駄目だと苦笑した。
サイン読みで馬の実力を考えない私でもこれは無理だと思った。
マイスタイル10着、マルターズアポジー13着。
小倉重賞から抑えた3番タニノフランケルが2着に入り馬券は当てられたがモヤッとするね。
3着に最下位人気のサイモンラムセスが入って三連の荒れに驚いた。
馬連も1番人気3番人気で1840円は3点なので十分な嬉しい配当。

小倉重賞の柴田騎手からは過去2回6隣が3着以上。
小倉重賞の田中騎手からは過去2回4隣が3着以上。
重なる12番スティッフェリオが1着。

小倉連日は正逆27と正逆29。→正29番サイモンラムセス3着。
重視するのは小倉古馬重賞の正逆35か45、2016年小倉記念から。
正45番タニノフランケル2着、逆45番スティッフェリオ1着。

小倉大賞典は川田騎手に逆らうなという事ですかね。
2006年 小倉大賞典 1着メジロマイヤー
2013年 小倉大賞典 同枠2着ダコール
2014年 小倉大賞典 1着ラストインパクト
2016年 小倉大賞典 1着アルバートドック 同枠2着ダコール
2018年 小倉大賞典 1着トリオンフ
2018年 小倉大賞典 2着タニノフランケル

賞金を積んだタニノフランケルが大阪杯に参戦すると少しは話題になるかな。
今日は無理だろうと思って書かなかったのがタニノフランケルの出走R数字。

条件戦を含めて今日で8戦連続だが重賞だけ書いておく。
京都新聞杯 正15番シャルドネゴールド 3着
セントライト記念 正15番レイエンダ 2着
中山金杯 正15番ステイフーリッシュ 2着
小倉大賞典 正15番サイモンラムセス 3着
重賞以外では逆15番も有るので正逆15とする。

久し振りの1日連勝ですね。
土日連勝もほぼないのに雪でも降らないかと心配です。
スポンサーサイト

フェブラリーSコピペ忘れ と小倉大賞典

ホープフルSの回顧から。
阪神JF 正31番ダノンファンタジー 1着
朝日杯FS 正31番クリノガウディー 2着
中山大障害 正31番ニホンピロバロン 1着
有馬記念 正31番シュヴァルグラン 3着
ホープフルS 正31番サートゥルナーリア 1着
フェブラリーS 正31番ゴールドドリーム 逆31番ノボバカラ

チャンピオンズC 正47番ルヴァンスレーヴ 1着
阪神JF 正47番ビーチサンバ 3着
朝日杯FS 正47番グランアレグリア 3着
中山大障害 逆47番タイセイドリーム 2着
有馬記念 正47番シュヴァルグラン 3着
ホープフルS 逆47番アドマイヤジャスタ 2着
フェブラリーS 正47番サクセスエナジー 逆47番サンライズソア

どちらも年度代わりなのが気になる。
他の事と合わせて正31番のみ抽出。

ジャパンC 1番1番人気と4隣11番 でワイド
阪神JF   13番1番人気と4隣9番 で馬連
朝日杯FS 2番1番人気と4隣6番 でワイド
有馬記念 12番1番人気と4隣8番で馬連
ホープフルS 5番1番人気と4隣1番でワイド

こっちはチャンピオンズCでは×。
芝限定としてもこういうのはあまり長く続かないので高松宮記念でも微妙、一応考慮はするけど。
1番人気インティの4隣は2番と10番。

馬連14番から3番6番、ワイド2番から6番14番。
これで行ってみる。

小倉大賞典も面白そう。
久し振りに小倉参戦の柴田善臣騎手と田中勝春騎手。
マルターズアポジーの調教師がゲストの井之脇海さんの「井」を持つ堀井調教師。
田中勝春騎手は年男なので小倉でご祝儀おかわりも有りかと。
両者とも小倉の重賞は過去2回。
柴田騎手からは6隣が3着以上。
田中騎手からは4隣が3着以上。
重なるのが12番スティッフェリオ。

小倉連日は正逆27と正逆29。
重視するのは小倉古馬重賞の正逆35か45、2016年小倉記念から。
7番 8番 3番 12番
3番は1番人気のタニノフランケル。
母馬人気と1000万下西部スポニチ賞1800mでの圧勝でしょうね。
もっと人気が集中しても良さそうだけど4倍越えでの1番人気。
1枠か少頭数だけ走るイメージなので14頭立てでどうなのか?
勝って大阪杯参戦だとドバイ遠征多数で注目度低下分を少し挽回できるけどね。

14頭立てとフェブラリーSと同じ頭数。
どこかで数字を合わせるなら3番のゴールドドリームとタニノフランケルか6番インティとマルターズアポジーと見る。

12番から3番6番8番へ行ってみる。

フェブラリーS どうでしょう?

第36回フェブラリーステークス(GI)

枠順が根岸Sと似ている。
1番クインズサターン 根岸S3着
2番ユラノト       根岸S2着
11番コパノキッキング 根岸S1着
馬券内の馬は同じ馬番。

4着モーニン 6番→7番
6着サンライズノヴァ 12番→8番
8着ノボバカラ 14番→12番
6頭が2頭ずつ隣り合う配置になっている。

2019FS.png
的場 文男(まとば ふみお、1956年9月7日 - )は、大井競馬場東京都騎手会所属の騎手。
「大井の帝王」の愛称で親しまれ、地方競馬全国リーディングを2回(2002年、2003年)、
大井競馬リーディングを21回(1983年、1985年-2004年)獲得し、多くの重賞タイトルを手中に収めている。

中央の勝利記録は武豊騎手が4000勝を越えた。
武豊騎手は東海Sを勝ったインティ騎乗で1番人気。
前日に消えた4枠なのは気にはなるが一気にG1馬に駆け上がるのか?

前走が大井競馬場の東京大賞典なのが3番ゴールドドリーム2着と14番オメガパフューム1着。
オメガパフュームは左回りが苦手とされているようで4番人気。
ゴールドドリームは6戦連続連対の安定感からか2番人気。
どちらかは使うという事なのか?
黄帽の5枠からだと8番モーニンだと思うが選ばない。

2019FS2.png
2003年フェブラリーSに3枠5番武豊騎手で勝利。
3枠のゴールドアリュールはゴールドドリーム。
もう一頭は5枠7番サンライズノヴァ。

注目度の高い藤田菜七子騎手とコパノキッキングはナナ枠11番配置の3番人気。
逆4番というところに???
正直、話題性枠だと思ったのだけど東京古馬G1が正逆4なんだな。
ヴィクトリアM 正4番ジュールボレール 1着
安田記念   正4番アエロリット 2着
天皇賞秋   正4番レイデオロ 1着 逆4番キセキ 3着
ジャパンC   逆4番スワーヴリチャード 3着
逆4番配置で3着なら有るのかも?
2017年ジャパンCの正4番キタサンブラック3着から始まったと見れば芝限定とも言える。
3番人気なのと馬連で買うのでコパノキッキングは選ばない。
ここで来ても来なくてもヴィクトリアMでは気にしておきたい。

前日の結果から。
ダイヤモンドSは1倍台に応えてユーキャンスマイルが逆1番で勝利。
正逆15に当たる4枠と6枠が消えたのでG1前日で終了ということかと。
正逆15は頭数がジャパンCと同じ14頭立てとなり正逆1と重なる。
正逆1は東京メインの連日から。
白富士S  正1番2着
根岸S    正1番3着
節分S    逆1番3着
東京新聞杯 正1番3着
共同通信杯 正1番1着
クイーンC   逆1番1着
ダイヤモンドS 逆1番1着

京都牝馬Sは1番が取消、福永騎手が騎乗予定だった。
福永騎手は2番ユラノトに騎乗する、2番はダイヤモンドSでも3着。
正逆2はクイーンCで切れているが復活も有るかと。
母コイウタからのユラノトという名前は気に入りました、名前だけで応援したくなる。

前日三場メインの共通は正逆13。
小倉 和布刈特別  逆13番2着
京都 京都牝馬S  正13番3着
東京 ダイヤモンドS 逆13番2着
フェブラリーS 2番ユラノト 13番ノンコノユメ

フェブラリーSがフルゲート割れになったのは2000年以降では2度目。
2005年に15頭立て戦が有り1番人気のメイショウボーラーが勝っている。
2010年の取消戦も1番人気のエスポワールシチーが勝っている。
ここから妄想しようとあれこれ考えましたがコレという物が無かった。

軸は14番オメガパフューム。
土曜日で消えたけどアーモンドアイと同じ正逆1、15が重なる位置。
相手は2番ユラノト 3番ゴールドドリーム 6番インティ。
土曜日メインが荒れ気味だったのでこのレースは荒れそうに見えない。

京都記念と共同通信杯 回顧

京都が外れて人気決着の東京で当たり。
金額的には何も無いですね、これだけだと元って感じで配分してたのが当たっただけ。

京都記念は松若騎手と岩田騎手が直接馬券内に来て外れ。
松若騎手は1年ぶりの重賞勝利ですね。

共同通信杯は選んだ3頭が1着~3着も配当的にはどうしようもない。
正15番のダノンキングリーが1着は良かった。
逆2番もクラージュゲリエも3着だけど先週正逆15を上に見ると書いていたので。
関東重賞の4枠か6枠が連対も継続。
1枠と4枠でワイド以上が昨年の2歳混合G1から目立つ。
ここが皐月賞へのヒントなのか?

来週のダートG1でどうか?だけど一応はここから確認する。
それと16頭立てでしょうから2番か15番に入る馬を注目したい。
藤田菜七子騎手がG1に初騎乗します。
何かヒントが有ると思うので読み取りたいです。
今のところは何も考えて無いけど。

注目される存在としてはジャパンCのアーモンドアイ、有馬記念のオジュウチョウサンと同じなのかも。
1枠1番に配置されたりして、そうなれば4枠8番が面白いかもと妄想中。

京都記念と共同通信杯 

逆6番で松若騎手の-1隣、7番パフォーマプロミスから。
相手に正逆14番の2番ノーブルマーズと14番タイムフライヤーへ。

共同通信杯は7頭立て。
4枠に1番人気アドマイヤーズ、6枠に4番人気クラージュゲリエ。
正15番のダノンキングリーも3番人気。
アドマイヤマーズは朝日杯FSに続いての4枠配置。
朝日杯FSとホープフルSが4枠と1枠でワイド以上。
ここもその流れなのか?
3頭BOXで。

回顧だけ と京都記念少し

結果を見てからの回顧だけしておきます。

東京は中山から継続して重賞では4枠か6枠が連対。
根岸S 6枠11番コパノキッキング 1着
東京新聞杯 4枠6番レッドオルガ 2着

数字としては東京開催になってジャパンCのアーモンドアイの位置が気になる。
ジャパンC アーモンドアイ 正1番逆14番 正15番逆28番
東京1日 白富士S 正1番2着 正15番3着
東京2日 根岸S  逆15番2着 正1番3着
東京3日 節分S  逆15番1着 逆14番2着 逆1番3着
東京4日 東京新聞杯  逆14番1着 正1番逆15番3着

正逆1VS正逆15でワイドなのかと、次点で正逆14を考慮。
これと重なる位置で正逆2も3着以上になっている。
東京1日 白富士S 正2番1着
東京2日 根岸S  正2番2着
東京3日 節分S  正2番1着
東京4日 東京新聞杯  正2番1着

正逆2を上と見るか正逆15を上と見るかは分かれるでしょうね。
私は有馬記念のシュヴァルグランの位置とアーモンドアイの位置が重なる正逆15を上と見ています。
アメリカJCCも正逆15で馬連、単勝1.7倍の菊花賞馬が負けた事も強調しているように思える。

東京新聞杯はアーモンドアイに限らずJCの連対位置が重要。
昨年の回顧に書き足すと、
東京新聞杯は前年のJC1着2着から。
2012年 JC 1着正15番逆3番 2着正17番逆1番 2013年東京新聞杯 正1番正17番2着
2013年 JC 1着正7番逆11番 2着正逆9番    2014年東京新聞杯 正7番1着 正11番2着
2014年 JC 1着正4番逆15番 2着正1番逆18番 2015年東京新聞杯 逆4番2着
2015年 JC 1着正15番逆4番 2着正6番逆13番 2016年東京新聞杯 正6番1着
2016年 JC 1着正1番逆17番 2着正17番逆1番 2017年東京新聞杯 正17番3着
2017年 JC 1着正1番逆17番 2着正2番逆16番 2018年東京新聞杯 逆2番3着
2018年 JC 1着正1番逆14番 2着正8番逆7番  2019年東京新聞杯 逆14番1着 正1番3着

京都は重賞での岩田騎手か隣が継続、自身が2着に入りきさらぎ賞は荒れた。
8頭立てで三連単14万越えは驚いた、自身が直接関与して荒れた後に切れるのは良く有るので嫌な感じはする。
今年の京都重賞は1枠が3着以上。

昨年の回顧から、
きさらぎ賞は正逆12か13が3着以上。
2012年 正13番3着
2013年 正12番1着 逆12番3着
2014年 正12番3着
2015年 正13番逆12番2着 正12番逆13番3着
2016年 正12番3着
2017年 正12番逆13番3着
2018年 正13番1着 逆13番2着
2019年 正12番逆13番1着
見たまま、正12番か13番が3着以上。

京都記念で期待しているのは正逆6VS14。
2015年 正6番1着 逆14番2着
2016年 正6番2着 逆14番3着
2017年 正6番1着 正14番2着
2018年 正14番1着 正6番3着

松若騎手がダンビュライト、岩田騎手がマカヒキに騎乗予定。
それぞれの自身か隣が京都重賞では3着以上。

京都の混合重賞で松若騎手の隣が3着以上。
マイラーズS 1番→11番1着
平安S 3番→4番2着
京都大賞典 9番→8番2着
菊花賞 3番→4番2着
スワンS 1番→2番3着
きさらぎ賞 9番→8番2着
京都記念 9番→10番2着
京都新聞杯 14番→13番1着 15番3着
菊花賞 10番→9番2着
京都金杯 13番→12番1着
日経新春杯 6番→5番3着

自身が2着に来てきさらぎ賞が荒れた岩田騎手より隣示唆で継続する松若騎手の位置を重視したい。
ダンビュライトも近4戦で隣が3着以上ですしね。
オールカマー 2番→1番2着
天皇賞秋  8番→9番2着(自身除外)
チャレンジC 3番→2番2着
アメリカJCC 5番→4番2着
除外となった天皇賞秋の他は-1隣が2着。
松若騎手も-1隣の時は連対示唆、ここに期待してみるかな。

AJCC 回顧だけ

金土と飲み会が続いて昼近くまで寝てたのと4枠フィエールマンが消えると見えなかったのでスルーしてました。
結果的にはワイドなら当てられていたけど4-10のワイド690円じゃスルーで正解だった。
しかしシャケトラが勝ちますか。
数字的には私にはあまり良く思えなかった。
並びが頭シャとショ、尻トラとトルが気になった程度。
ここを買うというよりフィエールマンの1着無しとは考えていたので2着固定流しで引っ掛けられたかどうか程度。
まあ無理だったな。

ワイドでの狙いはールで並ぶ10番と11番への2点。
正逆12も重なるサクラアンプルールか優遇されていると感じるマーフィー騎手のメートルダール。
有馬記念もサクラアンプルールの隣シュヴァルグランが3着なので同じ。
正8番1着と逆2番3着が有馬記念と同じ数字を使っている。

中山の4枠か6枠は継続。
来週から東京開催なのでこのまま継続するかは分からない。
京都の正逆15は正15番3着、正逆34は正34番2着。
どちらかと云うとシルクロードSの方が良いかな。

中京では5枠のイン並びが否定された。
ダート重賞と中京開催なのがこれまでと違う点。
芝の主場のみと云う事か終わりが近いのか。
終わりを意識しながら来週土曜日の愛知杯の枠順を確認したい。

月曜の回顧 とAJCC妄想 (修正)

京都は金杯から正逆15ですね。
京都金杯 正15番2着
シンザン記念 逆15番3着
羅生門S 正15番2着
日経新春杯 逆15番1着
淀単距離S 逆15番1着

それと正逆15に重なる事が多かったが正逆34も1回飛ばしだけど次点として考慮。
京都金杯 逆34番1着
シンザン記念 正34番3着
羅生門S ×
日経新春杯 正34番1着
淀単距離S 正34番1着

京都メインは岩田騎手か隣も見ておきたい。
京都金杯 6番→7番3着
シンザン記念 騎乗無し
羅生門S 2番→1番1着 2番2着 
日経新春杯 10番→10番2着
淀単距離S 10番→10番1着
昨年も調べるとスワンSから京都は岩田騎手か隣でした。

中山重賞の4枠か6枠は京成杯の6枠1着で継続。
二文字接触も有るラストブラストが1着、こういう時に買って無いのはしょうがないね。
これでAJCCを狙いに行ったら切れたりね、しょうがないね。

ここで狙いたい数字は、中山2200以上重賞で正逆7か12が3着以上。
日経賞 逆7番3着
セントライト記念 正7番2着
オールカマー 逆12番1着
ステイヤーズS 逆12番1着 正12番2着 正7番3着
有馬記念 逆7番3着
AJCC 正7番1着
日経賞 正12番1着
セントライト記念 逆12番1着
オールカマー 正7番1着 逆12番2着
ステイヤーズS 正12番2着 逆12番3着
有馬記念 正12番2着

AJCCは月曜時点で11頭立て。
中山で良績のジェネラーレウーノと菊花賞馬フィエールマンとの一騎打ちムード。
前年勝ち馬ダンビュライトも出走するけど上の2頭に集中するでしょう。

菊花賞馬上位馬の出走は2015年ゴールドシップ7着と2018年ゴールドアクター11着。
(ゴールドアクターは菊花賞3着なので間違いでした、しかし同様に見ているのは変えない。)
しかし明け4歳では無かったので同じ結果になるとは言えない。
言えないが勝てるとも言えないと見ている。

菊花賞馬が有馬記念に出走しないで明け4歳初戦 を書き出すと、
2001年 エアシャカール (JC14着) 産経大阪杯2着
2008年 アサクサキングス 産経大阪杯3着
2009年 オウケンブルースリ (JC5着) 阪神大賞典7着
2011年 ビッグウィーク 京都記念6着
2014年 エピファネイア 産経大阪杯3着
2015年 トウホウジャッカル 宝塚記念4着
2018年 キセキ 日経賞9着
連対としても2001年まで遡る、厳密には馬齢表記変更前なので明け5歳。
7番人気の勝ち馬としてはビッグウィーク、面白いことに勝ちタイム3.06.1も同じ。
フィエールマンが負けると予想するなら買う意味は有ると思う、当たるかは知らない。

それを打ち消すのがレイデオロか。
オールカマーに出走し勝利したレイデオロとルメール騎手。
AJCCはオールカマーと中山2200mG2としてセットのレース。
ここでフィエールマンを使うためのレオデオロのオールカマー出走だったら・・・。
あとは枠順を見てからにします。

日経新春杯 回顧 と京成杯を確認だけ

うーん、年明け3連敗。
金額は抑えているのでそれは良いが書いて外すのは気が萎える。

軸としたシュペルミエールが3着なので京都重賞での松若騎手の隣は継続した。
二文字接触も1着と3着が接触配置。

マサハヤド<リー>ム
グロー<リー>ヴェイズ

アフリカンゴ<ール>ド
シュペルミエ<ール>

継続はしているけど人気側なのでワイドは選択していない。

中山重賞は4枠か6枠が連対。
カペラS 6枠2着
ターコイズS 4枠2着
中山大障害 4枠1着
有馬記念 4枠1着 6枠2着
ホープフルS 4枠1着 6枠2着
中山金杯 6枠1着
フェアリーS 4枠2着

フェアリーSの4枠が、
ウインターリ<リー>
ホウオウカト<リー>ヌ
の並びでホウオウカトリーヌが2着。

京成杯では、
カテ<ドラ>ル
ラスト<ドラ>フト
の並びが有り6枠7番がラストドラフト。

明日は通常出勤日なので私は結果の確認だけ。

日経新春杯を軽く

ネタは無いのだけど松若騎手隣と二文字接触から当たれば良いな程度で。

5番シュペルミエールから4歳の2番4番12番へ。
それともう一頭、人気なので切りたいのだけど二文字接触が3頭並びの14番15番16番が気になる。
アイ<トー>ン
ロ <ード>ヴァン<ドー>ル
ムイトオブリガ<-ド>
間にニヶ所の接触を持たせているのが気になるので16番だけ入れておく。
5番を軸に取りたいので流れからは4歳馬との馬連が私的には良いのだけど。

5番から2番4番12番16番へ軽く入れてみる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 12/25:テキサス

  • 12/22:テキサス

  • 12/18:テキサス

  • 12/16:猫パンチ

  • 12/15:テキサス

  • 12/12:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/09:テキサス

  • 12/02:テキサス

  • 11/25:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア