FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

菊花賞どうでしょう?3

枠順が出たので。

最初に確認したかったのがエタリオウの位置。
エタリオウとアフリカンゴールドが5枠でステイゴールド枠なのだがあまり良く思えない。

正逆5の2頭は良く思える。
枠順を見るまではエポカドーロは外してエタリオウは入れてと考えていたけどエタリオウの位置がなあ。
逆だったらエタリオウを軸にして流してたのだけど。

菊花賞の枠で良いのは2枠と7枠。
特に2枠は5年連続で連対、内3勝。
5枠はと言うと、
2007年 5枠10番アサクサキングス 1着
2010年 5枠10番ローズキングダム 2着
2013年 5枠10番バンデ 3着
近10年で3着以内が3度で全て5枠10番。
エタリオウは5枠9番。
それ以前も、
1993年 5枠9番ウイニングチケット 3着
1994年 5枠8番エアダブリン 3着
1995年 5枠10番マヤノトップガン 1着
2001年 5枠8番エアエミネム 3着
と1993年の3着を最後に馬券に絡んでいない位置。

7枠逆5番のモレイラ騎手が勝つとかどうだろう?
JRA騎手試験に落ちてこの後香港に戻ることが決まっています。
補填的な意味や来年の再試験の為にここでG1を取るというのも考えられないか?
妄想ですね。

4枠か6枠だと見てたけど考えてなかった馬が入った。
選ぶなら4枠は8番カフジバンガード、6枠は12番フィエールマンかと。
2頭のうちだとフィエールマン。
三冠取ったルメール騎手にはまだJCも有るし遠慮願いたいが。

他は2枠3番ブラストワンピースと1枠2番グレイルも悪くないと思う。
取消後の岩田騎手自身か起点の隣か。

アとヴは1番18番で並びはした、1枠1番アイトーンの3着狙いとか無理かなとか思ったり。

あれやあこれや決め手が無いので日曜まで悩みます。
スポンサーサイト

菊花賞どうでしょう?2

ワグネリアンが天皇賞秋を回避した。
放牧に出たので復帰は未定なのかな。
天皇賞秋の妄想の中心だったのだけど考え直しになった。

それはおいといて、枠順発表前にネタを一つ。

今回書くのは神戸新聞杯を勝って菊花賞に出走しなかった年。
神戸新聞杯は1995年からトライアルとなっているので以降の年を調べた。
1999年までは京都新聞杯も菊花賞トライアルですがそれは考慮していません。

1996年 11頭立て5枠5番シロキタクロス    菊花賞17頭立て5枠10番ロイヤルタッチ 2着
2000年 12頭立て7枠10番フサイチソニック  菊花賞18頭立て7枠15番エアシャカール 1着
2002年 16頭立て5枠9番シンボリクリスエス 菊花賞18頭立て4枠7番ファストタテヤマ 2着
2004年 8頭立て7枠7番キングカメハメハ   菊花賞18頭立て3枠5番ホオキパウェーブ 2着
2008年 18頭立て1枠1番ディープスカイ    菊花賞18頭立て1枠1番フローテーション 2着
2017年 14頭立て5枠8番レイデオロ      菊花賞18頭立て2枠4番クリンチャー 2着
2018年 10頭立て3枠3番ワグネリアン

フルゲート数の18を越えるまで正番を循環すると・・・。
1996年 正27番→正27番2着
2000年 正22番→逆22番1着
2002年 正25番→正25番2着
2004年 正23番→正23番2着
2008年 正19番→正19番2着
2017年 正22番→正22番2着
2018年 正23番→18頭立てとして正逆5

正逆5は妄想の狙い目、
2004年 正5番2着
2008年 正5番3着
2017年 逆5番3着
と重なる。

それと京都2200m以上のG1と限定すると、
天皇賞春 正23番シュヴァルグラン 2着
菊花賞  逆23番ポポカテペトル  3着
エリ女杯 正23番モズカッチャン  1着
天皇賞春 逆23番レインボウライン 1着
の位置とも重なる。

2年連続で神戸新聞杯を勝っても菊花賞へ向かわない。
このルートが普通になれば今年継続しても直ぐに消えるでしょうね。
今年だけでも継続をお願いしたい。

菊花賞どうでしょう?

第79回菊花賞(GI)

JRA年間プロモーションキャラクターである松坂桃李さんが、表彰式プレゼンター及びトークショーを行います。

阪神9日 ポートアイランドS 逆8番1着
京都1日 平城京S      逆8番3着
京都2日 オパールS     正8番3着
京都3日 京都大賞典    逆8番2着
京都4日 大原S       逆8番2着
京都5日 秋華賞       逆8番1着

京都G1は正逆8か11が3着以上。
マイルCS 11番エアスピネル 2着
天皇賞春 11番シュヴァルグラン 2着 8番クリンチャー 3着
秋華賞   11番アーモンドアイ 1着

一応3000m以上の重賞も正逆29が3着以上。
ステイヤーズS 正29番1着 逆29番2着
ダイヤモンドS  逆29番1着 正29番2着
阪神大賞典   正29番1着
天皇賞春    正29番1着

このレースは福永騎手から2隣か7隣が3着以上。
2013年 3番→10番3着
2014年 9番→2番1着
2015年 11番→4番1着
2016年 11番→13番3着
2017年 11番→13番1着 4番2着

このレースは天皇賞春の1着枠騎手の枠が3着以上。
2014年 蛯名騎手、ウイリアムズ騎手 →蛯名騎手2着
2015年 横山騎手、蛯名騎手 →蛯名騎手1着同枠
2016年 武豊騎手、勝浦騎手 →武豊騎手3着
2017年 武豊騎手、幸騎手 →武豊騎手1着同枠 3着同枠
2018年 岩田騎手、ボウマン騎手 →岩田騎手グレイル騎乗

菊花賞は武豊騎手の3隣枠が連対。
2014年 4枠7番→1枠2番1着
2015年 3枠6番→6枠11番2着
2016年 7枠13番→2枠3番1着
2017年 7枠15番→2枠4番2着

馬起点は例が少ないので参考程度で。

ブラストワンピースから4隣が3着以上。
毎日杯   1番→5番2着
ダービー  8番→12番2着
新潟記念 1番→5番2着
3戦で+4隣が3着。

ジェネラーレウーノから4隣が3着以上。
皐月賞     10番→14番2着
ダービー     16番→12番2着
セントライト記念 4番→15番2着

ステイフーリッシュから2隣か16隣が3着以上。
ホープフルS 13番→15番3着
共同通信杯 9番→1番2着
京都新聞杯 13番→15番3着
ダービー   10番→12番2着
神戸新聞杯 4番→2番2着 6番3着

タイムフライヤーから8隣か10隣が3着以上、全9戦。
ホープフルS 7番→15番2着
若葉S     12番→8番2着
皐月賞    1番→7番1着
ダービー   2番→12番2着
神戸新聞杯 5番→3番1着

ダービー3着馬から3隣か5隣が3着以上。
2004年 14番ハイアーゲーム →1番3着
2005年 11番シックスセンス →6番2着
2006年 13番ドリームパスポート →18番1着
2009年 8番アントニオバローズ →3番2着
2011年 8番ベルシャザール →13番2着
2014年 1番マイネルフロスト →4番2着
2016年 6番ディーマジェスティ →3番1着 11番2着
2018年 コズミックフォース出走予定

牝馬G1を正逆2と13で統一したが牡馬も同じなら正逆7か12。
スプリングS   正12番3着
皐月賞      正7番1着 逆7番3着
ダービー     正12番2着 正7番3着
神戸新聞杯   正12番2着
セントライト記念 逆12番1着

三冠牝馬年の菊花賞。
1986年 エリ女杯13-6-2 →菊花賞13番1着
2003年 秋華賞17-10-14 →菊花賞17番3着 (逆17番2着)
2010年 秋華賞15-10-4 →菊花賞10番2着
2012年 秋華賞14-1-2  →菊花賞1番2着
2018年 秋華賞11-13-2

6枠11番が重なる、または逆の4枠8番。
3歳牡馬の流れからは正逆7か12なので4枠か6枠を重視したい。

3着が多いので馬連じゃ微妙だけどG1は正逆1か2が3着以上。
オークス 正1番2着 正2番3着
ダービー 逆2番1着
安田記念 正1番3着
宝塚記念 正2番3着
スプリンターズS 正1番3着
秋華賞  正2番3着

G1で岩田騎手から隣が3着以上。
ダービー 13番→12番2着
安田記念 11番→10番1着
宝塚記念 1番→2番3着
スプリンターズS 10番→9番2着
秋華賞  3番→2番3着
隣なのですが秋華賞で取消となったので自身が来るという事も考慮したい。
セントライト記念3着で優先権を持つグレイルに騎乗予定。

G1で松山騎手から隣か10隣が3着以上。
チャンピオンズC 3番→13番2着
朝日杯FS     7番→1番1着
高松宮記念   10番→9番1着
大阪杯      16番→15番1着
桜花賞      5番→13番1着
天皇賞春    5番→12番1着
NHKMC     1番→11番1着 9番2着
宝塚記念    14番→4番1着 13番2着
1着指名が多いので期待している、メイショウテッコンに騎乗予定。

3歳牡馬クラシックはルメール騎手から6隣か8隣が3着以上。
菊花賞  3番→11番2着 13番3着
皐月賞  5番→11番1着
ダービー 12番→4番2着 18番3着
菊花賞  16番→4番2着
皐月賞  15番→7番2着
ダービー 15番→7番3着

菊花賞 妄想

ワグネリアンの菊花賞回避で昨年同様の大荒れとなるのか?

まずは出走馬の想定から古馬特別戦勝ちを調べてみる。
グローリーヴェイズ 佐渡S 1600万下 1番人気
カフジバンガード 能勢特別 1000万下 1番人気
グロンディオーズ 信濃川特別 1000万下 2番人気
ユーキャンスマイル 阿賀野川特別 1000万下 2番人気
アフリカンゴールド 兵庫特別 1000万下 1番人気

1000万下を勝って来る馬が多い中1600万下を勝って来たグローリーヴェイズがこの中では一番評価。
きさらぎ賞2着と京都新聞杯4着も有り春G1未出走という条件も合う。
それともう一頭例外な古馬重賞を1番人気で勝ってきた馬が居る、新潟記念のブラストワンピース。
古馬特別戦ではなく古馬戦とすればこちらの方が当然上になる。
上にはなるがダービーで5着という戦歴が有る、これをどう見るか。

1番人気で兵庫特別を勝ったアフリカンゴールドは頭尻アの馬として注目する。
グロンディオーズとユーキャンスマイルは2番人気勝ちが同じだがユーキャンスマイルを上に見る。
理由は阿賀野川特別の1番人気も同じ馬主(金子HD)だったので正逆や同枠と同じ考えで見ている。
その時の1番人気2着ダブルフラットがセントライト記念で14着と人気も無いでしょうし。
1000万下を3戦して勝ったカフジバンガードは1番人気勝ちも評価は下。

2004年
1着18番デルタブルース  1000万下 九十九里特別1番人気1着
2着5番ホオキパウエーブ セントライト記念2番人気2着←ダービー9番人気9着
3着1番オペラシチー   朝日CC2番人気7着←1000万下 玄海特別1番人気1着
2008年
1着14番オオウケンブルースリ 神戸新聞杯2番人気3着←1000万下 阿賀野川特別1番人気1着
2着1番フローテーション 神戸新聞杯14番人気12着←ダービー15番人気8着←皐月賞11番人気11着
3着5番ナムラクレセント 1000万下 玄海特別2番人気1着(1番人気逆番)
で結果は、
2017年
1着13番キセキ 神戸新聞杯2番人気2着←1000万下 信濃川特別1番人気1着
2着4番クリンチャー セントライト記念4番人気9着←ダービー9番人気13着←皐月賞13番人気4着
3着14番ポポカテペトル 1000万下 阿賀野川特別2番人気1着(1番人気同枠)

上記のダービー馬が神戸新聞杯を勝って菊花賞を回避した年は1着3着が古馬特別戦勝ち。
2着にはダービーへ出走し4着以下に負けた馬。
人気はダービーの4着エタリオウと5着ブラストワンピースでしょう。
神戸新聞杯2着エタリオウと新潟記念1着のブラストワンピース。
2008年と2017年で2着に入っている馬は皐月賞ダービー4着以下、前哨戦の優先権取れずという馬。
2004年の2着はセントライト記念2着とダービー負け。
エタリオウが合う気がする。

妄想の三連単は、
1着ブラストワンピース、グローリーヴェイズ→2着エタリオウ、ブラストワンピース
→3着グローリーヴェイズ、アフリカンゴールド、ユーキャンスマイル。

狙い目は、
2004年 正5番2着
2008年 正5番3着
2017年 逆5番3着

頭尻アはアイトーンとアフリカンゴールド。
ヴはグローリーヴェイズ、アとヴが隣り合う配置になるか。

秋華賞 回顧

アーモンドアイの三冠達成。
春からの今年は三冠無しの妄想は大外れ。
馬券は最初から見ていた7枠が2着で予想としては良かったと思う。
途中まで前に居たランドネが数字的にも残念だったが当たったので良しとする。
三冠になるなら相手は7枠とも見ていたので取消からもそうなるよねって感想。
アーモンドアイからで馬連880円なら十分かな。

3歳2000mG1の皐月賞と秋華賞の関係。
2015年皐月賞 2着3枠5番→2015年秋華賞 3枠6番3着
2016年皐月賞 2着2枠3番→2016年秋華賞 2枠3番2着
2017年皐月賞 2着4枠7番→2017年秋華賞 4枠7番1着
2018年皐月賞 2着7枠14番→2018年秋華賞 7枠13番2着

2012年秋華賞 1着7枠14番→2014年皐月賞 7枠14番2着
2013年秋華賞 1着8枠16番→2014年皐月賞 8枠17番2着 18番3着
2014年秋華賞 1着3枠6番→2015年皐月賞 3枠5番2着
2015年秋華賞 1着8枠18番→2016年皐月賞 8枠18番1着
2016年秋華賞 1着4枠7番→2017年皐月賞 4枠7番2着
2017年秋華賞 1着7枠14番→2018年皐月賞 7枠14番2着
2018年秋華賞 1着6枠11番→2019年皐月賞 6枠?

秋華賞はローズS1着枠が連対。
2013年 ローズS1着1枠1番→1枠1番2着
2014年 ローズS1着3枠6番→3枠6番1着
2015年 ローズS1着8枠16番→8枠18番1着
2016年 ローズS1着4枠7番→4枠7番1着
2017年 ローズS1着7枠14番→7枠14番1着
2018年 ローズS1着7枠13番→7枠13番2着

このレースは福永騎手の4隣が3着以上。
2014年 8番→4番2着 12番3着
2015年 4番→18番1着
2016年 7番→3番2着
2017年 11番→7番2着
2018年 騎乗無し

このレースは2010年から正逆4か6が3着以上。
2010年 逆4番1着 正4番3着
2011年 正4番1着
2012年 ×
2013年 逆6番3着
2014年 正6番1着 正4番2着
2015年 正6番1着
2016年 逆4番3着
2017年 正4番3着
2018年 逆6番2着

阪神9日 ポートアイランドS 逆8番1着
京都1日 平城京S      逆8番3着
京都2日 オパールS     正8番3着
京都3日 京都大賞典    逆8番2着
京都4日 大原S       逆8番2着
京都5日 秋華賞       逆8番1着

京都G1は正逆8か11が3着以上。
マイルCS 11番エアスピネル 2着
天皇賞春 11番シュヴァルグラン 2着 8番クリンチャー 3着
秋華賞   11番アーモンドアイ 1着

さて秋華賞

土曜日の頭尻アは微妙かな。
妙高特別はアッティーヴォの隣が3着。
大原Sは2頭が3着内、府中牝馬Sは3頭とも馬券外。
ヴの隣は継続で有れば11番アーモンドアイは切れない、10番オールフォーラヴが隣配置。

阪神9日 ポートアイランドS 逆8番1着
京都1日 平城京S      逆8番3着
京都2日 オパールS     正8番3着
京都3日 京都大賞典    逆8番2着
京都4日 大原S       逆8番2着
京都5日 秋華賞       逆8番アーモンドアイ
しょうがないね。
他にもローズSは逆11番サラキアが2着、神戸新聞杯は逆8番ワグネリアンが1着。
秋G1初戦のスプリンターズSは正8番ファインニードルが1着、逆8番ラブカンプーが2着。
アーモンドアイが11番に入ってから調べてみたけど流れは既に有ったんだな。
前日の牝馬重賞の府中牝馬Sも逆8番ディアドラが1着。
しょうがないね。

昨日飲み過ぎて今日は昼も寝てた、で枠順を見ると2枠3番スカーレットカラーが取消。
3歳牝馬G1が3戦とも取消戦という何とも珍しい年になりまして三冠に相応しい特異な年とも言えるのかと。
三冠馬は今年は無いとした3月からの考えが外れそうで偉そうに書いて恥ずかしい。

正逆8か11は京都G1のこれからの数字となるのか?
マイルCS 11番エアスピネル 2着
天皇賞春 11番シュヴァルグラン 2着 8番クリンチャー 3着
どうせなら2着も合わせてくれると三冠成らずなのだが。

7枠が馬券に絡むと見ていたのだけどどうするか。
13番ミッキーチャームは春の1着番で悪くない位置。

優先権を持つ馬が内枠に偏った。
4頭とも5番以内に入り持たない3番スカーレットカラーが取消。

アーモンドアイを消せ無いなあ。
相手の一番手はルメール騎手6隣の5番サラキアにしたい。
他は7枠から13番ミッキーチャーム。
1枠2番カンタービレもゲストから。
ルメール騎手7隣と正逆76が重なる2枠4番ランドネはワイドで。

4枠はゲストと2000mG1からだけどラッキーライラックは来たらしょうがないで買わないでおく。

秋華賞どうでしょう?(追記)

第23回秋華賞(GI)

2018秋華賞
波瑠(はる、1991年6月17日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル。東京都出身。ホリエージェンシー所属。

二文字、単純なら2番か2枠。
秋華賞では2枠の成績は良い、近10年で7度の3着以上枠。
どちらかと言うと今考えているのは1枠2番の方。

名前からのイメージは青の4枠、こちらの方が重要だと思う。
波はそのまま海をイメージする。
サッカーではサムライブルーが「日本の国土を象徴する海と空の青」を表すとされているが後付けの理由らしい。
藍色をジャパンブルーと呼んだのは明治初めに来日したイギリス人科学者、ロバート・ウィリアム・アトキンソンとのこと。
「瑠」一文字では意味をなさず「瑠璃」は玉という意味、現在ではラピスラズリのことと言われてます。
ラピスラズリから瑠璃色は濃く深い青とされている。

3歳2000mG1の皐月賞と秋華賞の関係。
2015年皐月賞 2着3枠5番→2015年秋華賞 3枠6番3着
2016年皐月賞 2着2枠3番→2016年秋華賞 2枠3番2着
2017年皐月賞 2着4枠7番→2017年秋華賞 4枠7番1着
2018年皐月賞 2着7枠14番→2018年秋華賞 7枠?
まだ3年だけど。

2012年秋華賞 1着7枠14番→2014年皐月賞 7枠14番2着
2013年秋華賞 1着8枠16番→2014年皐月賞 8枠17番2着 18番3着
2014年秋華賞 1着3枠6番→2015年皐月賞 3枠5番2着
2015年秋華賞 1着8枠18番→2016年皐月賞 8枠18番1着
2016年秋華賞 1着4枠7番→2017年皐月賞 4枠7番2着
2017年秋華賞 1着7枠14番→2018年皐月賞 7枠14番2着
こっちは6年続いている。

7枠が気になるのはルメール騎手の3歳牝馬重賞騎乗枠からも。
桜花賞 7枠13番アーモンドアイ 1着
オークス 7枠13番アーモンドアイ 1着
紫苑S  7枠14番ノームコア 1着
ローズS 7枠13番カンタービレ 1着

上と関連して秋華賞はローズS1着枠が連対。
2013年 ローズS1着1枠1番→1枠1番2着
2014年 ローズS1着3枠6番→3枠6番1着
2015年 ローズS1着8枠16番→8枠18番1着
2016年 ローズS1着4枠7番→4枠7番1着
2017年 ローズS1着7枠14番→7枠14番1着
2018年 ローズS1着7枠13番

2000mG1は4枠から。
大阪杯    4枠5番キタサンブラック 1着
皐月賞    4枠7番ペルシアンナイト 2着
秋華賞    4枠7番リスグラシュー 2着
天皇賞秋   4枠7番キタサンブラック 1着 8番レインボーライン 3着
ホープフルS 4枠7番タイムフライヤー 1着
大阪杯    4枠8番アルアイン 3着
皐月賞    4枠7番エポカドーロ 1着

このレースはルメール騎手の7隣が3着以上、騎乗はこの3年のみ。
2015年 11番→18番1着
2016年 4番→15番3着
2017年 14番→7番2着

3歳牝馬重賞のルメール騎手は6隣が3着以上。
チューリップ賞 8番→4番2着
桜花賞     13番→1番2着
オークス    13番→1番2着
紫苑S      14番→8番3着
ローズS    13番→4番3着

京都G1でルメール騎手から6隣か8隣が3着以上。
菊花賞   3番→11番2着 13番3着
エリ女杯  9番→3番1着 1番3着
マイルCS 8番→16番1着
天皇賞春 15番→8隣6番2着
菊花賞   16番→4番2着
エリ女杯  16番→4番2着 10番3着
マイルCS 12番→18番1着 4番3着
天皇賞春 14番→8番3着

このレースは福永騎手の4隣が3着以上。
2014年 8番→4番2着 12番3着
2015年 4番→18番1着
2016年 7番→3番2着
2017年 11番→7番2着

このレースは2010年から正逆4か6が3着以上。
2010年 逆4番1着 正4番3着
2011年 正4番1着
2012年 ×
2013年 逆6番3着
2014年 正6番1着 正4番2着
2015年 正6番1着
2016年 逆4番3着
2017年 正4番3着

京都5日目は正逆4か15が3着以上。
京都新聞杯 正15番2着
秋華賞    正4番逆15番3着
アンドロメダS 正15番2着
日経新春杯 逆4番3着
洛陽S     正15番1着
京都新聞杯 正15番3着

京都2000m以上重賞は正逆76が3着以上。
秋華賞    正76番3着
菊花賞    正76番2着
エリ女杯   正76番2着
京都2歳S  逆76番2着
日経新春杯 逆76番3着
京都記念  正76番3着
天皇賞春  正76番3着
京都新聞杯 正76番2着
京都大賞典 逆76番1着
数字で一番期待しているのはこれ。
18頭立てで正逆4、15と重なる。
7枠が使われると見ているので7枠15番の馬をまず確認したい。

春二冠の取消は、
桜花賞 2番アマルフィコースト取消。
オークス 4番トーセンブレス取消。
比較されるのは2003年スティルインラブ、
桜花賞 2番メイプルロード取消。
オークス 18番アイシースズカ取消。
2003年の秋華賞枠順と戦歴等の配置で似た部分が無いか確認したい。
スティルインラブの8枠は自身が優先権無しも他2頭は紫苑S2着とローズS3着で持っていた。
アーモンドアイも優先権は無い、優先権持ちと枠を組むか?

2003年は7枠14番3着で統一、今年なら7枠13番1着か1枠1番2着なら同様になる。
アーモンドアイが三冠取るなら7枠配置だと思うのだけどこれはただの願望か。
願望ついでに1枠4枠7枠内で三連をお願いしたい。

秋華賞 妄想(追記)

焦点は三冠牝馬の誕生成るか、これしか無いですね。
1強状態から2番手グループのリリーノーブルは回避確定。
ラッキーライラックはローズSを使えず直行しても体調面に不安が有る。
最初から直行予定のアーモンドアイにはマイナス面が無いという論調になるでしょう。

今年は三冠馬は無いと書いて来たのですが他に勝てる馬が居るのかに???
まずはG制整備以降の春二冠馬で三冠目に失敗した例から考えてみる。

牡馬(菊花賞)
1992年 ミホノブルボン2着 -1着ライスシャワー ダービー2着、4枠ゾロ目決着 4枠8番1着
2003年 ネオユニヴァース3着 -1着ザッツザプレンティ ダービー3着、4枠8番
2006年 メイショウサムソン4着 -1着ソングオブウインド 春G1未出走、2着ドリームパスポート 皐月賞2着ダービー3着

牝馬(秋華賞、エリ女杯)
1987年 マックスビューティ2着 -1着タレンティドガール オークス3着
1993年 ベガ3着 -1着ホクトベガ 春G15着6着、2着ノースフライト 春G1未出走 前走府中牝馬S1着
2009年 ブエナビスタ3着 -1着レッドディザイア 春連続2着

無理やり纏めると、
ダービーとオークスの3着以内、優先権持ちの馬。
ソングオブウインドは神戸新聞杯3着、ホクトベガはローズS3着。
桜花賞オークスの3着2着リリーノーブルが出走しないのでラッキーライラックのみが対象。
紫苑Sの1着2着馬も回避予定、紫苑Sの3着は出走するがローズS3着以内が上位と見ます。
勝ったカンタービレはルメール騎手騎乗で7枠13番というアーモンドアイの補助的な感じがする馬。
サラキアとラテュロスは春G1未出走。
相手としてはラッキーライラックとローズ優先権持ちの3頭。

三冠馬になるとしても相手は春の実績馬か優先権持ちの馬。
ディープインパクトの2着は皐月賞3着のアドマイヤジャパン。
オルフェーヴルの2着はダービー2着・神戸新聞杯2着のウインバリアシオン。
アパパネの2着はローズS1着のアニメイトバイオ。
ジェンティルドンナの2着は春二冠2着とローズS2着のヴィルシーナ。
ここもラッキーライラックとローズSの3頭しか居ない。
人気順で面白いのが2番人気と6番人気。
アドマイヤジャパンとアニメイトバイオが6番人気。
ジェンティルドンナの3着アロマティコも6番人気。
ウインバリアシオンとヴィルシーナが2番人気。

ジェンティルドンナと枠配置を見比べると似たイメージは有る。
7枠13番で二冠を取ったアーモンドアイ、同じ馬番での二冠は初めての事。
ジェンティルドンナは7枠14番でオークスと秋華賞を取った。
ジェンティルドンナの桜花賞は枠5-7、オークスは枠7-5、秋華賞は枠7-1。
アーモンドアイは桜花賞オークス共に枠7-1。
オルフェーヴルは7枠14番で相手が枠ゾロ目。
アパパネは7枠15番で相手が5枠。
ディープインパクトは皐月賞のみ7枠14番。

三冠取るなら7枠配置が望ましいと思う、あるいは枠連ゾロ目での三冠達成か相手が7枠。
馬券対象と考える4頭がどういう配置になるのか。
直前の動向からはモレイラ騎手が騎乗停止で乗り替わるサラキアは気になる。

サラキアも対象なのだがアーモンドアイで仕方無いのかと思うのが10月メインの流れ。
サウジロイヤルC グランアレグリア1着 アマーティ3着
平城京S アイアンテーラー1着
毎日王冠 アエロリット1着
オパールS アンヴァル1着 モズスーパーフレア3着
グリーンチャンネルC サンライズノヴァ1着 アードラー3着
京都大賞典 レッドジェノヴァ2着 アルバート3着

頭尻アの馬ばかり。
他ではヴの馬か、京都大賞典もシュヴァルグランが4着もレッドジェノヴァが2着。
ヴはローズS9着のオールフォーラヴが出走予定。

ヴは隣も含めて考えたい。
平城京S 9番ゴールデンブレイヴ 10番ファッショニスタ2着
毎日王冠 ステルヴィオ2着
オパールS 9番アンヴァル 8番モズスーパーフレア3着
グリーンチャンネルC 7番サンライズノヴァ 6番アードラー3着
京都大賞典 4番レッドジェノヴァ 5番アルバート3着

土曜日で継続かを確認する。
妙高特別は登録が多く対象馬も多い、その中で馬名だけならアッティーヴォか隣が気になる。
府中牝馬Sではアが3頭、アドマイヤリード・キョウワゼノビア・クロコスミア。

スプリンターズS 回顧

ああー馬券は完敗。
しかし考える方向は合っていた、それだけに悔やむ。
ファインニードルの1着は良い、それは考えていた。
5枠がなあ、ラブカンプーは普通に使いすぎだろと思った。
1番もなあ武豊だもんなあ、前年の1着同枠騎手。
レッドファルクスが16番に入った時点で頭を切り換えるべきだった。
三連覇目の同枠じゃなく隣と見たら前年と同じ隣配置の武豊騎手、正逆配置でも有る。
1番人気1着と三連覇対象馬の隣3着と見るべきだった。
1-8ワイド3740円・・・。

古馬混合G1で岩田騎手か隣が3着以上。
フェブラリーS 11番→12番1着
高松宮記念  8番→9番1着 8番2着 7番3着
天皇賞春   12番→12番1着 11番2着
安田記念   11番→10番1着
宝塚記念   1番→2番3着
スプリンターズS 10番→9番2着

G1でルメール騎手から6隣か10隣が3着以上。
天皇賞春   14番→6隣8番3着
NHKMC    7番→10隣17番3着 
ヴィクトリアM 9番→10隣4番1着
オークス    13番→6隣1番2着
ダービー    15番→10隣7番3着
安田記念   10番→6隣10隣4番2着
宝塚記念   3番→6隣10隣13番2着
スプリンターズS 15番→6隣10隣9番2着

数字は良くなかった、夏を跨いで確認中もごっそりと消えた。
秋華賞までに調べ直しだな。

スプリンターズSどうでしょう?2

あまり良いネタが無いので確認だけにしようと思ってた物の中から少し書いてみる。

スプリンターズSは仁新潟開催翌年から正逆2が3着以上。
2015年 正2番1着
2016年 逆2番2着
2017年 正2番2着
一応3年連続で連対、逆2番でレッドファルクス同枠に期待している。

G1で武豊騎手から10隣か12隣が3着以上。
桜花賞     17番→10隣3着
皐月賞     3番→12隣7番1着
ヴィクトリアM 16番→12隣4番1着 10隣6番3着
オークス    3番→10隣13番1着
ダービー    11番→12隣17番1着
安田記念   14番→12隣10番1着 10隣4番2着
宝塚記念   8番→12隣4番1着 10隣2番3着
一応皐月賞以降は1着指名なのだが期待の12隣が5番と13番。
アレスバローズに悩むところだけど11番セイウンコウセイを取った。

武豊騎手で気にしているのはもう一つ混合G1の4隣。
12隣は16頭立ての4隣と同じ位置。
高松宮記念  11番→4隣7番3着
皐月賞     3番→4隣7番1着
ダービー    11番→4隣7番3着
安田記念   14番→4隣10番1着
宝塚記念   8番→4隣4番1着

G1でルメール騎手から6隣か10隣が3着以上。
天皇賞春   14番→6隣8番3着
NHKMC    7番→10隣17番3着 
ヴィクトリアM 9番→10隣4番1着
オークス    13番→6隣1番2着
ダービー    15番→10隣7番3着
安田記念   10番→6隣10隣4番2着
宝塚記念   3番→6隣10隣13番2着
スプリンターズS 15番→5番か9番
ここもアレスバローズに当たる。
騎手起点は夏を越えて継続するかを確認してからにしたいので外していたが悩む。

纏まりそうにないのでここで結論を出す。
1番人気が勝つなら8枠は3着だと思う、8番からの馬連は5番10番。
15番からは3番5番8番10番11番へワイドにする。
ナックビーナスを外しているのでこれでも当たれば何とか、当たれば・・・。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 09/16:猫パンチ

  • 09/16:リリープー

  • 04/08:猫パンチ

  • 04/08:ゆうなお

  • 03/31:猫パンチ

  • 03/30:ゆうなお

  • 02/25:HAT

  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア