1. 無料アクセス解析

菊花賞 回顧

キセキの勝利、参りました。
最初の考えを貫いていれば・・・、でも2着クリンチャーじゃダメ。
最後に抽選を突破して滑り込んだ2枠3番スティッフェリオの同枠かクリンチャーは。
しかもダンビュライトの逆番、こっちは考えてなかった。
そして3着は逆5番ポポカテペトル、この馬は数字も良く買い目に入れたんだけどせめて2着なら馬連で勝ちだったが・・・。
うーん、上手く纏めきれなかった感じがそのままな感じの抜けと今回はワイドを買ってない。
13番14番はワイドにしておくべきだったな、馬単14→13とか500円入れてたのが失敗。
馬連も止めてワイド選択だったら春の負けからプラスに出来てたのに。

結局、1000万下特別勝ちで優先権持ちが勝ち、ダービー出走馬が2着、3着にも1000万下特別勝ち。
2008年はその戦歴の3頭で決まっている、これで荒れるの予測して当てられないとかホント情けない。
最初の妄想が合っていて10月22日を調べて迷いが深まってしまった感じ。

ここ5年は2枠が連対。

京都芝混合重賞は正逆23が3着以上。
きさらぎ賞 正23番1着
京都記念 正23番3着
マイラーズC 正23番1着
天皇賞春  正23番2着
京都新聞杯 正23番1着 逆23番3着
京都大賞典 正23番2着
菊花賞   逆25番3着

G1で岩田騎手の4隣か6隣が3着以上。
天皇賞春 10番→4隣6番2着
NHKMC  騎乗無し
ヴィクトリアM  14番→4隣10番2着
オークス 7番→6隣1番2着
ダービー 10番→6隣4番2着
安田記念 10番→4隣14番1着 6隣16番2着 4隣6番3着
宝塚記念 7番→4隣11番11着 6隣2番2着 
スプリンターズS 2番→6隣8番1着 4隣6番3着
秋華賞  16番→6隣4番3着
菊花賞  10番→6隣4番2着 4隣14番3着

ダンビュライトから19隣が3着以上。
きさらぎ賞  4番→7番1着 1番2着
弥生賞    4番→11番1着
皐月賞   10番→11番1着
ダービー   1番→18番3着
神戸新聞杯 3番→8番1着
菊花賞   15番→14番3着

サトノアーサーから6隣が3着以上。
新馬     9番→3番3着
シクラメン賞 5番→8番2着
きさらぎ賞  1番→7番1着
毎日杯    1番→3番1着
ダービー   6番→12番1着 18番3着
神戸新聞杯 2番→8番1着
菊花賞    8番→14番3着

ブレジャーニーの出走レースは正逆15が3着以上。
新馬     正15番1着
未勝利    逆15番1着
ロイヤルC  正15番1着
東スポ2歳S 逆15番1着
菊花賞    逆15番2着

スティッフェリオから10隣が3着以上。
未勝利   1番→10隣3番2着
大寒桜賞  1番→10隣7番2着
奥尻特別  7番→10隣5番1着
3歳上500万下 10番→10隣8番3着
松前特別  1番→10隣1番3着
セントライト記念 15番→10隣5番1着
菊花賞  3番→10隣13番1着

あーまだ悔しい。
13-14のワイドで4,940円かー。
>数字的に重なりを感じるのが5番トリコロールブルーと15番ダンビュライト。
その後は8番サトノアーサー・13番キセキ・14番ポポカテペトル。
これの正逆番を一応押さえておけば・・・。
スポンサーサイト

菊花賞 投票した

ミッキースワローは3番人気になり、アルアインが2番人気に上がった。

キセキとミッキースワローの馬単2着を中心に豆銭の三連単はブレスジャーニーとマイスタイルに託しました。
三連複はキセキとダンビュライトを中心にバラバラと。

自信が無い事に自信が有る。

菊花賞の1番人気

13番キセキに変わってますね。
これも考慮しつつ買い方に悩んでます。

取り敢えず選挙に行きましょう。
競馬はその後で。

菊花賞どうでしょう?2

難しい、というのが率直なところ、絞れない。
枠順を見た感想はサトノアーサーとキセキが私からすると一つずれたなという印象。
サトノアーサーは4枠8番、7番なら皐月賞とダービーの1着位置。
キセキは7枠13番、14番なら京都混合重賞と先週のディアドラの位置。

両方来るのも有りそうな感じですがどちらを上に取るかでは私はキセキの7枠13番を上とします。
最後に抽選を突破して滑り込んだ2枠3番スティッフェリオから。
未勝利   1番→10隣3番2着
大寒桜賞  1番→10隣7番2着
奥尻特別  7番→10隣5番1着
3歳上500万下 10番→10隣8番3着
松前特別  1番→10隣1番3着
セントライト記念 15番→10隣5番1着
菊花賞  3番→11番 13番
他では同じ音無厩舎の15番ダンビュライト・武豊騎手にも注意か。

もう一つは10月22日の菊花賞から。
2000年 7枠13番トウホウシデン 2着 前走セントライト記念2着(1着アドマイヤボスは菊花賞回避)
2006年 7枠13番ドリームパスポート2着 前走(2000m)神戸新聞杯1着

ただ10月22日を挙げるならこっちも書かないとダメでしょう。
2000年は1着エアシャカールで皐月賞との二冠達成。
2006年は皐月賞とダービーを勝ったメイショウサムソンが二冠達成。
となればアルアインの勝利となるのだがルメール騎手が騎乗して勝つと三冠になってしまう。

2000年の1着7枠15番エアシャカールは前走神戸新聞杯3着。
2006年の1着8枠18番ソングオブウインドは前走神戸新聞杯3着。
となれば神戸新聞杯3着のサトノアーサーの勝利となる。

2000年の神戸新聞杯1着フサイチソニックは引退、2着ダービー馬アグネスフライトは1番人気6番5着で2着逆番。
2006年の神戸新聞杯2着ダービー馬メイショウサムソンは1番人気12番4着。
2000年と2006年の3着馬は1番エリモブライアンと5番アドマイヤメインで共に神戸新聞杯7着。
今年の7着は18番マイスタイル。
2006年アドマイヤメインはダービー2着馬、マイスタイルは2着スワーヴリチャードと同枠配置。
2000年のダービー2着馬はエアシャカール。

1番人気を排除したのではなくダービー馬を排除したのでは?
2006年のセントライト記念1着馬トーゼンシャナオーはメイショウサムソンと同枠で沈んだ。
セントライト記念1着馬を排除したとも取れるな。
2着馬はどちらかの最先着馬、キセキかミッキースワロー、セントライト記念1着馬を排除ならキセキのみ。
3着馬は戦歴はマイスタイルが合うが逆位置のブレスジャーニーが共有した場合人気順的にはこちらが合う。

昨年の菊花賞と並べてみると、
ルメール騎手が正3番1着→逆3番、昨年の逆番。
福永騎手が正11番2着→正11番、昨年同様。
福永騎手の正11番はリアルスティールも同じで2着。
武豊騎手が7枠13番3着→7枠15番、枠位置が同じ。
ルメール騎手と福永騎手はあまり選びたくない。

数字的に重なりを感じるのが5番トリコロールブルーと15番ダンビュライト。
その後は8番サトノアーサー・13番キセキ・14番ポポカテペトル。

土曜日の結果から気になるのが藤田菜七子騎手のメイン初勝利です。
2016年4月10日に福島9R6枠12番でJRA初勝利を挙げたのですが同日の桜花賞で6枠12番シンハライト2着。
今日の新潟メイン飛翼特別6枠12番でメイン初勝利、で菊花賞はどうなのよ?
12番は前日発売1番人気のミッキースワロー横山騎手、皐月賞とダービーの連対位置。
6枠12番で合わせているのならここも2着?桜花賞同様なら相手は10番か15番だけどこれは何ともかんとも。

三場メインから見ると、
冨士S 6-15-13 逆10-逆1-逆3
飛翼特別 12-15-10 逆7-逆4-逆9
室町S 7-10-5 逆10-逆7-逆12
揃っているのは正逆10、次点は15と12。
冨士Sを勝った武豊騎手が菊花賞で15番に入った。

セントライト記念馬を排除していないとするならキセキの代わりにミッキースワローとして藤田騎手が示唆するか?

5番8番12番13番15番、1番18番。
ここからどう買うか?サトノアーサーが菊花賞馬だとサトノの連覇か。
ワンアンドオンリーとキズナでノースヒルズのダービー連覇や四位騎手のダービー連覇も有るから有りか。
キセキとミッキースワローの馬単2着は入れたいな。
1番と18番は迷う。
どう買うか、どれかを削るかもう少し考えます。

菊花賞どうでしょう?

第78回菊花賞(GI)

GACKTさんによる菊花賞(GI)の勝馬予想会&レース回顧を開催します!
GACKT(ガクト、1973年7月4日[1] - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。旧芸名:Gackt(読み同じ)。GACKTのファンの総称は『LOVERS』。
カーラヌカン(2017年公開予定) - 主演・大山光 役。

菊花賞(GI)と11月17日(金曜)公開のアニメーション映画「GODZILLA 怪獣惑星」がコラボ!
アニメゴジラ像&シンゴジラ像が京都競馬場に登場!

この二つから強調されていると思うのは「神」。
秋華賞イベントでもエンジェルと神だったな、でディアドラとカワキタエンカの枠で決着。
カーラヌカンも川の神、ゴジラも英名ではGODを入れている。
シン・ゴジラも神ゴジラと読める。
設定では大戸島の伝承にある神の化身「呉爾羅(ごじら)」の名から『GODZILLA』という英語名が与えられていた。

馬名としてはキセキとアーサーの神戸新聞杯優先出走権組。
奇跡とは神の御業でしょう、ゴジラは怪獣王と呼ばれているのでアーサー王も相応しいかと。
ガクトとゴジラで3文字ならここもキセキか。
ガクトとゴジラでGかと思ったが頭尻ガギグゲゴは無いか。
途中ならウインガナドルにG、1000万下特別の勝ちは無いが前走新潟記念4着。
新潟記念では1着タツゴウゲキの隣逆番。

菊花賞は前年勝利騎手の隣が3着以上。
2014年 前年勝利福永騎手 9番→10番3着
2015年 前年酒井学騎手  18番→17番3着
2016年 前年北村騎手    1番→3番1着
2017年 前年ルメール騎手

ここ4年は福永騎手の枠が3着以上ですが自身が3度連対している。
今年はサトノクロニクルに騎乗予定。

ここ4年は2枠が連対。

京都芝混合重賞は正逆23が3着以上。
きさらぎ賞 正23番1着
京都記念 正23番3着
マイラーズC 正23番1着
天皇賞春  正23番2着
京都新聞杯 正23番1着 逆23番3着
京都大賞典 正23番2着
今のところ秋華賞でも1着になったこの位置を重視したいと思っている。

妄想の正逆5で有り前哨戦の共通数字。
神戸新聞杯   正8番逆7番1着 正5番逆10番2着 正2番逆13番3着
セントライト記念 正5番逆11番1着 正7番逆9番2着 正2番逆14番3着
共通数字は2・5・7・。
正逆7も秋華賞の2着位置で皐月賞とダービーの共通位置。
皐月賞  正7番2着
ダービー 逆7番1着
妄想では正逆1VS正逆5だが数字では正逆5VS正逆7を見ている。

G1で岩田騎手の4隣か6隣が3着以上。
天皇賞春 10番→4隣6番2着
NHKMC  騎乗無し
ヴィクトリアM  14番→4隣10番2着
オークス 7番→6隣1番2着
ダービー 10番→6隣4番2着
安田記念 10番→4隣14番1着 6隣16番2着 4隣6番3着
宝塚記念 7番→4隣11番11着 6隣2番2着 
スプリンターズS 2番→6隣8番1着 4隣6番3着
秋華賞  16番→6隣4番3着

京都G1でルメール騎手から8隣が3着以上。
菊花賞   3番→11番2着
エリ女杯  9番→1番3着
マイルCS 8番→16番1着
天皇賞春 15番→6番2着
秋華賞   14番→4番3着

ダンビュライトから19隣が3着以上。
きさらぎ賞  4番→7番1着 1番2着
弥生賞    4番→11番1着
皐月賞   10番→11番1着
ダービー   1番→18番3着
神戸新聞杯 3番→8番1着
秋華賞で来なかった武豊騎手隣枠だが復活も有り得るか。

サトノアーサーから6隣が3着以上。
新馬     9番→3番3着
シクラメン賞 5番→8番2着
きさらぎ賞  1番→7番1着
毎日杯    1番→3番1着
ダービー   6番→12番1着 18番3着
神戸新聞杯 2番→8番1着
自身が勝っていない4戦は1着指名。

ブレスジャーニーが出走する意味は有るのでしょうが妄想では思い付かなかった。
数字的にはこれかなというのが二つ。
ブレジャーニーの出走レースは正逆15が1着。
新馬     正15番1着
未勝利    逆15番1着
ロイヤルC  正15番1着
東スポ2歳S 逆15番1着
他の数字とは重ならないですが一応考慮。

G1で柴田善臣騎手から14隣が3着以上。
2015年 ダービー 15番→1番2着 11番3着
2015年 秋華賞  14番→18番1着
2017年 フェブラリーS 1番→3番1着
2017年 皐月賞  14番→10番3着
2017年 NHKMC  10番→14番2着 6番3着

プラチナヴォイスは田辺騎手が騎乗予定のようで、乗り替わりがどうなのか。

菊花賞 妄想

神戸新聞杯の時に書いたことから見方は変わっていません。

>2004年と2008年は1番人気→3番人気→2番人気で決着。
菊花賞は正逆1VS正逆5で荒れた決着になっている、狙うなら菊花賞か。
勝つのは春クラシックに間に合わなかった馬。
神戸新聞杯を1番人気で勝って天皇賞秋に向かったのは2002年のシンボリクリスエスも。
この年の菊花賞は更に大荒れでシンボリクリスエスは天皇賞秋1着→JC3着→有馬記念1着。
ただしこの年は中山代替での天皇賞秋だった、JCのレイデオロは3着じゃないのかと妄想する。
2014年皐月賞馬のイスラボニータも天皇賞秋3着だし。
2002年菊花賞馬ヒシミラクルも春クラシックに未出走だった。

荒れた菊花賞を期待しています。
神戸新聞杯の結果から違ったことも考えつつ妄想を進めていきます。

>2004年と2008年は1番人気→3番人気→2番人気で決着。
今年は1番人気→2番人気→3番人気で決着した。
春のクラシックに出走していない2番人気キセキが3着なら妄想の軸。
そう思っていたのだが2着となって変わるのか変わらないのか?考えていきたい。

2004年
1着18番デルタブルース  1000万下 九十九里特別1番人気1着
2着5番ホオキパウエーブ セントライト記念2番人気2着←ダービー9番人気9着
3着1番オペラシチー   朝日CC2番人気7着←1000万下 玄海特別1番人気1着
2008年
1着14番オオウケンブルースリ 神戸新聞杯2番人気3着←1000万下 阿賀野川特別1番人気1着
2着1番フローテーション 神戸新聞杯14番人気12着←ダービー15番人気8着←皐月賞11番人気11着
3着5番ナムラクレセント 1000万下 玄海特別2番人気1着(1番人気逆番)

この二つの年では1000万下1番人気1着とダービー出走歴が鍵となるのか。
ホオキパウエーブは青葉賞2着、フローテーションはスプリングS2着が有る。
無関係だと思うけどその2頭は人気と着順が同じG1が有る。
今年のダービーも皐月賞5番人気5着のレイデオロが勝った。
皐月賞10番人気10着プラチナヴォイス、ダービー18番人気18着ジョーストリクトリ。
プラチナヴォイスはスプリングS3着なのでフローテーション的に期待したい。
騎乗予定はオウケンブルースリの内田騎手、ここのところ重賞では良くないですが復活なるか。

キセキを1着候補としていたのは1000万下 信濃川特別1番人気1着も有るから。
神戸新聞杯3着ならオウケンブルースリ的に勝利するかと見ていた。
2着となってどうか?
2400m神戸新聞杯2着からは2014年サウンズオブアースと2011年ウインバリアシオンが2着。
2007年アサクサキングスが勝利、この年から2400mとなり2着を使うのは良くある話。
3頭ともダービーへ出走し内2頭は2着馬。
サウンズオブアースは冠名付与初年のセントライト記念を勝った蛯名騎手が乗り替わりだった。
戦歴に京都新聞杯2着→ダービー11番人気11着が有るが偶然か?
結論としてキセキを切りはしないが軸決定とは言えない感じ。

3着に入ったサトノアーサーはダービー出走歴が有り毎日杯2着。
毎日杯は前哨戦では無いけど今年は1着アルアインが皐月賞も勝っている。
プラチナヴォイスではなくこちらという事も有るか。

他の1000万下1着は、
日高特別 1番人気 トリコロールブルー。
九十九里特別 3番人気 マイネルヴンシュ
阿賀野川特別 2番人気 ポポカテペトル、1番人気同枠。

ダービーの3着以内馬が出走しない菊花賞は2002年2012年。
2002年はダービー1着馬が引退し2着馬は天皇賞秋へ、3着馬は22か月の休養へ。
神戸新聞杯1番人気1着馬が出走しない年、ヒシミラクル。
天皇賞秋へ向かったシンボリクリスエス、競争中止のノーリーズン、ナムラサンクス同枠のヒシミラクルが1着。
神戸新聞杯でヒシミラクルはシンボリクリスエスの逆番配置。
2012年はダービー1着3着が引退し2着馬が天皇賞秋へ向かった年。
勝ったのは神戸新聞杯1着ゴールドシップ。
天皇賞秋へ向かったフェノーメノの代わりかセントライト記念2着のスカイディグニティが菊花賞2着。
3着は神戸新聞杯4着のユウキソルジャー、神戸新聞杯でゴールドシップの逆番配置。

神戸新聞杯のレイデオロ逆番はタガノシャルドネだが登録も無い。
同枠だった和田騎手はポポカテペトルに騎乗予定。
この馬は上に書いた1000万下特別1着馬。

レイデオロの抜けた神戸新聞杯2着キセキと3着サトノアーサー。
同枠馬を含めて考えたい。

もう一つ考えておくべきなのはルメール騎手か。
オークス馬とダービー馬が秋の3歳G1を走らないので秋華賞も菊花賞も乗り替わりになる。
秋華賞はディアドラが1着、菊花賞はアルアインに騎乗する。
2012年のゴールドシップが皐月賞馬だけどどうなのか。
2002年だと皐月賞馬ノーリーズンが競争中止で真逆の結果になる。
ノーリーズンは神戸新聞杯2着でゴールドシップは1着、アルアインはセントライト記念2着。
オークス・ダービーと勝って秋も秋華賞勝利とやり過ぎなルメール騎手。
ここはご遠慮願いたい。

秋華賞 回顧

ディアドラの勝利に満足です。
最初に見た位置と妄想で見た馬が嵌って納得の馬連です。
やはり昇格の2年目までは注意が必要でしょう。
来年以降は紫苑S組はフラットで考えます。

2000m重賞は昨年の秋華賞から正逆11か12が3着以上。
G1は、
秋華賞 逆12番1着
天皇賞 正12番2着
大阪杯 逆12番2着
皐月賞 逆12番2着
秋華賞 逆12番2着

G1で岩田騎手の4隣か6隣が3着以上。
天皇賞春 10番→4隣6番2着
NHKMC  騎乗無し
ヴィクトリアM  14番→4隣10番2着
オークス 7番→6隣1番2着
ダービー 10番→6隣4番2着
安田記念 10番→4隣14番1着 6隣16番2着 4隣6番3着
宝塚記念 7番→4隣11番11着 6隣2番2着 
スプリンターズS 2番→6隣8番1着 4隣6番3着
秋華賞  16番→6隣4番3着

京都G1でルメール騎手から8隣が3着以上。
菊花賞   3番→11番2着
エリ女杯  9番→1番3着
マイルCS 8番→16番1着
天皇賞春 15番→6番2着
秋華賞   14番→4番3着

このレースは福永騎手から4隣が3着以上。
2014年 8番→4番2着 12番3着
2015年 4番→18番1着
2016年 7番→3番2着
2017年 11番→7番2着

ヴゼットジョリーから隣か3隣が3着以上。
阪神JF       17番→2番1着 18番2着
アーリントンC   11番→8番1着 12番2着
桜花賞       13番→10番1着 14番3着
ポートアイランドS 11番→12番1着 8番2着
秋華賞       15番→14番1着

このレースは2010年から正逆4か6が3着以上。
2010年 逆4番1着 正4番3着
2011年 正4番1着
2012年 ×
2013年 逆6番3着
2014年 正6番1着 正4番2着
2015年 正6番1着
2016年 逆4番3着
2017年 正4番3着

秋華賞はローズS1着枠が連対。
2013年 ローズS1着1枠1番→1枠1番2着
2014年 ローズS1着3枠6番→3枠6番1着
2015年 ローズS1着8枠16番→8枠18番1着
2016年 ローズS1着4枠7番→4枠7番1着
2017年 ローズS1着7枠14番→7枠14番1着

秋華賞どうでしょう?3

枠順を見たけれど起点もそんなに重なりは感じない。

逆3番にファンディーナ、逆5番にディアドラ、逆12番にリスグラシュー、逆にレーヌミノル。
最初に見ていると書いた位置に人気馬は入った。
ディアドラとリスグラシューは妄想でも見ている馬。

武豊騎手隣枠、3枠か5枠。
京都芝混合重賞の正逆23、5番か14番、3枠5番は武豊騎手の隣枠にも重なるが・・・。
秋華賞は混合では無いけど菊花賞へ繫げるのにここは使うと見ているのだけど。
ここで来れば菊花賞で正逆5絡みで荒れると妄想している。
G1で岩田騎手の4隣か6隣、16番→2番4番10番12番。
G1で浜中騎手の隣枠、7枠→6枠8枠、6枠12番レーヌミノルに重なるか。
アエロリットから52隣、→1番→3番17番。
カワキタエンカから8隣、8番→16番18番。
ポールヴァンドルから12隣、17番→5番11番。
ヴゼットジョリーから隣か3隣、15番→12番14番16番18番、ここでワイド以上か?
ヴゼットジョリーから15隣、15番→12番18番、レーヌミノル・・・。
京都G1でルメール騎手から8隣、14番→4番6番。
田中勝春騎手はG1で隣か3隣、18番→1番3番15番17番。
小牧騎手の京都G1は2隣20隣、騎乗無し。
福永騎手から4隣、11番→7番15番。
このレースは2010年から正逆4か6、4番6番13番15番。

ディアドラとリスグラシューよりレーヌミノルとファンディーナの方が重なるか。

ここのところのレースの流れから。
京都大賞典を勝ったのは2013年秋華賞2着スマートレイアー・武豊騎手、正4番逆12番。
秋華賞の武豊騎手は正7番逆12番。
府中牝馬Sを勝ったのは正11番逆4番クロコスミア・岩田騎手。
2着は昨年の秋華賞馬ヴィブロス・ルメール騎手、正1番逆14番。
秋華賞のルメール騎手は正14番逆5番。
武豊騎手とルメール騎手は同じ位置、武豊騎手の府中牝馬Sは正10番逆5番。
京都重賞で見れば連続して同じ位置ですが前日の牝馬重賞とでは違う、ここがどうなのか?
他ではデムーロ騎手が府中牝馬Sと秋華賞で正4番配置。
池添騎手が京都大賞典と秋華賞で正12番配置。
4番人気で勝った武豊騎手よりも1番人気で2着のルメール騎手。
二人よりも4着以下のデムーロ騎手と池添騎手の方が上に思える。

この2レースで気になるのが両方で連対した岩田騎手。
京都大賞典 8番→4隣11隣4番1着 5隣10隣3番3着
府中牝馬S 11番→4隣10隣1番2着 4隣10隣7番3着
岩田騎手から4隣と10隣、16番→2番6番8番12番
どうもレーヌミノルが良く見える、全く考えてなかったのだけどどうしよう?
軸もどれにするか決めきれない、人気は割れているから人気サイドでもそこそこオッズは高い。

秋華賞はローズS1着枠が連対。
2013年 ローズS1着1枠1番→1枠1番2着
2014年 ローズS1着3枠6番→3枠6番1着
2015年 ローズS1着8枠16番→8枠18番1着
2016年 ローズS1着4枠7番→4枠7番1着
2017年 ローズS1着7枠14番→

秋華賞は紫苑S2着馬自身か2隣が3着以上。
2012年 紫苑S2着ブリッジクライム→秋華賞2枠3番→1枠1番2着
2013年 紫苑S2着リボントリコロール→秋華賞6枠11番→7枠13番3着
2014年 紫苑S2着ショウナンパンドラ→秋華賞3枠6番→3枠6番1着 2枠4番2着
2015年 紫苑S2着ホワイトエレガンス→秋華賞4枠8番→3枠6番3着
2016年 紫苑S2着ヴィブロス→秋華賞4枠7番→4枠7番1着
2017年 紫苑S2着カリビアンゴールド→秋華賞8枠18番→2番 16番 18番

紫苑S2着馬はショウナンパンドラとヴィブロスが勝っているが1着馬で秋華賞を勝った馬は居ない。
重賞昇格2年目での初めてに期待して7枠14番ディアドラからにする。

紫苑S1着馬のダメっぷりは、
2010年 ディアアレトゥーサ 6着
2011年 カルマート 14着
2012年 パララサルー 回避引退
2013年 セキショウ 8着
2014年 レーヴデトワール 13着
2015年 クインズミラーグロ 9着
2016年 ビッシュ  10着
これ以前も2001年のレディパステル3着のみ。

14番から(2番4番)7番12番16番へ馬連、(5番6番)へワイド。
3枠2頭は武豊騎手の隣枠から。
ラビットランは横山騎手枠からでアエロリットは消してみる、4番はデムーロ騎手の府中牝馬S4着負けから。
()内は1点として配分してみる。

秋華賞どうでしょう?2

2016年から京都5日目11Rは正逆3か16が3着以上。
1回 雅S   正3番1着 正16番3着
2回 洛陽S 正16番3着
3回 京都新聞杯 正16番1着
4回 秋華賞 正3番逆16番2着
5回 デイリー杯2歳S 正16番1着 正3番2着 逆3番3着
1回 日経新春杯 正3番2着
2回 洛陽S 正3番1着 正16番3着
3回 京都新聞杯 正3番1着
京都G1の正逆3と重なるこの位置をまず見たい。

阪神の5日目も同じ様な感じで正逆3か16が3着以上。
5回 リゲルS   正3番3着
1回 仁川S    逆3番正16番1着
2回 阪神牝馬S 正16番2着
3回 天保山S   正3番2着
4回 中秋S    逆3番1着
5回 タンザナイトS

秋華賞は京都大賞典の最下位正番と循環1回番の正逆が3着以上。
2013年 京都大賞典 13頭立て最下位 正5番正18番→逆18番2着
2014年 京都大賞典 12頭立て最下位 正4番正16番→正4番2着
2015年 京都大賞典 10頭立て最下位 正9番正19番→逆19番1着 正9番2着
2016年 京都大賞典 10頭立て最下位 正5番正15番→正15番3着
2017年 京都大賞典 15頭立て最下位 正13番正28番→6番 9番 10番 13番

秋華賞は京都大賞典の岩田騎手の正逆番が3着以上。
2013年 京都大賞典 正8番逆6番→逆6番3着
2014年 京都大賞典 正12番逆1番→正12番3着
2015年 京都大賞典 騎乗無し
2016年 京都大賞典 正3番逆8番→正3番2着
2017年 京都大賞典 正8番逆8番→8番 11番

この二つは参考程度として継続すれば来年も考慮します。

アエロリットから52隣が3着以上。
フェアリーS 3番→15番1着(16頭立て)
クイーンC  11番→15番1着(16頭立て)
桜花賞   12番→10番1着 14番3着(18頭立て)
NHKMC  16番→14番2着(18頭立て)
クイーンS  2番→2番1着(13頭立て)
NHKMCでは自身が勝利し2着指名、他はクイーンSの自己指名含めて1着指名している。

アエロリット出走Rは正逆2か6が3着以上。
新馬     正2番1着
サフラン賞 正6番1着 逆2番2着
フェアリーS 逆2番1着
クイーンC  逆2番1着 逆6番2着 正6番3着
桜花賞    正6番2着
NHKMC   正6番3着
クイーンS  正2番1着

カワキタエンカから8隣が3着以上。
チューリップ賞 2番→10番1着(12頭立て)
君子蘭賞    4番→1番2着(11頭立て)
桜花賞     18番→10番1着(18頭立て)
三面川特別  2番→6番3着
ローズS    16番→6番3着(18頭立て)

カワキタエンカ出走Rは正逆31が3着以上。
新馬       正31番3着
千両賞     正31番2着
チューリップ賞 正31番2着
君子蘭賞    ×
桜花賞     逆31番2着
三面川特別  逆31番3着
ローズS    逆31番3着
君子蘭賞で飛んで逆になった?
18頭立て正逆6、微妙な気もするがアエロリットとは重なる。

ポールヴァンドルから12隣が3着以上。
スイートピーS  17番→5番2着
江の島特別   3番→9番3着
かもめ島特別  5番→1番3着
紫苑S      7番→16番1着

ヴゼットジョリーから隣か3隣が3着以上。
阪神JF       17番→2番1着 18番2着
アーリントンC   11番→8番1着 12番2着
桜花賞       13番→10番1着 14番3着
ポートアイランドS 11番→12番1着 8番2着
4戦連続で隣VS3隣でワイド以上。

ヴゼットジョリーから15隣が3着以上。
新潟2歳S      10番→10番1着
阪神JF       17番→2番1着
アーリントンC   11番→8番1着
桜花賞       13番→10番1着
ポートアイランドS 11番→13番3着
自己指名から重賞では15隣が1着もOPポートアイランドSでは3着指名。

アエロリット52隣(18頭立て2隣)とヴゼットジョリー15隣が重ならないかなあ。

京都G1でルメール騎手から8隣が3着以上。
菊花賞   3番→11番2着
エリ女杯  9番→1番3着
マイルCS 8番→16番1着
天皇賞春 15番→6番2着

田中勝春騎手は2013年菊花賞以降のG1で隣か3隣が3着以上。
2016年のG1騎乗は天皇賞秋 11番→8番1着 12番2着
2017年のG1騎乗はオークス 17番→2番2着 16番3番

小牧騎手の京都G1は2隣20隣が3着以上。
2014年 マイルCS 5番→20隣8番2着 2隣3番3着
2015年 エリ女杯  6番→8番3着
2016年 秋華賞  13番→15番3着
2016年 マイルCS 13番→15番3着
3着指名ばかりで馬蓮狙いには微妙。

このレースは福永騎手から4隣が3着以上。
2014年 8番→4番2着 12番3着
2015年 4番→18番1着
2016年 7番→3番2着
まだ3年だけど連対指名なので一応考慮。

このレースは2010年から正逆4か6が3着以上。
2010年 逆4番1着 正4番3着
2011年 正4番1着
2012年 ×
2013年 逆6番3着
2014年 正6番1着 正4番2着
2015年 正6番1着
2016年 逆4番3着
これも途中で切れているので微妙な感じだけど上の方の正逆6と重なるので入れておきます。

バラバラであまり重なっていない感じ。
その中で起点を確認してからですが今のところは正逆3を注目している。

秋華賞どうでしょう?

第22回秋華賞(GI)

秋華賞(GI)当日、トレンディエンジェルが京都競馬場に来場します!
秋華賞(GI)当日、尼神インターが京都競馬場に来場します!

初めて聞く名です。
エンジェルと神、それとディか ディアドラ、ケルト神話に登場する女性名、選ぶならここかなあ。
ファンディーナにもディとィンは有るけどそれよりは、
エンからカワキタエンカか、川北は兵庫県篠山市にもある地名、尼神との地名繋がりにもなる。

京都G1は2016年MCSから正逆3が3着以上。
マイルCS 逆3番1着
天皇賞春 正3番2着
秋華賞  正3番2着
菊花賞  正3番1着
エリ女杯 正3番1着
マイルCS 逆3番1着
天皇賞春 正3番1着 逆3番3着

武豊騎手の京都G1は2013年秋華賞から隣枠が3着以上、×有り。
秋華賞   1枠→8枠1着
菊花賞   8枠→7枠2着
エリ女杯  3枠→2枠1着
マイルCS 3枠→2枠2着
2014年
天皇賞   7枠→6枠2着
秋華賞   4枠→3枠1着
菊花賞   4枠→5枠3着
エリ女杯  8枠→1枠1着 7枠3着
MCS    7枠→6枠1着
2015年
天皇賞   7枠→×
秋華賞   4枠→3枠3着 5枠2着
菊花賞   3枠→2枠1着
エリ女杯  7枠→6枠1着 8枠2着
MCS    2枠→3枠3着
2016年
天皇賞   1枠→2枠2着
秋華賞   3枠→4枠1着 2枠2着
菊花賞   7枠→6枠2着
エリ女杯  4枠→5枠2着
MCS    1枠→8枠1着
2017年
天皇賞春  2枠→3枠2着
リスグラシューに騎乗予定。

京都芝混合重賞は正逆23が3着以上。
きさらぎ賞 正23番1着
京都記念 正23番3着
マイラーズC 正23番1着
天皇賞春  正23番2着
京都新聞杯 正23番1着 逆23番3着
京都大賞典 正23番2着
ずっと正23番だから18頭立てなら正5番。

毎日王冠の回顧で書いた正逆6か13も京都大賞典は逆13番3着。

2000m重賞は昨年の秋華賞から正逆11か12が3着以上。
G1は、
秋華賞 逆12番1着
天皇賞 正12番2着
大阪杯 逆12番2着
皐月賞 逆12番2着
の4戦。
スプリンターズS 正8番1着
宝塚記念 正11番1着
も気になるけど正逆12を重視と見る。

正逆3VS正逆5XS正逆7で重ならないので他の起点を枠順見てからにします。

G1で岩田騎手の4隣か6隣が3着以上。
天皇賞春 10番→4隣6番2着
NHKMC  騎乗無し
ヴィクトリアM  14番→4隣10番2着
オークス 7番→6隣1番2着
ダービー 10番→6隣4番2着
安田記念 10番→4隣14番1着 6隣16番2着 4隣6番3着
宝塚記念 7番→4隣11番11着 6隣2番2着 
スプリンターズS 2番→6隣8番1着 4隣6番3着
6隣が5連続ですが3戦連続で複数指名。
ファンディーナに騎乗予定

G1で浜中騎手の隣枠が3着以上。
桜花賞  2枠→3枠2着
天皇賞春 3枠→2枠1着
ヴィクトリアM 6枠→5枠2着
宝塚記念 7枠→8枠1着
スプリンターズS 8枠→1枠2着
秋華賞 リカビトスに騎乗予定

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

黒ねこ時計 くろック D04
CalendArchive
プロフィール

猫パンチ

  • Author:猫パンチ
  • 競馬は知的スポ-ツです。クイズを読み解く様に競馬を通じて様々な事を考えましょう。
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事
最近のコメント
  • 01/08:HAT

  • 04/12:猫パンチ

  • 04/12:HAT

  • 01/09:HAT

  • 01/05:naduti

  • 12/27:猫パンチ

  • 12/27:HAT

  • 05/17:猫パンチ

  • 05/17:takeucchi2001

  • 04/19:猫パンチ

月別アーカイブ
カテゴリー
星が見える名言集100
株式相場格言
電卓
電卓

電卓

ブログ内検索
リンク
フリーエリア